あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らないのあらすじとネタバレ

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないのあらすじとネタバレ」

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないのあらすじとネタバレ」です。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない、タイトルが長いですが、これ、2011年4月~6月まで、フジテレビで放送されていたTVアニメなのですが、なんと、2015年6月に、このドラマが作られることが発表され、話題となっています!

今回の記事は、あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないのあらすじ&ネタバレとなる内容をまとめたいと思います。


ドラマ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」のあらすじ

活発なリーダー的な存在のじんたんを中心にして、亡くなった幼なじみのめんまが、成長したじんたんの前に現れることによって、物語は展開されていきます。

まずは、あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないのドラマのあらすじなどを見ていきます、

9月21日月曜夜9時に放送が決定されたのですが、次世代を担う若手俳優がずらりと揃った、そんな豪華なドラマとなっています。

あらすじを見ていく前に、まずは簡単にキャストと、登場人物の人物像などを分かりやすくまとめていきたいと思います。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないは、6人の主演メンバーが活躍する、ファンタジー系の作品となっていて、アニメが放送されたときには、「大人も泣ける」と話題となった作品です!

まずは、中心的な存在のじんたんこと、宿海仁太(やどみじんた)、幼なじみのリーダー的存在、そしてロシア人の血を引くクォーターで、幼くして川に転落して亡くなってしまう本間芽衣子ことめんま、あなるという愛称の、黒縁メガネとくせっ毛が特徴の安城鳴子(あんんじょうなるこ)、成績優秀なゆきあつこと松雪集(ゆきまつあつむ)、つるここと鶴見知利子(つるみちりこ)は、本が好きな大人っぽい女子ですが、明石家さんまさんが、理想の女性だと語ったことがあるそうです。

最後の主要メンバーは、ぽっぽこと久川鉄道(ひさかわてつどう)、実はめんまが川に転落して亡くなる前、衰弱していく彼女の姿を最後に見て逃げ出したことに対して罪の意識を持ち続けています。

この6人のメンバーを中心にして、物語は展開していきます!

今回、あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないのキャストに選ばれた、リーダ的存在のじんたんを演じる俳優は、実はあの歌手の「UA」と俳優の「村上淳」の間に生まれた長男です。

じんたん役の村上虹郎

まだ俳優デビューして1年ちょっと、2014年7月26日に俳優デビューを飾った舞台「2つ目の窓」で主演したばかりの新人ですが、早くも人気作品「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」で主演を務めることが決まった、今後期待される俳優でもあります。

なんでも、歌手で母親のUAは、彼の俳優デビューに関しては反対だったといわれています!

俳優と歌手の間に生まれただけあって、研ぎ澄まされた感性を持っているのではないかと感じさせてくれる容姿&雰囲気に、今後どのような表現者となっていくのか、周囲も期待をしているのではないかと考えられます。

本名は、村上虹郎(むらかみにじろう)、一見すると芸名かと思われるのですが、実はこれ本名で、虹が名前に付けられているのは、両親共に虹が好きだったからという、シンプルな理由があるようです。

テレビドラマ出演は、今回の「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」で2本目となり、フレッシュすぎる俳優だからこその抜擢であったのではと思われますが、1997年生まれの18歳ですから、まだまだ可能性の宝庫といった、楽しみな人材であることは間違いないと思われます。

幼くして亡くなった幼なじみのめんまの幼少時代を演じているのは、谷花音(たにかのん)、2015年現在で芸歴はすでに7年になるだけではなく、「名前をなくした女神」というドラマで注目された、現在では売れっ子の子役女優です!

今回、あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないというアニメのキャラクターを実写化するために演じることになりましたが、アニメキャラクターを演じるのは、本人も初めての試みだったといいますが、監督からは、天才子役と大絶賛されていて、みずみずしい演技が光る、今後も注目の俳優でもあります。

子供時代の物語の展開は、あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないの中でも相当なキモ!となるため、全国から子役を募集して、2ヶ月半もの期間をかけて、どの子に役を任せるかを決めたというほど慎重にオーディションが行われたといいます。
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないは、元はアニメが原作でもありますから、実写化してあらすじなどをさらに練りなおして作品作りをするのは、相当繊細な作業だったのではないかと思われます。

どうしてもアニメの印象が強くなりますから、ファンから反発されないように、出来る限り原作に近いイメージの俳優たちを揃えて、あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないの実写化を実現させることが不可欠であったと思われますから、感性の高い、役柄に合う子役たちを集めるのも、大変な作業だったのではないかと考えられます。

高校生になっためんまを演じるのは、まだ15歳の女優浜辺美波です。

めんま役の浜辺美波

それではあの日見た花の名前を僕達はまだ知らないのあらすじをチェックしてネタバレなのですが、どんな作品になっているのか理解していきたいと思います。

超平和バスターズという幼なじみ6人で結成した、なんでも平和を目的とするグループは、めんまの死をきっかけにして解散状態だったのですが、高校生になったときに、再び集結することになります!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないの実写版のロケ地は、原作に沿って、埼玉県秩父市となっています。

小学生の頃に、超平和バスターズを結成して日々を楽しんでいたメンバーですが、その後めんまの死で散り散りになってしまい、舞台は高校生になったじんたんに視点が移ります。

じんたんは、めんまの死について、心に傷を残し成長しますが、その後母の死、さらに受験の失敗が重なり、トラウマを持ってしまったこともあり、高校に入学しても、家に引きこもるような生活を送っていました。

メンバーが散り散りになってから7年の月日がたったその頃、ある日なんと!死んだはずのめんまが、心残りがあるという理由から、じんたんの前に幽霊となって現れます。

「願いを叶えて欲しい」とお願いするめんまを前に、じんたんは、「これは幻覚だ」と思い込もうとするのですが、頻繁に現れるめんまの姿に無視も出来ず、お願いを叶えようと動き始めることで、超平和バスターズのメンバーが再度集まってくるようになります。

めんまの話によると、生きているときにやり残したことがあり、幽霊となってこの世界に戻ってきたというのですが、なんと、本人は、一体どんな願いを持って出てきたのかを忘れてしまったというのです。

とりあえず自体に混乱したじんたんは、買い物に出かけるために、街へとでかけていき、7年ぶりにぽっぽと再会します。

ぽっぽ役の高畑裕太

高校には進学せず、働きながら海外を旅しているというぽっぽ、日本にいるときには、超平和バスターズが使っていた秘密基地に住んでいると話してくれます。

ぽっぽに、めんまの登場を話すと、ぽっぽは馬鹿にするのではなくその話を信頼してくれ、超平和バスターズの元メンバーを集めたのですが、めんまが見えるのはじんたんだけであるため、みんなの空気は気まずい状態となってしまいます。

子供の頃に使っていた秘密基地に集まり、様々な葛藤や出来事を経験しながら、あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないというドラマは、アニメの世界観を実写化していきながら、観るものを引き込んでいきつつ、感動的な結末へといざないます。

めんまが見えるのはじんたんだけであるため、この話をメンバーに打ち明けた後も、見えない他のメンバーから、誤解を受けたり衝突したりと、いろいろな問題も出てきますが、生まれ変わりによって再度超平和バスターズのメンバー達と再開できることを信じるめんまの純粋な気持ちを尊重して、最終的には、彼女の成仏のために、力を合わせて出来ることをやっていくというのがあらすじです。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないというタイトル、ながっと思っている方もいると思いますが、これ「あの花」と呼ばれていて、かなりコアなファンがついているため、原作でメンバーが住んでいるとされている埼玉県秩父市は、聖地としてファンがひっきりなしに訪れる場所と有名となっているようです。

今回のあの日見た花の名前を僕達はまだ知らないの実写化については、ファンの間からかなりブーイングが起こってもいるといわれていますが、コアファンにしてみたら、自分たちの世界観を壊される気がして、あまり素直に受け入れられないのではないかと思われますが、個人的には、内容的に実写化しても面白いものになると感じますが、あなたはどう思いますか?

あらすじをみる限り、不思議ファンタジーの要素が満点で、生まれ変わりだとか幽霊という、いわゆる現実離れしている内容ではありますが、夢やワクワク感、さらには可能性の広がりを感じさせてもらえる作品であることは間違いないようです!

今回のドラマ版「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」での、キャラクターについて、簡単にまとめていきます。

じんたん・・・幼なじみの中でリーダー的存在出会ったけれど、高校に入って引きこもりになる
めんま・・・マスコット的存在で色白の美少女、天真爛漫な性格
あなる・・・高校生になって派手なギャルに転身する、昔からじんたんに好意を寄せていて、同じ高校に通えるのが嬉しいと感じている

あなる役の松井愛梨

ゆきあつ・・・育ちがよく進学校に通うイケメン、苦労したことがない、めんまに告白をしたことがあるがうやむやにされた過去を持っている

ゆきあつ役の志尊淳

つるこ・・・成績優秀で真面目、ゆきあつと同じ進学校に通っている、ゆきあつに好意を持っている

つるこ役の飯豊まりえ

ぽっぽ・・・幼いころは体が小さくて弟分的存在だった、学校に通わず、世界を放浪している、アロハシャツがトレードマーク


ネタバレと感想

アニメの世界観を、あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないで実写化するのは、作る人たちにとってもとてもリスクがあり、さらにチャレンジでもあったと思いますが、かなり人気の高い作品ですから、注目度は高いと思われます!

ここからは、あらすじが分かったところでネタバレとなるエピソードをシェアしたいと思います(すでに見ている人にとってはネタバレではないと思います)。

タイトルのあの日見た花の名前を僕達はまだ知らないのあの日、これは一体いつのことなのか?

ご存じの方も多いと思いますが、ネタバレ承知で暴露すると、あの日とは、めんまが亡くなった日になります!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない、あらすじでは書いていませんが、ネタバレとして情報をシェアすれば、あの日起こった出来事が、この物語のキモになるのです。

そう、小学生のときにいつも一緒に遊んでいたこのメンバーの中で、ある日ふいに思ってもみない話が浮上して、じんたんを困惑させます。

じんたんがめんまのことを好きかどうか、あなるがそれを聞いたことが、物語の展開を加速させていきます。

「誰がこんなブス」とじんたんは一言言い残して秘密基地を後にしたのですが、その後を追いかけていっためんまが、足を滑らせて川へ転落して亡くなってしまいました。

高校生になったじんたんの前にめんまが現れ、願いを叶えて欲しいとお願いするのですが、ネタバレになりますが、あらすじからの流れでは、この願いの本当の真意は、どうやらこの事件がきっかけで散り散りになったメンバー全員に、いつまでも仲良くしていて欲しいというものです。

ネタバレしてしまいましたが、このあの日見た花の名前を僕達はまだ知らないは、放送3ヶ月で終了し、その後一本の劇場版が作られただけなのですが、現在でもかなり根強いファンが沢山いるといわれています。

この作品を見た人たちの感想などにはどんなものがあるのか?みていきたいと思います。

とても面白かった、感動したという意見も数多くあるのですが、あらすじやネタバレした、作品がすべて放送された後に、がっかりという意見もあったようです!

感想でがっかりという理由ですが、どうやらあらすじを追って物語を見続けていた人たちにとって、ネタバレが近づく最終話に、かなりの期待が込められていたことなどが、がっかりという感想に繋がったと考えられているようです。

やはり最後はすごいんじゃないかとという期待があり、さらにネット上でもそのような書き込みがあったためや、エピソードの中の矛盾点を覆うような感動描写ではなかったことなども、いまいちという感想に繋がった原因であるといわれています。

見る視点や感覚などは、あらすじを追っていく人の一人ひとりによって違いがあり、ネタバレした後の感動についても、やはり個人差がありますから、こればかりは世界観の違いです。

ある人がいい、感動したと思っても、なんだかイマイチ入り込めなかったとか、矛盾点を無視できなかったという意見があっても当然ですし、どんな感覚もありだと個人的には思います。

他には、感動とは程遠い作品だとか、キャラクターと同じ経験をしたことがあるため、その視点から見てしまうので偏りが出たなどという意見もありましたが、番組のプロデューサーや宣伝などが「泣けます」という視点をプッシュしすぎたことも、いまいちどうなんだ?

という感想に繋がったようですが、もちろん大絶賛派もいますし、どんな視点から観るかによって、感情の湧き上がり方に違いはあるようです。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないの実写化は、アニメファンにとっては正直、世界観が崩れるという意味において、受け入れがたい部分も強くあるようですから、抵抗ももちろん出ていますし、アニメのほうで盛り上がり切れなかった人たちもいますから、ドラマがどのように受けいられらるのか未知数でもあります。

このアニメが放送されていたのが深夜だったので、実は見たことがない人のほうがまだ多いと考えられていて、作り手も、新たなファンを獲得しようと考え、あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないを実写化しているのではないかと考えられます。

実写化にあたっては、やはり髪の色などが違うことなどで、ツッコミが入ったり、世界観を崩されるため嫌う人もいるようですが、ドラマ版のあの日見た花の名前を僕達はまだ知らないは、アニメとはまた違ったバージョンだと捉えて見れば、違った新鮮さや、エピソードの理解が出来るのではないかと考えられます!

今回は、あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないという長いタイトルのアニメが実写化されるので、あらすじねネタバレとなる情報、そして感想などをまとめていきました。




<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。