インビザラインのアタッチメントは痛くて臭い?

インビザラインのアタッチメントは痛くて臭い?

ブログライターkomichiです。



↑ インビザラインの歯医者を探すことができます

今日のテーマは、「インビザラインのアタッチメントは痛くて臭い?」です。

インビザラインは、全世界で、なんと!300万人以上の患者が使っている、透明な歯の矯正装置です。

ワイヤーを使っていないので、インビザラインは着けているのがほとんど分からないだけでなく、さらに食事やおしゃべりもし易い、取り外しが出来る矯正装置なので、衛生面でも安心感が高いものとなっています。

と謳っているサイトもありますが、経験者の話によると、インビザラインをつけたまま食事をするとカオス状態となるようですが、どんな感じになるのか?

実は、インビザラインと歯の間に食べ物が入り込んで、ビジュアル的にもとんでもないことになるんだとか!

経験者の話によると、目立たないけれど、食事のときは外したほうがいいというアドバイスもあります。

これを付けていると、外して食べ物を食べるのが面倒になるので、間食をしなくなったという方もいて、ダイエットにも効果があるようです。

インビザラインは、一人ひとりにオーダーメイドで制作する装着型のマウスピースですから、これまで一般的だった歯の矯正に使うワイヤーなどを装着している人が、人前で笑うのを躊躇するということもなく、マイナスに見える見た目を気にする必要もないので、安心して使えると大評判でもあります。

さらに、インビザラインは世界80ヶ国で8万人の矯正医が導入していて、大学の研究機関や学会などでも日々研究や臨床が行われているので、どんどん進化していると言われていますから、使用する人にとっては、歯が美しくなるだけでなく、そうなるまでのプロセスのストレスも軽減されるので、非常に嬉しい矯正装置であると言われています。

インビザラインやアタッチメントが開発されたおかげで、営業職や接客業をやっている人でも、さり気なく歯を美しくすることが出来、幅広い症例に対処することも出来るようですから、歯を部分的に矯正したいとか、年齢によって、インビザラインやアタッチメントを付ける数も違う方法が用意されているそうです。

ティーンエージャー(11歳~17歳)には、インビザライン・ティーンが、軽度や部分のみの矯正には、インビザライン・ライト、インビザライン・i7などがありますので、症例に合わせて対応してくれるようです。

インビザライン(ティーン)

成長期の子供達は、歯の生え変わりや顎の発達などが起こるため、成人が使っているものと同じものをこの年代の人達に当てはめるには無理がありますので、問題点を考慮して作られたのが、インビザライン・ティーンとなっているのです。

インビザラインのアタッチメントは、アメリカのアライン・テクノロジー社独自の3次元画像化技術と、最新の歯科矯正理論、さらに最先端技術を融合させて、誤差のないその人に合った正確なマウスピース型矯正装置を作ることが出来るようになりました。

では、インビザラインは一体どうやって作るのか?

インビザラインの作り方

● まず治療を始める前に歯型をとります。 
● コンピューターで歯の移動をシュミレーションしていきます
● コンピューター上で、歯を少しずつ移動させた状態と一致するマウスピースである「インビザライン・アライナー」を制作していきます
● 1日20時間装着して、10日~2週間ごとにインビザライン・アライナーを交換して、歯を少しずつ矯正して歯並びを綺麗にします。

アタッチメントとは、平な歯面におうとつを付けることで、こうすることで歯が動きやすくなり、矯正しやすくなるという仕組みになっています。

*クリックすると画像が拡大します
インビザラインのアタッチメント

これを行って、透明なインビザラインを装置しますが、写真で見ても、まったく分からないので、歯の矯正はしたいけれど、普段の日常を考えると尻込みしてしまっていた方にとっては、非常に嬉しい進化であるといえます。

この、、インビザラインでの矯正は、他にどんな利点があるのか?

一般的なマウスピース矯正は、毎月歯型をとってマウスピースを制作しなければならないので、忙しい人はなかなか足を踏み込めない事が多かったようですが、インビザラインやアタッチメントでの矯正は、治療が終了するまでの間に制作するマウスピースの歯型とりの回数が少なくすむので、忙しい人には最適なのです。

さらに、通院回数も少なくすむので、煩わしい思いをすることも少なくなります。

インビザラインは、より良い治療結果が出るようにと、いろんな機能が定期的に導入されているので、日々進化していて、改良が続けられている治療法でもあります。

このような技術などや矯正理論の発達のおかげで、さらに精密な歯のコントロールや治療計画が可能になり、患者にとっては、自分にとってより理想的な歯並びや、治療期間が短くなったり、治療費も安くなるので、利点は多いようです。

非常に違和感が少ないので、インビザラインを装着していても、話しにくいと感じることが少なく、多くの特徴があるので、ご紹介しておきましょう。

● 信頼度の高い矯正装置 ● 通院回数が少なくすむ 
● 目立たない ● 取り外せる ● 幅広い症例に対応出来る 
● 同時にホワイトニングも出来る ● 痛み&違和感が少ない



↑ インビザラインの歯医者を探すことができます

治療の流れを説明しておきましょう。

インビザラインを行いたいと考えたら、まずはこれを導入している歯科へ予約を入れて行きましょう。

● 初診カウンセリングでは、歯並びやかみ合わせを見て、インビザライン治療のメリット&デメリット、治療期間や費用などの細かい説明を受けます
● 相談の時間などは40分ほどで、費用は3000円ほどになります
● 治療を希望した場合、精密検査を行い、虫歯や歯周病、顎の状態を精密に調べていき、レントゲン撮影や写真撮影をして歯型やかみ合わせを記録にとります
● 詳細な治療計画を作成していきます
● 計画を患者に説明していきます
● 虫歯などがあれば先に治療してからインビザラインを始めていきます
● 担当ドクターがインビザラインの作成を、アメリカのアライン・テクノロジー社に発注します(届くまで通常6週間ほどかかるようです)
● 治療を開始します

このような流れで、インビザラインを行っていきます。

それではこのインビザラインを取り付けたら臭いのか、アタッチメントは痛いのか、さらに費用についてなどの細かい情報を、ここからはご紹介しておきましょう。

インビザラインは臭い?

インビザラインは臭くなるのか?

インビザラインは臭いのか?

実はこれ、装着するときに、きちんと毎日取り外しをして歯ブラシなどで洗うように指示されるのですが、面倒くさがって2、3日放っておくと、もちろん臭いニオイがしてくるそうです。

ですから、インビザラインは毎日きちんと取り外して、洗うようにしないと臭いニオイが充満してしまうことになるので、注意が必要です。

そして、インビザラインは、水だけで洗い続けても、ニオイが臭いと気になるようになるので、洗う場合は、洗浄剤などを使って綺麗にすると、割りといい感じになると言われています。

口腔内の衛生状態をきちんと保つことは、インビザライン治療にはとても大切になるので、食事をした後は、必ず取り外して綺麗に洗い、もちろん歯磨きもしてから装着するようにしてください。

これを怠ると虫歯のリスクが高まりますので、日々きちんとしたケアで、臭いなと感じるようなことがないように気をつけてください。

インビザラインのアタッチメントは痛い?

ワイヤーを使わない歯の矯正装置インビザライン

インビザラインのアタッチメントとは、すでに説明している通り、歯の表面におうとつを付けることで、歯が動きやすくなるようにすることです。

歯が動いていくのですから、痛いのかどうかが気になるところですが、実際にはどうなのでしょうか?

臭いニオイも気になりますが、痛いのもなんか嫌ですよね。

これは、締めつけ感があったり、やはり人によっては痛いと感じる方もいるようです。

ちなみに、すべての患者にアタッチメントが必要であるというわけではなく、人によっては数個ほどで良かったりするようです。

程度によって差があるようですが、アタッチメントは7~15個ほど付けます。

最初の3日間くらいは、歯肉や歯に若干痛いという感じを持つようですが、一般的にはこの程度で違和感はあるようですが、付けているとそれも気にならなくなるそうです。

ただ、あまりにも痛いと感じるときには、歯がうまく動いていない可能性があるので、歯医者に連絡をしたほうがいいようです。

食事をするときなどは、アタッチメントを外しますが、かなり格闘すると言われていて人によりけりですが、アタッチメントを外すのに10分以上かかる方もいるようです。

痛いのは最初の数日であるのが一般的のようです。

インビザラインの費用は?

それでは臭い、痛いと、なんだか現実味のある情報が続いたところで、肝心要の費用について、しっかりと理解をしていきましょう。

インビザラインのアタッチメントをつけたり、矯正をするための費用は、平均的な金額ですが、90~100万円ほどかかるようです。

ある病院の例ですが、標準的な状態の患者さんのケースでは、75~85万円(税別)、軽度の患者さんのケースでは、40~60万円ほどだと言われています。

部分のみの矯正では、25~40万円で、総額制を採用しているところや、マウスピースを作るごとに加算されるケースなど、歯科によって違いがあるようですから、自分が通うことにしようと考えている歯科はどのような費用制度となっているのか、確認してください。



↑ インビザラインの歯医者を探すことができます

今回は、インビザラインのニオイは臭いのか?アタッチメントは痛いのか?といった情報をまとめていきました。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。