カラオケでの高音の出し方と練習法

カラオケでの高音の出し方と練習法

ブログライターkomichiです。自由な時間と場所で収入を得られるブログライターがどんな仕事か知りたい方はこちらをご覧ください。

今日のテーマは、「カラオケでの高音の出し方と練習法」です。
カラオケで高音を歌う女性
歌うことと泣くことは同じ効果がある、といわれていますが、カラオケはストレス解消にも大きく貢献してくれるといわれています!

今回の記事では、カラオケで高音の出し方の練習法についてなどの情報をまとめていきたいと思います。

カラオケを原キーで歌うために

カラオケ初心者、もしくは、長く歌ってはいるけれど、素人ですから、高音の出し方があまり上手ではない人にとって、原キーで歌うのは、ハードルが高いと感じられると思います。

そもそも原キーとはなんでしょうか?

歌手がCDなどで出している声の音域のことです。



基本的には、一般の方がカラオケで高音で歌う練習法をするのは、無理がある場合が多く、原キーを下げたほうが、声の出し方が楽になるという場合が多く、よほど発声練習などをしっかりとされている、プロのような練習をしてカラオケに挑む人以外は、この原キーで歌うというやり方は、かなり難しいといわれています。

マライア・キャリーのような、7つの音域を持つようなプロは、そうそう素人にはいないだけではなく、声の出し方にも、テクニックがあるといわれています。

ですから、カラオケを原キーを使って高音を出して歌う練習法をされる場合、これにこだわること自体が、ナンセンスと考えている方が多いのが現実のようです。

きれいな高音を出せるカラオケ教材
↑ プロも推奨している高音ボイストレーニング法

男性などは、思春期に声変わりをするので、特に原キーで歌うとなると、ハードルが高くなるだけではなく、高音の曲を歌う練習をする場合、どうしても声が裏返ってしまうという、なんとも言えない気分になる歌い方をすることになり、もっとうまく歌えるようになりたいと、悔しい思いをする場面も経験されていると思います。

では、カラオケを原キーで歌うことは、素人には難しすぎることなのか?といえば、先程も書いたように、テクニックを身につけてしまえばいいので、それほどハードルが高いものではないといわれています。

では、カラオケで高音の出し方の練習法は、一体どんなものがあるのか?

高音をきれいに出す出し方と練習法

カラオケに行って、高音の出し方をマスターして気持ちよく歌いたいと考えている方は多いと思いますが、ボイストレーニングに行っても、なかなかこれらのコツや、才能が伸ばせないという悩みを抱えている方もいらっしゃると思います。

よく、声の出し方についていわれることは、腹式呼吸で腹からしっかりと声を出すのだといういう練習法ですが、これでカラオケが上達したという方もいるかと思いますが、なかなか練習しても高音が上手に出ず、出し方が結局分からなくて挫折したという方もいるかと思います。

ボイストレーニングで一般的に声の出し方の練習をするときに、いわれることは、腹式呼吸と発声練習をしましょうというものですが、高音を出す自分を夢見てこれを地道に繰り返しても、一向に結果が出ず、途方にくれる方もいるようです。

では、カラオケで高音を出して歌うためには、どんな練習法が必要なのか?

実はこれ、「声帯の強化」が重要な鍵を握っているのです。

腹から声を出す、発声練習をするよりも、もっと本質的な部分で、高音の出し方の練習をする方法に気づくことが重要です!

現在のボイストレーニング業界は、本当に高音を出せる練習法をさせるようには出来ていない仕組みとなっています。

なぜなら、素人がカラオケで高音をガンガン出して歌える練習がきっちりと出来るようになったら、この業界はいわゆる、お金を頂いて、成り立っていくことが出来なくなってしまうからです。

ですから、いろいろと裏があるため、一般人が、カラオケで高音の出し方を練習したくてボイストレーニングにかよっても、なかなか結果に繋がりにくいだけではなく、無理に高音の出し方を習得しようとしたことで、逆に声帯を痛めつけてしまい、声を潰してしまう場合もありますので、練習法には注意が必要となります。

現在の日本のボイストレーニング方法を真面目に練習しても、なかなか高音をきれいに出すことは難しいといわれています。

理由はすでに書きましたが、いろいろと業界にもはからくりがあるためです。

では、日本にいる以上、カラオケで気持ちよく高音を出して歌う練習をすることは出来ないのか?といえば、そんなことはありません。

自由も尊重されているこの国で、高音の出し方を練習する方法がないわけがありません。

ではどうすればいいのか?

発声法に目を向けてみるのです。

ボイストレーニングではなく、声の出し方をマスターする練習をして、カラオケに挑むのです。

知り合いに、バンドでデビューしないかと言われた女性がいたのですが、彼女も言っていましたが、「声には出し方があり、それはとても簡単な方法で、それを知るだけで、カラオケで高音の出し方が簡単に練習出来る」と教えてくれたことがありますが、まさに、声帯の強化が、高音の出し方のキモになるというわけです。

そして、カラオケで高音の出し方を習得して、気持ちを込めて心地よく歌うためには、響きを与えるボールが必要だといわれています。

地声の音域を広げるためには、喉の緊張を極力さけるようにしないと、声帯に負担がかかります。

よく、歌手の方などが、「ポリープ」になったという発表をされていますが、これは、声帯に負担がかかるような歌い方を普段からしてしまっているためでもあるといわれています。

このような歌い方をして高音をカラオケで練習してしまうと、声が体に響かないだけではなく、ポリープになったり、声帯に負担をかけてしまうので、さまざまな不具合が体に起こってしまう場合もありますので、注意が必要です!

上顎の辺りを、引いてのどをあけるように意識すると、声帯が開くので、無理なくカラオケの練習で、高音を出すことが出来るようになるといわれています。

イメージとしては、上顎から、眉間のラインを一直線に一本のラインになっていると想像してください。

ここが、あなたの地声が通るラインであると捉えながら、前方の斜め上方向へ、声が抜けていくといたイメージで、あなたの声が弧を描いて飛んで行くという感覚を掴んでみてください。

そうすることで、高音の出し方が無理なく出来るようになり、さらに、声が抜けていくという実感を感じることが出来るかと思います。

そして、高音をきれいに出す出し方や練習法で、ポイントとなるのは、フォーカルポイントを正しく認識できるかどうか?だといわれています。

フォーカルポイントとは、力点です!

単にカラオケを歌うときに、高音を出せるようになっただけでは、歌を楽しむことは出来ないともいわれていて、その理由は、開発された声帯を強化していかなければ、喉を痛める可能性が高くなるからだといわれています。

いくら、高い声が出せても、結果的に声帯を傷つけるような声の出し方を覚えてしまうと、カラオケを歌えなくなるだけではなく、高音を出したことで喉を傷つけることになるので、日常生活でも不便を感じてしまいかねません。

そして、これまで一般的に、カラオケで高音の出し方を練習するために、これをやったらいいと信じられていた、腹式呼吸での練習法は、実はまったく意味がなく、いくらやってもカラオケがうまくなることもないと、この道のプロは話しているのです。

腹の底から声を出せばいいのではなく、喉を鍛えることが重要であると、プロは説いています。

先ほど書いた、バンドでデビューしないかと声をかけられた知り合いの女性も話していたのですが、カラオケで声が出ない人と出る人の違いは、単純に、「声の出し方を知っているか知らないかの差である」と話していました。

要するに、きちんとした声の出し方や練習法ができているかどうかの違いであり、生まれつき歌が下手だとか音痴だというものは、一切練習法には関係がなく、だれでもきちんとしたトレーニングを受ければ、カラオケで高音の出し方を習得して気持よく歌うことは可能であるのです!

あとは、やり方、練習法を知っているか知らないかだけなのです。

よく聞く話の中に、「カラオケを上達させたくて、ボイストレーニングに行っているのだけれど、まったく上達しないどころか、努力が報われない、声の出し方が変わらない」というものがありますが、単純に、それまでその方が選んできた練習法が間違えだったという理由で、カラオケで歌うときの声の出し方が、うまくやれないということなのです。

ですから、「自分には才能がないんだ」とか「努力が足りないんじゃないか」といった心配は、ナンセンスな話なのだと気づいてください。

そういうことではなく、単にやり方に問題があっただけだと気づけばいいのです!

きれいな高音を出せるカラオケ教材
↑ プロも推奨している高音ボイストレーニング法

せっかくカラオケを楽しみ、高音をきれいに出して、練習法を日々実践しながら、歌を気持よく歌いたいと考えているのなら、是非、ただしいやり方を理解した上で、声帯を痛めることなく、きれいな高音の出し方を理解して、カラオケを楽しむようにされたほうが、楽であるといえます。

地声と裏声の高音

できれば裏返った高音の出し方をしながら歌うのではなく、地声で出る高音の幅を広げたいと考えているかと思いますが、レーザーラモンというお笑い芸人の、「フォー」という声の出し方も参考になるといわれているようです。

なんでも彼は、ダンベルを持って、上げたときにフォーと声を出す練習をされているようですが、一般の人がこの実験に加わった結果、3~5音も高い声が出るよになったようです。

一見ダンベルを上げる=力んでいるという感覚になるでしょうが、体の中をエネルギーが通るという感じを掴めば、すぅーっと声が通り、高音が無理なく出るようになるといわれています。

カラオケで高音の出し方を練習法としてやる場合、家でこのダンベルと使って、アゴを引いて、喉をあけて出すという練習法も意外と使えると思われますので、まずは練習を繰り返すことで、慣れていくことが重要となります。

他に、高音の出し方を習得してカラオケを楽しみたい方におすすめの練習法は、なんの関係もなさそうですが、筋トレをやるという方法があります。

高音の出し方を習得するのに、筋トレ?と思われるかもしれませんが、きれいな声を出すためには、実は体の力を抜いておく事が重要であるといわれていて、プロのミュージシャンや歌手は、普段からきっちりと筋トレなどを行い、高音を出せる体作りに精を出しているといわれています。

ある女性ミュージシャンも、もちろんライブなどをこなすための体力づくりも兼ねていたようですが、体を鍛える事を日々の日課としていると話していましたので、あながち眉唾の話でもないようです。

しかも、もちろん全身をくまなくトレーニングすることは重要ですが、その中でも特に腹筋が重要で、ここを集中的に鍛えておくことで、高音の出し方が上手になるといわれていますので、ただ喉を鍛えるだけではなく、声が全身を駆け巡って外側に飛び出していくという感覚を掴むために、身体自体を鍛えておきながら、いろんな感覚に敏感でいることも、カラオケで声を出すための、重要な練習法に繋がると考えられています。

腹筋の中でも斜腹筋という部分の筋肉が、高音の出し方に影響を与えているといわれています。

カラオケで気持よく高音を出せるようにするためには、ここを重点的に鍛えておくといいといわれています。

テレビなどで歌っているシンガーなどを見ていて気づくことですが、よく、この斜腹筋のあたりをおさえたりしながら歌っている人を見かけませんか?

声の出し方でこの辺りの筋肉は重要な力を秘めているといわれていますので、もちろん、筋トレは1回やっただけではどうにもなりませんので、日々の鍛錬が必要となってくるのですが、カラオケで高音を出したいと考えている方は、声を出すトレーニングだけではなく、体を鍛えていくことで、強い体を作り、声の基礎となる体つきをしっかりと創造していくことも、視野に入れて練習法に加えてみることもおすすめです。

せっかくですから、カラオケで高音の出し方をマスターするための練習法として、斜腹筋の鍛え方をご紹介しておきましょう。

こちらの動画で行うトレーニングが、斜腹筋のイメージも分かりやすいかと思いますので、参考にしながら、無理の無いように行っていってください。

まずは両膝を曲げて横向きに寝転びます。

片手を床につけ、もう一方の手は頭にそえて準備をしておきましょう。

この腹筋をやるときのイメージとしては、肋骨を腹筋に近づけるような感じで行います。

大事なポイントですが、どうしても最初は慣れないためキツイので、ついつい反動を使いたくなってしまうかもしれませんが、それでは斜腹筋のトレーニングになりませんから、しっかりと一回一回の動作を、きっちりと行うようにしていきましょう。

起き上がりながら息を吐いていき、体を戻しながら息を吸います。

片方10~15回行い、逆側も同じように腹筋を鍛えていき、これを3セットほど行い、日々の日課として続けていくと効果的です。

斜腹筋をイメージしやすいので、こちらをご紹介しましたが、基本的には、普通に腹筋をするだけでも、十分効果がありますので、続けることがキモとなりますので、高音の出し方を習得して、練習法として筋トレを組み込むのなら、日々ひたすらやり続けていき、毎日の生活の中に自然に溶けこませると、楽に続けていけると思います。

要するに、やるかやらないかという問題ですから、実践あるのみです。

そして、どうしても素人は、声帯だけで無理に高音を出してカラオケで歌を歌ってしまいがちですが、プロはこれらの基礎をみっちりと身につけて、あの驚くような素敵な高音を出したり、練習法を日々地道に実践していくことで、ポリープを作らないように声帯を守りつつ、仕事として素晴らしい歌声を出すようにしているので、くれぐれも、自己流の声の出し方で喉を傷めてしまわないように、気をつけていただければと思います。

裏声と地声をスムーズに行き来させられる歌唱方法や練習法のことを、ミックスボイスといいますが、このような歌唱法を行うためには、2つのポイントが重要だといわれています。

● 裏声を作る筋肉を鍛える
● 地声を作る筋肉を鍛える

やはりここでも、筋肉が重要だという話になりましたが、ミックスボイスとは、これまであなたがカラオケで高音の出し方の練習法を試してみても、結果が出なかったのは、声帯本来の機能を活かせていなかったということになりますので、これが自由に広い音域でも無理なくスムーズに出すことが出来る歌い方であると受け取ると、分かりやすいかと思います。

これらは、基本的なきちんとしたやり方を知り、日々実践していくことで手に入れられるものでもありますので、本当に効果がある方法を知り、自分で練習法として試していくことで身につけることが出来ますから、カラオケを上達させたいのなら、まずは知ることが大切であると、お伝えしたいと思います。

ボイストレーニングに通っても効果を実感できなかった方は、結局、通い続ける生徒として、業界でお金を取る仕組みの中にあなたが組み込まれてしまった結果である可能性もあるといわれていますので、きちんとした情報を選択することが、カラオケで高音を出すための練習法としては、大事な要素となるようです。

結局業界も生き残っていかなければなりませんから、生徒がいなくなってしまっては困ることになります。

リピーターがいないと、仕事自体がなりたたないという側面もある事実に気づかれることも、大事なポイントになるかと思います。

きれいな高音を出せるカラオケ教材
↑ プロも推奨している高音ボイストレーニング法

あるスポーツのプロが話していたのですが、スクールを開催しても、キモであるポイントについては、触れないようにしていると語っていました。

なぜなら、そこを話して教えてしまうと、自分の食い扶持がなくなってしまうからだという話しでしたが、これは業界が悪いということではなく、皆食べていかなければなりませんから、そこはもう、塩梅と人間性の問題になってくるかと思います。

仕事として成り立たせないことには、その方は生きていけなくなります。

現代では、人間性の高い、そして、教えることで多くの人を喜ばせることが、当たり前に出来る人たちが増えていき、社会も様変わりしていきています。

カラオケで、どうしても高音の出し方をマスターして気持よく歌いたいと考えるあなたへ、きちんとした情報に、どうぞ触れてくださいと、お伝えしたいと思います。

歌のうまい歌手やシンガー・ソングライターなどを見ていると、「気持ちいだろうな」と感じますが、あなたもこの情報に触れて、是非高音の出し方をしっかりと練習法として実践して、カラオケで気持よく歌っていただければと思います。

高音の出し方は難しくない、カラオケで心地よく歌える練習法は家で出来る、いい時代になったなと、個人的にも思いますが、きちんとした情報をゲットして、どうか楽しく歌っていただければと思います。

無料メルマガ「在宅ブログライターで月収30万円稼ぐ方法」
by ブログライターkomichi
自由な働き方
収入と時間と人間関係の悩みから解放されて、趣味や旅行など自由にできる学生時代のサークルのようなコミュニティーを一緒に作りませんか?好きな場所、好きな時間にブログを書くだけでOL時代以上の収入と自由を手に入れる私komichiが人生を変えた「在宅ブログライター」という職業について無料で3つの動画をお届けしております。在宅ブログライターについての詳細はこちらよりご覧いただけます(推薦文あり)。




*興味がなければいつでも1クリックで配信解除できますのでお気軽にご覧いただけたら幸いです。



<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です