ゴルフバンカーショットの打ち方

ゴルフバンカーショットの打ち方

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「ゴルフバンカーショットの打ち方」です。

バンカーショットの練習

ゴルフでバンカーに球が入ってしまったときに困ってしまうのが、打ち方を間違えると、泥沼にハマるというものです。

バンカーとは、ゴルフコースを形成しているひとつの要素です。

ゴルフコースを回っていて、バンカーに球が入ってしまったとき、ここから脱出するのは、かなり難しいといわれていて、バンカーショットでよく飛ぶ球の打ち方を実践するのは、なかなかできにくいといわれています。

ハンガーショットの打ち方の基本

ゴルフコースを回っていて、バンカーに入った球を、ここから救済するショットのことを、バンカーショットと呼びます。

まずは、あごの高いバンカーショットの打ち方について、基本を見ていきます。

ゴルフ場は、このアゴの低い&高いバンカーショットがありますので、どこに入ってしまったのかによって、打ち方は変わってきてしまいますから、説明の仕方が変わりますので、まずは高いバンカーショットの打ち方を見ていきます。


一番人気!女性ゴルファーに優しいゴルフ上達法

あごが高いので、かなりボールを高く打たなければならないため、あげたいがゆえに、顔をあげて打ってしまうと、球が歯に直接当たってしまうい、逆に失敗しやすくなりますので、注意してください。



何度打ってもあごから球が越えていかず、同じ状態を繰り返してしまうので、ここは注意が必要となります。

頭をあげない(ヘッドアップ)ようにして、最後まで振りぬくという姿勢で、ゴルフのバンカーショットの打ち方をマスターしておくと、本番でもスムーズにバンカーから抜け出せるようになります。

ゴルフで、バンカーショットしたときには、とにかく球をあげなければなりません、ですからゴルフクラブのフェースも開いて打つようにしてください。

自分でバンカーショットの打ち方がやりやすくなるように、線を引いてみてください。

そうすることで、目標となる方向が分かりやすくなります。

その線に対して、今度は自分の立つ位置に同じように線を引きます。

クラブのフェースはやや右側に向け、クラブフェースを向ける方向は、時計の針で説明すると、1時もしくは1時半の方向だという感覚で考えると、分かりやすいようです。

次にスタンス位置も同じように開いていきます。

クラブフェースを開くので、腰をしっかりと落としていき、低い体勢にしてかまえるのがポイントです!

スタンスが近すぎると、どうしてもクラブが鋭角(鋭く尖った角)のように入ってしまうので、どうしてもあげずらくなります。

ですから、スタンスを広くとって、しっかりと腰を落としましょう!あごが高いので、しっかりと球をあげなければなりませんから、球にパワーを伝えるために、大きくクラブを振る必要があります。

大きく振って、しっかりと振り切るようなイメージで打ってください。

打つときに右足があがると、前傾角度が崩れるので、体が起き上がってしまいやすいため、ベタ足になるような意識を持ちながら、球の打ち方をやっていきましょう。

打つときの重心は、やや左側にのせておき、あごがさらに高い場合は、重心は真ん中でかまいません。

この場合は、あまり左側に体重をかけすぎてしまうと、クラブが鋭角に降りてしまうため、ボールが低く出てしまうので、失敗しやすくなります。

ゴルフのバンカーショットの基本は、左足に重心をのせるので、これはしっかりと覚えておいてください。

そして、できれば、ボールの手前5Cmのところに、クラブヘッドを落として振りきれるように集中しながら打ち方に神経を集中していきます。

これは大事なポイントです!バンカーショットの打ち方を成功させて、ゴルフコースに速やかに戻れるように、この振り方を覚えてください。

いつもよりコックを速めに入れて打つべし!

次は、アゴの低いバンカーショットの打ち方です!

ゴルフを楽しんでいて、バンカーに入ったら、「あーあ」という気持ちになるかもしれませんが、せっかくですから、それすら愉しみながら、ゴルフ場を堪能されるような気持ちを持っていただければと思います。

まず、アゴの低いバンカーショットの打ち方は、ヘッドアップせずに、しっかりと砂の中にクラブを入れていくと確率が高くなります。

雨の日のバンカーショット

ゴルフをする前の日に雨が降ってしまっていたり、雨の中でゴルフをすることになった場合、バンカーショットの打ち方は、どう変化させればいいのか?

まず雨の日はゴルフクラブのフェーズが濡れて、グリップも濡れて滑りやすいので何かと神経を使います。

雨でバンカーが濡れると砂が硬くなります、なので硬い砂のバンカーショットについて見ていきましょう

基本はフェースを開かず、できるだけ球の近くで打つようにします

硬い砂のバンカーショット

雨の日や砂が硬くなっているところで、ゴルフのバンカーショットを打つのは、難しいと思っている方も多いようですが、実は、打ち方としては、こちらの状態のほうが、スピンもかかるので、実は優しいといわれています。

ゴルフのバンカーショットは、基本的にボールの下にヘッドが入らなければなりませんが、硬い砂で打ち方をやった場合、下に入らないのでフェイスが開かないので、バンスを使う量を調整することで、開き具合を変えていきます。

そして、ボールの下にしっかりとヘッドを滑りこませる、この2点をしっかりと行うことで、硬い砂の上でのバンカーショットの打ち方が、上手に出来るようになります。

他には、砂を薄く削るような気持ちでスイングをすると成功しやすいようです。

グリップを強く握らず、フォローは上に振りぬくような気持ちで振り切ります

硬い砂のうえで、バンカーショットの打ち方に集中する場合、こういった意識をもってやると、うまくいくようです。


横峯さくらさんもおすすめしている女性ゴルファーのためのゴルフ上達法

バンカーショットはヘッドを砂の下に潜らせて、砂ごとボールを持ち上げるイメージで行うといいようです。

このイメージが大切だと言われていますので、是非、とりいれてみてください。

そして、アメリカのゴルフプロレッスンのデイブ・ペルツ氏は、ゴルフのバンカーショットの打ち方の基本は、3つあると説明しているようですから、そちらの情報もシェアしていきます。

● ボールの位置は左足かかとに合わせる ● クラブフェースを開いてから振る 
● フェースを開いた分だけ左を向いて構える

ある日本のゴルフプロは、バンカーショットの打ち方のたとえとして、次のようなイメージを持つといいと話していますので、そちらもご紹介しておきます。

「目玉焼きをフライパンから弾き飛ばす感じ」

なんだか、ますますわからなくなったような・・・、要するに、目玉焼きの白い部分は砂、黄身はボールだとイメージして、一緒に弾き飛ばすと考えていただくと、分かりやすくなるのではないでしょうか?

ゴルフでバンカーショットの打ち方を何度も練習しているのに、一向に上手にならないという方は、次のアドバイスを実行されてみてはいかがでしょうか?

なんでもバンカーショットを上手にやる人には、ある共通点があるといわれています。

打ち方にポイントがあるのですが、それは一体どんなものなのか?

実は、とても簡単なやり方なのですが、砂を多く取り過ぎていないというものです!どうしても、バンカーショットで失敗をしていまうという方は、砂を多く取り過ぎていたり、フェースが閉じすぎているのでは?といった指摘もあるようです。

ゴルフのバンカーショットが苦手な人の特徴は、手や腕だけでクラブを振っているというものもあるようです。

バンカーでは、足を砂に埋めて打つようにしたほうが足も滑りません。

バンカーショットが苦手な方は、理由のひとつではありますが、ヘッドを加速させたまま砂ごとボールを運ぶというやり方できていないからだと言われています。

そんな方におすすめの練習方法がありますので、ゴルフをもっと上達させて、バンカーショットの打ち方もしっかりとマスターしたいと考えている方は、やってみるといいのではないでしょうか?

● ティッシュペーパーを1枚用意し、4つ折りにする
● 練習場のバンカーの砂の上にこれを置き、ティッシュの真ん中にボールを置く
● この状態で練習をしていきます
● ポイントはティッシュごと打つ
こうすることで、ヘッドを深く入れるぎたり、浅く入れすぎていると考えられるクセが直せる可能性があるようです。

体格や筋力も人によって違いますから、自分に合うやり方を見つけていくようにして、ゴルフを楽しんでください。

ハイバンスとローバンス

サンドウエッジのソールの性格を示すものに「バンス角」というものがあります

御存知の通り、ローバンスは、バウンス角が比較的小さいもののことをいいます。
ローバンスの図
そして、ハイバンスは、逆に大きいものをいいます。
ハイバンスの図
バンス角度が8°になるものをローバンスと呼び、ハイバンスと呼ばれるのは14°、中間的なモデルもあり10°~12°になってます

一般的にはローバンスは砂の硬いバンカー、ハイバンスは砂の量が多くて柔らかいバンカーに向いていると言われています

ローバンスは、バンカーショットをするときに脱出しやすいといわれているものですが、この用途以外でも扱いやすいように作られたと考えられています。

フェースを開いて使いやすく、悪いライでも地面でソールがハネたり、突っかかったりするようなことが少なくなるといわれています。

これを使うと、リーディングエッジがボールの下にすっと入るので、ハンガーショットの打ち方をやるときにクリーンなイメージがわきやすくなるといわれています。


↑ 女性のためのゴルフ上達法

ゴルフでローバンスを使う場合、バンカーショットで、砂を薄くショットして使用することが求められるため、技術レベルが高くなるので、ゴルフをやるときに、ローバンスを使用するのを避けるゴルファーも多くいるといわれています。

ハイバンスは、日本の芝生の質にとても向いているといわれています。

そして、この国では、12度以上のハイバンスのサンドウェッジを使って、ゴルフを楽しむ方々が多いといわれています。

ボールを右において、低く打ち出すタイプの方には、こちらが向いているようです。

バンカーショットの打ち方が苦手だと感じている方は、こちらを使うといいようです。

ハイバンスは、バンカーから脱出しやすいと言われています。

この記事では、ゴルフのバンカーショットの打ち方について、情報をまとめていきました!




<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です