スマホの利用時間を制限・確認するアプリとは?

スマホの利用時間を制限・確認するアプリとは?

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「スマホの利用時間を制限・確認するアプリとは?」です。

子供がいる人が、心配する、スマホの利用時間や料金についてですが、なんでもこれらを制限し、親が、子供が何に使っているか、分かるように確認するアプリなども登場しているようです!確かに、大事な子供が、なんらかの危ない世界に引きつけられ、トラブルに巻き込まれては大変ですから、スマホの利用時間などや、どこへアクセしたのか、分かるツールが出来るのも、愛のあるサービスでもありますね!

スマホの利用時間をせいげんするには?

この記事では、これらの利用者側からすると、頼もしいと感じる、アプリなどについて見ていきながら、この世界の現状について、まとめていきたいと思います。

スマホは、旧来型の携帯電話よりも、基本料金が高いことや、コンテンツ課金というシステムがあり、音楽やゲーム、映画などをお店に行かずに購入できるので、とても便利であり、しかも、支払いはクレジットカードでできるので、現金を介在させて、お店で支払うシステムとは違うため、なんとなく、お金を使っているという実感が薄く、子供などが使う場合は、勝手に課金出来ないように設定しないと、一時期、ニュースでも話題となったように、気がつけば、支払金額がとんでもない額になっていた・・・!なんてことにもなりかねません。

スマホ依存とは?

他にも、スマホ依存という症状に陥る子供や大人が増え、スマホの利用時間を制限したり、どんなことに使っているのか、制限を親がして、確認しておかないと、危険だと思われることが、現代社会では、普通の日常に、以前よりも増して、大人社会が子供社会を脅かすというケースが増えているため、これらに関する、セキュリティシステムとして、スマホの利用時間、使用方法についての確認や、使い方への制限をかけるアプリなどが、開発されていったようです。

まずは、非常に問題となったといわれる、子供&大人のスマホ(携帯)の利用時間が長くなる、依存について情報をまとめていきたいと思います。

まず、スマホに依存しすぎて、利用時間が長くなると、どんな危険があるのか?について見ていきます!

● 視力低下や睡眠障害が起こる
● 周囲に気を配ることができなくなり、感覚が鈍くなってくる
● 人と面と向かって話しができなくなり、精神疾患のリスクが高まる
● 首に大きな負担がかかるだけではなく、自分の価値が分からなくなる

他にもさまざまなリスクがあると言われるスマホ依存、病院でこれを診断される人は少ないとは言われていますが、大人でも困る状態だといわれる、スマホの使いすぎ、これらを利用する側が、無意識に使い続けていると、日常生活でも、なんらかの様々な問題が起こってくるとはいわれています。

個人的に、この危険や使用時間の問題点、そして危険について思うことですが、なにかがあれば、それに対する、逆の発想は必ず出てくるのが、2極の世界の常なので、情報に振り回されたり、恐怖心を煽られるように、これらの話に追随するのではなく、スマホを活用していても、自分の頭で考えている人は、数多くいると考えられますから、怖がりすぎる必要はないのでは?と思いますが、子供を持つ親にとっては、そんなのんきなことは言っていられないのが現状でもあるとは思います。

それでなくても、大人社会が子供の世界に、強い影響を与えるのは、当然ですから、スマホの利用時間を制限したり、どんなものを観覧しているのか、親が確認したりするのは、大事なこともでもあるのでしょう。

ただ、心配し過ぎは、親御さんにとっても、心理的負担が大きくなるので、少しは、子供だけど、小さい一人の大人だという意識を持っていることも、大事ではないかと、僭越ながら考えてしまうのです。

何故なら、スマホの利用時間を確認したり、制限をかけるアプリを使って、ここばかりつつくのに、テレビやDVDなどは、平気で垂れ流すようにつけたり見せたりするのは、矛盾していると考えるからです。

当たり前のように、映しだされる無料(正確には、電気代、NHKなら料金がかかりますが)で見ることが出来るテレビや、お店に行けば、いくらでもあるDVDは、平気で見せているのに、インターネットには、強く制限をかける=新しい、本人が本当に望む情報から遠ざける、という行為の行き過ぎという面は、否めないというのもあるかと思います。

親の価値観だけに縛られる子供は、どこかやはり、不幸でもあるのかな?とも考えられるからですが、もちろん、子供を守るのは親の責任でもあります、この辺り、塩梅でやっていくのは重要だと、個人的にも思います。

ですが、現場では、大人が想像もつかないようなトラブルもあるようで、友達が勝手にスマホを触り、ゲームで遊んでしまったり、先輩やいじめっ子が、勝手にゲームのガシャを回して、ゲームデータを破壊してしまうなんてことも起こる場合があり、実は子供側から、ロックをかけてほしいと、親にお願いするケースもあるようですから、この場合、やはり、守れる部分は、親がしっかりとやってあげることも重要です。

要は、親も子供と一緒に、進化していきながら、成長を阻害しないように、自分の価値観だけに縛らないようにする意識も持っていることが、重要なのではという、問いかけをしたいのですが、あなたはどう考えますか?

さて、スマホ依存について、話を進めていきましょう!利用時間が多くなり、どっぷりとこの世界に浸りすぎることで、問題となっているこの状態、一体どんなものがあるのか?

● インターネットをやめようと思っても辞められない
● 制限をかけられると暴力的になる
● この世界に没頭しすぎて、不登校になる
● 昼夜逆転の生活をおくることになってしまう

若者の50%が持っているといわれているスマホ、機能性の高さが、利用時間を長引かせ、自分で制限出来ないほど、ひたすら触って使ってしまうという現実を引き起こしているといわれていますが、若い男性ほど、スマホを使ったゲームにハマる傾向が強いといわれています。

周囲から、ちょっとスマホの利用時間、長すぎない?と指摘されて、自分がこれらを使いすぎていることに気づくという人も多いといわれていますが、この情報、自分が見たというわけではないので、そういう話しもあるんだな、そういった世界観もどうやら世の中にはあるらしいという、参考程度に受け取っていますが、あなたの周囲では、このスマホの利用時間が長くて、使い方に対して制限をかけ、客観的に、どれだけ使っているか確認するアプリなどを使っている人などはいますか?

では、実際に、これらを利用する時間を、どうやって制限し、確認をしていくのか?それが出来る方法や、アプリについてみていきましょう!

なんでも、子供や大人がスマホを触っている時間を、強制的に制限するアプリに「タイマーロック」というものがあるようです!これは、時間を指定することで、そのあいだは、スマホを利用することが出来ないようにするという設定が出来るというアプリです。

これでスマホを使う時間の何が制限出来るのか?ロックできるのは、電話の発着信のみで、深夜に使わないように設定して、利用時間を制限する事ができるアプリなので、これで、昼夜逆転生活やスマホ依存の予防が出来るようです!

スマホの利用時間を制限できるアプリ

このアプリは、アンドロイド用ですが、iPhoneでは、アプリ無しで同じ事ができるシステムが備わっているようです。

スマホ利用時間制限アプリ

この記事では、スマホの利用時間の制限、確認アプリについて情報をまとめているので、iPhoneについては、説明を省かせていただきます!

余談となりますけれど、ご存知だと思いますが、iPhoneは、アップルが端末とOSを作っていて、グーグルはアンドロイドというOSを作っていて、端末はグーグル、サムスン、ソニーなどが製造してます。

iPhoneは、アンドロイドを搭載したスマホに比べると、小さいので、女性が扱いやすい大きさだといわれていますが、ケースのデザインの多さでは、アンドロイドのほうが優っているため、iPhone使用者から、羨ましがられているという面もあるようです!

スマホの利用時間を制限して、親がきちんと確認できるアプリであるタイマーロックだけでは、子供のこれらへの依存症は、防ぎきれるものではないかと思われますが、なにもしないよりはマシであると考えられるので、気になる方は、自分のため用にでも使ってみると、便利でもあるのでは?

他には、最初に書いた、課金を制限できるアプリもあるようです。

一時期ニュースでも、子供がこれらにアクセスして、ゲームなどを興奮して楽しんだため、請求金額がとんでもないことになった・・・!というものが出ていましたよね!

これらを制限し、もちろん利用時間をシャットアウトして、親が確認し、子供がスマホを使用する環境を、ある程度コントロールするというアプリになるようです。

他には、オワリーという、スマホの使用を制限するさまざまなアプリも登場しているようです!大人でも、この便利なツールに依存してしまう人が続出していて、社会問題化もされているといわれているのですが、ついついネットが気になってしまう、他にやらなきゃけいないことがあるのに、こちらに気が向いてしまい、一向に用事が片付かない、子供がゲームに夢中になり約束の時間を守らない様子が見られるなど、困った状況にある人にとっては、利用時間などに制限がかけられ、他のことを確認したり、作業したりしやすい状況を作るために、便利なアプリとして、使っている人も多いようです。

ただ、対応していない機種があるようで、ダウンロードしたのに作動しないなんてトラブルもあるようです!便利なアプリですが、こういったこともあるようですから、自分が使っているスマホで使用できるかどうか、事前に確認をされたほうがいいようです。

このオワリーという、スマホの利用を制限し、中毒している人から、ここにつぎ込む時間を開放するアプリの使い方をご説明したいとおもいます!

使用時間の設定は、例えばインターネットは1日何時間まで、ゲームも同じく何時間までと、自分で決めた時間を設定していくだけの簡単操作で、アプリを使うことが出来ます。

これを設定しておくと、スマホでゲーム&ネットを利用している人が、無意識に没頭していった場合、時間がくれば、アプリが強制的に利用時間の制限をかけてくれるので、大人でもついつい没頭してしまいがちなこの世界から、アプリが、設定を確認して、人間を開放してくれる嬉しいシステムでもあります。

スマホほ制限するアプリ(オワリー)

ですが、これを簡単に解除出来るのなら、意味が無いといった意見も出ていて、確かに、スマホの利用時間を、制限するのも人間側ですから、一度設定したら、なんらかの面倒な手続きをしないと、解除できないようにしないと、やはり、依存や中毒から、解放されにくいのでは?といった、辛辣な見解も出ているようです。

こういった、厳しい目線を、素直に表現してくださる使用者の方の存在は、アプリの開発者にとっては、有り難いものでもあるのではないでしょうか?

そして、スマホを使う側も、大人であっても、ついつい手を伸ばし、利用時間を心で何時までと決めていたとしても、どうしてもだらだらと続けてしまう、心が弱い=それだけ楽しんでいるともいえるのですが、そういった人にとって、勝手に終了してくれるので、非常にこの使用制限してくれ、時間を確認して強制的に終了してくれるアプリは、便利アイテムとして人気も高いようです!

ちなみに、オワリーは、終わりの意味だと思いますが、カタカナ変換して、伸ばすだけで、なんだかかっこいい、お洒落な感じに読めるのが、個人的に不思議だと思いましたが、この名前、あなたはどう感じましたか?

これらのアプリを、使用者が安心して使えるように、このオワリーは、アンドロイド公認アプリとしての安全性もきちんとチェックされていて、公認デペロッパー認定もされているので、安全であることも、きちんと提示されています。

公認デペロッパーとは、アプリの開発者の身元認証を行うことで、誰が作ったのか、きちんとした、安全な筋からのものなのか?といった確認を行い、使用者へ安全性についての、安心感を持ってもらうために作られたシステムです。

証明されるものは以下のものです。

● デベロッパー(開発者)が物理的に実在して運営しているのかどうか
● アンドロイダーに登録されているこの開発者が作ったアプリが、正当なパーミッション(アクセス権限)であるかどうか
● ウイルススキャンをきちんと通しているかどうか

これらを、きちんと確認して、このアプリを開発した人は、安全性などで大丈夫な人物であるという認められると、認定証が発行され、それをきちんとアプリに添えておくと、使用者も安心して、利用時間制限などをしてくれるアプリなどを使えるので、お互いにとってメリットになり、怪しいといわれる部分もあるネットの世界で、現実味のある信頼感が持てるので、便利でもあります。

そもそも、スマホ依存症や中毒になる理由には、一体どんなものがあるのか?簡単な話なのですが、要は、パソコンを持ち歩いているのと同じ機能を兼ね備えているので、仕事で使っている人はもちろんのこと、ちょっと出先で、FacebookやTwitterなどを見ることも出来るため、やり続けると終わりがないという、ちょっとした悪循環があるので、なかなか辞められず、気がつけば、一人この世界に没頭していき、利用時間も大幅に増えていて、他のやるべきことに、集中できず、いろんなことがおざなりになってしまうことが多いからです。

そして、家族や友人などの、身近な人と過ごす時間にも、これらの便利ツールが入り込むことで、家族間の軋轢や、トラブルに発展するケースもあり、社会問題としても取り扱われるほど、このスマホの中毒、依存症は、世界中でも問題となっているといわれています。

日常生活に支障をきたすほど使い続け、利用する時間が増えてしまえば、人間関係だけではなく、生活そのものにも、いろんな障害が発生してしまうため、これらを回避するために、利用時間を、制限するアプリなどが開発されていったのです。

確かに、スマホは便利アイテムですが、生活や人間関係を壊してまでも、没頭するのは、やはり問題がありますから、これらのアプリで、日々使う時間を確認しながら、強制的に使えないように設定できるシステムは、有り難いものでもあるようです。

なんでも、近年では、スマホを持っていることで、その場にいる人とではなく、ネットを使って、別の人と繋がって会話を楽しんだりする人が増えたため、それはマナー違反だろうという声があがり、現場では、さまざまな取り組みがされているといわれています。

スマホの弊害

例えば、アメリカで実際にあった話のようですが、娘の誕生日に、子どもたちを家に招いてパーティーを開いたところ、なんと!集まってきた子供達は、スマホなどを使って、その場にいない子どもたちと繋がり、そちらに熱中するという状況が見られ、次からは、家に入る前に、最初にスマホを没収しておき、その場にいるものだけで、愉しむ空間を演出したという話もあるのですが、そこまでしなければならないほど、当たり前のようについついいじってしまうスマホ、このような状況を回避するために、利用時間を制限するなどのアプリが開発されたのも、時代の流れ&現場から生まれた声でもあったようです。

個人的にも、ブログライターという仕事柄、どうしてもパソコンの前にいる時間が長くなってしまうので、スマホで、さまざまなところと繋がって、そこに没頭してしまう人の気持ちも理解できますが、さすがに、人間同士のコミュニケーションだけではなく、生活そのものに支障が出てしまうのは問題ともいえると考えられますから、これらのアプリを上手に使って、日々メリハリのある生活を送っていければ、便利な道具に使われるのではなく、使いこなせるスマートな生き方へと繋がりますから、有り難いものでもありますね!

これらのアプリなどのいい面は他にもあって、使用者が、改善点などを指摘してくれた場合、バージョンアップさせて、さらに使い勝手が良くなるという点でもあります。

自分の生き方や生活スタイル、子供の安全や日常生活のリズムを守るためにも、スマホの利用時間を、上手に制限してくれる、便利アイテムでもあるアプリを上手に使って、忙しい日常を、充実したものにしたいですね!

ちなみに、スマホを利用している人は、全体で52・8%と、半数を超えていて、40代までの利用者が多いといったアンケート結果なども出ているようです!今後も、増え続ける可能性がありますが、スマホばかり見て、事故に遭う人もいる現状を見ると、意外とこの形、違ったものがまた開発されていくのでは?とも思えますね。

普段街を歩いていても、自転車に乗ったままで、スマホを見入っている学生や大人を見かけ、「大丈夫かな」とヒヤッとすることもありますので、利用者には、マナーだけではなく、身の安全や、周囲への気配りも忘れないようにしていただければと思います。

利用する時間が、ついつい長めになりがちなスマホ、これを制限し、日々の生活リズムを改めて確認し直せる便利なアプリ、あなたはもう使っているのでしょうか?




<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です