スマホ老眼の原因と対策は?

スマホ老眼の原因と対策は

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「スマホ老眼の原因と対策は」です。

スマホ老眼という言葉が話題となっています!
今回の記事では、スマホを使いすぎることによって老眼が加速するといわれる、スマホ老眼の原因や対策についての情報をまとめていきます。

スマホ老眼とは?

20代に多いスマホ老眼

眼鏡の業界紙を発行している「眼鏡光学出版」が、日常で眼鏡を使用している人たち1万人に、視力の状況についてアンケートしたところ、若者なのに老眼の症状を訴える人は、2012年に0・5%だったのに、翌年の2013年にはなんと!6・7%に増加したという結果を発表しています!

まずは加齢による老眼とは一体なにかをおさらいしていきましょう!

近くのものが見えにくくなるのが老眼ですが、本来は老視と書きますが、新聞や本を読むときに字が読みにくくなるという症状です。

老眼と年齢
の関係

老眼は加齢が原因であり、早い人出で40代くらいから出て来る症状ですが、近年、この老眼の症状を20代~30代の若者が出していると問題視されているのです。

まずは老眼とスマホ老眼の違いについて理解をしていきたいと思います。

加齢が原因で起こる老眼は、目の水晶体や毛様体筋が硬くなって調節力が弱くなることで、近くのものが見えにくくなるという症状ですが、では近視や遠視とはどう違うのか?

近視は眼軸の長さが長いために網膜にピントが合わないことで、遠視は逆に眼軸の長さが短いので網膜にピントが合わないことで起こる症状です。

厚生労働省の調べによると、コンピューターを使っている労働者の90%以上がなんらかの目の不調を訴えているということが分かっているのです。

スマホなどのモニターを見続けることで、眼の不調を訴えるVDT症候群が近年注目されてもいます。

VDTとはスマホ、パソコン、タブレットのことです。

現代人は、スマホやパソコンなどを使わないと仕事にならない&人間関係が繋がらない状態で生活している人が当たり前にいます。

外回りに出ている時にはスマホでメールチェックをしたり、仕事が終わってもSNSを覗いたりゲームをしたり、情報収集をするのにスマホを使って一日中活用している人は当たり前にいますから、若者の中にスマホ老眼が多発しているのです。

実はこのスマホの使いすぎ、老眼だけでなく、次のような症状を引き起こしているといわれいて、度を超した使いすぎによる健康被害が起こっているといわれていますので、他にどんなものがあるのか見ていきたいと思います。

使いすぎで手首や小指を痛める人が出てきていたり、スマホのブルーライトが関係して、睡眠障害担を起こしてしまっている人が出てきているのです。

他には首が凝るスマホ首、スマホを使うときに猫背のような姿勢になるため肩が前に出てしまうのをスマホ巻き肩と呼ばれる症状も出ていて、今後もこれらの便利アイテムを使い続けることで、どんな現代病が出て来るか分からないといわれています。

そして、眼精疲労がたまることで、次のような症状が出てしまいます!

● 目がとても疲れる ● 左右で見え方が違ってくる ● 手元がぼやけてしまう

40代以上にならないと出てこない老眼の症状を、20代で経験する人が増えてしまっているということなのです。

20代でも急増のスマホ老眼

新たな現代病だと言われているスマホ老眼、普段から頻繁にスマホを使う人が、時計を見よう、電車の路線図を見ようとしたときに文字がぼやけて見えてしまい、判読しずらくなってしまうという状態になるのです。

そして、スマホ老眼の特徴は、症状が顕著に表れやすいのが夕方で、週末に近づくにつれて文字などが見えづらくなる頻度が高まるのです。

手元が見づらい、日によって同じ場所にあるものが、見えたり見えなかったりするなどの老眼の初期症状を訴える20~30代の若者が、現在では眼科に来院することがとても増えていると、眼科医も話しているほどですから、相当スマホ老眼になっている人が多くなっているのが現状であるようです。

これ、目への影響だけではなく、スマホなどを見続けることで、精神的なバランスを崩したり、学習や仕事能率の低下が起こっているという指摘もされているのです!

特に子供への影響が懸念されているので、スマホを普段から使用することなどに対して、注意を呼びかけられてもいます。

他にも、スマホを使い続けることで、次のような症状を訴える人たちもいます。

● 目がかすむ ● 目の焦点が合わない ● 文字がぼやけて見える 
● 目薬をささないと見ていられない ● 遠くは見えるのに近くがぼやける 
● 目が疲れる ● 肩こりや頭痛がする

スマホ老眼の原因

スマホ老眼になる原因は?

原因は、すでに書いていますがスマホ、これを見すぎていることで、近くのものがぼやけて見えるようになるスマホ老眼になる若者が多くなっているといわれているのです!

スマホやパソコンを長い時間見続けていることで、目のピントの調整力が落ちてしまい、夕方頃になるとスマホなどの使いすぎが原因で老眼のような症状が出て来るのです。

パソコンよりもスマホを活用している人のほうにこのスマホ老眼は多いといわれていて、その原因は、パソコンよりもスマホのほうが目との距離が近いというのが主な原因になっているといわれています。

先程書いた、2013年にはスマホ老眼を訴える人の数が6・7%に急増した時期は、スマホ所有率が40~60%台に急増した時期と重なっているため、スマホが原因であることは明らかであると考えられています。

スマホ老眼は、小さな画面の小さな字を見続けることによって目の負担が大きくなることで引き起こされる症状なのです!

目には水晶体というカメラで言えばレンズにあたるものがあり、この水晶体は近くを見るときには分厚くなり、遠くを見るときは薄くなるように、毛様体筋という筋肉が調整しているのですが、スマホを長い時間見続けることで、この毛様体筋に負担がかかることが原因で引き起こされるといわれています。

スマホ老眼で見えにくくなる仕組み

要するに単純な理屈なのですが、目を酷使することが、スマホ老眼に直結しているというわけです!

そして、夕方頃にこの状態が引き起こされる原因は、スマホの強い光が、目に入る光の光量を抑えるための虹彩筋に負担がかかるからだといわれています!

スマホやパソコンはブルーライトと呼ばれている、目の網膜にまで届くくらい強い光を発しているので、周囲が暗いと目の瞳孔が開いてしまい、さらにブルーライトが網膜に届いてしまい、目にさらに負担がかかってしまうといわれています。

このスマホ老眼は医学的には「調節緊張」と呼ばれていて、症状は一時的なものだと言われていますが、悪くなるとピントが固定されてしまい、同じ症状が出続ける場合もあるといわれています。

パソコンやスマホの画面を見ていると、どうしてもまばたきの数が減ってしまうことも、原因の一つだといわれていて、電車の中でスマホを使っている方は多いと思いますが、揺れている電車の中で使用すると、視線が定まらないので目に余計な負担がかかっていることも原因であるようです。

そもそも、人間が誕生してから、近年のようなITの急激な発達や、ゲームなどの開発が進んでいる時代での、目の酷使する頻度の高さは、人間が経験したことがないほど過酷な状況となっていると言われています。

結局、スマホ老眼の原因は、手元を見るピントの調節能力が弱ってしまったということになるので、まさに現代病と言える症状だといわれています。

スマホ老眼の対策は?

スマホ老眼の対策はなにがある
それでは、スマホ老眼になってしまっている人は、一体どんな対策をすればいいのか?

原因ははっきりとしているので、次のような対策を講じるといいとは言われてますので、ご紹介しておきましょう!

● 基本はスマホを長時間使うことを避ける
● 遠くを見るようにして、たまに気づいた時は瞬きを意識的にするようにする
● スマホの画面が明るすぎるので、少し暗く設定しておく(やりすぎると逆に疲れてしまうのでほどほどに)
● 奥行きのある風景画などを見るようにする 
● 目をマッサージする
● ホットタオルなどで目を温める  
● 十分に栄養を摂取するように気を配る
● 睡眠をしっかりととって疲れを残さない 
● 目とスマホの距離を40cm以上離して使用する
● 毛様体筋を鍛える(やり方は後述します)
● スマホの文字を大きめに設定する

スマホ老眼は一時的な症状なので、基本は長時間スマホを使用しないようにすることが大事なポイントになります!

そして、対策をしていれば、改善していくと言われているので、無理のない範囲で、これらの対策を行い、日頃からケアをしてあげてください。

毛様体筋の鍛え方は次のようなやり方になります!

● 目の前の人差し指にピントを合わせて3秒数えましょう 
● 2~3m先のものを見てピントを合わせ3秒数える 
● これを交互に10回行う

このような鍛え方で、しっかりと毛様体筋を鍛えることが対策になります。

この体操は、近視の回復を促すとも言われていますので、スマホ老眼ではなく近視の方もトレーニングとして行うと効果的であるといわれています。

スマホ老眼は現在急速に増えてきていると言われていますが、できるだけスマホを見続けないということが一番の対策になるので、仕事や目的がない場合、ダラダラと使わないようにすることが一番大事であると言われています。

2014年に行われた、休日のスマホの利用時間を調べた調査によると、全世代で平均して一日100分、10代で193・5分、20代で148・9分だったと言われています。

スマホばかり見ていないで、雑誌や本を合間に読んでみたりするのも対策として効果的であると言われています。

実は、毛様体筋を鍛えるスマホアプリも登場しているのですが、結局スマホの画面を見続けることになりますから、これ、効果はどうなんだろうと、個人的に微妙な気持ちになります。

そして、個人的にもブログライターなのでパソコン画面を見ながら記事を作っている時間が長いので、手元のパソコンのキーボードが歪んで見えてしまうこともあり、やはり仕事をやった後は目を酷使しているためか、近くが見えづらくなっていることにも近年気づいていたのですが、パソコンやスマホなどの画面を見続けることは、相当目にとって大変な状態であると経験からも理解しているので、パソコンを使わないときは、できるだけ遠くを見るようにしたり、外をウォーキングするときやジョキングするときは緑をしっかりと見つめるようにしたりして、目をリラックスさせるように気を配っています。

ただ、作業をしているときは集中しているのでどうしても、長時間パソコンなどを見つめ続けてしまうのは仕事上仕方がない部分もあるでしょうから、個人的には、作業を中断出来るのならして、少しでも先程から書いている対策などをするように心がけようと思っています。

他にはどんな対策があるのか?

目薬って対策として効果があるの?

実は目薬でスマホ老眼を治すことは出来ませんが、進行を遅らせることは出来るといわれています!

目薬には、毛様体筋に良い働きをする成分が入っているのでこれらが効果を発揮してくれるようです。

毛様体筋の疲労回復を促すのは、末梢神経の修復効果が期待できるビタミンB12、目のピント調節機能改善成分があるネオスチグミンメチル硫酸塩が入った目薬が良いと言われています。

市販の目薬で、視力回復効果があると言われているものは、ドラックストアの薬剤師がおすすめするものでは次のものがあります。

● ロートVアクティブ 
スマホ老眼対策の目薬

● サンテボーティエ
スマホ老眼対策の目薬、サンテボーティエ

両方共目のアンチエイジングに着目して作られた目薬で、かすみ目などのピント調節機能を回復させたり、代謝を促進することで目の疲れを癒やす効果に優れているといわれています。

目薬などは一時的な効果だといわれていますので、やはり王道のスマホをあまり見ないようにするということが大事であるようです。

一見関係なさそうですが、実は老眼などは、運動不足が関係していると言われていて、全身の血流が悪くなると、目の毛細血管に新鮮な血液などが行き渡らなくなるので老化が進みやすいと言われています、。

個人的に、パソコン作業を続けて行った後、スマホ老眼のような症状が出て、朝ウォーキングやジョッキングをした後は、かなり視力が回復しているという経験をしているので、これは一理あるのではと思われます。

目に良いと言われる食べ物といえば、すぐに思い浮かぶのは「ブルーベリー」ではないかと思いますが、個人的にあまり身近な食べ物ではないので、もっと手に入りやすい身近なものはないのか調べてみましたので、情報をシェアしておきたいと思います。

スマホ老眼を軽減して、目の健康を回復させやすくする栄養素は、次のようなものになります!

● ビタミンA ・・・目の粘膜や皮膚を健康に保つために必要なビタミンで、網膜を健全に保つ働きをしてくれます。

多く含まれている食材はレバー、うなぎ、ぎんだら、あなご、しそ、モロヘイヤ、ニンジン、鶏肉のはつ、すじこ、パセリ、バジル、うずらの卵、卵、あしたば、春菊、ほうれん草などです。

● アスタキサンチン・・・これには目の老化を改善させる特殊な働きをする栄養素で、強い抗酸化力があります。

鮭、キンメダイ、いくら、すじこ、かに、えび、のどぐろなどに多く含まれています。

● ビタミンB1・2・・・視神経や筋肉の疲労を回復させ、視力低下を防ぐ働きがあります。

ビタミンB1が豊富な食材は、豚肉、うなぎ、たらこ、はつ、すじこ、いくら、鶏レバー、グリンピースなどです。

ビタミンB2が豊富な食材は、レバー、はつ、キャビア、うずら、魚肉ソーセージ、納豆、卵、カマンベールチーズ、舞茸、モロヘイヤ、いわしの丸干、鯖缶などです。

● アントシアニン・・・ブルーベリーが効果的であるといわれるのは、この中にこの成分が豊富に含まれているからです。

他にこの成分が含まれる食材は、黒豆、黒ゴマ、あずき、赤玉ねぎ、赤しそ、黒米、ナス、プルーン、ぶどう、ラズベリー、いちご、紫キャベツなどです。

● コンドロイチン・・・毛様体筋に多く含まれている成分であるといわれているので、これを含む食材を摂取することは目の健康に一役買ってくれるといわれています。

食材は、うなぎ、ふかひれ、海草、山芋、納豆、オクラなどです。

● ルティン・・・網膜を紫外線や活性酸素から保護してくれる成分で、眼病予防や、視力回復効果があるといわれています。

含まれる食材は、ブロッコリー、トマト、青汁、ほうれん草などです。

● タウリン・・・視神経の働きを正常に保ちます。

サザエ、ホタテ、たこ、いか、はまぐり、あさりなどの魚介類に多いと言われています。

● ビタミンC・・・血管を強くする働きのあるビタミンCが不足すると目の毛細血管が弱くなり、視力低下を招いてしまうといわれています。

グレープフルーツ、いちご、キウイ、柑橘系の果物、キャベツ、レタス、さつまいも、かぼちゃ、ブロッコリー、カリフラワー

これらの栄養素を普段からきちんと摂取するように心がけることも、スマホ老眼を加速させない対策の一つになるようです。

しっかりと栄養を摂取して、普段から運動をして血流を良くしておき、さらにスマホ老眼を進ませないように、できるだけ使用を控え、これまで書いてきた他の対策なども行いながら上手に付き合っていくようにしてください。

今回は、スマホ老眼の原因と対策についての情報をまとめていきました。

無料メルマガ「在宅ブログライターで月収30万円稼ぐ方法」
by ブログライターkomichi
自由な働き方
収入と時間と人間関係の悩みから解放されて、趣味や旅行など自由にできる学生時代のサークルのようなコミュニティーを一緒に作りませんか?好きな場所、好きな時間にブログを書くだけでOL時代以上の収入と自由を手に入れる私komichiが人生を変えた「在宅ブログライター」という職業について無料で3つの動画をお届けしております。在宅ブログライターについての詳細はこちらよりご覧いただけます(推薦文あり)。




*興味がなければいつでも1クリックで配信解除できますのでお気軽にご覧いただけたら幸いです。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。