デリケートゾーンの臭い対策は?

デリケートゾーンの臭い対策

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、女性の「デリケートゾーンの臭い対策は?」です。

暑くなってくる季節が近づくと、臭いに敏感な人は、ちょっと憂鬱になってしまうかもしれませんね!なんでも、近年では、パワハラ、セクハラに続いて、問題とされるようになったものに、臭いが原因の、スメルハラスメントというものがあるようです!この記事では、デリケートゾーンの臭いや黒ずみの対策や、何故臭いが問題視されているのか?といった理由についてなどをまとめていきながら、デリケートな話ですが、しっかりと、デリケートゾーンのケアなどについても見ていきます。

まずは、デリケートゾーンってどこ?といった、基本的な話から、記事を進めていきたいと思います!だいたいの人が、この言葉を聞けば、ああ、と理解はしていると思いますが、きちんと言葉で表現するのを、ためらってしまいますよね!デリケートゾーンとは、女性の外陰部のこと、という感じに書けば、なんとなく医学的に理解でき、変なイメージも沸かないので、個人的には、こうやってデリケートゾーンのことを表現したほうが、理解しやすいかと思いますが、いかがでしょうか?


↑ デリケートゾーンの臭いケアにはこちらがオススメ!

そもそも、何故デリケートゾーンなどという言葉で、表現されるようになったのか?調べてみたのですが、どうやらその理由は、不明のようです!そして、やはり、特に暑い季節になってくると、このデリケートゾーンの臭いや黒ずみを気にして、意識の高い女性は、いろいろと対策を講じているようです。

デリケートゾーンの臭い対策

デリケートゾーンの臭いや黒ずみの対策を見る前に、スメルハラスメントって一体なに?この臭いに対する、社会的な意識について、理解をまずは深めていきたいと思います。

臭い、これは現代社会では、相手に不愉快を与える、とても困った状態なんだいう、認識が強くなっているのです!例えば、デリケートゾーンだけではなく、人間の体は、本人が気づかないうちに、体臭を発している場合がありますが、これらの臭いが、パワハラや、セクハラなどと同じように、とても迷惑だという話なのです。

確かに、個人的にも、あまりにも臭いの強いものは、苦手といった部分も持っているので、理解できる話でもありますが、この辺り、現代社会はちょっと、行き過ぎ感があるのは否めません。

デリケートゾーンだけではなく、口臭、体臭などの臭いは、本人が気づいても、どうしようもない場合もあり、対策を講じても、良くならない場合もあるといわれていて、なにもかもが、クールビューティーといった、新鮮でいい匂いでなければ、受けれいないといった考えは、あまりにも考え方としては、幼稚な部分もあるのかなと、個人的には思います。



ただ、まったく自分の健康管理などに無頓着で、周囲に対する、配慮する気持ちが、ないといった態度で生きている人の、臭いなどに関しては、個人的にも、対処していく姿勢は、見せてほしいとは思います。

やはり、人間は集団で生きているわけですから、周囲に対する心遣いは、必要だと思います。

そして、臭いに関しては、程度はありますが、人間の体は常に、新陳代謝を繰り返しながら生きていますから、その生命として生き抜いている中で、ときに、デトックスとして、臭いがきつくなる場合もあります!これらに関しては、少し大目に見つつ、塩梅で考えていくというのも、大切なのかなと思います。

なんでも、老人の加齢臭(老人臭とも呼ぶようです)は、人の心を落ち着かせ、心を優しくさせる効果がある、という説もあるようです!もちろん、科学的な根拠はありませんが、個人的にはありだなとは思います。

何故なら、祖父の臭いを感じ、安心しながら育った記憶を持っているからです!これは、個人的経験ではあるので、一般論ではありませんが、いろんな考えや感じ方があるので、ひとつの話として、情報をシェアしました。

そして、臭いが自殺を止めたといった話しもあるようですよ!そして、大家族で育った子供は、祖父母の加齢臭と一緒に暮しているので、切れにくいといった説もあり、あながちこういった話は、眉唾ものではないのかな?とは、個人的に思います。

ここからは、デリケートゾーンの臭いについて見ていきます。

もともと、女性のデリケートゾーンにある膣には、自浄作用があります!この部分にもともと存在する、善玉菌の乳酸菌によって、デリケートゾーンの膣は、酸性に保たれていて、守らていますから、これらが正常に機能していれば、強い臭いを発したりすることはないといわれていますが、デリケートゾーンの自浄作用が、なんらかの原因によって弱まると(例えば出産後や、偏食、ストレスがあり疲労がたまっている)、雑菌が繁殖してしまいます。

雑菌とは、腸球菌、B群連鎖球菌、膣桿菌などのことで、これらの雑菌が、デリケートゾーンで増えていくと、女性はおりものが増えて、臭いを発するようになったり、デリケートゾーンの、痒みを引き起こしていくようです。

そして、デリケートゾーンの臭いの原因は、次のようなものに分かれているようです!おりものの量が増えて、臭いが増えるとか、愛液や陰毛の臭い、デリケートゾーンの全体が臭いを発している、といったものが主となるようです。

普段から、あまりにも締め付け過ぎる下着をはいている方などは、下着の締め付けが原因となって、ムレがひどいために、デリケートゾーンの臭いが、強くなっている可能性も考えられるようですから、最近では、ふんどしパンツなんて商品も出ているようですから、そういったものを使って、蒸れないようにするといった対策方法を使っていくのも、楽しいのではないでしょうか?基本的には、毎日のバスタイムで、きちんと洗えていれば、それほど気にする必要はないようですが、デリケートゾーンの臭いが気になる方は、下着がきつすぎないかどうか?といった、意外と盲点になる部分に、意識を向けてみられると、目からうろこの解決方法が見つかるかもしれません。

ふんどしパンツとは、身体が喜ぶパンツです!女性の体は、デリケートゾーンを締め付けると、いろんな弊害が起こってくると言われています。

例えば、締め付けると、免疫力が低下して、内臓の働きが悪くなり、血液や体液の循環を悪くして、冷えの元になっているとも言われています。

黒ずみや臭い対策にも、これらのパンツは使えるのではと思いますが、なにを選ぶかは人それぞれです、体で感じるものもいろいろですから、情報としてシェアしておきました。

女性の体はとてもデリケートです!毎月、月経もきます、どちらかというと、直感力などにも優れているといわれていますから、ちょっとした疲れや、免疫力の低下によって、さまざまな体調不良や、ときにはそれが、デリケートゾーンの、臭いの元になっている場合も考えられるようです。

そして、生理のときは、実は女性は、身体をゆっくりと休めたほうがいいと言われています!ですが、現代社会のカレンダーは、男性の身体用に作られているため、女性にとっては、生きにくい部分が多いともいわれていますから、ちょっと疲れているな?仕事が忙しくて、食事の偏りが気になる、なんてことに気づいたら、デリケートゾーンの臭いが気になってくるまえに、身体の声を聞いてあげて、なんらかの対策をするといった気持ちも大事ですね。

デリケートゾーンの臭いで、よくありがちなのは、その辺り全体が、臭いを発しているというものです!これもまた、健康であって、病気の疑いがなければ、ものは考え方次第なのですが、よく、デリケートゾーンの臭いが、強いチーズのようなものになっているといった話を聞いたりします、そういった女性を見ると、意志の強そうな、、免疫力の高そうな顔立ちや、雰囲気を漂わせています。

こういった面から見ると、実はこれ、臭いは確かにあるかもしれませんが、健康的な女性の臭いでもある、といった見方も出来るようです!実は、このチーズのような臭いは、愛液から出るもので、体液なので、多少臭うというのは仕方がないと考えることも、必要のようです。膣の自浄作用がきちんと働いていて、この臭いを発しているのなら、健康な証拠といった捉え方もありなのではと、個人的には思いますが、あなたはどう感じられますか?

そもそも、デリケートゾーンの臭いの元になる、おりものってなんのために出てくるの?これは、膣の中の乾燥を防ぎ、細菌の侵入を防ぐために存在するものです。


↑ デリケートゾーンの臭いケアにはこちらがオススメ!

病気でなくても出るものですから、あまり神経質になることはないようです、多くの女性は、生理前後に、おりものが増えたといった経験を持っているかと思います!そしてやはり、年齢が若い女性のほうが、おりものが多い事実もよく知られています。

他に、おりものが増える原因としては、栄養過多なども考えられるといわれていて(生理の出血が多かったり、血に塊が混じっている場合も、同じ理由が考えられると、東洋医学的には言われています)、これに対する対策は、食事内容の見直しをしたり、食事量を調整して減らすといった方法で、対処出来るようです。

デリケートゾーンの臭いで、おりものが原因で起こっている場合は、やはり雑菌が繁殖していると考えられるようです。

例えば、下着におりものがついて、それに雑菌が繁殖して、デリケートゾーン全体の臭いを、強めているといったものです。

特に臭いがキツイく、痛みや痒みがある場合は、性病になっている可能性がありますので、婦人科などを受診する気持ちも大切です。

ただ、あまり過剰に、臭いに反応しなくてもいいといわれていますから、下着についたおりものが原因かなと思ったら、専用シートを使って、こまめに取り替えるなどの対策をされるといいようです。

デリケートゾーンの、陰毛から臭いが発している場合は、きちんと洗ってあげることで、解消されるはずですから、デリケートゾーンを、清潔に保つようにしていくケアが大切になります。

恥垢(ちこう)という、デリケートゾーンにたまりやすい、白い垢があるのですが、これは、男女ともにあり、これを放っておくと、石のように固くなって、恥垢結石と呼ばれるものになり、これをそのままにしておくと、やはりこの部分から細菌が繁殖してしまい、臭いの原因になりますから、綺麗に洗ってあげなければなりません。

膣の奥のほうを、指で優しくこすってあげて、出来る方は、直接シャワーなどをあてて、綺麗にしてあげると、簡単に取れるようですから、日々、やり過ぎない程度に、清潔に保つようにしてください。

くれぐれも、自浄作用があるので、それを忘れずに、人間がケア出来る部分のみを、優しく洗ってあげるようにしてください。

現代社会は、これらの情報が氾濫してしまい、デリケートゾーンだけではなく、様々なところの臭いなどに、敏感になりすぎている傾向が強いのではと、個人的には感じています。

一昔前の女性は、生理用品もなかったので、月経中は、いつも膣にきゅっと力を入れて生活をしつつ、トイレで月経血を出すといった方法で、生理期間を乗り切った時代もあったようですから、自分の力も信頼しながら、情報も多角的に取り入れつつ、自分で選択していく姿勢を持つことも、大切なのでは?

膣内の中には、この中の環境を整える善玉菌があることは、最初にお伝えしました、これを洗い流してしまうと、雑菌が繁殖しやすくなりますので、石鹸などを使わないようにしてください。

今は便利な時代になりました、デリケートゾーン専用の、石鹸などもあるようです、そちらを使うかどうかは、個人の判断でどうぞ。

デリケートゾーンの黒ずみ対策は?

ここからは、デリケートゾーンの、黒ずみの対処法について見ていきましょう!これを気にする方が、意外と多いとも言われています。

デリケートゾーンの黒ずみで、密かに悩む人がいるようですが、東洋人の女性の多くは、乳首やデリケートゾーンが、黒ずんでいるのが自然なので、あまり心配することはないようです。

女性の乳首や、デリケートゾーンの黒ずみは、メラニン色素の働きによるもので、特にこの部分は、メラニンの活動が活発になっていて、人種や遺伝、年齢によって、メラニン色素は違いがあるようです。

例えば白人は、メラニン色素の働きが低く、日本人などは中間、そして、黒人はこれが高いといった感じで捉えると、分かりやすいかと思います。

では、デリケートゾーンが何故黒ずむのか?その原因を知り、対策はどうしたらいのか?といった情報をまとめていきましょう。

黒ずむ原因は、ホルモンバランスの乱れ、ターンオーバーが乱れる、メラニンの3つです!メラニンは、シミの原因ともなりますが、肌(デリケートゾーン)」の黒ずみの原因にもなります。

メラニン色素が出るのは、まずなんらかの刺激が肌に起こり、守ろうとして、肌が保護するためにメラニン色素を出し、黒ずみになってしまうのです。

もともと、デリケートゾーンは、メラニン細胞の活動が活発な場所で、普段から、キツイ下着をはいたり、摩擦などを起こして刺激を与えることで、どうしても黒ずみやすくなる場所でもあります。

年齢とともに、黒ずみも濃くなっていくものでもあるようです。

ターンオーバーの乱れですが、御存知の通り、人間の肌には代謝サイクルがあり、これがターンオーバーと呼ばれるものとなりますが、このサイクルが乱れると、古い角質が落ちなくなって、メラニン色素が沈着したままになり、シミや、肌の黒ずみの元になります。

デリケートゾーンなどのターンオーバーも、年齢とともに低下していきますから、黒ずみの原因になるというわけです。

そして、女性ホルモンの乱れは、肌のターンオーバーのサイクルの乱れにも繋がるので、これらはつながっているため、なんらかの対策をして、黒ずみさせないように、対処することも考える必要があるようです。

日本人は、欧米人に比べて、色素沈着しやすく、肌質によって、黒ずみの濃さなどには違いがありますが、たいがいが黒ずみであることが普通なのですが、ケアすることで、それ以上、黒ずみを悪化させないようにすることも可能です。

日常で簡単に出来ることは、すでに書いてあるとおり、刺激が黒ずみを悪化させていく、原因でもありますから、締め付ける下着などを、はかないように気を配るとか、先程書いた、ふんどしパンツなんてものを使ってみたりするのも、手ではないでしょうか?寝るときには、思い切って下着を付けないで寝る、といった手もありですね。

そして、下着の素材に気を配ることも、それ以上黒ずみを悪化させないための、知恵となるようです!綿100%のものや、シルクで出来たもの、先ほど書いた、ふんどしパンツ、ボクサーパンツも、こすれないので良いとは言われていて、これらに変えるといいようです。

なんでも、デリケートゾーンの黒ずみを取ってくれる、レーザーなどもあるようですが、これらは、現場でトラブルとなっているケースもあるため、個人的には、デリケートゾーンという名前がついている場所なので、出来れば避けたいなと考えます。

というか、想像するだけで、怖いのは私だけでしょうか?なんだか、ぞわぁーっとしてしまいますね、レーザーを当てるという発想がすごいというか、なんだか微妙に腰が引けてしまいます(笑)。

ここで、デリケートゾーンの黒ずみの原因を、再度おさらいしましょう!

● ホルモンバランスの乱れ ● 加齢によるターンオーバーの乱れ ● キツイ下着での締め付けなど ● 脱毛などの自己処理などで、刺激を与えたため
● 不規則な生活でのストレス ● 妊娠や出産経験

人によっては、黒ずみ対策として、顔に使う美白クリームなどを使ったり、皮膚科で処方される、ハイドロキノンや、レチノイン酸クリームなどを使って、根気強く綺麗にするといった強者もいます。

対策として、専用クリームなどを使う方もいて、個人的には、すごく悩んでいる人が多い事実に、正直驚かされました。

それだけ、対策を考え、実行している方は、周囲に気を配れる、素敵な感性を持っている女性なのだろうなと感じます。

他に、デリケートゾーンの黒ずみの対策はないのか?実は、先程、臭いのところでも書いた、綺麗に洗いすぎる、といったものが、原因となって、黒ずみが、どんどん進むといった理由もあるようです。

これに対する対策は簡単です!臭いに敏感になりすぎて、ついつい強くこすって洗ってしまうことをやめ、優しくソフトタッチで清潔にするよう心がけるのです。

他には、デリケートゾーンを洗うときに、かきむしるようするというものがありますが、これに対する対策は、この部分を、石鹸を泡立てた泡で洗うことです。

パックをするようにのせ、3分ほどそのままにしておき、他の部分を洗ったりして、時間がきたら、洗い流すといった対策をすると、臭いも気にならなくなるだけでなく、黒ずみにも効果があると言われていますが、個人差はあるかと思います。

ただ、この部分があまりにも痒い場合は、なんらかの病気が考えられますので、やはり、婦人科などで診てもらうといった選択も、必要となるかと思います。

デリケートゾーンの脱毛

叶姉妹などが紹介して、日本でも一部の方の間では、デリケートゾーンの、脱毛をされるようになった人も増えたようですが、実はこれが刺激となって、この部分の黒ずみを、悪化させているといった報告もされているようです。

これに対する対策は、すぐに自己流の処理をやめることです!この部分脱毛には、メリット&デメリットがあり、処理方法に問題がなければ、黒ずみを悪化させることはありません。

ご存じのとおり、デリケートゾーンは、名前の通り、かなり敏感な部分ですから、刺激が黒ずみの原因となるのは当然の話でもあり、対策を考えるのなら、無理のある、自己流の処理をやめることと、きちんとしたやり方を知ることが大事となります。


↑ デリケートゾーンの臭いケアにはこちらがオススメ!

まずは、対策を知る前に、処理することで得られる、メリット&デメリットについて見ていきます。

メリットは、この部分の脱毛を行うと、雑菌や生理中の血液、おりものなどが付着しないので、これらが原因となって、陰部を刺激していた人は、デリケートゾーンの黒ずみの原因が取り除かれ、毛があることで、臭いがあった場合、それも解消されます。

デメリットは、やはり、毛があることで守られていた部分が、余計に下着などに接触して、刺激を受けるので、黒ずみ対策としては、NGとなるようです。

仮に、この部分の脱毛を望んでいる場合は、医療機関やエステなどで、プロにやってもらうほうが、黒ずみ対策にもなりますから、良いとはいわれているようですが、これらはやはり、金額が張りますから、自宅で対策をする場合は、痛みがない、効果の高い脱毛器などを選ぶといいようです。

ちなみに、ご存じのことと思いますが、叶姉妹のお姉さんは、デリケートゾーンを、永久脱毛されるという対策をされているようです。

これは、ブラジリアン、もしくは、ハイジニーナとも呼ばれていて、対策として考えた場合、全ての人に合うものではないようですが、理由は髪型と同じで、その人の顔立ちにあったスタイルにしないと、おかしなことになるように、性器の形は、人それぞれ違いますから、似合う人と、そうでない人がいるからなんだそうですよ。

そして、この対策をした場合、頻繁にお手入れをしてあげる必要があるようですから、普段から面倒なことが苦手な人などには、向いていない方法であり、先程から書いているように、叶姉妹のように、美に関する意識が高く、お手入れに関して、きちんと出来る方であれば、形が合うのなら、この対策をされてみるのも、冒険と思えば面白いのでは?個人的には、怖いので(笑)、やはり腰が引ける感じがするため、叶姉妹だからこその対策なんだなと思います。

他にはどんな対策があるのでしょうか?肌のターンオーバーを、最大限に高めてくれるというクリームなどもあるようです!これらは、デリケートゾーンの黒ずみだけではなく、乳首や、他の肌の部分、肘や脇、膝などの黒ずみに悩んでいる人にも、対策として使うと効果があると言われているようです。

デリケートゾーンのかゆみ

ここからは、女性のデリケートゾーンのかゆみについて、対策などの情報をまとめていきます。

意外とかゆみで悩んでいる女性は、多いのではないでしょうか?

ここがむず痒いと、なんともいえない違和感を感じてしまい、普通に歩くのも難しい状態になりかねません(個人的にも経験したことが何度もあります)。

しかも、女性にアンケートで、デリケートゾーンの悩みについて、どんなものがあるのかを調査したら、次のような結果になったようです。

第一位・・・匂い   第二位・・・かゆみ   第三位・・・ムレ

この結果から、女性のデリケートゾーンの悩みの多くは、匂いとかゆみ、そしてムレがダントツだとわかったようです。

特に生理中の匂いが気になる方も多くいらっしゃるようです。

では、かゆみ対策はなにかあるのでしょうか?

デリケートゾーンがムレることで、かゆみが起きやすい環境を作ってしまうので、すでに書いてありますが、やはり通気性の良い下着を身につけるようにすることが重要です。

ムレによるかゆみの誘発を防ぐには、雑菌が増えないように清潔にすることがポイントです!

かゆみを抑える薬などを使用している方もいるようです、ガンジタ菌は健康な女性であれば、誰でも持っているといわれる常在菌ですが、体が疲労したり、ストレスがたまっていたり、風邪を引いていたりするときに増えてしまい、おりものやかゆみなどが起こると言われています。

ということは、デリケートゾーンのかゆみを誘発するようなストレスや、疲労をためないようにして、風邪などを引いた時はゆっくりと体を休めることも、大事なケアのひとつになるのでは?

かゆみ予防は次のような生活習慣を身につけると効果的です。

● 締め付ける下着をやめる
● ぴったりとしたジーンズやパンツなどをはかない
● 通気性のいい下着に変え、こまめに取り替える
● 生理用品もこまめに取り替えるように心がける
● 入浴以外でも汗をかいときには、デリケートゾーンを洗う
● ストレスをためると抵抗力が弱まるので、できるだけためないように生活する

性病ではない、デリケートゾーンのかゆみは、ちょっとした日常生活の工夫で、防ぐことが出来るようですから、これらの習慣を身につけ、あまりにもひどい場合は、我慢せずに軟膏などに助けてもらいながら、ケアしていくようにするといいようです。

ガンジタ菌以外で、この部分にかゆみが発生する原因は、大腸菌やブドウ球菌などが原因の感染性外陰炎、もしくはトリコモナス原虫による、トリコモナス膣炎、さらには、パピローマウイルスが原因となって発症する、尖圭コンジローマがあるようです。

ただれたり、痛みがあるかゆみが起こったら、婦人科に行かれたほうがいいようです。

ひどくなる前に、婦人科で診てもらうことも考えていたほうがいいようですが、まずは自分が出来る生活習慣の工夫をしていくようにしてみてください。

そして、薬は出来れば長く続けて塗るのは避けたほうがいいと、個人的にも様々な学びと経験から思いますので、漢方薬などに目を向けるという方法も考えてみてはいかがでしょうか?

東洋医学では、デリケートゾーンのかゆみなどを引き起こすのは、腎虚といって、老化、もしくは生命エネルギーや免疫力の低下が原因で起こる症状だと考えられているようですから、体質改善という意味でも、医療薬だけではなく、東洋医学的観点からも、かゆみの改善を考えてもいいのでは?

いろんなものがある現代、自宅で簡単に出来るケアをしながら、自分にあったものを使いながら、対策をされていくといいのではないでしょうか?

デリケートゾーンの、臭いや黒ずみ対策の情報を求めている人は、多いのですね!現代では、さまざまな商品があり、女性にとっても、美しさを、もっともっと楽しめる時代となりましたね!




<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です