ドライアイ対策におすすめグッズとメガネは?

ドライアイ対策におすすめグッズとメガネは?

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「ドライアイ対策におすすめグッズとメガネは?」です。

スマホやパソコンを使って仕事をするのが当たり前な現代では、ドライアイで悩む人も増えているようです!

どんな対策があるのか、おすすめのグッズやメガネはといった情報をまとめてシェアしていきますので、お役立て頂ければ幸いです!

ドライアイのそもそもの原因って?

そもそも、ドライアイとはいったいなんでしょうか?

一般的に涙の質が低下することや、涙の分泌量が減ったことで目の表面を潤す力が低下してしまった状態のことをこう呼びます!

しかも日本には2000万人以上もドライアイを訴える患者がいると言われていて、これは医療機関を訪れる人の数になるようですから、水面下では対策が必要な患者はまだまだ数多く居ると考えられるようです!

さらに、オフィスで働く人の3人に一人はこの症状を抱えていると言われていて、年々増加傾向にあるといいますから花粉症並みに国民病と呼んでもおかしない状態になっているようです!

個人的にも日々パソコンを使って仕事をしているのですが、ドライアイという自覚はありません!

私は目が乾いた感じはないので、これを強く感じる人はかなり辛いようですね!

原因はすでに書いたとおり涙の質が悪くなったり量が減ってしまうことです!

他にも原因がありますのでご紹介していきましょう!

◎ 加齢
◎ パソコンを長時間使う
◎ ゲームに熱中してしまう
◎ コンタクトレンズを付けている
◎ 空調が利いた部屋に長時間居ることが多い
◎ 夜更かしをしてしまう
◎ 屈折矯正手術を半年以内にした
◎ 運転をよくする
◎ 花粉症がある
◎ 出張や旅行が多く飛行機に乗ったりホテルに泊まることが多い人
◎ 運動不足
◎ アイメイクが原因(まつ毛の根本のすぐ内側にはマイボーム腺という脂を分泌している腺の開口部があり、アイメイクでここを塞いでしまうと目の表面に必要な脂が不足することでドライアイになってしまうと考えられています)

これらが、おすすめグッズやメガネなども販売されている対策が必要となるドライアイの原因になります!

一般的には環境要因が深く関係していると言われていて、ストレスによる自律神経の乱れも関係している可能性が指摘されています!

他にも内科的疾患や、スティーブンス・ジョンソン症候群やシェーグレン症候群などの病気も関係していると言われています。

涙には、さまざまな役割があって涙が出るときだけ必要なものではなく、常に目の表面を潤し覆ってカバーしているのです。

せっかくなので、ドライアイに深い関係がある涙の役割もご紹介しておきましょう!

➀ 角膜の表面にある凹凸を涙が滑らかな曲面にするので、画像を脳に綺麗に届けることが出来ます
➁ 外側から入ってくる菌や異物から目を守ります
➂ 目の表面の細胞を乾燥から守って潤してくれる
➃ 目の表面の組織に酸素や栄養を供給しています
➄ 快適な視力を保つのに必要

涙は意外と大事な役割をしていることがこれでよく理解できます!

だからこそ、ドライアイが問題になってしまっているのです!

対策やおすすめグッズ、メガネについてはゆっくりと後ほどご紹介していきますが、どんな症状があるのか次の章で理解を深めていきましょう!

ドライアイで偏頭痛?

ここからは、ドライアイの症状について見ていきますが、どうやら偏頭痛や吐き気という症状も現れる人がいるようで意外とやっかいな状態になるようです。

対策を立てるためには症状について理解を深めていかなければなりませんから、しっかりと学んでいきましょう!

☆ 自律神経の乱れが関係して涙の量と粘度のコントロールが乱れてしまうことで、目の奥にある脳に栄養を送り込む血管が拡張してしまい頭痛を引き起こす
☆ 目が疲れたりゴロゴロしたり、乾いた感じがする
☆ 目が赤くなったりヒリヒリ痛くなったり、くしゃくしゃするような不快感がある
☆ 朝に目が開けにくく白い目やにが出たり、10秒間目を開けていられない
☆ ときどきかすんでものが見えたり、見えづらいなと感じたり視力が落ちたと感じる

これらが、ドライアイの症状になります!

アイシャンプーとは?

なんでも、近年誕生した目のケアにアイシャンプーというものがあるそうです!

これはいったいどんなものなのでしょうか?

目元専用のクレンジングシャンプーで、自分で気づかないアイメイクの残りや皮脂で汚れてしまった目元を安全に、しかもしっかりと洗うことが出来るだけではなく、なんと顔ダニの一種の「まつ毛ダニ」対策もしてくれるんだとか!

まつ毛ダニは毛根に付いている汚れや皮脂を食べ物にして繁殖するのですが、なんと40代をすぎるとまつげが弱くなったり抜けやすくなるのは、これが原因にもなっているのです。

先程書いた、ドライアイの原因にアイメイクがありましたが、これらの汚れを取り除くこともアイシャンプーで出来るので対策にもなると考えられています。

なぜなら、医療現場でもこの症状の治療をするために点眼する場合、余計な汚れなどをまずは取り除かなければそもそも点眼しても治療が進まないと言われているからです。

デトックスが出来て初めて点眼の効果が期待出来ると考えるとわかりやすいかと思います!

しかも、ドライアイの治療に使うだけでなくこれを使うとまつ毛が伸びてくるのです。

髪の毛の健康には頭皮を清潔にすることが欠かせませんよね?

それと同じで、まつ毛の根元の地肌が整っていればキレイなまつ毛が生えてくるといわれているのです。

なるほど、いくらまつげ美容液を付けても、そもそもの地まつ毛の根元が汚れているのなら、栄養を与えても生えにくいと考えるとわかりやすいですね!

ちなみに、まつ毛ダニは日本人の5人に1人はいるといわれています!

それでは、ドライアイ対策にも使えるおすすめグッズになりますアイシャンプーはどのように使うのかご紹介していきます。

1 まず、アイメイクを落としていきましょう
2 アイシャンプーをまつ毛の根元に付けて優しくマッサージをしながら汚れを落としていきます

3 水やぬるま湯でよく洗い流してください

個人的にもまつ毛がよく抜けるので気になったので、購入して使ってみようかと検討しましたが対策グッズにもなりおすすめ出来ますので、これでまつ毛が伸びてきたら嬉しいなと感じるので、やっぱり購入決定です!

使ってみたら、ここに追記をしていきますのでしばらくお待ちください!

ドライアイ対策のおすすめグッズとメガネ

アイシャンプー以外に、ドライアイの対策におすすめのグッズやメガネはどんなものがあるのでしょうか?

★ ホットアイマスクを使う
目を温めることも対策としては良い方法だといわれていて、理由は目を温めると涙に重要な脂腺の働きが良くなるからです。

個人的にもときどき目が疲れたら、電子レンジで温められるグッズを使って目のケアをすることがありますが、確かにこれをやると毎回涙が沢山出ますので、なかなか対策としては優れたグッズだと経験からも思います!

★ メイク前にはドライアイ専用の目薬などをしておく

ファンデーションやアイシャドウなどが目に入ると目に炎症が起こることもありますので、予防のためにやっておくと良いと言われています

★ 加湿器を付ける
これも対策として使えるグッズとしては優秀です!

ドライアイは乾燥する冬に悪化しやすいと言われていますので、加湿器を付けておくと乾燥を防げるだけでなく美肌にも作用しますからおすすめのグッズになります。

★ メガネをかける
コンタクトレンズを普段から使っている人は、家にいる間だけでもメガネをかけて予防をしたほうが良いと言われています。

★ 保湿メガネを使う
これは、メガネの側面に水を入れるウォーターポケットがあり、ここから水が蒸発して症状を和らげてくれるのです!

要するに目専用の加湿器みたいなものですから、おすすめグッズ&メガネになります!

こちらは実証実験で普通のメガネと比べると、15・1%も保湿力が高いという結果が出ているそうですから、目が辛いという方には特におすすめのグッズ&メガネになります!

★ PC用メガネ

こちらも対策に使えるメガネで、パソコンをよく使う人は目に良くないと言われるブルーライトを見ていることになりますので、対策をしていない場合PC専用メガネで目を保護してあげたほうが安心です!

他には、グッズやメガネではありませんが、ドライアイ対策には次の方法がおすすめです!

★ 1時間に10分は目を休ませるようにする
★ 目の周りをマッサージする
★ 瞬きの回数を意識的に増やしてみる
★ 目の健康に貢献してくれる栄養を摂取する

目の健康に良い栄養は次のものがあります!

「野菜」
小松菜やかぼちゃ、人参、ブロッコリー、にら、モロヘイヤ、赤ピーマン、芽キャベツ、三つ葉、ケール、さつまいも、緑黄色野菜、トマト

「果物」
アンズやすいか、ビワやレモン、アセロラ、オレンジ、ゆず、キウイ、バナナ、ベリー類

「肉や魚」
うなぎ、牛&豚&鶏のレバー、子持ちカレイ、キングサーモン、豚のヒレ肉&もも肉、ツナ、たらこ、さば、さんま、かつお、まぐろ、あさり、赤貝、わかさぎ、牡蠣、ぶり、あじ、いわし、たこ、いか、貝類

「その他」
大豆、納豆、きなこ、アーモンド、えんどう豆、玄米、グリンピース、緑茶、海藻類

インドのニームというハーブは、目のトラブル改善をしてくれる働きがあると言われています!

ニームはインドでは村の薬局と呼ばれる天然の抗生物質で強力な抗酸化剤だと考えられていて、アーユルヴェーダではニームで治らない病気はないと言われているほどなんだとか!

komichiのまとめ

個人的にはパソコンを使って日々仕事をしているのですが、今の所ドライアイで悩むことはありませんが、この症状を出している方の中でかなりしんどい思いをされている方も多いようです!

今回、ドライアイの対策やおすすめグッズやメガネについての情報をまとめていき、知らなかったアイシャンプーを知ることが出来たので、仕事をしながら自分にとっても有益な情報となったので一石二鳥の記事になりました!

それでは、今回の記事を簡単にまとめていきます!

まず、ドライアイは涙が少なくなる、量があっても質が低下することで起きます!

原因はいろいろとありますが次のものになり、病気や自律神経の乱れなども関係する意外と奥深い症状になります!

◎ 加齢
◎ パソコンを長時間使う
◎ ゲームに熱中してしまう
◎ コンタクトレンズを付けている
◎ 空調が利いた部屋に長時間居ることが多い
◎ 夜更かしをしてしまう
◎ 屈折矯正手術を半年以内にした
◎ 運転をよくする
◎ 花粉症がある
◎ 出張や旅行が多く飛行機に乗ったりホテルに泊まることが多い人
◎ 運動不足
◎ アイメイクが原因

アイシャドウやアイラインなどのメイク汚れが落ちきれてないことも原因になることがありますので、そういう場合メイクオフしたあとに、アイシャンプーを使ってまつ毛の汚れをしっかりと取り除くことがドライアイ対策の一つになります

さまざまな対策があるのですが、手軽に出来るのでおすすめは目元を温めることが手っ取り早いと思います。

目のためにしっかりと栄養を摂取することも大事で、自炊をして野菜や果物、肉や魚や海藻などをバランスよく食べるようにして、加工食品や売っているお惣菜やお弁当はあまり食べないほうが良さそうです!

添加物の害以外にも、加工食品や売っているお惣菜やお弁当には植物油脂が使われていることが多いのですが、現代人のさまざまな不調の原因はこの植物油脂の過剰摂取が原因の一つであるという情報もあります。

個人的にもこれらの学びは日々続けていますので、出来る限り加工食品を食べないようにして自炊を心がけ、さらに植物油脂が入っているものを過剰摂取するようなことはしないように気を配っています!

デトックスすることは大事なポイントになりますので、日頃から食事内容にも気を配り、腸内環境も整えて運動を取り入れながら健康に配慮する生活をすることも、ドライアイのためにはおすすめの対策になると考えます。

体はすべて繋がっています!

そう考えれば、生活習慣の結果が症状であるとシンプルに考えれば(複雑な場合も多々ありますが)、まずは食生活や生活習慣を改めながら体自体を健康にしておくことが大事なポイントとも言えるのではないでしょうか?

さらに、せっかくですから漢方から見たドライアイの認識についての情報もシェアしておきましょう!

漢方から診た原因は病気と飲酒、体質、目の酷使、不適切なメガネをしている、環境が問題、視力矯正がされていないということが関係していると捉えます!

バランスが崩れた五臓の機能を調整し、原因によって対処法も変わります。

例えばパソコンやスマホで目を酷使しているという方には、杞菊地黄丸という漢方を処方します!

漢方では目の不調は肝の不調が関係していると考えます。

腎臓は肝臓をバックアップする臓器なので、ここを強化して肝機能を高めたりします。

女性は血の不足が目の疲れの原因などになってしまうことがあるようですので、ムリなダイエットや出産や生理などで血液が不足すると目に十分な栄養が届かなくなり目の乾燥であるドライアイや目の疲れ、視力の低下が起こることがありますので注意してください!

今回は、ドライアイの対策でおすすめのグッズやメガネについて情報をまとめてシェアしていきました!

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。