ホテルでのお泊り女子会(東京都内編)

ホテルでのお泊り女子会(東京編)

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「ホテルでのお泊り女子会(東京編)」です。

近年、女子会というものが、活発に行われるようになり、飲食店なども、この流れに便乗して、お得にこれが出来るお店ですよ!といったアピールをしながら、人集めをしているようです。

女子会の変化と進化

東京ホテル内でのお泊まり女子会

なんでも、食事をするお店だけではなく、東京都内のホテルなどで、お泊りを前提とした、女子会を開いている人達もいるようです!この記事では、日本のあちこちで、日々行われているといわれる、この集まりについて、情報をまとめていきたいと思います。

まずは、女子会って何?女同士だけで集まり、食べたり飲んだり、ホテルでお泊りしながら、情報を交換しながら、おしゃべりを楽しむというものです!この集まりの利点は、日頃のストレスなどを、毒舌や本音トークで開放したり、お互いの近状などを報告し合いながら、楽しい時間を過ごすことで、絆を深め、さらには共感しあうといった、なにやら非常に楽しそうなものでもあるようです。



しかも、面白いことに、草食系男子が増えたなんて言われる中で、男性とお付き合いをするのが面倒!なんて女性も出現するようになり、一人ごはんを楽しめる、強く自立した精神力を持った女性が、増えた背景も関係しているのか?東京都内では、なんと!カップル専門のラブホテルを上手に使い、この女子会を楽しむ人達も、増えているといわれています!個人的に、これってお得で賢い選択だなと思ったのですが、普通のシティーホテルなどや、ちょっとリッチなところを使うと、値段がやはり高めになるだけでなく、設備を考えると、カラオケなどもついている、ラブホテルを上手に活用して、女だけの集まりを、ホテルでお泊りしながらやってしまうのは、かなり賢い!と考えられますよね。

一見、え?ラブホテルに、お泊りで集まって宴会?なんて聞くと、引いてしまうような場所でもありますが、さすが、柔軟に考えることが出来る女性ならではの、アイデアでもあるようですね。

なんでも、元々、この女子会というものに火をつけて、世の中に広めていったのは、モンテローザという、東京都内に本社のある、日本の外食産業チェーン店で、「笑笑」「白木屋」「魚民」などを、全国にチェーン展開している会社でした!「笑笑」という店で、「わらわら女子会」という、女性専用メニューのプランを提案して、見事成功させ、これを受け、他の飲食業も参入し、日本社会に、あっという間に女子会という、新しい集まり&飲食店活用の方法が、発展していったようです。

最初は、このように、飲食チェーン店などが、地味に活動をしていきながら、全国の女性に、飲み会は是非うちで!なんて戦略を仕掛けていったようですが、2008年頃から、マスコミ等でも話題となり、取り上げてもらうようになったことが、さらに社会に広める、後押しをしてくれたようです!2010年には、新語・流行語大賞で、トップテンを受賞して、さらに女子会という言葉と、その集まりを発展、広めていったという説が、一般的ではあるようですが、別の説によると、関西で人気だった読者モデルが、女だけの集まりの会を、開いたことがキッカケだとか、日本でも、大ヒットした映画(元はドラマ)、「セックス・アンド・ザ・シティー」の影響が、女性だけの飲み会などを広めていく、キッカケにもなったという説もあり、いろんな情報が飛び交っていますが、何が始まりであろうとも、現代で、楽しい女性同士の集まりを、お泊りでもやってしまうというのは、子供の頃、友人の家にお泊りをした、ワクワク感に通じるものがあり、個人的には面白いんだろうなと感じてしまいます。

最近の女子会

あ、個人的に、友達いないので(笑)、お泊り女子会だけではなく、東京都内のどこでだって、この集まりに参加したことがありませんが、この名前がつく以前なら、女性同士で飲み会をやったときもありました!なんだか楽しげな女同士の集まり、これってとても素敵だなと感じるのは、私だけでしょうか?

なんでも、経済効果は、4,000億円ともいわれるほどの、大金が動いていると言われれていますが、あるグルメ雑誌の調査によると、90%の女性が、お泊りを含む女子会に、参加したことがあると答えていて、しかも、女だけのお喋り会のほうが、合コンより面白いと答えているのです!大体、月に1度、3,500円程度の出費で楽しんでいるといわれています。

これを軽く計算すると、先ほど書いた金額が、日本国内で動いているという話になるようです!恐るべし女子会、しかも、ホテルにお泊りともなると、一時期流行った?パジャマパーティーの、言葉だけ別バージョンとなる、なんだか楽で楽しそうな集まりでもありますね!

女子会の様々なプラン

これは、どうやらいろんなプランがあって、東京や都内、日本全国では、次のようなものとなるようです。

● モーニング女子会  ● ランチ女子会 ● ディナー女子会 ● お泊り女子会

うーん、このネーミング、個人的には華があって、夢があって、本音トークで話せる、とってもワクワクする集まりだと思いますが、あなたはどんな女子会に、参加したことがありますか?ぜひこちらで教えて下さいね!

男性が混じると、話しにくいことも、女だけにしか分からない経験などを話すことで、とっても盛り上がるようですが!毒舌トークは女の武器でもある・・・と持論を持っているので、相当デトックス効果があるのでは?と思いますが、いかがでしょうか?

一昔前は、ぶりっ子という女性がいて、男性の目を意識して、女の子らしく振る舞う言動が、他の女子から、心のなかで袋叩きにあうような、そんなムカつくといわれる女性が存在した時代もありますが、現代社会でもそんな女性いるのでしょうか?

まだあの頃は、本音をあまり外側に吐き出せない人たちが多く、どちらかというと、一人胸の中に、様々な思いを抱えて、悶々としながら生きている人が多く、そんな親世代を眺めながら、なんだかなぁと感じながら育った記憶がありますが、時代は2015年!女子会で、毒舌トーク爆裂をさせながら、東京都内で働く女性だけではなく、全国で、日々社会の中でもまれながら生きる女たちのエネルギーが、シャッフルされているようですが、では、女子会って、何かルールのようなものがあるのでしょうか?

実は、「えー、やだー、うそー、ほんとー、すごーい」なんて言葉を、いかにタイミングよく、喋りの途中で入れていくか?を競うゲームである、という見方をしている人もいて、いろんな女子会が存在していて、そのバリエーションは、集まった人たちの共鳴度によって、まったく違うようです!

そして、わざわざ、女だけで集まることを目的としていたわけではなく、男女混合で楽しく飲食しながら話していたら、途中で、お喋り好きの女性に、男性がついて来られなくなったことがキッカケで、面倒だから私達だけで集まって、盛り上がろうよ!という流れになったなんて話しもあるようです。

美容院などもそうですが、女性はとにかく、話すことでいろんなものを発散できる、自家発電&放電まで出来る、非常に満ち足りた存在だといわれています。

ある整体師の先生も、ぼやくように話していたのですが、「女の人って、施術を受けながら、グダグダ言っているんだけど、それを聞いて、こっちはなんだか、秘密を聞いたみたいで、大丈夫かな?あれからあの話、どう発展したのかな?なんて考えちゃって、心配したりするんだけど、次に施術を受けに来た時に、そっと、あの問題どうなった?なんて聞いたら、え?何がですか?って・・・覚えてないんだよね(汗)、いろんな女性を施術して、向き合ってきて分かったのは、女って、言いたいだけなんだなってこと・・・まともに受けてたら、こっちが参るんだよね」。

この話を知った時には、正直、苦笑いするしかありませんでしたが、あなたにも、覚え?ありませんか?話せばスッキリして、生理がくれば、いろんなものをデトックス出来る、出産すればさらに大きなデトックスが出来るといわれている、女ならではのエピソードだと思ったのですが、これくらい、女は強く、さらに基本的には、色んな意味で自立しているんだなと、強く感じたことを覚えています。

東京都内で行われる、いえ、日本全国で、日々集まって繰り広げられている、この集まりにはなんと!種類が2つある説なんてものもあります!それは・・・、Facebookにのってるものと、決してのらないもの・・・なんだか怖いですね!これを簡単に説明すると、個人的にも、Facebookの飲み会などの写真、面倒だな(笑)、と思っているのですが、あの世界観は、いわゆる、オシャレしまくりで、小洒落たお店で集まる女子会!そして、決してFacebookにのらないものには、一昔前で言えば、「オヤジギャル」という種類の女性が登場したあの、猛者のような女子が、誰も聞いてないのに、「今夜は飲む」と、いきり立って、ガツガツ、ガンガン飲みつつ、本音トークを爆裂させる、いわゆる、新橋で、上司の悪口を言いながらストレス発散をする男達と変わらないような、個人的には、こちらのほうが楽で素敵と思ってしまう、裏のない女子会とういものが、猛者の集まりであるようです。

ではここからは、東京都内でも増えている、ラブホテルを使った集まりや、お泊りではどんなことをするのか?といった、具体的な、ホテルプランなどについて、見ていきたいと思います。

まずは、ラブホテルを使った女子会って、お泊りとかあるの?どんなプランが魅力なの?といった情報を探っていきたいと思います。

バブル全盛期の頃、東京都内のある繁華街の、特定の地域では、海外から春を運んでくることを、目的とした女性たちが多くやってきて、日本の男性を、喜ばせるために、多くのラブホテルが乱立した時期があるようですが、そんな、男女の喜びを追求する目的で作られたこの場所が、いったい何故、女子会という新しい使い方をされるようになったのか?個人的にも興味深いのですが、ある女子に言わせると、「ラブホテルでの女子会、めっちゃ楽しい!」そうですが、なにがどんな風に面白いのか?

ラブホテルでの女子会って?

なんでも、ラブホテル側が、プランを提供して、みんなで使って!なんて、積極的にアピールをしていったようですが、詳しいことは後ほど書いてあります。

実は、2012年以降から、ラブホテルを使ったプランが、人気となっていったようです。

一番の魅力は、お泊りでの女子会をするとなると、ホテルなどでは、一人1万円ほどするといわれていますが、ラブホテルを使う場合は、その半額ですむだけではなく、単に部屋だけ借りる普通のホテルと違い、ここ、いろんな楽しみ方が出来るだけではなく、値段以上のサービスや体験が出来るという、女子にとってはお得感満載で、非日常を体験できるといった点が、受けているといわれています。

しかも、安くて、綺麗、そしてオシャレといった認知が広がっているだけではなく、普通の飲食店(居酒屋やお洒落なお店)では、周囲に他人がいるので、もちろん本音トークで喋る人たちも多いですが、飲み始めの最初から、ガンガン飛ばすなんてことは、躊躇してしまいますが、ラブホテルなら、部屋に集まっているのは、顔見知りの安心出来る友人のみですから、周囲を気にすることなく、お喋りに夢中になれ、さらには、お泊りですから、飲んでそのままベットになだれ込める、楽ちんな飲み会が出来るというのが、最大の利点であるようです!他には、飲食物を持ち込めるのも嬉しい特典!個室で、気兼ねなく友人と、本音トークを爆裂させつつ、ホテルによっては、岩盤浴や露天風呂付きの豪華部屋もあるようですから、まずはそちらで、体のデトックス&リラックスをした後、まるで温泉宿に来たような気楽さで、その後持ち込んだ飲食物で、好き勝手に宴会をしながら、お泊り女子会を盛り上げていくといった方法もあるようですから、やり方は集まった人の数だけある、それが魅力でもあるようです。

ラブホテルでの、お泊りしながら楽しむ女子会を利用している人は、大体20代後半~30代前半の人たちが多いといわれています!しかも、様々なプランを提供しているため、この会を実現させるために、ネットを使って、多くの女子が、ガン見するように、どこを使ってお泊り女子会を楽しもうかと、ワクワクしながら、真剣に探しまわっているなんて話しもあり、彼氏(もしくは訳ありの相手)と一緒に過ごす場所という認知が、一般的だったこの場所も、今ではすっかり、女性を楽しませ、喜ばせるという意味においては、別バージョンが広がっているようですから、人間の創造力には、驚かされますね!

なんでも、ラブホテルを使った集まりは、また違った面でも、人気があり、忙しい人にとっては、安くて気軽に気分転換も出来るということで、注目が集まったとも言われていますが、その意外な理由とは・・・?実は、旅行に行きたくても、なかなかそんな時間や、お金に余裕がないという人でも、ここを使えば、非日常が、リーズナブルな価格で楽しめるので、東京や都内だけではなく、各地で自分の家からそんなに遠くない場所にある、ラブ&普通のホテルを使い、お泊り女子会をして、日頃のうっぷんも晴らせるという、かなり使う側にとっては、使い勝手がいい場所でもあるようです!

しかも、他の飲食のお店と違い、こちらを使うと、ホテルで朝までコースで大騒ぎ出来ますから、修学旅行の、近所で楽しめる大人バージョンなんて意識で、気の合う仲間と遊んで食べて、飲んで喋ってと、さまざま使い方が出来る面が、受け入れられているようです。

ここを使った魅力やプランを、ざっとご紹介しておきましょう!

● カラオケが出来る  
● ほかのホテルと違い、防音が強化されているので騒ぎやすい 
● ホテルによっては、アメニティが充実している
● リムジンなどを、60分格安で貸し出してくれる 
● シャンパンや、ハニートーストなどがつくプランもある 
● コスプレを楽しめるところもあるので、ドレスや浴衣、さらにはメイドやナース服を楽しめる
● ホテルのサービス内容によっては、宿泊プランを選んだ人へ、エステ器具の貸出をしてくれる
● 手ぶらでやってこられるように、ネグリジェやナイティーなども、無料で貸してくれるところもある
● デザート無料など、様々な無料サービスがある
● 世界のビール&ハーゲンダッツなど選べるサービス
● ホテルによっては、映画館のような大画面で、DVDを愉しみながら、さらにマッサージチェアなども使える
● もちろん、エステ体験も可能
● 選んだホテルの内装によって、海外旅行気分や、ファンタジーの世界を愉しみながら盛り上がれる

などなど、充実したサービスプランの展開を、様々なホテルが提案してくれているようです。

何度も書きますが、これはもちろん、東京や都内だけではなく、全国に広がっている現象ですから、もう時代は、女性がもっともっと喜んで楽しめる世界観を、どんどん打ち出してきてくれている、すんごく楽しい社会が生まれていると、考えていいようです。

ちなみに、ハニートーストとは、はちみつをトーストに塗ってある軽食で、四角い食パンに、たっぷりのはちみつをかけて食べる、女子には嬉しいスィーツです。

これ、アイスクリームやチョコレート、クリームやフルーツなどを、トッピングしているものもあり、見ているだけで、テンションがマックスにあがる、そんなおやつなんだとか!これを食べながら飲むシャンパンの味は最高!と叫ぶ女子もいて、女心をくすぐりまくっているようです。

これは、北海道が発祥の地といわれているようですが、なんと、ひとつ1,000kcalもあるそうですから、ホテルでお泊り女子会をしたときに、みんなで仲良く分けあって食べて、カロリーを抑えるというのが、王道の食べ方でもあるようです!これ1個で、相当なカロリーですが、その分、女子会で爆裂トークをしまくり、カラオケで歌いまくり、笑って遊んで存分に楽しんでいれば、それ以上のカロリー消費をするでしょうから、1日くらい、羽目を外してもいいのでは?

女子会事情

ちなみに、個人的経験ですが、女子だけの飲み会で、さんざん話して笑って、意外と飲みながら食べたのに、次の朝起きたら、痩せていたという経験を、何度かしたことがありますが、人間が喋るというのは、相当なエネルギー発散となるのだなと、経験から理解できて、やはり、どうせダイエットなどを考えるのなら、思いっきり楽しい、ホテルでのお泊り女子会などを、東京や都内など(関東住民なので)で開催して、美味しいものを食べ、楽しいトークバトルを繰り広げながら痩せるというほうが、なんだか楽ちんで楽しいダイエットだなと感じます。

東京や都内で有名な、ラブホテルの女子会プランを提案しているところは、「ホテル バリアン」だと言われているようです!他にも、普通のホテルなども、様々なアイデアを打ち出しているようですから、いろいろと探して、お得で楽しく盛り上がれる、ホテルでの、お泊り女子会を楽しむのもいいのでは?

では、何故、ラブホテルを使った女子会が誕生したのでしょうか?生まれたきっかけですが、ホテル側の話によると、次のような流れがあったようです。

「元々、水商売をやっている女性が、仮眠をするのに使ったり、終電を逃した女性グループが、利用することを思いついて、使うことが多かった」そうです!その流れで、じゃぁ、もっとサービスを充実させて、ホテルでのお泊り女子会を広げていけばいいのでは?といったアイデアを思いつき、プランを打ち出していったところ、これがウケた!ようです。

使っている人の感想を見てみると?

「一人暮らしの自宅では、あまり騒げないけど、ここなら気にせず大声で騒げるし、ひと目を気にしなくてもいい」とか「カラオケ、お風呂、ジャグジー、ダーツ、ビリヤードなどもあって、居酒屋をはしごするよりお得感があって楽しい!」なんて声も出ているようです。

うまく現場のニーズがマッチした、といった印象を強く受けますが、ホテルで、宿泊しながらの女子会、かなりあたりまえになっているようですね!確かに、居酒屋や他の飲食ではやれないことが出来る、秘密基地のような場所で、盛り上がれるのですから、使うなら「いまでしょ?」・・・。

男女が使うこと前提で作られた場所で、お泊りしながら、女性同士で、飲み食いして盛り上がる会が開催されるようになるなんて、誰が想像したでしょうか?頭で考えて出てくる発想ではない、現場から必然的に生まれた、東京や都内で終電に乗り遅れた女性グループのお陰で、これほどまでに、充実したサービスをしてくれるプランにまで成長したお泊り女子会、今後どんな発展を見せていくのか、個人的にも楽しみです!

始まりは、東京や都内のホテルに、理由があって宿泊したグループがいたから生まれたという、お泊り女子会、ネーミングをつけて、イメージを変えていくだけで、経済効果が変化する、面白い世の中ですね!




<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です