ラグビー五郎丸歩選手は結婚している?五郎丸は本名?

ラグビー五郎丸歩は結婚している?五郎丸は本名?

ブログライターkomichiです。


今日のテーマは、「ラグビー五郎丸歩は結婚している?五郎丸は本名?」です。

ラグビーW杯2015イングランド大会でラグビー日本代表が、2015年9月19日に、南アフリカと対戦して歴史的勝利を収めた快挙に驚いた人も数多くいたのではないでしょうか?

これは、例えるなら、サッカー日本代表が、ブラジルと対戦して勝利するということと同じほど、難しいことなのですが、今回、日本のラグビーで、この驚きの勝利に大興奮している人たちもいるかと思います。

この記事では、大活躍をしたのですが、スコットランドには惨敗してしまったラグビー日本代表の、一人の選手五郎丸歩についての情報をまとめていきたいと思います。

五郎丸歩は本名?

五郎丸歩の名前は本名なのか?

五郎丸歩、この名前を初めて見た時、え?なに?と思った方も多いのではないでしょうか?

かなり変わった苗字ですし、まるで苗字が名前?と思うほど、あまり聞き慣れないので、芸名?などと思った方も多いかもしれません、実はこれ、もちろんラグビー選手として活躍している五郎丸歩の本名です!

そして、五郎丸歩は、ラグビーでFBを担当しているため、フェイスブック五郎丸と間違えてしまう人が多発しているようです!

ラグビーで五郎丸歩選手が受け持っているFBとはフルバックというボジションで、最後尾に位置していて、重要な要のボジションであると言われているのです。

味方のゴールポジションを守るのですが、ゴールキーパーではなく、攻撃にも積極的に参加するボジションです。

ラグビーでFBを担当する五郎丸歩のボジションは、かなり活躍の幅が広く、さらに、一番後ろにいるため、もちろん後ろには誰もないので、ミスは許されないポジションなので、大きな責任感と、大胆な性格を持っている人がここに選ばれるといわれています。

珍しい名前でも注目されている、本名が五郎丸歩のポジションは、いわゆるチームの背骨のような立ち位置で、重要な存在であると考えられています。

では、五郎丸歩の本名について、情報をシェアしていきたいと思います。

個人的にも、本当に珍しい苗字だなと思っったのですが、五郎丸という名前は、福岡県の北部にある、筑前国那珂郡五郎丸が起源であるといわれています。

近年は、福岡県南部にある筑後地域や、山口県、広島県にも広がっていったと考えられているのですが、富山県小矢部市、広島県甲奴群、熊本県山鹿市などにも五郎丸という地名があると言われています。

名前の由来は、この辺りに五郎という名前の人物が住んでいて、土地を開拓したという説や、石がごろごろと転がっていた地域で、川や山など石が多い場所だったという話がありますが、諸説あるようです。

現代では、やはり福岡県に数多くある苗字であると言われています。

ラグビー選手の五郎丸歩自身も、出身は福岡県です!

ですから、古くからこの地域に住んでいた五郎丸の末裔であると考えられます。

なんでも、五郎丸歩の苗字は、国内に1000人もいない、非常に珍しい名前なのですが、時代の流れの中で、少しずつ日本各地に広がっていったようです!

これほど人数が少ないのですから、聞いたことがない人が多いのは当然だと思いますが、本名であることはこれではっきりとしました。

2014年に天皇陛下は、秩父宮ラグビー場で、、ヤマハ発動機ジュビロの試合を観戦されたのですが、このときに、ラグビー選手の中に、「五郎丸」という名前の人物を発見し、名前に大変興味を持たれ「これは本名ですか?」と尋ねたという話しもあるほど、やはり珍しい名前であるようです。

それでは、かなり不思議な苗字だと思われる、本名が五郎丸歩の、活躍している現在や以前のエピソードなどについて情報を見ていきたいと思います。

1986年3月1日生まれの29歳、ラグビー日本代表が南アフリカに勝利するなど、快挙を遂げた中で、注目を集めるようになった選手でもあります。

ニックネームは本名の五郎丸から取って、ゴロウと呼ばれているようです。

五郎丸歩は、3歳からラグビーを始めました!中学校までに、なんと8度の骨折をしてきた経験を持っているようですが、それでもめげることなくラグビーを続けてきたそうです。

最大の武器は、成功率80%を超えるプレースキック!これを行う前には、必ず指を重ねあわせる独特のポーズをとって、キックに挑んでいくのですが、どうやらこれは彼なりのおまじない?
五郎丸歩のルーティン?ポーズ?
実はこれ、ルーティンといって、おまじないというよりも儀式にあたるものであるようで、ルーティンとは習慣という意味でゲン担ぎ、そして集中力を高めるために行っているようです。

キックする前には必ず行うのですが、あれをやることで、五郎丸歩の成功率が80%を超えるほど正確になることがわかっています。

そして、あのポーズ自体に意味はないようですが、試行錯誤をしてきて、現在のような形になったと本人が語っているようです。

あの、ラグビーの五郎丸歩が行っている儀式のポーズ、実はイングランドの有名な選手の影響を受けて行っているそうですが、この選手の名前は「ジョニー・ウィルキンソン」、ラグビー界のデイビット・ベッカムと呼ばれていて、2000年代を代表するスター選手だったといわれています。

残念ながら、すでに現役は引退されているようですが、このウイルキンソン選手が、やはりキックをする前に、五郎丸歩が行う儀式と同じポーズをとっていて、これは他の国のラグビー選手たちの多くが真似をしているといわれています。

ウイルキンソン選手は、2004年に早稲田大学ラグビー部の臨時コーチを務めたことがあり、このときに五郎丸歩も指導を受けているようです。

この不思議な儀式のポーズは、ネット上でも話題となっていて、五郎丸歩のやっているあの姿はなんだと、検索をしている人も多くいるといわれています。

では一体どんな形のポーズを取っているのか?

まずはポーズを取る前にボールを2度回してセットします、ボール位置を確かめ、後ろに3歩下がります、そして左へ2歩、右手でボールを押し出すようなイメージを作り、ポーズに入ります。

● おしりを突き出すようにして、まずは中腰になります
● 両方の膝をピッタリと揃えます
● 人差し指を立てて両手を体の真ん中で合わせる
● ゴールポストをしっかりと集中して何度かみる

このような儀式を行ってから、ゴールへキックをする五郎丸歩、自分なりのコントロール力への集中なのだと話しているようですから、これを行うことで、精神統一が出来るのだろうと考えられます。

本人も、この流れが成功率のポイントだと語っていますから、どの動きが欠けてもダメだということのようですから、一連の流れが重要であることがわかります。

五郎丸歩は、50m先からや、難しい場所からでも、見事にプレースキックを決める、力強い選手として、日本のラグビー界を牽引している、頼もしい選手ですが、彼が行うこのポーズは「五郎丸ポーズ」と名付けられているようです。

2015年9月15日に放送されたNHKの「アスリートの魂」では、ゴールをするときにボールを蹴る前にあのルーティンをすると、ボールを蹴る一連の動きがまったく同じだったと紹介されたそうです!

本人も、このルーティンを経て行われるゴールキックに関しては、年齢を重ねることでより正確性が出てきたと話していて、「キックだけだったら誰にも負けない自信がある」とはっきりと断言するほどですから、相当この技においては研究と練習を重ねて成功率を高めてきたと考えられます。

日本代表で決めた得点は、なんと653点で、日本歴代の最多記録を打ち出している、非常にすごい選手なのですが、ラグビー自体が地味なスポーツなだけに、その素晴らしさはあまり多くの方がピンときていないのが残念です。

練習では、他の選手とは違い、五郎丸歩選手だけが行うものがあるのですがそれは、プレースキックの練習です。

*正確なキックをする五郎丸歩選手

「キックを蹴るのはすごい神経を使う」と本人が話していて、やはり毎回成功させなければならないプレッシャーも相当あるかと思いますが、日々地道に練習を重ねて、ルーティンを行うことで集中していきながら、チームの勝利を牽引しているのです!

2014年の日本代表戦での、五郎丸歩選手のキック成功率は81%、他の選手の平均成功率は30%ですから、この数字を見るだけでも、いかに彼の成功率が高いかが分かるかと思います。

そして、アスリートの魂でも検証されていたのですが、この一連の動きが、まるで機械のようにきっちりとしていることが、成功率を上げている大きな理由の一つであると指摘しています。

現在はラグビー選手として五郎丸歩は活躍をしていますが、小学校4年~6年まではサッカーをやっていて夢中になっていたようですが、このときには福岡市の選抜に選ばれたこともあるといいますから、もともとキック力の才能が秘められていたのではないかと個人的には推測します。

中学でもサッカー、そしてラグビー両方をやっていたようです。

ラグビーに絞った理由ですが、どうやらこちらのほうが男らしいスポーツであると感じたことでもあるようですが、身長が高く、ガタイがいい方なので、こちらのほうが向いていたのかもしれません。

現在の身長は185cmで、体重はなんと100kg、本人を間近で見たら、相当迫力のある体つきをしているのではないかと思われますが、世界のラグビー選手を相手にするのですから、これぐらいのパワーと迫力がないと、気合だけで負けてしまいますから、体つくりは重要な仕事の一つであると考えられます。

現在でもルーティンの改良には日々取り組んでいて、さらに成功率をあげるため、メンタルコーチと相談しながら練習を積み重ねているようです。

五郎丸歩選手は、自分の持ち味というかチームに貢献出来るのは、これしかないと話していて、そのため、成功率をさらに高める努力を日々行っているようです!

さらにキックの成功率をあげるために、助走の歩数を8歩に変えたのですが、理由はキックの感触が一番良いと感じたからだということですが、何故改良をしているのか?

実は監督からさらに成功率を上げて欲しいといわれたことがきっかけであったということでが、監督が言うには、85%にまで高められると、日本ラグビーは世界で勝つことが出来るだろうと話しています。

ただ、8歩では振り抜けてないため、成功率が上がらないことで悩みも出ているようです。

なんでも「チョーキング」という状態に陥ってしまったようで、これは、勝ちたい、必ず決めたいと強く思うことで、体が思うように動かないというものだそうです。

さすがに85%の成功率は、五郎丸歩にとって、かなりのプレッシャーになっていったようです。


五郎丸歩選手は結婚している?お嫁さんは?

さて、五郎丸歩という名前が本名であり、かなり期待されているラグビー選手であることはよく理解できました。

では、彼は結婚しているのかどうか?というプライベートな情報を見ていきながら、さらに人物像に迫っていきたいと思います。

いろいろと調べた結果、五郎丸歩は結婚していることが判明しました!29歳ですから、すでに既婚者であったとしてもなにもおかしくはありませんが、結婚相手についての情報を探していったのですが、どうやら一般人の方なので、一切細かいことが出てきません。

これはきっと、五郎丸歩が意図的に結婚相手についての情報を出していないと考えられます、ラグビー選手ではありますが、一般人でもありますから、あまりプライベートについては公表したくないのではないかと思われます。

子供もいるといわれていて、詳しい話は結婚相手同様一切出てきません、ですから、家族に関しては、兄が1人いて、同じくラグビーをやっているという情報が、いわゆる公式に出されている情報であるといえます。

そして、結婚相手となった奥さんは、ラグビー選手の五郎丸歩の体作りにかなり貢献してくれているといわれていて、食事管理などもやってくれているようですが、やはり、100kgの体重を維持する食事を、家庭で提供するのは相当大変なようです。

ですから、ヤマハ発動機の寮で、朝と夜の食事を摂るようになったそうです。

五郎丸歩は体重が現在100kgあると、アスリートの魂で公表していましたが、運動などを行っている人が、一日に摂取するタンパク質は、体重1kgに対して2gだと言われていますから、一日200gのタンパク質が必要な体です!

ラグビーの練習以外に、基礎体力や体を作るためにウエイトトレーニングも欠かせませんから、しっかりと体を動かした後の食事は重要な体作りのサポートとなりますから、気が抜けないところです。

一日200gもタンパク質を摂取するのはかなり大変だと思われますから、結婚した奥さんは、五郎丸歩が家で夕食を食べるときには、かなり食事の支度に手をかけたと考えられます。
五郎丸歩の鍛えられた筋肉
なんでも、彼の体をサポートするために、勉強熱心に食事管理をされていたようです。

寮では、結婚してここを出ると、夕食は家庭で食べるのが普通だったようですが、清宮克幸監督が日本ラグビーの監督に就任されてからは、朝と夜にここで食事を食べてもいいということになったようで、このようなスタイルで食事管理をしていると話しています。

運動選手&筋トレを趣味で行っていたり、ボディービルダーの大会などに出ている方などは、体を鍛えるだけではなく、しっかりとした栄養が補給されないと筋肉を維持したり、疲労を回復させることが難しいので、食事管理は相当大変だと思います。

結婚した奥さんは、現在寮で食事をしてくれるので、かなり助かっているのではないかと思いますが、運動選手と結婚するのは、相当な覚悟が必要だと考えられますね。

料理が苦手だとか、食事や栄養に無頓着な女性では務まらないですから、五郎丸歩の結婚相手も、他の運動選手の奥さん同様に、栄養の摂取方法などについての知識は、相当学んでいらっしゃると考えられます。

そして、ラグビー選手として活躍している五郎丸歩は、かなり規則正しい生活スタイルを送っていると話していますから、この生活習慣に合わせて生きるのもまた、大変なサポートとなると思われます。

それでは、五郎丸歩の一日の流れをちょっと追ってみましょう!

朝練があるときには、朝6時には起きて練習が終わった後に朝食を食べ、このときプロテインも摂取してタンパク質を補ってあげているようです。

そして会社に行き、午後からラグビーの練習を行い、終わったら寮で夕食を摂り、マッサージやトリートメントを受けて、20時頃に帰宅して22時には寝るという生活を送っているようです。

ほとんど家にいる時間がありませんが、結婚相手はそれでもこの生活スタイルをサポートしているのですから出来た奥さんなんだろうなと推測されます。

そして、五郎丸歩は、食事だけでタンパク質を補うのが難しいので、普段からプロテインをきちんと摂取するようにしていて、ZAVASがスポンサーとなってサポートしているようです。
 
こちらのプロテインを摂取しながら、食事から摂取しきれないタンパク質を補いつつ、疲労を残さないようにしながら、体作りを行っているようですから、現役選手としてまだまだ期待がかかる選手ですから、結婚相手の奥さんも、いろんな面でサポートしていくことが必要になります。

ちなみに、ラグビー選手の五郎丸歩が普段から摂取しているプロテインや補助食品などはどんなものがあるのか?

● 豊富なタンパク質を含むプロ・クリアプロティン100  
● こちらもタンパク質補給のホエイプロテインGP 
● 骨格の材料となるコラーゲンパウダー
● コンドロイチンが配合されているタブレット(ジョイントプロテクター)
● スーパーマルチタブというビタミン&ミネラルがバランスよく配合されたサプリメント
● BCパウダーという練習などで失われてしまう、水溶性のビタミンが配合されたサプリメント
● どこでもエネルギーチャージが出来るエナジーメーカーゼリー
● 運動で消耗した糖質とタンパク質を一気に補給できるリカバリーメーカーゼリー
● 運動している最中にエネルギーチャージが出来るピットインエネルギージェル

これらを使って、食事からと補助食品などで、あの大きな体を維持していいるようです。

これらの知識も、結婚した奥さんはきちんと学んでいるのではないかと思われます。

あの体を維持するためには、練習や筋トレなどのトレーニングも重要となりますが、実は体を使ったあとの栄養補給も大事なものになります、両方がうまく噛み合い、そして22時には寝るという五郎丸歩のように、きちんと睡眠をしっかりと取ることが、アスリートにとっては重要な仕事の一つですから、日々これをひたすらルーティンで繰り返すことが出来るほど、自分を律することが出来る人間でなければ、ラグビーの世界で通用しませんので、そういった面から五郎丸歩を眺めていくと、大した人物だと心から感じてしまいます。

今回は、ラグビーの五郎丸歩選手の名前は本名なのか?結婚しているのか?などの情報をまとめていきました。

無料メルマガ「在宅ブログライターで月収30万円稼ぐ方法」
by ブログライターkomichi
自由な働き方
収入と時間と人間関係の悩みから解放されて、趣味や旅行など自由にできる学生時代のサークルのようなコミュニティーを一緒に作りませんか?好きな場所、好きな時間にブログを書くだけでOL時代以上の収入と自由を手に入れる私komichiが人生を変えた「在宅ブログライター」という職業について無料で3つの動画をお届けしております。在宅ブログライターについての詳細はこちらよりご覧いただけます(推薦文あり)。




*興味がなければいつでも1クリックで配信解除できますのでお気軽にご覧いただけたら幸いです。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。




働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。