中年女性の中年太り!ポッコリお腹の解消法は?

中年女性の中年太り!ポッコリお腹の解消法は?

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「中年女性の中年太り!ポッコリお腹の解消法は?」です。

太った中年女性

そもそも、中年女性というのは、一体何歳くらいの方を対象に表現する言葉なのでしょうか?

一般的には、中年というは40代~50代前半の人たちを対象に表現する言葉になるのですが、30代~50代が中年という説もあり、一定しない表現でもあるようです!

1998年度の国民生活白書によると、中年世代を、大体40~50代と定義付けしているのです。

厚生労働省の資料の一部には、0~5歳が幼少期、6~14歳が少年期、15~30歳が青年期、31~44歳が壮年期、45~64歳を中年期、65歳~を高年期と表現しているものもあり、一定しないと言われています。

一般的には40代以降からが中年期と考えられるようですが、要するに、一般論であり、実際には個人差もあるため、この言葉の定義自体が、美魔女などが出てきた背景を考えると、古臭いという話になりますが、この記事のタイトルから考えて、40代以降の女性を対象に表現しますという話で、記事を進めていきたいと思いますが、30代でも中年太りのような体型をしている方もいますので、そのあたりは、流動的な感覚で読み進めていただければと思います。

要するに、2016年現在では、年齢でくくって考えるのではなく、人それぞれという感覚のほうがしっくりくるかと思います。

女性の中年太りはいつから始まる?

まずは、女性の中年太りはいつから始まるのかといった情報をまとめていきます。

あるアンケート調査によると、女性の中年太り、ポッコリお腹になる時期は35~40歳頃から始まったという意見が多かったという情報がありますが、太り始めた理由については、大半の方が、自然に体重が増えたという回答をされているようです。

痩せの大食いという言葉がありますが、沢山食べても太らないと豪語していたスーパーモデルが、20代後半になって、やはり太り始め、結局は食事制限や運動などを取り入れて、体型管理を始めたという話もあるように、若い頃は基礎代謝量が高いので、特に何か特別なことをしなくても、ひどくお腹ぽっこりになるほど太りすぎることもない方も多いですが、年齢を重ねて、筋肉量も減っていくと、ぽっこりお腹になるほど、中年太りになってしまう方が多いのは現実です。

個人的にジムに通っていますが、やはり、運動をしている中年女性でも、ぽっこりお腹になっていますから、この年代の方の、中年太り率は高くなっているだけでなく、ぽっこりお腹を解消しようとジムに通っているのに、一向に改善されない方を日々間近で見ていると、運動にもやり方があるという理由をヒシヒシと感じてしまいます。

有り難いことに、個人トレーナーに指導してもらってきたため、運動のやり方を理解し、食事管理をしてきたので、この問題に悩まされることは無かったのですが、実際にジムなどで見ていると、中年女性のぽっこりお腹は目立つので、解消法に関しては、個別に対応するしかないのではという見解を持っています!

この年代になると、先ほど書いたように、基礎代謝量が減るので、脂肪燃焼がされにくくなるだけでなく、若い頃と同じ生活習慣、食生活をしていると、どんどん脂肪が蓄積されていってしまいます。

年齢と基礎代謝量の関係グラフ

35歳くらいから、女性は中年太りの象徴でもあるポッコリお腹になりやすいだけでなく、女性ホルモンが減少していくので、様々な体質変化に悩まされることにもなります。

女性ホルモンが減少することで、中年太りのお腹ぽっこりになりやすい理由は、脂肪分解をしにくくなる、老化現象が起こるからだと言われています。

基礎代謝量とは、あなたがただ生きているだけで消費されるカロリーのことです!

この平均基準値は、もちろん同じ年齢の方でも、運動をしている、していないといったことなどが関係していますから、人によりけりでもあります。

厚生労働省が発表している、基礎代謝基準値によると、30~49歳の体重1kgの基準値は21・7kgですから、体重50kgである場合、1085kcalという計算になります!

そして、更年期障害を発症する中年女性は、睡眠の質が悪化することが分かっていますが、睡眠時間が短くなったり、質が低下すると、太りやすくなることが医学的にも分かっています、これも、この年代の方が、太りやすくなる理由にもなるのです。

中年女性のポッコリお腹、一番の原因は?

中年女性のポッコリお腹の原因なるのは、すでに書いたように基礎代謝量の減少と、女性ホルモン低下による、脂肪燃焼しにくい体質になっていくことなどの他には、ホルモン量が減っていくと、若いころのように、周囲の目を気にすることも少なくなるため、美意識に関しても低い意識になってしまいがちなだけでなく、結婚して出産し、育児をしている方なら、子育てをしていると、どうしても母親として子供の黒子に徹してしまいがちですから、女性として輝こうとする意識よりも、母として子供を守らなければという感覚のほうが強くなることも、中年太り&ぽっこりお腹の原因に繋がりやすいのではと考えられます。

さらに、ちょうど成長期の子供を抱えていた場合、子どもと同じ量、あるいは、それに近い量や、同じように揚げ物、おやつなどの食事を食べる傾向があることも、成長期の子どもとは違う体質になっているのに、食生活を変えないことなども、中年女性が、いつの間にかぽっこりお腹に悩まされ原因になるだけでなく、とにかく、2016年現在の日本では、食べ物がかなり手軽に手に入ります。

お腹が空いたと思った途端、目の前のコンビニやスーパーにはお弁当やおにぎり、サンドイッチ、さらには、加工食品やお惣菜が山程売られているだけでなく、パン、お菓子などなど、すぐに口に出来るものが豊富にありますから、食べたいという欲求は、お金を払えばいくらでも満たせる状況になっていることも、中年女性がぽっこりお腹に悩まされがちな原因であり、さらに、個人的にも、体の管理に関しては、学び実践し経験をしながら続けてきた経験から、運動の仕方だけでなく、食べ方を知らない方が圧倒的に多い現実も、中年女性がぽっこりお腹に悩んでしまう理由や原因になっていると考えられます。

コンビニの食べ物は太るものが多い

食事の摂取方法は、学校で教えてくれるわけではありませんし、よほど親がこれらに詳しく、本人たちも実践していない限り、知らないのが現状でもあります。

これらが、中年女性がぽっこりお腹に悩んでしまったり、太りやすくなってしまう原因でもあり、さらに、子供の肥満が増えている理由でもあり、さらには、ストレス社会であることも、食べ過ぎてしまう原因になってしまっている面は否めません。

人間は、食べることがストレス発散になっている面もあります。

どうしても社会的に様々なしがらみに囚われているため、自分で唯一コントロール出来る食べるという行為で、これらのしがらみのストレスを発散させてしまいがちです。

これらの理由から、中年女性がぽっこりお腹になってしまい、太り出してしまうという話になっていきます。

よっぽど意識的に、これらの生活&食生活の改善を行っていかないと、いくらでも美味しい食べ物が豊富にある現代社会では、太りたくなくても、太りやすい食べ物で溢れているので、中年女性がぽっこりお腹になりやすい傾向が高くなるのは、仕方がない面もあると考えられます。

そして、2016年現在では、男女の差はかなり無くなっているとは感じますが、このような面も、ストレスを溜めていき、太りやすくなってしまう理由になるのではと、感じられます。

何故なら、女性の体力と男性の体力には差があるのに、同じように動くことを社会から求められるのですから、無理がかかってストレスが溜まるのは当然のことだと思います。

他にも、中年女性がぽっこりお腹で太りやすい状態になっている理由があると考えられますが、それは、すでに書いているように、すぐに口に出来る食べ物で溢れている現代で、太りやすくなる原因となっているものに、食べているけれど、必要な栄養が足りていないことで、体が防衛本能から、これ以上痩せないようにしようと働くことも、中年女性が太りやすくなったり、ぽっこりお腹に悩んでしまう原因になっているのではと考えられます!

栄養不足で太る?

現代人は、とにかく手軽に食べられるもので満たされている状態で生きています。

ヘタしたら、毎日コンビニ、ジャンクフード、加工食品、カップ麺などなどで食事を済ませようと思えば、いくらでもこれで大丈夫な状況でもありますが、これでは髪や肌を作る良質なたんぱく質や、脂肪燃焼を助けるビタミンやミネラル、食物繊維などが不足してしまうので、脂肪燃焼されませんから、脂質や糖質はたっぷりと摂取できているので、燃焼されないうえに、これらがたっぷりと体内に残ってしまうので、結果中年女性がぽっこりお腹に悩み、太り気味になるのは、当然の結果といえるのです。

個人的リサーチ及び、日頃からの観察や研究なのですが、スーパーなどに行くと分かりますが、中年女性、それ以上上の世代の買い物かごを見ると、意外と加工食品や、炭水化物(お寿司など)、冷凍食品、さらにはお惣菜などがかなり多く入っている人を頻繁に見かけます。

このような食生活になっていれば、脂肪燃焼させるために必要な栄養素である、ビタミンB群なども摂取できないだけでなく、脂質と糖質過多の食事になりがちですから、どうしても中年女性が太りやすくなり、さらにはこれらの食生活の積み重ねで、気づけばぽっこりお腹になっているという状態になるのです。

ジムでいつも有酸素運動をしている中年女性そして、それ以上年上の方を眺めていて、体型が全く変わらない方を頻繁に見かけますが、理由は食生活の管理と、運動のやり方を知らないというものだと客観的に見て思っていますので、体型管理の知識などや、食事の摂取方法の理解がやはり、一般的な人たちに不足していることも、中年女性がぽっこりお腹で太りぎみな体型に悩む理由になっていることは確かだなと実感しています。

他にも理由が考えられますが、そうです、食べないダイエットをしがちなことも、中年女性がぽっこりお腹に悩み、太りぎみな体型を持て余してしまう理由になっていると思われます。

すでに書いている通り、それでなくても栄養不足でカロリー過多な食生活をしている中年女性が多いのが現状なのに、痩せたい一心で、太り気味の体をどうにかしようと自己流の食べないダイエットを決行して、辛い思いをしつつ、我慢をして食事を抜いて痩せようとしたことが、結果的に中年女性が太り、ぽっこりお腹になってしまう原因にもなっているという話になります。

頑張ってダイエットした結果、そのダイエットが、太りやすい体作りを促進してしまったという、なんとも切ない状態を作り出してしまうのです!

他には、CMなどに惹かれて、ついついそれらの商品を購入して食べてしまったり、食べ合わせの悪さなども太り気味になりがちな理由になるのではと考えられます。

食べ合わせって何?

我が家の近所にあるファッションビルの一階に、パスタを頼むと、焼きたてパンが食べ放題というパスタ屋があり、いつも多くの人で賑わっているのですが、炭水化物&炭水化物を組み合わせて食べてしまうことが多い場合などは、やはり糖質過多で太りやすくなってしまいます。

サッカー選手の三浦知良選手は、あれだけハードな練習をしていますが、体型管理のため、練習が休みの日になると、炭水化物は一切摂取しないそうです。

このようにしっかりと管理して、食事の内容に気を配って、余計な脂肪がつかないようにコントロールしているのです。

アスリートがこのようなことをやっているのに、一般人の人たちは、まずどんなものを摂取するといいのか、痩せやすい組み合わせはなんだろうなどといった情報を知らずに、食べたいものを食べたいように食べる生活を送ってしまいがちです。

知識不足であることも、太りやすい原因であり、中年女性がぽっこりお腹に悩んでしまう理由でもあるのではと考えられます!

まさに、トホホ状態と言っても過言ではありませんが、これらが、中年女性が太りやすくなってしまう大きな理由だと考えられます。

個人的にも、10代~20代に、ダイエットにハマり、苦しんだ経験を持っています。

その後、運動や食事管理をすることを学び、実践して現在まで続けながら、ダイエットをしなくても、常に一定の体型を維持することができていますが、やはり、ぽっこりお腹を解消し、太る原因を排除して、解消法を理解するためには、知識や実践が必要となってくるのです!

中年太りのぽっこりお腹、解消法は?

それでは、一体どうやったら、中年女性が太りやすい体から解放され、ぽっこりお腹から脱出できるのか?

その解消法を、ここからはご紹介していきたいと思います。

最初に書いておきますが、あなたが太りやすい状態になっている理由が何かによって解消法は変化していきます。

食べ過ぎが原因なのか、それともなんらかの他の理由が関係しているのか、一度きちんと話を聞いてみないことには、全ての人に当てはまる解消法はないので、こちらも分からない状態では、なんとも言えない面があることを提示しておきます。

それを踏まえた上で、一般的に次のような解消法がありますよという話になりますので、それをご了承頂いた上で、記事を読み進めていっていただければと思います。

単純な話ですが、まずは必要な栄養素である、たんぱく質やビタミン、ミネラル、食物繊維などが入った野菜、果物類、海藻など、加工食品やお弁当、ジャンクフードやインスタントラーメンなどに含まれていない栄養素を、積極的に摂取することがまずは大事なプロセスになります。

ビタミンB群は、脂肪燃焼や代謝に必要な栄養素になりますが、これは加工食品ではなかなか摂取するのが難しい栄養素になります。

確かに手軽に食べ物は食べられる世の中ですが、このようなものばかりを摂取していることが、体の代謝を促進できない原因の一つになっているのですから、まずは必要な栄養素を摂取することを、積極的に行うことが大事なポイントになります!

代謝出来ていないから、どんどんお腹まわりが太り、ぽっこりお腹に成長するのですから、ここをまずは止めることが必須条件になります。

人間が太るときは、まずは内臓に脂肪がつきます、その後見た目にどんどん現れてきて、二の腕が非常に太くなっている状態は、かなり太りすぎなのです。

拒食症の人は、この二の腕がかなり細いことで知られていますが、あれだけ細い状態は、体内にほとんど脂肪がないことを教えてくれているのです。

二の腕は、最終的に絞り込む状態にならないと、細くならない部位でもあり、なかなか体というのはうまく出来ているもので、人間を生かす方向で働くため、脂肪が少なくなりすぎることがないように、必死になって守ってもくれる有り難い機能を持っている存在でもあります。

そんな健気な体を、人間はかなり蔑ろにしている面があるのです。

あなたがきちんと食事を摂っていると思っていても、体が必要としている栄養素とは違うものばかりを摂取している場合、体は納得出来ませんから、時に異常な食欲を起こさせて、なんとか自分たちに必要な栄養素を体内に取り込もうとします。

ですが人間側が、これらの情報を知らないため、お腹が空いた、とにかく何か食べようと、ただ食べるだけで、体が必要としている栄養素を摂取しないのでは、いつまでたっても、中年女性が太りやすい体を改善することは難しく、ぽっこりお腹がどうにもならないという状態になってしまいます。

難しく考える必要はありませんから、まずは、あなたが日々何を食べているのか、ノートに書き出してみてください。

現代人は食べすぎだから太るのか?

例えば、ある日の一日の食事が、次のようなものになっていないかチェックしましょう。

朝・・・パン、コーヒー、ヨーグルト
昼・・・丼ものもしくは、コンビニなどのお弁当、さらにはカップ麺など
夜・・・お酒、つまみ、もしくは、炭水化物にお肉や魚、野菜炒め

仮にこのような食事だった場合、ビタミンやミネラル、食物繊維が圧倒的に不足していることが分かるかと思います。

それでは、まずはビタミンやミネラル、食物繊維とは一体どんな食材に入っているのか、それをチェックしましょう。

ポッコリお腹を中年女性がなんとかしたい場合、人によりますが、解消法はそれほど難しくありません。

ビタミンが多い食材の中で、まずはビタミンAが多いものをご紹介していきます。

うなぎ、ニンジン、春菊、鶏レバー、モロヘイヤ、卵、小松菜、ニラなど。

ビタミンBが豊富な食材は次のようなものになります。

玄米、豚肉、うなぎ、たまご、納豆、レバー、バナナ、ナッツ類、大豆、野菜類、かつお、ぶり、鯖、いわし、果物、小松菜、ほうれん草、モロヘイヤ、たらこ、あさり、ニシン、牡蠣、鶏肉、落花生など。

ビタミンCが豊富な食べ物は、ご存知の通り柑橘類、赤&黄色ピーマン、焼き海苔、パセリや芽キャベツなどです。

ミネラルが豊富な食材は、桜えび、うるめイワシ、カットわかめ、切り干し大根、納豆、ピーナッツ、ほうれん草、ゆでたまごなどです。

食物繊維の多い食材は、茹でたいんげん豆やあずき、ひよこ豆やおから、納豆、くり、ごぼう、グリンピース、モロヘイヤ、煎茶の茶葉、きくらげ、ひじきなどです。

こうやってビタミン、ミネラル、食物繊維が入っている食材を眺めていくと、加工食品や、お弁当などを手軽に食べていては、なかなか摂取できないものばかりであることが理解できると思います!

もちろん、毎日手作りなどはハードルが高いだけでなく、忙しい現代女性にとっては、疲れる要因にもなりますから、無理のない範囲で自炊をすることが、これらの栄養素をしっかりと摂取できる習慣であることが分かると思いますので、出来る限り、食材を買ってきて、自分の手で料理をする習慣を持つようにすることも、中年女性が、ぽっこりお腹になってしまっている状態を、改善させる解決法の一つであることは間違いありません。

そして、日々自分が食べているものを、ひとつ残らずノートに記入して、自分が食べている量を把握することも重要なポイントなります。

私そんなに食べてないのよね、という方でも、自分が気づいていないところで、何かを口に入れているから、お腹がぽっこりとしていたり、太りやすい状態になっているわけですから、はっきりと自分の日々の食事量をチェックしてくことは、自分自身を見つめなおす重要なポイントになります。

明らかにしない限り、悪習慣がなんなのかが分かりません、スリムな体型を手に入れたければ、やはり自分を振り返ってしっかりと見るという態度は必要となるかと思います。

komichiがメタボ茶をおすすめする理由は?


それではここからは、komichiがメタボ茶をおすすめする理由について個人的見解を書いていきます!

まずは、メタボ茶とは一体どんなものなのかをご紹介していきましょう!

メタボ茶がダイエット効くらしい

これは、ダイエットに作用があるといわれる成分を含む、お茶がブレンドされているもので、次の成分が入っています!

● プアール茶
● 烏龍茶
● 杜仲茶
● 黒豆

それぞれの効能について、簡単にご紹介していきます。

まずはプアール茶、ダイエットを強力にバックアップしてサポートしてくれるといわれているプアール茶は、便秘に作用してくれ、さらに脂肪燃焼効果&脂肪吸収をブロックさせる作用があると言われています。

そして、元々体内に蓄えられていた中性脂肪を燃焼する効能があり、新陳代謝を活性化して、体を内側から温めることで、活性化し、老廃物を促す作用があると言われています。

烏龍茶は、食事中に一緒に飲めば、食べ物の脂肪を分解してくれる作用があり、ポリフェノールも含まれているので、抗酸化作用が強いので、老化を予防してくれ、デトックス、さらに運動前に飲むと、脂肪燃焼効果を高めることが分かっています。

杜仲茶にはミネラルが豊富に含まれているので、なかなかミネラルが摂取できないという方にとっては、手軽にこの必要な栄養素が摂取できる有り難いお茶になります。

脂肪やコレステロールの吸収を抑える作用もあり、自律神経に作用して血行を良くするため、血液の中の脂肪や、内臓脂肪を掃除してくれる役割をします。

これらのお茶には、利尿作用がありますから、むくみなどに働きかけてくれ、アスペルロシドという成分が含まれているのですが、これは基礎代謝量をアップさせてくれる作用があります。

杜仲茶は漢方薬の一つになり、中国では、不老不死の薬、長寿のために良い働きをするお茶として愛されてきた飲み物になります。

黒豆はご存知の通り、大豆イソフラボンが豊富に含まれていて、食物繊維が豊富です!

黒豆には高いデトックス作用があり、自然療法などの本には、黒豆療法として、薬物中毒の人などに黒豆と甘草を合わせて、3~4倍の水で煎じたものをどんどん飲ませるという療法があり、これを見るだけでも、いかにデトックス作用が高いのかが分かります。

メタボ茶に入ってる黒豆

良質なタンパク源にもなり、デトックス作用が高いだけでなく、大豆イソフラボンがお肌のハリなどを応援してくれ、黒豆ダイエットなどの口コミでも、かなり高い結果を出していて、良かったと答えた人が多いのです。

これらの栄養素や作用があるのが、今回ご紹介しているメタボ茶です。

komichiがこれをおすすめする理由は、ここまでの記事を読まれた方ならお分かりだと思いますが、どうしても普段積極的に摂りたいけれど難しい食材や栄養素もここに含まれていることや、数種類の栄養を組み合わせることで、お茶のデトックス作用が高くなり、さらには、摂取しにくいミネラルがこれで簡単に摂取できるからでもあります。

普段からジュースや甘い飲み物を飲むことが習慣の方が、こちらのお茶に切り替えるだけで、かなり一日の余分なカロリーを引くことが出来、さらに体内で脂肪燃焼作用やデトックス作用が起これば、自然と数キロは痩せていく可能性がありますので、一気に食生活の習慣を変えることは難しい中年女性にとって、出来るだけ無理のない形で、太りすぎてしまった、ぽっこりお腹を改善するための解消法の一つに取り入れやすいものだと考えられるからです。

これまで、このような栄養素を摂取していなかった人が、ひとつ食生活の習慣に加えていくだけで、嬉しい作用が出れば、簡単で楽でもありますから、どうしても自分を変えるのが難しくなる中年女性にとっては、気軽に始められる習慣だと考えられるからです。

komichiのように、20代の頃から、運動や食生活の改善などの習慣を持っているならともかく、中年女性だと、なかなか生活習慣をごっそりと変えていくことは難しいですから、一気に変えようとするのではなく、徐々に移行するために、まずはデトックス作用や脂肪燃焼作用があり、必要なミネラルが摂取でき、良質なたんぱく質も摂取できるこちらのお茶を、ひとまず生活習慣に組み込みながら、徐々に食生活の改善をすすめていき、運動が出来るように、習慣を改めていく足がかりにすればいいと考えます。

要するに、一つまずは変化を起こすことが大事なポイントになります。

そうすることで、自分に自信を持つことが出来るようになります。

やったことがないことをやるのは、誰にとっても不安でもあり、億劫でもあります。

それが、中年女性ともなると、ぽっこりお腹を作ってしまうほど、楽をしてきた面があるのですから、もっと億劫です。

その面倒だという思いのハードルを、いきなり運動だとか、しっかりと自炊をしてというところへ持っていくのは、かなり高いだけでなく、モチベーションが上がりにくいと考えますので、まずは手軽に始められる新しい習慣を、自分に与えてあげて、モチベーションを上げていきながら、自分に必要なプロセスを学んだり実践していくことが、太りやすくなっている状態の体を改善するための、まずはハードルの低い方法の一つだと思います。

komichiも、いきなり2時間ジョキングが出来るようになったわけではなく、最初は、歩くことからはじめ、これらのダイエット茶なども使いつつ、徐々にハードルを上げていったのです。

ですから、いきなりハードルを高く設定して失敗するよりも、小さな変化から始めることのほうが、長続きするコツであることを、経験的によく理解していますから、大きなことから始めないで、ちょっと生活にプラスすることで、気分的にも面倒だという思いになりにくい方法から始めたほうが、結果的にはぽっこりお腹の解消法の近道になるのではと考えます。

無理にいろんなことを一気に変えることはありません、徐々にでいいので、中年女性のぽっこりお腹は、やはりその後病気に発展する可能性も秘めていますから、健康のためにも、改善法として新しい習慣を取り入れていきながら、ゆっくり、ですが確実に体型の変化、生活&食生活の習慣を変えていくこと、これを目指すために、まずは一歩踏み出すための新しい習慣を作ってみたらいいのではというご提案でもあります。

いきなりは難しい、ですが徐々にゆっくり、自分の中の、面倒だとか億劫だという気持を少しずつなだめつつ、今後も元気で健康に生きていくために、今から出来る良い習慣を持つために、うまくこれらも活用していけばいいと、個人的には思います。

あの、ホリエモンさんも、美味しいものを食べることを辞めたくないという思いだけで、日々ジョキングや筋トレを行って、食べることを諦めない生活習慣を持ったそうですから、美味しいものを食べることをあきらめないで、新しい習慣から変化を開始していく覚悟をゆっくりと持っていけばいいと、個人的には思います。

何度も挫折しつつ、それでも諦めずに運動を続けてきた理由は、もちろんプロフィールに書いてある症状を克服するためでもありましたが、生涯ダイエットという言葉と無縁な人生を歩みたかったからです。

ですから、まずは小さな変化から始めるのが個人的にもやってきたため、おすすめという話になります。

今回は、中年女性のぽっこりお腹や、太りやすい人の解消法などをまとめていきながら、新しい習慣をご提案してみました!

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。