乳首・乳輪の黒ずみをピンク色にする方法

乳首・乳輪の黒ずみをピンク色にする方法

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「乳首・乳輪の黒ずみをピンク色にする方法」です。

乳首や乳輪の黒ずみを気にしている方は、意外と多いといわれていますが、今回の記事では、この部分の悩み解決方法をご紹介していきます。

乳首・乳輪が黒ずむ原因は?

乳首の黒ずみに悩む女性

そもそも、乳首や乳輪の黒ずみは、何が原因となって起こっているのでしょうか?

デリケートゾーンなので、なかなか人に相談もできない場所ですし、黒ずみがあることで、恋愛に消極的になってしまう方も少なくないようです。

乳首や乳輪の黒ずみが気になる原因は、大きく分けて2つあります。

● 刺激を受けたことが原因
● 加齢が原因

この両方に共通している黒ずみの原因は、メラニン色素の沈着が関係していることです!

都市伝説では、これらの理由から、遊んでいる方ほど、乳首や乳輪の黒ずみが目立つという話しもありますが、それは次のような理由から言われてきたことです。

性的な経験が豊富な人は、乳首や乳輪に触れる機会が多いので、刺激を受けるため黒ずみが目立ってくる!

これに関しては、科学的&医学的な根拠は一切ありませんので、あくまでも都市伝説に過ぎませんし、人間には日焼けしやすい人やしにくい人がいるように、体質的に、乳首や乳輪が黒ずみやすい人がいると考えるほうが自然になります。

まずは刺激説について解説していきます。

メラニン色素は、外側の刺激や、紫外線から真皮を守るために体内で生成されるのですが、メラニンが生成される原因はすでに書きましたが、デリケートな部分ほど黒ずみを起こしやすく、バストになると、柔らかい先端を守るために色素沈着しやすくなっています。

子供を産んだ女性の乳首や乳輪の黒ずみが目立つことがありますが、これは赤ちゃんに授乳させることで刺激を受けていることが原因となっていて、赤ちゃんが乳首や乳輪を見つけやすくなるために黒ずみが目立ってくるという説や、妊娠し、赤ちゃんに授乳させるための準備で黒ずみが目立つようになるとも言われています。

妊娠すると、女性によって程度の違いはあるのですが、赤ちゃんを体内に授かってから4週目くらいになった頃から、乳房のハリや、乳頭や乳輪が敏感になり、体の変化と共に、乳首や乳輪の黒ずみが目立ってきたり、茶色っぽくなってしまうと考えられています。

後ほど説明をしますが、こちらを使ってピンク色にする方法もあります。



↑ それがこちら!

これは、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが関係していて、この2つの女性ホルモンが、メラニン色素の色素細胞を刺激するので、メラニン分泌が増えるからです。

エストロゲンは、卵巣ホルモンと呼ばれていて、女性らしさに関係するホルモンで、妊娠するために子宮内膜を厚くしたり、女性らしい体つきを作ってくれます。

プロゲステロンは、黄体ホルモンと呼ばれていて、生理周期の後半期の維持や、妊娠黄体の形成を行い、生理の終わりから排卵日に多く分泌され、生理周期を安定させ、胸のラインを作ってくれたり、美肌効果があるホルモンになります。

エストロゲンとは、新陳代謝を促し、女性の若々しさを維持する効果があり、女性の更年期が終わり、月経が止まったら、エストロゲンの分泌も終わります。

他には、アトピー性皮膚炎を持っている方は、湿疹が頻繁に出てきてしまい、これが繰り返されることによって、炎症した後に色素沈着が起こり、黒ずみがはっきりとしてくると考えられています。

そして、人によって肌の色が違うように、乳首や乳輪の黒ずみが目立つ人の中には、それがその人の体質、生まれつきの色だという捉え方もできます。

他には、紫外線を浴び続けると活性型のメラノサイトを増やしてしまうしまうので、、メラニン色素が過剰に発生してしまうことも、乳首や乳輪の黒ずみの原因になると考えられています。

加齢による乳首や乳輪の黒ずみは、肌のターンオーバーが年齢を重ねることで遅くなってしまうと、古い角質とメラニン色素が肌に残ってしまうため、黒ずみが目立つようになると考えられていますが、これ、年齢をさらに重ねると、逆転するようで、メラニン色素の生成が抑えられるので、なんと、ピンク色になっていくのです!

これらの理由から、乳首や乳輪の黒ずみが出てくると考えられています。

乳首・乳輪の黒ずみを自宅でピンクにする方法

女性ホルモンについて説明する女医
では、一度黒ずみが出てしまった乳首や乳輪を、ピンク色にする方法はないものでしょうか?

一般的には次の方法で、乳首や乳輪の黒ずみを、ピンク色にすることが出来るといわれています。

● ホルモンバランスを整える
● 皮膚科や美容外科で、ハイドロキノンなどを配合したクリームを処方してもらう
● バランスの良い食生活を送る
● ホルモンバランスを整える
● 乳首や乳輪の黒ずみを改善するクリームやピーリング剤、ジェルなどを使う

他には、ヨーグルトを使って乳首や乳輪をピンク色にする方法もありますが、これは作用がゆっくりで即効性はありませんが、食べられるものを使っているので、体に出来るだけ負担をかけない方法で、乳首や乳輪をピンク色にしたいと考えている方や、あまりお金をかけられないという方は、この方法でピンク色にするのもありですが、効果には個人差があります。

ヨーグルトのホエーという液体に、美白成分があります。

ボウルの上にざるを置いて、キッチンペーパーをしき、ヨーグルトを入れて冷蔵庫に一晩入れておきます。

ボウルにたまった液体がホエーですので、コットンにつけて乳首に乗せ、ラップなどでおおい5分ほどパックします。

最後に拭き取るか洗い流しますが、これを気長に続けていきます。

爆乳で話題の叶姉妹が行っている方法もありますので、ご紹介していきましょう!

ヨーグルトにはちみつ、小麦粉を混ぜて(小麦アレルギーの方は片栗粉かハトムギパウダーを使う)乳首に乗せて5分ほどパックします。

その後全体に足して塗り広げ、さらに2~3分パックをして洗い流します。

ホエーを使った方法は、時間がかかりますので、即効性は期待できないようですから、気長に続けていくかありません。

では、ひとつひとつ説明をしていきたいと思います。

ホルモンバランスを整えることで、乳首や乳輪をピンク色にする方法ですが、このバランスを整えるためには、次のような方法があります。

● 大豆製品を積極的に摂取する
● 規則正しい食生活をする
● ビタミンを積極的に摂取する

ご存知の通り、大豆製品には、大豆イソフラボンという成分があり、女性ホルモンが低下しているときに摂取すると、その代わりとなってくれるのです。

おすすめなのは、毎日ひとパック納豆を食べることで、発酵してるので酵素も摂取でき、さらに吸収率も高いのです。

栄養バランスを整えて、ビタミンB6やEが豊富に含まれている食材を摂取するのも、乳首や乳輪の黒ずみを解消し、ピンク色にするために出来る方法の一つになります。

これらが多く含まれている食材ですが、ビタミンEはアーモンドやアボガド、あんこうの肝やすじこ、、うなぎ、たらこ、落花生、西洋かぼちゃなどがあります。

ビタミンB6は、にんにく、まぐろ、かつお、さんま、唐辛子、抹茶、ピスタチオ、ごま、大豆などがあります。

規則正しい食生活は、出来るだけいつも同じ時間に食事を摂取するようにしてあげることも大事で、そうすることで、体のリズムが整いやすくなります。

皮膚科や美容外科で処方されるハイドロキノンを配合したクリームですが、ご存知の通り、ハイドロキノンには副作用があることが知られていますので、これが入っていない、こちらの漂白して乳首や乳輪をピンク色にする方法ではないクリームを使うと安心です!

それが、こちらの【ホワイトラグジュアリープレミアム】です!

ハイドロキノンは体質に合わなかったり、使い方を誤ったり、濃度が高すぎるものを使った場合、次のような副作用が出てしまいます。

● 赤みや炎症が起こる
● 白班
● 色素沈着(シミ)が悪化する

ハイドロキノンは安定性が悪くて酸化しやすく、ベンゾキノンという、ハイドロキノンが酸化したときに出来る成分は、刺激が強いので、肌にダメージを与えてしまいます。

もし、乳首や乳輪をピンク色にしたいと考え、そうする方法としてハイドロキノン入のクリームを使う場合は、必ずパッチテストを行ってください。

そして、酸化したものや、色が茶色くなったものなどは使用しないように気をつけてください。

ハイドロキノンを使う場合、これは紫外線を浴びるとシミを濃くする作用があるので、きちんと日焼け対策を行うようにして、万全の体制でケアをしなければなりません。

そして、濃度の濃いものを、長期間使うと、塗りこんでいたところが、必要以上に白くなってしまうこともあります。

これらのリスクがあり、ケアなどや気をつけることが面倒だけど、乳首や乳輪はピンク色にしたい、黒ずみをなんとかする方法で悩みから開放されたいと考えるのなら、こちらのハイドロキノンの入っていないクリームを使うと便利です!



↑ こちらがkomichiのイチオシです!

このクリームは、使った部分だけ白くなるということはありません。

何故なら、ハイドロキノンのように肌を漂白するのではなく、肌のメカニズムに沿って、乳首や乳輪などの黒ずみの元を抑制するものだからです。

ですから、ハイドロキノンのように、塗り続けて一部の皮膚が白くなりすぎるということはありません。

そして、他にも数多く、乳首や乳輪の黒ずみに働きかけ、ピンク色にしてくれる商品などは発売されていますが、メラノサイトは、角質層よりもずっと下の基底層という部分で生成されるので、角質層の下まで浸透する商品でないと、使っていても意味がないのです。

このクリームは、3つのビタミンCが働くことで、デリケートな部分に強力にアプローチをしてくれます。

市販されているものの中には、強力に美白成分やピーリング剤が入っているものもあるので、これらは刺激が強すぎて、肌を傷めてしまう場合もありますので、十分注意して選んでいくようにしたほうが安心です。

乳首や乳輪の黒ずむを解消し、ピンク色にする方法として使える美白成分は、ハイドロキノン以外に次のようなものがあります。

● トレチノイン酸
● ルミキシルペプチド
● ビタミンC誘導体

トレチノイン酸は、肌の新陳代謝を促してくれる成分になりますが、皮膚が乾燥しやすくなったり、赤くただれることもあります。

ルミキシルペプチドは、メラニン色素の生成を抑え、徐々に黒ずみに働きかけて薄くしていってくれる成分で、ハイドロキノンの17倍の美白効果(肌の一部にですが)がある、天然由来のタンパク質なので、肌にとても安心です。

なんでもこれは、シミの元から抑制をしてくれる成分で、普段のスキンケアとして使うことで、今後のシミを出来にくい肌にしてくれるものです。

ビタミンC誘導体は、壊れやすいビタミンCを、化粧品などに配合できるように安定化させたもので、酵素反応で、体内でビタミンCになるのです。

メラニン色素の還元作用や生成の抑制してくれる働きがありますが、刺激が強く、乾燥しやすいので、保湿成分が入ったものを選ぶことがポイントになります。

こちらは、ビタミンCを使っていますが、しっかりと保湿成分が入っていて、ビタミンC以外の刺激成分は一切含まれていません。


彼氏に黒ずみを指摘された経験がある方へ

なんでも、乳首や乳輪の黒ずみを気にする女性の中には、彼氏にピンク色じゃないことを指摘されたという経験を持っている方もいるようです。

悪気はないのでしょうが、やはり、彼氏からそんな指摘をされると、女性ですから悲しくなってしまうし、なんだかムカついて悔しくなってもしまいます。

男性から見て、女性の乳首や乳輪の黒ずみが目立っていると、次のような印象を持つといわれています。

● 遊び人
● 性的興奮が冷める
● 汚い、不潔
● 付き合う気をなくす
● 老けて見える

これはある雑誌で、20~50代の男性1300人を対象に行った調査結果になります。

どうも、乳首や乳輪の黒ずみが目立っていると不健康そうなイメージが湧き上がる方もいて、ピンク色じゃないと、なんだか引いてしまうという意見もありますが、個人的見解ですが、肌の色が違うように、乳首や乳輪の色にも個人差があるので、勝手にこのようなイメージを持たれても、女性側にとってはとても迷惑だと感じます!

黒ずみくらいで、性的興奮が冷めるのなら、その人は彼女に対して愛がなく、ただ性的対象としか見ていないと言っているようなものですし、汚い、不潔と感じる人は、ちょっと神経過敏だとも言えるのでは?

乳首や乳輪の黒ずみがあるだけで、付き合う気をなくすという時点で、付き合う相手としては失格ですし、老けて見えるとまで言うのなら、女性の体に触る資格もないと、誰か言ってあげてください、あ、書いちゃいました・・・つい・・・(笑)。

愛があれば、どんな状態であろうとも、その人のありのままを大切にしてくれるはず。

乳首や乳輪の黒ずみくらいで、ピンク色じゃないから嫌なんて言う男性は、こっちからお断りするくらいの気持を持ちつつ、なんかむかつくから、こっそり手入れでもしていればいいと感じますが、あなたはどう思いますか?

そもそも、男性から選ばれなければならない女性の時代は終わっていますし、いちいちこんなことで嫌われていたら、どうやって自然な自分を出すことが出来るの?

と、思わずツッコミをいれてしまいたくなります(笑)。

いろんな意見がありますし、やはり繊細な感受性を男性は持っていると言われていますので、彼らの妄想に付き合うのなら、ピンク色にする方法を使って、乳首や乳輪を可愛くしてあげればいいのではないでしょうか?

彼氏が欲しい、彼に嫌われたくないと感じている人もいるでしょうから、そんなときには、このクリームを使ってケアして、少しでもピンク色になるようにしてあげるのも、相手に対する愛でもありますね!

薄着の季節の黒ずみ対策!『ホワイトラグジュアリープレミアム』がおすすめです!

ホワイトラグジュアリープレミアムの口コミ評判は?

それではここからは、このクリームの口コミや評判についての情報をまとめていきます!

こんな口コミ&評判があります!

● 乳首や肌のかさつきに悩んでいました、これを使うとしっとりとしてきました
● アトピー性皮膚炎や色素沈着で醜く悩まされていました。市販のもので敏感に反応して、肌に滲みてしまいますが、こんな私でも使えました
● 全身どんなところでも使えるのでいいですね、体中の黒ずみは全部退治しました
● あんまり変わった感じがしません、本当に効くのこれ?
● 2本目を使っていますが、まだ効果が出ません、もうちょっと使ってみるべきなのか迷っています
● 乳輪のぶつぶつ感が綺麗になりました、もうすでに大満足
● ケアクリームの中で評判は一番良かったのですが、高いですね・・・
● 男性でも使えるので使ってみましたが、レーズンのように黒ずんでいた乳首が、色むらなく改善されていっています
● ハイドロキノンという刺激の強い成分が使われていないので、敏感肌の私でも使えました
● 昔から気になっていた乳首の色は治らないものだと思っていましたが、半年前にこのクリームを見つけて使ってみたら、綺麗な肌色になりました
● 本当に効くのかなと半信半疑で始めて1ヶ月半、まだ効果は出ていません。
● 荒れたりもしないけど、改善もしません
● 自分じゃ分からなかったけど、彼氏が「色が綺麗になってる」と言ってくれたので、変化があったみたい!
● ちょっと高いかなと最初は思ったのですが、塗る面積も小さくなかなか減りませんし、成分も考慮するとコスパはいいと思います
● なかなかのお値段で、効果も3ヶ月ぐらいでやっと薄くなったかなってぐらい、期待してたのとは少し違っていたけど、肌が保湿されて痒みがなくなったのは良かったかな
● 3ヶ月で満足な結果が出ました
● 顔に使っていますが、しっとりとします
● 1ヶ月ちょっと使っていますが、まだ効果は出ませんが、しいて言えば、少し乳首に艶が出てきたくらい
● 彼氏に乳首がザラザラしてるよと言われて使ってみましたが、3週間後に彼氏から「乳首が柔らかくなったね」と言われました。
● 顔のシミが気になっていたので使ってみましたが、化粧で隠す心配もなくなりました
● 50歳過ぎている私でも効果を実感できました、効果は3ヶ月に入るくらいから感じられました
● 効果は良いと思うけど少し高いかなぁ~?
● 旦那が勝手に買ってきてプレゼントされました、最初はけなされている気がして怒りましたが、根気よく説得されてしぶしぶ使いました、黒ずみが明るい色に変化してきました

このように、デリケートゾーンや乳首や乳輪だけでなく、顔のシミなどに使っている方もいたりと、使用方法はその人によって違うようです。

彼氏や旦那の指摘や、わざわざプレゼントしてくれる男性もいるようです、やはり男性は繊細な生き物なんだなと、口コミや評価、経験談をチェックしてあらためて感じました。

今回は、乳首や乳輪の黒ずみをピンク色にする方法についての情報をまとめていきました!

無料メルマガ「在宅ブログライターで月収30万円稼ぐ方法」
by ブログライターkomichi
自由な働き方
収入と時間と人間関係の悩みから解放されて、趣味や旅行など自由にできる学生時代のサークルのようなコミュニティーを一緒に作りませんか?好きな場所、好きな時間にブログを書くだけでOL時代以上の収入と自由を手に入れる私komichiが人生を変えた「在宅ブログライター」という職業について無料で3つの動画をお届けしております。在宅ブログライターについての詳細はこちらよりご覧いただけます(推薦文あり)。




*興味がなければいつでも1クリックで配信解除できますのでお気軽にご覧いただけたら幸いです。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。