タモリ流生姜焼きレシピ

人気!タモリ流生姜焼きレシピ

ブログライターkomichiです。自由な時間と場所で収入を得られるブログライターがどんな仕事か知りたい方はこちらをご覧ください。

今日のテーマは、「人気!タモリ流生姜焼きレシピ」です。
肌が綺麗なことでも有名なタモリ!人気だった長寿番組「笑っていいとも」の放送も終わり、最近は、あまりテレビで見かけなくなったのですが、以前から、趣味は料理だということは有名な話です!そんな先駆け的な料理男子でもある、人気者のタモリが作る、生姜焼きレシピについてや、人物像などをまとめていきながら、美味しい料理づくりに役立てていただければと思います。

料理が上手いと評判のタモリ

実はこの、人気の生姜焼きレシピ、「タモリ倶楽部」という、コアなファンから絶大な支持を集めている深夜番組で、タモリが紹介されていた料理だということですが、「空耳アワー」などのコーナーが、個人的には好きだったのですが、あなたはどのコーナーが好きですか?

空耳アワーは、ミニコーナーで、視聴者から、日本語で歌われていない歌の歌詞なのに、何故か日本語に聞こえるといった作品を送ってもらい、紹介するものです。

聞いていると、英語なのに何故か日本語に聞こえるといった、不思議な面白さがあり、とても楽しみにしながら見ていました。



料理が得意なタモリ

では、人気の、タモリ流生姜焼きレシピから見ていきましょう!家庭料理で作られるので、一度は食べたことも、作ったこともある方は、多いのではないでしょうか?一般的な生姜焼きレシピは、材料をタレに漬け込む時間が必要で、これが短いと、味が染み込まず、イマイチな料理になってしまうのですが、なんでも、タモリの作る生姜焼きレシピは、事前に漬け込む時間を必要としないので、時間短縮が出来るだけではなく、味もばっちりとオイシイのが特徴であるようです。

ではまず、生姜焼きの材料から見てきます!2人分での作り方です、豚のロース300gに、玉ねぎ半分、小麦粉少量、タレの材料は、醤油、酒大さじ4、みりん大さじ2、チューブの生姜の場合は大さじ2、生の生姜を使うなら一片、調味料は事前に混ぜておきます。

タモリ生姜焼きレシピ材料

玉ねぎはくし切りにして、1分ほど電子レンジで温めておいてください(電子レンジによっては、この時間で火が通らない場合がありますから、1分は目安と考えてください)!ロースは一口大に切り、小麦粉をまぶしますが、理由は、肉の旨味を逃がさないためで、まぶすのなら、目の粗いざるなどに粉を入れて、ふるうようにしてやると、全体にばらつきなく、きれいにまぶすことが出来ます。

タモリ生姜焼き 作り方

油を使わず肉を炒め、肉の表面が白くなってきたら、玉ねぎを加えていきます!きちんと肉に火が通ったら、混ぜておいたタレを回し入れ、とろみが出たなと思ったら完成です!とっても簡単に、お手軽に出来る、人気の生姜焼きレシピ、タモリは本当に料理上手で、手際も良く、味も抜群だと、芸能人で、タモリが作った料理を食べた人はみな、その腕前を絶賛されていて、一度ごちそうになってみたいと思いました。

タモリ生姜焼き、作り方仕上げ

個人的に、生姜焼きにロースを使うのではなく、ヒレなどを使って、カロリーカットを狙うのも、ありだと思います!ロースのカロリーは、100gで263kcal、生姜焼き用に売られているものは、1枚25gほどで67kcalとなっていますが、ヒレだと100gで115kcalで、カットしたもの1枚では、35kcalとなります。

赤ロース肉の脂質は5・6gで低いのですが、脂身のあるロース肉などになると、脂質は19・2gと高くなってしまいます。

ヒレだと、1・9gとかなり低くなっていますから、ダイエットを意識する方にとっては、こちらの食材のほうがおすすめではありますが、こだわりのない方なら、ロースや、ばら肉などを使って、人気のタモリ流生姜焼きレシピを作ってみては、いかがでしょうか?バラは脂身が多いので、余計に美味しく感じるだけではなく、ガッツリ食べたい系の人にとっては、こちらのほうが人気ではあるかと思います。

個人的には、豚肉で生姜焼きレシピを作るのではなく、鶏の胸肉を使って、作ってみたことがありますが、こちらも、さっぱりとしていて、ダイエットを意識している女性には、とてもいい食材なので、人気のタモリ式生姜焼きのレシピに、忠実に作ろうとするのではなく、自分でアレンジをしていくつもりで、他の食材を使って作ってみるのも、楽しいのではないかと思います?

鶏の胸肉を使った生姜焼きのレシピって、斬新なアイデアですよね!普段からさまざまな食材に対して、アンテナをはって、こんな新しいレシピにチャレンジしてくれる家族のお陰で、人気の生姜焼き料理って、豚肉が定番だといった思い込みから開放され、新しいものを組み合わせて作っていけるので、しょうが焼きとしてのレシピは変わらなくても、材料を変えていくだけでも、違った食感や感覚、味が楽しめるので、是非やってみてはいかがでしょうか?

他には、牛肉や内蔵系の肉は、人気のこのレシピの調味料の味には、合わないかと思いますので、鶏のささみ、嫌いでなければ、マトンの薄切りなどで作る生姜焼きがおすすめです!個人的には、このレシピで、魚なんかを使って作ってもいいのではと思います!身が硬いもののほうがいいので、カジキマグロ、いか、むきかれい、とにかく、身がしっかりとしたものだったら、ぼろぼろ崩れたりしないので、いろいろと自分でチャレンジをされてみて、人気の生姜焼きレシピの幅を、広げていっていただければと思います。

この生姜焼きを作るときに、もっと美味しくする秘訣を、ここで伝授しちゃいましょう!玉ねぎを多めに使い、大盛りのキャベツを下に盛って、一緒に食べるというものと、出来上がった生姜焼きの上に、生の生姜をたっぷりと、すってかけてしまうというものです。

玉ねぎや生姜が苦手ではなく、好きな方には、このような方法で食べると、意外な美味しさに驚くと思います。

生姜焼きだからこう作るといった、基本はありますが、一度そのベースとなるものを作ったら、どんどんアレンジされていけば、違う美味しさを発見することが出来ますから、おすすめの作り方です。

生姜をするのは面倒で、一手間ではありますが、チューブのものよりも、風味がしっかりと感じられますから、出来れば生姜焼きを作る時には、生がおすすめ!そして、背ロース肉の3mm厚さを使うと、あっさりした味に仕上がるようです。

濃厚な味で、楽しみたい人は、肩ロースやばら肉がおすすめです。

タモリといえば、「たもりめし」という料理本が出ていて、実は物議をかもしているようです!その理由ですが、人気のタモリに便乗して、笑っていいともなどのTV番組などで、タモリが話した料理のレシピを紹介しているようですが、なんでも、調味料の表記がめちゃめちゃで、本に書いてある通りに作った餃子は、味が濃すぎたりして、食べられるような料理にはならなかった・・・なんて評価も出ているようです!その一方で、人気のあったタモリの料理レシピなどを、ネット上で情報をかき集めていた人たちにとっては、この本は待ちに待ってましたといったものとなっているようで、喜びの声もあがっているようです!ちなみに、人気のタモリの生姜焼きレシピですが、著作権などはあるのでしょうか?この本はもともと、タモリが出しているものではありませんが、本自体にはその権利がありますが、料理自体はアイデアなので、それを使って作った料理を提供することは、著作権侵害にはあたりませんが、このあたり、微妙な線引が難しいところでもあるようです。

著作権とは、アイデアを保護するといったものではなく、表現そのものを保護するといった目的で作られているので、アイデアであるレシピを使って、料理を作って提供したりすることは、この侵害にはあたらないようです。

このあたり、個人的には、人間のまごころにかかっているのかなと思いますが、個人的見解ですが、これらを保護しすぎて、ガードが固くなり過ぎると、新しいものを組み合わせて創造していく力が、萎えてしまうと考えられますから、ある程度は塩梅で、使う本人のオリジナリティーが3割~半分も入っていれば、オッケーと考えていったほうが、世の中の風通しが、とても良くなると思うのですが、あなたはどう思いますか?

記事の前半では、人気者でもある、タモリが教える、秘伝の生姜焼きレシピについてまとめていきましたが、ここからは、そういえば、料理上手なタモさんは、いったいどんな人なんだろう?といった情報を見ていきたいと思います。

タモリのエピソード

1945年8月22日産まれ、本名はとても有名ですよね!森田一義です。

なんと、あんなに元気で健康そうなのに、もう69歳になるそうです!皆さん御存知の通り、福岡県福岡市出身で、奥様は2歳年上の一般人、表には一切出て来られないのですが、人気者の夫を裏で支えていて、個人事務所の社長を務めているようです。

やはり、25年間も、長寿番組の司会を務める人物ですから、幼少時代から変わったところがあったようです!なんでも、本人が語っていた言葉によると、幼少時代から大人びた子供だったようで、「偽善」という言葉も、その頃から知っていたといいます。

偽善とは、善でないものを善だと偽ってしまうことをいいます。

そして、幼稚園に入園する前に、下見に行っていたそうですが、園内で、音楽に合わせて踊っている子どもたちを見て、「自分には出来ない」と悟り、入園を拒否・・・なんてエピソードもあるようです。

他には、小学校に入る前まで、一日中坂の上に立って、人間ウォッチングをしていたそうですが、これがきっかけとなり、坂道好きになり、2000年には、「日本坂道学会」という、坂道を愛し、研究する学会を、坂道研究科で、週刊ヤングマガジンの編集長でもある、山野勝氏と一緒に設立までされたそうです。

坂道マニアのタモリ

きっかけは、ある居酒屋で、坂道について熱弁をふるっていた山野氏を、タモリが偶然見て、そこで声をかけ、坂道の話に参加したことでした。

意気投合した2人は、一緒に、先ほど書いた学会を設立、書籍なども出版されているようです!あまりにもマニアな話に、個人的には、タジタジとなってしまいますが、何が好きかは人それぞれです!男性の上腕二頭筋に入っている血管が好き!なんて女子もいますから、どんなものにハマって、そこをどんどん追求するかは、好きなようにやってみればいいと思います。

ですが、まさか坂道について、人気者のタモリが研究までされているなんて!というか、なにをどんな風に研究するんでしょうか?せっかくですから、どの辺りを観察しているのか?見ていきましょう。

● 勾配(坂の傾き)がどうなっているのか?自分で見てみる  ● 角度や傾斜はどんな風になっているのか?
● 周囲に江戸などの風景や、歴史、風情などを出すものがあるのかどうか? ● 坂道につけられた名前の由来を調べ、それを感じ取れるかどうか?

こう見ていくと、もうマニアック過ぎて、ついていけない・・・なんて思う方もいるかもしれませんね!伊達に、長年テレビの世界で活躍してきた人物ではないようですね。

人気があるタモリ、生姜焼きレシピも、意外と検索ニーズが高いので、彼が動けばみんなも動くといった感じで、このマニアックさに、多くの人はなにかを感じ取り、その才能に、惚れ込んでいるのかもしれませんね。

しかも、「全力坂」と呼ばれるテレビ番組まであるようです!これは、放送時間が6分と短いものですが、売り出し中のアイドルや女優などが、坂を全力で駆け上がるといった内容となっているようです。

人がなにに惹かれ、面白いと感じるかは、本当に謎が多いですよね!

話を戻しましょう!なんでも、タモリは、右目を失明されているようです!小学校3年生の時に、下校途中に電線にぶつかり、そのときに、針金の結び目が右目に刺さったことが原因で、視力を失ったということです。

芸能界の中でも、料理男子として有名で、人気を誇る人物ですが、何故こんなに手際よく、食事を作ることが出来るのか?生姜焼きだけではなく、さまざまなレシピを持っていると言われている、この方の料理ルーツとはなんでしょうか?実は、祖母から、小学生時代に、次のように言われたことがきっかけで、覚えたそうです!「今のうちから男も料理が出来るようにならないと、後々奥さんがいざというときに困るでしょ。私が料理をしている姿を見ていなさい」。

祖母から伝授された、現代では「料理男子」という言葉が生まれるほど、食事を作る男性が増えましたが、まさに先駆けの存在として、多くの人に、美味しいレシピを伝授している姿を見ていると、人気があるのも当たり前なんだなぁと、心の底から頷けますよね。

まさに、人が喜ぶことを、自然に提供できる人、それが、森田一義の魅力ではないかと、個人的には思いますが、あなたはどうですか?以前、テレビ番組で見たことがあるのですが、お笑い芸人の山田花子が、彼の奥さんに、「どこが好きですか?」と、直接聞いたことがあったそうです、その答えは、「自然体なところ」でした。

どの番組で見ていても、気負うことなく気さくに対応している姿は、本当に自然体そのものですよね!やはり人気となる人物は、人の心をほぐすのが上手なのかもしれませんが、それは、計算されたものではなく、本質として元々持っているものなのかもしれませんね。

ちなみに、森田一義=運動といった図式が、あまり思い浮かばないのですが、学生時代は剣道と、陸上競技をやっていたようです!短距離で200mを走っていたようですから、意外とスポーツマンでもあったようです。

人は見かけによらないとはよく聞く話ですが、まさに、人気の裏にあるものは、「意外性」だったようです!

タモリのお風呂?

タモリといえば、人気があるだけではなく、ある特殊な入浴方法をやっている話しも有名です!実は、普段から石鹸やシャンプーを使って、体や顔、髪を洗ったりしないそうです!お湯に10分ほどつかれば、汚れは8割落ちると語っていて、あとはシャワーで流してあげれば、綺麗さっぱりするとも話していて、この話を聞いた人たちは、驚愕するようですが、実践者は意外と多いようです。

人気のタモリが実践している、この入浴方法は、「タモリ式」と呼ばれていて、あの可憐な顔立ちと対照的に、何をしでかすか分からないような言動をしてしまう、タレントのローラも実践しているといわれているものです。

他には、福山雅治や、妻夫木聡なども実践者だと言われていて、乾燥肌の人にとっては、とてもいいともいわれている方法です!この入浴法をやっている人は、一般人の中にもいて、ある方は、30年間シャンプーを使ったことがないと話していましたが、サラサラな髪の毛をしていました。

人間の体には、バクテリアといって、肌を守る細菌が住んでいます。

そして、皮膚には、水分を保つ働きをする、天然保湿因子というものが備わっているのです。

石鹸を使うと、これらを余計に洗い流してしまうので、肌がカサついたり、髪がごわついたりしてしまう人もいるのです!体や髪の汚れは、お風呂にゆっくりとつかって汗を出し、老廃物を排出してしまうことで、ほとんど出て行くので、あとはお湯で洗い流すだけで、綺麗になるという話のようです。

実は、人気のある芸能人が、自らも実践しているという話を聞いて、ちょっと私もやってみようと思って、この入浴法をやってみたことがあります!まず顔ですが、ずっと石鹸を使わずに、お湯や水で洗い流すだけという方法を続けていったら、顔がザラザラして黒ずんできてしまいまして、挫折しました(汗)。

次は体、お湯につかって、後はシャワーで流すだけにしたのですが、なんだか、臭いがしてきて、挫折(汗)、髪の毛も、一切シャンプーなどを使わずに、お湯だけで洗ってみたのですが、一定期間やって、これも挫折、理由は、髪がどんどん油っぽくなり、綺麗になるどころか、ぱさついてきたからです。

一応、人気のタモリが実践しているということで、チャレンジをした私も無謀だとは思いますが、この方法は、人によりけりだと思います。

特に、私のように、普段から運動を続けている人は、汗の出が普通の人と違うので、あまり向いていなかったのかもしれません。

ある知り合いは、これを実践して、今では石鹸を使わなくても、顔も髪も肌も、ピカピカサラサラだと話していましたので、人によっては、この生活スタイルが合っている場合もあり、ダメな人もいると考えればいいのかなと思いました。

どうやら個人的には、進化型の人間(笑)のようで、最新商品などを使いつつ、自然派な生き方も取り入れるといった、両方の良さを受け取りつつ、さらにその先に進んでいくタイプであるようです、多くの方はそうなのかもしれません、興味があればチャレンジされてみてください。

シャンプーをしないというやり方は、一定期間を過ぎるまで、しんどいようですが、それを過ぎると、この生活スタイルが合っている人は、人気があるタモリと同じように、余計なことをしなくても、肌や髪がとっても綺麗になるのではないでしょうか?

ちなみに、ハリウッドセレブにも実践者がいるようです!日本のバックなどのCMで有名な、ミランダ・カーや、ジェシカ・シンプソン、アマンダ・セイフライドなどが、同じ入浴方法で、美貌に磨きをかけているようです。

最後に、やはりこの人物、只者じゃないと思った、森田一義が持つ、座右の銘をご紹介しましょう!その前に、タモリと真逆の座右の銘を持っていて、生きているだけで、しんどそうな人に、これを聞いた時、次のような言葉が戻ってきたので、やっぱりと思ったのでシェアしますが、それは、「忍耐」。

これが座右の銘だから、なんだか大変そうな人生なのかと、何故か深く納得したのですが、森田一義は違います!「現状維持・適当・やる気のあるものは去れ」、まさに人生は楽しむためにあるもの!と言わんばかりの言葉に、どんな観念(人生観)を持っているかで、その人の人生は決まるんだなと、しみじみと実感しました。

そして、モットーなのかどうかは分かりませんが、反省は一切しないし、過去は振り返らないそうです。

タモリは、常にいつも今を生き切っているといった印象を、強く受けますが、その姿を見ている多くの人から、清々しいと思われているのではないでしょうか?人気の秘密、沢山あるようですね。

生姜焼きレシピは大好評のようですし、ネット上では、このレシピで作ったものを、動画にしてアップしている人もいます。

多くの人に愛されている人気のある森田一義、まだまだ69歳、人生100歳以上の時代がやってきていると言われている現代ですから、健康で長生きをしながら、人を楽しませ、喜ばせるアイコンとして、活躍を続けていただければと思います。

タモリの人気の秘密、そして、絶賛されている、生姜焼きのレシピ、その他、人物像などを一挙にまとめてみました!

無料メルマガ「在宅ブログライターで月収30万円稼ぐ方法」
by ブログライターkomichi
自由な働き方
収入と時間と人間関係の悩みから解放されて、趣味や旅行など自由にできる学生時代のサークルのようなコミュニティーを一緒に作りませんか?好きな場所、好きな時間にブログを書くだけでOL時代以上の収入と自由を手に入れる私komichiが人生を変えた「在宅ブログライター」という職業について無料で3つの動画をお届けしております。在宅ブログライターについての詳細はこちらよりご覧いただけます(推薦文あり)。




*興味がなければいつでも1クリックで配信解除できますのでお気軽にご覧いただけたら幸いです。



<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です