【最新情報】北朝鮮ミサイルはいつ発射される?落下地点は?

[最新情報]北朝鮮ミサイルはいつ発射される?落下地点は?

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「北朝鮮ミサイルはいつ発射される?落下地点は?」です。

昨年からなんだかきな臭い北朝鮮、この記事では、ミサイル発射はいつなのか?

落下地点などについての情報をまとめてシェアしていきます!

北朝鮮のミサイルはいつ発射される!?

それでは、最新情報の、北朝鮮ミサイルはいつ発射されるのかという情報をまとめていきますが、まずは、2017年の最後にいつ発射されたのか振り返っていきましょう!

2017年11月29日に、中距離弾道ミサイル「火星15」を太平洋に向けて発射、これが日本への北朝鮮ミサイルの発射の最新情報ですが、2018年に入り、にわかにまた北朝鮮がミサイルを発射するのではといった情報が出ていますが、一体どんな内容なのでしょうか?

CBSテレビ(電子版)が、年明け早々の1月2日に、最新情報として北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射準備を進めている可能性について報道しました!

こちらの情報によると、2016年の11月に新型ICBMが発射された、平壌北方のミサイル発射場活動が確認されたということです!

CBSによると、今週中または来週中にも北朝鮮がミサイルを発射する可能性があると報道!

最新情報によると、NBCテレビが米軍高官の話として、今週半ばにも発射するのではといった情報が出たようです!

この記事を書いているのは、2018年1月7日ですから、もうそろそろ北朝鮮がミサイルを発射する可能性があり、それがいつになるのかまでははっきりとしていません!

しかも、最新情報によると、1月1日元旦に新年の辞を発表した金正恩は、次のような発言をしているのです!

「米本土は核打撃圏にある」

なんでも、この日米本土を攻撃できる核弾頭を搭載した大陸間弾道ミサイルの実戦配備を宣言!

これを受けて、アメリカのトランプ大統領は、次の発言をしています!

「自身が持つ核のボタンは、金委員長のものよりはるかに大きく強力だ」

このような発言で、北朝鮮に対して威嚇をしたトランプ大統領に対して、日本のメディアなどでは「子供の喧嘩じゃないんだから」という意見も出ています!

最新情報によると、年末に動きがあることが衛生で確認されているので、イベントごとに絡めて北朝鮮がミサイルを発射するとなると、いつと考えた場合、金正恩の誕生日が1月8日になるので、その前後か当日という意見もあるようです、まぁ、たいがい予想は外れます!

ただし、北朝鮮は、基本的には核やミサイルの開発スケジュールに合わせて実験を繰り返していて、記念日に合わせて発射しているわけではないとも言われています。

そもそも、北朝鮮がいつミサイルを発射するのか、最新情報をがっつりと握っているのは基本的に米軍になりますから、日本のメディアなどが推測しても外れる可能性も高いのですが、米軍が把握している以上、北朝鮮はヘタなことが出来ないので、2018年現在制裁をされていることで財政的にも苦しい状態が続いていますから、ミサイルを発射する資金もそれほどあるとは言えない状態です!

年明けから、金正恩の服装が変化していることも、最新情報として北朝鮮がミサイルを発射するのかどうかの判断につながると見る人達もいます!

徐々に話し合いが行われていて、どこで落ち着くかというところが注目になるかと思います!

一般論としては、最新情報によると、北朝鮮がミサイル発射をするのは、1月半ば、もしくは2月になるのではといった推測がされています!

しかも、1日に金正恩が「来月の平昌五輪への代表団派遣の用意があり、南北当局間の対話が可能だ」

と発言をしており、9日に南北軍事境界線にある板門店当局者会談を、北朝鮮側に韓国から提案しています!

1月5日の最新情報によると、北朝鮮側はこれを受け入れたようです!

少しずつ対話という道でなんとか争いを避ける方向に持っていける道が出来ているようですが、いつミサイルを発射するのか、緊張が日本に走っているのは確かです!

北朝鮮と韓国の南北当局間の会談が実現すれば、2015年以来2年ぶりとなります!

厳しい制裁の圧迫を受けている北朝鮮は、この会談を通して、外交的孤立を突破しようとの狙いがあり、韓国側に五輪以外のなんらかの要求をするのではないかという懸念があるようです!

ちなみに、2017年の一年間に、北朝鮮がミサイルを日本海側に向けて発射したのは失敗を含めて16回になります!

11月26日に発射された弾道ミサイルは、平壌から1発を発射、ミサイルは53分間、約1000キロメートル飛行し、この日の朝4時11分頃に青森県の西方の沖合約250メートルの、日本の排他的経済水域(EEZ)の日本海へ落下していきました!

落下地点が海の中で本当にホッとしますが、まさか2017年になって日本の上空をミサイルが発射されて飛んで行くなんて、いつ誰が予想できたでしょうか?

落下地点は?2018年の最新情報

そもそも、最新情報を眺めていても、いつ北朝鮮側がミサイルを発射するのかすら予想することが難しい現在、落下地点に関しても、どこになるのかを推測するのも難しい面があります!

そして、実は日本のどこにでも落下地点になりうるのです!

ですが、闇雲に発射することはないと考えられます、ただし、以前金正恩が発表した、日本にある米軍基地を狙う可能性が高いのでいつミサイルを発射するかは分かりませんが、これらの場所が落下地点になってしまうと考えられます!

他には、原発がある場所、さらに落下地点が北朝鮮が狙っていた場所に落ちない可能性もあります。

これまで、ミサイルが発射されて日本での落下地点は、日本海に落ちるパターン、青森上空を越えて太平洋に落下するパターンなどがありましたが、まさにいつどこにどんな形で落下していくかは予測がつかないのが現状です!

どの地点にも落下の可能性があることだけは確かです!

そして、実は日本ではなく、北朝鮮内で2017年4月28日に平安南道にある北倉飛行場から発射された中距離弾道ミサイルが、打ち上げられてすぐに作動不良となってしまい北東にある徳川市に落下したのです。

日本への被害ではなかったのですが、国内で落下させてしまっているという情報もあり、このときの被害はかなり大きかったと報道されています!

そして、仮に北朝鮮がミサイル発射を本気で日本列島へ落下させた場合、日本政府はどこへ逃げるのかという興味深い情報もシェアしておきます!

さまざまな説があります!

● 東京市ヶ谷の防衛省
● 首都圏に直下型の地震が起こったときに政府が移転すると言われている立川

防衛省には、地下指揮所があると言われていて、24時間体制でさまざなことを監視していると言われているようですが、ここはいわゆる世界に知られている場所になりますので、北朝鮮もこういった情報を入手しているはずですから、ここが狙われるのは一般の私が考えても普通だろうなと推測できます。

実は都内のどこかに秘密施設があるという情報があり、そこへたどり着くためには空路や車では危険が高いので、地下鉄支線を使って移動するようです!

おそらく個人的推測ですが、皇居などにもそのような危険を回避した逃げる通路があり、なにかが起こった場合政府の人や天皇などを保護する場所があるのでしょう。

どちらにしても、このような自体が起こる可能性を高めないようにしていくことも大事になってきます。

2017年から続いている、世界からの北朝鮮への経済制裁などがかなりボディーブローのようにじわりじわりと効いているとは思います。

しかも、2018年2月にオリンピックに参加する北朝鮮にとっては、動きが取りづらい時期でもありますので、しばらくはミサイル発射などに日本がどよめくことはないのかなと考えますが、いつどの地点に発射したりするのかはまだまだ未知数な面が大きいのは心配ですね!

経済制裁に関しては、2018年2月4日に次のような情報が出てきましたのでシェアしておきます。

なんでも、北朝鮮が2017年に国連制裁を逃れ石炭や石油を輸出して2億ドル(約220億円)稼いだと、国連の独立監視グループの報告書から分かったようです!

産地を北朝鮮にせず、ロシアや中国に書き換えて密輸を23度行ったことが確認されています。

ということは、経済制裁がボディーブローのように効いていると考えるのものんきな考えになるという話です!

ただ、ミサイル発射に関してはどれを打つかによって金額はもちろん変わりますが、かなりお金がかかることは確かですから、財政はかなり痛手だと考えられます。

さらに、密航などで北朝鮮の人たちが日本へも流れ着いているというニュースが度々報道もされますから、日本は北朝鮮難民リスクという心配もあるようです!

金正恩の考えは?

ここからは、金正恩は何を考えているのか?

幾度となく日本へミサイル発射していて、いつ飛んでくるか分からないミサイルに関して日本政府も懸念している中で、落下地点はどうなると国民側もそれらに情報収集をしている人もいますが、そもそも北朝鮮にいる金正恩の考えがなにかを見ていきたいと思います!

まず、表向き、公的には、北朝鮮は次のことを伝えていました!

● 国際差社会の完全な一員として受け入れられること
● 核計画を推進し、経済発展を図ること

これは、北朝鮮としての発言ですから、金正恩がなにを考えているのかという話になると、どうなのでしょうか?

祖父の代から続いてきた北朝鮮という国の維持、そして体制の維持、さらには国際社会の中で安心して生存できる権利をやはり望んでいる可能性は否定出来ません!

わたしがもし、トップであれば、まずは自分たちの体制&国民の安全および経済の発展、さらには国を維持しつつ国際社会の一員として安心して暮らせるようになりたいと願うのは当然だと考えられます!

いろいろと調べていくと、どうやら金正恩は、米国を恐れている面があるようです!

そして、北朝鮮の今を日本や世界に伝えようとしたユーチューバー「ジョーブログさん」の動画では、北朝鮮は弾道ミサイルを日本に発射して落下地点を海などにしていることに対して、いつ大国にやられるか分からない不安感があるという話をし、威嚇の意味を持っているという発言をされたと語っています。

動画に関しては、次の章で貼り付けておきますので、ご興味がある方は実際に2017年5月に北朝鮮へと渡航した若者の、勇気ある動画をご覧になってみてください!

正直、金正恩が何を考えているのか、いつまたミサイルを発射するのかまったく推測すら出来ませんが、ただ、アメリカとの軍事衝突はやはり避けたいでしょうし、先程書いたようにアメリカを恐れていることは確かなようです!

次の章で貼り付けた北朝鮮を旅行した、日本のYouTuberの男性の動画では、ツアーガイドになってくれた方へ、率直に日本への弾道ミサイルの発射についてどう思っているのかを聞いた、その答えを伝えてくれています。

「防御策、自国を守るための、日本、アメリカ、韓国という大きな国に囲まれてしまっているので、抑止力しかないのでそうせざる得ない、攻め込まれてきたら怖い」

こういった声があるのなら、やはり金正恩は大国を恐れ、自分たちの生き残り策をいろいろと考えていると見るのが自然かなと考えますが、あなたはどう思いますか?

さらに、ツアーガイドの方が、どうして日本語を習得したのかというYouTuberの男性の質問に対して、次のように語っています。

「国から言われた、今後日本との国交を考えている&したいので役に立つから頼むと」

ということは、彼らは仲間になりたいと考えているけれど、その時期に関してどうしようかなっと考えているのかなという面も見えていきます。

どちらにしても、これまで3代続いた世襲制が今後続いていく可能性は低いと国際社会も考えているようです!

変化はもう目の前まで迫っていることを、一番強く感じて恐れているのは金正恩自身なのではないかと考えられます。

そして、今回の件に関してどうして金正恩をトランプ大統領は暗殺しないのかと考える人も多いと思いますが、どうやら根っからのビジネスマンであるトランプ大統領にとって、この状態は日本や韓国にできるだけ危機を煽って武器を買ってもらおうという思いがあるからだと言われています!

実際に日本は武器を購入して大バッシングが起こりましたが、もしそうだとすれば、個人的には男性性が強い優位なこんな世界観はもうそろそろ終わりにすべきではと言いたくなります。

日本人が北朝鮮に旅行することの危険度は?

ここからは、日本人が北朝鮮に旅行する危険度について、情報をシェアしていきます!

ご存知の通り、何故日本人が北朝鮮に旅行すると、危険度があると言われているのかその理由をご紹介しておきましょう!

国交がないからです!

そして、緊迫する弾道ミサイル発射などが失敗も含めて2017年に16回もあったのですから、本来ならあの国への旅行は思いとどまるのが普通だと考えられますが、やはり人間には好奇心というものがあるので、2017年に北朝鮮に旅行に行ったYouTuberの動画をご覧いただき、本当に危険度が高いのかをあなた自身が判断してください!

そして、旅行する場合の注意点などを話している動画も貼り付けておきます!


ツアーで日本人が北朝鮮へ旅行へ行くと、日本語を喋ることができるガイドが付きます。

理由は、日本と北朝鮮には国交がないので、もし日本人がこの国でなんらかのトラブルにあった場合、国同士の問題へと発展するのでそれを避けるためだといいます!

ちなみに、外務省の海外安全ホームページでは、基本的には北朝鮮への渡航は自粛するように伝えています!

そして、北朝鮮への旅行経験などがある人達が、本当に危険なのかどうか、いつ行ってもやばいのかどうかといった情報を発信していますが、それらを調べていっても、常識的な行動をとり、自然に楽しんで旅行すれば概ね危険はないという発言をされていますし、上に貼り付けたYouTuberも、あのように動画で話していますので、自己責任ですが、危険度はそんなに高くないのが現実のようです!

komichiの見解とまとめ

個人的には、もしあなたが会社の経営者で、従業員(北朝鮮の場合は国民ですが)を養う必要がある場合、どういった判断をするのかという見方をするのが、わかりやすい考え方ではないかと思います。

北朝鮮は、社会主義共和国です!

社会主義共和国とは、第2次世界大戦後に誕生しました!

一般的に、社会主義とは、個人主義的な自由主義経済や資本主義の弊害に反発し、より公正で平等な社会を目指している運動や体制、思想になります!

分かりやすく説明すれば、国が経済を管理するので、不景気が起こらなくなるという考え方です!

社会主義は個人に私有財産を認めておらず、国によって経済が管理されているので、万民平等だという考え方です!

同等の労働に、同等の賃金を支払うシステムで、上に貼ったYouTuberの男性は、現地のツアーガイドから、繁盛している店の人は、繁盛していない店の人よりも、ややお給料があがると答えていますので、このあたりは誤解が多いようです!

そして、会社経営という面から社会主義を考えると、いわゆる社長=政府の人間のお気に入りの人物には良い待遇をすることも発生するという感じで、平等とは表向きに言う面もありますが、ここは矛盾が存在するのも確かなようです!

ちなみに、この記事をまとめていた1月7日に、BSNHKで、22歳の北朝鮮の軍人の男性が脱北して韓国へやってきた後の様子について、情報を紹介している番組をたまたま観たのですが、彼が言うには、北朝鮮の人たちは本当にすごい洗脳をされていて、お腹いっぱい食べることも出来ず、軍人でも上の位の人しかお米を食べられなかった。

自分はいつもとうもろこしだったと話しており、洗脳が非常にひどいことを訴えていただけでなく、韓国は物乞いばかりがいるという洗脳をしていたといいます。

ところが、脱北して韓国にやってきたらまるで逆の様子に非常に驚いたそうです!

今から15年前に脱北してきた北朝鮮のある男性は、アイスクリームという食べ物があることを脱北して初めて知って感動したとも話していました。

そして、脱北した22歳の男性は罰として母親を処刑されたそうです。

そうやって誰かがなにかをやったら、身内が犠牲になるという恐怖で人間を縛っている独裁政権がまかり通っていると訴えていました!

まさに一部の人間だけが豊かに暮らしていて、そうでない人のほうが多く、徐々にですが内部崩壊をしているとも言われています!

一般的には、社会主義を資本主義と比べて劣った考え方だとすることも多いですが、どちらも矛盾&問題を抱えているという面では同じ穴のムジナとも言える面があると個人的には考えます。

要は個人的見解ですが、今後AI等がさらに発展していき、ロボットが労働を賄うようになると、人間は人生を楽しむ生き方ができるようになると言われていますので、これらの問題も自然に解決すると考えられます!

個人的見解でこの北朝鮮のミサイル発射に関する問題を考えると、これまで書いたことを考えても、内部崩壊も徐々にしており、このまま北朝鮮が国際社会で生き残ることは考えにくいので、時間の問題で解決するだろうということです。

資本主義がテクノロジーの発達、さらにはコンピューターの発達などで労働を人間に任せる必要がなくなれば、自然に人間は幸せに暮らせるシステムが出来上がります!

富の差もなくなっていくでしょうし、なによりも、労働で苦しむという人はいなくなることを考えれば、人は人をさらに大事にし、動物や植物、地球上のすべてを大事にし、ともに共生するため、どのようなものを創造していけば良いかを考え実行できる余裕が生まれます。

そうなれば、ますます世界は地球にも人間にも優しい社会を作り出していくでしょう!

その過度期が現在だと考えれば、人間の人生と同じで、良くなる前兆に一気に運気が落ちるという状況が起こることを考えると、まさに発展する直前前兆という受け取り方も出来ます!

戦争をしていた時代、世界では男性性というエネルギーが強かった時代でもありました。

当時戦争をはじめたのはまさに男性の意識でしたが、子供を持つ女性たちは、乳が出ない場合、民族を越えて分け合い子供を育てたと何かの本で読んだことがあります。

今後女性性エネルギーがますます強くなると言われていますので、これまでと違う、人のため、世界のためになるさまざまな考え方や生き方があってもいいと人間が柔軟に考えるようになることで、さまざまな問題とされることは、自然に解決していくのではないかと個人的には楽観視していますが、あなたはどう思いますか?

危機感を持つ=苦しむのが美徳という世界観があったけれど、個人的には、もういいんじゃないですか?

と問いかけたい!

善悪というシステムを飛び出して、本当の意味での気楽さ、楽しさ、面白さを人が追求して生きる時代がやってきている、そんな時代を迎えようとしてる2018年現在、血縁にこだわるのではなく、それを越えてすべての人、地球に住むすべての生き物を家族と考え、大事にし、共生して生きるという新しいシステムが、AIやロボットの発達によって可能な時代となっているのです。

この変化は古臭い体制、システムなどを脱出する良い機会だと考えますが、あなたはどう思いますか?

アインシュタインもこう発言しています!

「いかなる問題も、それを作り出した同じ意識によって解決することは出来ません」

ということは、これまでの問題を作り出した意識では、これらの問題を解決することは出来ませんから、新しいシステムの導入が必要という話になります!

個人的に、北朝鮮がいつミサイル発射をするのかと考える以前に、これ、もしかしたら支配層などが仕組んだ茶番じゃないと考えることも大事なポイントになると思います。

何故なら、こうすることで日本の国民の意識をも縛っておけるからです!

何度も日本に国力と見合わないミサイル発射を行ってきた北朝鮮の様子を見ながら、何茶番やってんのと思ったのはきっとわたしだけではないと思いますが、あなたはどう考えますか?

さらに、具体的な解決策をと考えた場合、暗殺された金正男氏の息子が生きています!

海外で育っていて広い見識もあり、まだ若いのに、キムハンソル氏は2012年に行われたフィンランドのテレビ局の取材に対して、次のような発言をしています!

「北朝鮮に戻り、国を良くしたいといつも夢見ています。北朝鮮の人々の生活を楽にしたり、北朝鮮と韓国の統一を望んでいます」

この年代の若者たちには、もう上の世代が持つ自分たちだけが豊かなら良いという考え方がないと言われています。

時代はものすごいスピードで変化していますから、金正恩は亡命させ、彼をトップに置き(年齢など、2018年現在関係ないと思います)、現在4つの国が一緒になって保護していると言われていますから、深い愛を持ち、世界を素晴らしい世界に変えていこうと考えている国の人達の力を借りながら、北朝鮮という国を立て直し、南北を1つにしていければいいのではないだろうかと個人的には考えます!

まとめとしては、世の中が良くなるために、起こっていると考え、楽観視することが重要なのかなと考えますが、あ・な・た・は・どう考える?

今回は、北朝鮮の最新ミサイル情報、いつ発射するのか、落下地点はという情報をまとめてシェアしていきました!

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。