又吉直樹の学歴は?彼女はいるのか?

又吉直樹の学歴は?彼女はいるのか?

ブログライターkomichiです。自由な時間と場所で収入を得られるブログライターがどんな仕事か知りたい方はこちらをご覧ください。

今日のテーマは、「又吉直樹の学歴は?彼女はいるのか?」です。

お笑い芸人なのに、なんと!芥川賞を受賞した又吉直樹、和田アキ子が、彼が受賞した作品「火花」について、「何も感じなかった」と発言しているようですが、とにかく多才な方だなといった印象をもちます。

芥川賞を受賞した又吉直樹

又吉直樹の学歴は?大学はどこ?

名前の苗字を、思わず「またきち」と読んでしまい、プロフィールで確認すると、「またよし」となっていたので、ちょっと恥ずかしかったのですが、またきちのほうがインパクトがあると思うのは、個人的な見解です。




まずは、見事!芥川賞を取った、彼の学歴などについて見ていきましょう!

文学界で通用するほど文章力がある又吉直樹、彼は大阪出身なのですが、今回、芥川賞を受賞したのは、お笑い芸人の中でも初めてだということですから、まさに快挙といる結果を出しています。

そんな又吉直樹の学歴は、意外なことに、高卒なのです!

今回の快挙で、勝手に「どこかとてもすごい大学を卒業しているんだろうな」と、これまた名前の読み方と同じように、勝手に推測していたのですが、記事をまとめるために情報を調べてみましたが、大阪府にある、サッカーの強豪校でもある「北陽高校」を卒業後は、お笑いの道へ進んでいるため、実は推薦で大学に行けるはずだったのですが、その道を蹴ってまで、現在のお笑い芸人の道へ進んだ変わり種でもあります。

又吉直樹は高卒でサッカー少年だった

なんでも、推薦を断った理由が、「実家の家業を継ぐ」だったようですが、これは実は建前だったようです!

そう、真実は、又吉直樹が、学歴よりもお笑いの道を選んだというのものです。

学生時代から、本を読むのが大好きだった彼は、国語の成績は、3年のときの担任の先生が話すには、中位だったそうですから、こちらも、特別すぐれていたというわけではないようですが、一度頑張ったことがあり、国語の実力テストで、知能偏差値が75で、全国トップとなった経験をもっています。

学歴は高卒でも、この辺り、当時から国語の才能は、又吉直樹の内側にどうやら眠っていたようです。

サッカー部に所属していて、子供の頃から体を動かすことにも長けていたようですが、これは表現者としての感性をとても高めてくれるので、個人的に運動神経の良さと、表現能力の高さ、そして大の読書好きという3つの要素がうまく絡まったことが、今回の、又吉直樹の芥川賞受賞に繋がったのではないかと、勝手に考えています。

運動神経のいい方は、意外と感性が高いと思うのです。

そして、それが表現力の高さに繋がっていて、さらに、これまで2000冊は読んできたというほど本が大好きだという又吉直樹のこの日々の鍛錬が、さらに小説を書くときの力となっていると考えると、なんとなく合点がいくのですが、あなたはどう感じますか?

最終学歴は、なんと高卒だった又吉直樹、ですが、大学推薦されるほどの学力はあったようですから、その先は本人のなんらかの努力や学びの継続で、意外とこちらの文学界への道は、自ら切り開いていけたのではないでしょうか。

日本で人気のある作家の、「山田詠美さん」は、中学生のときには、すでに作家になることを決意していて、そのためには学問が必要ないと悟り、勉強するのをやめたという話をされていましたが、作家というのは、また違った才能が必要となりますから、さまざまな経験をしていったほうが、作品に華が出ると、個人的には思います。

この、山田詠美さんは、大学を中退されています。

又吉直樹は、学生時代から、本の虫として周囲からも知られていて、サッカー部に所属していた頃、試合の遠征などでバスに乗っている間も、ひたすら読書に励んでいたそうです。

サッカーでは、インターハイに出場した経験を持っているようですから、学歴は高卒でも、人生のスペックは高い人物のようですね。

運動神経も良く、イケメン、さらには、お笑い芸人として成功していて、さらに文学界でも快挙を成し遂げる!

才能豊かな又吉直樹ですが、大学には進学せず、学歴は高卒止まりでお笑い芸人の道を目指したのは、今回の芥川賞受賞などの展開を、考えていたからなのでしょうか?

そこまで考えていたとは思えませんが、なんにしても、素晴らしい才能を持っていたことに変わりはありません。

大阪府出身の又吉直樹は、お笑い芸人の道を目指して、1999年に、東京NSC5期生として入学をしています。

では何故、わざわざ大坂出身の又吉直樹が、東京のNSCを選んだのか?

実は、高校時代に所属していたサッカー部の顧問の先生が、吉本興業に顔が利く人物だったからです!

学歴を高校で終えないよう、大学へ推薦してくれた先生に、お笑い芸人の道へ入ったということが知れるのが、当時はまだ若者ですから、怖かったからというのが理由なんだとか!

せっかく推薦をいただけたのに、学歴を伸ばすのではなく、高校で終えてお笑い芸人の道を選んだということは、それだけ又吉直樹にとっては、この世界が夢でもあったということなのでしょう。

芥川賞を受賞したお笑い芸人という肩書もついた又吉直樹、多くの人が、きっとすごい大学を出ているんじゃないかと、誤解しがちな学歴は、高卒止まりだったということでした!

又吉直樹の彼女

そもそも、この又吉直樹は現在いくつになったのでしょうか?

1980年6月2日生まれ、2015年現在35歳、意外と年齢がいっていたので驚きましたが、では、又吉直樹には彼女はいるのか?

現在、ジューシーズの小玉智裕さん、そしてパンサーの向井慧さんと3人で同居しているといわれているのは有名な話で、一部でゲイ疑惑が持ち上がったのですが、これを、「それは絶対にありません」と、又吉直樹は笑顔で否定しています。

なんでもファンの女性の間からは、「又吉直樹はかっこいい」という言葉が飛び出しているようです!

ならば、私生活でもモテるので、彼女は途切れたことがないのでは?と思いながら、情報を丁寧に調べてみると、これが意外なことに、現在は彼女がいないという事実が浮き彫りになってしまいました!

しかも、なにやら彼女というか、女性に対してトラウマがあるんだとか?

又吉直樹が抱える心の闇?トラウマとは一体どんな話なのでしょうか?実は、学生時代の事になりますが、中学生の同級生から、「お前に似ている」と言われて渡されたのが芥川龍之介の本だったというエピソードがあるほど、どこか屈折した性格をしていたそうです。

それでも、好きな彼女が出来て、二人でマクドナルドに入ってお喋りをする機会に恵まれたそうです。

そして、精一杯の勇気を出して、彼女に告白をしようと思っていたら・・・なんと!その彼女に、「今日私と会ったことは、誰にも言わないで」と、さりげなく言われたそうです。

これは撃沈しますね!

このとき、「自分と会うことは、恥ずかしいことなんだ」と強く感じしまい、当時は相当落ち込んだようです。

彼女候補として、自分が真剣に好きになった相手に、こんな言葉を告げられると、落ち込むだけではなく、相当傷つたのではないでしょうか?

その後、彼女を作ることに対しては、かなり奥手になってしまったようです。

こんなエピソードがある又吉直樹、では、以前彼女がいたことはあったのか?実は、彼の彼女ではという噂で、よく名前が上がる人物がいるようです。

和製ビヨンセとして知られる、同じお笑い芸人の「渡辺直美さん」が、彼女ではないかという話が飛び交っているようですが、これには理由があるようです。

又吉直樹と渡辺直美

学歴が意外だった又吉直樹の彼女ではと言われる渡辺直美は、よく番組などで、「超イケメン」だとか「尊敬して敬っている」という話をしたり、彼女のTwitterなどに、又吉直樹と二人で仲良く並んだ写真などが投稿されてているので、彼女なんじゃないのと、思われているとかいないとか。

しかも、彼女については、又吉直樹が「7年はいない」と話しているようですから、現在の芥川賞受賞に繋がるような、日々の学びや読書、そして芸人としての仕事などで、忙しく過ごしているため、彼女を作る暇もないのではないかと推測されます。

よしもとオシャレ芸人ランキングでは、なんと1位と2位をとったことがあるほど、服装がオシャレであるともいわれている、頭のキレる、文学賞まで取った、話題の芸人でもあるのに、プライベートでは彼女はいないということですから、結婚もまだまだ先になるようです。

女性に対しては、又吉直樹は次のような考え方を持っているようです。

「女性が自分を好きになることはなく、女性とは自分から好きになるもの」

意外と硬派な考え方を持っていると感じられますが、女性から好きになってもらうのは、抵抗があるのでしょうか?それとも、男の責任として、自分がリードすべきだからこそ、自分から好きになって告白して、彼女になってもらうのが筋と考えているのかは分かりませんが、なかなか男気のある今どき男性だなと、感心してしまいました。

現在、2013年から、2年間という約束で男3人暮らしをしているのですが、お互いに「好きな人ができたら連れてきていい」という話で合意しているようですが、又吉直樹は未だに一度も彼女を連れてきたことはないようです。

過去には、真剣に交際した彼女もいて、先程書いた彼の発言通り、自分からナンパして付き合うことが出来た女性もいたようですが、どうやら、芥川賞を取るほどですから、執筆活動にも忙しいようで、なかなか彼女は出来ないようです。

一見草食系に見えることや、これらの過去の恋愛のエピソードなどから、又吉直樹=ロールキャベツ男子と言われているようですが、それってどんなタイプの男性なのか?

ロールキャベツ男子の大きな特徴は、「ほど良い」というものです。

外見&中身がという意味ですが、この特徴を持っているので、どんな環境にも馴染み、目立ちすぎることはなく、「いい人」という雰囲気を持っている男子のことを、このように呼ぶそうです。

恋愛に関しては、又吉直樹の過去の恋愛話と絡めて、「自分の自然な感情に任せて行動する」というタイプであるといわれています。

ロールキャベツ男子は、ロールキャベツと同じで、内側にお肉を秘めています。

ですから肉食の部分もあるのですが、それをほどよくキャベツで包み込んでいるので、付き合いやすいタイプだという評価をされやすい人物であるというのも、特徴のひとつとなっているようです。

意外と女性から評判がいいといわれていますから、このタイプであるのなら、彼女が途切れないような印象がありますが、どうやら、仕事が忙しくて、あっという間に日々が過ぎていっているようですね。

以前、本田翼という女優から、番組の企画などで逆告白されたことがあるようですが、なんと!断っているようです。

彼女がいないといいつつ、こうやって告白されているのに、断ったということは、先程も書いたように、やはり女性は自分から好きにならないと嫌なのでしょう。

己の意志を貫く姿勢は、立派だと思いますが、彼女からの食事の誘いも断ったということです。

現在23歳の、まだ若い女性ですから、35歳の、読書好きの男性である又吉直樹にとっては、ちょっと相手としては若すぎたのかもしれませんね。

どうやら、同じく読書好きの女性が好みであるといわれていますから、この辺りも、彼女候補として物足りなかったのかなと思われます。

芥川賞受賞「火花」の印税と吉本

見事、お笑い芸人初の、芥川賞受賞者となり、受賞会見は通常15分ほどで終了するのですが、彼は2時間も行ったといわれています。

受賞作の「火花」については、次のようなエピソードもありますので、印税などの話を見て行く前に、こちらの情報からシェアしていきましょう。

最終学歴が、実は高卒だったという驚きの文学賞受賞者である又吉直樹の、芥川賞受賞作品が掲載されている、文藝春秋から出版されている「文學界」という文芸誌が、82年前の創刊以来初めて、増刷されたようです!

火花と文學界

これまで、一度もそんなことが起こっていないのに、この又吉直樹が書き下ろした小説「火花」が掲載された2月号は、7000部を増刷したのです!

ネットを中心に売れてしまったようですが、通常の読者層ではない、10~20代の若者が、どうやら又吉直樹の作品を読みたいがために購入したようです。

作品を書き上げた又吉直樹は、「普段読まない方にも漫才だと思って読んでいただけるとうれしい」とコメントしているのです。

「火花」のあらすじですが、「才能ある先輩芸人と過ごした、主人公の濃密な青春の日々を描いた作品」となっています。

これ、10~20代がこぞって読んだということですから、映画化される可能性がありますね。

そうなると、さらに印税だけではなく、又吉直樹には別の面から収入源が発生しますから、今年から来年にかけては、笑いが止まらなくなるのでは?

では、学歴は高くないけれど、芥川賞を受賞した又吉直樹の「火花」の印税を見る前に、発行部数について理解していきましょう。

2月に文學界が増刷され、火花は3月に単行本となり、累計発行部数は35万部、週間書籍ランキングでは、3週連続の1位、その後も順調に売上を伸ばしていき、第153回芥川賞を受賞する前は64万部まで伸びていて、受賞が決まってから、40万部増刷されることが決まり、本が売れない時代だといわれている現代社会で、奇跡を次々と起こしてしまいました!

結局、7月20日の時点で、104万部発行されています。

その後どんどん伸びていき、7月21日にはさらに増刷が決定し、124万部発行されているようです!

初小説、なのに、こんなにもトントン拍子に物事が展開していく、この流れにうまく乗れた又吉直樹、すごいですね!

小説は、現代では10万部売れたらヒットといわれていますから、100万部という数字が、いかにすごいかがお分かりいただけるかと思います。

彼女はいないけど、小説は書けて、さらには賞までとってしまいましたが、100万部で印税を計算してみたいと思います。

又吉直樹と出版社で、どのような契約をされているのかが分かりませんので、最低ラインの数字で、計算をしてみます。

印税が10%として、「本体価格×10%(0.01)×発行部数×印税収入」。

又吉直樹の「火花」は、税抜きで1200円です。

1200×10%×1000000=120000000!

「1億2000万円」という計算になりますが、これは現段階で発行されている部数ですから、今後さらに伸びていくとしたら、まだまだ印税の額も伸びていくという計算になります。

今年出版されたばかりですから、まだまだ部数も伸びていきます。

ちなみに、100万部はミリオンセラーと呼ばれています。

吉本で活躍を続けてきた彼は、今回芥川賞を受賞しましたが、今後も芸人としてライブを続けていきたいと意気込みを語っていました。

先輩芸人に対しても、リスペクトする気持ちをきちんと持っていて、実は芸人として売れる要素を、ひとつも持っていないと指摘されたこともあったそうです。

なんでも、若手芸人として売れるためには、清潔感があり、明るく、分かりやすいタイプでないとダメだと言われたのです。

そのすべてを持っていないことに気づき、そこを強みにして、ここまで生き残ってきたようです。

ということは、芸人として世の中に出るための、大事な要素というのは一般論であり、そこに当てはまらなくても、売れていける時代になっているとも受け取れますから、今後は、さまざまなタイプの芸人が、出てくるのではないかと予測できますね!

長い間、人間のクズのような扱いを受けてきた経験があるため、今回、学歴は高くないけれど、芥川賞を受賞することが出来て、普通ならもっと喜んでいいのでしょうが、「みんなの注目が長続きしないことを知っているから、うかれない」と話していました。

10代20代の若者から人気があるこの作品を手に持ち、彼の後を追って、サインをしてもらうファンの姿が、情熱大陸という番組の中で見られましたが、先ほどの言葉通り、又吉直樹は、この状況を、淡々と流していくように、歩いていきました。

現在の相方とコンビを組んだのが23歳のときで、12年間続いていますが、テレビに出演する機会が増えたけれど、ライブもきちんと行い、新しいネタを披露する企画舞台も自ら提案して続けるなど、この状況の変化に、流されることなく、淡々と事実を受け止めながら、足元を見ながら、前を向いて歩いている姿を見ると、これまで、どんな経験をしてきたのか、かいま見えるような気持ちになりました。

又吉直樹が書いた処女小説は、原稿用紙にすると230枚にもなり、ネット上でその作品の評判は、かなりいいといわれています。

文芸関係者によると、この作品は、「芸術性、娯楽性ともにあるため、直木賞、芥川賞に向いている作風」であるようです。

受賞をした瞬間から、マネージャーの携帯電話は鳴り止まず、仕事オファーが続々と舞い込み、芸人としての仕事だけではなく、出版社からも、数多くの執筆依頼がきているのではないかと思われますが、又吉直樹にとって、そんな急激な変化も、人生の中の通過点にしか過ぎないようです。

ちやほやされ、売れなくなったら見てもらえない、そんな光と闇を見るような、芸人の世界で生きているからこその、自分を守る知恵でもあるのが、この淡々とした態度でもあるのではと思われます。

見事処女小説で、尊敬する芥川龍之介すら受賞できなかったといわれる「芥川賞」を受賞した驚き!本人にとっては、まさか!という気持ちと、チャレンジした結果がここに繋がっていることの喜びは、内側で淡々とした感覚として捉えながら、羽目を外すような気持ちにはなれないようです。

そして、今回芥川賞を受賞し、小説の発行部数も桁違いに伸びた又吉直樹の印税の半分は、なんと吉本を経由して入るため、半分ほどしか受け取れないという事実も分かっていて、世間では、それはどうなんだといったツッコミがされているようです。

今回、執筆依頼をしたのは出版社側で、しかも吉本を通して又吉直樹に執筆を依頼した事実はなく、忙しい仕事の合間をぬって、本人が自力で今回の賞を含めた快挙を成し遂げたということですから、単に所属している事務所だからという理由だけで、半分もの印税を、吉本が受け取るのはどうなんだろうという意見が殺到しているといわれているようです。

実は島田洋七が「佐賀のがばいばあちゃん」を執筆してベストセラーになったときも、吉本が印税の配分を求めてトラブルとなった過去があります。

このときの印税などは20億円にもなったといわれていて、この配分を断ったことで、島田洋七は吉本との契約を解除されたという事実もあり、今回、自力で小説を執筆して快挙をとげた、又吉直樹に対する吉本の対応に、多くの人たちから疑問符がついているといわれています。

今後この話がどうなっていくのかは分かりませんが、それにしても、半分の印税を持っていくのは、取り過ぎではないかというツッコミ、妥当なところだと感じますが、あなたはどうですか?

芥川賞を受賞後、さらにすごい話が、又吉直樹の元へやってきたことが分かったので、その情報もシェアしておきましょう!

2015年9月2日から、日本で配信を開始するネットフリックスが、「火花」をキラーコンテンツにして、ネット配信をすること決定したようです!

そして、図書館での「火花」の図書館での貸出は、場所によってはなんと!2000人待ちのところのあったというのですから、驚きですね!

芥川賞を受賞した後、コーヒーのCMなどにも出演して、このコーヒーには、なんとエッセイ付きまで出てくるという面白い現象も引き起こしていて、又吉直樹がコーヒーとの深い関係を綴ったエッセイになっているようです。

芸人初の芥川賞ですから、影響力はすさまじいものがあるようです。

その後からも、「火花」の発行部数は伸びていて、2015年8月31日の時点で、239万部に達したとニュースが流れました!

しかも、かなり幅広い層の人たちに読まれているようで、関係者も驚いていて、マンガや雑誌などを普段は買うという層が、又吉直樹の本を手にしていることも分かっており、若い世代に広がっているのも特徴だといわれているようです。

文藝編集者の話によると、まさに異次元の売れ行きとなっていて、他の小説の売上にも波及効果があることも分かっていて、又吉直樹は、他の作家の売上にも貢献しているようです!

この結果を見て、すごく難しい大学へ進学している人なんだろうなと、記事をまとめるまでは勝手に思い込んでいましたが、学歴は高卒、芸人として苦労もしてきていて、彼女は7年もいない又吉直樹の、今後の活躍を楽しみにしている方も、沢山いらっしゃるかと思います。

この記事では、見事快挙を成し遂げた、彼女いない歴が長く、学歴も高くなかったことが判明した、又吉直樹について情報をまとめていきました!

無料メルマガ「在宅ブログライターで月収30万円稼ぐ方法」
by ブログライターkomichi
自由な働き方
収入と時間と人間関係の悩みから解放されて、趣味や旅行など自由にできる学生時代のサークルのようなコミュニティーを一緒に作りませんか?好きな場所、好きな時間にブログを書くだけでOL時代以上の収入と自由を手に入れる私komichiが人生を変えた「在宅ブログライター」という職業について無料で3つの動画をお届けしております。在宅ブログライターについての詳細はこちらよりご覧いただけます(推薦文あり)。




*興味がなければいつでも1クリックで配信解除できますのでお気軽にご覧いただけたら幸いです。



<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です