吉祥寺のハンモックカフェがいま人気?

吉祥寺のハンモックカフェがいま人気?

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「吉祥寺のハンモックカフェがいま人気?」です。

なんでも東京の吉祥寺や大阪にハンモックカフェが出来たそうです!

一体どんな作りになっているのか、情報をまとめていきます。

吉祥寺のハンモックカフェがいま人気?

吉祥寺のハンモックカフェが人気!

東京の吉祥寺といえば、住みたい街として長年ランキング上位にいる場所ですが、あなたは行ったことがありますか?

個人的に出かけていったことはありませんが、テレビなどでよく取り上げられるので、街をメディアを通して見たことは何度もあります!

おしゃれな街として有名ですし、なんでも住みやすさでもダントツ人気だと言われています。

そんな吉祥寺に、ハンモックカフェが出来たそうですが、一体どんな作りになっているのでしょうか?

まずご紹介する東京のお店は、mahika mano(マヒカマノ)で、ここはハンモックのショールームも兼ねていて、普通の一般的なカフェでは、テーブルと椅子が置いていあるのですが、東京に出来たこのハンモックカフェは、テーブルがあって椅子がハンモックになっているという作りになっていて、のんびりと揺られながら、様々な食事や飲み物などを楽しみながら時間を過ごすことが出来るカフェとして、新しい発想で登場したお店です。

吉祥寺の人気ハンモックカフェ、mahika mano(マヒカマノ)

そして、一般的にはあまり知られていませんが、ハンモックにも種類があり、様々な形のものがありますので、東京に登場したこのカフェに出かけたら、好きなタイプのハンモックに座ることが出来るようです!

ハンモックといえば、あなたはどんなイメージを持っていますか?

個人的には、南国の海辺の木の木陰にかかっていて、お昼寝する前に本を読みながらのんびりとくつろいでいると、そのうち眠くなって寝てしまう・・・というイメージがありますが、あまりにもオーソドックスな想像ですね(笑)。

なんでもこのハンモックカフェのオーナーの話によると、多くの人にハンモックの心地よさを知ってもらいたいという思いがあり、購入するときの参考になるようにとの気持ちを込めて、実際に家でハンモックを使ったときのイメージをし易い工夫をするために、このような形のカフェを東京の吉祥寺に作ったようです!

そもそも、ハンモックカフェで扱っているこのハンモック、一体どんな歴史を持っていて、現在まで使われているのか?

元々東京の吉祥寺に展示されているハンモックは、中南米のインディオに起源があります。

今から1000年以上前から、グアテマラやメキシコ先住民が寝具として使っていたのが始まりで、この民族は、ハンモックを「神の秤」と呼び、一番最初に作られていた頃は、ハマックの樹皮から作られていたのです。

もっと古くたどると、あの有名なマヤ文明を作った民族達が使っていたといわれています。

ハンモックという言葉で呼ばれる前はマヤンと言われていて、これは「包まれる、包み込まれる」という意味があるのです。

御存知の通り、中南米は高温多湿な気温ですから、快適に寝ることが出来るようにとの知恵や、寝ている間に害虫や動物に襲われる危険から身を守るために、このハンモックが生み出されたと言われています。

先住民が使っていたハンモックが、現代でも使われるようになったきっかけは一体どんなものがあるのか?

実は、コロンブスが最初にこの寝具と出会ったといわれています。

御存知の通りコロンブスはアメリカ大陸の発見をした人物として現在でも有名ですが、彼がこの地へ上陸してバハナスという場所で、ハンモックと出会ったといいます。

コロンブスの書き残した記録によると、上陸して5日後の1492年10月17日に書き記した文章に次のようなものがあります。

「人間が木の間のネットで寝ている」

その様子にひどく驚いたコロンブスは、そのように書き残しているのです!

その後、ヨーロッパにハンモックを持ち帰ったことから、現在のように世界中にこの寝具が広まったといわれています。

まさかハンモックの広がりに、コロンブスが関係しているなんて、驚きですが、彼が見つけたからこそ、世界中の人が目にすることが出来るようになったのです!

なんでも船の上でこのハンモックを使ってみたコロンブスは、海の上で波の揺れと反作用するため、あまり揺れることがなく眠ることが出来たようで、非常に気に入ったため、その後の航海ではいつもこの上で眠っていたと言われています。

マヤン(haman)という語源が、英語化されてhammokに変わったと言われていまが、説はもうひとつあって、ハマック(hamak)の樹皮から作られていたので、hammokに変わったという話もあるようです。

メキシコでは、赤ちゃんのゆりかごとしても使われていて、子宮の中で浮かんでいる状態を生まれてからも経験出来るため、非常にリラックス出来るといわれています。

マヤ族は、ハンモックで生まれて育ち、一生を終えるといわれるほど日常に深く根ざした生活スタイルでもあるようです!

東京の吉祥寺に登場したハンモックカフェで使われているこの寝具は、一般的にはアウトドアで使うという認識が普通ですが、実は家の中でも普通に使っている方もいて、使い方は多様性があるようです!

現在では様々なタイプのものが登場していますが、どんな種類があるのか見ていきましょう!

● ベビーハンモック・・・赤ちゃん用に作られるもので、ヨーロッパやオーストラリアでよく使われているようです。

ベビーハンモック

わざわざ赤ちゃん用に作ったりせず、中南米では大人用のものを使用しているようですが、東南アジアでもよく赤ちゃんをハンモックに寝かせているようです。

ベビーベットは場所をとりますが、ハンモックなら使わないときは片付けて場所を広く使えたりもしますから、数年で使用期間が終わるベビーベットよりも、ハンモックのほうが便利かもしれませんね!

● アジアンハンモック・・・ネットタイプで、ベットの部分が少しだけ小さめに作られていて、タイ、ベトナム、カンボジアなどで使われています。

アジアンハンモック

● メキシカンハンモック(マヤハンモック)・・・伝統的な編み方でメキシコのマヤ人が作るもので、網目の詰まったしっかりとした作りが良質のものとなります。

メキシカンハンモック

独特の寝心地で、ネットタイプになります。

● コロンビアハンモック・・・布タイプのもので、南米コロンビアのものです!

コロンビアンハンモック

複数の太さの布を使って作られていて、輪の部分がより開く作りになっています!

伝統工法で作られるものは、非常に寝心地がいいと評判です。

● アメリカンハンモック・・・横に棒が入ったタイプのもので、漁網メーカーが発展させたものが多く、糸ではなくて、太いロープを使って、ざっくりと大きな網目で作られているのが特徴です!

アメリカンハンモック

ネックは肌に食い込むと痛い、横の棒が揺れるため不安定になりがちであることです。

● パラシュートハンモック・・・これはパラシュートの生地で作られているもので、とても軽くて、コンパクトにたためるため持ち運びに便利なので、旅などに持っていくのも便利です。

パラシュートハンモック

これらが一般に流通しているハンモックの種類となります!

様々なタイプのものがあって、用途によって使い分けが出来るようですが、使う方の体型や身長などを考慮して、快適に使えるようなものを選ぶといいようです!

意外と知られていないと思いますので、東京や後で大坂などのハンモックカフェなどもご紹介しますが、こちらで座ってみる時の参考していただければと思い、乗り方についての情報をシェアしていきたいと思います。

まずはやってはいけないことをご紹介します!

● 足から乗らない
● ハンモックの上に乗らない

このような乗り方は、壊してしまったり、バランスを崩して転倒してしまう危険があるため、絶対にやらないでください。

メキシカンタイプの、細い糸で作られたハンモックは、特に切れやすくなりますので、これらの行為を避けるようにしましょう。

おしりからゆっくりと乗る、座るという感じでハンモックに乗っていくようにします。

ポイントとしては、ハンモックに座る前にまずは広げていき、おしりを中央に置いて、広げながらゆっくりと体を入れていきます。

ハンモックの乗り方

東京や大坂に出来ているハンモックカフェに入ったら、このような点に注意してゆっくりとハンモックに横たわったり座るようにしてください!

他には、縦に寝転んだりはしないようにしましょう!

本場のメキシコやブラジルでは、このような乗り方はしません。

ハンモックに対して斜めか、十字に寝転ぶようにするのが一般的な使用方法となります。

寝るときには、枕の代わりにバスタオルを丸めたものを使うとバランスが良いと言われています。

もし、枕やクッションを使おうと考えている方は、出来るだけ薄めのもののほうが使用感が楽ですから、厚めのものは避けたほうが無難です!

ハンモックに人間が寝転ぶと、少し圧迫されて包み込まれるような感覚がするのですが、これは子宮の中にいるときに似ているので、赤ちゃんはこのような状態で寝かせると、安心して眠るといわれています。

包まれることで体重が分散するため、大人も心地よく眠れるといわれています。

スイスのジュネーブ大学のソフィー・シュワルツ教授を筆頭にした神経学者が発表した話によると、ハンモックで寝ると、この揺れが寝付きを早めて、睡眠の質も高めることが分かったようです!

普段からよく眠ることが出来るという男性12人を対象に行った研究で分かったことは、次のようなものでした。

● 揺られながら眠ったときのほうが早く寝付けた
● 実験から30分後に、ゆっくりとした脳波が増えた
● まだ浅い眠りなのに完全に眠りに落ちた、第二段階にいる時間がかなり大幅に増えていた
● 揺れによって睡眠のパターンが変化したことで、寝た後の記憶の定着にも効果があった

ハンモックに揺られて、心地良い揺れを感じることで、脳に受けた傷の自己修復を促す可能性もあることが分かったようで、不眠症の人などにも、効果的ではないかという推測もされています。

東京と大坂にあるハンモックカフェのまとめ

大阪にあるお店をご紹介する前に、まずは東京の吉祥寺にある、マヒカマノというハンモックカフェについてもう少し詳しい情報をシェアします!

吉祥寺のハンモックカフェ、マヒカマノ

こちらのお店は、混雑時には1人1時間~2時間の使用制限をしていて、予約などは出来ません。

そして子供は連れて入れませんので、大人専用となっています!

今人気の吉祥寺のハンモックカフェ

食事などは野菜を中心とした、いわゆる体に優しい食材を使った料理やスイーツ、そして焙煎からこだわったコーヒーやハーブティーなどが楽しめて、こころと体が心地良くなれる空間を演出しています!

12時~14時までは、ランチタイムとなっていて、1100円でサラダや副菜、日替わりのスープとドリンク付きとなっています。

おからのヘルシータコライスなど、体に良さそうなフードメニューが並んでいますので、食事に気を配っている方にとっては嬉しい食事メニューとなりますね!

その他にも、東京の吉祥寺に出来たハンモックカフェのドリンクメニューはこだわりがあり、オリジナルドリンクなども充実しています。

フルーツジュースなどはすべて果汁100%となっていますので、添加物が気になる方も安心です!

バナナチーズケーキや、くるみとチョコチップのケーキなど、スイーツ系もなかなか個性的なものが揃っています!

季節ごとにスイーツ系も充実させているようですので、毎回同じというわけではないようです。

東京のハンモックカフェ、吉祥寺店の住所をご紹介しておきましょう!

住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町2-8-1サンパレス1F
営業日:月~土 12;00~22:00 ラストオーダー21:00
    日曜日 12:00~20:00 ラストオーダー19:00

ACCESS

ミニライブやイベントなども行っているようです、店の入り口にハンモックがかかっているのが目印となっていて、吉祥寺駅から徒歩5分弱ほどのところにあります。

↓こちらの地図を参考にされて下さい

東京にあるハンモックカフェは他にも何軒かありますので、ご紹介しておきましょう!

● 東京下北沢・・・シーシャカフェNORTH VILLAGE下北沢店

住所:東京都世田谷区北沢2-18-5北沢ビル2F  電話:(03)3411-3955

なんでもこちらは、ハンモックカフェだったのを、水タバコが飲めるカフェに変身させた、風変わりなお店になっています。

場所もおしゃれな下北沢ですから、気分を変えて楽しみたいと考えている方は出かけてみてはいかがでしょうか?

http://www.shisha-shibuya.com/

● 東京御徒町・・・Cafe Asan(カフェアサン)

住所:東京都台東区上野5-9-9 2K544の中  電話:(03)6803-0502
営業時間:11:00~19:00(定休日 水曜日)

こちらは、御徒町&上野のガード下に出来た、2K540と名付けられた雑貨通りに作られたハンモックカフェです!

ここの名物はスフレホットケーキで、サイズはSからレギュラーサイズ、こちらの名物をオーダー出来るのは14:00からとなっています!

しかも、Sサイズなら20分、レギュラーサイズは30分以上かかるので、時間に余裕があるときに出かけてみてください。

● 東京吉祥寺・・・麻よしやす

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-7-13レディーバードビル3F  電話:(0422)27-2841

木目調で店内を統一しているので、落ち着きがあるといわれ、こちらのハンモックカフェのほうがゆったりと出来るという方もいるようです!

営業時間や定休日などはサイトでご確認ください。

http://r.goope.jp/asa44/

● 東京渋谷・・・Cafe manduka(カフェ マンドゥーカ)

住所:東京都渋谷区神南1-22-11ルミネマン渋谷1F  電話:(03)5428-4455

タワーレコード渋谷店の横にあるハンモックカフェで、音楽とアート、そしてフードをコラボレーションしたカフェとして人気となっています!

こちらもフードなどが充実していて、お洒落で美味しい食事が楽しめるので、都会の喧騒から離れてゆったりとしたいと感じる方は、出かけてみてはいかがでしょうか?

http://www.opefac.com/manduka/

それではここからは、大坂にあるハンモックカフェをご紹介しておきましょう!

大阪のハンモックキッチン

大坂といえばたこ焼きやお好み焼き、美味しい食べ物が沢山ある場所といったイメージを個人的には持っていますが、この記事を書いている2015年12月現在では、大坂にあるハンモックカフェはここだけのようです!

大坂という笑いの街でお洒落なカフェを営業している場所は一体どこでしょうか?

● 大坂高槻市・・・hammock kichen(ハンモックキッチン)

住所:大阪府高槻市川西町1-1-10  電話:090-9693-1477
営業時間は9:00~17:00のみで、定休日はありません。

オーナーが思い立って3ヶ月オープンさせたお店で、ペンキまみれになって手作りで作り上げた店内には雑貨販売をしていたり、月替りの展示コーナーもあります。

モーニングとランチがあり、モーニングは9:00~10:30、ランチは10:30~16:00

現在のところ大阪で唯一の店舗となるようですが、今後増えていくのかどうかは分かりません。

大阪にあるハンモックカフェで出されるコーヒーは、島珈琲にオリジナルを提供してもらっていて、手作りジンジャエールや、スムージーもあります!

一般的なカフェのメニューと違うものが提供されているのが、これらのハンモックカフェなどの特徴になるようです!

こちらの大阪のハンモックカフェのサイトを見ていただくと分かるのですが、かなり美味しそうな料理やスイーツが登場してきます。

しかもオーナーの気まぐれでその日によってどんなものが出るか分からないものもあるようです、大阪といえば先程も書いたように美味しいというイメージが強いので、どんな料理が食べられるのか楽しみなお店ですね!

大阪唯一のお店となっていますので、西側に住んでいる方は、こちらのお店に足を運んでみてください。

http://hammockkitchen.com/

近年、日本中に風変わりなカフェが登場しているようですが、ハンモックカフェもその中のひとつになるようです!

足湯カフェやプラネタリウムカフェなど、驚くようなサービスを提供して、東京や大阪など全国に広がっているようですが、チェーン店が多い日本の中で、このような素朴でアイデアいっぱいのこじんまりとしたお店が増えるのは、個人的に嬉しい傾向だなと感じますが、あなたはどう感じますか?

東京の吉祥寺にある人気のハンモックカフェから大阪唯一のお店まで、現在出ている情報をシェアしました!

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。