女性におすすめの自己啓発本ランキング

女性におすすめの自己啓発本ランキング

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「女性におすすめの自己啓発本ランキング」です。

自己啓発本とは、人間の能力向上や成功するための手段を教えてくれる書籍のことですが、この記事では、女性におすすめの自己啓発本のランキングや、どんな内容のものがあるのかをご紹介していきながら、個人的に読書についてどんな考えを持っているのか、これからの時代は読むから聴くもありだという情報などをまとめていきます!

女性におすすめの自己啓発本ランキング2016

女性の自己啓発におすすめの本は?
ジェームズ・アレンという英国の作家が書いた書籍などが、自己啓発本のルーツとされていますが、「原因と結果の法則」が代表作になります!

アメリカの作家の、デール・カーネギーの著書「道は開ける」や、「人を動かす」、スティーブン・R・コヴィーが1996年に出版した「7つの習慣」、アメリカの作家ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」、同じくアメリカの作家、リチャード・カールソンが書いた自己啓発本「小さいことにくよくよするな」などが代表的なもので、他にも数多く、人間が能力向上していくためや、成功するために必要な手段を紹介している自己啓発本は出版されていて、2016年現在では、書店に行くと、逆に辟易するほどの数が出版されています!

あまり本を読む習慣が無い方、そして、現代では学習障害の一つ、識字障害などを持っている方もいて、本が苦手な方もいますし、必ず読書をするから、人生の中で、様々ことが改善され、道が開けるとは思えないと個人的には思いつつも、これまで数多くの自己啓発本&様々なジャンルの書籍を読みふけってきた経験を持っているので分かることは、自分一人の考えなんぞ、狭い世界でもあるという面があるということです。

特に女性は、まだまだ男性に寄り添って生きることが美徳とされる観念を、親世代から知らず知らずの内に植えこまれて育っている人も多く、選ばられるために美しくなければという価値観があったりと、ちょっと性別で言えば、男性よりも生きにくい部分を持っているため、無意識なのですが、考え方や生き方の幅が狭くなってしまっている面があることも否めないのも事実です。

そんなあなたへ、女性におすすめの自己啓発本ランキング、しかも2016年をお届けしたいと思います!

実は近年、自己啓発本はいわゆるスピリチュアル系なお話や、心理学と被っていることをご存知でしょうか?

例えばこちらをご覧いただくと分かりますが、2016年現在、女性&男性におすすめの自己啓発本ランキングの1位は、アルフレッド・アドラーの「嫌われる勇気」です!



↑ 耳で聴ける自己啓発本

これ、個人的にも持っていて、何度も読み返している本ですが、アルフレッド・アドラーは、オーストラリア出身の精神科医&心理学者&社会理論家なのです。

女性におすすめ自己啓発の本「嫌われる勇気」

嫌われる勇気というタイトルも相当インパクトがありますが、この自己啓発本が表現していることは、物事はとにかくシンプルであるということ、そして、それを困難にしているのは本人であるという、一読すると、ちょっと抵抗したくなる部分もあるけれど、読み込んでいくと、抗う気持ちも起こらなくなる、ズバリと真理を突いている言葉が並んでいる書籍でもありますし、自己啓発本オーディオブックランキング2位の、心屋さんは、2016年現在、日本で大人気の性格リフォーム心理カウンセラーの方で、アメブロの読者は10万人を超えているという、とんでもない数字をはじき出している人物などが並んでいるだけでなく、6位には、日本一のお金持ちと言われている「斎藤一人」さんを退けて、なにやら怪しげなK氏と名乗っている方の、自己啓発本「読むだけで見えない世界とつながる本」や、9位には、「幸せって意外に簡単!」というブログが大人気となっている、大木ゆきのさんという方の書いた自己啓発本「幸せなことしか起こらなくなる48の魔法」といった、スピリチュアル系の世界の方の書籍などが入っているので驚きます!

女性に人気の自己啓発本「幸せなことしか起こらなくなる48の魔法」

女性におすすめの自己啓発本としては、このようなちょっとスピリチュアル系な感覚の入ったもののほうが、読みやすいのかなとは個人的には思いますが、なぜそう思うのかというと、怪しい話ではありませんが、女性の感性はやはり、現実重視の男性寄りの思考よりももっと柔らかくて、ピュアなものがあり、生命を体内で育み、生み出す性を持っているだけに、感覚がもっともっと幅広いだけでなく、奥深い面があるからです。

嫌われる勇気は、2016年現在、書店行くと、必ずランキング上位にいるほど、ずっとこの位置をキープする人気の自己啓発本となっています、これを読むと、人のせいに出来ないので、案外スッキリ&潔く生きられるだけでなく、人の悪口、陰口を言うエネルギーを、自分を磨くエネルギーに変換できるので、個人的には読んでいて、なんだかスッキリするだけでなく、確かに人生はシンプル、それを複雑にしているのは人間が作った思考の数々なのだなと、実体験を通して理解したことを、さらにスッキリとまとめてくれている、分かりやすい自己啓発本になりますので、人間関係や人生が複雑になってしまい、いろんな糸(意図)が絡まってがんじがらめになっている方が読めば、ガラガラと、いろんな考えが崩されて、楽になれる&もしかしたら自分を変えることが怖くて投げ出してしまう、そんな本でもあります。

リンクを貼っているサイトで第4位となっているゼロワンというタイトルの自己啓発本も女性におすすめになりますが、個人的にも読んで、時代はすでにこちらの流れなんだなと、以前から理解はしていましたが、こうやって自己啓発本となって情報が分かりやすく出てくると、いろんなことが腑に落ちますが、今後の流れは、物事はシンプル、自分の思うことが現実を創造している、あなたはゼロから何を生み出すかといった、まさにあ・な・た・は・ど・う・し・た・い・で・す・か?

といった、どーんと、自分を突きつけられる自己啓発本が多くなっているのが特徴でもあると、勝手に個人的に感じています!



↑ 耳で聴ける自己啓発本

もう一度見ていただくと分かる通り、女性におすすめの自己啓発本ランキングの10位までの書籍のタイトルだけでも分かる通り、自分を変える、自分が動く、嫌われる勇気を持つ、お金とのつきあい方など、要するに、自分とどう向き合うか、自分がどうするか、そこが、成功や、人生を変えていくためのキーポイントだということを、どの自己啓発本も表現しているということになります!

個人的にも、これまで数多くの書籍と向き合い、自分の中に強烈に植え付けられてきた常識的観念や、道徳観、女はこう生きねばならない、人としてこうしなければいけないのだという、親世代から受け継いだ、いいえ、はっきりと書けば、洗脳されるように育った考え方を、木っ端微塵に叩き壊してきた経験から、小さくまとまって生きることが幸せ、この範囲で生きる&生活するのが無難だという考えの枠をどんどん外していけたため、女性におすすめの自己啓発本などは、今後男女差の薄れた日本社会の中で生きていくための、方向性を見せてくれている灯りでもあると感じられます!

そして、さんざん女性にもおすすめになる、自己啓発本を読んできた経験から、個人的に思うことは、書籍を読まないと成功しないと言い切る考えは個人的に持っていません!

何故なら、成功という定義は人それぞれだと思いますし、生き方や方法などは、現代では多様化していると考えるからです。

先ほど書いた、自分一人の考えなんぞ、狭い世界でもあるという言葉と矛盾するけれど、個人的に自分の内側では、腑に落ちて共存しています。

人間の能力は、そんなに小さくないと、様々な経験を通して理解してきましたし、例えば女性は、本来毎月生理が起こる体を持っていて、自然と密接に繋がっていると言われているくらいですから、本など読まなくても、直感力などが冴えてもいます、そんな方が、自己啓発本を読んでみたいと思った場合、その本は、実は自分の中にある情報を、分かりやすくまとめているだけで、実はその人はすでに知っているのだけれど、自己啓発本を読むことによって、その能力に気づき、開花させていけるという面があると思っているので、本を絶対に読まないと成功しないという考えは、個人的には持ちあわせておりません。

ただ、これまで多くの自己啓発本をランキング関係なしに、自分の感性で選んで読んできた経験から、今書いたように、自分の中にある情報として分かりやすく理解するために、読んできたのだろうなという気付きはありました。

人間の能力は、本を読むから開花するのではなく、元々自分の中にある能力に、さらに気づくために、自己啓発本などが存在するという考え方のほうが、個人的にはスッキリとしますし、基本は自分だと、現在ランキングで上位にいる自己啓発本などは表現しているのなら、女性におすすめの読書方法としては、自分の内側にある考えや能力を知るために、ランキング上位の自己啓発本などを読んでみるという選び方のほうが、個人的にはしっくりときますが、あなたはどう感じますか?

自己啓発本を耳から聴く

オーディオブックを聴く女性
ご存知の通り、アメリカは広い!

そして、この国の成功者と言われる方々は、勉強熱心だと言われていて、車で移動する距離が長いこの国の人たちが愛用しているのは、自己啓発本よりも、耳から聴く読書でもあるのです。

車や飛行機などで移動する間は、当然のことですが本を読むことは難しいので、自己啓発本などの内容を、CDやオーディオブックなどを使って、車を運転しながら耳から何度も何度も聴くことで、自分の中にある考えや能力を引きだすためのツールにしているのです!

個人的に心打たれた言葉に、東大の上野千鶴子教授が、タレントの遥洋子さんに向かって解き放った言葉が胸に残っているのですが、それは・・・?

「人間の能力に差はない、物知りかそうでないかの違いだけだ」というものがあり、これは、勝手に自分の中の解釈を変えると、「人間の能力に差はない、持っている力や考え方を、学ぶことによって分かりやすく引き出せているかそうでないかの違いだけだ」という意味にも捉えられると思っていますので、女性におすすめの自己啓発本などを読んだり、ランキング上位にある書籍に興味を持って学んでみるという行動は、自分自身を信じているからこそ出来るのではないかと考える事もできるのです!

正直に感じることは、様々な経験や学びをしてきた大人よりも、子供のほうが本質をズバリと突いた言葉を発することがあるように、やはり人間には元々、全ての力や能力があると考えられますから、ランキング上位の、女性におすすめの自己啓発本などを読んだり、耳から聴いたりする行動は、成長する中で記憶が薄れてしまった、自分の本質について、再度理解し直すチャンスでもあり、さらには、それを何度も刷り込み続けることで、人生をより豊かに楽しく生きられるという、ポジティブな行動にもなると個人的には思っています。

こうやって、おすすめランキングの自己啓発本のタイトルなどを見ていると感じることですが、随分と以前に比べると、柔らかい言葉で表現しているなぁと感じてしまいます。

道は開けるとか、人を動かす、などというタイトルの自己啓発本もまたシンプルで素晴らしいと感じますが、「嫌われる勇気」「一生お金に困らない生き方」「読むだけで見えない世界とつながる」「地球は行動の星だから動かないとなにも始まらないんだよ」「幸せなことしか起こらなくなる48の魔法」・・・etc

以前ランキング上位にあった、女性にもおすすめの自己啓発本よりも、より内容が具体的になっているとも感じられます。

そして、読むのではなく、オーディオブックで、自己啓発本を耳から聴くという方法が現代では日本でも広まりつつあり、これ、音楽を聴くのと変わらない状態で、より多くの情報を、再度自分に聴かせることで、そうそう、私にはこんな能力や力があるのよねと、思い出させてくれる、面白いツールになりますから、時間がない、忙しい現代人ににとっては、いちいち読むという手間を考えると、移動中に、歩きながら、運動をしながらでも自分の内側の点検が出来るという面では、便利だなと感じさせてくれますね!

オーディオブックのランキング&ダウンロードなどは、こちらのサイトなどでサービス提供していますので、便利に使ってみてください!




↑ 耳で聴ける自己啓発本です。

アメリカの成功者は、とにかく車の移動中に、これらのオーディオブックを、ひたすら車内で聴き続けて、自分の中に刷り込みを続け、そして実行することで、富や成功、自分が望む人生を手に入れているのですが、日本は、電車で移動する人も多く、仕事場や学校まで徒歩や自転車、バイクなどを使っているという方もいますから、その合間に、自分が本来知っている、持っている能力に関して思い出しつつ、実行に移すためになにをすればいいのかを理解するために、これらを使って、そうそう、こうやればいいのよね、忘れてたけど、ああやって行動すればいいんだと、人生を開花させるために、ランキングで人気の高い自己啓発本を、聴くという方法も、便利です!

よく、自己啓発本は自分を変えるために読もうという表現が目立ちますが、個人的にすでに書いたように、人間には素晴らしい能力と才能が誰にでもあると考えているので、自分を変えるためではなく、自分を発見するためという考え方で、ランキング上位になる、女性にもおすすめの自己啓発本を読むと、また違った意味合いで、内容が理解できるのではないでしょうか?

2015年7月14日から、アマゾンが日本でサービスを開始した、書籍の内容を音声で聴くというオーディオブックシェアは、全世界では書籍の10%となっていて、アメリカではなんと、1600億円規模となっているほど、人気の高い分野でもあります!

2015年時点で、女性におすすめの自己啓発本を耳で聴くという市場は、まだまだ50億円ほどの市場規模になっていますが、将来的には800~900億円まで伸びしろがあると、関係者は考えているようです!

スキマ時間を上手に活用して、自分の能力&内側にある情報を分かりやすく導き出す方法として、本を耳から聴くのは、効率よくこれらの情報を自分の中ではっきりとさせることが出来るという面から見たら、相当おもしろいとは思います。

本を読むというのは、人によって時間がかなりかかってしまう方もいますが、考え方、見方、使い方を変えて、本を聴くという方法を取り入れるだけで、自分の内側を検索するために取り込む自己啓発本などの情報が、さくさくと思い出せ、行動に効率よく活用出来るのではないかと考えられます。

そして、すでに書いたように、世界の市場は、日本より桁が違いますが、これはやはり、70~80年代に、日本人は電車で移動しているときに、ウォークマンを使っていましたが、このツールでは普及が進まなかったことなども、市場規模がこの国で伸び悩んでいた理由の一つになるようです!

2015年時点では、オーディオブックの普及は、アメリカで10万タイトルを超えているのに対して、日本では15000点ほどしか普及していないのが現状のようで、この国の人たちは、まだまだ読書という感覚が根深いようです。

元々、学問に関しては、読み書きソロバンという国ですから、長い歴史の中で、本を読むという方法のほうが、しっくりくるという方も多いかと思います。

そんな民族だからこそ、耳で聴く読書に、興味を持って、幕末の時代に、大きな変化を経験したように、新しい方法ややり方を取り入れていくというのも、女性の時代といわれる現代で、性別を超えて、人生を切り開いていくための、一つの道でもあると、個人的も思います。

耳から聴くことは、内容がしっかりと記憶に定着するので、効果的でもあると言われています。

なにかと忙しい現代時にとって、スキマ時間を上手に活用でき、ながら聴きでも十分効果があると言われているこの新しい読書方法は、意外と使える手なのではないでしょうか?

再度書き添えておきますが、あなた自身に能力があり、読書とは、本来内側にあるものを、外側に見える形で取り出して、忘れていたけど思い出す作業でもあるといえるので、効率的に思い出したほうが、楽ちんではありますね!

女性におすすめ出来る、ランキング上位にある自己啓発本などだけでなく、数多くの書籍を、個人的に散々読み漁ってきましたが、時代はどうやら、読むから耳で聴くという、より簡単な方法にも流れているようです!

しかも、聴くのなら、手も空いているので、他のことをやりながら出来ますので、いろんなことがさくさくと片付きますから、なんだか同じ時間を過ごすのでも、読むと聴くでは、効率が全く違うなと、記事をまとめながらしみじみ感じましたが、それでもあなたは、読む派ですか?

聴くにしてみますか?

選ぶのは、自由です!

女性におすすめの自己啓発本、ランキング上位にきている書籍の中には、いわゆるスピリチュアル系な人たちも入っていますが、結局は考え方、理解の仕方、実行する方法のことを書いているわけですから、自分の好みのものを選択し、読むのか、聴くのかも、自由に選んでいけばいいのだと思います。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。