女性のゴルフスイング(ドライバー)のコツは?

女性のゴルフスイング(ドライバー)のコツは?

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「女性のゴルフスイング(ドライバー)のコツは?」です。

女性のゴルフスイング

ゴルフは人生に例えられると聞いたことがあります!

ある人の、ゴルフのスイングのやり方や、プレーするときの、女性&男性のドライバーの使い方、このスポーツの、すべてのやり方が、本人の生き方や考え方を、映し出す鏡のようなスポーツが、ゴルフでもあるといわれているようです!

この記事では、女性のゴルフスイング&ドライバーのコツについてみていきたいと思います!

スイングの軌道は?

まずは、女性がゴルフをするときの、スイングの軌道について、情報をみていきましょう!

スイングとは、揺れるとか、振るという意味の単語ですが、女性がゴルフをするときの、この軌道、実は、ゴルフをやったことがある方が、口をそろえるようにして話すある言葉が存在すると言われています。

それは、「まっすぐにボールを打つのが、こんなに難しいなんて!」というものなんだとか!

だからこそ、思った通りにゴルフスイングが出来るプロ選手に、ゴルフ好きが注目し、その技やコツについて、なにかヒントをいただこうと、試合を見に行き、間近でプロのやり方を観て、研究をしているようです!

ゴルフは一見地味な競技に見えますが、最初に書いたように、人生に例えられ、人間性も見えるといわれている、意外とコツが必要すぎるスポーツでもあるようです!


横峯さくらさんもおすすめしている女性ゴルファーのためのゴルフ上達法

そして、女性のゴルフスイング、もちろん男性も含めてですが、コツは、グリップからチェックしたほうがいいと言われていて、基本がとても重要となると考えられています!

女性のゴルフスイングの基本には、次のようなものがあるようです!

● グリップ  ● アドレス ● トップ ● ダウンスイング  ● インパクト ● フォロー ●フィニッシュ

人によっては、女性のゴルフドライバーのコツは、グリップにある、いやフィニッシュだなんていい方をする方もいて、どれが大事かは、人によって見解が違うといわれれているようです!

スイングの軌道の基本は、グリップの握り方ではないかという説について、まずは見ていきましょう!

グリップとは、御存知の通り、ラケットやゴルフクラブなどの握リ方のことですが、これが間違っていることで、軌道がまっすぐにいかないなんてことになっているともいわれていて、力を入れ過ぎるとまったくうまく行かないと、この競技をやったことがある方は、ゴルフのスイングの難しさを、単純ではなのだと認識されるようです!

なんでもそうですが、肩に力が入りすぎていると、うまくいかないものですよね!

女性がゴルフのスイングを、うまくやろうと考えた場合、ドライバーを持つグリップの力加減が、重要となるといわれています。

*クリックすると動画が流れます

最初はどうしても、力いっぱい握りしめてしまい、うまく打とう、まっすぐに飛ばさなきゃなどと、頭でっかちに考えこんでしまい、とてもナーバスになってしまいがちですが、コツは、出来るだけ力を抜き、両手でゆるくクラブを持つようにして、支えるような感覚で握り、力を込めることで、出てきがちな不自然さを取り除くよう意識していくのが、女性のゴルフドライバーのコツでもあります!

このグリップだけで、飛距離がまったく違ってくると言われていますから、「頑張ってやらなきゃ」という思いは、ここでバッサリ切り捨てたほうが無難のようです!

人生と同じで、ゴルフは力加減でもあるようです!

ならば、スイングの軌道を変える方法のひとつは、柔軟性を身に付けるというものでもあるようですね!

そして、イメージトレーニングも、軌道を修正するためには、とても重要であるといわれています!

プロポーションを整えるために、モデルや女優なども、目指したい体型をしている女性の写真を眺めて、こんな感じとイメージトレーニングをしつつ、体作りに励むと言われているように、この精神的なモチベーション&イメージする思いが、女性のゴルフスイングに、かなり強く影響を与えるとも言われていますから、この辺り、塩梅が非常に重要となると考えられるようです!

ゴルフクラブは、科学的によく考えられて作られているため、スイングを正確にすることや、飛距離を伸ばしたりできるものもありますし、材質によって、女性が使ってスイングが上手くいくコツが見つかるような変化を感じられるものもありますので、自分に合ったものを見つけていくことも、重要になるようです!

御存知の通り、女性がスイングを上手に行うために使うドライバーとは、ゴルフクラブの1番ウッドのことで、最も遠くへ、ボールを飛ばすことを目的で作られています。

女性がゴルフスイングするときに使うドライバーで打つショットを、ドライバーショットとゴルフ用語でいいますが、とにかく、うまくスイング出来ないというときには、ゴルフの基本を、徹底的に思い出し、自己流になりすぎていないかを、他人からチェックしてもらうことが大事であると言われています!

それでは、女性がゴルフを始め、夢中になってこれに取り組んでいる時、大事な基本的なものを思い出していただきましょう!

あなたがグリップを握っている左手の親指は、どこに当てられていますか?

ドライバーを握っている場合、右斜になっている状態が、自然な腕のローテーションであるなどといわれていますが、これがきちんと出来ているかどうか?

確認してみてください。

男性に比べて、女性のほうが力が弱いことは、一般的に知られています(人にもよりますけれど)。

アドレスについても、スタンスの幅はどうなっているか、なんだか前傾姿勢になっていないかどうか?

女性がゴルフで、スイングをやるときに、体重をかける足元は、親指の付け根に、しっかりとかかるように、ドライバーを使ってスイングできているかどうか?

この辺りの確認をしてみるのも、大事な要素となるようです!

体を鍛えている人も、女優やモデルも、客観的に自分を見ることで、自分が分かっていなかった盲点であるクセや、姿勢に気付き、ゴルフをやる女性と同じように、スイングなども、自分が普段からどう動いているのか?

他人からどう観られているのか?を意識することで、気づきを得ることが出来るため、スイングの修正につながると言われていますから、誰か他の方に頼んで、ビデオなどを取ってもらい、現代では、スマホなどで簡単に撮影できますから、客観的に女性が自分のスイングした姿を観られるようにして、弱点を把握できるようにするのも、大事なポイント&コツとなるようです!

モデルのSHIHOも、女性でゴルフを愉しんでいるといわれていますが、彼女が、スイングなどのコツに気づいたのは、体の柔軟性が大事だと、やっていてわかったからだといいます。

ゴルフが好きなモデルのshiho

体が硬い人と、柔らかい人とでは、同じ動作は無理ですから、人によって、性質にあった、ドライバーの打ち方、スイングの方法を見つけるのも、コツの一つになります!

タイガー・ウッズなどもそうですが、プロはそれぞれ、自分だけのスイングを持っているといわれていて、ドライバーは科学的に作られていますが、女性がゴルフをやる場合のスイングも、自分の個性に気づきつつ、クセを直し、力を抜いてやることが、重要となるようです。

何度も書きますが、ゴルフ=人生=生き様が見えると言われていますから、女性がスイングを上手に行いたい場合、ゴルフをやるときに、いかに自分の無駄な力を抜いていくか?が大事な要素となるようです!

そして、イメージで軌道を作り出す、このイメージトレーニングが、かなり重要ともなるようです。

ゴルフスイングに悩む女性に、再確認として、5つの基本をおさらいしておきましょう!

● グリップは柔らかく握る
● アドレスの体重の比重は均等に
● リズムとテンポが大事
● タイミングが重要
● 考え過ぎない

ドライバーを握るときの力加減も重要ですが、基本を見ると理解できる通り、流れにいかに乗れるか?これがとても大事なのが、ゴルフのスイングでもあるようです!

ということは、仕事や人生と同じで、いかに、エゴから脱却して、人生を運んでいる、自然の流れや、誤解を恐れず表現するなら、運を掴むように身を任せるのか?といった、いわゆる生き方のコツとまったく同じだと考えられるものが、女性のゴルフスイングのコツでもあると言えるかと思います。

これが、軌道に関係する、コツとなることは、ゴルフをやっている方なら、痛感しているのではないでしょうか?

理想的なスイングスピードは?

あなたは、女性のプロゴルファーの、ヘッドスピードの平均値がどれくらいか?ご存知でしょうか?

実は男性アマチュアゴルファーと変わらない、40m/sなんだとか!

プロギアサイエンス・フィットで、データを比較すると、なんと!女性プロゴルファーのほうが、同じヘッドスピードで30ヤードも飛んでいると言われているのを、あなたはご存じですか?

このデータから分かることは、やはり、柔軟性は女性のゴルフ経験者のほうが、高いということと、コツを掴む感性や、ドライバーを握るときのソフトタッチなどについて、感覚的に理解をしやすいのは、女性であるという、科学的データ結果でもあります。

ゴルフ用語でインパクトとは、ドライバーのクラブヘッドがボールを捉える瞬間のことをいいますが、理想的なスイングスピードを実現するためには大事な要素は、このインパクトの向きであるといえるようです!

女性がゴルフをするときに、スイングをしながら、うまくインパクトしていければ、スピードに加速がつくだけではなく、理想的なスピードにつながると考えられているようですら、なんだかんだと、ゴルフをやるための理屈はいろいろ存在するようですが、イメージトレーニングがここでも重要であり、柔軟性が大事であるといえるようです!

女性のゴルフ経験者にとって、元々、柔軟性や、想像力が豊富にあると考えられている感性を持った女性であることは、スイングをするときに、有利でもあると考えれば、そんなに難しいことではないと、理解できるのではないでしょうか?

ですが、多くのアマチュアでゴルフをやっている女性は、インパクトのとき、当たる瞬間にフェースが開いてしまうため、効率的に、運動エネルギーがボールに、ドライバーを通して伝わらないため、インパクトも開いたままになるため、スイングしたときに、飛距離も伸びないという結果に繋がってしまうわけです!

スライスしてしまう原因

ゴルフをやっていて、なんだかスイングが決まらない、コツがいまいち掴めない、スライスしちゃうんだけど、そんなふうに感じている女性は、次のようなコツを理解していただければと思います。

スライスとは薄く切るという意味です!

ゴルフをやる女性が、スイングで、このスライスが出てしまうという悩みを持っている場合、原因は次のようなものがあります!

● 両手の位置
● 右&左膝の位置
● ウィークグリップ
● アドレスの姿勢
● 両肩のラインや位置
● 体の向き
● ボールの位置
● 右の腕と右ひじの位置

細かく繊細なスポーツだなと、この記事をまとめながら感じるゴルフ、感受性の高い女性には、向いていると感じられるこの競技のコツは、どうやら、基本に添って、力を抜いて、ひたすら練習を続ける、この3つが重要であるといえるようです!

スライスの一番の原因なんで、コツは?と聞かれたら、ゴルフをやっているプロや関係者は、次のように答えるようです!


横峯さくらさんもおすすめしている女性ゴルファーのためのゴルフ上達法

答えとコツは、グリップ!

そう、握り方です!

あなたはもしかして、教科書通りのグリップで、損をしているのではないですか?

スライスしてしまう原因は、この思い込みにあると考えることが出来るようです!

コツやドライバーの使い方、こうだああだという理屈云々ではなく、人の体型によって、基本は変わることを、柔軟に理解できれば、やり方を基本通りに当てはめて、ゴルフを続けることもないと考えられませんか?

女性がゴルフをやる=人生の生き方について、男性のようにやらない、女性にとってやりやすいコツを見つけ、ドライバーに任せるという方法ばかりに目を向けるのではないスイングのやり方を見つけていけば、霧が晴れたように、あなたにとって、簡単で、とてもやりやすい、スイングが見つかる!

スライスする原因は、まさに、こうでなければならないんだよという、ゴルフをやってきた先輩たちの、思い込みによる誤解が、コツを理解する妨げになっていると考えれば、科学的根拠があって作られたドライバーの使い方に対しても、こうだという理屈を持って、ゴルフをやり続けるよりは、女性が上達するためには、これらの古臭い価値観からの脱却が大事であるといったコツに気付けるのではないでしょうか?

もちろん、グリップだけがスライスの原因ではないですし、これを変えたからといって、すぐに女性がゴルフをやっているときにスライスが直るというわけでも無いですが、コツとしては、グリップを変えることで、これまで出来なかったことが出来るようになり、その結果、ドライバーを上手にスイングさせて、スライスを克服できたという方もいますから、このような面から、女性がゴルフをやるときのコツを見ていくと、始まりは、ドライバー云々という話ではなく、グリップでもあるといえるようです!

ダフリの原因

まず、女性でゴルフをやっている方に、再度確認するために、ダフリとは何かといった、基本的な話をしておきましょう!

ご存知のとおり、ダフリとは、ボールを打つときの悪い癖です!ボールを打つときに、手前の芝生を打ってしまい、これが治らないため、ゴルフ自体が嫌になるという方もいて、かなり問題があるといわれているものでもあります。

女性だけではなく、男性ももちろん、ダフリに悩まされるのですが、原因は数多くあり、女性ゴルフ経験者が陥りやすいのは、手首のリリースが早すぎる、頭や膝が沈み込んでしまうなど、ドライバーと関係ないところに、原因があると考えられるようです!

ドライバーのような道具を扱うコツを、女性でゴルフをやる方が、習得するためには、やはり、基本姿勢や、力の抜き具合が非常に重要となると考えられるようです!

体がボールに近づきすぎてしまうことが、ゴルフでダブリをやってしまう原因のひとつでもあるようです!

コツを掴むには、この原因について理解をすることが重要です!

女性がゴルフをやるとき、ダフリが治らないと悩んだ時の、改善のコツは、右膝が必要以上に出ていないかどうかのチェックをすることがポイントのひとつです!
スイングでダフリが出る原因
この動きが、自然とドライバーなどの軌道が、自分が思っている以上に沈み込んでしまうため、ダフリの原因となってしまうといわれています!

腰を回して華麗にスイングをしようとしても、右腰が前に出てしまうと、ダフリが出てしまうため、ここを理解して、意識して変えていこうとすることが、これを避けるコツでもあるようです。

要するに、ドライバーをスイングするとき、右腰の位置は同じで、左腰を後ろに引くというイメージを持ってスイングすることが、コツであるといえるようです!

女性の中で、イメージトレーニングがあまり得意でなく、言われていることは分かるんだけど、と戸惑う人は、ゴルフでスイングをするときに、左腰を左手で押すようにする練習をして、コツを掴むといいようです!

こうすることで、女性がいまいち苦手と感じる、スイングでのダフリの原因が改善され、右腰が支点となって体が回転してくれるので、上手にコツを掴むことが出来るといわれています。

とにかく、イメージトレーニング、女性でも男性でも、ゴルフをやる人に大事なのは、ドライバーが云々とか、スイングのやり方どうこうもコツの一つとなりますが、イメージすること、こうなるという、想像力を豊かにすることが、非常に重要なコツとなることは、女性でゴルフをやっている方の多くが、実感として理解されていることだと思います。

最後に、女性がゴルフをやるうえで、男性から「引く」と思われない、コツについて情報をシェアしていきたいと思います。

モデルのSHIHOもやっていて、年々女性でゴルフをやる方は増えていると言われていますが、元々は、イギリスが発祥の地といわれていて、紳士のスポーツとして、昔から人気のあったものだったといわれていますが、現代社会で、男性並みに仕事が出来る女性も増え、ゴルフを始めて、男性に負けないようなスイングや、ドライバーの使いかたをしている女性もいるといわれています。

そんな女性に、これはちょっと控えた方がいいという、男性から見た、女性ゴルファーの「引く」という行為には、いったいどんなものがあるのか?

● 自分だけのペースでやっている
● ストイック過ぎる
● 女子力に気を配らない
● 甘えすぎる

女性であることを、強調しすぎてはダメだけど、自分のペースを大事にしすぎて、周囲に対する配慮が欠けてしまうことも、女性がゴルフを続けていくために、気をつけたいコツとなっているようですが、こればかりは、感じることは人によりけりです。


横峯さくらさんもおすすめしている女性ゴルファーのためのゴルフ上達法

せっかくゴルフを嗜む女性も増えていることですから、男性側の意識改革も、今後重要になってくるという見方も、変化に対応するコツでもあるのかもしれません!

● 女性のペースに合わせるという新しい視点を持つ
● ストイック過ぎる面をフォローする力を男性が持っている可能性に気づく
● 女子力の高さを求めすぎることで、女性の気持ちを追い込まない
● 甘えすぎることを、受け入れる

考え方は人それぞれですが、男性意識寄りの現代社会に、女性でゴルフをやる方が増えた現実は、意外といい兆候なのかもしれません!

スイングは、ドライバーがいいから決まるわけではないゴルフという奥の深いスポーツ、運動も人生も、コツを掴めば、波に乗れ、あっという間に変化が訪れるといわれています、もちろん、日々の地道な練習も必要ですが、ちょっとしたコツや、ひらめきから生まれる、気付きも、とても重要なものでもあるようです!

女性ゴルフスイング(ドライバー)のコツについてなどの情報をまとめていきました!




<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です