女性の秋の頭皮ケアについて

女性の秋の頭皮ケアについて

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「女性の秋の頭皮ケアについて」です。

人間が老ける時期が1年に2回あるといわれています。

それは、夏と冬、2015年の夏も過ぎていき、今年は8月は意外と涼しく、冷えてくるのが早かったのですが、夏の厳しい日差しが肌や髪に強い影響を及ぼすことで、ダメージが蓄積され、それが原因となって、老化してしまうといわれていますが、あなたの状態はどうですか?

今回の記事では、女性の秋の頭皮ケアについての情報をまとめていきます!


女性の抜け毛対策

秋に向けての頭皮ケア
髪はオンナの命と言われた時代がありましたが、肌同様、美しい髪を持っている人は、年齢関係なくはつらつとして健康そうに見え、傷んだ髪を持っている人よりも印象が良く見えるものですが、現代女性は薄毛&抜け毛で悩むことが多くなったと言われていますが、まずはこの抜け毛対策について情報をまとめていきたいと思います。

女性の人生はめまぐるしく変化します!思春期になれば生理が始まり、女性ホルモンに翻弄されて不安定な心身を抱えつつ、勉強に恋愛に仕事に邁進していきながら、結婚したら出産が待っていて、さらに、ホルモンバランスが変化していき、その後は更年期に入ってまたホルモンバランスが変動する、そんな繊細な体と心とホルモンを持った女性、一般的に、1日に女性&男性どちらもそうですが、抜け毛は一日どれくらの数なら正常範囲なのか?

大体、80本~100本だと言われていますが、いわゆる季節の変わり目の春や秋になると、200本くらい抜け毛が出てしまう人もいるといわれています。

猫などと一緒で、人間も冬毛&夏毛に生え変わるので、秋や春などにこのような変化が起きるといわれています。

この秋などの時期に、女性の抜け毛が増えたとしても、それはそのような変化の時期だと捉え、気楽に考えるようにしたほうがいいようですが、理由は悩むことでストレスとなり、血流が悪くなるとさらに抜け毛が増えてしまうためであるといわれています。

女性の抜け毛が、かなり多く2、3ヶ月も続くようになったときは、頭皮などに問題がある可能性があるため、一度専門家に診てもらうことも考えたほうがいいようですが、秋などにいつもより増えた程度のことなら、それほど心配することはないと考えられているようです。

女性に多い抜け毛は、「びまん性脱毛症」と呼ばれるものですが、これは一体どんな状態なのか?

● 髪が細くなる ● 頭全体の髪の毛が薄くなる 
● 髪の分け目が薄くなってボリューム感がなくなる 
● 地肌が目立つようになってきた

これがびまん性脱毛症の特徴です!

部分的にではなく、髪全体が薄くなるのがびまん性脱毛症の大きな特徴でもあり、目で見て分かるほど薄くなるまで進行するまで徐々に薄くなっていくため、気づきにくいものです。

女性のびまん性脱毛症

これは、男性型の脱毛症(AGA)の女性バージョンといわれていて、女性男性型脱毛症(FAGA)とも呼ばれているのですが、髪全体が薄くなるだけではなく、なんと!艶もなくなってしまうため見た目の印象もがらっと変わってしまうのです。

更年期から多くなるといわれていて、老化現象だと諦めがちですが、原因が分かれば改善出来るので、諦めることなく対処していけば大丈夫です。

では、女性の秋や春に増える抜け毛で、びまん性脱毛症となっている場合、原因は一体どんなことが考えられるのか?

● 食生活の乱れ ● 加齢 ● ストレス ● 出産 
● 閉経避妊薬(ピル)を飲んだことによるホルモンバランスの変化 
● ダイエット ● ヘアケアのやり過ぎ

これらが一般的に女性の抜け毛の原因であると言われているもので、閉経した女性は、男性ホルモンが多くなることで抜け毛が増えやすくなると言われています。

FAGAは閉経後の女性に多いと考えられていましたが、現代では、30代の女性などにも増えていて、近年の研究では、側頭部の薄毛が目立つようになるという結果も出ているといわれています。

様々な長さの髪型をする女性が増えましたが、基本的に側頭部の髪を長くしておろしている女性が多いため、本人が気づかず、自覚がないまま薄毛が進んでいくことが多く、サイドをアップしようとして髪をあげたときに、あれ?と薄毛に気づくといわれています。

女性の抜け毛は秋と春に多いことはすでに書いていますが、その他日常で男性並に働く女性が増えた現状も、薄毛を加速させている背景にあると考えられています。

仕事が忙しく、睡眠不足になっていたり、過度なダイエットなどをやっていることで、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことが、女性の薄毛を加速させていると考えられています。

FAGAは、女性の体が男性ホルモン優位に働くことが、早い年代から薄毛になる理由でもあると指摘する専門家もいます。

女性の髪が薄くなるのは、他に出産後に分娩後脱毛症というごっそりと髪が抜ける症状が出たり、牽引性脱毛症といって、髪をアップスタイルにするために、引っ張ってしまうことで起こる抜毛の症状もあります。

この2つの症状に、さらにびまん性脱毛症が加わると、一気にごそっと抜毛が増え、あれ?なんだか薄毛が目立つという悩みに繋がるといわれていますから、普段から生活習慣も含めて、一度髪の抜毛対策のために、生き方自体を見なおしてみる工夫をされるといいようです。

個人的にも、周囲を見ていると、近年、女性の薄毛が目立つなという印象を持っているのですが、特に太っている女性に薄毛が多いと感じることがあります。

高齢者になると、ホルモンバランスの乱れなどもあったり、閉経後ですから、それらが関係しているのかなと考えられますが、スーパーで買物をしている、そのような人たちのカゴの中を見ると、どうも加工食品が多く、すぐに手軽に食べられる食品を数多く購入している現実を目の当たりにします。

これほど便利になる前は、自炊して煮炊きするのが当たり前だった日本の生活習慣も、加工食品が数多く登場したことで、時間も短縮できるだけではなく、手軽に気楽にすぐに食べられるものが溢れているため、家族も巣立った年代の方々は、ついついこの手軽な食品を多く体に入れることも、原因の一つではないかと考えています。

これはいわゆる、亜鉛不足が影響しているのではないかと推測されます。

亜鉛とは、御存知の通り、生殖器などに影響を及ぼす栄養素だと言われている、とても大事な成分です。

これが不足することで、男性ではインポテンツになったり、女性なら出産に関する様々なことに関係していると言われています。

いろんな食材をまんべんなく食べていれば、不足することはないと考えられているのですが、現代では食材を購入して、調理して食べるという部分が抜け落ちてしまっている生活習慣を持つ人が増えていて、これらも亜鉛不足の原因となっているという指摘がされています。

亜鉛が不足すると、性能力が不足することが実験で分かっているのですが、それでなくても年齢を重ねていけば、自然と生殖機能は衰えていきますから、そこにさらに拍車をかけるように亜鉛不足のような体に必要だと言われている栄養素が不足するような食生活を続けていると、さまざまな不具合が体に起きるだけではなく、東洋医学では髪は血液の余りで作られていると考えられていますから、栄養が足りない体では、抜毛が増えたり、髪の艶がなくなってしまうのは当然の結果であると考えられるのです。

大病をした方ならお分かりだと思いますが、髪にツヤやコシがなくなったと感じたのではないでしょうか?

栄養が体に行き渡っていないことで、血液の余りで作られる髪にまで栄養素が回らないため、ツヤなどがなくなると考えられているのです。

亜鉛が多く含まれる食材は、次のようなものです。

● 牡蠣 ● カシューナッツ ● ホタテ ● レバー ● アーモンド
● うなぎ ● ささみ ● さんま ● 高野豆腐 
● アルファルファ ● 緑黄色野菜

これらの食材を定期的に摂取していれば、不足することはないと考えられている亜鉛、加工食品ばかりを食べていると、どうしても足りなくなりますから、一度食事の見直しなどをしてみるのも大事なポイントになるのではと思われます。

アルファルファは100gで12mgと豊富に亜鉛が含まれています、洗ってすぐに食べられるので、これらの食材を積極的に摂取する工夫をされることも、女性の抜毛対策に有効であると考えられます。

亜鉛が不足すると、子供では成長障害や鉄欠乏性貧血などが起こり、大人には、脱毛症や皮膚炎、味覚障害が起こると言われています。

そして、女性ではなく男性には、男性ホルモンミネラルでテストステロンというホルモンの代謝に欠かせないものですし、人間の免疫機能を助けてもくれるので、きちんと普通の食材を摂取するようにしていれば、あまり不足しない栄養素なのです。

髪の薄毛や抜毛が気になる女性は、普段の食事に、加工食品が多くなっていないか?

自分の食生活の見直しをしてみることをお勧めします!

頭皮ケアのためにも、肉食に傾いたり、ファーストフードなどを食べ過ぎる食生活は考え直したほうがいいようです、その理由ですが、動物性脂肪の多い食生活をしていると、血液の中に脂肪が増えるので、血管や血液の質が悪くなることが分かっているからです。

体内がこのような状態なると、血行不良を起こすため、頭皮ケアに悪い影響を及ぼすので、やはり普段から口にするものは、バランスよく食材などを摂取するようにしたほうが、女性の髪にとっても、頭皮のケアを考えた場合でも、良い影響となると思われます。

他に気をつけることは何かあるのか?

やはり、ストレスが多いと、自律神経やホルモンに悪影響を与えるだけではなく、これらのバランス自体を崩してしまいます!

血管がストレスによって収縮してしまうと、血行不良を起こしてしまうので、毛髪自体に栄養をきちんとおくることが出来なくなるので、過度のストレスには気をつけたほうがいいようです。

女性の抜毛の原因に、加齢がありますが、これは、年齢を重ねていくに従って、やはりコラーゲンや頭皮に含まれる皮脂なども不足していきますので、なんらかの頭皮ケアなどをしないと、頭皮が乾燥してしまうことで、脱毛してしまうようですから、加齢での抜毛が目立つようなら、シャンプーのやり方などにも気を配って、あまり洗浄力の高いものは使用しないように気を配るなどの頭皮ケアも必要となるかと思われます。


秋の頭皮ケア

秋は夏の疲れや、この季節に冷たいものを飲んだり食べたりしすぎたことや、熱くて寝不足になっていたり、熱さで体力などを奪われたことで疲労が溜まってしまったことなどが原因となって、体調を崩しやすい時期でもあります、秋になって毎年体調不良を訴える人がいたり、整体やカイロプラクティック、鍼灸院なども、この季節のかわり目である秋や春などに、患者が増えるといわれているくらいですから、特に冷えに気をつけたい女性は注意が必要な季節なのですが、では、秋からの頭皮ケアなどはどのように行ったらいいのか?

● 毛穴の詰まりを取り除く  ● 血行を良くする ● 頭皮の乾燥を改善する

夏の強い日差しで、頭皮などが乾燥してしまったり、紫外線を多く浴びたことで、髪がぱさついたり艶がなくなったと感じる人が多くなる秋、この季節になってから女性が頭皮ケアを行うなら、血行を良くするために、頭皮マッサージを行うことをお勧めします。

まずは、頭皮ケアのために、マッサージを行うことで得られる利点とは何か?

血行が良くなることで、凝りや顔のたるみ、フケやかゆみ、そして女性にとって嬉しい顔色を良くする効果があるといわれています。

さらに、頭皮ケアの一環として頭皮マッサージを行うことで、心をリラックスさせることが出来るため、癒やし効果も期待出来るといわれています。

頭皮ケアを行うことで、心と体の疲れも取れるので、いろんな効果が期待出来るだけでなく、薄毛や抜毛で悩んでいる女性は、髪が生える土壌となる頭皮を健康に保つことが、これらを改善していくために大事なポイントとなりますので、ぜひ日常に、頭皮マッサージを取り入れて、普段から頭皮ケアをするように心がけてください。

ご紹介している動画では、まずは百会というツボを刺激するところから頭皮ケアが始まっていますが、この百会とは一体どんなツボなのか?

百会は頭の頭頂部にあるツボで、体中の気の流れの収束点となっているため、多種多様な経路が交わっていく、会うという意味から百会と名付けられていて、全身の数多くの病などに対して有効な働きをするツボであるといわれているのです。

このツボは、人間の自律神経に直結しているため、この働きを整えてくれるので、体調などに関係が深いのです!

ですから、簡単にご説明すれば、抜毛対策で頭皮ケアのためにマッサージをするときに、まず押していくツボの百会は、自律神経のバランスを整えてくれるので、体質改善にもつながります。

特にこのツボは、痔や薄毛、頭痛などの症状の改善をしてくれるといわれています。

秋だけではなく、普段から日課にすると良いと言われる頭皮マッサージ、抜毛が多くなる季節から、頭皮ケアをしようと考えた場合、まずコレを実践されると効果的です。

実は秋の抜毛は、最初に書いたように、いつも以上に多いのですが、一般的に普段よりも増えたくらいなら、心配はそんなにいらないと言われていますから、あまり神経質にならなくてもいいのではないかと思われます。

そして、頭皮ケアのために、マッサージを続けていくと、頭皮が青白くなり、健康な頭皮に変わっていきますから、毛穴も活性化され健康な髪が生えてきやすい状態になりますので、抜毛が減るだけではなく、健康な髪がどんどん増えていってくれるのです!

ですから、秋に抜毛が増えたからと一時的にこの季節だけ頭皮ケアを行うのではなく、この際日常の中に組み込んでしまったほうが、薄毛予防になりますし、加齢による顔のたるみや、薄毛対策になりますので、普段からお手入れをして、女性としていつまでも美しい髪を維持していってください。

毛穴の詰まりを取り除いたり、血行を良くするためには、頭皮マッサージが一番お勧めですから、ぜひ取り入れて、健康な髪を保つようにしていってください。

では、頭皮の乾燥を防ぐのは、どのような対処法があるのか?

実は、秋になって冷えが深まってくると、人間はそれほど汗をかかなくなりますから、夏のようにこまめにシャワーを浴びたりしなくても良くなりますよね?

そうなると、シャンプーなども、汗をかかないのでそれほどマメにやる必要がないので、2日に1度のペースで髪を洗うようにすることで、乾燥を防ぐことが出来ます。

もちろん、頭皮ケアをするときにオイルなどを使って頭皮マッサージ行うので、潤いを与えることが出来ますから、乾燥対策になりますから、洗い過ぎないようにして、しっかりと頭皮マッサージなどの頭皮ケアを行ってあげると効果的です!

そして、秋になり、寒さが深まってくると、特に女性は体の冷えを感じやすくなりますが、この冷えも代謝の低下や血流不足に繋がり、髪に栄養が回りにくい悪循環を引き起こしてしまうので、出来ればお湯に浸かるとか、ウォーキングやマラソンなどを始めて、体を動かして温め、代謝機能を高めたり、血行を促進していくような生活スタイルを習慣づけるとより効果的です。

秋は夏のダメージ&毛の生え変わりで、抜毛が通常よりも多く出ますが、自然脱毛ですから、心配することはありません。

ですが、頭皮ケアをしていてここに痛みや腫れがあると感じた場合は、なんらかのトラブルが起こっている可能性が高いので、きちんと皮膚科などで診察してもらったほうがいいようです。

亜鉛不足だけが問題ではなく、やはりタンパク質不足も髪に栄養が行き渡らない原因の一つとなりますから、適度なタンパク質をしっかりと摂取してバランスよく食べるようにし、先程も書いたように、加工食品に偏り過ぎない食生活を心がけていきながら、栄養補給もするように心がけてください。

髪は血液の余りですから、まずは食べたものが体全体の重要な臓器や細胞などで代謝され、最後に余った栄養で作られるので、しっかりと栄養を摂取することは、頭皮ケア同様大事な薄毛対策になることは確かですから、食事をないがしろにしないように気を配ってくださいね。

さらに、現代の忙しい女性は、食事の時間が不規則になるだけでなく、食べやすい炭水化物に偏りすぎる傾向もありますので、できるだけ意識して、野菜やタンパク質を摂取するように心がけるだけでも、随分体調や髪質などに変化が出るのではないかと思います。

ちなみに、個人的に極端なダイエットなどをした経験を持っていますが、やはりそのときなどは、栄養が入ってこないため、まだ20代であったのですが、髪がぱさついたり、爪が伸びてこなくなったりした経験を持っているので、食事はきちんと摂取することをおすすめします。

おやつに甘いモノを食べるのではなく、亜鉛が豊富なカシューナッツやアーモンドなどを、食べ過ぎな程度に口に入れるなどして、栄養を補うように工夫してみてください。

ナッツ類は、脂質が多いので、食べ過ぎには十分注意して、栄養価の高いものを選ぶようにしてみましょう。

女性で薄毛に悩む人が近年かなり増えてきているといわれていますが、ちょっとしたケアで、対処できますから、諦めることなく、女性としていきいきと生きられるように、秋の頭皮ケアなどは出来ることから取り組んでいただければと思います。




今回は、女性にとって命ともいえる顔を縁取ってくれる美しい髪を作るための、秋の頭皮ケアの方法などについてまとめていきました。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。