女性の職業別ランキング2016

女性の職業別ランキング

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「女性の職業別ランキング2016」です。

カレンダー通りに動いている社会構造で働く女性の、職業別ランキング2016年版についてや、男性が結婚を望む女性の、職業を見ていきながら、今後の結婚スタイルについて、さらには女子中高生のなりたい職業などについて、記事をまとめていきたいと思います。



↑ キャバクラ嬢から昼職に転職する方におすすめ!

女性が社会進出をするようになって、数十年、バブルの頃などは、男性に負けないようにと、ランキングも気にしつつ、鼻息荒く、男と肩を並べて働いていた女性も、多くいたと記憶しています。

その後、日本経済が冷え込んでいき、職業別に、給与などに格差が大きく生じるようになったことが、社会問題として指摘されるようになり、女性も、男性に対して、肩を張ってどうこうではなく、女性同士での職業別ランキングなんてものを意識して、ライバル視しながら生き抜いている部分も目立つようになり、2016年現在、それらはまだまだ、女性だけではなく、社会的にも問題視されるものとなっているようです。

女性の職業で人気のあるもの

まずは、女性の職業別ランキング2016、給与編を見ていきたいと思いますが、まだ今年に入って半年弱の時期に、この記事を書いているので、全年以前の資料を参考にしつつ、記事をまとめていいきたいと思います。

2016年、女性の職業別年収ランキング

女性の職業別年収ランキング、1位~10位までを、ざっとまとめてご紹介しましょう!2016年現在、わかっているものです。

1位 弁護士(1200万円) 2位 大学教授(1000万円)
3位 医師(800万円) 4位 大学准教授(800万円弱)
5位 パイロット(800万円弱)6位 会計士(700万円)
7位 記者(700万円弱) 8位 大学講師(600万円中)
9位 高校教員(600万円弱) 10位 歯科医師(500万円強)

こうやって、データとして出ている、女性の職業別年収ランキングをみていくと、頭を使う職業が、ダントツトップエリアにあることは、すぐに分かるかと思います。

女性の職業別年収ランキングを見ると、500万円以下ですが、安定しているといわれる職業は、2016年現在調べてみたところによると、建築士、社会保険労務士、薬剤師や客室乗務員などが、この辺りに属しているようです。

その下の、女性の職業別年収ランキングで調べた、400万円以下になると、2016年時点では、技術職である、システムエンジニアや、看護師、電車の運転手、一級建築士などがあるようです。

このように、女性の職業別年収ランキングを見ていくと、自分で起業していない場合は、しっかりと資格を取得している人や、勉学に励んだ人などが、上位にいますが、今後、これらの職業の多くは、テクノロジーの発達に伴い、無くなってしまうといわれていますが、社会構造がどう変化していくのか、個人的には楽しみでもあります。

ただ、この、女性の職業別年収ランキングを見て、え?私もその職業だけど、そんなにもらっていませんよといった、ツッコミも入っているところがあり、さらに、個人的にも思ったのですが、水商売系の仕事をしている人たちは、入っていないところなどを見ると、ちょっとデータとしては、2015年現在で考えても、どうなんだろうなといった思いも、わき上がりますね。

大学教授になると、生徒とのやりとりや、研究など、やることが多くあることも、関係しているかとは思いますが、残業などは当たり前のようですから、職業別年収ランキングで、上位にいたとしても、女性の体から見たら、ちょっと仕事が詰まりすぎといった面も、否めないようです。

さらには、関東と地方などでは、場所によって、女性の職業別年収ランキングは、違いがあるといった指摘もあり、一般論としてこのランキングを見た時に、一概にこうだと言い切れないものがあると、考えられるようですから、あるひとつの目安であると受け取ったほうが、分かりやすいかと思います。

2016年の日本では、ブログなどを使って、独立して集客し、もっと女性が稼げる時代にもなっているといった面もあるのですが、こちらは入っていないのです。

女性が職業別によって、ランキングをつけられる時代も、2015年現在の、実際社会で動いている人たちの働き方を見ると、これらのデータは、あまり意味がないのかなとは思いますが、あなたや周囲の人たちの女性は、職業別で考えると、どんな状況で働いていますか?

2015年現在、婚活アドバイザーや、婚活を提案して、仕事をしている女性も増えています!ネイリスト、セラピスト、コーチング、さらには、イメージコンサルタントなどといった、もっと人に寄り添う職業が、細かく社会に浸透している現代社会の中では、職業別ランキングといった意識すらも、どんどん消えていくのかなと、個人的には思います。

これまで、当たり前のように収入が高いと言われた仕事の多くは、職業別ランキングで、常に上位を占めていましたが、今後の社会情勢の大変革は、すでに民間の一人ひとりの意識から、変わっているようですから、この職業別ランキング自体が、意味がなく、データとして通用しなくなっていくとは思います。

ではここからは、男性が結婚したいと思っている、女性の職業別ランキング?2016年現在のデータを見ていきながら、個人的見解を書きつつ、社会の様子を覗いてみたいと思います。

2015年5月26日に、この記事を書いているのですが、朝起きたときに、なんと!女性に大人気でもある「サッカー日本代表の内田篤人」が、一般人女性と、結婚したといったニュースが流れました。

それを見て、「ああ、多くのウッチーファンの嘆きが聞こえる」と思ったのですが、コメントで内田篤人は、「僕よりしっかりものの一般人です」と話しているようですが、2015年現在、男性が結婚したいと考える女性の、職業別ランキングとは別に、性格的な部分で、しっかり者がいいといった意見が多いようです。



↑ 水商売から昼職希望の方にイチオシ

家庭を一緒につくり上げるためには、やはり、男性にとって、一緒に人生を歩んでいく女性に対する要望は、職業別ランキングの年収も、ある程度は考慮されるかと思いますが、性格的にしっかりとしているといった部分は、外せないのかな?と思います。

男性が望む女性の職業ランキング

男性が結婚したい女性の職業ランキング

では、男性が望む、女性の職業別ランキング、まじまじと見つめていきたいと思います。

圧倒的人気は、これほんとかな?と思ったのですが、保育園や幼稚園の先生をしている女性です!確か、サッカー日本代表で、お笑い芸人の、じゅんいちダビッドソンからも、モノマネをされている、本田圭佑の妻は、元保育士だったと記憶しています。

2位は、女性からも、結婚相手として人気が高いといわれている、公務員、3位は、手堅くそして、どこに引っ越しをしても、仕事に困ることはないといわれる、看護師などが、2016年現在までに、男性から見て、女性の職業別結婚相として、人気の高いランキングを占めているようです。

個人的な見解ですが、看護師、保育士などは、男性も仕事にする2016年現在ですから、女性だけの仕事といった印象は薄く、さらに、よく男性が、「女性の母性が子育てをする」なんて言うのですが、これ、母性って、男性の妄想だと思うのですが、あなたはどう感じられますか?

保育士や看護師=自分の世話&子供の世話を甲斐甲斐してくれる、天使のような母性あふれる女性、といった見方で、女性の、職業別結婚したい相手ランキングを選んでいるとしたら、これは、危険だと思うのです。

何故なら、相手を女性=母親と見立てて、結婚相手として選んでいるとしたら、そこからもう、様々なものがずれていて、結婚生活自体に、イエローカードが出そうだと感じられますから、人間としてどうか?といった面でも、しっかりと相手を見たほうが、色んな意味で、ズレが少ないのでは?と思われます。

2015年現在では、バリバリ仕事をする女性もいるでしょうし、どちらかというと、だらだらとしつつ、だけど何故か、ネットを使ってしっかりと稼ぐ女性もいたり、家事も育児もオシャレも仕事も、すべてにおいてパーフェクトといった、個人的に見ると、スーパーウーマンとしか思えないような、素敵な女性もいます。

ですが、そのような女性は一部であり、多くは、普通に、一般的に生活をされていると考えられますから、やはりそういった面から見ると、男性が望む、女性の職業別結婚したいランキングの仕事は、妥当な線なのか?と考えこんでしまいますね。

結婚をしたことがない独身男女となると、多くの夢を見ますし、実際に経験がないぶん、新鮮な気持ちで、相手にさまざまなものを望んだり、こんな人がいいなといった思いを持つのは、当然だと思いますし、女性も働くのが当たり前となった現代社会の中で、職業別ランキングなどのデータも、普通に出回っている2015年現在ですから、個人によって、どんな生活スタイルを送るかは、ひとそれぞれといった考えが、どんどん広がっていもいますから、経済的な部分の安定だけは死守したいといった思いが、この、女性の職業別結婚したい相手ランキングを見ると、読み取れるのかなと考えられます。

ここでひとつ、提案がありますが、女性って、子育てが得意だと思っている男性が、大半だと思いますが、それってどうやら、男性側の大いなる勘違いであると捉えることも、結婚を望むのであれば、持ったほうがいい時代となったようです。

あの、日本の元ボクサー、辰吉丈一郎は、現役で活躍をしつつ、なんと!実の父から次のようにいわれ、しっかりとそれを実践したそうですが、いったいなにを、きっちりとやっていたのか?実は、彼の父が、お嫁さんが妊娠した時に、辰吉丈一郎に向かって、次のような話をしたのです。

「お嫁さんは子供を産むのが仕事、そこまで命を張ってやってくれたのだから、子育てはお前がきちんとやるんだよ」

女性からすると、この辰吉丈一郎の父親の発言は、ある意味、「仏」の言葉にも聞こえるかもしれません!女性が妊娠し、出産するというのは、まさに命がけであり、元気を分けてあげないと、子供は生まれてこられないのです。

それを、これまでの先祖たちが当たり前にやってきたから、当然普通のことであり、自然なものだからといった意識で、女性に、職業別結婚したい相手ランキングをつけて、経済的な部分と、家庭を守ってくれ、子供を体内で育み、育てて欲しい、そして自分には、愛情を持って、愛想よく接して欲しい、などといった思いを持っているとしたら、多分この先、結婚という道へは、なかなか入っていけないのかなとは思いますが、世界にはいろんな人しかいませんから、それでいいという女性もいるでしょうから、あくまでも仮定の話として、捉えていただければと思います。

女性が社会進出をした世代から、下の女性達は、どちらかというと、頑張って仕事をするといった意識が薄く、さらには、もちろん男性もそうでしょうが、自分だけが背負うという意識も、どんどん薄れているといわれています。

そんな世界観が広がっている中で、2015年現在も、女性の職業別結婚したい相手ランキング、なんてものに、こだわっているのは、個人的にはどうなんだろうなと感じます。

しかも、第1位が保育士=子供を上手に育ててくれる、優しい女性といったイメージで、最初から近づくとなると、カッコつけたい最初の頃はいいかもしれませんが、そのうち、不満が爆発してしまい、どうにもこうにもならなくなるのかな?と、現代で、結婚後、出産してから、3年以内で離婚するカップルが多い現実を見ていくと、この辺り、結婚前の人間の意識改革も、必要となるのでは?と推測されます。

バリバリ働ける、キャリア・ウーマンなんて時代は、個人的に、好きな人はやればいいと思います。

そして、そんな女性ばかりではなく、もちろん男性もそうですが、いろんな人しかいない社会の中で、こうだと決めつける価値観を持っているのは、ちょっと面倒かなと感じられますね。

2016年になり、益々テクノロジーの発展は、日増しに広がっている現代社会の中で、女性の職業別ランキングなどのデータを眺めていると、ロボットでも出来る仕事なら、じゃぁ、今後どう人間は、変化すればいいのか?考えこんでしまいますね。

保育士や看護師、公務員も、介護ロボットなどの開発が進んでいけば、人間がやるべき部分は、大幅に減るわけですから、ならば、その分、人間は何をすればいいのかな?と創造的な部分に、目を向けていく必要も出てきます。

そうなると、社会構造自体が、根底から覆されていく、そんな変化をしている、2015年現在に生きているのに、人間側の意識が変わらないのは不思議です。

もちろん、様々な考えがあり、価値観があるので、それらを否定する気持ちは一切ありません、ただ、親がやってきたような社会構造は、もう変化しているのが現実でもあります。

今後、この変化は、加速するといわれていて、2015年に生きている私達が、想像もしていないような社会となっていくことは、どうやっても必然であると考えられますから、現在出ている、女性の職業別ランキングすらも、意味、そしてデータとしての価値も薄れていくと考えると、あまり古い価値観にこだわるといった考えは、持たないほうが無難かなとは思います。

この、女性の職業別ランキングを調べていくと、婚活に有利な職業といった情報も、頻繁に目につきますが、個人的な見解ですが、未来を確定させることは誰にも出来ないと考えると、前もって事前に準備したことの多くは、ほぼ、人生からスルーされるという、見えない部分も考慮に入れて、いわゆる人生設計というものを考えたほうが、逆に安心感が出ると感じるのですが、あなたの考えはどうですか?

人が言うことなど、ヒントや参考程度に捉えつつ、自分はどうなんだろう?2016年時点での、女性の職業別ランキングはこうなっているけれど、心の中は何を求めている?そんなことも日々見つめていきながら、これらのデータに翻弄されることなく、生きていければいいなと思います。

ここからは、女子中高生が、将来つきたいと考えている、女性の職業別ランキングを見ていきます。

10代女子の憧れの職業は?

まだ10代の女子が、将来やってみたいと考える、職業別ランキングでダントツトップは、芸能関係です!小学校高学年の女子から人気の高い雑誌、ニコ☆プチという雑誌などの、モデルへの応募も、非常に多いといわれていますし、女優などの登竜門となる、ホリプロタレントスカウトキャラバンなどにも、かなりの数の女子が、応募してくるという事実もありますから、丁度この10代という、まだまだ先の見えない、夢が溢れている年代の子供たちにとって、スポットライトを浴びる仕事は、輝いて見えるのは当然ですよね!

ニコプチのモデル達

その次に、職業別ランキングでつきたい仕事は、美容関係です!2015年現在で、大人気となっているネイリストや、美容師、ヘアメイクなどを手がける、これも華やかそうな仕事に見えますが、意外と重労働な部分もあるなんて話しもチラホラ見かけます。

知り合いが、この仕事をしていますが、資格取得に数百万単位のお金も必要となるようです。

ネイリストなどは、自宅でもやろうと思えば出来る仕事ですから、結婚して子育てをする女性にとっては、スキマ時間を使えたりするので便利ですし、オシャレを楽しみたい人にとっては、自分も人も綺麗にしてあげられる、憧れの職業ともいえます。

個人的に思うことは、例えば、おにぎりだけの専門店や、ネイリストなどが、職業やビジネスとして、2015年現在、成り立っている様子は、不思議にも思えます。

母親が握って、子供にお弁当として持たせたり、ネイルは、セルフでやるのが普通だった時代に育ったので、まさかおにぎり屋などや、ネイルが仕事に結びつくなんて考えたこともなかったのですが、海外ではすでに、随分昔から、ネイリストがいたのですから、時代の流れで、日本が豊になった結果、流れでた職業でもあるんだろうと考えると、今後のビジネスチャンスや、新しい職業の発見は、日常の中にすでに、埋もれているともいえます。

では、他に、女子中高生が将来つきたい職業別ランキングには、どんなものがあるのか?医療に関係する仕事が、人気があるようです。

意外と手堅いところを狙ってきますが、親の影響なのでしょうか?確かに、2016年現在時点では、これらの職業は、収入もそこそこ見込め、さらには安定もしている仕事でもありますから、将来を考えて、これらの仕事に興味を持つのも、不思議はありません。

男性から、職業別結婚したいランキングで、1位となっている保育士は、この医療関係についで、つきたい仕事となっているようです。

アスリートや専業主婦、安定している公務員などは人気がなく、将来専業主婦になりたいと考える女子は、0・9%ほどしかいないようですが、ただ、この先、結婚して子供を産んだ女性が、退職する率はかなり高いと言われています、現実と夢の間で、どんな選択を彼女たちがしていくのかは、まだまだ未知数といえるようです。

現実として、現在職業別ランキングの、上位を占める仕事をしている女性にとっては、夢見る10代の女子との考え方や、価値観の違いの大きさに、このデータを見ると、驚くかもしれませんね。

自分自身も、10代の頃に夢見ていた職業はありましたが、現実と夢の間で、結果的には手に出来なかったものも多くあり、え?そんな仕事がやってきたか?と、驚くような経験もしてきました。

まだまだ10代の女子中高生にとって、未来は夢であふれていますし、2015年現在、仕事についている人にとっても、未来はどうなるか?まだわからない部分も多い、人生は一度きりですから、今の自分はこうだから、一生このままといった判断で、今を生きるのではなく、いくつになろうと、可能性は広がっている時代となっていることにも目を向けて、この、2015年で見ることが出来る、女性の職業別ランキングは参考程度にしつつ、人生を楽しむ姿勢を持てればいいなと、個人的には思います。

今回、女性の職業別ランキングの、データなどをまとめていきましたが、意外と、社会システムの変化は、激しくなっている現実もありますから、参考程度に見ていきながら、もしかしたら、新しい仕事を、これを読んでいる自分が、創造していける可能性もあるんだと気づけると、先が明るく見えるのではないでしょうか?人生、死ぬまで何が起こるか分かりません!結婚したって、しなくたって、何を選んでもいい時代だからこそ、女性にとって、職業選び、人生の選択肢は、狭かったときよりも、複雑で面倒になっていることは、確かなようです。



↑ キャバクラ(夜の水商売)から昼職に転職希望の方におすすめ

2016年、女性の職業別ランキングのデータを見ると、手堅い仕事がズラリとならんでいますが、数年後、どんな変化が起きているのか?個人的にも楽しみです!

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です