女性の薄毛対策にはウィッグ?

女性の薄毛対策

ブログライターkomichiです。自由な時間と場所で収入を得られるブログライターがどんな仕事か知りたい方はこちらをご覧ください。

今日のテーマは、「女性の薄毛対策にはウィッグ?」です。
年配の女性に薄毛が目立つな!そう感じている人もいるかもしれません。

この記事では、女性(20代、30代、40代)が薄毛になる理由や対策、さらには、ウィッグってどう?といった情報を中心に、記事をまとめていきながら、密かにこれを気にする人がいるという現実を知っていこうと思います!そして、個人的にも、20代で髪が少なくなるという経験を(笑・・・ほんとです)したことがあるので、そこから導き出した対策を、シェアしたいと思います。

女性の薄毛に原因があった

薄毛・・・そう書くと、なんとなく、なんだかなぁ~といった印象を持つのですが、女性の薄毛の対策を見て行く前に、まずは、そうなる理由ってなにかあるのか?についてみていきます。

ホントか嘘か?データによると、2009年以降、髪が少なくなってしまったことで悩む女性が、爆発的に増えた?というものがあるようですが、実はこれ、女性ならではの、体の仕組みが原因だという事実が分かっているようです!


女性の薄毛は、なんと!6つのタイプに分類することが出来るようです!そのタイプとは・・・?

● 円形脱毛症、● びまん性脱毛症 ● 分別後脱毛症
● 粃糠(ひこうせい)性脱毛症 ● 脂漏(しろうせい)性脱毛 ● 牽引性脱毛

それではわかりやすく、ひとつひとつみていきましょう!まずは、藤原紀香も、マリッジブルーで経験したという、円形脱毛症についてです!

女性の薄毛、円形脱毛症

多くの女性&男性もご存じだと思いますが、女性の薄毛で多い円形脱毛症は、円形または楕円形の脱毛が、ある日突然頭部に見つかるという、驚きの症状です!よく聞くように、だいたいが豆粒ほどか、大きいものだと、500円玉の大きさになるもので、髪だけではなく、実は全身に及ぶといわれていて、女性の体質や、経験しているストレスやホルモン変化によっては、眉毛や体の他の部分の毛の薄さが、目立ってくるという事実もあるようです!

円形脱毛症は、一箇所だけではなく、1~3箇所で起こる場合が多く、女性でも、年齢を重ねているという理由だけでなるものではないようで、なんと!子供から年配の方まで、幅広い層が経験するものでもあるといわれています。

ある日突然、女性が鏡を見て気づく、単発性の円形脱毛症の自然治癒率は、60%と高めです!医師に診てもらうと安心ですが、いちいち医療機関にいかなくても、これだけの割合の人は、対策をしなくても、自然に治るといわれているようですから、その後完治する人も少なくないといわれています、焦らないほうが無難のようです。

女性の髪が艷やかで、たわわやかであるのが、当然だった時代もあり、髪は女の命とまで言われたときもありましたが、どうやら、さまざまな変化が起こっている現代社会では、女性の薄毛が、多くなっている現実は、見過ごせない事実でもあるようです!次に、びまん性脱毛症について見ていきます。

女性の薄毛、びまん性脱毛症

男性の髪が薄くなる特徴は、頭部の特定の部分が、少なくなるというものですが、この、びまん性脱毛症は、女性の頭部全体が、このような状態になるというものです!なんだか、想像するだけで、気分が落ち込みそうになる症状ですが、なんと!30代後半~中年くらいの年代の女性に、多く見られる症状であるといわれていて、原因はいろいろとあり、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、病気や投薬の影響、無理なダイエットなどが関係していると考えられていて、男性型脱毛症と同じで、休止期毛といって、髪が成長することをお休みしてしまうという、驚きの状態になったために起こる、症状でもあるようです!女性に多く見られるこの薄毛、先程も書いたように、どこか特定の場所で、髪がごそっと抜け落ちるわけではなく、徐々に全体が薄くなるため、最初の頃は気づかない人が多いようです。

女性が「なんだか髪が薄くなった?」と気づく頃には、髪にコシがなくかり、うまくスタイリングできなくなっているという、なんとも悲しい状態になってしまい、気がつくのが遅れてしまうといわれています。

びまん性脱毛症の原因をまとめると、次のようなものになります。

● ストレス ● 老化 ● やりすぎたヘアケア
● 経口避妊薬(ピル) ● ダイエット

そもそも、女性にとって、髪が少なくなったという事実ですら、落ち込みの原因になるのですが、このびまん性脱毛症は、原因を取り除けば改善出来るものなので、それほど深刻になる必要はないようです!ホッとしましたか?では、先程見た、びまん性脱毛症の、薄毛の原因の理由について、簡単に見ていきます。

まずはストレス!どんな病気にも関連しているといわれるものですが、実はストレスは、人間の進化の過程で、飛躍をしていくために必要な、圧力でもあるという説もありますから、現在、ストレス=悪という捉え方をしているのですが、そうではない一面もあるようです!女性の薄毛の原因となる、ストレスが関係している理由は、次のようなものになります。

急激なストレスは、体内の血液循環に、悪影響を及ぼすと考えられます!いろんな機能にストレス(圧力)がかかることで、体内循環がスムーズに働かなくなり、その結果、血液であると言われる髪にまで、栄養がうまく行き渡らなくなることで、枯れるように髪が薄くなってしまうと考えることが出来るようです。

次に、老化ですが、これは、年齢を重ねていくと、細胞が活性化する若いときと違い、体の代謝機能などにも影響があり、細胞の動きなどが鈍ってしまうことで、びまん性脱毛症になってしまう可能性も、あると指摘されているようです。

やり過ぎたヘアケアも、女性の薄毛の原因であるといわれていますが、近年、選ぶほうが迷うほどの、ヘアケア商品が、数多く出回っているだけに、女性は、自分が過度に髪のケアをしているなんて意識すら、ないかもしれませんね!きれい好きな人もいて、1日に2回もシャンプーをしたり、頭皮にシャンプー剤が残ってしまったり、ドライヤーのかけすぎ、ブラッシングをし過ぎることなども、女性の薄毛に関係していると、指摘されているようです。

日本では、それほど一般的という感じはしないピルですが、これを使うことと、女性の髪が少なくなることには、いったいどんな関係があるのか?

ピルは、御存の知の通り、女性のホルモンを、妊娠している状態にする飲み薬です!これには様々な効果があり、女性特有の疾患などの治療や、美容目的でこの薬を飲む女性もいるようですが、日本で避妊薬として承認されたのは、1999年と最近のことですから、あまり一般的ではないといった解釈のほうが、分かりやすいかと思います。

では、疾患などにも使われるピルが何故、薄毛の原因になってしまうのか?これを飲んでいる間は、女性は妊娠している状態と、同じホルモン状態になるため、髪は抜けにくくなるのですが、やめたとたん、薬でコントロールしていた、体内のホルモンバランスが変化することで、一時的に抜け毛が増えてしまい、女性は髪が少なくなってしまうという、メカニズムが働くようです。

ですから、一般的に、ピルが関係するものは、ホルモンバラスが戻るまでの、一時的な症状と考えるといいようですが、女性の薄毛の原因は、冷えやストレスなど、複数の要因が関係しているケースがあるので、ピルをやめて数年たっても、薄毛が改善しない人もいるようです。

ちなみに、女性は冷えと聞くと、体全体が冷えているというイメージをする人が、多いかと思いますが、実は冷え=子宮が冷たいという認識をしたほうが、分かりやすいようです!ですから、薄毛を改善したい、その元であるといわれる、冷えをなんとかしたいと考えるのなら、育毛対策にもなる、この臓器を温めることが、大事だという説もあります。

何が原因となって冷えているかは、女性によって違いがありますから、一概にどうこう言えるものではありませんが、冷え=子宮を温めようという発想で、情報を収集してみると、また違った世界観が見えてくるのではないでしょうか?

もう少し踏み込んで、より細かく、女性の薄毛の原因について見ていくと、次のようなものも当てはまる可能性が高いようです。

● 睡眠不足 ● 栄養の偏り ● ホルモンの現象
● 冷え ● タバコ ● 紫外線 ● 甲状腺の病気

では、ダイエットが、女性の薄毛にどんな影響を及ぼしているのか?見ていきましょう。

髪は血液の余りといわれていて、血余と書きますが、無理なダイエットを重ねていくことで、体が栄養不足になると、末端の髪に、栄養自体が行き渡らなくなります。

そうなると、髪を作るタンパク質という材料が不足してしまうので、髪の成長が阻害されてしまいます。

こうなると、休止期毛が増えてしまいますから、脱毛が起こってくるというわけです!先程見た、より細かい女性の薄毛の理由は、客観的に見ても分かる通り、体を冷やす元にもなりますから、やはり、血の余りである髪の栄養が不足してしまい、薄毛を加速させていくのです。

次に、分娩後脱毛症について見ていきましょう!これは、読んでお分かりの通り、子供を産んだ後に起こる女性特有のものです!出産後、半年~1年ほどで自然に治るものですが、ピルを飲んだ時と同じように、妊娠によって体内のホルモンバランスが変化してしまうことが原因だと考えられています。

妊娠中は、体内で子供に栄養をとられるため、出産後に脱毛が増えるといわれています。

髪の健康を保つために、重要な役割を担っているのが、エストロゲンというホルモンですが、これが妊娠中に活発に働いていたのが、出産後いきなり休止期に入ることが、薄毛の原因となると考えられています。

出産を経験した家族は、子供を産んでから、「髪が薄くなった、白髪がすごく多くなった」と嘆いていた記憶がありますが、まだ20代だったのですが、女性の体は、本当に神秘的だなと、これらの事実に思いをはせると、不思議な思いがしてしまいます。


子供を生みだす=自分の血を分けてあげるのですから、体内の様々なバランスが一気に崩れてしまうと考えるのは、自然なことであり、プラス、子どもと一緒に、体内の大きなデトックスが出来るとも言われていますから、一時的な薄毛であるので、それほど心配することはないでしょうし、大きなデトックスが出来たので、新しいエネルギーが入ってきていると考えると、体も心も再創造されたとも捉えられます。

女性の体の神秘、奥深くてめまいがしそうです!対策ですが、出産による、女性の薄毛は、授乳期を終えると、完治する事が多いのですが、個人差があり、例えば高齢出産であった場合、体力が追いつかず、完治しないといったケースもあるようですが、個人的見解を書けば、体に起こっている状態は、なんらかの生命反応であり、体の意図があると考えられますから、その意味をうまく読み取れれば、体質改善できるので、髪が少なくて悩んでいる人も、なんらかの対策を打てるのではと思います。

次は、粃糠性脱毛症です!これは、頭皮の状態が悪いことで起こる、女性の薄毛です!フケも大量に出るのが特徴で、この症状は、生活全般を、見直すことが必要となるようです!近年、化粧品&使っている洗剤&シャンプー剤などの悪影響などの情報も、数多く出回っていますが、本人の体質に合わないものを使うことで、薄毛になったり、生活習慣が不規則となったことなどが、原因であると指摘されているようです。

フケ皮脂が、毛根の毛穴を塞ぎ、その中に脂がたまることで、血液中の栄養素が、毛母細胞にまで行き渡らなくなることが原因で、脱毛すると考えられていますから、対策は医師に相談して、生活習慣を改善するというやり方が、適切だといわれています。

ちなみに、フケが出る原因となるものは、次のようなものです。

● 細胞の活力が低下する
● 皮脂分泌が過剰になる
● 食事の偏りで、ビタミンやミネラルが不足し、角質に異常が起きる
● シャンプー剤が体質に合わないことが原因で、皮膚トラブルを起こす

脂漏性脱毛症は、読んでお分かりの通り、皮脂が過剰に分泌されることが原因となって起こる、女性の薄毛です!対策は、脂漏性皮膚炎を引き起こす場合もあるため、医師に早めに診断してもらうことが重要となるようです。

元々皮脂は、適度に頭皮にあれば、潤っているので、たわわやか髪を育ててくれる、自然の潤滑油でもあるのですが、これが、生活習慣の乱れなどが原因となって、あまりにも過剰に分泌されると、頭皮が炎症を起こしてしまい、女性の薄毛を引き起こすといわれています。

頭皮を畑と考えてみてください!髪はそこで育つ作物です!自然界で生きる私達のこの世界の中で、なんらかの不具合が起き、毎日のように雨続きで、畑に余分な水(皮脂)が溜まってくると、作物は健康に成長することが出来ず、根腐れを起こしたり、作物自体が土からぼこっと出てきしまう、頭皮が過剰な脂(水)を出す(吸収)することで、そこにとどまっていられなくなり、毛が抜け、少なくなるとイメージすると、分かりやすいかと思います。

対策は医師の診断以外、普段の生活の中で、シャンプー剤が、しっかりと洗い落とされているかどうかを確認したり、きちんとバランスよく、栄養が摂取できているかどうか、食生活の見直しをしてみるなど、女性自身が、薄毛対策を、自分で積極的にやっていければ、解決しやすい状態でもあるのではないかと思われます。

女性に多い薄毛、次は牽引性脱毛症です!現代では、ショートカットにする女性も増え、一昔前に比べたら、ロングヘアの方も、だいぶ減ったとは思いますが、この薄毛、髪の長い人に多い薄毛で、勘の良い方なら、文字を読んでなんとなく、すぐにイメージ出来るかと思いますが、可愛い髪形として人気の高い、ポニーテールや、アップヘアなどを頻繁にする女性がなりやすいものです。

対策は単純です!常に同じ髪型をするのではなく、頭皮を引っ張るようなまとめ髪を、ダウンスタイルにしたりと、変化をつけてあげながら、頭皮マッサージなどをしてあげて、ゆるめてあげるといいようです。

この牽引性脱毛症の対策に、医師の診断とありますが、個人的には、引っ張った状態が、長く続いたことで起こっているという原因が、すでにわかっているのなら、医療に頼る必要はなく、自ら髪型の変化を楽しむという、軽い気持ちで日々を過ごしていれば、自然と完治すると考えられますから、よほど心理的に追い込まれている人でない限りは、いちいち診断してもらう必要は、ないのでは?と思います。

ここからは、現代社会で増えているといわれる、20代~30代の、女性の薄毛の原因や対策に、ウィッグも使うという情報を見ていきたいと思います。

若くしてなる女性の薄毛は、専門用語で、「若年性脱毛症」と呼ばれていて、年々増加しているようですが、もちろん、年齢を考慮するとお分かりいただける通り、老化現象によるものではありません!一般的には、先ほど書いた原因、頭皮や毛母細胞の老化などが関係して、髪が少なくなるのですが、若年性の場合はこれらに当てはまらず、肌のターンオーバーと同じく、ヘアサイクル(髪のターンオーバー)の乱れが関係していると考えられています。

人間の髪は、1つの毛穴から2~3本出てくるといわれていますが、この本数が減ったり、全体的に髪の毛が細くなることで、ボリュームダウンするのです。

対策は、無理なダイエットなどをしないこと!これをやり続けていると、自律神経や栄養バランス、ホルモンバランスが乱れてしまうので、体の血流が悪くなり、頭皮や髪に栄養が行き渡らなくなるので、ヘアサイクルが乱れ、豊な髪が育ちにくい体質になっていくのです。

若年性脱毛症の対策は、ファッション性を重視しすぎて、頻繁にカラーリングやパーマをかけることなどを、避けるといった方法で、回避出来ることもあります。

もちろん、他のどの原因とも同じように、シャンプー剤や、スタイリング剤の洗い残しなどがないように、十分洗い、すすぐことも対策になりますが、これも洗いすぎは、また別の薄毛の原因となりますので、塩梅でもあります。

40代の女性の髪が少なくなるのは、年齢的にやはり、ホルモンバランスが関係しているようです!エストロゲンの分泌は、28歳くらいがピークだといわれていて、年々減っていくといわれていますから、髪の本数が減り、全体的にボリュームが減っていくため、この年代の女性の薄毛は、加速するといわれているようです。

そして、40代女性の薄毛は、頭頂部が薄くなる、びまん性脱毛症が、一番多く見られるといわれていて、他には複合型、O型、M型などもあり、それでなくても、いろんな意味で変化を感じる年代なのに、髪にまで影響が出ると、気分も落ち込んでしまいます。

自分の頭頂部が薄くなっていないかどうか?医師だけでなく、家族や愛する人に診てもらい、、逆にコミュニケーションする理由にしてしまえば、気分も変わるのではないかと、勝手に対策を作ってしまいました(笑)。



女性の薄毛対策にウィッグは?

それではここからは、この女性の薄毛、ウィッグなどをつけるCMを、見たことがある方もいらっしゃると思いますが、対策にこれを使うのは、どうなんだろう?という情報を見ていきたいと思います。

個人的にウィッグ、髪が少なくなったことを気にしてではなく、オシャレで使ったことがありますが、様々な種類のものがあり、髪を切りたくない、伸びるまで時間がかかるけど、印象をガラリと変えて、違う可愛い私を見たいと考える人にとって、ウィッグは手軽なオシャレアイテムでもありますよね!それを、薄毛に使う?

最近では、年齢を重ねても、美しさを維持している女優などを使って、薄毛対策のためのウィッグのイメージアップをしていきながら、広めている会社などもありますが、女性が髪が少なくて悩み、その対策としてウィッグを使った場合、自然に見えるのかどうか?

実は、使ったことがある、30代、出産経験のある方の実体験によると、ウィッグは、友人から見られた瞬間、「あれ?それってつけ毛(と書くと印象がダウンしますが、わかりやすく表現したいので、お許しください)?」なんて、ツッコミが入ってしまい、恥ずかしい思いをしたという話しもあるようです。

ウィッグが、風にあおられたら、まるで頭にノリがついているような状態になるので、薄毛対策でウィッグをつけているのに、さらに帽子が必須であるなんて状態で、日常をすごさなければならず、ため息をつく日々だという体験談もありました。

ですが真逆で、まったく人から気付かれなかったという体験談もあり、人によって違いがあるということが、これらの実体験から理解できるかと思います。


ある大手の、女性の薄毛対策で、ウィッグを勧めているところの商品は、なんと部分付けで・・・数万円なんて金額がついているようです!人によっては、さまざまな試みをして、対策を講じた結果、軽自動車一台分ほどの金額が、軽くふっとんだ!という恐るべし現実があるようですが、個人的解決方法を書いていいでしょうか?

ウィッグって、普通に売っているもので、数千円のものが沢山ありますから、それらを使えば、根本解決にはなりませんが、ある程度は、日常生活でオシャレも楽しめますし、とりあえずの対策で、ウィッグを使うのなら、こちらのほうが経済的にも楽で、いろんな髪型を楽しめて、便利なのでは?

日々、この安めのウィッグを使って、オシャレを楽しみ、落ち込み気味の気持ちをあげていけば、自律神経にもいい影響があると思われますから、とにかく、気分の落ち込みを解決することをまずは先決にして、日々いろんな髪型を楽しみつつ、食生活やストレスの改善などに努め、根本解決をしていくという、2つの使い分けをしていけばいいのでは?と思いますが、あなたはどう感じますか?

女性の薄毛用ウィッグですが、専門家が作っているだけに、素人の私ではわからない利点が多くあるとは思いますから、ひとつの参考にされてください。

そして、ウィッグをつけることで、薄毛が加速するのでは?という心配もあるようです!これは、最新の皮膚科医の研究報告によると、ヘアケアをきちんとしていれば、問題はないといった見解となっているようです。

ウィッグには2種類あり、部分ウィッグ、そして全体に使うものがあります。

お手入れ方法も、ウィッグがどんな原料から作られるのかによって違いがあり、高いシャンプー剤が必要なものもあるようですから、事前にしっかりと調べてから購入されたほうがいいようですが、安い数千円のウィッグでも、かなり使えるので、あまり神経質にならず、周囲から、「彼女ウィッグつけてる?」と思われ、指摘された時に、「そう、オシャレを楽しみたくて」なんて、笑っていられるように、ファッションの一部と考えていいのでは?

自然さは大事ですが、メイクをしている女性は、違和感があるのか?といえば、そんなことはなく、綺麗だなと感じられるのと同じで、髪もウィッグでオシャレを楽しむ人も多いですから、ファッションのアイテムとして、気分転換で使っていると受け取りながら使うようにして、心身の疲労をためないようにしていったほうが、髪だけではなく、体全体の健康に貢献してくれるのではないでしょうか?

いろいろと、女性の薄毛対策を探っていくと、ウィッグを使う方法以外に、頭皮に直接注射をする、皮膚科で発毛出来る(60万円ほどかかるようです)など、いろいろとあるようですが、ここで個人的薄毛経験から、見解を書いていきたいと思います。

女性の薄毛は治るの?

働く女性となった20代前半、あまりにもストレスフルな生活習慣、一人暮らしになったことで、どうしても偏りが出てしまった食生活、さまざまなことが重なって冷えていった体(子宮)、ホルモンバランスが変化していく中で、なんだか20代の頃に、髪が薄くなった経験をし、心のなかで焦りました。

「どうしよう・・・」

実は当時、OL生活をやめた後、摂食障害なども経験していて、食べ物からの栄養が、さらに不足したことで、気がつけば、家族にも指摘されるほど、髪が薄い状態になり、恐れおののいた経験を持っています(汗)。

元々、髪にクセのない、さらさらストレートヘアーを友人に羨ましがられることがあったほど、髪の悩みなどは全くなかったのですが、いろんなことが重なって、先程書いた女性の髪が少なくなる原因になるような、生活習慣もしていたことで、気がつけば、髪がどんどん薄くなっていったという現実を経験したのです。

このときは、もちろんまだ20代でしたから、症状自体もショックではありましたが、体調不良がひどかったので、そちらに意識が強くいっていたこともあり、髪の毛だけではなく、体全体を通して、改善していくという方法を実践していくことで、結果的には、髪の問題も解決されていき、現在悩みもなくなりました。

それらの経験から、女性の薄毛対策については、ウィッグを使うのも素敵な選択であると考えますが、まずは子宮を温めたり、食生活の改善、ストレスの元を断つ、といった生活習慣の改善を、しっかりとやっていくことも、大事ではないかと思います。

ちなみに、子宮を温めるってどうやるの?現在、よもぎ蒸しなんて商品も出ていたり、これが出来るお店もありますが、意外とお金がかかります!手軽なのは、低温やけどに注意しながら、ホッカイロを、よもぎ蒸しの代わりに使い、お腹にはるのではなく、下着につけて下から直接温めるという方法が、おすすめでもありますが、やり方はググっていただければ、いろいろと出てきますので、興味のある方は、情報を探っていただければと思います。

ウィッグを買うより安いお値段で、ホッカイロは手にはいりますから、血の余りである髪のために、下から温めるという逆の発想、いがいとイケるのではと考えられますが、あなたはどう思いますか?

髪は血の余りといわれていますから、先祖から流れてきた血も関係していると捉えると、親に対する不平不満が、女性(男性)の髪の薄毛や痛みに、繋がっていると考えることも出来ます!そこを改善していくことで、血の流れがスムーズになる、いろんな面から改善策、対策を見ていくと、盲点だった意外な原因が見えてくるかもしれません!

ちなみに、女性の薄毛の悩みの対策方法に、もちろんウィッグを使うのですが、髪を伸ばして、アップヘアにするという手もあるようです!

女性の薄毛の原因、そして対策にはウィッグという手もありますが、いろんなやり方があるのではないでしょうか?

無料メルマガ「在宅ブログライターで月収30万円稼ぐ方法」
by ブログライターkomichi
自由な働き方
収入と時間と人間関係の悩みから解放されて、趣味や旅行など自由にできる学生時代のサークルのようなコミュニティーを一緒に作りませんか?好きな場所、好きな時間にブログを書くだけでOL時代以上の収入と自由を手に入れる私komichiが人生を変えた「在宅ブログライター」という職業について無料で3つの動画をお届けしております。在宅ブログライターについての詳細はこちらよりご覧いただけます(推薦文あり)。




*興味がなければいつでも1クリックで配信解除できますのでお気軽にご覧いただけたら幸いです。



<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です