妊娠の兆候と19の初期症状の特徴は?

妊娠の兆候と19の初期症状の特徴は?

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「妊娠の兆候と19の初期症状の特徴は?」です。

なんでも日本は、出産する年齢が上がっていて、30歳くらいでの初産が一般的となってしまったといいます。

以前は20代での出産が普通で一般的だといわれていたのに、あっという間に10歳上がってしまい、40代で初産を経験する人も増え、海外ではなんとジャネット・ジャクソンが50歳で初産だったというニュースまで流れるほど、一般的、常識とされてきた出産年齢が激変しています。

この記事では、妊娠の兆候、初期症状の特徴など、女性の神秘的な体のメカニズムについて情報をシェアしていきます!

生理前のチクチクした腹痛の原因は?(右・左)

まずは解りやすく、女性器の状態について簡単に見ていきましょう!

内性器と外性器から出来ているのが女性器で、内性器は卵巣、卵管、子宮、膣のことで、卵管と卵巣を合わせて付属器と呼んでいます。

御存知の通り、女性器は小骨盤の中に存在している骨盤臓器で、骨盤の中央に位置しています。

妊娠に大事な役割をする子宮は、成人した女性ではほぼ鶏の卵くらいの大きさで、全長が約7cm、重さは約60~70gになっています。

女性が妊娠するときに大事な子宮は、大きく分けると子宮体部(子宮体)と、子宮頚部(子宮頸)に分けられていて腹膜に覆われています。

卵管は、卵巣から排卵された卵子の補足&輸送を行うだけでなく、精子を受精し、受精卵の分裂&分化といった、妊娠の現象の場になります!

多くの女性が経験したことがあると思いますが、生理前に子宮の辺りがチクチクするという感覚を持ったことはありませんか?

個人的にも経験したことがありますが、特に気にすることもなく、なんとなく放おっておいても大丈夫かなと感じていちいちその都度産婦人科などに行ったことはありませんが、そもそも、なぜ生理前にチクチクする初期症状が現れるのでしょうか?

実はこれ、女性ホルモンが関係していて排卵から生理前の女性の体の中では、プロゲステロンという黄体ホルモンと、エストロゲンという卵胞ホルモンが入れ替わるタイミングとなっているのです!

このような体の特徴があることが、生理前の不調やお腹のチクチクに関係しているのです。

生理の初期症状でもあるこの不調、実はホルモンバランスの崩れで起こる場合もあり、あまりにもひどいと一般的によく聞かれるPMS(月経前症候群)になります。

女性の体に生理が近づいてくると、経血の排出を促そうという働きが出てプロスタグランジンという子宮を収縮させるホルモンが分泌されます。

この作用で子宮が収縮をするとチクチクという痛みを感じ、このプロスタグランジンの分泌量が多いほど、チクチクという特徴のある痛みが感じられるのです。

多くの女性が、妊娠はしていない生理時期に、子宮のあたりにチクチクという痛みを感じる理由は生理現象であることがほとんどですが、婦人科系の病気にかかっている可能性も考えられるのです。

チクチクと痛みがある、子宮に違和感がある場合、考えられる病気は次のものがあります。

● 子宮内膜症
● 子宮頸がん
● 子宮体がん
● 子宮嚢腫
● 子宮筋腫

一般的に、妊娠していない女性が生理が始まって、子宮がチクチクするという経験をした場合、生理が終わったら収まるのが普通ですから、そういう状態であるのなら、別段気にする必要はないのですが、これが生理後まで続くようなら、なんらかの病気を疑うことも身を守るためのポイントになります。

そして、右側、左側と、特定の場所に特徴的な痛みを感じる人もいるようです。

左右差で痛みがあると不安に感じる人もいると思いますが、この痛みの特徴や左右差での違いは一体なんでしょうか?

御存知の通り、卵巣は左右に一つづつありますが、どちらか一方だけ生理前などに痛みを感じるという場合、先程書いたように生理現象である場合がほとんどだとは思いますが、病気が潜んでいることがあります、その場合は次の病気が疑われます。

● 卵巣腫瘍
● 卵巣嚢腫茎捻転

あまり一般的知識ではありませんが、卵巣は細胞分裂が盛んな臓器なのです!

そのため、場合によっては多種類の腫瘍が発生してしまうのです。

これが卵巣腫瘍で、大きく3つに分けられます。

● 上層上皮性
● 間質性腫瘍
● 胚細胞腫瘍

これを、さらに良性、境界悪性、悪性に分けていきます。

一般的に、悪性のものを卵巣がんと呼んでいます。

そして、一般的には卵巣腫瘍は症状がないことがほとんどで、痛みが出るのは、腫大した卵巣が周辺臓器を圧迫することなどが原因で起こると考えられます。

こうなると、痛みだけでなく、腹部膨満感があるという感覚を持ちます。

一般的に無症状なのは、次の理由だからだと考えられています。

● 卵巣は外界との連絡がなく、卵巣内で発生した出血は症状として出現しないから
● 卵巣は両側に存在するので一つが腫瘍によって機能しなくなっても、もう一つの卵巣が健康なら、それが代償として機能するので、ホルモン異常を起こさないから

卵巣腫瘍が良性か悪性かを診断するのは画像診断や、超音波診断で判定します。

最も多いのは表層上皮性、間質性腫瘍の良性と悪性で、悪性の場合、開腹手術をし卵巣がんの進行期を決定します。

この開腹手術は治療法ではなく、診断目的で行うのです。

卵巣嚢腫茎捻転は、ほとんどの人が聞いたことがない聞きなれない病名ですが、卵巣嚢腫が引き金となって発症してしまう疾患の一つです!

これは突然下腹部に強い痛みを感じ、なんと場合によっては卵巣が壊死してしまうこともあるので注意が必要になります。

これは、卵巣を支えている靭帯が捻れてしまうという症状で普通では起こりませんが、卵巣に腫瘍が出来て肥大化してしまうと、その重みに靭帯が耐えられなくなり卵巣が回転してしまうことで発症するのです。

2つある卵巣のうち、左右どちらで起こるかで痛む場所が変わってしまいます。

そして、生理前にチクチク痛むのが子宮か卵巣かというのは、お互いの位置が近いので意外と判断が難しいのです!

そして、実は生理前のチクチクという痛みは、なんと妊娠の兆候で、初期症状である可能性もあります。

特徴としては卵巣が痛むと感じ、妊娠している兆候であるのは、女性ホルモンの一つであるプロゲステロンの分泌を促しているからです。

この黄体ホルモンの影響で卵巣が腫れた状態になってしまい、痛みが発症するのです。

まさか、生理前になんだかチクチク痛むという状態が、妊娠の初期症状だとはほとんどの人が思わないと思いますが、受精卵が子宮内に着床するときに感じる着床痛を、卵巣の痛みだと勘違いする場合もあるようです。

生理後1~2週間で卵巣痛が現れるのが一般的で、これは妊娠の兆候と関係なく排卵痛と言われているものです。

排卵後の前後3日くらいに起き、原因はさまざまなことが考えられます。

この症状はまったく痛みを感じない人、治療が必要なほどの激痛を感じる人などがいて、生理が始まって13~15日ほどの時期に現れるのなら、妊娠の兆候ではなく、排卵痛の疑いがあります。

これは生理痛とはまったく別のものですから、同じだと考えないでください!

個人的には、生理痛はあまり感じないタイプですが、この排卵痛はときどきよく感じた経験を持っています。

では、妊娠の兆候ではないといわれる、排卵痛と生理痛の違いは一体なんでしょうか?

● 生理痛・・・子宮内膜を排泄するために子宮が収縮することで起こる痛みで、原因は子宮の収縮を促すプロスタグランジンの分泌が増えることですが、ホルモンバランスが崩れてしまい分泌量が過剰になることも原因といわれています
● 排卵痛・・・生理中にこの痛みは感じません、そして、原因は排卵に伴う体の変化で、例えば、排卵するときは、卵巣から卵子が飛び出すため細胞を突き破りますから、敏感な人などは、このときに細胞の痛みを感じます。

他には排卵時になって卵巣が傷ついて出血する場合があり、これを排卵出血と呼んでいますが、体に悪影響をおよぼすことはないのですが、引きつっているような痛みを感じることもあります。

卵巣内の卵胞が成熟すると卵子が排泄されますが、卵胞は成熟すると少し腫れたような状態になりますので、これが原因となってチクチクと痛むこともあります。

妊娠の兆候だったり、初期症状の場合だけでなく、これらの理由から、女性のお腹が生理前などに痛くなってしまうのです。

妊娠の兆候と19の初期症状の特徴は?

ここからは、妊娠の兆候と、いくつかの初期症状についての特徴をわかりやすくまとめていきましょう!

妊娠の流れはシンプルです。

● 排卵⇒受精⇒卵の輸送⇒着床

この流れで、女性は新しい命を授かります!

まずは、女性ホルモンがどこから出ているのかをご説明していきます。

ズバリ、卵巣からなのですが、御存知の通り女性ホルモンは2種類あり、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が、一ヶ月の間に一定のリズムで卵巣から分泌されます!

この卵巣に司令を出しているのは、脳の中にある視床下部と脳下垂体ですが、脳下垂体から出るホルモンが、卵巣に「ホルモンを出しなさい」と司令を出します。

女性ホルモンが多いと減らすように、少ないと増やすようコントロールするのも視床下部の仕事で、ここは自律神経をコントロールする働きもある重要な仕事をしている部位になります。

現代社会では、自律神経が乱れやすい生活習慣が一般的となっています、ですから、ここが乱れるということは、女性ホルモンも乱れてしまうのです。

妊娠などに関係が深く、特徴としてよく女性ホルンが働く場所は乳房と子宮の中で、実は皮膚や粘膜、骨や筋肉、脳や血管、腸壁でも働いていて、全身に影響を与えているのです!

これほど女性の体に大きな影響を与えている女性ホルモン、これらの働きで妊娠できるのですが、それでは、妊娠したかなという初期症状や特徴、兆候などはどんなものがあるのか見ていきましょう!

まずは、妊娠の超初期の症状は、生理予定日の一週間前に起こるといわれていて、着床するまでの流れは次のようなものになります。

● 妊娠0週・・・生理最終日
● 妊娠2週・・・生理後の約2週間後に排卵が起こりますが、この時期に性交をして精子が卵子に入ると受精したということになります
● 妊娠3週・・・その後一週間かけて受精卵が子宮にたどり着き、子宮内膜に張り付いて着床します

受精卵が着床したら妊娠超初期になり、その後兆候や症状などの特徴が体などに現れるようになります!

それでは、具体的にはどんな妊娠の兆候や初期症状の特徴が現れるのでしょうか?

♥ 胸の張りや痛み・・・女性なら生理前に胸が張るという経験を持っているかと思いますが、妊娠の初期症状の胸の張りは女性ホルモンが増えていることが原因となって起こり、乳首がひどく痛むなどの症状なども出てきます
♥ お腹が痛む、張り、下腹部が痛い・・・受精卵が着床したことで起こる妊娠の初期症状の特徴になります
♥ 頭痛・・・妊娠すると黄体ホルモンが増えるのですが、何故かと言うと、受精卵を守るために、子宮内膜内を柔らかくしてフカフカのベットで育つようにしたり、血流を良くするためです、人によっては吐き気を伴う頭痛を経験する方もいます
♥ 肌のトラブルなど・・・黄体ホルモンと卵胞ホルモンが増えることで、普段出来たことがない場所にニキビが出来たり、吹き出物が出来る人もいますが、皮脂の分泌が活発化するからです
♥ 体がだるい、眠気がとれない・・・妊娠の兆候がある場合、生理予定日の2~3日前から、寝不足でもなく疲れていないのに眠気を感じる方もいて、原因は分かっていませんが、胎児を守るためではないかという説があります
♥ 胃がムカムカする・・・黄体ホルモンが胃の働きを弱めるため、妊娠の初期症状でつわりのような状態になる方もいます
♥ 精神的に不安定になる・・・妊娠すると、特徴として女性ホルモンが変化しますから、人によっては情緒不安定になるという精神状態になる方もいる一方で、妊娠したら、なんだか穏やかな気持で過ごせるわという方もいます
♥ 便秘、頻尿、下痢など・・・妊娠すると子宮内膜を守るために子宮は広がっていきますので、これが膀胱を圧迫してしまいます。このため、トイレが近くなったり、下痢や便秘などになってしまうのです
♥ 味覚&臭覚が変化する・・・妊娠した兆候で、初期症状としてそれまで好んで食べていたものが苦手になる、逆に苦手だったものを体が欲する、ニオイにも敏感になったという特徴が現れる人もいます
♥ 腰痛・・・妊娠すると子宮が大きくなっていきますので、当然骨盤が広がっていきます。妊娠して腰痛になるのは、卵巣ホルモンの一種であるリラキシンという、関節を緩める働きがあるホルモンが分泌されるからです
♥ 着床出血・・・妊娠の初期症状として、すべての人に起こるわけではありませんが、生理予定日から3日前一週間くらいで起こりますが、原因は受精卵が子宮内膜にはりついたときに、絨毛を生やし子宮内膜を傷つけてしまうからです。この初期症状の特徴は個人差があるということで、人によって出血の色が鮮やかなピンクだったり茶色だったり、量も多かったり少なかったり、期間は1~3日で終わった、ダラダラと一週間は続いたと様々です
♥ 唾液や鼻水が変化してしまう・・・妊娠した女性で、鼻水がなんだかよく出るという方は、妊娠性鼻炎が原因の場合があります。何も食べていないのに唾液がたくさん出る場合、妊娠すると体の水分代謝が悪くなり、ドロっとした水がたまるので、これを出そうとする働きが起こるから出てくる初期症状になります
♥ おりものが変わった・・・普段とおりものの感じが変わったな、これも妊娠の兆候だといわれていて、ドロドロしている、黄色いという話ではなく、いつもとおりものが違うなという変化が、妊娠の初期症状のサインだと考えてください

他には次のような症状が、妊娠の初期症状の特徴になります!

♥ 基礎体温の高温期が続いている
♥ 微熱が出る
♥ 寝汗
♥ 足の付根が痛い
♥ 喉の渇きを感じる
 
このように、女性が妊娠すると、兆候や初期症状特徴としてこれらの変化が現れます、妊娠したことがない人や、まだ10代の人でも、ある程度これらの情報は知っている人が多いのではないでしょうか?

新しい命を体に受け入れたのですから、体調や精神に変化が出るのは当然です!

妊娠検査薬はいつから反応する?使い方は?

ここからは、販売されてからあっという間に広まった、妊娠検査薬について情報をまとめてシェアしていきます!

そもそも、妊娠検査薬とは一体なんでしょうか?

これは、様々なところから販売されている妊娠したかどうかをチェックする市販の検査薬で、現代では病院に行く前にこれでチェックをするのは一般的になりました。

例えば、株式会社アラクスから販売されている、アラクスチェックワンは1992年7月1日にデビューしています。

妊娠を望む女性が、自分の尿で妊娠しているかどうかをチェックできる検査薬で、陽性になる原理は次のようなものになります。

女性が妊娠をするというのは、受精卵が子宮に着床することですが、こうなると、子宮内膜を保ち、着床状態を維持するために卵巣内の黄体の分解を防ぎ、黄体ホルモンの分泌を継続させるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)という、妊娠中に産出されるホルモンが胎盤から分泌されます。

このhCGは体の外に排泄される尿の中にも含まれるので、妊娠検査薬に尿をかけると、妊娠していれば陽性反応が出るのです!

反応するのは、受精卵の着床が成立してからhCGがはじめて分泌されるからです。

想像妊娠などで妊娠の兆候や、初期症状の特徴が見られたとしても、胎児が体内にいないのなら妊娠検査薬に陽性反応は出てきません。

そして、妊娠検査薬で陽性が出た=おめでたですという状態ではないという情報もあり、次の症状の場合でも、妊娠の陽性反応が出るのです。

● 流産している・・・子宮内に胎盤が残っていることが原因で、すでに胎児が流れてしまったのに反応が出る
● 胞状奇胎・・・胎盤を作る繊毛の一部がぶどうの粒のように増殖する症状で、これは異常妊娠なので胎児が育ちません。(美智子皇后が経験されたものです)
● 子宮外妊娠・・・名前の通り子宮の外で受精卵が着床してしまう状態で、例えば卵巣や卵管、筋肉に間違えて着床してしまいます。

妊娠検査薬で陽性反応が出た場合、本当のおめでたならいいのですが、そうでなく流産していた場合は感染症や大量出血の恐れがあったり、胞状奇胎で発見が遅れると大出血や後遺症が残ったりしますし、子宮外妊娠の場合は命に関わる場合がありますので、陽性反応が出た場合できるだけ早くドクターに診療してもらうことも大事なポイントになります!

妊娠検査薬は、いつごろから使えるのでしょうか?

生理予定日一週間後が、一般的に使用する時期になります。

理由は、妊娠すると分泌される女性ホルモンがある一定量を超えないと、妊娠検査薬の陽性反応が出ないからです。

これに達する分泌のスピードは個人差がありますが、一週間後なら陽性が確認出来ると考えられます。

使う時期が早すぎると、フライング検査となり、正しい妊娠判定が出来ない場合がありますので注意が必要です。

一週間も待てない、すぐにでも検査をして確かめたいという方のために、現在では早期妊娠検査薬も販売されていて、これは一般のものよりもhCG感度が高いので、早い段階で確かめることが出来ます。

一般的なものはhCGが50mIU/mLで、早期の場合は25になりますので、妊娠していれば着床から3日程度で妊娠判定出来ます。

ただ、着床日や排卵日がずれていると、早期妊娠検査薬でも陰性反応が出てしまう場合がありますので、これを使って陰性だったんだけど一向に生理が始まらないというときは、再度確かめたほうが良さそうです。

使い方は簡単で、次のように行います。

まず、どの時間帯の尿でも出来ます。

➀ 検査薬の該当部位に尿をかけますが、検査薬によって尿をかける秒数が違いますからしっかりと確認しましょう
➁ 水平にして1分ほど置いておきます
➂ 検査が終わったことを示す「終了窓」と、陰性か陽性かの判断が出来る「判定窓」があり、終了したら判定窓を見てチェックしましょう。基本的には使い方は同じですが、会社によって違いがあるので、自分が購入したものはどのように使うのかしっかりとチェックして行いましょう

近年、不妊治療で妊娠に苦労しているご夫婦も多くいらっしゃいますから、この検査薬で陽性が出たとしても、医師の診断を受けてはっきりとするまでは喜びすぎないようにしましょう。

先程書いたように、違う理由で陽性反応が出て、妊娠の兆候があると判定される場合もあります。

余談ですが、1970年代頃までは、うさぎを使って妊娠初期であるかどうかを判定していた事実があるようです。

なんでも、妊娠している可能性のある女性の尿をうさぎに注射すると、うさぎの卵巣に出血や黄体の形成という変化が現れるのです。

この方法はFridmanテストと呼ばれていて、生物学者のフリードマンが発見した診断方法ですが、うさぎの命を奪ってまで検査する必要があったのかと、個人的には疑問にも思いますが、現在では命を奪うことなく妊娠検査薬で検査出来る素敵な時代となりました!

今回は、妊娠の兆候と19の初期症状について特徴などの情報をまとめていきました!

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。