婚活は何から始めればいい?

婚活は何から始めればい?

ブログライターkomichiです。自由な時間と場所で収入を得られるブログライターがどんな仕事か知りたい方はこちらをご覧ください。

今日のテーマは、「婚活は何から始めればいい」?です。

婚活・・・この言葉を聞くようになって、ずいぶん経ちますが、最近では無事結婚できたはいいけれど、何が原因かは人それぞれのようですが、妊活も盛んに行われるようになった2015年の日本、人生の伴侶を得るために、必至になっている人も多い現実を前に、多くの人が一1人じゃなく、2人で生きる人生を望んでいるのだなと感じ、素敵だなと思ってしまいます。

婚活に疲れたあなたに!

この記事では、婚活をしようと考えている人、現在やっているのだけれど、いまいちうまくいかない、出会いはあるけど、これって決め手がなくて、結婚へ進めない、そんな人に、婚活は、何から始めればいいのか?成功させるためには、何がポイントとなるのか?結婚すればいいなんて急かす周囲の声に対して、どんな心構えを持っていると楽になれるのか?安定した公務員という職業の裏に隠された事実は?といった情報をまとめていきたいと思います。

史上最低の家庭教師って、誰か知っていますか?実は自分・・・何故なら、今までの人生を選択し、そこで生きてきたのは本人だから・・・ならば、見方や考え方、意識を変えることが、婚活を始めるために大事なポイントとなるのでは?と、最初からズバリ、本質を突いてみましたが、この記事は、何がこの活動ををやる人にとって正解なのか?という情報をシェアするものではなく、こんな考え方や見方もありますよ!何がいいとか悪いとかじゃなく、あなたはどうなんでしょうか?といった投げかけでもありますので。そこをご理解いただきながら、読み進めてください。



婚活、この言葉が、一人歩きをしているように感じることもある、女性も多いのかもしれません!現在、さまざまな会社が、このビジネスを盛り上げ、個人でもこの仕事に参入して、カップルを生み出している、素敵な世界観が広がっていますが、ズバリ聞きます!



何があなたを、それほどまでに、「結婚したい」という衝動へと駆り立てるのか?結婚したければ、すればいいし、そのための出会いが少ないのなら、婚活を始めばいいと個人的にも思いますが、では、この記事を読んでいるあなたは、何故、結婚するための活動を成功させたいのですか?

これは、個人的な経験と学びから理解してきた、結婚&婚活に対する、ひとつの見方なのですが、まず、結婚って、しなきゃいけないって思い込んでいませんか?

婚活はなにから始めるのか

そして、それが人間の生き方として、当たり前で当然だという、頭でっかちな考えが、どこかにありませんか?

今はまだ若いから、もう○歳だから、婚活はまだ先でいい、いやそろそろヤバイだろう?というその観念は、女だから、女性だから特有の、こだわりではないかと感じたことはありませんか?

もう何歳だから、結婚に結びつく活動を始めればいい、結婚すればいいんだよ、人生は何が起こるか分からないんだから、結婚は保険みたいなものって思っている&もしくは、親族や親の手前、一生独身はまずいだろう?ってか、何が悲しくて、そんな孤独な人生を選ばなきゃいけない?結婚はすればいいんだよ、相手がいなきゃ、婚活を始めればいい、だってさ、みんなやっているって言うじゃん。

・・・こんな風に考えて、頭でっかちになって、途方に暮れている人も、いるかもしれません!そんなあなたに、こんな見方はいかがでしょうか?婚活=自分との対話!まずは何が大事かを、脳みそで分析する前に、子宮力のある女性だからこその生き方、自分力を育てる婚活スタイルを築きあげるのも、何が起こるかわからない世界で生きている私達に必要な、サバイバル能力ではないかと思いますが、この話、乗った?スルーする?何が大事かを決められるのは本人だけなので、読み進めるかどうかは、あなた次第!

婚活の歴史って?

まず、婚活ってそもそも、いつ頃から始まったの?確か、日本には昔から、結婚する=お見合いをするというのが、普通だった時代があったって聞いたことがあるし、現代では、恋愛結婚が当たり前にはなっていたけど、いつのまにか、結婚するための活動をしないとパートナーが見つからなくなったなんて、不思議だと思うんだけど、そこのところ、誰も崩して解説しないんだけど、なんか変だよね?と感じている、自分力&子宮力の強いあなたに、婚活が始まった経緯から、情報をシェアしたいと思います。

2015年現在、インターネット上で盛んに行われている婚活、何がきっかけで、お見合いという言葉ではなく、このスタイルが確立したのか?現在から40年以上前に誕生したこのスタイル、言葉自体は、2007年に社会学者の山田昌弘が、就活をもじって作った造語が、婚活という言葉であるといわれていますが、1970年に「全国仲人連合会」が発足したことが、日本で、結婚へと結びつけるための、活動スタイルが定着した理由であるようです!

何がこの会をつくるきっかけとなったのか?初代会長の宮原喜寿が、「明るい、良心的な結婚相談所が必要だ」とひらめき、なんと、政財界などの有志に協力をしてもらって設立されたのが、現在、意外と気楽に行われていると思われる、婚活市場の始まりであったようです。

しかも、これらの市場を作り上げた初代の人たちは、日本の栄典のひとつである、社会、そして公共の福祉や文化に貢献した人へ贈られる「紺綬褒章」を受賞し、誉高い歴史を歩んできたようです。

誉(ほまれ)とは、評判がいいとか、良い点を褒められるなど、縁起のいい言葉です!

1980年代に入ると、結婚相談所が次々と設立されていき、大手のジャスコグループなどが参入して、巨大化していき、現在のような市場へと、発展していった歴史をもっているようです!何がこれほど、この市場の拡大に貢献したのか?結婚すればいいけれど、なぜ相手を選ぶ、人と出会うのに、いちいち第三者の手を借りなければならないのか?疑問に思っている人も、少なからずいるのかなと思いますが、1990年代には、この結婚相談所は一度、市場が縮小していったようです。

その後、インターネット上で、出会い系サイトなどが活発化していき、結婚を前提とした、真剣な出会いを求める人たちのニーズを満たすサイトなどは、一時期ひっそりと、陰を潜めてしまったようです。

インターネット上に数多く出現した、出会い系サイトは、社会問題も引き起こし、2008年12月1日には、国が「改定出会い系サイト規制法」という法律を定め、多くの出会い系サイトの運営者は、その規模を縮小するか、市場から撤退するかを、余儀なくされたという経緯があります。

婚活サイトが脚光を浴びるようになってきた!

ちょうどその一年前に、もじった言葉が生み出され、結婚紹介事業は、再度脚光を浴びる形となり、何がどうこうということよりも、時代の流れ的に、婚活ブームが巻き起こり、人々は、一緒に生きる伴侶を求めて、自分の好み&生き方の企画に沿った相手を見つけようと、この婚活の世界へ、足を踏み入れるようになったのが、ざっとこの産業が発展していった流れとなっているようです!これを知って、個人的に何が面白いなと感じたかといいますと、必要だと思い込まされていることでもありました。

2000年に突入して、ネット社会がどんどん広がっていった背景の中で、婚活をしなければならない、もしくはそれ以前に、結婚をしなければならないと、どこかで刷り込まれ、そう思い込まされている現実がある事実に、意外と多くの人が気づいていない、と、強く感じたのは、きっと何がほんとなの?と感じている多くの人が、思っていることなのかもしれません。

婚活、結婚、出産、子育て、マイホーム、子供の独立、夫婦での老後の準備、子供が結婚、家族が増えて子供が幸せになり、自分も幸福感に満ち溢れる、孫の誕生、先祖から受け継いだ命を継承出来た安堵感、ある一定の年齢になれば息を引き取る、これ、無意識にいつまで続けるんですか?

どきっ!まずは自分力、ここから結婚活動について考え直してみませんか?

なんて、過激な情報を出しつつ、婚活、この言葉、やっぱりなんだかワクワクするし、魅力的だと個人的にも思います。

何が好奇心を掻き立てるって、まだ見ぬ、今の自分が想像もしていない相手が、婚活の世界に飛び込むと、見えてくるという現象が、やはり魅力的だと思うのですが、あなたはこのような活動について、どんなイメージを持っていますか?

自分で相手を見つけられないなんて、なんだかなぁ~って感じますか?それとも、同じようにワクワクしますか?

人間は、こうやって、立て続けに質問されたり、考えことがないような情報に触れると、脳みそがフリーズすると言われています!何がそうさせるのか?理由は単純です、これまで知らなかったことを知ったことと、質問攻めにされる経験は、なかなか日常ではしないからです。

それだけ人間は、日々多くのことを、ルーティンでこなしているなんて、脳科学の世界でもいわれていて、その理由は、いちいち毎日やるべきことを、朝起きた時から毎日同じように、一から考えてやっていたら、脳は人間の体の中で、一番エネルギーを消費する場所なので、餓死するほどのエネルギーを使ってしまい、生きているのがやっかいになるからという、科学的根拠があるからです!

だからこそ、いったん、これまで無意識にルーティン化してきた考えや生き方を、一度何がそうさせるのか?という、理解へと再度繋げる試みは、非常に重要な世の中になったのではと感じるのですが、あなたはどう思いますか?

独身時代に、親がお見合いの話を持ってきて、早く結婚させ手元に娘を置いて、自分が安心したいという思いを、押し付けてきた経験を持っているので、昔ながらの、親から持ち込まれるお見合いというスタイルではない、自らが結婚相手を求めて動くという選択肢は、新しいと感じます。

そして、伴侶を得るために、自ら稼いだお金を投入して、まだ見ぬ相手との出会いに、胸をときめかせる生き方、なんだか羨ましいなあとも思うのです!何がいいとか悪いという発想で生きる時代ではないことは、多くの方が実感されていると思います。

だからこそ、選択肢が広がっている現代社会の可能性は、個人的にワクワクするし、先ほど書いたように、いつまでこれ続けるんですか?という発想もありで、一昔前は、特に女性は、生きるのびるためには、結婚しか道はないという発想で生きていた人も多く、婚活という言葉は、そうではない、本人が自ら選んだという、強い意思表示=自分力を持っていると感じられるので、個人的にはこの言葉の流行は、色んな意味で、独立&自立する精神を持った人々の、心の叫びを代弁しているかのように聞こえるのですが、感じ方は人それぞれです!

人生で、何がその人を楽にし、幸せにするかは、本当に人それぞれとなった時代に生きているからこそ、婚活を選ぶ=自らの意志で立ち上がるという感じがして、お見合いを親が持ってきて、出会って、まぁ家柄も同じレベルだし、嫌な相手でもないし、別段好きな人もいないし、妥当な線だなと思って結婚するのと違って、婚活は、活動的で活発なイメージがあるのですが、もちろん、活動ですから、しんどいことも、面倒なものも、辛い部分もあることは、承知で記事をまとめているので、批判的に受け取らないでいただければと思います。

何が起こっても、どんな活動をしていても、悩みも出てくるし、しんどいことは起こるのが人生!だからこそ、できるだけ前向きに、どうせ動くなら、できるだけ喜んで楽しんで・・・もいいのでは?

という情報を踏まえて、婚活は何がポイントとなり、決め手は何を基準にすればいいの?といった話を、個人的見解も含めてシェアしていけたらと思います。

婚活の個人的なまとめ!

まず、独身の頃から、とても違和感を感じていた意識について、シェアしたいと思います!それは、結婚したら幸せになれる、1人は寂しい、安定が一番・・・。



これ、確かに一理ありです!結婚したら幸せになった人もいるだろうし、1人より2人で生きたほうが楽しいことも多くあり、安定している生活は安心で楽、紆余曲折で波乱な人生を歩んできたので、そのお気持ち、腹の底から理解できます!

ただ、そこに、自分力はあるのか?によって、やはりその後の人生の流れが変わるという経験や、周囲の人の生き様を見ながら学びをしてきて、理解したものがあるので、言葉を変えて、婚活には何が大事なポイントなのか?どういった意識を持って、始めればいいのか?という心構えについて、情報をシェアしたいのです。

それは・・・

● 結婚したいのは寂しいから、安定を求めているから、安心したいから

・・・が根底にある生き方と

● 婚活している理由は、自分にとって何が大事かを理解しているから!それは、形(結婚)があるから、そこにハマるのではなく、自分の思いが先にあり、目の前に形(結婚という制度)があったから、なんかそこに入ったほうが、面倒がないみたいと理解して、婚活を通して、結婚を選んだという意志があった。

・・・という生き方では、大きな違いが人生に起こるというものです!

周囲の人たちで、結婚をするのは、親もやってきていて、周りもある一定の年齢になったらするのだから、当然で当たり前で、普通のことだと思ってしている人の多くが、何故にこんなに不幸なのか?そんな世界観を見てきて、個人的にも不思議でした。

そして、婚活をしてもしていなくても、その道へ、自分の意志で自分力を持って、何が起こっても、すべてを自らの責任として引き受ける覚悟すら考えず、流れに乗った人と、流れに身を任せただけの人とでは、なにか大きな差があるとも理解してきました。

それっていったい、何が違うのだろう?そう考え、幼少時代から、親の様子、周囲の人達の結婚生活、考え、生き様を見ながら、現場で研究し続けて理解できたことは、婚活を始めるポイントとなるのは、自分、どうしたい?

が、いちばん最初にあるかどうか?なんだなという、とてもシンプルな考えでした!そう、なんで婚活するのか?結婚したいのか?結婚=幸せって図式に、一度「おかしくない?」って、ツッコミを入れられるかどうか、ここ重要なポイントだとわかったのです!

一番大事なのは、自分の気持ちである、を実践して大変多くの人から嫌われ、好かれ、さらに嫌われた人から好かれ直されたという経験をしつつ、学び、実践し、理解してきた、婚活には何が重要なポイントかは、あなたの気持ちだよってことなんです。

田舎であればあるほど、もう何歳だから、子供がいて、結婚していて、人生が安定していて、親と同じような生き方で、こうじゃなきゃ、世間的にもおかしいね、って考えが蔓延しがちですが、正直、ぶっちゃけ、どんな風に生きたって、人生に正解はないし、無駄や失敗もないと分かったので、シェアしていますが、婚活、したいならすればいい、結婚に興味がないのなら、何がそんなに自分を苦しめているのか、突き詰めるといいのでは?という、シンプルな発想でした。

特に、女性は生殖能力に、時間的な限界があるため、男性よりもこの辺り、非常にデリケートになるのは、経験者としても、よく理解できています。

そして、多くの女性は、子供を産まない&産めない=自分は先祖からの血をつなげていけない、ダメ人間であるという意識も強く根底にあるという事実も、経験者として理解もしています(現在まで、一度も妊娠、出産経験はありません・・・それで悩んだ時期もあり、悲しんだ経験もあり、さらには、周囲の目が気になり、しんどかった時期もあります)。

この辺りになると、婚活以前に、非常に個人的でデリケートな話になるので、ここはこの辺りで話を置いておいて、婚活には、何が重要か?は、人それぞれだと思いますが、最後はやはり、自分力=自分の本音が重要という結論に、たどり着いたのです!

私達は、周囲を幸せにしなければならない、周りに迷惑をかけてはいけない、そう刷り込まれ&思い込みながら育ち、気がつかないレベルで、自分の本音ではない、他者の思いを実現しようとする、おかしなメカニズムが、内側に出来上がっていることにすら、気づけない、そんな生き方をしてしまっている人が多い!けれど、婚活を成功させ、自分の人生をさらに充実させるために大事なポイントは、何が自分にとっての本音なのか?に気づくことから始まるのでは?という、シンプルな発想にたどり着くかどうかではないかと、深いところから気付かされたのです。

ですから、最初に書いたように、いろんな人がいますから、これは婚活をすればいいとか、はじめればいいといった薦めではなく、始まりの自分に正直になることでしか、見えてこない、婚活の成功があるのでは?という、問いかけ&投げかけの記事でもあります。

結婚しなければいけないわけじゃないけれど、婚活もしくは、あるきっかけで、何が良かったのか全然頭でわからないんだけど、一緒に生きていきたいと強く感じる人が、目の前に現れたのなら、そうすればいいし、結婚するために、料理教室に通うという発想も、本音でしたいと思っているのならすればいい。

答えって、実は自分の中にしかなく、それを引き出せるのもまた、本人にしか出来ないのだと、深いレベルで気付ければ、婚活は、自分力に目覚めることから始めればいいという見方も、出来るのかなと思います。

結婚とは、結局は一人ひとりの人生観とも表現できるので、このやり方、何があなたにピッタリか!なんて言い切れないけれど、ヒントになるものは、沢山あるのでは?ともいえると考えられます。

そして、頭で考えることよりも、特に女性は、何が一番の本音かといえば、子宮が伝えようとする意志であると、経験上からも、深く理解出来たので、あなたの子宮、どんな言葉や感覚を伝えていますか?

少々頭でっかちになりすぎの傾向がある現代社会で、この子宮の声や要求に答える生き方をしている人たちが、密かに増えているのですが、婚活で何が重要なポイントかは、多くのヒントがあるかと思います。

ですが、自分の子宮から伝わってくる熱い思いは、持ち主を幸せにしたいという、強い保護本能でもあるといわれています!何がいいのか悪いのかではなく、自分の本音はどこにあるのか?に気づくことが、何度もお伝えしているように、婚活を始めるためには、大事な要素となるのではないでしょうか?

こんな考えで、婚活をやっていれば、周囲の人が何を言っても、心乱されることはなくなり、どんな言葉をかけられても、へこんだり、落ち込む必要もなくなるので、感情の無駄遣いもしなくてすむ!すべては、本音と向き合い、そこから何が自分にとって重要なのかを理解する、そこだけでいいのでは?と、個人的には思いますが、こればかりは、答えが人の数だけあるため、ポイントだと思うことは表現できますが、誰かを納得させたり、説得出来る(する必要はないと思います)情報とはいえないのが、微妙なところです・・・(笑)

ちなみに、非常に婚活相手として、人気が高いと言われている公務員ですが、婚活は、結婚前提で行うものですから、安定している職業に就いてる相手を求める気持ち、よく理解できます・・・けれど、結婚はするまでも、いろいろと大変でもありますが、始まりは入籍後からですから、結婚自体は、目的というよりは、自分が生きる人生の中の、1つの通過点にしか過ぎないという事実から目をそらさず、何が自分の本音で、どう生きようとしているのか?目の前の相手は、その道に寄り添って一緒に生きてくれるパートナーとして、どんな要素を兼ね備えているのか?見極める目を育むのも、婚活の1つの楽しみ方なのでは?

そして裏話・・・人気の高い公務員(職種はいろいろありますが)、実は、意外と離婚率も高いという事実もあるようです!そして、政府が、2015年6月5日に閣議決定した内容によると、婚活で何が魅力なのかは人それぞれだと思いますが、人気の高い自衛官の自殺率は、一般国民よりも高い傾向があるという事実も、お知らせしておきます!

安定の裏に隠された、なにか?そこにまで思いをはせつつ、婚活に挑むのとそうでない人では、その後の人生に差が出るのでは?何が原因で自殺するのかは、ひとりひとりの思いの中にしかありませんが、婚活成功=その後の人生全部が成功ではない、そんな見方も、何が起こるかわからない人生の中に、きっちりと組み込むことも、大事なポイントではないでしょうか?

婚活を成功させるためには、何が大事?どんなことから始めればいいの?そんな思いを抱きながら飛び込んでいく人も、多いと思います!自分の本音で選択する気持ちが、どんな現実が現れても、後悔のない生き方に繋がるのではないかと、個人的には思います。



無料メルマガ「在宅ブログライターで月収30万円稼ぐ方法」
by ブログライターkomichi
自由な働き方
収入と時間と人間関係の悩みから解放されて、趣味や旅行など自由にできる学生時代のサークルのようなコミュニティーを一緒に作りませんか?好きな場所、好きな時間にブログを書くだけでOL時代以上の収入と自由を手に入れる私komichiが人生を変えた「在宅ブログライター」という職業について無料で3つの動画をお届けしております。在宅ブログライターについての詳細はこちらよりご覧いただけます(推薦文あり)。




*興味がなければいつでも1クリックで配信解除できますのでお気軽にご覧いただけたら幸いです。



<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です