家庭でできる愛犬のしつけ方とは?

家庭でできる愛犬のしつけ方とは?

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「家庭でできる愛犬のしつけ方とは?」です。

簡単な犬のしつけ方
小型犬を飼う人が増えるようになって、ずいぶん経ちますが、犬=小型というイメージが定着してきた日本で、日々散歩をさせている人を見ると、雑種の中型犬、変わった種類の犬、もしくは小型犬を数匹連れているという光景が目にとまります。

今回の記事では、家庭でできる、愛犬のしつけ方というタイトルで、情報をまとめていきたいと思います。

女性の一人暮らしでも犬はしつけられる?

近年、ペットブームが起こり、女性のひとり暮らしでも、犬を飼う人が急増しているといわれていて、愛犬のしつけ方に悩む方も増えたといわれています。

犬は知性が高いため、しつけ方を誤ると、周辺の住民に迷惑をかけることにもなりますし、飼い主にとっては愛犬であるけれど、皆が犬好きであるとはかぎりませんから、家庭できちんとしつけ方を習得して、愛犬の行動を管理していかなければ、大変なことになりかねません。



しかも、独身女性が、一人で愛犬を飼うというのは、かなりハードルが高いと考えられますから、なおのことしつけ方も含めて悩みが深まることと思います。

一緒にいてあげられる時間も少ないため、家庭で愛犬のしつけ方をマスターするのは難しいのでは?と思い込んでしまいがちですが、これは人間側の一方的な思い込みでもあり、実は、愛犬のしつけ方は、一般人が家庭で行う場合、それほど難しいものではないと、プロは話しています。

犬のしつけ教材
↑ 預けなくても一人でできる犬のしつけプログラム

では、女性の一人暮らしで、犬のしつけ方をどうしたらいいのか?

その前に、愛犬が家庭で困った行動をするという、その代表的な例を見ていきましょう。

● ご飯のときに待てが出来ない
● 遠吠えをする
● 興奮して暴れる
● 興奮するとお座りができなくなる
● 人に飛びつくクセをもっている
● 人が通るとやたらと吠える
● あちこちで粗相をする
● 散歩中に変なものを食べてしまう

愛犬によって、家庭で悩みを持つものはいろいろとあるかと思いますが、これらの行動が、基本的には困った行動として、飼い主、もしくは周囲の人から理解されているものではないかと考えられます。

なんでも、ペットショップによっては、購入しようとしている愛犬となる予定の犬が、すでにトイレなどのしつけができているという謳い文句で販売しているところもあるようですが、これはあくまでも、ペットショップのゲージの中で、トイレシートで出来るようになっているというものであるといわれていて、家庭に連れ帰ったときには、環境も変化しているため、愛犬となった犬が、きちんとトイレを覚えてくれるかどうかはまた、別の話となるといわれています。

そして、愛犬の家庭でのしつけ方で重要となるのは、排泄と、一人暮らしの女性ならば、分離している間、愛犬が不安感を増すことであるといわれています。

多くの愛犬家は、犬を家庭に招き入れたときに、しつけ方を学ぶため、書籍などを購入して実践するようですが、うまくいかない方がほとんどであるといわれています。

そして、家庭で愛犬のしつけ方をどうしたらいいか、学んだ場合、基本的に、「褒める」「おもちゃでしつける」というのが、王道であるといわれていますが、これがうまくいかず、途方にくれる飼い主も多いのが現状でもあるようです。

女性が一人暮らしで愛犬のしつけ方を理解するには、まずは目の前の犬の性格を理解することがとても重要となるようです。

犬は猫と違いますので、しつけ方をしっかりとマスターさせておかないと、大変なことになるのは、愛犬家の間ではよく理解されていることと思いますし、単に犬と言っても、種類、そしてその子によって、性格はまったく違うため、一概にこうだああだとしつけ方について、画一的なやり方があるわけではないのです。

では、どのようにすればいいのか?

家庭で、愛犬のしつけ方をマスターする方法は、人間関係と同じです!
犬と女性
先程から書いているように、目の前の犬の性格を知ること、そして、理解を示しつつ、信頼関係を築くことです。

人間同士と同じで、知らない人、信頼関係がない相手に対して、いきなりこうしてああしてなどと言っても、「なんであなたの言うことを聞かなければならないのか分からない」と、反発されるのは当然です。

犬は、人間の5歳児ほどの知能があるといわれていますから、相当賢いと考えたほうがいいかと思います。

その愛犬を相手に、家庭でしつけ方をマスターしようと考えるのなら、まずは、目の前の犬に、信頼してもらえる存在にならなければ、しつけ方の技をいくら知っていても、話にならないと考えていただければ、分かりやすいかと思います。

あなたが家庭で飼っているその愛犬は、人間が考えるよりももっと強い感受性と頭脳を兼ね備えている、非常に優秀で賢い存在であることを、まずは理解していただきたいのです。

犬のしつけ教材
↑ 預けなくても一人でできる犬のしつけプログラム

そして、家庭でのしつけ方は、実はそれほど難しくないという事実も、ご理解いただければと思います。

単に一方的に、人間側の思い通りにしようとするのは、愛犬のしつけ方としては、かなり間違っているという事実も、ご理解いただければと思います。

家庭ですべき愛犬のしつけ方

それでは、家庭ですべき、愛犬のしつけ方について、情報をみていきましょう。

おおまかにご説明すると、家庭でできる、愛犬のしつけ方は、3つになるといわれています。

● 目の前の愛犬にしかない特徴を知り、しつけ方をマスター出来なかった原因を理解しましょう
● 2秒で実践できるしつけ方をマスターする
● 愛犬が目の間で驚くほど素直になり、しかも利口になったときには、思いっきり褒めましょう

特に女性が一人暮らしで犬を飼う事になった場合、同年代の人たちが日々やっている楽しみ、例えば、会社帰りに飲みに行ったり、お稽古事に熱中したり、食事に行ったり、買い物をしたりといった、普通の楽しみを、割愛していかなければならなくなりますが、愛犬家にとって、これらを手放すのは、意外と苦にならないといわれていて、生き物との暮らしのほうが、本人にとってとても楽しいという生活スタイルに、満足してしまう傾向がある方が、やはり家庭で犬を飼うという生き方を選ぶようですから、これについては、特に問題はなさそうです。

では家庭ですべき愛犬のしつけ方には、どんなものがあるのか?

実は、愛犬と飼い主さんの数だけ、家庭でのしつけ方はあると、プロは言います。

そして、とても重要となるのは、家庭で飼っている愛犬と飼い主さんとのコミュニケーションであるといわれています。

犬は賢いのですが、家庭で飼い主が、しつけ方を進めていくのを焦るあまり、一度に多くのことを、愛犬にやってもらおうと奮闘しがちなのですが、そうすると、犬のほうも混乱してしまいますから、できるだけ少しずつ進めていくのがベターであるようです。

よくある、家庭で愛犬のしつけ方に苦労する一例をまずは見ていきましょう。

● マンションで飼えるタイプだと判断した小型犬を家庭に迎え入れたのだけれど、性格が激しく吠えまくるので苦労した
● 運動量の多い愛犬だったため、犬がストレスを強く感じてしまい破壊するなどの問題行動が目立った
● しつけ方が下手だったため、愛犬が分離不安を強く感じ、排泄などのしつけもうまくいかず、近所から苦情がきた
● 一人暮らしだったので、一人ですべてをやろうとして、体調を崩してしまい、結果的にしつけ方をマスターするどころか、世話も出来なくなった

このような情報を知ると、愛犬のしつけ方は難しいんだ、家庭で、しかも一人暮らしで、犬と一緒に暮らすなんて無謀で無理な話だと、躊躇してしまうかもしれませんが、すでに書いたように、犬のしつけ方は、それほど難しいものではありません。

それどころか、ツボさえ押さえていれば、非常に簡単で、あっという間に家庭でも上手に愛犬のしつけ方をマスターする事ができるといわれています。

そして、近年のペットブームで、日本では、なんと家庭で愛犬を飼育している率は、5軒に1軒であるといわれるほど、犬と暮らす人が増えているのです。

これは驚きですね!

現代の日本では、実は犬以上に、猫を飼育している家庭が多いという情報もあり、他の小動物を飼っている家庭も沢山あるため、なんらかの動物が家にいるのは、当たり前になっているのが、現実でもあるようです。

犬の噛み付き、トイレ、無駄吠えについて

家庭で愛犬を飼育している方にとって、しつけ方で問題となるのは、噛み付く、トイレ、そして無駄に吠えるというものだと思われます。

これらは、飼い主にとっても大変ストレスを感じるものとなるだけではなく、近所からの苦情になりかねませんから、非常に繊細な問題ともなります。

まず、犬の噛み癖について理解をしていきましょう。

家庭で愛犬をかわいがっているのだけど、しつけ方がうまくいかなかくて、噛み癖が出ているのだけれど、これは一体何故だろう?と考える飼い主さんに、犬が噛み癖を出す状況はどんなものがあるのか?説明をしていきましょう。

● 人間のかかとなどに噛み付く
● 郵便配達の人などに噛み付く
● 撫でようとした飼い主の指を噛む
● 歯の生え変わりの時期に噛む

これらは、そのときどきによって、犬の心理や状況で、噛み癖が出てしまう典型的な例です。

犬は、遊びの延長で噛み付いたり、無駄吠えをする場合もあります。

他には、愛犬自身が、恐怖心を感じたときに、攻撃行動をするため、家庭で無駄吠えをしたり、噛み癖が出たりする場合もあります。

猫もそうですが、縄張りを守ろうとして、攻撃行動をすることもあり、いろんな理由があって、遠吠え、噛み癖が出てしまう愛犬も多いといわれています。

家庭で愛犬のしつけ方について、しっかりと理解してやっていくためには、まずは飼い主である、あなたの強い意志が必要であるといえるようです。

犬のしつけ教材
↑ 預けなくても一人でできる犬のしつけプログラム

目の前の愛犬が、問題行動を起こしてしまっている場合、人間側が毅然とした態度で接することが、とても大事だということなのです。

家庭で上手に愛犬のしつけ方が出来なくて、教室などに通わせてみたのだけれど、一向に問題行動がなくならない、遠吠えするし、トイレはいまいち覚えないし、さらには噛みぐせがますますひどくなる、といった行動が見られる場合、飼い主さんの、性格に問題があると考えることも大事となるようです。

行き当たりばったりの、感情的なしつけ方を実践してしまうと、家庭で愛犬がうまく育たないだけではなく、犬の攻撃行動を助長してしまいかねません。

そうなると、せっかく可愛い愛犬がやってきたのに、楽しい生活が出来なくなってしまい、一緒に暮らせなくなってしまうのは、悲しい。

そうならないために、プロの力を借りることも大事ですから、しつけ方教室でダメだった場合、もっと別のアプローチが必要であるコツに気づくことが重要です!

そして、世の中にはさまざまな情報が出ていますが、家庭で愛犬のしつけ方をマスターするのは、それほど難しいことではありません。

誰にでも簡単にできるだけではなく、もう大人の犬になったから、家庭でしつけ方をマスターするのは無理かしら?と思っていたとしても、それも関係ないと、プロは言いますから、コツさえ掴めば、家庭で愛犬と楽しく暮らすことは可能であるといえるようです。

そして、犬が遠吠えしたり、噛み付いたり、トイレが上手に出来ないのは、愛犬に問題があるのではなく、実は飼い主側に問題があるという事実に気づき、しっかりとその現実に向き合うことが大事であるといえるのです。

そう、家庭で愛犬のしつけ方を実践するためには、買主側の心構えと、しつけ方が非常に大事であることに気づくことが重要となります。

要するに、愛犬と飼い主の関係を、根本から考え直すことが必要であるといえるようです。

犬はかなり人間に寄り添う生き物です。

猫は、どちらかというと、勝手気ままでしつけも必要としない動物ですから、散歩もしなくていいため、気軽な感覚で一緒に暮らせますが、犬はそうはいきません。

散歩中に、知らない人間を見て、無駄吠えをしたり、噛み付きそうになったら大変です。

きちんとしつけ方をマスターして、家庭でしっかりと愛犬の世話をすることは、飼い主の重要な責任でもあります。

可愛いという気持ちだけで、一緒に暮らせないのが犬の特徴でもあります、しつけ方の基礎的な知識もないまま、闇雲に家庭で愛犬をしつけようとしても、無理がある、犬を飼ってきた方の中には、これを痛いほど理解している人は多いかと思います。

なんにでもコツや基礎的なやり方がありますので、これを知り、家庭で上手に愛犬のしつけ方をマスターできれば、一緒に暮らす日々が、最高に楽しいものになると思いますので、しっかりと、情報を知ることが大事だであることを、強く強調してお伝えしたいと思います。

現代社会では、愛犬のしつけ方をマスターするために、警察犬などを訓練するところでも、家庭の犬のしつけに力を注いでいるところも増えているといわれていますが、家庭で気楽に出来るほうが、飼い主さんにとっても、楽であると思われます。

しかも、できれば、余計な出費は抑えたいところですし、一人で学べ、しつけ方をマスター出来る気軽な方法があれば、そのほうが家庭で愛犬と向き合っている飼い主にとっては、分かりやすいものでもありますよね!

ほんのちょっとしたコツをマスターするだけで、家庭で愛犬と暮らす日々が、より楽しく、喜びに満ちたものになるのなら、どれだけ楽しいか、想像するだけでも、ワクワクしませんか?

愛犬と生きる日常に、多くの喜びをもたらすのは、家庭でしっかりとしつけ方をマスターした、飼い主の毅然とした態度と、愛情、そして、お互いのコミュニケーションである、この3つが揃えば、一緒に生きる日々は、より一層濃厚な喜びを与えてくれます。

遠吠え、噛み癖、トイレを覚えない、せっかく家庭に招き入れた愛犬が、言うことを聞かない、思い通りに動かない、そんな悩みを抱える飼い主も多い現代で、ちょっとしたコツさえ掴めば、いくらでも愛犬と楽しく暮らせる日常が手に入ることを知れば、世界はまた違った色を見せてくれる。

しつけ方は難しいものではなく、ちょっとしたコツであることに気づくだけで、多くの愛犬家は、口を揃えて、家庭でのしつけ方について、次のような深い気付きにたどり着くといわれています。

それは・・・何度も書いているとおり、愛犬が悪いのではなく、家庭でのしつけ方に問題がある、そう、飼い主=人間がだめ、犬をしつける=人間もしつけられるという事実に、驚きとともに気づくというものです。

愛犬を家庭でどう扱い、しつけ方についてどうしたらいいのか?プロにコツを聞くのが一番早く、そして、分かりやすいという情報をまとめていきました。




<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です