小松菜奈のメイク方法

この記事では、小松菜奈のメイク方法についてご紹介します!

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「小松菜奈のメイク方法」です。

いつか絶対、ルミネの広告モデルになってやる!電車に乗っていたときに、ルミネの看板を観るたびに、そう心に決めていたという小松菜奈、自分にとって、大きすぎると思われたその夢は、2015年、見事に花開き、夢は現実となったようです。

なれるといいなぁ、という、エゴの入っていない、純粋な憧れだったからこそ、実現したのかなと思いますが、小松菜奈が心から望んでいた夢が叶ったのは、とても素敵なことだと感じられます。

この記事では、見事心の片隅で、育ててきた夢が叶った、小松菜奈のメイク方法や、どんな子なのかな?といった情報や、彼女の使っている、カラコンのメリットやデメリットについて、ファンデーションのプラス・マイナス点などについてもまとめていきます。

小松菜奈のメイク

小松菜奈(こまつなな)のプロフィール

まずは、小松菜奈(こまつなな)について、知っていきたいと思います。

1996年2月16日生まれの19歳、2008年に「ニコ☆プチ」という名前の、「nicola」の姉妹雑誌に起用されて、芸能界デビューをされています。

この姉妹雑誌のニコラは、元々、小学校高学年から、中学生が対象のファッション雑誌で、読者からは、この雑誌のモデルは、「ニコ㋲」と呼ばれ、絶大な人気があるといわれているだけではなく、この雑誌のモデルになるためのオーディションには、毎年数万にもの応募があるという、大人気となっているファッション雑誌でもあるようです。



小松菜奈がモデルに起用されたのは、この雑誌の姉妹版ですが、ニコラが中学生向けの雑誌に変更され、小学生向きのものがなくなったため、創刊した雑誌であるようですが、「日本の小学生文化を世界に発信していこうと」いったコンセプトを元に、作られているようです。

現代では、小学生でもファッション雑誌を読む時代なんだと、時代の流れに驚くとともに、確かに、街を歩けば、年齢関係なく、オシャレを楽しんでいる女子も増えているのは、目に見える現実ですから、素敵だなとは感じられます。

小松菜奈が起用されたこの雑誌は、細かく分けると、モデルの種類が異なり、専属モデルは交通費も出て、メイク方法なども、プロが手がけるのですが、読者モデルになると、自己負担となり、他には、レギュラープチ㋲や、スーパー読者モデル、仮のプチ㋲などといった分けられ方をしていて、様々な方法で、モデルが活躍できる雑誌となっているようです!

すでに、事務所などに所属する女子を対象としてモデルに選んだり、もちろん、スカウトや、オーディションも行うようですが、小学校高学年くらいの女子にとっては、非常に夢がある、そんな雑誌となっているようです。

小松菜奈は姉妹雑誌ですが、ニコラ出身の女優には、ハリウッド映画にも出演された、栗山千明や、女優としても、個人的には評価が高いと感じられる新垣結衣、お騒がせ女優から一転、やはり才能のある女優だと改めて感じさせてくれた、沢尻エリカ、天然キャラで人気となった能年玲奈などもいて、人気女優の登竜門のような雑誌となっているようです。

ニコラの発行部数は、2013年時点で21万部、小松菜奈が起用された、姉妹雑誌「ニコ☆プチ」は10万部となっているようです。

本が売れない時代と言われている現代社会で、雑誌の発行部数がこれほどあるのですから、人気が高いことが分かります。

一時期、きせかえのゲームが流行りましたが、現在も、数多くの無料着せ替えゲームのアプリなどがあり、ドレスからコスプレまで、個人が好きな様に楽しめる、そんな世界観がどんどん広がっていて、使う側にとっては、とても楽しい世界が広がっているようです。

ファッションには、ルールはないと言われていますが、一昔前は、色は3色まで、モノトーンや、シンプルなファッションがカッコイイ、女性らしさを出すのなら、やはりコンサバで決まり!なんて、意外とルールがあった時代もありますが、最近では、街をあるいていても、メイク方法や、髪型、コーディネートを見た瞬間、これまで、見たことがないような組み合わせをしている女性を、見かけることが多くあり、どんどんこの世界も、自由度が広がっているのだなと、驚かされます!

小学生からファッション雑誌を読むような時代がやってきた、だからといって別段驚くこともありませんが、女子の夢が、沢山叶う時代となったと捉えると、本当に面白い世界観だと個人的には思います。

小松菜奈は、2014年「渇き」というタイトルの映画のオーディションで、監督から女優の才能を見出され、この作品に出演したのですが、最初は演技もあまりうまく出来なかったようで、監督から下手くそなんて怒鳴られたりする日々を乗り越え、活躍の場を、どんどん広げていっているようです。

小松菜奈、渇きでのワンシーン

両親は、佐賀県と沖縄出身で、生粋の日本人なのですが、かなり個性的な顔立ちをしているため、ハーフなどに間違えられることも多いようですが、たしかに、かなりビジュアル的には、あまり見かけないタイプの顔立ちではあります。

2015年5月に、WOWOWプライムで放送が決定している、綿矢りさ原作のドラマ「連続ドラマW夢を与える」では、ハリウッド女優でもある、菊地凛子とW主演を務めていて、意外性のある組み合わせに、個人的には驚きました。

しかも、まだ34歳の菊地凛子が、小松菜奈の母親役という設定に、芸能界も、年齢にこだわらず、キャスティングをされているんだなと感じられ、いろんなものの価値観が、大きく変化しているのだなと、改めて感じました。

一時期日本でも流行った、韓流ドラマの中で、どう見ても、高校生役は無理じゃないかと思う、ヨン様の姿に、ツッコミをいれつつ、ハマった人もいるかもしれませんが、あんな風に、ゴリ押ししてしまえば、不自然だと感じられるものも、意外と新鮮に受け取られ、まぁいいんじゃないと、思ってもらえるのかもしれませんね。

やったもん勝ちという言葉の通り、やってみれば、そんなに抵抗感は持たれないのかもしれません。

34歳の菊地凛子と、19歳の小松菜奈、仮にこの2人が親子であった場合、菊地凛子が15歳の時に産んだ子供ということになりますが、ありえない話ではないので、不自然なキャスティングでもないのかなと、細かいことを考えてしまいました。

女優として歩み始めたばかりでもある小松菜奈、透明感のある女性だと、個人的にも思いますが、彼女のメイク方法が、注目されているようです。

では、小松菜奈のメイク方法について、ここからは見ていきたいと思います。

なんでも、小松菜奈のやっている化粧方法は、お人形メイクと呼ばれるやり方でもあるようです!このメイク方法の特徴から、まずは見ていきます。

きゃりーぱみゅぱみゅや、神田沙也加なども、小松菜奈のやっているメイク方法と同じやり方で、お人形メイクをされているようです。

色素が薄く、つけまつげを必ずつけて、ぱっちり目元を作り上げ、人気のカラーコンタクトを使用することで、人間味のある顔立ちを、どんどんメイク方法で、人形顔に近づけていくやり方のようです。

小松菜奈のカラコンとアイメイク

ベースメイクが大切で、まだ19歳の小松菜奈なら、お化粧に凝らなくても、素肌自体が美しいので、あまりファンデーションなどを、厚く塗りこむ必要はないかと思いますが、お人形メイクと呼ばれるだけありますから、できるだけ人間チックな毛穴などが見えないよう、きっちりとベース作りをすることが、重要でもあるようです。

小松菜奈のメイク方法の特徴ですが、先程もご紹介したように、お人形メイクですから、目を大きく見せ、美しい素肌を強調する、つけまつげをしっかりとつけ、カラコンで目の印象を強めるといったものがあるようです。

真っ赤な口紅をつけている画像などもありますが、小松菜奈の素肌美には、この色を選んだのは、意外と正解だったかなと思います。

以前なら、小松菜奈がつけている、真っ赤な口紅などは、若い女性向きではないなんて言われていたのですが、現代は、年齢に関係なく、似合っているのなら、小松菜奈のように、まだ10代の女性がつけたって、ばっちり似合ってしまうのではないかと思います。



小松菜奈は、太い眉毛が特徴です!これはどうやら、地眉毛のようです!モデルの平子理沙もそうですが、太眉は、以前は「イマイチ」だとか、「ださい」なんて言われて、この眉毛は、あまりウケが良くなったのですが、小松菜奈にはよく似合っていると思います。

彼女のメイク方法に憧れる、10代の少女達は多いようですから、ここからは、カラコンの利点やマイナス点について、情報をシェアしていきたいと思います。

カラーコンタクト、略してカラコンは、とても人気がありますが、意外とマイナス点も指摘されています!小松菜奈も使っているだけではなく、CMにも出演しているカラコンの利点は、レンズの色、そしてデザインなどによって、目に入れた後の、顔の印象が、大幅に変化することでもあります。

メイク方法の1つとして、数年前から大流行しましたが、確かに、これを入れている小松菜奈の顔立ちも、目に力があり、非常にエキゾチックな、不思議な雰囲気を醸し出されているので、印象に残りやすい顔となっています。

ファッション、そしてお化粧で、人間はこんなにも可能性が広がるのか?と驚きますが、目の色が変わるだけで、非常に雰囲気が変化しますので、可愛いを目指す女子にとっては、自分をより綺麗に、可愛らしく見せるためのメイク方法であり、武器にもなるものですから、使って変化を楽しみたい気持ちも、よく理解できます。

ただ、メリットがあるものには、必ずデメリットもあり、メイク方法の中では、一見手軽で、すぐに変化が実感できるカラコンですが、マイナス要素もありますので、そちらを見ていきたいと思います。

目の角膜に、直接触れてしまうタイプの商品ですから、扱い方次第では、雰囲気を可愛く変化出来るだけではなく、目の角膜などを傷つけたり、取り扱いなどを間違えた場合、目に障害が出てしまったり、トラブルが発生してしまう場合もあるようです。

では、小松菜奈もメイク方法として取り入れている、このカラコンのお手入れの方法などに間違いがあったりした場合、どんな症状が出てしまうのか?

● 角膜上皮剥離 ● 角膜炎 ● 角膜びらん ● 結膜炎 ● 点状表層角膜症
● 角膜浸潤 ● 角膜潰瘍 ● 角膜浮腫

これらのトラブルを抱える女性も、増えているといわれていますから、可愛くなりたい、イメージを変えたいと考えたときに、気軽に使えるものですが、十分な注意も必要になるようです。

小松菜奈も使っているこの商品は、10代後半から、20代前半の女性が好んで使っているもので、お手軽メイク方法として人気が高いようですが、取り扱うときには、使用方法をしっかりと理解してから使うようにして、安全に楽しむことも大事な要素となるようですね!

では、小松菜奈もカラコンを使って、可愛いを強調している、この商品の取り扱いの注意事項は、いったいどんなものがあるのか?個人的には、目に異物を入れるということ自体「怖い!」と感じるので、この商品を使ったことはありません。

気軽にこれを、目に入れられる人は、とっても凄いと思ってしまいますが、カラコンには、ちゃんと裏表があるので、これを間違えると、非常に違和感があるだけではなく、ものの見え方がおかしくなるので、きちんとどちらが表側になるのかを把握してから、細心の注意を払って入れるようにしてください。

もちろん、目の粘膜に触れるので、手はきちんと綺麗に洗ってから、小松菜奈の使っているこの商品を、使っていってください。

いちばん最初にやるべきことが後回しになってしまいましたが、商品を買ってきたときに、傷があるかないかを、しっかりとチェックしましょう。

傷がある場合、言えば変えてくれるようですから、こういった細かいことに、十分配慮されてください!装着する前には、まずは専用の洗浄液で、レンズの両面を綺麗にしておきましょう。

レンズに傷をつけてしまっては、元も子もないので、爪は切っておき、不必要な傷をつけるのを、避けるようにしてください!女性は、意外と腹が据わっている人が多いので、適当な部分があり、あまり細かいことを気にしない、といったタイプの人も多いといわれていますが、目は大事な部分ですから、メイク方法として楽しむのなら、体を傷つけないようにといった考えも持って、小松菜奈の真似をしたほうが、後々目のトラブルになったときのほうが、いろいろと面倒なことになりますので、できるだけ、体に負担のかからないやり方を選択されたほうが、ベストかなと思います。

洗浄液などは、薬局で販売していますので、出来る限り、このようなものを使って、カラコンを使ったメイク方法を、より安全に楽しんでください。

では何故、きちんとした洗浄液などを使って、ケアをする必要があるのか?その理由についてみていきます。

なんでも、小松菜奈もCMをしているカラコンは、2009年に「薬事法」で、「医療機器」に認定されましたが、それ以前には、この扱いがなかったため、粗悪品が出回ってしまい、それらの理由から、目のトラブルが多かったという指摘がされ、認定されるようになったようです。

小松菜奈が使っているからといった、安易な理由だけで、可愛く見えるメイク方法として、この商品を気軽に使うのは、非常に危険な部分もあるようです。

洗浄をしっかりとする理由は、目には細菌がいることと、レンズを目に装着した後、取り出すと、そこには、目に付着している、タンパク質などもついてしまいます。

これらを、洗浄液できちんとケアして綺麗にしておかないで、次の日に、同じように、可愛くなるメイク方法として、レンズをそのまま装着すると、細菌やタンパク質などの汚れが、目に付着してしまい、これが、先ほど書いた、目のトラブルとなってしまうのです。

結膜炎などになると、白目の部分が赤くなってしまいますから、可愛いくなれるだなんて気楽なことを言っていられなくなります。

澄んだ綺麗な瞳も、小松菜奈の魅力でもあります、赤くなった瞳では、自信を持って人前に出ることが出来ません。

ですから、出来る限り綺麗にケアしてあげて、安全な状態で、可愛いメイク方法も、使っていくようにしてください。

小松菜奈のお人形メイク

次に、小松菜奈のお人形メイクの特徴である、あのドール人形のような素肌を作る、ファンデーションの利点と、マイナス点について見ていきましょう。

このメイク方法がおすすめ!可愛くなるなら、このアイシャドウがいい!といった情報なら、数多く出回っていますから、できるだけ読んでいる方にとって、有益な情報を発信していきたので、あまり書かれない、ファンデーションの、メリットデメリットについて、理解を深めていただきたいと思います。

現代では、ノーファンデーションで通すという人も多いといわれていますが、年齢によっては、ファンデをつけないほうがいいタイプの人もいます。

例えば、まだ10代で肌がピチピチな人や、40代になっていて、厚塗りファンデをすると、老けて見えるといわれる人、現代では、絶対に人前に出るときに、ファンデーションをつけなければならないといった決まりはない、といわれるようになりましたが、小松菜奈のような、メイク方法を選択する場合、どうしても必要なのはあの、ドール人形のような素肌です。

毛穴や素肌に自信がない人にとっては、ファンデーションはありがたいものでもありますが、これには、ご存じのように、リキッドタイプとパウダー、そしてミネラルファンデーションというものがあります。

BBクリームなどもあり、粉をはたいてベースメイクは終了、という方もいるかもしれません。

このファンデーションを使うメリットは、紫外線やホコリ、汚れなどから、肌をしっかりと守ってくれることです!素肌をより綺麗に見せてくれるだけではなく、20代の女性なら、お化粧をした顔立ちが、非常に映えるという利点もあります。

デメリットは、商品によっては、肌への負担が大きいといったものや、例えばリキッドタイプのものは、顔に塗ったときに、毛穴の奥に入り込んで塞いでしまうことで、毛穴が開いて目立つようになるというマイナス要素もあります。

小松菜奈のように、まだ若い女性なら、毛穴の目立ちは、そんなに心配はいらないかもしれませんが、脂性の肌の人には、リキッドタイプは向いていませんし、乾燥肌の人には、パウダーファンデーションは、乾燥を加速させる恐れがあるため、向いていないといわれています。

では、近年注目を浴びている、ミネラルファンデーションならどうでしょうか?小松菜奈のような、透明感のあるメイク方法に憧れている人にとって、ベースメイクをどうするかは、やはり悩みどころではないでしょうか?

ミネラル成分でできたファンデーションは、鉱物が主成分なので、肌につけても、化学変化が行われないため、肌への負担が少ないところがメリットですが、崩れやすいのが欠点!肌に密着して、落ちにくくする成分も入っていないため、よれやすく、カバー力も強くないので、シミやシワなど、実は隠しておきたい肌の気になる部分は、カバー出来ないのです。

個人的に使っていますが、年齢を重ねている女性のほうが、向いているといわれていて、何もつけないより、少しでもこういったものをつけているほうが、見た目も綺麗に見えるだけではなく、一度つければ、意外と持ちがいいので、そんなに頻繁に化粧直しをする必要もないので、面倒なメイク方法に、うんざりしている方には、向いているのではと思います。

あるメークアップアーティストの女性も、年齢を重ねた女性にこそ向いている、もちろん20代、30代、40代の女性でも、肌の負担が気になるのなら、これを使うといいのでは?と推薦していましたが、使っているので、意外とこれはいいのでは?とは思っています。

接客業をやっていた頃は、ファンデーションも、メイク方法も、かなり凝ったりしましたが、小松菜奈のように、ナチュラル系なメイクのほうが、肌への負担が少ないことは、経験として理解していますが、やはり、20代、30代、40代と、年齢を重ねても、女性はいつまでも、オシャレをして、綺麗にメイクをして、輝き続けていたいものですよね!普段は、小松菜奈のような、ドール人形のような素肌を作るために、ベースメイクをきっちりとして、そうでないときには、ミネラルファンデなどで、負担を減らしてあげるといった工夫をしながら、上手に化粧品とも付き合っていければいいのでは?と、個人的には思います。

小松菜奈のやっているお人形メイクの、目元の作り方ですが、上下につけまつげをつけ、アイホール全体には、クリーム色のシャドウを入れ、二重幅にはベージのアイシャドウを塗り、アイラインをきりっと引いたら、つけまつげをつけ、黒目の部分にあたるまつげにマスカラをつけ、眉ペンシルを使って、涙袋をぷっくりと強調させ、綿棒できちんとぼかして、不自然にならないようにしておきます。

小松菜奈の写真を見ると分かりますが、彼女のメイク方法のキモ!となるのは、あのぷっくらとした唇です!ちょっと太めの、ぽってりとした印象になるよう、口紅を塗りこんでいき、可愛いを存分にアピールしてあげてください。

独特の雰囲気で、若い女性から圧倒的に支持されているといわれる小松菜奈、彼女のメイク方法が注目を集めているようですが、肌への負担も考慮して楽しんでください。




<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です