川谷絵音の嫁の現在は?

川谷絵音の嫁の現在は?

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「川谷絵音の嫁の現在は?」です。

ベッキーとの不倫騒動で始まった2016年の芸能界、お相手のゲスの極み乙女というバンドのボーカルの川谷絵音が、同年5月9日に更新したブログで、嫁と離婚が成立したことを発表しました。

ベッキーは1月30日から休業していたのですが、4月末に「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」の収録に参加したことが5月10日に分かったのですが、復帰に向けてベッキー側が動いていることと、川谷絵音の離婚は別の動きだったので、この度、離婚が成立したことで、この収録を放送する日程に関してや、ベッキーの復帰に関しては、慎重な対応が必要となり、視聴者に、離婚が成立したから復帰となったと受け取られる可能性もあるため、放送するかどうか、慎重に考えられているようです。

個人的に、大きな騒動に発展したなと感じましたが、出来た嫁だという認識など、様々な認知がされた、川谷絵音の嫁だった女性の現在は、一体どうなっているのでしょうか?

まずは、川谷絵音とベッキーとの不倫騒動の流れをざっとおさらいしていき、現在の嫁はどうしているのか見ていきます。

簡単に二人のプロフィールからご紹介していきます。

川谷絵音は、1988年12月3日生まれの27歳、長崎県松浦市出身で、本名は川谷健太です。

川谷絵音のプロフィール

絵音という名前が本名であれば、粋な名前を付けてもらったなと感じたのですが、こちらは芸名で、本名は普通の名前でした。

ギタリスト、キーボーディスと、作詞作曲もしていて、東京農工大学工学部応用分子科学化を中退しています。

大学の学部だけを見ると、音楽に全く関係ない分野だなと思わずツッコミをいれたくなってしまいますが、難しそうなことを勉強されてきています。

どうやら、かなり厳格な家庭で育った川谷絵音の父親は、世界史の教師で体育会系の厳しい人物のようですが、母親はキリスト教徒で、熱心に崇拝しているようです。

7歳年上の兄、6歳年上の姉がいる川谷絵音は、高校生時代にバンドを結成し、音楽活動を開始しています。

なんとCDを毎月40枚も購入し、仕事に生かすために研究をしている仕事熱心な面もあるようですが、2016年に起こったベッキーとの不倫騒動で、世の中の女性から、かなり手厳しい目を向けられてしまいました。

元々、高校生くらいの頃から、歌がうまいことは自分でも分かっていたようです。

そんな川谷絵音をデビュー前から支えていたのが、2016年5月現在、離婚が成立した、元嫁だったといいます。

嫁だった人物については一般人なので、多くの情報はありませんが、なんでも、夢を持って東京へやってきた元嫁は、就職のために上京したようですが、そこで知り合った川谷絵音のバンド活動を裏で支え、雑用などもしながら、彼が夢に向かって進んでいく姿を見守ってきたのです!

そして、2015年7月に、川谷絵音と結婚し、嫁となったのですが、その後も様々なことに振り回されていきますが、これに関しては、後ほどご紹介していきます。

ベッキーは、1984年3月6日生まれの32歳、川谷絵音より5歳年上になります!

ベッキーのプロフィール

本名は、レベッカ・英里・レイボーンで、父親がイギリス人で母親が日本人のハーフ、妹が一人居て、ロサンゼルスでダンサーをしています。

ベッキーが芸能界に入ったきっかけは、14歳のときに下着モデルのオーディションを受けたことがきっかけでした。

ここで審査員をしていた、現在の所属事務所の、サンミュージック社長の相澤秀禎氏に見出されたことで、芸能界で生きていくことになりました。

優等生タレントとして30歳過ぎるまで、熱愛スクープもない真面目な印象の強いタレントとして活躍をしてきたベッキーが、川谷絵音との不倫騒動を起こした流れについて、まずは改めて見てきたいと思います。

川谷絵音は、2015年7月に、一般女性と結婚をしていましたが、その3ヶ月後の10月に、ベッキーと出会い、付き合いが始まったといいます。

最初ベッキーは、川谷絵音が既婚者であることを知らなかったのですが、その後本人が告白をし、結婚していて嫁がいる事実を知ることになります。

ここでその先に行くのをやめておけば良かったのに、二人の関係はズルズルと続いていくことになりました。

不思議な話ですが、川谷絵音は、ファンの人達にも、自分が結婚し嫁がいる事実を伏せていたのです、この事実をベッキーが知ったのは11月下旬だったといいます。

ベッキーと川谷絵音の交際を、元嫁だった人物から週刊文春がキャッチし、二人の関係を探っていきながら、それを記事にされたことが、不倫騒動の発端でした!

ベッキーと川谷絵音のスキャンダル報道

川谷絵音は、ベッキーとの交際の中で、LINEなどを使って、今後離婚に向けて話し合いをすることなどを伝え、それにベッキーが応える形で、離婚届を卒論と呼んで、二人の関係を続けていくために、結婚生活や嫁との関係を整理するという方向で、二人の仲は発展していくかに見えたのです。

2016年のお正月には、川谷絵音は嫁ではなくベッキーを実家の長崎に連れて行きます。

この時点で、非常に川谷絵音の考え方に驚きますが、これが一連の流れになります。

そして、以前からリークしていた週刊文春が、同年1月7日に、川谷絵音とベッキーの不倫を報じることが分かったため、前日の6日に、ベッキーは一人で一方的な謝罪会見を開き、マスコミからの質問に一切答えない、自分の言い分だけを伝える会見を開きました。

この場で、川谷絵音のことは、「友達」だと答えているのですが、同時に川谷絵音もマスコミに釈明FAXを送り、ベッキーと同じく、二人は友人関係であると強調しました。

なんでも、6日に送ったFAXには、嫁である女性の存在を認めたのですが、川谷絵音は、その2日前に週刊文春が嫁の存在について直撃したときには、なんと結婚している事実は否定、嫁であるはずの女性のことは、知っていて友達だと主張したのです。

子供かっとツッコミをれたくなるような、27歳立派な大人の男子である川谷絵音の態度は、現在も多くの女性にとって、許しがたいものであると考えられるようですが、もちろん支持されている方もいます。

友人関係であるという主張をあくまでもする二人に、追い打ちかけるように、次々と週刊文春が、二人の裏の部分を暴露していき、ネット上も騒然としていきます。

表向きは友人と主張していましたが、実は二人はこの状態について、LINEで次ようなやりとりをしていたことが、週刊文春の暴露で発覚し、多くの人を巻き込んで、ネット上でも炎上騒ぎを引き起こす事態に発展していくのです!

ベッキーが、「友達で押し通す予定」と書き込み、それに対して川谷絵音が「逆に堂々とできるキッカケになるかも」「私もそう思ってるよ」「よし」「そうとしか思えない」「ありがとう文春」「オフィシャルになるだけ」「ありがとう文春」「感謝しよう」。

ベッキーと川谷絵音のLINE流出は誰がやった?

このようなLINEの書き込みを、週刊文春がスクープ暴露し、表向きは粛々とした態度を見せていたベッキーの裏の顔が見えてしまい、多くの人が、驚きともに怒りを爆発させました!

しかもこの、まるで子供のような内容に、呆れた人も多かったようですが、事の大きさに、この二人はまだ気づいていなかっただけでなく、このLINEのやり取りは、なんと、ベッキーが粛々とした態度で、記者会見を開く前日に、堂々と交わされていた内容だったのです!

友達で押し通し、それで自体が収まると思っていた二人にとって、この後週刊文春がさらに追い打ちをかける記事を発表したことは、驚きだけでなく、様々な思いが錯綜したのではないかと思います。

本来なら誠実に謝り、誠心誠意対応していくことが常識的であると考えられる大人社会の中で、表向きとは違い、裏で多くの関係者などを欺くやりとりをしていた二人を擁護する声、責める声など、様々な声が飛び交った数ヶ月が過ぎていくことになります!

謝罪会見の前日に、関係者を欺くつもりだと分かるLINEメッセージのやり取りをしていた事実を暴露され、これがきっかけとなり、当時10社とCM契約をしていたベッキーは、全ての会社から契約を打ち切られてしまいました。

それだけでなく、何度も週刊文春がこのスクープの後を報道し続け、さらにネット上で情報が拡散していき、多くの人の元へ届いてしまった影響から、ベッキーはどんどん追い込まれていくことになります。

これまで、一度もこれらのスクープに縁の無かった、優等生タレントであったベッキーの騒動は、更に収まりを見せるどころか、大きくなっていったのです。

この自体を重く見た所属事務所などが、騒動をこれ以上長引かせないようにと、ベッキーの休業を発表します。

実はLINEの内容が流出したことで、騒動はサイバー警察まで出動させる自体へと発展していったのです!

1月30日をもって、休業をし、5月下旬に復帰予定であると言われていましたが、すでに4月下旬に収録には復帰をしています。

あまりにもネット上&テレビが川谷絵音を叩くため、所属事務所がその後、テレビ局を訪れて、これ以上叩かないで欲しいと泣きを入れる自体にもなっていきました。

週刊文春の不倫報道第5弾では、現在離婚してしまった元嫁の独占インタビューが掲載され、さらに話題となり、休業をしていたベッキーが、当時嫁だった女性に謝罪の手紙を書いて送っていると、3月10日のスッキリというバラエティ番組で明かされたのです!

ここで問題となったのは、現在離婚してしまった嫁だった女性の行った行為です。

そう、LINEの内容が流出したのですが、これを行ったのは、当時嫁だった女性ではないかと言われています。

これは、明らかに現在では違法行為にあたり、犯罪になるのです。

流出原因は、クローンiPhoneではないかと推測されていて、これはiTunesを使い、iPhoneをバックアップして、バックアップデーターを別のiPhoneに復元するという方法です!

これで、川谷絵音とベッキーがやり取りしていた、LINEの内容を見ることが出来ます。

嫁がこれを流出させたとしたら、個人情報流出は犯罪行為なので、刑が確定したら、6ヶ月以下の懲役か、30万円以下の罰金を支払うことになります。

ネット上で、川谷絵音のLINEの内容を漏らしたのは嫁だと言われてしまいましたが、実はこれは間違いで、週刊文春は、川谷絵音の将来を憂いだ音楽関係者だったことを断言しています!

その後休業をしていたベッキーが、週刊文春に、謝罪の手紙を送り、その内容が、5月5日、12日の合併号に掲載されています。

その中に、「もう川谷さんへの気持はもうありません。文春さんで奥様が話された記事を読み、そこで初めて奥様の気持を知り、自分の気持の整理がつきました。」と綴られています。

これらが、一連の騒動の流れになります。

そして、川谷絵音は、かなり女性関係が派手で、結婚後、現在は元嫁になる女性と一緒になったのにも関わらず、次のような行動をし、嫁だった女性の心を撹乱していったのです!

結婚した年の2015年9月に元カノと不倫しているのが嫁にバレ号泣、翌月の10月21日にベッキーが川谷絵音のライブに行き、連絡先を交換、11月12日のゲスのライブに、ベッキーが現れる姿が目撃され、21日に嫁に離婚を切り出します。

26日には、川谷絵音とベッキーが外食デートをし、12月17日は、二人が横浜でお泊りデートをします。

そう、川谷絵音は、結婚後元カノと不倫したり、結婚したことを女性ファンの多い川谷絵音のために、隠すように事務所からも言われ、嫁にもそうするように伝え、さらに挙式も拒否しているのです。

これでは多くの女性から、もちろん人々から、川谷絵音はバンド名通り、ゲスだと言われても、なにも言い返すことが出来ないと考えられますが、かなり自由奔放な生き方をしているだけでなく、まさに、自分のことだけしか考えていない状態であるといえます。

このように、現在は離婚を受け入れた元嫁は、このような精神的苦痛を経験し、騒動の中で、一人食事も出来ない状態で悩み苦しんでいました。

再度書き添えておきますが、LINEの情報を流出したのは、嫁ではなく、音楽関係者であることを、文春側が断言していますので、嫁ではないという話になります。

それでは、5月9日にブログ記事で嫁との離婚が成立したと発表した川谷絵音は、どれほどの慰謝料を嫁に支払うことになったのか?

川谷絵音さん本人のブログより↓
川谷絵音の離婚報告

もちろん明確にこの情報が出ているわけではなく、この記事を書いている5月11日現在では、離婚が成立した事実のみしか発表されておらず、堀江貴文はツイッターで、川谷絵音が支払うことになる慰謝料の金額は少額であろうと書き込んでいます。

一般的には慰謝料には明確な基準がないため、ケース・バイ・ケースになり、川谷絵音のように、浮気が原因で離婚になった場合、200万円~300万円が相場になると言われています。

フジテレビの笠井アナウンサーは、今回の離婚で、慰謝料は相当な額を支払うことになるのではと推測していますが、これを受けて、小倉キャスターは、「でも日本の慰謝料はアメリカなどに比べても安いですからねぇ」とコメントしています。

個人的に思うのは、やはり慰謝料はそれなりに誠意として支払うのではないかと勝手に推測します。

この一連の騒動で、嫁だった女性は、現在でも心に深い傷を負っていることは間違いありませんし、このような経験を、最初の結婚ですることになった状況を考えても、川谷絵音が、ここは誠心誠意支払いをしていくのではと思いますが、真相は本人たちにしか分かりません。

元々この不倫報道が世の中に出たきっかけは、現在離婚してしまった元嫁が、結婚したのにも関わらず態度がおかしくなっていく川谷絵音の様子について友人に相談したところ、強く探偵に浮気調査をしてもらうようにすすめられたことだったといいます。

この時点で、元嫁は、まさか相手が芸能人であるとは思っておらず、ただ浮気をしているのかどうかだけを知りたかったといいます。

それが、蓋を開けてみると、相手はなんと好感度の高いタレントのベッキー、元嫁も驚いたようです。

この浮気調査がきっかけとなり、ベッキーの初スキャンダルが週刊文春によって暴露されることになり、このような騒動に発展していったのです!

そして、離婚が成立したことを発表した川谷絵音と別れることに同意した嫁は、現在どうしているのでしょうか?

色々と情報を調べていったのですが、元々一般人で情報自体がないという状態ですので、現在元嫁だった女性がどうしているのかは、まったく分かりません。

一度は、嫁との関係を修復するつもりだと、川谷絵音の関係者が話していて、離婚はしないという方向だったはずなのですが、結局、1月7日に記事が出てから、4ヶ月後に離婚することになってしまいました。

相当心の痛手はあると思いますし、ネット上でも一般の人たちから叩かれる自体になってしまった経験もすることになった元嫁が、現在元気で暮らしていることを願ってしまいます。

あまりにも大きな騒ぎとなったのは、嫁だった女性も想像していなかったのではないかと思いますし、この一連の騒ぎで、1番得をしたのは、川谷絵音ではないかと思います。

騒動が収まらない間も、ライブツアーを行い、音楽活動を活発にしていましたし、ゲスの極み乙女という名前のバンドを知らなかった一般の人たちにまで、現在その名前をしっかりと認知させることが出来たという面から見たら、かなり売名にはなったと考えられますが、あなたはどう思いますか?

川谷絵音のスキャンダルは売名行為?

2016年の始まりから、芸能界を激震させた二人の不倫騒動は、結局は現在嫁だった女性と離婚するという結末でケリがついたようですが、3人の間で起こったこの経験は、それぞれの胸に、どんなものを残したのでしょうか?

現在、すでに離婚が成立した元嫁がどんな気持で生きているのか分かりませんが、そっとしておいてあげたい、そんな心境になります。

人生には様々なことが起こり、まさか自分がこんな経験をするなんてと思うような現実が起こったりもします、今後、元嫁が、幸せな人生を歩めればと願ってしまいます。

この記事では、川谷絵音の不倫騒動についての流れや結末、さらには現在元嫁がどうしているのかなどを調べていきまとめていきました。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。