年末年始・正月でおすすめの穴場の旅行先は?(国内・海外)

年末年始・正月でおすすめの穴場の旅行先は?(国内・海外)

ブログライターkomichiです!

今回のテーマは、「年末年始・正月でおすすめの穴場の旅行先は?(国内・海外)」です。

毎年年末年始やお正月に、おすすめの穴場への旅行へ出かける人もいらっしゃると思います!

2017年から2018年に国内や海外へ旅行に出かける方に、お役立ていただけるように記事をまとめていきます!

年末年始・正月でおすすめの穴場の旅行先は?(国内編)

それでは、2017年の年末、2018年の年始やお正月におすすめの、穴場の旅行先についてまずは国内編をお届けしましょう!

この時期は、混雑が予想されるので、のんびり過ごせるような場所への旅行がやはりおすすめになりますが、年末年始を過ごすのに最適な旅行先は、次のところなどが良いのではないでしょうか?

● 沖縄

旅行会社の人たちも、年末年始に穴場の旅行先を探しているのなら、沖縄はかなりおすすめと話していて、国内でゆっくりと過ごしたいのなら、ここはかなりおすすめされているようです!

沖縄ちゅら海水族館は2018年のお正月は元旦から3日までは、なんと1時間早く開館します!

そのため、お正月に早起きをして、どこかの神社にお参りに行ってから早めに水族館に出かけて旅の思い出を作ることも出来ます!

年末年始は本土では寒い冬の季節ですから、暖かい沖縄で、のんびりと過ごすのも悪くありません!

お正月なのに暖かいというギャップも経験できて、国内旅行先としては、穴場になるおすすめの場所になります!

2017年の嫌なことをここで綺麗に拭い去り、2018年を楽しんで生きていくためのリセット場所として、国内旅行先に選ぶと楽しいことが巻き起こるかもしれません!

そして、沖縄の食といえば「沖縄そば」が人気です!

これは、豚のスペアリブを使って作るシンプルですが味わい深い一品!

てびち汁も有名で、沖縄の言葉でてびちとは豚の豚足のこと、これをじっくりと煮て汁物にしたり沖縄そばやおでんの具にして頂きます!

旅の楽しみは景色もありますが、やはり食は大事なポイントです!

修学旅行で出かけた記憶がありますが、海がとても綺麗で、大人になってから出かけたタイのプーケットの海よりも、沖縄のほうが綺麗だなと感じました。

のんびり過ごすなら、国内旅行なら沖縄は最適ではないでしょうか?

● 北海道

逆に、あえて2017年から2018年の年末年始は、寒さを追求ということ、で穴場の国内旅行なら北海道を選んでみるのもおすすめです!

どうせ寒いなら、寒さ対策が進んでいる、筋金入りの寒い場所の北海道で、雪を眺め美味しい海鮮を食べながらのんびり過ごすのも良いかもしれません!

冬の北海道の食といえばカニや海老、うにやいくら、ほたてなどの海鮮ですが、個人的にこの地へ旅行に行った時食べた、ホタテ焼きが絶品だったので冬が旬の食材ですから、ぜひ召し上がってみてはいかがでしょうか?

他には、本土のスーパーでは見かけない、迫力のボリュームだったホッケの塩焼きなど、本当に美味しい海鮮が食べられます!

● 京都

しっとりとした時を過ごしたいなら、京都へ行くのも良いのではないでしょうか?

あえて年末年始を選んで出かけ、お正月を過ごすのなら、日本情緒あふれるこの場所が穴場になるのでは?

日本人らしく、着物を着たいけど持っていないという方は、旅行会社のツアーのオプションとして、着物レンタル付きというツアーもありますから、これを選べばお正月に着物姿で旅行を楽しむことが出来ます!

京都に行ったときは、京都タワーでビールを飲んでお腹を壊したという思い出しか残っていませんが(笑)、京都駅もバージョンアップされて非常に使いやすくなっていますので、京の古い町並みも素敵ですが、現代風の駅前もまた面白いです!

● パワースポット巡り

2017年から2018年にかけてお正月に穴場の旅行先を探しているのなら、初詣も兼ねてパワースポット巡りをするのも手ですね!

おすすめはやはり、箱根神社、伏見稲荷大社、伊勢神宮や出雲大社、金持ち神社、宮崎神社、青島神社、鵜戸神宮などが有名所です!

出雲大社と、金持ち神社両方に行くというプランも有りです!

出雲は島根県、金持ち神社は鳥取県ですから、ついでに回る旅をして穴場スポットを堪能するのも手です!

子供の頃によく親が連れて行ってくれた出雲大社は、大きなしめ縄があることで有名です!

出雲大社に出かけたら、ぜひ蕎麦を食べてみてください!

何故なら、出雲そばはこの地の郷土料理で、蕎麦の実を皮ごと石臼で挽くので、蕎麦の色が濃く黒く見え香りが強いのです!

ですから、普通の蕎麦とは一味違いますので、出雲大社に旅行するときは、必ず食べてみてください!

● 東京

人混みが苦手だというのなら、東京へ旅行をするのは非常におすすめです!

多くの人が地元に戻るので、車も少なくなり、空気もクリーンで人混みを避けられるので、賑やかすぎるのは嫌というのなら、のんびり東京で過ごすとゆったりと出来ますよ!

まさに民族大移動と呼んでもいいくらい、人が少なくなりますから、都会を散歩しながら地元では味わえない楽しさを感じてみてください!

人と逆の動きをすることで、混雑を避けられますし、東京ディズニーリゾートにも出かけられますので、東京の街は意外と穴場です!

お正月の東京はまさに穴場!

人も車も居ないなんてと驚きますが、つかの間の貸切状態を楽しめます!

麹町にある「アジャンタ」という老舗のスパイスを効かせたカレー屋がおすすめ、ここ、本格的です!

さらに、東京駅が一新していていろいろと楽しめますので、ここも散策してみてください!

年末年始・正月でおすすめの穴場の旅行先は?(海外編)

ここからは、海外で2017年2018年の年末年始に旅行に行くなら、どんな穴場スポットがあるのか、おすすめの場所をご紹介しましょう。

せっかくなので、お正月のカウントダウンを楽しむのも楽しそうです、次の場所でカウントダウンを行っています!

● ニューヨーク
● ハワイ・ホノルル
● ドバイ
● シドニーハーバブリッジ&オペラハウス付近
● 台北
● ロンドン テムズ川

海外なら、気持ちをもっともっと開放的に出来るので、こういった穴場で、年末年始を過ごすのもおすすめです!

他には、年末年始が非常に穴場だといわれているモルディブ、なんとお正月はベストシーズンだと言われていますので、まさにこの時期を過ごすならおすすめになります。

エキゾチックな気分でお正月を過ごしたいなと考えるのなら、バリ島などはいかがでしょうか?

神々が棲む島と言われるバリ島なら、信心深い日本人にピッタリの場所ではないでしょうか?

特に、宗教と一体になった生活が見られるというウブドがおすすめです。

お正月にゆったりと過ごしたいのなら、2017年~2018年は、穴場のバリ島ウブドへ出かけてみてはいかがでしょうか?

海外で、さらに暖かい場所なら、お正月気分も抜けてゆったりと楽しめるのではないかと思います。

日本のお正月気分もまた良いのですが、長い人生そういった習慣から一度抜け出して、穴場の旅行先でのんびりと日本の行事を忘れて過ごすのも楽しそうです!

海外で、他におすすめの旅行先は、スリランカです!

こちらは、スリランカ・カレーです、本場でぜひ味わってみて、日本では食べられない味に出会ってみてはいかがでしょうか?

しかも、この年末年始の時期のスリランカは、暑くも寒くもないのです!

過ごしやすいのがお正月なので、この時期に旅行に行くのは本当におすすめになります!

まだまだ海外の旅行先で穴場の場所がありますので、ご紹介しましょう。

タイのクラビです。

プーケットやサムイ島は観光客だらけなので、穴場ならクラビがアツい!

なんでも、年末年始の時期のタイのビーチは、一年で一番海が綺麗になる季節なんだとか!

ジャングルに囲まれた秘境のビーチがあり、神秘的に見える自然が手つかずのままで残されているまさに穴場です!

タイは食べ物も美味しい、そして、なんといってもゆるい感じが、せかせかしがちな日本の生活に疲れた精神を癒やしてくれます!

善悪が混沌としているようなところなので、きっちりばっちりくっきり好きの日本の生活に疲れたときに訪れると、なんかどうでもいいよねって思える、一息つける街でもあります!

海じゃなく山がいいなというあなた!

それならば、ブータンはいかがでしょうか?

桃源郷と呼ばれている国で、2017年~2018年を生きている私達から見たら、古くからの伝統文化や建築物を守っているブータンは、まさに中世の面影を色濃く残していますので、タイムスリップした気分が味わえます!

最後の秘境とも呼ばれていて、この国で暮らす人達の幸福度が非常に高いことで知られています!

なんとなく殺伐とした日本で暮らしていると、棘が刺さるような出来事も経験しますから、そんな棘抜きをするためにも、秘境の地であるこの穴場スポットへ旅行へ出かけ、お正月にのんびりと過ごしながら、海外から日本を眺めて俯瞰して、起こった出来事を振り返っていきながら、ストレスを解消するのもおすすめです!

日頃のストレスを、海外の景色と知らない言葉や経験、通貨の違いなどを体験しながらそっと手放してみてはいかがでしょうか?

ブータンの人々は、かなり容姿が日本人に似ているので、意外と海外にいる感覚がなくなるかもしれませんね!

え?

食べることが大好き?

そんなあなたには、こんな穴場の旅行がおすすめです!

トルコは、世界3大料理の1つトルコ料理が美味しい海外ですから、年末年始に旅行するのならこちらがおすすめです!

トルコ料理といえば日本でも食べられるケバブが有名ですが、豊富な海の幸、サルチャを使ったトマト料理、そして肉料理とさまざまな食べ物が食べられます!

日本に居ても、お正月に家族が集って飲み食いをするのですから、たまには世界3大料理を現地に食べにいくというのもオツな旅行になるのでは?

食べ物が美味しい国は、普段ファイトしすぎる働く女性にとっては魅力的ですね!

美味しいと言えば3大料理に中華が入っていますから、台湾もおすすめの旅行先です!

台湾に行った知り合いが、「美味しかったぁ~」と笑顔で喋っていたことを思い出しますが、我が父も2回も台湾に行ったのですが、おみやげのマンゴーのドライフルーツがまさにほんまものの美味しさで、ドライフルーツがこれだけ美味しいなら、食べ物もさぞかしうまいだろうと感じました!

成田からなら4時間で到着しますから、飛行時間も短くて楽チンです!

ちなみに、こちらが父から頂いた台湾のお土産!

白菜?

これは、翠玉白菜といって、高さ18・7cm×幅19・1cm×厚さ5・07cmの美術品です!

原石は半分が白、半分が緑の翡翠輝石で、白菜の葉っぱにはキリギリスとバッタが彫刻されていて、これは多産を意味しているそうです!

こちらのストラップはお金持ちになれるというもので、人気の高いお土産なんだとか!

混雑シーズンの賢い旅行術と過ごし方は?

ここからは、混雑シーズンの年末年始に穴場の旅行先へ出かけるという人へ、国内、海外に分けて賢い旅行術を御紹介しておきましょう!

2017年、2018年のお正月を快適に過ごせるような知恵を事前に理解し、楽しい旅行にしていきましょう!

まずは国内旅行をする場合、どんな旅行術があるのか御紹介していきます!

● 可能なら、旅行時期を混雑するお正月からずらして予約すると料金が安くなります
● 飛行機以外の交通機関を上手に活用してみる
● あなたが行きたいと思った国内の旅行先が、LCCが就航しているのなら、これを上手に活用しLCCとホテルがパックになったツアーを利用してみる
● 早割を上手に活用し、早めに計画を立てて申込みをする
● 2017年現在、なんと365日いつ泊まっても料金は一定という施設などがありますので、これも上手に活用して、年末年始も予算をかけずに旅行できるものを選んでみる
● 国内旅行なら、宿泊するホテルをビジネスホテルにするという手もあります!
● 訳ありプランという物を使う。これは、例えば部屋が低い階層にあるので景色がイマイチ、旧館なのでエレベーターがない、手狭な部屋であるというちょっと訳がある部屋に泊まることで、宿泊費用を抑えることが出来ます

意外と、国内でのお正月旅行は、見方を変えれば穴場的な旅行術がありますので、こういったものを賢く活用しておすすめの場所へ行ってみるのも良いのではないでしょうか?

ここからは、海外の賢い旅行術を御紹介していきます!

● ガイドブックは冊子版が詳しくて便利
● 現地のホテルの部屋にがっかりしないために、写真に花などを使っている場合はファシリティが古いので絵にならない部屋の場合がありますので、自分がイメージしいた部屋ではない可能性が高まりますので、そういった部屋は避ける
● ガイドブックだけでなく、ネットの口コミなどの情報も照らし合わせてみること
● ガイドブックは意外とかさばります、電子版などを活用してこの煩わしさをカット
● ロンリープラネットなどのサイトを活用してみる(日本語に翻訳してしまえば情報が分かりますから、言葉が分からなくても大丈夫です)

ロンリープラネットのサイト https://www.lonelyplanet.com/ 

komichiのまとめ

年末年始にしか長いお休みが取れないので、このお正月の時期におすすめの穴場旅行先を探している人にとって、有益な情報となるようにと考えて情報をまとめていきましたが、やはり食や景色、さらに何を目的で国内、海外の旅を選ぶのかは人それぞれですが、2017年&2018年の年末年始は一生のなかで一度だけですから、よく考えて選んでいくことも大事なポイントになります!

お正月の日本独特の雰囲気から離れるも良し、海外で似たような経験をするのも良し、国内で行ったことがない場所で年末年始を過ごす新鮮さを感じるも良し。

あなたが楽しめると感じるプランを選んで、大事な時期を楽しんで頂ければ幸いです!

今回は、2017年から2018年の年末年始のお正月に穴場のおすすめ旅行先を、国内&海外別に御紹介していきました!

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。