幼児の成長・栄養に欠かせないサプリメントとは?

幼児の成長・栄養に欠かせないサプリメントとは?

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「幼児の成長・栄養に欠かせないサプリメントとは?」です。

子供の成長と身長

50年前の日本で育てられていた野菜と現在のものとでは、栄養価がかなり低くなっていることをご存知の方も多いかと思います。

そんな話が流れ始めて、有機野菜だとか、無農薬野菜などの野菜が流通するようになって随分経ちます!

個人的にも、一時期このような種類の野菜を宅配で送ってもらっていた時期があるのですが、段々と面倒になり、結局辞めてしまいました。

確かに、味や触ったときの感触などに違いはありますが、こだわればこだわるほど、いろんなことをさらにこだわらなければならなくなり、とにかく金額がかさむという面も、面倒のひとつでもありましたが、このような現状がある中で、子育てをしている親御さんにとって、幼児の成長に欠かせない栄養を、日々補い続けるのはかなり至難の業ともいえるかと思います。

今回の記事では、マニアックに様々な食事管理などの学びと実践をしてきた個人的経験からの視点も含めて、幼児の成長に欠かせない栄養をサプリメントで補うという情報について、まとめていきます!

幼児の平均成長グラフと目安は

まずは、幼児の定義とはどうなっているのか見ていきましょう!

1948年(昭和23年)に施行された、児童の心身の 健全な成長や保護、愛護の理念によって、これらを守るために必要な様々な制度をまとめた「児童福祉法」によると、幼児とは満1歳~小学校に入るまでの子供のことをこう呼びます!

そして、赤ちゃんの頃は片手で抱っこが出来ていた子供が、幼児に成長すると、あっという間に身長が伸びて、運動量も増えていきますから、成長していく中で、しっかりと栄養を摂取させる必要が出てきます!

幼児に入ってくる1歳頃の平均成長の目安は、次のようなものになりますので参考になさってください。

満1歳になった幼児の成長平均目安は、男児で身長が70~80cm、体重は8~11・5kgです。

女児は、身長69~79cm、体重は7・5~10・5kgといわれています。

2010年に厚生労働省が調査した、幼児の成長の目安となる、身体発育曲線のグラフはこちらになります!

幼児の平均身長のグラフ

それでは、分かりやすく、2歳~小学校にあがる満6歳までの成長が分かる、平均身長(どれくらい伸びるか)をまとめてご紹介していきます!

男児で、2~3歳までは、平均8.0cm、3~4歳は7・1cm、4~5歳は6・6cm、5~6歳は6・1cm伸びるというまとめのデータがあります。

女児で、2~3歳までは、平均8・0cm、3~4歳は7・1cm、4~5歳は6・7cm 、5~6歳は6・3cm伸びるというまとめのデータがあります。

身長の伸びなどに関する成長段階には、かなり個人差がありますので、あくまでもこの数値は、平均なので、参考程度にしながら、長期的な視点から、幼児の成長を見守るためにも、栄養を含めた環境を整えてあげるようにしてください。

実は2000年に厚生労働省がこれらの、幼児の成長い関する調査を実施し、その後2010年に同じように実施したのですが、10年前とその後では、幼児の身長などの成長については、それほど差がなかったことが分かっています!

そして、ご存知の通り、市町村は、1歳6ヶ月を超えて満2歳に達していない幼児と、満3歳を超え、満4歳に達していない幼児に対して厚生労働省が定める、健康調査を行わなければならないとされていて、保育所でも、年に2回は定期検診を行わないとならないという規定があり、幼児の成長を、しっかりとサポートしてくれています!

子供の肥満度は、身長との関係で見ていくので、BMIという肥満指数を使って見ていきます。

幼児期の成長は離乳食期から、栄養バランス、食生活のリズム、運動や生活リズム、そして精神的なストレス、親がどのような育児状況の中で子育てをしているかといったものが全て関係していきます。

特に4~5歳のときの栄養状態が、とても大切であるといわれていますので、もしうちの子は食が細いのよねと悩んでいるのなら、1日に数回に分けて食べてもらうといった工夫をされると、一度の食事量は少なくても、総合的に1日の摂取栄養もしっかりと補給出来ますので、もし子供が嫌がらないのなら、この方法がおすすめです。

ですが、子供によっては好き嫌いが激しいだけでなく、非常に食の細い子も中にはいますし、現代の栄養が豊富ではないと言われる食材などでは、どうしても成長期の子供の体に栄養が足りない状態になりがちです。

そんなときにおすすめなのが、2人の子供を育てながら管理栄養士の資格を活かして、出産後、特定保健指導を行ってきた女性が、新米ママや子供の体のことをしっかりと考えて開発した、サプリメントなどの摂取です!



↑ 幼児の成長・栄養に欠かせないおすすめのサプリメント

現代では、大人ですら、バランスの取れた食事を摂取できているのかと問われると、あやういところがありますし、親自身も忙しい毎日の中で、初めて&あまり経験豊富でない子育てをしていく中で、不安なことも沢山あるかと思います。

そんなときこそ、知識や経験が豊富な人たちの力を借りるというのも手の一つです。

幼児の栄養問題とは?

幼児の成長に必要な栄養とは?

ここからは、現代の幼児の栄養問題に関して、情報をまとめていきます。

成長する中で、どうしても欠かせない栄養は、親自身も頭を悩ませるところでもあります。

幼児の成長に合わせて、しっかりとした栄養を与えることで、身長は確実に伸びていくといわれていますが、こればかりは個人差&遺伝なども関係しますから、一概にこうだと言い切れるものはありません。

よく、カルシウムを摂取すれば、身長が伸びる、成長中の幼児の栄養は、だから牛乳が手軽でいいなどと言われますが、牛乳の害という情報も出てくる現代では、親も混乱してしまうばかりだと思います。

それでは、現代の幼児の栄養問題には、どんなものがあるのか見ていきましょう!

幼児期から幼少期にかけては、やはり肥満傾向がある子どもが目立つこと、そして思春期頃になってくると、痩せすぎの子供が増えるという問題が、現在の日本で栄養問題とされているものです。

確かに、幼児だけでなく、小学校にあがった子供たちの肥満は増えていると、住んでいる地域の街で見かける小学生を見ていると、そう感じてしまいますが、厚生労働省の調べによると、1~6歳までの幼児が朝食を食べない、週に1~2回だけしか食べない割合は2%あり、週に1~2度、もしくは3~4度栄養摂取において非常に大事な朝食を、成長期の幼児が抜く割合は、10%前後になります!

幼児の親などに、適切な食品の選択及び、食事を作るために必要な知識や技術はあるかという問いに関する回答には、まったくない、ほとんどないといったものが、20~30代男性で7割、女性では約5割あったといいます。

親世代自体が、どのような栄養摂取をしたらいいのかといった知識を持たない割合が、半数はあるという現状は、かなり幼児の成長に必要な栄養不足の原因になっていると考えられますから、これはやはり問題としてしっかりと認識されて、いろいろと学ぶことも大事です。

サプリメントはあくまでも補助であり、基本は、きちんとした普段からの食事となります、ここが欠けていると、特に幼児で成長中の子供にとっては、その後の身長の伸び具合や、体の免疫力や抵抗力に影響を及ぼしてしまうので、非常に重要になってきますので、蔑ろに出来ないところでもあります。

現代の、幼児を取り巻く栄養問題は他にもあり、やはり忙しい現代人ですから、どうしても食事をすべて手づくりするというわけにもいかない面もあり、市販の離乳食を活用したという回答は、平成2年、平成12年を比較しても、「よく利用した」というのが16・7%~30%に増加していて、さらにあまり使わなかったという回答が、37・6%~24・7%に減少しているのです。

ちなみに両方の年度共に、時々利用したは同じで45・1%なります。

加工食品技術が進展したことや、流通が多様化したことなども、幼児を取り巻く食環境の変化は、近年かなり早い勢いで変化しており、調理済みのお惣菜やインスタント食品などが、家庭でかなり頻繁に使われている現状も分かっているようです。

さらに、子供や幼児を取り巻く栄養問題では、栄養及び食事に関する情報は、どんなものを参考にして選んでいるかという調査によると、やはりテレビやラジオが最も多く、雑誌、本、家族からとなっていて、幼児や子供がお菓子を買う場合、情報の入手先は、テレビコマーシャルが一番高く、次に友達となっていますが、この場合、友達もまた、テレビコマーシャルからという話になると、結局、テレビや企業などのマーケティングによって、子供の食べ物が栄養という面から遠ざかって、勘違いされやすい状態にあることが浮き彫りになっているのです。

日本は資本主義ですから、これらの問題が背景にあるとしても、これが良いとか悪いという問題ではなく、家庭でいかに、これらの情報源と、自分たちの体に適切な栄養はなんなのかという選択をするときに、どの情報を選び取っていくのか、一人ひとりが見極める感性や知識、直感力などが求められていて、食べ物を嗜好品に偏ることなく、バランスよく摂取し、その食材にはどんな栄養が入っているのかといった知識を持ち、自らの責任において選んでいく力を必要とする時代になったようです。

個人的な経験になりますが、成長中&成人後、様々な体調不良や、精神疾患などを経験したことで、食事に関して、学び実践を繰り返してきて、子供の頃に感じていただるさや、体調がいまいちだという感じは、食事の内容に問題があった面もあることを知り、目から鱗が落ちるような思いになったのですが、こればかりは、親もしっかりとこれらの事実を理解し、テレビやラジオ、雑誌などは、企業などが売りたい商品をアピールしていることも理解していきながら、栄養という面に目を向けて、成長している幼児の将来の体のことも考慮した上で、今どんなものを食べさせるのかといった食の知識を、ほかのメディアなどや情報源から自ら探しだしていくという行動も、大事な視点であると考えるようにしないと、知らない間に体調不良になってしまったり、幼児をそうさせてしまう原因になってしまいます。

やはり、食べることは生きることでもあります、ガチガチに栄養がどうだこうだと考えなくてもいいでしょうし、こうでなければならないという決め付けも必要ないと、個人的には経験や学びから理解しているので、もっと柔らかい柔軟性のある見方や考えかた、選ぶ食材の取り入れ方をしていきながら、幼児の成長に欠かせない、普段の食事を見直していけば良いのではないかと思います。

基本的な栄養素は、ご存知の通り次のようなものになります!

● 炭水化物
● 脂質
● タンパク質

幼児の成長に欠かせない3大栄養素
3大栄養素と呼ばれるこれらの食材にプラスして、ビタミン、ミネラル、カルシウム、マグネシウムなどを摂取していれば、栄養不足になることはまずないと、厚生労働省ではそう指導していますが、特に幼児の成長には、これらの栄養素は大切になってきますので、炭水化物に寄り過ぎたり、タンパク質不足にならないようにしながら、基本的な栄養を食べるもの、口に入れて咀嚼して、飲み込んで体内で消化吸収して、そして排便排尿出来るという体を維持していくことが、とても重要な幼児期の成長に欠かせない栄養となります。

そして、これは個人的経験や学びから、理解してきた話なのですが、やはり、幼児から子供時代、思春期の中で、家庭で食事を食べる環境が整っていないと、心身に強い影響を及ぼすだけでなく、自分が食べたいものをはっきりと言えない状態で育てることは、その後成長して生きていく中で、本人が生きづらさを感じやすくなる面もあります。

食べることは生きること、その生きることが、常に親からの強制によって、本人の自然な体からの要求なのに、ねじ伏せられるような方法で栄養を摂取させるのは、いろんな歪みに繋がりかねませんし、食べることが楽しくない、面白くない、嬉しくないと感じて育った場合、それがそのまま、生きることは楽しくない、面白くない、嬉しくないという考えに繋がる場合も、子供によってはあるという事実や面にも目を向けて、確かに栄養を摂取させるのは、幼児の成長に責任のある親の務めでもありますが、この辺りも、先程書いたように柔軟にという視点を忘れずに、ただ好き嫌いを言っているだけではなく、今のこの子の体の自然な要求なのかどうかを見極めてあげることも、成長している幼児の感性を潰さないための、子育ての知恵でもあるのではないかと、子育ては、12歳のときに生まれた弟の面倒を見たくらいしか経験のない私が言っても説得力はないかもしれませんが、今お話した状態を経験して、そこから脱出するのに骨が折れた経験を持っている私なら、少しは説得力があるかと思い、記事にまとめていきましたが、個人的に、誰かを説得するつもりは一切ありません。

こんな情報や経験、面もありますよといった、シェアとして受け取り、どうするかを決めるのはいつだってあなたの自由です!

幼児の成長・栄養に欠かせないサプリメントとは?

幼児に必要なサプリメントとは?
ここからは、幼児の成長や栄養に欠かせないと、近年言われているサプリメントについての情報をまとめていきます。

現代では、ちょっと遠出をして、家に戻って食事を作るのは疲れちゃって無理だから、外食やお惣菜などで済ませてしまうということも出来るだけでなく、この記事を読むまで、幼児を育てているけれど、栄養や成長に必要な食事を与えてこなかったなといった思いを持っている方もいるかと思いますし、子供が欲しがるからと、お菓子をついつい可愛さいで与えてしまいがちな人などもいるかと思います。

親だって人間ですし、ついこの間まで、親にわがままを言っていた子供であったのです、完璧なんて無理ですから、そんなときに頼りになる、幼児の成長に必要な栄養をサプリメントで補うのは、どうなのかといった話をまとめていきましょう。

すでに書いたとおり、基本はやはり、食事からが大事です!

手作りしているけれど、これで幼児の成長に十分な栄養が与えられているのかなと、心配という方もいるかと思います。

そんな方へ、サプリメントとして、幼児などに与える栄養素は、いったいどんなものが大事なのか理解していきたいと思います。

乳児から幼児になり、その後幼少期となっていくプロセスの中で、4~5歳に摂取する栄養は、とても大事だという話をすでに書いていますが、身長が伸びるかどうか、このあたりからの栄養の質などに、やはり関係が深いと考えられていて、その中でも、幼児の身長の成長に欠かせない栄養は、カルシウム、ビタミン、亜鉛、マグネシウム、タンパク質だといわれています。

亜鉛が幼児に不足すると、成長障害、鉄欠乏性貧血などを引き起こしてしまうといわれていて、しかも亜鉛が多く含まれている食材は、あまり普段から意識して食べるものではないのです。

ちなみに亜鉛が豊富な食材は、牡蠣、うなぎ、カシューナッツ、レバー、たらこ、ホタテ、アーモンド、ささみ、高野豆腐、さんま、アルファルファなどです。

イオンやヨーカドーなどの様々なスーパーには、秋が旬であるさんまは年中置いてありますが、やはり秋の旬の時期に食べるものに比べたら、味の面でも、栄養面でも劣るものがあるかと思いますし、アーモンドやカシューナッツは、意外と高価なので、子供のおやつにしょっちゅう与えることも、難しい場合もありますので、なかなか食卓に並べにくいものがあるのかなと考えられます。

そして、野菜に多いビタミン類は、最初に書いたように、現代の野菜は、栄養が随分と少なくなっていることが知られているだけでなく、幼児の中には、野菜嫌いも珍しくありません。

野菜を食べてもらいたいけれど、なかなかねと、ため息をつく方も多いのではないかと思いますし、カルシウムは、お魚嫌いや、やはり野菜嫌いの子がいると、どうしても不足しがちです、さらにすでに書いているように、現代では外食や、手軽に食べられるお惣菜やコンビニ食、インスタント食品などもありますので、厳格に食生活を管理しようとすると、疲れてしまうこともあり、サプリメントとして、活用するなら、カルシウムやビタミン類が豊富に含まれている、こちらのものがおすすめとなります。



↑ 幼児の成長・栄養に欠かせないおすすめのサプリメント

現代では、犬や猫にもサプリメントがある時代ですし、どうしても食事だけでコントロールが難しい家族の食の好みなどもありますから、うまく活用しつつ、基本は食事からを忘れない、そしてサプリメントの質をしっかりと見極め、摂り過ぎ、サプリメントに依存し過ぎないように摂取するのなら、上手に活用すればいいのではないでしょうか?

そして、2015年に厚生労働省が推奨している、1日の幼児(3~5歳)のミネラル、ビタミン摂取量は、次の量になります!

カルシウム・・・600mg、マグネシウム100mg、鉄5・5mg、ビタミンA500μg、ビタミンD2・5μg、ビタミンC40mgとなっています。

もちろん、これ以外にも、成長している幼児の1日の摂取したい栄養は数多くあります、これらを食べ物だけですべて補うのはかなり大変になります!

おすすめしているサプリメントは、ビタミンとカルシウムが、1日2粒飲むだけで、カルシウム400mgの約66%、マグネシウム50・7mgの約50%、鉄は1・02mgの約18%、ビタミンAは200μgで40%、ビタミンDは0・5μg、ビタミンCは3030mgで約75%になります。

この他に、乳酸菌が5mgが入っています。

すべての原材料は次のようなものになります!

砂糖、還元麦芽水飴末、乳たん白、果糖、レモン濃縮果汁末、コーンスターチ、殺菌乳酸菌末/卵殻カルシウム、結晶セルロース、酸化マグネシウム、ステアリン酸カルシウム、香料、酸味料、ビタミンC、微粒二酸化ケイ素、甘味料(ステビア、ソーマチン)、ビタミンA、ピロリン酸鉄、ビタミンD

内容量は72gで、60粒✕1粒重量1.2gとなっていて、1日2~6粒を目安にして、口の中で噛んだり舐めたりして摂取します!

子供や幼児の身長を伸ばしたいと考える親の間で、カルシウム入りや、アルギニン入のサプリメントなどが人気となっているようですが、どんなサプリメントを選ぶかは、子供の状態によって変わってくるかと思います。

そして、サプリメントを選ぶ場合は、成分含有量が大事なポイントになります!

必ず、何がどれだけ入っているのかといったことがはっきりとしているサプリメントを選ぶことが大事で、大切な幼児の体に入れるものですから、安心で安全なもので作られているかどうかといったことも重点的に見ていきながら、サプリメントを選ぶようにしてください。

多くの母親や親にアンケートを取ったところ、子供が好き嫌いがあると答えた人は63・1%で、子供の栄養不足を不安に感じると答えた人は80・9%、さらに子供に必要な栄養素はどんな成分で、どのくらい必要かを知っているか、という問いに関しての答えは95・5%が知らないとなっています。

やはり、多くの親が不安を抱えながら、子育てをしつつ、栄養についても迷い悩んでいるのが現実のようです!

そんなママ達の声を拾い上げ、自らも子育てをし、管理栄養士としても活躍をしている女性が開発したサプリメントとなっています。

大人だって自分の体にしっかりと、栄養が摂取されているか分からない方も多い現代で、これだけ嗜好品や便利な加工食品が蔓延しているのですから、幼児を抱えている方にとっては、その子の成長に必要な栄養をきちんと与えることは、大事な仕事の一つとなっていますが、すべてを完璧にこなせる人はいませんし、いたとしても、全ての人がそうならないとダメなんだという考えもかなりキツイと思います。

便利なものは上手に活用はしつつ、基本は食事からの栄養摂取が大事であることは、最後にもう一度強調しておきたいと思います。

今回は、幼児の成長や栄養に関係するサプリメントについての情報などをまとめていきながら、現代の子供を取り巻く食の問題点についても見ていきました!

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。