彼女持ちの男の特徴はLINEでわかる?

彼女持ちの男の特徴はLINEでわかる?

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「彼女持ちの男の特徴はLINEでわかる?」です。

気になる男がいるんだけど、彼女持ちなのかな?そんな思いを持つ人へ、この記事では、相手のいる人を、好きになっちゃいけないという、常識などについてや、男ってどんなことを考えているのか?そして、ひとり身男と、彼女持ちの見分け方や特徴、LINEでわかるのか?女が尽くすような生き方は、避けたほうがいい理由、などを徹底解剖していきたいと思います。

彼女持ちの男の特徴とは?

まずは、一般的に、この人、きっと素敵な彼女持ちなんだろうな?と分かる男の特徴から見ていきながら、付き合っている女性がいる人の、LINEの使いかたには、どんな特徴があるのか?見ていきます。

ちょっとその前に、情報として最初にインプットしていただきたいので、彼女持ちの男だから、好きになっちゃいけないという、常識や道徳論から、見ていきます。

一般的な考えに当てはめて、彼女持ちの男に惚れて、自分が奪うなんて、絶対にダメ、人間として非人道的、周囲の人からも、嫌われるだろうし、そんなのありえない、と、頭のどこかでは、強く思っているのに、心はそんな頭の声なんて、軽くスルーするように、こう言う場合もありますよね。

「え?なんで?わたし、あの人が好き、とってもタイプで好み!彼女持ちでもなんでも、好きになっちゃったんだから、つべこべ言わず、突進しようよ」。

心はそう言うけれど、友達に相談すると、こんなふうに言われたりしませんか?「え?彼女持ちの人を好きになった?だめじゃんそれ、人として、略奪とか、ありえなくない?やったことって、戻ってくるらしいよ、だから、やっぱ略奪ダメじゃん!」。

彼女持ちの男と付き合う方法

そう言われれば、言われるほど、彼女持ちの男に、どんどん心がなびいていく、心が惹かれたのに、気がつけば、1日中その人の顔が、頭から離れない、苦しい、だけど、好きでいるのが楽しい。

こんな、揺れ動く乙女心、経験者は沢山いるのかなと、思います。

もちろん、逆パターンもありだと思いますが、次は、彼女持ちの男性の特徴から見ていきましょう。

一般論だということを、理解していただいて、読み進めてください。

まずは、男性ってどんなことを考えている?といったところを見ていきますが、これは一般論ではなく、多くの(もちろん一部は違うと思います)男性に当てはまると、学びや経験からも理解してきましたので、参考にしていただければと思います。

実は男性は、利己的だといわれています!理由は単純、生命を生み出す能力を、兼ね備えていないからです。

以前、知り合いの女性が語ってくれたことがありますが、非常に美人で、モテるタイプの方で、彼女持ちの男だろうと、独り身の男性だろうと、関係なく好かれ、モテまくりの人生を送っていた、性格的にはサバサバした、個人的には、人間として好感度が高かい人ですが、「男って、優しいんだけど優しくないの、分かる?」と語っていました。

この言葉を聞いて、さくっと理解をしたのですが、そうなんです、利己的だからこそ、優しいんだけど優しくないのが、男でもあるようです!では、利己的って何?辞書通りに書けば、自分の利益だけを考えるという意味ですが、あながち間違いではなく、性質的にあたっているとは思います。

だからこそ、この弱肉強食の社会が、出来上がってきたともいえるのですが、これと、生命を生み出せないことが、何の関係があるの?命をつなぐという意味においては、男女両方がいなければ、成り立たないのが現実ですが、男は、育った家を出た時(実家暮らしならなおさら)は、男の子なのです!何故なら、身の回りの世話は、基本的(事情があって、そうでない場合もありますが)には、母親がやってくれ、甲斐甲斐しく世話をしてくれ、いわゆる、ケアされている存在として生きてきたからなのですが、それは=自分は、元々生命(子供を宿し生みだす)と繋がっていないから、それを得るためには、頑張らなければならない、と、どこかでインプットされ、あとの細々したものは、女に委ねて、自分は外に出て行って、どんどんやるべき仕事をやっていけばいい。

なんて、勘違いをするように生きてしまっている生き物でもあります!だからこそ、優しいんだけど優しくないといった、モテる女性から出てくる、男とはなんぞやという証言が出てくるわけですが、これは決めつけではなく、あくまでも、多くの女性も感じてきた現実でもあります。

この勘違いを持っている男性は、どこかで女を、俺の付属品、自分をケアする存在、なんて、どこかでカッコつけて思っていたりするようです!が、この、生命と繋がっていない状態は、男にとって、虚しい一面もあるようです。

昔からよく言われている話ですが、どうやら子供は、母親がいれば、それで満足するとは言われています。

育つ中で、ミルクなどが発達していなかった頃は、母乳で生き延びてきたのが、赤ちゃんでもありますから、母親がいなければ、子供は順調に育ってはいけなかった部分もあります。

その後、やはり生まれてきた体が恋しい子供は、物理的に接触してきた、母親の体以外の父親は、生き延びるために必要かどうかといった本能で考えると、あまり興味の対象にはなりません。

これはあくまでも、あるひとつのケースの話しでありますが、これらのことから考えていくと、男性が、生命と繋がっていないことで、いまいち、生き物である子供との接触が苦手、理解できないといった理由は、理解できるものがあります。

彼女持ちの男と付き合う方法

そのため、利己的になりやすく、男は子供のものまで食べる、自分だけの利益を考える・・・なんて語る、子を持つ母親の話は、よく聞くものですが、これらを総合して考えても、この社会構造を、もともと作り上げた男脳からすれば、全ての子供に優しくなく、だけど、頑張って優秀になった子供には優しいといった、ある種の、不思議な価値観が出来上がるようです。

これらが、社会や人間の心の混乱をも招いているとは、個人的に思いますが、こう見ていくと、男とは、自分の利益をまずは考えている、といった答えにいきあたります。

だからこそ、ビジネスをする上で、心理学などを学び、相手を理解されようとうする学びや、セミナーが必要となるのでは?この考えが原点となって、男の性質上、「理想的な、今ではないまだ来ていない、遠い未来のために、現在を犠牲にするように、必死に頑張るという価値観を、持つようです。

これ、今を生きる、生理などが当たり前に体に起こる女性にとっては、とても生きにくい社会や考え方だと、気づいている女性は多いとは思います。

これが、男性の考えていることだと、認識された上で、この先の記事を、読み進めてください。

モテる男の特徴

利己的である目の前の、気になる男は、彼女持ちなのかどうか?を知る手がかりは、単純でもあるようです。

● オシャレに敏感
● デートスポットに詳しい
● ケータイ&LINEをこまめにチェックしている
● 女性に対して細やかな気遣いをする
● 彼女持ちなので、他の女性との接触には気を配る
● 一般的に、恋人同士のイベントごとがあるときなどは、孤独ではないので、見ていて余裕を感じる
● アクセサリーをつけている
● 彼女以外の女性と、ふたりきりで歩きたがらない

他にも、この男、彼女持ちなのかな?と分かる特徴はあるようですが、ざっと見ると、これらの様子から、どうやら彼女持ちみたいと分かるようです。

意外と、分かりやすい特徴ではありますが、女性にモテる人であったり、慣れている人だと、またこれらの状態は、複雑になっていくのでは?と思われますから、個人的には、気になる相手がいて、彼女持ちなのかなと思ったら、素直にストレートに聞くのが、一番だと思います。

素直に答えてくれる人ばかりでは、ないかもしれませんが、あなたが、その相手を好きだと感じさせるような言い方ではなく、友人や同僚、知り合いとして、ちょっと知りたいといった程度の、軽い言い方や接し方なら、勘ぐられることもないので、意外と素直に、「彼女持ちかって?いるよ」とか「別れたばかりでいないんだ」とか、「欲しいと思っているけど、モテなくてね」なんて、自虐的に話してくれたりする可能性は、あると思います。

よく、気になる相手が、彼女持ちの可能性があるのかどうか?やきもきしているときに、これらを探る情報の中に、可能性として考えられる特徴に、女性と気軽に話せるといったものを見かけますが、これ、女きょうだいがいるかどうかによって、違いがあるかと思われますから、あまり重要視されない態度も、大事なのかなと思います。

女性に慣れている男は、モテるやつだといった特徴を持っていると考えたり、レッテル貼りも、なんだかなぁと思います。

彼女持ちの男と付き合う方法

家で、母親や女きょうだいと仲良しな男性なら、外に出ても、普通に女性と会話することに対する、ハードルが高いといった意識は、少ないと考えられますから、これらの特徴といわれる情報は、やはり、参考程度に受け取るほうがいいのでは?と、個人的には思います。

ここからは、彼女持ちの男かどうか、LINEで分かるのか?といった情報をまとめていきたいと思います。

LINEから彼女持ちかを探る!?

基本的に、彼女持ちの人なら、連絡をとるのに、この数年で、便利なツールとして発展していったLINEを使うのは、常識となっているようですから、気になる相手が、このツールを気にしている素振りを見せているのなら、彼女持ちである可能性が、高くなるのは当然だと思います。

個人的経験や、意見として分かることは、LINEなどのツールを使って、相手からの連絡を待っていたり、したりする関係の女性がいる人なら、若ければ若いほど、恋愛の経験値が低ければ低いほど、LINEを気にしている素振りが、バレバレになる可能性が高いですから、このあたり、女性の勘を大いに働かせて、目をキラっと光らせれば、たいてい分かるものではないかと思います。

彼女持ちかどうかなど、男の浮気すら、バシッと感づいてしまうような女性にとっては、意外と簡単に見抜けるのでは?と思いますが、あなたはどう感じますか?

LINEの最大のメリットは、やはり料金がかからないことや、相手とのやりとりが、一気に見ることが出来るものですが、デメリットもあり、危険性があったり、設定を間違えると、他人にも見られてしまうこと、そして既読というものがあるので、なんとなく返信に焦りを感じるといった、面倒な点も、LINEの特徴として理解されている人は、多いのではと思います。

このLINEを、しょっちゅう気にしているような男であれば、彼女持ちの可能性&特徴としては、分かりやすいですが、たまに、あまり連絡を頻繁にしない、変わったタイプの人もいますから、LINEを気にしているからといって、みなが同じとは限りませんから、あくまでも、特徴の1つだと考えたほうが、気楽ではあります。

では、ここからは、彼女持ちの男との恋愛って、いいの?悪いの?といった、感情と理性との間で揺れる人間の心について、考察していきたいと思います。

個人的には、彼女持ちの男を好きになる可能性は、誰にでもあり、感情は、理性でコントロールがやりにくい部分でもあり、特に女性の特徴で知られているものに、男を選択するときの女性は、実は相手の臭いや汗、仮にキスまで出来る仲であった場合、そこから接触する粘膜などによって、自分にとってベストな相手を、細胞レベルで選別するといわれていますから、こればかりは、頭=理性ですべてをコントロール出来るものではないようですから、彼女持ちの男を好きになってしまったとしても、誰も責められないのかなと思いますが、感じ方は人それぞれです。

彼女持ちの人を好きになり、誰かを傷つけてまで、人の彼氏を奪うなんて、人間である以上、非人道的だと思う方もいるのではと思われますが、それはそれで、愛のある、素敵な考えであり、人を傷つけないように生きようとされている、素晴らしい精神を持った方だと思います。

ただ、長く生きていくと、自分の頭では理解できない出来事が、いくらでも起きてしまう現実が、理解できるようになるため、彼女持ちを好きになるかどうか、こればかりは、誰も責められないとは思います。

マジソン郡の橋という映画がありますが、ある田舎町に、写真家の男性がやってきて、丁度家族が留守だった時期だったので、2人は知り合い、短い時間で恋に落ちていくといった内容でしたが、これ、世界中で大ヒットしました!単なる不倫映画ではないのがキモなのですが、恋に落ちるのは、誰にも止められないものでもあります。

いろいろな可能性を考えた場合、彼女持ちの男を好きになったからといって、そんな自分を責める必要もなく、いる相手だから、と、簡単に諦める必要もないのでは?と思います。

ただ、2人の仲が非常にうまくいっているのに、ストーカーのようにつきまとうのは、違うとは思います。

自分の感情だけでぶつかるのではなく、相手の状況も、きちんと考えながら、だけど心に聞いて、彼女持ちの男だけど、諦めきれないと、本音が叫ぶのなら、そこは、理性を使いつつ、相手に気持ちを打ち明けるのも、有りではないでしょうか?

彼女持ちの男と付き合う方法

では、彼女持ちの男は、付き合っている人がいたとしても、例えば、喧嘩したり、うまくいかなくなったときに出来た隙などがあれば、告白する女性に、なびく可能性もありますが、個人的には、女性はやはり、尽くすような態度で告白するような、自分を弱い立場にもっていく態度をするのは、後々のことを考えると、避けたほうが無難であるとは思います。

何故なら、人間として下に見られるようでは、仮に、彼女持ちだった相手と付き合えるようになり、LINEで頻繁に連絡を取れるような彼女になれても、なんとなく、自分が惨めに感じてしまったり、尽くす側に回っていると、相手がどんどん調子に乗って、彼女持ちだった自分に迫ってきたんだから、当然自分に惚れ込んでいる、といった、妙な安心感を与えてしまうと、逆に浮気されたり、いろんなもので、女性側が苦しんだりしてしまっては、本末転倒ですから、いくら、元はあなたが好意を寄せて、タイミングよく何故か、自分の彼に出来たとしても、毅然とした態度を持つのは、大事だと思われます。

結局は、男女間も、人間関係のひとつですから、どちらか片方が優位に立つという関係を築くのは、立場が弱くなる側にとっては、不利な状態が多く出てしまうでしょうから、付き合っていても、つまらなくなる、LINEでの対応もそっけなくなったり、蔑ろにされたり、大事に思ってもらえない関係を育むような態度には、気をつけたほうがいいようです。

最初に、彼女持ちの相手に、好意を寄せた側にとっては、立場上、危ういものがあったとはいえ、付き合えるようになったのなら、そこで全てはドロー!勇気を持って、実行した自分のその本気度と、実行力、恐怖心に打ち勝った、逞しい精神力に対して、彼女持ちだったけど、その人と付き合えるようになった自分を「よくやった」と褒めたたえるだけで、十分ではないでしょうか?

ここからは、最初に書いた、男性性の特徴から、元彼女持ちの男と、上手に男女関係を育むためのコツ!を見ていきます。

一般的には、女性が可愛い態度で、男性を盛り立てて、尽くしながら、側でいつも笑って相手を励ますというやり方が、王道であるといわれているだけではなく、うまくいっているカップルの、特徴であるとは言われています。

これ、真剣に信じると、痛い目にあいますから、気をつけていただきたいのですが、女性が男性に尽くす=男性が不幸になる、という特徴もあるという説を、ご説明したいと思います。

2015年現在、社会はものすごい勢いで変化をしているようですが、ネット上でも、多くの人がブログなどを使って、簡単に自己開示されていき、そんな考え方もあるんだと、目からうろこ落とすような、驚くような解決方法や考え方、さらに物事の見方といった情報が、数多く出ています。

そんな中、これまで一般的に当たり前のように信じられてきた、いわゆる常識や道徳観ではなく、どんどん違った新しい価値観が生まれていますから、そんな中の、ひとつの可能性だと考えて、受けとっていただければと思います。

LINEの登場も、非常に驚きですが、無料で相手と繋がれるツールが、当たり前のように、便利に使えるようになるなんて、驚きの現代社会です、どんな価値観があっても、別段驚くものでもなくなってきましたが、そんな中、女性が男性に尽くす態度は、彼を不幸せにすることである。

という考え方は、個人的には一理ありと感じました。

まずはいったい、どんな情報なのか?女性の多くは、自分が我慢をするように生きて、相手に尽くす生き方を、長い歴史の中で、強いられてきた部分があります。

例えば子供が生まれたら、その子を愛して、きちんと育てること、母親なんだから、といった言葉で、その先の人生のほとんどの時間を、家族や子供のためにだけ捧げるように、生きていけといった価値観が、主流でもありました。

これで、苦しんできた先祖は沢山います!もちろん、逆に、男だからという価値観で、おなじように苦しんだ男性も、多かったと思われますが、そちらの話は置いておきましょう。

まず、女性が男性に尽くさなくなると、何が起こるか?最初は、不安が襲いかかります!相手に嫌われるんじゃないだろうか?人としてそれはどうなんだ?そんな様々な葛藤が、内側に生まれ、それが本人の心に、大きな揺さぶりをかけていくという、特徴が出てきます。

そう、ここで勘のよい方は気づかれたかと思いますが、すでにこの時点で、この女性は、相手に尽くさなければ嫌われる、人間は人のために生きなければならないという、強い刷り込みがあることに気づきますよね?こんな気持を抱えてずっと生きていれば、常に苦しくて、何かが起こるたびにつまずいたり、不安になったり、辛くなるのは当然です。

ハッピーを体現したくて生まれてきたのに、なぜいつまでも、不安や今恐怖に怯えながら、生き続けなければならないのか?不思議です。

尽くさない女になると、次のような状況が展開されるという考え方も出来るのです!それまで、人のために使っていたエネルギーを、自分に注ぎ込むことが出来るので、自分がどんどん満たされていく。

そうなると、周囲に振り回されなくなるので、益々楽になっていく!最初に書いた、男性は利己的であるので、生命に繋がっていないから、今じゃない、遠い未来をより良くするために、必死に現在を犠牲にするように生きようとする世界の中で、一緒に生きていると、どんどん女性は苦しくなるわけです。

今を犠牲にする=誰も幸せにならない=いつまでたっても幸せになれない

これでは、成熟した社会も創造出来ません、さらには、そんな男性も育ちません!最初に書いたように、ケアされる存在として、子供のときの延長で、今度は彼女から尽くされると、子どものままの男性が、そこらじゅうを歩いているという状態になり、これでは、女性はいつまでたっても、お守役を降りられないので、辛くなり、女性としての幸せを噛みしめるどころか、逆に、どっぷりと悲壮感漂うといった状態になると考えられる、いえ、そんな社会構造が、育った世界では、確かに繰り広げられていました。

男として立つ場がなくなると、男性は、生きる力が萎えるため、どんどん萎縮していきます、問題とされている、日本の自殺率、これが関係していないとは思えないのですが、あなたはどう感じられますか?

女が尽くせば、目の前の女性を、自分の力で幸せにしてあげたいという、男性の願いがかなわず、結果目に見えるものばかりを追い求め、外側のお金やモノに走っていき、それを与えることで、なんとか自分の立ち位置を死守するのですが、それさえ叶わなくなった現代社会で、じゃぁどうすればいいんだと、途方にくれている男性も多いかと思います。

そんな状態の日本で、まだ女が尽くすような価値観を持って実践すると、誰が幸せを感じられるのか?虚しさが漂うばかりです。

本来の尽くすとは、そういう相手を子供のままにするのではなく、成熟した社会の発展や、男を創造するための、エネルギーを注ぎ込むと考えれば、日常生活や、精神的ケアで尽くすという考えは、なにやら不自然な気もしてきませんか?そのようなやり方ではなく、子供の延長ではない男性を、創造する手助けをするという意味で、これらの情報を受け止めると、女性がわがままを言い、やりたいように生きている社会になれば、より一層、実は男性がそんな女性を喜ばせたくて、目の前の愛する人を、笑顔にしたくて奮闘していく社会が生まれます。

そうなると、まさに成熟した社会&男性が生まれ、いろんなものの循環が、くるくると綺麗に回っていける。

別の記事で、女性が尽くす=エネルギーの漏電だと書きましたが、まさに漏電なしの、エネルギッシュな社会構造や、人間関係が出来上がれば、みながそれぞれ、楽に楽しく生きられるわけですから、もう無理に尽くしたり、こうやって生きねばならないといった考えで行動するのは、終わりにしたほうが良さそうです。

これらの面から、彼女持ちの男の特徴から、LINEでわかること、さらには、彼と付き合えるようになったときの心構えまで、理解しておくだけでも、生きるのが少し楽になる、そんなふうにも捉えられます。

そもそも、彼女持ちの相手に恋をしたり、気になっている時点で、様々な常識などに押しつぶされたり、やってはいけないなんて観念に縛られれるのが、現代でも多くの人の心に残っている、常識的な考え方の特徴でもありますから、これらをあっさりと乗り越えて、さらに幸せを掴んでいければいいなと感じながら、記事をまとめていきました。

LINEは、便利なツールです、恋愛や人生に対する考え方もこれと同じで、便利なものがあり、別の使い方、可能性があるのなら、どんどん取り入れつつ、楽しんだほうがいいのでは?

次に、LINEのやりとりなどで、苦しんでしまう人の特徴や、やってはいけないNG行為を、常識的&個人的観点から書き加えておきます!LINEは、みなが気持ちよく、楽しんで使うための便利ツールですから、迷惑をかけるような行為や、使い方はされないほうが無難です。

何故なら、LINEはツールですから、使う側の心がモロに露呈しますので、そんな行動をする人は、それだけの人物ということになります、ただ使い方が分かってない人もいるので、それはまた別の話になりますけれど・・・。

そして、LINEのやりとりで、苦しむ人の特徴ですが、人に嫌われることを恐れる気持ちがあるというものですが、この気持があるのは、人間である以上、生き延びるためには、必要なアプリでもありますが、本音を隠すように、LINEで無理に繋がっている人がいるのなら、それは必要ではない人であると考えられます、LINEで、迷惑を行為を続けてくる人がいれば、それはあなたにとって、重要な人ではない可能性が高いのでは?人に嫌われる状態を恐れるのではなく、それでも勇気を持って、自分の心に従う勇気も、人生には必要、彼女持ちの彼であろうとも、リスクを持って行動に移すと決めるのなら、きっと恐れは、あなたに、最後のファイナルアンサーを、告げているだけではないでしょうか?LINEはツールだけれども、感情はあなただけの大事なものです、その違いをごっちゃにするのではなく、きちんと分けて考えて、LINEで迷惑行為をする人を避けるなどの決断は、クールにやってもいいのかなと思います。

彼女持ちが相手であると、心の中にも、様々な葛藤が湧き上がりますが、これまで記事でまとめてきた、人間の心理的な特徴などを、さくっと乗り越えていける、新しい時代を牽引していける人なら、彼女持ちであろうと、ひるまずに、前に向かって進んでいけるのではないかと、個人的には思います。

LINEという便利なツール、SNSに詰まった、多くの価値観、これが絶対なんだといった考え方が、崩れ去っている現在、彼氏持ちだからどうこうといった、考えに縛られるのではなく、人を思いやる気持ちを大事にするように、まずは自分の心に正直に生きる人が増えるといいなと、記事をまとめながら思いました。

多くの人がいまだ葛藤の中で、苦しんでいるようですが、彼女持ちだろうと、シングルだろうと、人を好きになれる、人間の持つ、そんな素敵な感情の素晴らしさに目を向けていければ、視野は広くなり、楽に生きる人が増えるのでは?

彼女持ちの男の特徴や、LINEでそれがわかるかどうか?という話から、さまざまな情報に触れていきました、なにかの参考になればと思います。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です