恋愛や仕事のメンタルが弱い女性の鍛え方

恋愛や仕事のメンタルが弱い女性の鍛え方

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「恋愛や仕事のメンタルが弱い女性の鍛え方」です。

生まれつきなんでそれほどまでに、どんな理由や背景があって、自信満々で強気なんですか?

と聞きたくなるような、恋愛や仕事に対して前向きで常に自信たっぷりに生きている人がいる一方、逆にこれらに対するメンタル面がとても弱い女性もいて、世の中はいろんなタイプの人がいるので驚きますよね!

そして、やはりビジネスの場である仕事や、人生の中でどうしても比重が重くなりがちな恋愛などで、メンタルが弱い女性は不利になりやすいとも言われています。

今回の記事では、この部分の鍛え方について情報をまとめていきたいと思います。

まず、個人的見解になりますが、メンタルが弱い女性って、普通だと思います。

仕事でメンタルの弱い女性はどうする?

恋愛や仕事など、ここで決めなきゃという時に、メンタルの弱さが邪魔をしてしまうという場合もあると思いますが、これはやはり、男性意識寄りの仕事の進め方に、女性がついていけないという事実を見ないで、ただメンタルが弱いのはダメと言うのは、ちょっと乱暴な話ではないでしょうか?

何故なら、女性は一生を通じて女性ホルモンに翻弄される生き物であることは、すでに科学的にも理解されている事実でもあります。

さらに、女性が社会で活躍するようになって一気に増えた病気に、女性特有の疾患などがありますが、あのような症状や病気を、気合で治せという人はいないように、女性は男性と違う体のメカニズムに翻弄されてしまいがちな体を持って生まれてきているのです。

それなのに、一般論で、恋愛のときや仕事の場で、メンタルがどうしても弱くなってしまう女性に、精神の鍛え方などを一概にこうしたらと言うのは、なんだか方向性として微妙に違っているような気がするのですが、あなたはどう感じますか?

現代では、多くの女性が体レベルで、本来持っている直感力で、この男性が作りあげてきた社会構造で働き続けるのは難しいと分かっているのではないでしょうか?

何故なら、仕事を持っていた女性が、恋愛を成就させて結婚して妊娠した後、家庭と仕事を両立させることが難しくなるため、60%の女性が仕事をやめてしまう現実がすでにあります。

仕事を続けたくても、子育てをしながらというのは、かなり難しい現実だということに、気づいている女性は多いはずですし、実際この数字を見ればそれがいかに机上の空論でもあるのかが理解できるのではないでしょうか?

理論的にはやれる人もいるでしょうし、実際にそうやって仕事をしながら子育てをしている女性もいるにはいますが、だからといってすべての人ができているのかといえば、それもまた現時的な問題では難しい面があることはすでに理解が広がっていると思います。

仕事や恋愛でメンタルが弱い女性は不利であるなら、そもそもそんな仕事のやり方しかない社会構造に問題点があるのではという見方をすることも出来るわけです。

社会がこうだから、会社がこうだから、仕事とはこういうものだから、恋愛はやはり強気でメンタルの強い女性のほうがいい男をゲットしている、そんな現実も確かに存在しますが、だからといって、そこでしか生きられないわけではないという事実にも気づくことは大事なポイントになるのではと思うのです。

ネットで検索をしたり、本屋に行くと、メンタルを強くしたり、鍛え方はこんな方法があるよなどと教えてくれる本はあると思いますが、正直、それで恋愛や仕事で成果を出せるメンタルの強さを身につけたとしても、どこかで歪が起きるのではないかと推測します。

メンタルの強い働く女性

いつもいつも自信満々そうに見える人はいるでしょうが、基本的に生理や女性ホルモンに翻弄されがちな女性の心や体は、男性のように単純に出来ていないだけでなく、やはり自然という世界観に例えられるように、頭で理路整然とすべてを押さえつけて言いなりにすることは難しい生き物です。

ここを無視して、恋愛や仕事に有利になるように、女性のメンタルについて鍛え方はこうだという言い方は、かなり不自然で難しい面もあると個人的には思います。

個人的にも、それほどメンタルが強い方ではなく、仕事や恋愛でも、尻込みすることも多くあり、なんとかしなきゃ、心の鍛え方を習得しなきゃと、様々な本を読んだり、経験を積み重ねたり、体を鍛えてみたりと、いろいろとやってみましたが、やはり根本的に「ドヤ顔」で生きられるほどメンタルは強くなりませんでした。

もちろん、女性として生きる中で、弱いメンタルがあったことで、それが有利に働くこともありましたが、ここを強くするために経験してきたことは、結局経験であり、弱いメンタルの鍛え方になんらそれほど影響を与えなかったので、個人的見解になりますが、女性はメンタルが弱くていいんじゃないですか?

自然と一体となった体を持って生まれているのだから、心理的にホルモンバランスの揺れと同じで、不安定な生き物であることを、まずは受けれいてみればいいのではないでしょうか?

そもそも、メンタルの弱さと強さは、生涯を通して考えると、それほど差はないのではと思いますし、強気で出られるから幸せになれるのか?

と問われると、それもまた、微妙に論点が違う、ズレているように感じるのですが、あなたはどう感じますか?

恋愛や仕事で、ここで決めなきゃって思う場面もあるでしょうが、その場合、どのようにしてメンタルを調整して鍛え方をマスターするかですが、最初にやるべきことは、自分は女性としてメンタルが弱いんだという自覚を持つことであると考えられます。

今の自分を否定したところから物事を始めると、その先どん詰まりになるという情報はいたるところに出ていますし、実際にそうやって生きていてそのような結果を経験した人も数多くいます。

これは、否定から始まったものは否定で終わるといわれていて、最初にどんな思いで物事を始めるかは、結果に繋がると様々な科学的な話や心理学、いろんな本などにも書かれているのです。

これまでの人間は、このように、始まりの自分を否定することから始め、足りない、弱い、出来ない自分だからこそ、出来るようになるために努力や根性が必要なんだというような考えで生きていたため、非常に生きづらさを感じたし、さらに、始まりの自分をまずメンタルが弱いから鍛え方をマスターしてなんとかしなきゃ、そうでないと仕事や恋愛に乗り遅れちゃうし、こんな弱い自分じゃダメなんて落ち込んでしまい、さらに悪循環の輪に入ってしまうなんて話、山程聞いたことありませんか?

これまでの人間は、このように、始まりの自分を否定することから始め、足りない、弱い、出来ない自分だからこそ、出来るようになるために努力や根性が必要なんだというような考えで生きていたため、非常に生きづらさを感じたし、さらに、始まりの自分をまずメンタルが弱いから鍛え方をマスターしてなんとかしなきゃ、そうでないと仕事や恋愛に乗り遅れちゃうし、こんな弱い自分じゃダメなんて落ち込んでしまい、さらに悪循環の輪に入ってしまうなんて話、山程聞いたことありませんか?

真逆の考え方から始まった生き方は、結果的に辛い出来事の連続を作り出す、そんな話はゴロゴロしています、そろそろ考え方をシフトして、特にメンタルが弱い人などは、自分を肯定すること、こんな自分でオッケーだとまずは受け入れることから始め、鍛え方については、なんとなくこれまでの人生観のような、努力と根性だという生き方は、スルーしてもいいのでは?
メンタルが弱くて気にしない女性
人生の中で、恋愛、そして仕事にそれほど比重を置かない人も増えた現代で、これまでの男性がやってきた生き方のような、今のメンタルの弱い自分じゃ駄目だ、もっともっとしっかりと強くなっていかなきゃ、鍛え方を学んでそれを忠実に守って絶対に強い自分を作ってやる、という生き方は、どちらかというと、女性向きではないと考えられるのです。

何故なら、自然と繋がっていると言われている女性の心身は、元々太古の昔から源の自然と繋がっているので、メンタルはそれほど弱くないと考えられてきましたし、自然と一体化することで、よりスムーズに生きられる感性を持っているといわれているからです。

整体の世界でも、人間は頭でどうこうカテゴリー分けするよりも、その人が本来持って生まれた体の体質などを見ていきながら、心身のバランスを保つことを教えてくれているのですが、そこを無視して、頭で、理性で、理論で、理屈で女性のメンタルの鍛え方はこうですだとか、ああですという一般論は、あまり効果的でないと思うのです。

正直、幼少時代から非常に厳しい躾などをされる家庭で育ち、女も男もない、一緒だという教育方針の元、体力差は歴然としてある中で、男性と同じように生きる道を教えられてきて、結果的に人生をクラッシュさせてしまった経験から理解できたことは、仕事や恋愛においても、人生を生きる中でも、メンタルの弱い女性であったとしても、それは単に、女性ホルモンの波に翻弄されているだけで、それは特別におかしなことでもないし、大人なんだからしっかりと社会人として生きなければならないという、その考え方自体が男性の生き方であり、女性に向いてないと感じてきました。

女性が男性と同じように社会で仕事をしたりすると、顎にひげが生えてきたり、生理が止まったりするなんて報告もされている現代で、24時間働けますかなんて言っていた男性社会をステージにして、女性ががむしゃらに生きるのは正直、難しいと考えられるのです。

人としてやるべきこをするのは当たり前ですが、この今の男性が作り出した社会構造の中で、うつ病は蔓延し、女性は子宮筋腫などの女性特有の疾患を患う人が激増し、大人の発達障害が問題となり、格差社会は広がり続け、悲鳴を上げている人たちが数多くいる現状を見ると、メンタルが弱い女性は鍛え方を知り、仕事や恋愛で勝ち組になれというこの価値観、要りますかね?

そろそろ違うステージに人間も入っていく時代に突入したのではないかと、個人的に男性が作った社会構造の中で、必死に喰らいつきながら生き残ろうとして、「無理です」と言えなくて、頑張ってファイトして、人に頼ってはいけない、自分で責任を持ってやっていかなければならない、人生とはこうやって生きるもんだという、男性の理屈で生きようとして、疲れ果ててしまった経験から、女には女の体があり、そこには女性にしか分からない変化が起こり、男性に合わせられない面が多くあるのだと理屈ではなく、体レベルで経験を通して理解してきたため、やはり女性は仕事や恋愛でメンタルが弱いと不利だとかダメという考え方は要らないのではないかと考えます。

どんな生き方を選ぼうと、それは人それぞれですから、このような生き方が素晴らしい、こうでなければダメだという様々な考えがあっていいと思いますし、体力的、精神的に男性並にバリバリ仕事をこなせる、そんなすごい女性もいると思いますから、これはひとつの世界観の話になります。

要するに、ここでお伝えしたいことは、現実はひとつじゃないのだから、この世界観(男性が作った社会構造)の中で生き抜くしか方法がないわけじゃないという面に気づくことも重要なポイントになるのではという話なのです。

もしこの記事を読んでいるあなたが、女性でメンタルが弱く、仕事や恋愛で損ばかりしている、そう感じているのだとしたら、まずはそれは損ではなく、あなたにとって必要ないものだったという考え方にしてみるのもまた違った面から現実を眺めることが出来るので、面白い試みなのではないでしょうか?

メンタルの弱い女性は恋愛が不利?

近年、心屋さんという方が人気となっていて、真面目な人たちの生きづらさをバッサバッサと切り捨てて、もっと「ゲス」に生きろという価値観を広めて、たのしく生きられる人たちを増やしていますが、個人的にこのような考え方が広まるのは、非常に面白いと思いますし、こうでなければならないと教えこまれてきた現実自体が現在行き詰まりを見せているのですから、ここはもう、考え方自体をシフトしていく方向で物事を見ていく生き方を選択しても面白いとは思っています。

整体の本を読みふけっていた頃、メンタルに関しては、臓器が関係しているから、人によってはどの臓器の働きが活発になっているかで、メンタルが違ってくるという話に、目からウロコを落とし、え?そんな単純な理由だったのか?

と驚いた経験から、メンタルが弱い女性だろうと、それもまた数年で変化するらしいという情報を見つけて、深刻に考えなくてもいいんだなぁと、なんだか肩の荷が降りたというか、何をそれほど深刻ぶっていたんだろうと、なんだか笑えたのです。

なんでも、人間の臓器、5臓の働きのなかで、例えば心臓が活発に動いている人のメンタルは、ワクワクドキドキする生き方にハマりやすく、腎臓が活発なら、メンタルが弱いと感じられるほどいつも不安で心配ばかりしてしまうと言われています。

こんな風に、体の臓器に注目して、女性のメンタルを眺めていくと、また違った面が見えて面白いと思いますし、この臓器の働きは、人によって数年ごとに変わると考えられていて、以前はワクと言われるほど大酒を飲んでいた女性が、本人の中で、肝臓を酷使する必要性がなくなった途端、お酒をあまり必要としなくなったなんて経験談もあり、このような面からメンタルを見ると、肝臓は怒りを中心にしているので、彼女の中の怒りが活発化していたときは、お酒を活用してメンタルのバランスを取っていたと考えられるそうです。

以前は怒りん坊だった人が、数年後やたらと穏やかになったなんて経験はありませんか?

これらは体の内側にある臓器のどの部分が活発化しているかによって、その人のメンタルや性格に影響を与えているという整体的な考え方がベースにあるのです。

恋愛や、仕事でメンタルが弱い女性がいたとしたら、腎臓や肺、脾臓が活発に働いているのかもしれません。

何故なら、腎臓はすでに説明していますが、脾臓は憂いの気持ちが強くなり、肺は悲しみの気持ちに関係が深いので、これらの臓器が活発に働いていることで、メンタルが弱いと感じているだけなのかもしれません。

そんな方に、このような鍛え方でメンタルのバランスをとりましょうという言い方は、微妙にズレを感じますが、あなたはどう感じますか?

そして現代では、子宮という女性にしかない臓器を中心とした女性にとって生きやすい仕事のやり方について教えている方々も増えました。

そのような人たちが広めている話の一部をご紹介しますが、女性はそもそも多重人格で、女性ホルモンや月に影響を受けやすいメンタルを持っているので、弱いというかブレたり揺れたり、変化しているのが当たり前なので、そういうものだと受け入れていくしかない。

女性は自分のことだけ考えて生きていいし、自分にとって楽しい、楽、そんな感覚で生きることが、実はこの混乱している男性社会を変化させる力になるという話などがあります。

恋愛や仕事で、女性が弱いメンタルを存分に発揮して、出来ません、やれませんとはっきりと言い、男性にもっと頼って、言いたいことを言って、楽にたのしく生きていれば、自然とその女性の周囲の人達も幸せになるのだという考えなのです。

このような考え方がどんどん広がっていくと、社会はますます楽で楽しい女性でいっぱいになり、そんな女性の側にいる男性も家族も友人もそのエネルギーを感じ取って幸せになっていく。

何故なら現実は自分が作っているものだから、始まりの自分を肯定して幸せにしてあげることでしか、より面白い変化は起こらないということなのです。

ということは、仕事や恋愛でメンタルが弱い女性がやるべきことは、鍛え方を学ぶことではなく、出来ない自分を許し、それでいいと受け入れ、そんな自分を愛して大事にしてあげて、もっともっと体の声を聞いて、こうしたいああしたいという欲求に従って生きていくということでもあります。

メンタルの強さは女性には必要ない?

これまでの女性は、男性の作った社会に自分の心や体を合わせて生きていこうとしていたため、子宮の疾患なども増え、社会自体もなんだか息苦しい状態になっていたのですが、女性が幸せな社会が広がれば、自然にいろんな面のバランスが整う。

もちろん、いろんな方がいますから、鍛え方を学んでガンガン男性と肩を並べて仕事をするのが好きという方は、メンタルを強くして、仕事も恋愛もグイグイ行くという選択でまったくオッケーだと思います。

いろんな生き方や考え方があるという面に目を向けて、自分はどうしたいのか?

そんな風に一度自分の中に戻って考えてみる、感じてみる、私はどうしたいのだろうかと理解してみる、そんなやり方もありですよというお話です。

個人的に、男性のように生きようとして、思いっきりクラッシュしましたので、どうやらそちらの生き方は向いていなかったようです。

実は日本には古来から、次のような考え方があるのですが、これはいままでほとんど一般的に知られてこなかった話でもあります。

男性性のことをサヌキと表現し、女性性のことをアワと呼び、これは人間一人ひとりの中に半分ずつ持っていると考えられているのです。

そして、現代社会は、仕事をする=売上、数字、目標、成果、差別化という考え方中心に動いています。

これが行き過ぎたために、ストレスや疲れを強く感じている方が増え、うつ病が蔓延し、仕事が出来ない発達障害などの方々も増えてしまったのですが、このサヌキには、進化発展するという優れた面を持っているのですが、偏りすぎて、現代の状態がややおかしなことになっていると言われているのです。

そして、命との繋がりが深いのが女性性でアワですが、こちら豊かな人は、生命体として人間が本来持っている感覚などに優れた感性を持っているのです。

この部分が少ないことで、社会の不具合が起こっていると考えられる面もあるため、女性がもっともっと自分が本来持っている女の性の部分を表現していき、バランスを取ることが、今求められている生き方に繋がるといわれています。

個人的にも男性寄りに傾きすぎていろんな不具合を起こした経験を持っているので、これはよく理解できます。

女性性は、調和、バランス、自然との繋がりという性質を持っているので、この部分を活性化すれば、人生の中で何を大切にすればいいのかが見えてきて、みんなが生きやすくなるという考え方が、現在広まっているのです。

このような社会の変化が起こっている中で、恋愛や仕事をうまくやるために、メンタルが弱い女性は鍛え方を学ぶという発想は、実は真逆な発想でもあるという面にも目を向けることは、ストレス社会を生きる私たちに、必要な考え方でもあるのではないでしょうか?

具体的に、女性がやるといいと言われているものは、弱いメンタルの鍛え方を学ぶよりも、恋愛や仕事のためにも、子宮を温め冷えをとって、人生を楽しみ、自分の体を愛して、愛のエネルギーをバンバン出せばいいという話になります。

これまでは、男性が女性を支配するような社会構造が一般的でしたが、逆です、男性は女性を楽にして大事にしてあげることで、家庭も仕事も良い方向に向かっていくのですが、残念ながら、現代ではDVや男性の言葉の暴力なども蔓延しています。

これらも、女性がはっきりと自分の意見を言い、パートナーや夫に対して、嫌なものは嫌だと言い切る本来持っているメンタルの強さを発揮して、鍛え方を学ぶのではなく、持っている強さを隠すのではなく出していき、まずは自分を愛して大事にしてあげることに専念するのです。

人生がクラッシュした後、これらのことを、内側から湧き上がる声に従いながら、ビクビクしながらやってきましたが、自分が楽になればなるほど、周囲は優しくなり変化していったのです!

女性は、仕事や恋愛でメンタルを強くしようとするのではなく、鍛え方を学んで弱い自分を変えるより、本来持っているメスとしての強さを発揮するほうが、実は自分のため、周りの人たちのためになる、現在それに気づいた一部の女性たちが、これらの情報をシェアしあいながら、人生を変化させています。

いろんな考え方が世の中にはあります、ですがやはり、あなたはどうしたいのかが中心となって生き方を考えていくというのが、一番おもしろい、メンタルの鍛え方なのではないかと、個人的には思っています。

あなたはどう感じますか?

恋愛、仕事で自分のメンタルを強くしてよりメリットの高い生き方をしたいと考える人がいると思いますが、女性はそもそも弱い性質は持っていない、自分から隠しているその才能に気づいた人から、変化は始まるのではないでしょうか?

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。