悠仁さまは将来天皇に?発達障害は?

悠仁さまは将来天皇に?発達障害は?

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「悠仁さまは将来天皇に?発達障害は?」です。

皇族の中で、2015年時点では、最年少でもある悠仁さま、現在、アイドル扱いの佳子さまを姉に持ち、将来は、天皇になる継承権を持っているといわれていますが、この記事では、悠仁さまは、将来天皇になる方なのか、愛子さまや皇太子が、発達障害を持っているという噂が絶えないこともあり、同じ血筋だから、もしかして、発達障害を持っている可能性はあるのか?といった情報をまとめていきたいと思います。

悠仁さまの補聴器は発達障害

悠仁さまのプロフィール

まずは、悠仁さまのプロフィールについて、ゆっくりと見ていきましょう。

2006年9月6日生まれの8歳、やんちゃ盛りでもある悠仁さまは、皆さん御存知の通り、今生天皇の孫にあたり、秋篠宮文仁親王と、紀子さまの間に生まれた、皇室と国民が待望した男児であり、悠仁さまが生まれたことで、皇室の継承問題についての議論が、落ち着いたことは、多くの方もご存じの通りです。

↑ 8歳になられた悠仁さま。

まだ8歳ですから、幼いといった印象が強い年齢でもありますが、皇室典範という、皇室関係に関する法律によると、殿下の敬称になりますが、この言葉、現在では「でんか」と読むことが一般的ですが、江戸時代前までは、「てんが」と読むのが普通だったといわれています。




現代の日本では、いわゆる「家柄がいい」「身だしなみが素敵な人」という人に対して、悠仁さまの敬称と同じ「殿下」というニックネームを、つけることがあるようですが、個人的に、周囲で聞いたことがありませんから、家柄のいい人であっても、そう呼ぶ人のほうが少ないのではと思われます。

例えば、元首相を祖父に持つ、「DAIGO」のことを、そう呼ぶ人も見たことがないですが、そういった面もあるという話のようです。

愛子さまが生まれ、その後、いわゆる跡取りになる男児が誕生しないことで、様々な議論がされていた中で、佳子さまが誕生した12年後に、皇室の中では、なんと41年ぶりの男児誕生に、人々もわき上がったことは、多くの日本人の記憶に、刻まれていることと思います。

なんでも、悠仁さまは、皇室で初めて、帝王切開で誕生された、貴重な経験を持っている皇族であるということですが、将来、天皇になるの?と思われている悠仁さまの名前の由来ですが、「ゆったりとした気持ちで、長く久しく人生を歩んでいくことを願って」つけられたということですが、名前の文字は、父が選んだということです。

家族の中では、「ゆうゆう」という愛称で呼ばれていて、お印は高野槇(コウヤマキ)、これは、日本だけでなく、韓国の済州島の国有種で、マツメコウヤマキ科の常緑針葉樹です。

悠仁さまのために選ばれたこの高野槇は、もともとは広く世界中に分布していた植物で、弥生時代や古墳時代には、木棺に用いられていたといわれています!日本の高野山に多く生えていることから、高野槇という名前がつき、霊木とされていて、水に強く、朽ちにくい植物であるといわれています。

これが選ばれたのは、「大きくまっすぐに育って欲しい」との願いが込められているからだと言われています!男性しか継承出来ないシステムが、確立されている皇室において、悠仁さまの誕生は、待ってましたといった雰囲気が満載で、生まれる前には、皇室断絶の危機だといって、識者たちがこぞって話し合いをしていた様子が、ニュースなどにも取り上げられていたので、愛子さましかいなかった皇室に、男児が生まれた事実は、この世界がまだまだ、さまざまなシステムで動いていることを、改めて強く感じさせた、興味深い世界観でもあったと記憶していますが、あなたはどう感じましたか?

まだまだ男児でなければ、跡取りにはなれませんという風潮が強い、現代社会を象徴する一面が垣間見えるように、悠仁さまが、生まれた愛育病院から退院する際には、国民1800人がお出迎えに訪れ、それを見守る警備体制は、1200人もの関係者を動員したようです。

悠仁さまは、2010年4月に、お茶の水女子大学附属幼稚園に入園、皇室では、5歳になった子がいる場合、着袴の儀というものが行われるのですが、ちょうど日本では、東日本大震災が起こった年でもあったため、春に予定されていたこの儀式は、11月に延期されたということです。

2013年4月には、お茶の水女子大学附属小学校に入学したのですが、皇族が戦後、学習院初等科以外の学校に入学するのは、初めてだということで、話題となったことを覚えている方も、いらっしゃるのではないでしょうか?悠仁さまが誕生された時には、世界中の元首から、誕生の祝電が届けられ、出産後、初めて母子に会った天皇・皇后陛下は、悠仁さまに白いベビーシューズを贈りました。

王室を持つイギリスでは、特に日本の皇位継承問題に、感心が強くあったようで、悠仁さまが誕生したときには、ニュース番組でも、トップで情報を取り扱うほど、世界中からも注目された出来事でもあったようです。

ここまで悠仁さまの情報を見ていくと、皇位継承問題は、多くの人から強い感心を持たれていることが、よく分かります。

難聴改善
↑ 自宅でできる難聴改善プログラム

悠仁さまは将来天皇になるのか?

ではここからは、悠仁さまは将来天皇になるのか?といった、皇室関係の細かい情報をまとめていきましょう。

今生天皇の後に、天皇に即位するのは、浩宮さまであることは間違いないのですが、では、現皇太子が即位した後、その後の皇太子は、一体誰がなるのか?将来、悠仁さまが天皇に即位するためには、その前に皇太子にならなくても、なれるといわれているようですが、浩宮さまが天皇に即位した後、一体誰がこの座につくことが出来るのか?

愛子さまは女性なのでNG、弟の秋篠宮さまは弟なので、皇太子の地位にはつけません。

そして、その子供である悠仁さまも、皇太子になることは、現在の皇室の法律では、出来ないといわれていますから、こうなると、将来皇太子になるのは一体誰?という話になります。

天皇に即位する前の仕事でもある、皇太子が空位になった場合、東宮職では60名以上の人たちの仕事がなくなり、公務は誰がやるのか?といった問題も出てくるといわれているようですが、悠仁さまは、将来天皇になることが出来るの?先程も書いたように、皇太子を経由しなくても、天皇への即位は出来ますので、特に問題はないようです。

皇位継承においては、将来悠仁さまが天皇の座につくことは、今の状態ではあるというのが正解で、この辺り、面倒な問題もあるようで、皇太子にはなれないけれど、天皇にはなれるという、不思議な状態になっているというのが、現在の状況であるようです。

今生天皇がご健在の現在、今後皇位継承は、浩宮さま⇒秋篠宮さま⇒悠仁さまの順にその権利が保証されています。

皇太子の娘、愛子さまは女性なので、皇位継承権はありませんので、流れでいくと、悠仁さまは将来の天皇候補といえるのです。

ここで不思議な現象が起こっていることにお気づきの人もいらっしゃるかと思いますが、順番で行くと、天皇がいて、その継承者の皇太子がいて、というのが自然な流れですが、悠仁さまは皇太子になれないのに、皇位継承権はある、といった状態になっています。

そこで、皇室典半範にある、皇太子の定義を、変える案が検討されているようですが、そもそも、皇位は親子継承しか前提にされていないそうです!このような、皇室に関する法律があるため、これを変えていこうという動きもあるといわれているようですが・・・。

ここで国民が感じる違和感に、皇室関係者は、どうしようかと思案しているともいわれています。

それは、親子継承前提の法律ですから、天皇の息子=皇太子というこの定義を変えてしまうと、浩宮さまが天皇になった後、天皇の弟が皇太子なっているという考えに変わるため、国民が感じる違和感は、残ってしまうと考えられています。

流れでいえば、悠仁さまは将来天皇になれる権利を持っているのですが、流れ的に皇太子にはなれない、なんとも不思議な作りに、面倒なことになっているなと、個人的には思いますが、国民の声の中には、次のような、シンプルな発想も出ていて、たしかにそうだなと思う情報もあったので、みていきましょう。

「皇太子がいなくても、皇位継承順位で継げばいいのだから、特に問題でもない、要するに、宮内庁職員の仕事がなくなることで、その関係者にとって問題なだけであり、国民にとっては問題でもなんでもない」

確かにそういうことだと思います!皇位継承権の流れでいけば、将来悠仁さまは、天皇の座に就くことは、決まっていますから、皇太子がいなくても、別段なんの問題もないですし、その公務については、なんらかの他の手立てはいくらでも考えられるのでは?と思われますから、ここは、皇室関係者が、いろいろと変化をしていかなければならない時期に、きていると受け取ったほうが、分かりやすいのかなと思われます。

どう考えても、現在の皇室の法律でいえば、悠仁さまは将来、日本の国を見守る天皇になることは、多くの国民が納得?していることでもあり、そういう決まりになっていますから、流れはこちらになっていることは確かですが、悠仁さまが生まれる前、皇太子の子供に、女児である愛子さましかいなかったときには、一定の数の、女性天皇容認論があったのですが、男児誕生に伴って、これらもすっかり息を潜めてしまったようですから、愛子さまが天皇になるという説は、現在のところ、まったく議論もされなくなっていますから、悠仁さまが将来の天皇になるという話で、この問題はすでに解決されたと考えられますが、水面下では、女性天皇が誕生してもいいのでは?といった意見もあるともいわれています。

シンプルに、皇位継承権を持っている悠仁さまが、将来の天皇になればいいというのは、国民の側の考えであり、愛子さまをといった議論をしているのは、いわゆる日本の伝統や、歴史を研究する人たちであるといった意見もあり、いろいろと難しくしているとの指摘もあるようです。

簡単に単純に、シンプルに考えれば、将来の天皇は、悠仁さまで決まっている、あとは周辺の人たちが、どうするかという問題でもあると考えられるようです。



悠仁さまは本当に発達障害なのか?

え?将来天皇になる予定の悠仁さまが発達障害だなんて、一体それは、どんな症状があるものなの?実は、次のような症状がある人が、該当するものであると言われていますので、どんな症状が見られるのか?まとめていきます。

それでは、ここからは、悠仁さまは発達障害を持っているのかどうか?という情報について見ていきます。

愛子さまが幼少時代から、発達障害ではないかという素振りを見せていることは、多くの方がご存じだと思いますし、皇室関係の話題の中には、皇太子、雅子さま、なども、なんらかの症状を持っていて、そのため、公務に支障が出ているといった情報も散乱しています。

そもそも、悠仁さまが発達障害では?といった噂は、何が原因で出てきているのか?を調べてみましたが、どうやら、補聴器をつけている姿を見た人たちから、「悠仁さまは難聴?もしかしてなんらかの障害では?」といった、温かい心配の声があがったことから、この情報が広がっていったと考えられるようです。

なんでも、悠仁さまが小学校に入ったあとの運動会に、言語聴覚士、発達心理士、特別支援教育の専門家である竹内恵子先生が、様子を見るためにやってきていたことが、発達障害があるのではないか?という噂に繋がっていったようです。

すでに、愛子さまがこの症状を持っているという情報が、駆け巡っているネットの世界では、何が事実なのか?情報を求めて、多くの人が知りたことについて調べているようですが、悠仁さまの持っている可能性があるといわれる発達障害は、どんなものがあるのか?

御存知の通り、発達障害と呼ばれている症状には、多くの種類があるといわれています。

有名なところでは、ADHD、自閉症、アスペルガー症候群、学習障害、チック障害などがよく知られている発達障害です。

将来、天皇になるといわれている、悠仁さまの持っていると考えられている発達障害は、聴覚に関係するものではないかと、いわれているようです。

これは、聴覚認知能力のバランスに、偏りが出る障害で、音を聞く、人の話を聞きながら、要点をまとめる、多くの音の中から、音を聞き分ける、音の違い、言葉の違いが分かる能力のバランスが、偏っている人に対して、聴覚に関する発達障害があるのでは?と考えられているものであるようです。

そして、将来天皇になる悠仁さまが、疑われている発達障害の人の中には、聴覚が非常に敏感になる、感覚過敏に悩む人も多くいるといわれていて、ネコのように広い周波数の音が聞き取れるので、日常生活が困難になる場合もあるといわれていて、ちょうど悠仁さまが、耳に補聴器を入れている姿が見られたことから、もしかしたら、音に敏感すぎる傾向が見られる、もしくは耳に関係した、発達障害を持っているのではといった意見が、出ていると考えられるようです。

通常、一般の人は、耳に入ってきた音を、自然に調整していきながら、音を選択できるのですが、この発達障害を持っている人は、これが難しいので、「音」に対して、恐怖心を感じてしまうことが多く、生きにくさを感じてしまうようです。

人によっては、光に異常に敏感であったり、味覚や嗅覚、、さらには痛みや触覚などに対して、一般的な人から見たら考えられなくらい、敏感に反応するという発達障害を持っている人も、いるようですが、悠仁さまも疑いのある、これらの症状を持つ人を、このように文字にして客観的に眺めてみると、敏感=才能とも捉えられますから、生きにくさはあるかと思いますが、違う方向にこれを使っていければ、役立つなにかに使える可能性もあるのでは?と思えるのですが、現代社会では、この生きにくさの原因を、発達障害という言葉で表現することで、心理的なしんどさを和らげてくれていて、思いやりのある世界観が、広がっているのだなとも受け止められます。

将来の天皇候補でもある悠仁さまに、発達障害があるとなると、継承権などになんらかの問題が起こる可能性もあります。

なんでも、悠仁さまに、なんらかの障害があるのではないかといった噂の発端は、ヤフーの知恵袋に投函された、質問が始まりだといわれているようです。

一歳になっても、ひとり立ちが出来ない、お手振りが出来ない、喋れないなどといった様子から、そのような疑問が湧き上がったようですが、この質問を観覧した人の数がかなり多く、そこからネット上で、悠仁さまはもしかしたら、なんらかの障害をもっているのでは?といった噂が広まっていったということのようです。

まだ1歳くらいの子供が、ひとりだち出来ないなどといった話は、よくあることだと思われますし、成長には個人差がありますから、愛子さまのこともあり、心配してくださった、温かい国民の気持ちは、有り難いものでもあります。

これらが関係して、悠仁さまの障害説が、まことしやかに流れていったという経緯があるようです。

悠仁さまがもしかして!?と思われている発達障害は、聴覚処理障害(ADF)と呼ばれているもののようです。

他のものは、よく知られるようになっていますが、これはまだ日本では、ほとんど知られていないものなので、聞いたことがない方のほうが、多いかと思います。

雑音のある場所などにいるときに、音が聞き取れにくい&聞き取れなくなることが多い症状があり、頭の中で、要らない音や、必要な音の聞き分けが、うまく処理出来ないようです。

● 聞き返しが多い
● 雑音のあるところでの聞き取りが難しい
● 言われた言葉を度々誤解する
● こうしてくださいと言われたことに対して、何度も確認する
● 言語情報が減少する言葉の理解が困難(個人的見解ですが、間のある文章や言葉では、相手が言いたことが理解できない)
● 音声の指示に従うのが難しい
● 言語音の弁別や分別が難しい
● 聴覚刺激に対して、的が外れた反応をする
● 聴覚の注意力が難しい
● 音素や言語音の弁別が難しい(弁別とは違いをはっきりと見分けること)
● 聴覚的な記憶が弱い
● 言語語弊、表現語弊が少ない
● 言語指示に対しての反応が遅れる
● 文字を読むこと、書字、学習面に問題がある
● 聞き謝ることが多い
● 聴覚経由での学習が難しい
● 行動的な問題が目立つ

といった症状などが見られるのが、将来、天皇になるといわれる悠仁さまが疑われている、発達障害ではないかと噂されているようです。

聴覚処理障害は、症状がどれほど重いか、軽いかによって、タイプが異なるので、その状態によって違いが大きいようです!これも、愛子さまに対する、発達障害疑惑と同様、公式に発表されているわけではありませんから、これが真実であるかどうかは、分かりません。

ただ、運動会などに参加されていた、悠仁さまの姿の写真や様子を見ると、どうやら、元気に動きまわっていて、50m走も、しっかりと走った姿が見られているようですから、仮に聴覚処理障害であった場合、スタートでのピストルの音なども聞こえにくいので、出遅れたりする可能性もあるのですが、元気いっぱいに走り終えたようですから、日常生活になんらかの支障をきたす様子は、見られないようです!

悠仁さまの運動会

これらの状態から考えられるのは、仮に、悠仁さまがこの障害に該当する面があるとして、そのレベルが、特に日常生活に、不具合を起こすようなことはないといったレベルである、という捉え方が出来るのかな?とは個人的に思いますが、発達障害であるかどうかは、発表されていない以上、憶測の域を出ないと考えられるのではないでしょうか?

将来の天皇となる悠仁さまが、発達障害ではないかという噂まで飛び交っている、皇室はいつの時代も、多くの人から愛される、素敵な家族の原型なのでしょう!




<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です