愛子さまは発達障害?公表の有無は?

愛子さまは発達障害?公表の有無は?

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「愛子さまは発達障害?公表の有無は?」です。

愛子さまが学習院女子中等科に入学時(動画)

*クリックすると動画が流れます。

愛子さまといえばそう、日本のお姫さまです!彼女が動けば、まるで壁のようにSPも動く、だって姫ですから!そんな愛子さまの母親は、雅子皇太子妃で、適応障害だともいわれていて、公務にあまり出て来られないのは、有名な話です!その娘の愛子さまが、発達障害ではないかなどの根強い噂が、長いこと立っているのを、あなたはご存じですか?この記事では、日本の姫君である愛子さまが、発達障害なのかどうか?さらに、そのような話しが、公表されているのかどうか?さらに、彼女は天皇になれるのかどうか?など、愛子さまに対する、興味深い情報や、今後の皇室について、個人的見解をまとめていきながら、登校拒否の理由についての情報も見ていきます。



まずは、愛子さまは発達障害なのか?そもそも、それって何ですか?というところから見ていきます!問題点としてあげられているものを、簡単にまとめると、愛子さまは、現在中学1年生になりましたが、学習院中等科に通っているのですが、遅刻や欠席が多く、さらに昼夜逆転の生活をしていて、授業も愛子さまだけ、特別にクラスメイトとは別に、受ける形となっていたりと、様々な問題が、愛子さまを囲む環境にはあるようです。

皇太子ご夫妻と愛子さま

そして、愛子さまは、小さな頃からあまり笑わなかったとか、コミュニケーションを取るのが苦手で、学習院初等科の頃から、自分の意志を周囲に伝えるときには、声を出すことなく、うなづいたり、首を横に振ることしかしなかったことや、言動が、他の子と違う、挨拶やお辞儀などが出来ないなど、それらの面から、発達に遅れが生じているのでは?などの憶測があり、愛子さまは、発達障害なのではないかという見方をする人たちが、いるようです。

皇室については、タブーが多く、何が真実なのか?公表されているものが少ないので、一般の私達に、分かる情報のほうが少ないのですが、なんでも、このような、学校生活に対する態度の悪さなどについては、学習院OBからは、次のような声があがっているようです。

「愛子さまのお行儀は、学習院の評判を落とすし、皇族を特別扱いすると思われる、愛子さまの欠席や遅刻の多さは、子供が行きたがらない学校と思われる」

これに対して、学習院は次のように考えを述べています。

学習院

「もともと、学習院は、皇族のために作られた学校なので、一人もいなくなると面目がたたない」

ちなみに、学習院は、旧宮内庁外局として設立された官立学校です!1847年に、京都御所日卸門前に開講されました。

1947年には、官立学校としては廃止され、私立学校となって再出発しています。

多くのことが絡みあう世界の中で、姫として成長している、多感な年頃の愛子さま、言動などに、不可解な点が多い事実などを指摘され、それらが、発達障害ではないかなどの憶測となっていますが、では、この症状、一体どんなものがあるのか?

実は、発達障害は、現在かなり多くの人達が、公表されたり、カミングアウトされているものでもあると言われています!大きく分けて6つの症状があり、発達障害と呼ばれるものには、自閉症、アスペルガー症候群、学習障害(LD)、注意欠陥多動症(AD/HD)、吃音、ツゥレット症候群があります。

簡単にそれぞれの症状の、説明を見ていきましょう!まずは自閉症ですが、主な症状は、言語の発達の遅れ、コミュニケーション障害、社会性や、対人関係に関する障害、さらには、パターン化した行動をしたり、それらに、強いこだわりをもっているようです。

3歳位までに、なんらかの障害が見られ、自閉症は、知的障害もみられますが、知能に遅れの見られない、高機能自閉症もあります。

分かりやすく説明すると、例えば自閉症という症状を持っている子が、その日の予定が急に変わったり、初めての場所にいったら、急に不安になるだけではなく、その場から動けなくなるといった症状が見られます。

次に、アスペルガー症候群ですが、自閉症に含まれる1つのタイプです!コミュニケーション、社会性、対人関係に問題があったり、興味や関心の偏り、さらにはパターン化された行動、などが見られるのが特徴です。

成長とともに、不器用さがはっきりするのが特徴で、幼いころから、言葉の発達に遅れが見られないので、発達障害があるとは、分かりにくいものです。

例えば、自分のことばかり話すので、相手の気持ちが分からない、自分勝手で、わがままな子だと思われやすい人が、この障害です。

学習障害は、全般的な知的発達に遅れはなく、書く、話す、読む、聞く、推論する、計算するなどの、特定の能力を学んだり、行うことが難しい症状を出すことです。

最近、俳優の堺雅人が、計算ができないという事実を、公表して話題となりましたが、大人なっても、これらの発達障害の症状を持っていても、普通の人間として生きていくことは可能ですから、ちょっと一般的ではないので、生きにくさを、本人が感じたり、もしくは周囲が、対応に困るなんてことは起こるでしょうが、そんなに混乱するほどでもないのでは?と、個人的には思います。

私自身、これらの症状の、いくつかを持っていると、家族に指摘されていて、自分の生きにくいと感じていた理由は、こういったことだったのかと、頭がスッキリしたのですが、これは、呼び名の通り、単なる障害であり、病気ではありませんので、間違えのないようにお願いします。

発達障害の改善法
↑ おすすめの発達障害改善マニュアル

発達障害の中の注意欠陥多動症とは?

愛子さまも、そうではないかと指摘されている、発達障害の中の、注意欠陥多動症は、じっとしていられないとか、集中できない、考えるよりも先に動いてしまう、といったものですが、意外と、成功者と呼ばれる人の中には、考えるよりも先に動いて、あっという間に人生を、変えてしまう人が多いので、別段困ったことだとは思えませんが、学校などで、集団生活をしている場合は、こういった子供がいると、やはりいろいろと、不具合や問題が出てくるため、このように、障害と呼ばれてしまうのだろうなと、個人的には思います。

愛子さまの幼少期

多動や、不注意が目立つようになるのは、小中学生くらいからで、思春期以降は、これらの症状が目立たなるようです。

例えば、何度言っても忘れてしまう、周囲に困っている人がいると、誰よりも早くそれに気づき、心配りが出来る、という特徴があります。

そして、ツゥレット症候群は、多くの種類の運動チック(突然起こる、運動の素早い繰り返し)、1つ以上の音声チックが、1年以上続く、重症なチック障害。

例えば、本人の意志とは逆に、急に大きな声を出して動いたり、首を何度も振る動作が出てしまうようです!そのため、同級生からは、落ち着きのないやつだといった見方をされますが、これは、本人の意志でやっているものではないのが特徴です。

吃音ですが、音の繰り返し、どもる、言葉を出せずに間があいてしまう、引き伸ばしなどがあります。

多くは、成長とともに消えていくようですが、青年期に症状が現れた場合、自分の名前が言えなかったり、電話で話せない、などの症状が見られるようです。

学校の同級生に、いたような記憶がありますが、暑いと言いたいのに、どもってしまって、「ああああああああつい」となってしまうといったものです。



愛子さまが、発達障害ではと憶測されているのは、これらの症状と、一致する部分があるからですが、では一体どんな部分が、当てはまっているのか?例えば、愛子さまは、幼少時代から、声を出してうなづいたり、首を横に振ることでしか、自分の意志を伝えられないとか、あまり笑わないとか、挨拶が出来ないといった様子は、自閉症やアスペルガー症候群ですが、自閉症であれば、知能の発達の遅れに問題のない、高機能自閉症であると考えられますが、あくまでも、愛子さまが、発達障害であった場合の可能性の話です!

個人的に、愛子さまの幼少時代の話を見ていると、単に性格的におとなしい子なのではないか?といった見方も出来るのかなと思いますし、あまり笑わないとか、挨拶が出来ないという状態も、恥ずかしがり屋の女の子だ、といった見方をすると、普通なのかなと考えられます。

以前、甥っ子や、姪っ子の通う小学校の行事に、何度か参加させてもらったことがあるのですが、その小学校が大きく掲げているモットーには、「元気に明るく、誰にでもきちんと大きな声で、挨拶をする」というものがあり、生徒にも出来る限り、それを徹底させているようでしたが、いろんな子供がいます。

廊下ですれ違った、男子生徒は、学校のモットーを知ってはいたのですが、すれ違う私に対して、大きな声で挨拶出来ないよぉー、恥ずかしいよぉ、といった表情を浮かべながら、やはり、挨拶が出来なくて、およよ・・・といった落ち込み顔で通り過ぎていったのを、見たことがありますが(子供は素直ですから、全部顔や仕草に、心が写し出されます)、このように、いくら、親や周囲の大人が、常識的な人間に育てようと、一生懸命躾をしたり、挨拶をきちんとしましょうと、教えたりしても、出来ない子供がいて当たり前ではないかと、これらの経験からも感じましたが、あなたはどう思いますか?

根強くネット上でも、愛子さまは、なんらかの問題を、内側に抱えているのではと、噂されている理由に、姫が1歳半~2歳の頃、国立成育医療研究センターこころ診療部の、奥山眞紀子部長が内参(一般には公開されない、一部の幹部のみが知ることが出来るという意味なので、秘密裏にやってくるという意味かと思われます)したことがあるからだそうですが、この医師の専門は、発達障害やトラウマ、不登校や虐待を受けた子供の治療などです。

子供のこころに関わる分野を専門として、これらについての著書も出しています。

愛子さまのために内参していたのですが、実はその後、愛子さまの母のカウンセリングも、受け持つようになったのですが、ある進言をしたら、クレームが入ってしまい、その後は、声がかからなくなったといったエピソードもあるようです。

個人的な見解と、出回っている情報で、愛子さまが発達障害であるのかどうか、検証してみたいと思います。

確か、愛子さまは、相撲が好きで、力士の名前を、全部覚えているなんて話しが出ていましたが、この部分を見ると、アスペルガー症候群の、偏った興味、関心、そして専門家顔負けの記憶力を持つといった面は、この症状に当てはまるのかなと思います。

そして、コミュニケーション関係は、やはり自閉症(高機能自閉症)と、アスペルガー症候群の症状が、見られるのかなと思われます。

なんでも愛子さまは、数学以外は、成績がとてもいいといった情報もあり、父親の皇太子は、自分の娘について、英語は自分よりも上手だと、褒めているなんて話しも出回っています。

このような面から見ると、愛子さまが自閉症だとしても、先程から書いているように、学力に遅れの見られない、高機能自閉症のほうなら、可能性は高いのかなと思われます。

ただ、この学力については、学校で、愛子さまが特別授業を受けているのは、遅刻や欠席が多いというのは、学力が、追いついていないとも考えられるので、実は、それを補うためである、といった情報も出ています。

これらについては、様々な憶測も飛び交っていますから、愛子さまが、発達障害であるのかどうは、ちょっと分かりにくい部分もありますが、確実に言えるのは、幼少時代から、学校へは遅刻や欠席が目立っていたというものです。

これが、コミュニケーションに問題があるのであれば、愛子さまが、発達障害である可能性も、高くなるのかな?と考えられます。

これらの情報などを報じた、週刊誌に対して、宮内庁側は、「一部の週刊誌に、誤解を生むような記事が掲載されたのは遺憾。あのような記事は、宮様や妃殿下に好ましくない」といった発言をされているようです。

公表の有無は?

そして、愛子さまの発達障害は、公表されているのか?いろいろと調べてみましたが、先ほどの、宮内庁側の発表を読むと、お分かりいただけるように、相応しくない表現なので、もちろん公表はされていません。

そして、実は、愛子さまは、パーソナリティー障害ではないかといった見方もされていて、これも公表されているわけではありません。

これは、多くの人と違う反応や、行動をするので、本人が苦しんでいたり、周囲が困ってしまっているといった、精神疾患です。

ものの考え方や、感情や衝動のコントロール、対人関係などの、広い範囲のパーソナリティー機能の偏りから、問題が起こるものです。

実は、ネット上では、愛子さまの母親は、実は、こちらの精神疾患を持っていて、遺伝で、愛子さまも発達障害や、パーソナリティー障害などの症状を、出しているのでは、などの見方もされているようです。

個人的な意見ですが、ここ数十年の、精神疾患関連の、決め付けや枠組み、さらに、医療現場の取り組みなどには、個人的に、なんだなかなぁといった思いが隠せません。

これらは、昔なら、「個性」といった捉えられ方をしていて、確かに、集団で生きている私達人間にとって、一般的でない言動や、生活習慣を持つ人は、理解し難いし、その生き方が楽で、得意で好きで、常識だと考える人にとっては、ストレスが溜まるタイプの人間でもあるでしょうが、では、逆に考えてみて、その障害と、レッテルを貼られた人から見た自分たちは、どうなんだ?なんて見方はされないのが、不思議だなと思います。

宮内庁側の公表もないのに、これだけ多くの人の関心を集めるのは、やはり、愛子さまが、日本のお姫様であるからですし、宮内庁側としては、国民からのイメージがあるので、あまりにも、ふさわしくないような情報が流れると、皇族というステータスを保つ上で、問題が多くなりますから、現実的には、今後も、発達障害をもっているとか、パーソナリティー障害などの疾患を、抱えているという公表は、されるないのかなとは思います。

そもそも、愛子様に相応しくない情報が、公表されるなんて状態が起こるわけがないので、こればかりは、タブーとして、まことしやかに、噂がひとり歩きしていくのかなとも思われますね!

個人的には、もし仮に、愛子さまが、なんらかの問題などを抱えているのであれば、現在、これらの症状を持つ人は、多いとも言われていますから、公表したら、理解や安心感を、国民に与えられるため、逆に皇室側にとっては、新しい可能性が開けるのでは?などと、いち個人として、のんきに考えています。

公表すれば、難点ばかりが出る可能性も、意外と良いものに繋がる可能性も実は、五分五分なのでは?と思います。

ここからは、愛子さまは、成長後どうなるのか?皇室は、1800年あまりの歴史の中で、ずっと父方の血統で、王位継承がされてきました。

ですから、愛子さまの父は、皇太子ですから、王位継承は、血統的には問題ありません、何故なら男系女子だからです。

歴史を見ても、女性天皇がいた時代もありました、ただ、愛子さまが天皇になった場合、結婚して子供が生まれ、それが男の子であると、女系から産まれたという話になるので、女系男子となるため、王位継承権はありません。

これまで歴史の中で、男系女子が、天皇になった場合は、未婚を貫いていたようです。

ただ、現在の皇室典範(明治以降)では、「男系の男子」が継承する流れになっていると、公表されているので、現在のところ、男系男子は、悠仁親王だけですから、このままいくと、悠仁親王が、皇位を受け継ぐようです。

悠仁さまと秋篠宮夫妻

そうすると、どんな問題が出てくるか?実は、他には女性だけなので、適齢期になって、愛子様を含む、ほかの皇族の女性たちが、民間に嫁いでいくと、皇室に残るのは、悠仁親王だけになります。

ここで、以前から問題とされて、議論が活発化されていた、女性宮家の創設といった話しが、浮上してくるわけです!そうすれば、女性も皇室に残れるからです。

愛子さまの発達障害の公表、そして皇室存続の問題、さまざまものが含まれているので、一筋縄ではいかないようですが、シンプルに、愛子さまも、天皇になれる可能性を作ってあげて、新しい皇室を、再創造していけばいいのでは?とも思いますが、あなたはどう思われますか?

ここからら、公表されているわけではない、愛子さまの発達障害、そして、母も同じ症状ではないかと言われている、パーソナリティー障害などの見解を見ていき、天皇継承の問題と絡めて、個人的に思うのは、すでに、愛子さま、その母などが、これまでの仕組みを嫌がり、違った方向に向けたいと考えているのではといった考えで、これらの症状などを受け取ると、大きく時代の流れとともに、皇室も変化していかなければならない時代に、突入したのでは?と考えられます。

これまで通りのやり方が、もう通用しない、愛子さまのような子供が生まれてきている以上、社会は根本からひっくり返るように、変化していく必要があるのでは、と個人的には思います。

さらに、これまで通りの生き方や価値観から、どんどん一般人も逸脱していっている現実は、すでにはっきりと、広がっていると、多くの人も理解していると思いますので、これは、頭でっかちな社会を、根本的に変えていくことでしか、可能性を探っていけない時代になった事実を、認めるしかないのでは?と考えられます。

あくまでも、個人的見解ですから、様々な意見があるというのは、とても素晴らしいと思います。

多くの価値観や、多様性を認め合える世の中になれば、社会自体も、さらに活性化されていき、新しいものも、どんどん生み出されていくのではと思います。

テクノロジーの発展は、社会の労働システムを、根本から変えていくと、はっきりと研究結果も出ている現代で、いつまでも、古臭いシステムにしがみついて、議論している暇はもう、ないのではと、思いますが、あなたはどう思われますか?

そして、ネットの出現によって、これまで隠されてきた事実などが、公表されるように、多くの人々に、情報として伝わっているので、今後の社会は、ひとつの国家うんぬんと言っている場合ではなく、地球はひとつであるといった考え方に、シフトしていく必要も、あるのかなと、個人的には思います。

大きく変化する、この時代の流れ、自分の利益だけを考えて、自分たちの血を、絶やさないなどの考えに、こだわっている時代ではないのでは?なになに家だとか、家の格式だとか、そんな、これまでの常識や、システム自体が、変わっていく時代に入ったと考えると、もの事の見方は、もっと柔軟になり、公表してもしなくても、事実はいつか必ず表に出てしまうので、多くのこだわりを、手放していけばいいのでは?



愛子さまが激やせで別人!?

ここからは、2016年9月26日から学校を欠席してしまっていたという愛子さまの、激やせについてまとめていきます。

なんでも、この日から欠席が続いた愛子さまは、10月18日から行われた2学期の中間考査(中間テスト)も欠席され、4週連続での欠席だったのです!

このことが問題とされ、一体なにが原因で愛子さまが欠席を続けているのかという理由を探って、様々な憶測が飛んでいるようです!

2016年の夏休みは、皇太子夫妻に同行して公務を行なうことが多く、どうやらこのお疲れなども関係して、次の理由から、欠席が続いていると言われています。

● 夏休みの宿題やテストの提出、さらに運動会の練習などで疲労が溜まってしまった
● 胃腸の不調やふらつきがあり、宮内庁病院で検査を受けたのですが、特別付けられる病名がなかった
● 食欲も戻っているのですが、待医が静養をすすめている

これらが理由となって、実は愛子さまは現在激やせで別人のようなお姿になっているという話まで飛び交っています。

実は、愛子さまの激やせが噂されるようになったのは、2016年8月頃からになるのです!

8月11日に長野県上高地で行われた「第一回山の日記念全国大会」の式典に出席したときに、それまでと違ってずいぶんと激やせをされているなと多くの方が感じたようです!

こちらの写真は、2016年9月20日頃に撮影されたものではないかと考えられていますが、確かにこの様子を見ると、かなりの激やせと言われてもおかしくありません。

%e6%80%a5%e3%81%aa%e6%bf%80%e3%82%84%e3%81%9b%e3%81%a7%e5%bf%83%e9%85%8d%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9f%e6%84%9b%e5%ad%90%e3%81%95%e3%81%be

丁度思春期で身長が伸びているからという可能性も考えられますが、この時期はどんどん成長期で体型も精神も変化していくだけに、一概に激やせで心配だと言えるものではないとは思いますが、女の子ですから、そろそろ本格的に体型が気になるのもわかる年齢でもあります!

そして、なんでも皇室のアイドル扱いされている佳子さまに憧れていると言われていて、これも激やせして別人のようになった理由ではないかと考えられています。

個人的にも、中学生ぐらいの非常に感受性が揺れ動く多感な年頃のときには、憧れの女性などがいて、そうなりたくて、なんだかファイトした記憶があります。

佳子さまは、かなりネット上でも人気が高く、ファッションセンスなどもどちらかというと華やかな雰囲気で、非常に女性らしいですし、公務をするときなどもハキハキとされている様子などを見ると、まだまだ中学生の愛子さまにとっては、自分も公務に参加するようになっていますから、あのように美しい姿で人々の前に出て、多くの人から憧れられるような存在になりたいと考えるのは、普通のことだと考えられますが、まだ成長期ですから、あまりにも激やせしすぎたまま成長されると、体にさわりますから、そのあたりはほどほどにされたほうがよろしいとは個人的に摂食障害まで経験したので、僭越ながらそう感じてしまいます。

そして、この時期の女の子は、成長度によりますが、人によっては非常に変化が激しい時期でもあります。

こちらの写真をご覧いただくと分かりますが、雅子さまとそれほど身長が変わらなくなっています。

%e6%88%90%e9%95%b7%e3%81%97%e3%81%9f%e6%84%9b%e5%ad%90%e3%81%95%e3%81%be%e3%81%a8%e9%9b%85%e5%ad%90%e3%81%95%e3%81%be

雅子さまの身長が164cmだということですが、大人の女性なのでローヒールを履いていると言われているので、そのことを考えても、この写真から愛子さまの身長を推定して160cm近くはあるのかなと考えられますから、一般的な日本女性の平均身長よりも高いので、一気に身長が伸びたことも、激やせに見える理由になる可能性は否定出来ません!

ちなみに、2015年に文部科学省が調べた学校保健統計調査・運動能力調査によりますと、愛子さまと同じ中学3年生の女子の平均身長は156・5cm、日本人成人女性の大体の平均身長が157~158cmですから、愛子さまが160cm近いとしたら、かなり同じ年齢の女子よりも高くなっていると考えられますから、こういった面から見れば、激やせではなく、身長の変化でそう見えるだけと考えられますから、健康にも特に病名が付くようなものもないと言われているだけに、心配なことはなさそうにも思えます。

そもそも、中学生の女の子に公務の重圧という説はちょっと難しい面があるのかなと感じられるところもあります。

両親と一緒ですし、周囲にはいつも守ってくれているSPもいるかと思いますので、顔なじみの人たちに囲まれての公務で、激務でもありませんから、これが激やせに繋がったというのは、無理矢理な理由付けではないかという考え方のほうが自然なのかなと個人的には思いますが、あなたはどう感じますか?

もしかしたら、密かに恋をされている可能性もあり、理由は愛子さまだけが知っている、シークレットでもありますから、そっとしておいてあげたいですね。

私の個人的な意見

愛子さまが、発達障害や、パーソナリティー障害を抱えているのなら、、はっきりと公表して、それを、素晴らしい個性のひとつとして、認め合える社会を創造する手伝いを、皇室がしていけばいだろうし、これらの障害を持っている人は、「かわいそうな人」といった、誤解をされている人たちを、それは違うんだよって、見方を変えるために、公表することで、啓蒙活動へと、変えていける可能性もある。

もっともっと、頭を柔らかくして、本質的な部分を見ていき、ただ、存続させるだけが目的となっているのなら、最初に、皇室を作ったのは、なんのためだったんだ?といった原点に立ち戻り、そこへ戻っていきながら、再創造をしていけばいいのでは?今あるのは、愛子さまという、父系の女子、ならば、どうするか?柔らかく、しなやかな視点で、これを解決していければいいと思います。

そういえば、愛子さまは、一般的な言われ方として、宮内庁から公表されているわけではありませんが、日本のお姫様、ということは、女性は巫女のような存在であるとは、昔から言われています。

新しい可能性を、沢山秘めて生まれてきた、愛子さまの中に眠る、巫女としての才能、新しい時代をつくるための、生きるための知恵を、導き出していきながら、この先の未来を、変えていければいいなと、個人的には思います。

実は、皇室の未来の鍵を握っているのは、公表はされていませんが、なんらかの、内側の問題を抱えているのでは、などと噂されている、愛子さまの中に眠っているのでは?

ちなみに巫女とは、御存知の通り、日本の神に従える女性のことをいいます。

そして、情報を探っていくと、宮内庁からの、公表はされていませんが、愛子さまの母は、彼女を天皇にと考えているようです。

この情報が、事実であれば、結局は、決めるのは、愛子さまご本人だという話にもなります。

そして、民意などを調べると、国民の多くは、愛子さまが天皇になる現実に対しては、好意的だといった話しも出てきます。

民意と、周囲の意見が一致し、愛子さまに、天皇になってくれと言われたとして、彼女がどんな選択をされ、公表していくのか?個人的には、楽しみです!

ここからは、愛子さまが、学習院女子中等科に入学された後から、登校拒否となっている情報について見ていきます!入学されて、一学期の後半から、登校拒否と報じられるようになったのですが、その理由を、東宮職関係者が話したようですが、「愛子さまが登校拒否になられたのは、中学という新しい環境に、馴染めなかったというのが最大の要因ですが、もうひとつ、愛子さまが苦悩されていたのは、警護の問題なんです」。

なんでも、中学校に通う愛子さまには、少なくても6~7人のSPがついていて、一緒に登校していたといわれています!しかも、そのSPは、常にダークスーツを着ていて、もちろん女性のSPも、2名ほどいるようですが、思春期で、女子として、いろんな感情がどんどん発達していくこの時期に、これらの警護が、大名行列のように周りに寄り添っている状態が、愛子さまにとっては恥ずかしいだけではなく、女子校なのに、この男性たちの存在が、異様な雰囲気を醸し出していたようで、ストレスを感じたようです。

SPは警護をするのが仕事ですから、仕方がないのですが、やはり、学校で友達と話をしようにも、ダークスーツを着た大人の男性が側にいると、年頃の女の子である愛子さまは、いろいろと気を使ってしまうでしょう、トイレなどに、男性がついてくるなんて、個人的に考えても、それはちょっと・・・といった意識を持つのは当然だと思います。

この状況に悩んだ愛子さまは、母親の雅子さまに、なんとかしてくれないかと、直談判されたようです。

それを受け、皇太子と相談し、愛子様の警護を、出来れば女性SP中心にしてもらえないかと、要望したようです!それを受け、全てを女性にするのは、難しい部分がありますが、できるだけ配慮して、女性SP中心の警護に変えたといいます。

年頃になってきて、世間では発達障害ではないか、公表はされていないけれど、そうではないのか?などと疑問視され、さらに、警護でダークスーツを姿の男性に囲まれるのですから、いろんなストレスがかかってしまう立場にいるだけに、個人的にも、愛子様の気持ちを考えると、色々と大変な思いをされているのだろうなと感じます。

愛子さまの登校拒否の理由は、思春期の女の子ならではの、繊細な悩みも関係していたようですから、女性中心のSPになって、少しは気持ちも楽になったのではと推測されます。

2014年5月には、皇族警察官の中で、女性が占める割合は、10・3%で、過去最高だといった発表がされたようです!その時期に、皇族警察として活躍をしている人は計881人で、そのうち91人が女性だということです!過去最高だといっても、まだまだ、女性SPの数は少ないようです。

愛子さまの要望を満たせるように、2015年は、女性SPを、例年より多めに採用することになったようですから、愛子さまの心の負担も、かなり軽くなるのではと思われます。

愛子さまが発達障害?いや、パーソナリティー障害らしいなどと、公表もされていないのに、噂は跡を絶たないのは、彼女の様子を見た人達が、それを敏感に感じ取ったからなのでしょう。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

発達障害の改善法
↑ おすすめの発達障害改善マニュアル

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です