手汗をなくす方法

手汗をなくす方法

ブログライターkomichiです。自由な時間と場所で収入を得られるブログライターがどんな仕事か知りたい方はこちらをご覧ください。

今日のテーマは、「手汗をなくす方法」です。

手汗対策や無くす方法

緊張しやすい人や、なんらかの心理的な葛藤があったときなどに出てきやすい手汗、これが出ることで、不快に感じる人もいるので、なくす方法を調べている方もいるのでは?

そんな方へ、手汗をなくす方法についての情報をまとめていきます。



↑ 現在最も売れている手汗用制汗ジェル フレナーラ

手汗が止まらない原因は?

そもそも、手汗が出る原因は何があるのか?

人間は全身で汗をかく生き物ですが、手の平には汗腺が沢山あり、手汗をかきやすい場所となっていて、このような体の構造があるので、暑さ以外に、緊張や興奮で手汗をかくことは、普通のことであるといえるのです。

手汗は自律神経が関係していて、興奮すると交感神経が活発に働き、リラックスしている時には副交感神経がよく働くことは知られているのですが、手汗をかきやすい人は、交感神経が優位に働くので緊張しやすい状態が続き、手汗を出しやすくなるのです。

どんな人でも手には汗腺(エクリン腺)があるので、ここに汗をかいているのですが、気になるほど手汗を出している人は、汗腺が他の人よりも多いため、これが原因となって手汗が止まらないという状態になると考えられています。

手汗がひどい人は、手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)という病気も考えられます。

なんでも、綾香と結婚した水嶋ヒロも、この手汗がひどいことで悩んでいるといわれていて、ファンの方との握手をするときに、嫌がられないかと気にしているといいますが、人から気にされるほど手汗に悩む方は、200人に1人ほどいるといわれていて、意外と数が多いなと感じますが、そして手汗には3つのレベルがあります。

レベル1・・・ 手汗がじわっと出てくる程度 
レベル2・・・小さい粒のような手汗が出る 
レベル3・・・手汗がしたたり落ちる

手汗を沢山かく人の特徴は、実は精神的なものや身体機能の失調が関係していると考えられています。

そして、暑い夏ならなんとなく手汗を出すのも分かる気がするけれど、そもそも寒い季節に手汗がひどく出るというのは何故なんだろう?と思う方もいると思います。

実はこれ、体温調整で出ているわけではないのです、基本的には、体のどの部位でも汗をかくのは、体温調節をするためで、熱を逃がすために汗が出るのですが、手汗は精神的な緊張が関係していて、先ほど書いたように自律神経の交感神経が優位となっている状態が関係しているので、暑いとか寒いという気温は関係なく、出てしまうものであるといわれています。

そして、実は手汗は夏より冬に出ることのほうが多く、その理由は何故なのか?実は寒い季節のほうが気圧が高いためであり、これが自律神経の交感神経を刺激して優位に働いてしまうことで、手汗を出しやすい状態にしてしまうと考えられています。

多汗症という病気がありますが、これらの症状の原因などは未だに解明されていませんし、厚生労働省によって、現在は研究推奨分野に指定されているといわれていますから、どうやらこのような情報を見るだけでも、手汗で悩む人が多いのだなという事実が浮き彫りになってきます。

多汗症をなくす方法などを理解する前に、手汗で悩む人が、あまりにもこの症状がひどいため、うつ病にまでなってしまう現実もあり、精神的苦痛は、手汗を出す本人にしか分かりませんから、周囲の人は、これが病気や疾患、身体機能の失調が関係しているという事実も理解していただければと思います。

手掌多汗症などの手汗が多く出る症状は、幼少期や思春期から発症することが多く、日常生活を営むうえで、様々な困難が起こるため、手汗をかく本人は、かなり精神的苦痛を感じるのです。

この多汗症の症状と遺伝が関係するのかを調べたのですが、特定出来なかったのです。

そして、普段から手汗がひどく出るのではなく、あるときから急に大量に出るようになった場合は、甲状腺の病気や、ホルモン異常、糖尿病になっている可能性があるので、病気が潜んでいる可能性も考えられます。

他にはどんな病気が手汗に関係すると考えられているのか?

● うつ病 ● 甲状腺障害 ● 自律神経失調症

甲状腺は、体の新陳代謝や体温調節を行うホルモンが出る場所となっているので、ここがうまく働かなくなると手汗がひどくなります。

糖尿病の初期症状に、手汗がひどくなるという症状がありますから、こちらの病気の可能性も考えられるので、なんだか最近喉の乾きが気になる、手汗がひどいといった症状がみられる場合、糖尿病ではないかと疑うことも大切です。

精神疾患が原因で手汗をかくこともあります、次のような状態が体や精神に対して出ている場合は注意が必要です。

● 死にたくなる ● 体がだるい ● 食欲がなくなった 
● 騒音が気になるようになった ● うつっぽい気分になる

これらの症状が見られ、さらに手汗を多くかくような症状が出ているのなら、精神的ななんらかの疾患が隠れている可能性も考えられたほうがいいようです。



次のような症状がある方が、手汗で悩んでしまうといわれていまので、情報を見ていきましょう。

● 汗が気になって恋人と手を繋げない 
● 人と握手することにためらいがある 
● パソコンのキーボードが手汗で濡れてしまう
● 手汗でノートがにじむ       
● 車の運転をしているときに手汗でハンドルがすべる 
● 常にハンドタオルが手放せない   
● ネイルサロンにいけない

日常生活でいろいろと面倒なことが起こる手汗の原因は、様々なものが関係しています。

そして、なんでも手汗をなくす方法を探しながら、手汗オフ会というものに参加して、様々な情報を入手したり、同じ悩みを持つ人同士で、話をして気持ちを理解しあったりする人たちもいます。

手術をした方の体験談や副作用についての話しも聞けるので、悩んでいる方は、手汗オフ会などに参加して、なくす方法についての情報を、経験者から入手する事もできますから、参加を検討されてもいいのでは?

そして、手汗で悩む女性は多いといわれていて、そのためネイルが剥がれやすいという悩みを持っている方もいて、美容に影響を与える手汗をなくす方法を探している方にとっては、ここもかなり重要な悩みであると考えられますね。

手汗を抑える制汗ジェル

近年、手汗をなくす方法として、制汗ジェルなどが流通しているよですが、これはどんな効果があるのか?

手汗をなくす方法として注目されている制汗ジェルは、手のひらのエクリン腺から汗を、根本から予防することが出来る成分が、一般的な制汗剤では届かない、独自のナノ化技術によって、もっと細分化して浸透するよう、分子レベルで汗をシャットアウトするように作られています。

一般的な市販の制汗剤などは、塗ったりつけたりした後、かゆくなったり、肌が荒れるなどのトラブルが出るといわれていましたが、近年、無添加の化粧品などが登場してきたことで、手汗をなくすための方法として作られた制汗ジェルなども進化していき、かなり効果的なものが出てきています。

手汗をなくす方法としては手軽で便利なものとなっているのですが、顔や脇などの汗をかきやすい部位に使うものなど、様々な商品が開発されていて、悩みを持つ人にとっては、かなり有り難い商品となっています。

植物エキスなどをふんだんに使い、肌に出来る限り優しいものを使って、手汗をなくす方法として手軽に使える商品となっていますから、普段からこの症状に悩んでいる人にとっては、嬉しい商品開発でもありますね。

科学や医療の発展などのお陰で、これらのアイテムが充実してきた現代社会ですが、人によって効果があるとかないという体験談なども数多くネット上にはのせらられていますので、結局は使ってみて、自分に効果があるかどうかを実感していくしかないのでは?と個人的には思います。



↑ 現在最も売れている手汗用制汗ジェル フレナーラ

手汗をなくす方法はあるのか?

では、手汗をなくす方法ってなにかあるのか?

● 薬を飲んだり、注射を打ってもらう 
● 手術をする 
● 自律神経の乱れを整えるために食事を改善する 
● ヨガなどの運動で体の代謝機能を高めバランスを整える 
● 医療制汗剤などを使用する

自律神経や精神的なものが関係していたり、病気などの関連があって、手汗をかいてしまう場合は、個人的な見解も含めて総合的に考えた場合、生活習慣や食生活を変えていくことで、手汗をなくすことが出来る可能性は否定出来ないのでは?と思いますが、あなたはどう感じますか?

このような方法は、要するに体の体質自体を根本的に改善していき、手汗をなくすというやり方になります。

自律神経がどうしても交感神経優位になり、興奮しやすい、緊張しやすい状態になっていると、手汗をかきやすいと考えられているので、ここをコントロールすることがある程度出来れば、手汗をなくすことが出来ます。

緊張しやすい性格の方は、自律神経の乱れが原因である場合もあり、そうなると、普段からできるだけ刺激の強い食物は避けたほうがいいという発想に繋がっていきます。

そうなるとさけるべき食物は?

● 香辛料の多いもの ● カフェイン ● らっきょやにんにく、にら、玉ねぎ 
● 柑橘系の果物   ● アルコール飲料
● 炭酸飲料     ● 油っこく味の濃いもの

これらが一般的に、体に刺激を与えてしまう食物であると考えられています。

普段の食事から、できるだけこれらをさけるようにしながら、自律神経の乱れなどを整えるような生活スタイルを組み合わせ、ストレスを過度にかけるような生き方をやめ、常にリラックスした状態で生活できるように、改善してくことも、手汗をなくす方法としては、非常に効果的な面もあるかと考えられます。

ただ、これらの食材などは、滋養強壮作用や、消化の促進効果もあるので、健康に関してはかなり有効な食材ともなっていますから、塩梅で摂取するという柔軟な考え方をとりいれながら、食生活改善も、自律神経を緊張させるほど頑張ってやることのないように気をつけていただればと思います。

漢方などを使って根本的な体質改善をされることも考えるといいのではないかと思いますが、手汗をなくす方法を探している方は、切羽詰まっている人も多いかと思います。

即効性を求める気持ちも理解できますが、やはり、長い人生、長い目で考え、根本的な解決についてもよく考えてみるという姿勢も大切になるかと思います。

そのうえで、現在販売されているジェルや制汗剤などを使用していくという方法を選んで、手汗をなくすことを考えていったほうが、健康的であるとも考えられます。

ヨガにも、自律神経の乱れを整える効果があるといわれていますので、自律神経の安定を考えるのなら、これらをうまく組み合わせて、制汗ジェルなどと一緒に使っていくことで、より効果的に、手汗をなくす方法にしてしまうことも可能ではないかと、個人的に学び、経験をしてきた中で理解していきましたので、諦めることなく、これらも上手に組み合わせていきながら、手汗をなくしていく方法を探っていかれるといいのではないでしょうか?

西洋医学的観点から、手汗をなくす方法についての情報を、ここからまとめていきますが、医療機関で手汗をなくす方法をお願いすると、次の3つの治療法が代表的なものになるといわれています。

● ボトックス注射  ● イオントフォレーシス  ● ETS手術

順番にどんな方法で手汗をなくすのか、見ていきましょう。

まずはアンチエイジングにも使うボトックス注射、いろんな場面で活躍しているようですが、手汗をなくす方法として、これを使うのはどういった利点があるのか?

ボトックス注射は、ご存知の方も多いかと思いますが、ポツリヌス菌を体内に注射することで、汗の出を抑えることが出来るといわれていて、短期的に手汗をなくす方法として医療機関で提唱されている治療法のようですが、これには次のようなリスクがあります。

➀ かなり痛い 
➁ 治療費がかかる 
➂ 数ヶ月に一度は打ちにいかなければならない 
➃ 他の場所に汗をかく場合がある

ボトックス注射には、神経の末端から分泌されている、神経伝達物質のアセチルコリンという物質が出てくるのを抑える作用があります。

これを生かして、手汗などの多汗症を持った人の症状をなくす方法のひとつとして、注射を打つことで、汗をブロックしてくれます。

では、ポツリヌス菌を体内に入れるのは害にならないのか?といった心配がありますが、無害で無毒化される量しか体内に注射しないので、心配はないと専門医は話しています。

では次に、イオントフォレーシスについて、どんな手汗をなくす方法なのか?見ていきましょう。

この治療法は次の方法で行います。



● 手を水にひたします ● 電気を流します ● 週に一回行います

簡単に手汗をなくす方法として、イオントフォレーシスとは一体何かを説明すると、電気刺激を与えることによって、手汗を抑えることが出来る方法であると考えると分かりやすいと思います。

弱い電流を流した水に手を20分ひたすのですが、ある医療現場によると、週3回3週間ほどこれをおこなうと、手汗をなくすことが出来ますが、これは定期的に行わないと一時的な効果しかなく、肌が弱い人などは、かぶれたり、湿疹やかゆみが出ます。

イオントフォレーシスは、欧米などでは一般的な手汗をなくす方法の治療として浸透しているようですが、日本ではまだまだ扱っているクリニックが少ないので、まだまだ一般的ではありません。

クリニックに行かなくても、専用の器械があれば自宅でも出来るのですが、購入が難しいといわれています。

次に、ETS手術について情報をみていきましょう。

これは、手汗をなくす方法として行う外科的治療法で、手に2~4ミリの小さな穴をあけ、内視鏡を使って交感神経を切除するという、神経切除の治療方法です。

この手術をするリスクは、最低でも10万以上の代償性発汗が出てしまうことで、分かりやすく説明すると、汗の神経を切ったため、他の箇所に汗が大量に出てしまいます。

手汗をなくす方法として、ETS手術を選択したある体験者は、悩みだった箇所の汗はまったくかかなくなったそうですが、代償性発汗のため、体に異常に汗をかくようになったと話していますから、確かに手汗をなくす方法としてはかなり最強ではあるようですが、この副作用が強いため、手術を行うかどうかは、個人の責任でどうするかを考える必要があるようです。

しかも、若い世代でこの手術を行った人たちの中には、事前にリスクがある、代償性発汗が起こるという情報を知らされていたはずなのに、あまりにひどい発汗が起こり、日常生活でかなり不便なことが起こってしまい、裁判を起こしてしまう方もいます。

代償性発汗はかなり大変な状態になるようですから、確かに手汗をなくす方法としては有効であるのですが、その分他の箇所に大量に汗をかくことになりますから、この手術を受けようと考えている方は、慎重に検討されたほうがいいと考えられます。

体験者が「気軽に受けるのは考えなおしたほうがいい、日常生活が大変になる、リスクが大きい」と語っていますから、やはり、長い人生を考えると、神経を切断するという方法で、手汗をなくすという治療法は、ちょっと考えなおしたほうがいいのかもしれません。

体質自体を変えていく方向で自律神経の乱れを整えつつ、使えるジェルや制汗剤なども活用しつつ、やはり出来れば体の機能を無理やり切断するなどの方法はスルーされたほうが無難では?と、個人的には思います。

手術などの切ったはったというやり方は、命に関係するとき以外は、出来れば避けたい治療の方法ではないかと思います。



↑ 現在最も売れている手汗用制汗ジェル フレナーラ

手汗で悩む方が多いという事実に驚きましたが、、なくす方法として、体質改善を心がけるという方向で考えてみるのもいいのではないでしょうか?

無料メルマガ「在宅ブログライターで月収30万円稼ぐ方法」
by ブログライターkomichi
自由な働き方
収入と時間と人間関係の悩みから解放されて、趣味や旅行など自由にできる学生時代のサークルのようなコミュニティーを一緒に作りませんか?好きな場所、好きな時間にブログを書くだけでOL時代以上の収入と自由を手に入れる私komichiが人生を変えた「在宅ブログライター」という職業について無料で3つの動画をお届けしております。在宅ブログライターについての詳細はこちらよりご覧いただけます(推薦文あり)。




*興味がなければいつでも1クリックで配信解除できますのでお気軽にご覧いただけたら幸いです。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。




働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です