旦那・夫の浮気が怪しいと疑った後の修復方法

旦那・夫の浮気が怪しいと疑った後の修復方法

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「旦那・夫の浮気が怪しいと疑った後の修復方法」です。

夫が浮気してるかも・・・

旦那や夫が浮気をしているかも・・・!?

そう感じた時に、それが本当であっても、ただの疑いでもあっても、すぐに別れるなどという状態になれないのが、恋人同士と違う結婚という世界観でもあります!

この記事では、浮気かも、なんだか旦那や夫の様子が怪しい、疑いがあるという場合の関係の修復方法、どうして人間は浮気をするのかなどについてまとめていきます。

夫の浮気を解決する方法
↑ 夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる「夫の浮気・解決法」

旦那や夫の浮気かどこから?

人によって浮気の定義が違うかと思いますが、まずは一般的に、旦那や夫が浮気をしているのではと疑い、怪しいと思う基準はどこからなのか理解していきます。

民法上では、浮気をはっきりと規定する基準は存在していないようです!

ですが、裁判では判例がものをいいますので、過去の膨大な判例から導き出された、旦那や夫の怪しいと疑いたくなる浮気の判定ラインは存在するようです。

法律上での浮気の判定ラインは、結局は肉体関係があったかなかったかというものになります。

ですから、手を繋いだ、キスをしたくらいでは、法律上では浮気と認められないので、慰謝料が発生するわけではないのです。

他には次の行為を旦那や夫がした場合は、法律的にはとりあえずセーフであるようです。

● 妻以外の女性と二人きりで食事に行った
● 誕生日やバレンタインデーにプレゼントをもらったり贈った
● 二人で見つめ合い軽くキスをした
● 合コンや婚活パーティーに出席して不特定多数の異性と会う
● ビデオチャットで、画面越しにお互いの体を見せ合う
● 出会い系サイトに登録をしたり、Facebookで、親密度の高いメッセージなどを送る

これらはあくまでもセーフラインとは言われてますが、軽いフレンチ・キスを濃厚な状態で長い時間行っている様子が映った動画などがあったり、あまりにも親密なメッセージのやりとりが沢山、長い期間に渡って証拠として残っていれば、裁判では性的関係が疑われるということで、慰謝料が発生する可能性が高くなります。

一般的な人たちの多くは、旦那や夫の怪しいと疑いたくなる浮気は、二人きりで女性と食事に行った時点でアウトだと考えているようですが、裁判ではこれでは慰謝料はいただけないようです。

そして、一般的な人たちの意見として、旦那そして夫などが浮気をしていると感じるのは、次のような状態であれば、疑いをかけ、怪しい、あれは浮気だと感じるそうです。

● 異性と部屋で二人っきりになる
● 嘘をついて異性と遊ぶ
● キスをする
● 手をつなぐ
● 外泊をする
● 頻繁にメールのやりとりなどをする
● 肉体関係を持つ
● 何もしていなくても、精神的に他の女性を好きになった場合

では、これならセーフだと感じている一般的な判断のラインはどんなものがあるのでしょうか?

● 相談にのる
● 連絡先を交換する
● 合コンに行く

相手にお金と時間を多くかけるようになったら、浮気だと判定されるのが一般的な判断になるようです。

そして、法律的には、パートナーの浮気で慰謝料の請求が出来るのは、次のケースだと言われています。

● 結婚している
● 内縁関係である
● 婚約をしている場合

この3ケースのみが、怪しいと疑いをかけて浮気ではないかと、内情を暴いたときに慰謝料を請求できる関係になります。

そして、結婚していても、実情は、家庭内別居などをしていたという場合は不貞行為にはならないと考えられるのです。

婚約の場合も、二人の間だけで決めている場合ではその力は薄くなり、周囲を巻き込んで、親や友人、兄妹などに婚約の事実を話して認められている状態のほうが、効力が高いようです。

まだ恋人同士で、付き合っている、同棲もしているとういう場合は、残念ながら、裁判で慰謝料の請求は出来ません。

他には次のようなものも、浮気だと判定されてしまうケースになります。

● 風俗店に行く
● ラブホテルや一般のホテルに入る
● 相手の家に宿泊する

風俗店に行ったというのは、一回だけならセーフという都市伝説があるようですが、これは完全なアウトになります。

夫の浮気が怪しいと感じるのはLINEから?

LINEは浮気に使いやすい

ネットが広がり、浮気をしたいと考えている方にとっては、異性と出会いやすい環境や、連絡を取りやすい状況が揃ったのですが、妻が夫や旦那の浮気が怪しいと疑い、なんだか女のカンでそうかもしれないと感じるのは一体どんなことがキッカケになるのでしょうか?

実はLINEはかなりの人が浮気で使っていると言われていて、その理由は次のようなものがあります。

● ほとんどの人が使っているので交換しやすいツールだから
● いつでも証拠を消すことが簡単に出来るから
● 名前を変えて登録することが出来るので、男性の名前にすればバレにくい
● 名前を友だちリストから非表示にすることが出来る
● 疑いをかけられている間は、ブロックをしておくことが出来る

なるほど、これは浮気をする側にしてみれば、有り難いツールになりますね!

まさに浮気する夫や旦那のために、怪しいと疑いをかけられないように簡単に妻からの問いただしから抜け出せる、魔法のようなツールです!

そして、浮気が怪しいと疑いを持った時には、次のような点をチェックするのも、大事なポイントになりますので、自分の夫や旦那が怪しい、と思った場合、ここを見ていくと浮気しているかどうか判断する材料になります。

まずはスマホの置き方をチェックします!

一般的には、画面に傷が付きますし、スマホが鳴ったら誰からの連絡なのかがすぐにチェックできますから、自然な状態であれば画面を上に向けて置きますが、自分に後ろめたいことがある旦那や夫は、怪しいと疑いをかけられるのを恐れて、なんと画面を下に向けるそうです!

確かに、下向きにスマホを置くという行動は不自然であり、あまり一般的ではありません。

浮気をしていることを隠そうとするあまり、行動が逆に不自然になってしまい、怪しいという疑いが強くなってしまいます。

すでに書いたような理由で、LINEを使っての浮気は非常にやりやすいようです。

そして、次のような行動が見られたら、旦那や夫が浮気している率も高いと考えていいようです。

● 連絡がきてもすぐに画面を見ない
● 画面を隠そうとする
● スマホにロックをかけている

ちなみに、夫や旦那であろうとも、勝手にスマホのロックを予想して解除に成功し、中を見ることは法律に触れる可能性がありますので、お薦め出来ません。

もし、あなたが旦那や夫がお風呂にでも入っている間に、浮気が怪しいと疑いを持って、スマホチェックをする場合、トーク履歴を確認するときに、未読のものは絶対に見ないように気をつけてください。

まだ夫も旦那も見ていないメッセージを誤って見てしまうと既読が付いてしまい、あなたがチェックしたことがバレてしまいますので、ここは慎重にやりましょう。

メッセージのチェックをしたときに、怪しいトークなどを見つけたら、写真などを撮って証拠を残しておきましょう。

もし、どうしても未読のメッセージを見たいのであれば、次の方法でやれば既読がつかないので便利です。

機内モードに設定してメッセージを読む。

こうするとネットに繋がらないので既読が付きません!

ですが、この方法は、一部のAndroid末端では使えませんので注意が必要な場合があります。

個別の通知がオフになっている人がいる場合、旦那や夫が、怪しい浮気をしていると疑いを持てる確率が高まると考えてもいいようです。

ちなみに、ラインを調べて、夫&旦那が浮気をしている証拠を見つけたとしても、このやりとりだけでは浮気の証拠にはならないようです。

しかも、一度の浮気や怪しいという疑いで、すぐに離婚してしまった人の中には、早まった、もう少しじっくりと話しあえば良かった、離婚を避ければ良かったと考えている方も多いようです。

確かに裏切られたことは許せない話であり、悲しくて辛くて、苦しい出来事ではあります。

お互いの関係を今一度改善していく方向で離婚を回避するためには、一体どうやって関係修復をしていけばいいのか、ここからは情報を見ていきたいと思います。

夫の浮気を解決する方法
↑ 夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる「夫の浮気・解決法」

旦那・夫の浮気が怪しいと疑った後の修復方法

浮気を修復できた夫婦
やっぱり怪しいと疑いをかけていたら、夫や旦那は浮気をしていたということが分かった後、関係を修復していくためにどんなことをやっていけばいいのでしょうか?

方法はいろいろとあるようですが、修復したいと望んでいる場合は、次のようなことを行うと良いといわれています。

● まずは不倫関係をきっぱりと切り捨てる
● お互いに正直になり、夫婦関係の透明度を高める
● 不倫の事実に蓋をせず、まずはそれをしっかりと認める
● 二人だけで旅行に出かけてみる
● 被害者意識を持たない
● 相手を変えるのではなく、自分を変える
● 起こった出来事を引きずらず、前を向いて今の二人の関係を改善するように出来ることから行動に移す
● 何故夫や旦那が浮気をしたのか、その理由を明らかにする

このような方法で、浮気や怪しい疑いなどの状態から、二人の関係を修復していくことが一般的です。

そして、夫の浮気解決法というマニュアルを使い、感情的になりがちな妻の言動から変えていくことで、修復をしていく方法もありますのでこちらもご紹介していきます!

これは、ご本人も浮気をされ、当時専業主婦だったのですが、夫との関係を修復していき、見事に夫婦関係を復活させた方法をマニュアル化して、多くの人の人生の手助けをしている女性が作ったものです。

夫婦問題カウンセラーとして自分の経験を活かして活躍をしている金田秀子さんが考案した、浮気をしている旦那や夫との関係を修復する方法が書かれたマニュアルを使って、二人の仲を、浮気をされる前以上に仲良くすることが出来るというものになります。

個人的に、法律的な力はない恋人などに、精神的な浮気をされた経験があり、非常に辛い思いをしましたが、その経験があったお陰か、浮気という面では、結婚相手には恵まれました。

浮気をされたときの苦しみ、辛さは個人的にも身を持って知っていること、そして、周囲に勢いで離婚してしまい、シングルマザーとして辛く金銭的にしんどい人生を送っている人を知っているので、出来れば関係を修復し、離婚を避けて幸せな人生を歩んで頂きたいと個人的には考えますので、このような方法があるのなら、使ってみるのも一つの手であると思います。

美容家として活躍をしている神崎恵さんも話していましたが、シングルマザーになった後、とても大変だったといいます。

日本はまだまだ、シングルマザーに対する風当たりが強いので、何度も挫けそうになりながら、美容家としての成功を手にしていますが、一般の女性が、シングルマザーとして生きるのもまた、非常に大変なのを、現実で目の前で見てきたので、もし関係が修復出来る、したい、もう一度やり直したいと考えられる場合は、こちらの商材などを使って、夫婦仲を良くする方法を理解して実行していくことで、シングルマザーなどになる道に行かなくてもすむなら、そのほうが良い面もありますよとお伝えしたいと思います。

人生は、自分の選択でいかようにも変化していきます。

もし、旦那や夫が浮気をした事実を見つけた場合、自分を変えることでしか、相手を変えることが出来ないという、人生の秘密を理解する必要もあります。

金田秀子さんは、浮気を知った後、ご本人が実行して成功させた、やっていはいけないこと、するべきことを分かりやすくマニュアル化し、多くの女性の人生の手助けをしてくれています。

このマニュアル通りにあなた自身が行動を起こせば、なんと夫のほうから妻の元へ戻ってくるというのです!

夫の浮気を解決する方法
↑ 夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる「夫の浮気・解決法」

多くの人はこのような場合、感情的になり、夫や旦那を変えようとしますが、それは実は逆なのです。

個人的にも、結婚後、なかなか女性がどんなに結婚生活の中で大変な思いをするのかという現実を理解してくれない夫に対して、大変ストレスを抱え、気づけば精神疾患まで発症してきましたが、そのときに個人的に行った行動も、相手を変えるのではなく、自分を変えることでした。

こうすることで、気がつけば夫は食事を作ってくれるようになり(しかもかなりクォリティーの高いもの)、家事もやってくれるようになり、仕事を変え、生き方を変えてくれ、女性の負担が減るように、そして二人がより自由に生きられるようなライフスタイルを一緒に作ってくれるようになりました。

これらの経験から、やはり具体的に何をやったほうがいいのか、絶対にやってはいけないことなどを理解してそれをマニュアル化し、多くの女性の手助けをしてきた方の教えをそのまま実践していくことは、非常に助けとなるとこれらの経験から個人的にはそう思います。

個人的に悩み苦しんで精神疾患まで発症した頃、誰にも相談できず、ひたすらやってくる出会う書籍や情報を頼りにしながら自分を変え、言いたいことがあれば夫にはっきりと伝えるという方法でお互いの生き方を変えていくことが出来ました。

ですから、やはり何らかの情報は必要だと思いますし、それを実践する勇気を大事にして頂きたいと思います。

再度強調しますが、シングルマザーの道は、人によっては相当厳しいことをお伝えしておきます。

身内にもいますが、本当に苦労しているので、確かに国から助けてもらえるシステムはありますが、家族が仲良く一緒に生きられる道があるのなら、自分を被害者にすることなく、まずはこれらのマニュアルを実践してそれまで理解できなかった何かを掴んでいただければと思います。

そして、もし夫や旦那の浮気が発覚したら、次のことは絶対にやらないようにしましょう。

● 夫を追い詰める
● 証拠を集めて突きつける
● イライライして子供に当たる
● 自分も浮気をする
● 夫は戻ってこないと嘆く

こんなことをやっている時間はありません、事故にあったときなど、適切な処置ができていないと致命傷になるように、このような時こそ、やるべき必要なプロセスがあるのです。

それがこちらのプロセスになります、知りたい方はこちらをクリック!
夫の浮気を解決する方法
↑ 夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる「夫の浮気・解決法」

人生に特効薬や魔法はありません、あなたが何を選びどう行動するかが全てです。

いっときの感情で大事だと後で気づいた夫や旦那を失うのか、それとも自分を変えて修復し、自分の人生を変化させるのか、選ぶのはあなたです。

そして、シングルマザーになった身内について、当時相談されて強く感じたことをお伝えしておきます。

男性ははっきりと言葉にして伝えなければ分からない生き物なのですが、その女性は普段から相手の言動に追い詰められていたのに、本人以外の人に愚痴をこぼし、文句を言い続けていました。

伝えなければならないのは、夫である男性に対してで、真正面から話をすることがここでは大事なポイントでもあったのですが、真逆をやっていたのです。

そして、自分の態度が実は夫を追い詰め、さらに相手から男のプライドを失わせているという面に気づいていなかったのです。

さらに、自分を変えるのではなく、相手を変えようとしました。

その結果夫が浮気をし、それが元で離婚してやるとなり、結局離婚し、その後、大変苦労しました。

この様子を聞きながら、まだ当時は自分の問題で精一杯で、精神疾患まで抱えていたことなどや若かったこともあり、どう自分の中で分かっていて実践が出来ていることを、相手に伝えればいいのか分かりませんでした。

もしあの時、個人的にやっていたこと、自分を変えていくことなどをうまく伝えることが出来たなら、今頃離婚せずに済んだかもしれないという思いが心に残っていますので、このようなマニュアルがあるのなら、情報としてシェアしておきたいと思いましたので、ご紹介していきました。

人間が浮気をする理由は?

最後に、これほどまでに、長い年月結婚制度などが行われてきたのに、なぜ人間は浮気をするのでしょうか?

この疑問について、情報をまとめていきます。

実は、一夫一婦制は、人間の長い歴史を紐解くと、大嘘だということが2016年現在では科学的にも分かってきています。

もしこれが自然な形であれば、浮気や不倫はとっくの昔にこの世の中から無くなっていますよね?

人間が結婚相手と違う人に惹かれるとか、不倫したり離婚したりすることがあったとしても、それは自然界で考えれば自然なことだと生物進化上で考える面があるのです。

狩猟採集生活をしていた頃の人間は、実は結婚という概念がなかったと言われてます。

今の社会的な正義感や、道徳的観念だけで物事を考えると、見える世界が非常に狭くなっていきます。

霊長類の研究から、男女関係には大きく分けて4つあると考えられています。

● 単独型(オランウータン)・・・普段は単独で生きていますが、子供を作る時だけ集まる
● 一夫一婦型(手長猿)・・・オスとメスが一緒に育児をする
● 一夫多妻型(ゴリラ)・・・一匹のオスが複数のメスと一緒に暮らすハーレム状態
● 多夫多妻型(乱婚・チンパンジー・ピグミーチンパンジー)・・・多数のオスとメスが集団を作ってその中で、複数のオスとメスが関係を持つ

この中で人は、どのパターンに近いのかというのを理解するために、霊長類が進化をしていくプロセスを見ていくと分かりやすいと考えられています。

約2000年前に分かれるのがテナガザルで、約1300年前になるとオランウータン、約700年前になるとゴリラ、約500年前になるとチンパンジーやピグミーチンパンジーが人と分かれていきます。

諸説はいろいろあり、ざっくりこんな感じだと考えられていて、狩猟採集生活の人間は、ピグミーチンパンジーなどと似たような生活だったと考えられています。

世界は広い、南米のパラグアイに住むチェ族の調査をしていた人類学者が、そこで暮らす子供に、「あなたの父親は誰ですか」と訪ねたところ、321人が父親だと話した人数は、なんと600人以上にもなったのです。

そして、父親を複数持っている子供は、蔑まれることがないどころか、多くの父親がいることで有利になります。

何故なら自分に特別な関心を持ってくれる男性が複数いるからです。

そして、こういった社会で生きる男性は、他の男性と一緒に同じ子供の父親になることで、父性を共有しますから、喜びに包まれるそうです。

さらに、もし自分がなんらかの事故や病気で死んでも、他の男性が父親となっていますから、子供の生活を保証してくれるのです。

狩猟採集生活はこのように発展していたと、彼らの様子から考えられるという研究が出ています。

この後、人類は農耕社会が始まり、自分の持っている土地を自分の子供に継がせたいという意識が芽生えたことと、男性が自分の子供を女性産ませることができているのかという恐怖心から、一夫一婦制へと性が移動したことで、現代社会のような生活スタイルが生まれたと考えられている面があります。

実は現在の人類が誕生して20万年であると考えられています。

そのうち19万年は、なんと狩猟採集生活をしていて、食べ物も豊富で男女平等で平和な時代だったといわれています。

そう、人類の歴史を見ると、なんと一夫一婦制の時代は10万年ほどしか経っていないのです。

生まれて、親がやること、社会が教える道徳や常識を鵜呑みにして生きてきた私達にとって、一夫一婦制は当然だという意識がありますが、人類の歴史を紐解くと、なんと非常に短いのが一夫一婦制という生き方なのです。

そして、「アミ小さな宇宙人」という書籍には、宇宙はどうやら、多夫多妻のような生き方が普通であり、これが愛のある生き方でもあるという話が載っています。

道徳や常識は、時代とともに変化します。

自分が知ってきた生き方、考え方、常識、道徳が当然でありそう生きる道しか無いという考えではなく、一人ひとりがもっと自由で緩やかに生きていいという意識が現在、日本社会だけでなく、世界の先進国にも広がりつつあります。

大きく分けて霊長類の男女関係は4種類あるのなら、一夫一婦制でなければならないというのは、どうやら今の社会システムを動かすための無理矢理な制度であるという見方も出来るのです。

日本では、江戸時代から明治にかけて、意外と離婚は頻繁に起こっていたと言われていて、この頃のほうが現在よりも離婚率が高かったそうです。

そして、1898年に民法が施行されて、「家制度」が導入されて離婚は激減したのです。

男尊女卑も、実はこれ以降から導入された考え方だとも言われていますが、この辺りはその当時生きた人にしか分からない面もあるかと思います。

平成22年度に内閣府が発表したデータによると、生涯未婚率(50歳まで一度も結婚したことがない人)は男性が20・1%、女性が10・6%、1970年代は、この生涯未婚率は2%だったのですから、伸び率がすごいことが理解できるかと思います。

このように、2016年現在の人間の価値観の多様性は非常に大きな開きが出てきているので、人生を考える時、このような話からも、自分はどう生きたいのかを再定義していかなければならない時代がやってきているのです。

モデルが存在しなくなったこの時代、あなたはどうしたいのですか?

そして、これまで小さな枠で人生を捉えていた自分の生き方を、このような情報を活用しながら、再定義することが、今後の自由度が増々高まっているこの社会の中で生き抜く羅針盤になっていくのではと個人的には思っています。

離婚するのか、それでも一緒に生きていきたいから、関係を修復する方法を選ぶのか、これらの情報を理解し、再定義して自分ももっと自由な恋愛を楽しみたいのか、道はいろいろです、個人的には、これらの情報のお陰で、自分が育った家庭が普通で当たり前で人として自然な生き方だったことを知り、救われる気持ちになりました。

何故なら、狩猟採集生活のような家庭であったからでもあります。

親がそんな生き方をしていて、道徳や常識は一般的なものを教えこまれていたので、小さな頃から悩み苦しみ、結婚後精神疾患まで発症して自分の結婚生活の再定義をし、行動を続けてきたので、あなたにも情報をシェアして、人生に活用していただければと思います。

ちなみに、個人的に選んだのは、パートナーと人生を共に歩むという生き方です。

恋愛をするならば、その力をこのような記事をまとめて社会に発信してしていったり、保護猫などを引き取って、一匹でも多くの猫が生涯幸せを感じて生きてくれる生活スタイルを維持しようと、人生の再定義をしてきました。
夫の浮気を解決する方法
↑ 夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる「夫の浮気・解決法」

今回は、旦那や夫が浮気をしている、怪しいと疑いを持っている、そんなときの関係を修復する方法などや、人生の再定義のやり方をご紹介していきました。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。