東京の花火大会2015の穴場スポット

東京の花火大会2015の穴場スポット

ブログライターkomichiです。自由な時間と場所で収入を得られるブログライターがどんな仕事か知りたい方はこちらをご覧ください。

今日のテーマは、「東京の花火大会2015の穴場スポット」です。

夜景がきれいな東京の花火大会

毎年夏になると、各地で行われる花火大会、東京で有名なのは、テレビ中継が毎年されるほど人気のある、「隅田川の花火大会」ですよね!

個人的にも、出かけたことがあるのですが、あまりの人出の多さに、一度でギブアアプしたほどの大盛況ぶりだったことを、よく覚えています!

浴衣を着て、東京近郊で行われる花火大会だけではなく、穴場スポットなどで夏の風物詩を愉しむ人も、2015年現在、数多くいるのではと思われます。

そんな、夏の一大イベントでもある、花火大会の、2015の穴場スポットについて、この記事では情報をご紹介します!

2015年7月の東京の花火大会日程

毎年、多くのドラマも生まれている、東京だけではなく、日本各地で行われる花火大会ですが、2015年7月に行われるものについて、情報をまとめていきたいと思います。

まずは、2015年7月18日に開催予定の「足立の花火」、これは、100年の歴史を持つといわれている花火大会で、荒川に1万2000発の花火が打ち上げられる大会として、地元では穴場スポットでも楽しめるイベントとしても、人気の高いものとなっているようです!



隅田川の花火大会とはまた別のものになりますから、東京といえども、いろんなイベントが開催されているのだなと、関心しますね!

なんでも、この東京で行われる、足立の花火大会は、今年、新しい試みをするようで、観客参加型の花火を実現するそうです!子供が描いた絵を、この大会では、花火で表現する予定なんだとか!

2015年、東京で行われる花火大会は、穴場スポッはどこ?などといった、小さな枠に押し込められることなく、大きく進化していっているようです!

観客参加型ですから、他にも考えられているものがあり、恒例でやるナイアガラで流れる音楽の、候補としてあげられている5曲の中から、みんなが「いいね」をしたものが選ばれ、足立で行われる花火大会が開催されるときに、観客達が選んだ曲を流しながら花火が打ち上げられるという、一方通行ではないイベントの開催が実現される、なんともワクワクするような試みがされるようです。

場所ですが、荒川河川敷、東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋駅の間で行われます。

時間は、19:30からとなっています。

東京の花火大会といえば、最初に書いたとおり、「隅田川」で行われるものが穴場スポットとして人気が高いといわれていますが、この一大イベントが開催される前に、もうひとつ、2015年7月に行われる花火大会があるようです!

「SeaSide Live With 花火」と名付けられた、東京で開催される、穴場スポット的なイベントになっているようです!

7月19日開催予定で、雨天となると中止されますが、これは、打上数は少なくて、東京で派手に行われる他の花火大会と違い、まさに穴場の小規模で行われるイベントとなっているようですが、452発の花火が打ち上げられる予定で、大会というよりも、こじんまりとした、身内で愉しむ、知る人ぞ知る、まさに穴場スポットといえる集まりになっているようです!

問い合わせ先は、アーバンドックららぽーと豊洲で、連絡先は(03)6910-1234

時間は、19:00からです。

メトロ有楽町線豊洲駅から徒歩ですぐの場所で行われる、2015夏を彩る、穴場スポットの花火大会でもあるようです!

次は、2015年、東京で開催される花火大会、「葛飾納涼花火大会」は、7月21日に行われます!

今年は第49回目となり、1万3000発の花火を打ち上げ、大会を盛り上げる予定であるといわれています。

東京の空を、とめどなく豪快に、打ち上げ花火が打ち上がる姿を楽しんでいただきながら、近年、地元から発信されているキャラクターにちなんで、東京の区にちなんだキャラクターを表現したステージを展開しながら、行われる予定であるようです。

毎年圧巻ともいえる花火を打ち上げることで知られているのですが、2015年の夏も、多くの方の期待を裏切らない演出が考えられていて、グランドフィナーレでは、これまで観たことがない、感動を届ける予定であるといわれています。

浴衣を着て、東京の「葛飾納涼花火大会」に出かける予定である方も多いと思います、やはり、2015年の夏は一度きり、楽しまなきゃもったいないですから、怪我やトラブルに気をつけて、このイベントを楽しんできてください。

開催場所は、葛飾区柴又野球場&その周辺河川敷で、19:20分から開催予定です!

次の花火大会は、2015年7月24日に始まり、東京の空を、輝き照らしていく花火を、8月27日までの期間に行われる、野球の試合と同時並行で、観客を楽しませるイベントして人気の高い、神宮花火ナイターです!

スポーツと花火を組み合わせた、穴場スポット的な花火大会ですが、東京近郊に住む人にとっては、野球の試合が行われる夏の夜になると、毎年楽しめるイベントとして、今年も始まったと、感慨深い思いで眺める方もいらっしゃるかもしれませんね。

この期間中行われる、全18試合で打ち上げが予定されている花火大会ですが、300発の花火が、各自で見られ、5回裏が終了した辺りで、このイベントは始まるそうですから、ちょっと試合を見るのが遅れたわという、忙しいあなたでも、2015年の東京で行われる花火大会を楽しめるのでは?

場所は、明治神宮野球場ですが、雨天は試合も中止になりますから、花火大会も同じです。

近年、東京だけでなく、日本各地で行われる花火大会では、有料席なるものが作られていますが、このイベントに有料席はありません。

穴場スポットというよりも、スポーツとの組み合わせが面白いと感じますが、あなたはどこかに花火を見に行く計画がありますか?

このイベント、昨年は3万人の人出があったといわれていて、夏の夜を、存分に楽しんだ人が多かったといわれています。

最寄り駅ですが、東京メトロ外苑駅から徒歩で5分と、出かけるには便利な場所で行われるそうです!「夏休み!神宮花火ナイター」で検索されると、公式サイトが見られます!

東京で7月に行われる花火として有名なのが、隅田川の花火大会ですが、2015年は、25日に開催される予定となっています!

あまりの人の多さに、一度参加して、ギブアップした経験を持っていますが、とにかく、活気があって楽しかったという記憶しかない、素晴らしい花火大会でもありました!穴場スポットとして、密かに愉しむのも味わい深いものがあって心地いいと感じられますが、王道のイベントとして、毎年、多くの人の目や感性を楽しませてくれる、花型花火大会でもあります。

1733年から始まったといわれている、隅田川の花火大会ですが、江戸の中期に始まり、2015年現在まで受け継がれている、伝統のあるイベントとなっていて、穴場スポット以上の味わいがある、日本人のDNAに深く浸透しているお祭りとして、毎年東京で人気の高い、参加したい花火大会3位ともなっている、一大ビックイベントでもあります!

ちなみに、先ほど書いた、「足立の花火」、こちらの大会は、なんと1位です!

隅田川の花火大会を退けていますが、穴場スポットとして、地元を含む、多くの日本人に人気が高いものとなっているようです。

伝統や格式では、東京では随一の花火大会は、隅田川のものではあるようですが、見にいく人にとって、感性を揺さぶられるのは、こちらのイベントなっているようです!

東京で有名すぎる「隅田川の花火大会」は、第一会場と第二会場で行われ、それぞれ、9350発、1万650発の花火が打ち上げられる予定であるようです!

開催時間は、19:05からで、開催場所は、桜橋の下流から言間橋上流(第一会場)、駒形橋下流~厩橋上流(第二会場)です。

東京メトロ、都営地下鉄浅草駅から徒歩15分で第一会場につき、徒歩5分ほどでつく場所に、第二会場があります。

セレブ的な人たちは、この花火が綺麗に見える、穴場スポット的なホテルの部屋からとか、このイベントが見られる自宅などを持っている方の家から、東京で開催される有名過ぎる花火を愉しむようですが、あの雑多な人混みに紛れて見るという醍醐味は、やはり味わい深いものがあるのでは?と、個人的には思います。

東京で行われる2015年、花火大会、次は、隅田川で開催される日と同じ日程で開催される、立川の国営昭和記念公園花火大会です!

迫力ある演出が魅力といわれていて、原っぱでゆったりと花火を楽しめるイベントとして人気も高い、穴場スポット的なものとなっているようです!

7月21日、19:20から始まる予定で、少雨でなら決行するようですが、雨がたっぷりと降ってしまったら、翌日に延期されるということです。

JR立川駅から徒歩で15分、昨年の人出は、なんと!36万人となっていて、有料席もあります!レジャーシート付きで、2名で5000円など、細かく値段設定は分かれているようですから、どの席を使いたいかによって金額は違い、お弁当付きの席まであるようです!

次にご紹介するのは、東京で、2015年7月30日19:30~から開催される、御蔵島花火大会です!

伊豆諸島にある、日本の島の一つ、御蔵島で行われる、昨年の人出は500人ですから、まさに穴場スポット的な花火大会として、東京でも知る人ぞ知るイベントとなっていて、周辺海域には、ミナミハンドウイルカが生息していたり、オオミズナギドリの繁殖地としても有名な、自然豊かな場所で行われる花火大会です!

大自然に囲まれた環境で見る花火は、見ている人たちの気持ちを、開放的にさせるといわれていて、この大会では、約1000発が、夜空を彩るようです。

竹芝桟橋から東海汽船で7時間40分かかるのに、そこは東京、不思議な感じがしますが、海外旅行に行くのと変わらない時間をかけて出かける、日本語が通じる場所と考えれば、なんだかワクワクしませんか?

さすがに、船でこれだけの時間をかけて出かけるのは、気合も必要となりそうですが、東京という都会で見る花火とはまた違った風景が見られる、まさに驚きの花火大会でもあるようです!

2015年7月に行われるものは、これだけとなります!

2015年8月の東京の花火大会日程

ここからは、東京で行われる、夏の一大イベント、花火大会の8月の日程をお届けします!

まずは8月1日に、江戸川区で行われる、「エキサイティング花火2015第40回江戸川区花火大会」です!

これは、江戸川区と、千葉県市川市で同時開催されるイベントで、趣の違う8つのテーマをベースに表現される、穴場スポット的な花火大会でもあります!

この大会の特徴は、始まって5秒で1000発を打ち上げるという趣向を凝らしていることです!19:15から、江戸川区河川敷で開催される予定です!

都営地下鉄箱崎駅から徒歩15分、こちらは有料席はありません。

同じ日に、東京の板橋でも花火大会が行われます!19:00から開催されるこのイベントは、素人にはまったく情報が行き渡っていないけれど、知っている人は楽しみにしている、日本全国の花火競技大会で、優秀な成績を収めた10人の花火師による芸術玉が、東京の2015年、夏の空を彩るそうです!

穴場スポットとしても、楽しめるこの東京の板橋区で行われる花火大会ですが、なんでも面白い試みがあり、15万人の三本締めというものが恒例で行われていて、有料席も設けて、イベントを盛り上げているそうです!

場所は、荒川区戸田橋上流板橋側河川敷で、JR浮間舟渡駅から徒歩30分と、少し遠い場所で行われ、地元の人でないと、なんだか不便だと感じられる、東京の下町で行われる花火大会となっています。

8月1日には、2015年の東京で、数多くの花火大会が行われることになっていて、他にも、同じ日に、さまざまな会場で、多くの人の目を楽しませることになっているようです!

同日開催されるものに、八王子で行われるイベントもあります。

こちらは19:00から始まる花火大会で、2015年の夏の夜空を彩るだけではなく、人々の心のなかに、さまざまな感情を呼び起こしてくれる、そんなイベントとなっているようです!

場所は、JR八王子駅&京王電鉄山田駅から徒歩15分にある、八王子市民球場で開催されます!

2015年の今年に、どれほどの方が参加するかは分かりませんが、前年度は8万人の人が訪れた、穴場スポットでもあるようです!

2015年8月の東京で1日に行われる夏の風物詩、次は青梅市納涼花火大会です!

19:30から開催予定で、1948年から続いている、都営バスが青梅地域に開通したことを記念して始まったといわれるもので、青梅市氷山公園グランドで行われる、毎年多くの方が鑑賞するために訪れるイベントして、人気の高い花火大会となっているようです。

JR青梅駅から徒歩10分の場所で開催され、有料席は一人1000円です。

まだまだこの2015年8月1日に開催される花火大会はあります!

昭和市民くじら祭夢花火、名前のとおりくじらにちなんで始まったと言われるこの花火、なんでも160万年前のくじらの化石が発見されたことがきっかけで、行われるようになったといわれています。

JR東中神駅から徒歩で5分の場所で開催される予定で、2015年も、お祭りと同時に行われるため、1日中楽しめ、花火は20:00から始まるイベントとなっています。

2015、東京で行われる花火大会、こうやって調べて記事にしていくと、驚くほど、さまざまな場所で、多くの関係者が汗をかきつつ、市民や区民を楽しませてくれるために、これらのイベントを開催してくれているようです。

2015年8月2日に開催されるのは、神津島渚の花火大会です!熱海港から高速ジェットで90分、竹芝桟橋から同じ乗り物で3時間、下田港から舟で2時間20分かかる場所ですが、東京である神津島の港で行われるイベントです!

19:30から始まり、昨年は2000人ほどの人たちで賑わった、有料席はない花火大会となっています。

東京と言われると、なんとなく都会をイメージしますが、これらの島、しかも離れている場所も、この街の一部である事実は、不思議な気持ちになります!

2015年8月4日には、東京の江東花火大会が開催されます!

こちらは、19:40から始まり、東京メトロ南砂町駅から徒歩15分の場所にある、荒川水辺り公園前で行われます。

第33回江東花火大会の公式サイトで検索すると、情報が出てきます!

2015年8月に東京で行われる花火大会、次は8日に開催される、東京湾大華火祭、約1万2000発の花火が打ち上げられる、昨年には、なんと!68万人もの来場者が参加したという花火大会です!

こちらのイベントは、注意事項があり、打ち上げする正面にある、晴海会場で観覧するためには、入場整理券または、協賛招待券が必要となっていて、これがなければ、ここで花火を見ることが出来ませんので、公式サイトなどでご確認ください。

ちなみに、インターネットやはがきで申し込みできるようですが、やはり当然かと思いますが、地元の東京都中央区民が優先的に当選する仕組みがあるようですから、ここに知り合いが住んでいる方などは、友人に頼み込んでみるという方法や、運試しになるといわれています。

都営地下鉄勝どき駅から徒歩15分の、晴海ふ頭公園、東京港晴海埠頭沖海上で行われます。

時間は、他の花火大会より少し早めの、18:50からです!

東京では、2015年8月8日に、あと2つの花火大会が行われます!

伊豆大島夏祭り花火大会は、45店もの屋台が並び、2日間かけて行われるお祭りとなっています!

21:00から打ち上げられる花火は、早打ちやスターマインがメインの、連続打ちで披露されるものとなっています!

元町港で開催され、昨年は約1万人が見物に訪れたといわれています!竹芝桟橋から高速ジェットホイルで105分、これで東京なのですが、不思議な感覚がします!

熱海港からは、同じく高速ジェットホイルで45分です!約1000発の花火が打ち上げられることになっていて、少し都会のネオンに疲れた方にとっては、それほど東京から遠すぎないので、気楽にでかけられる穴場スポットといえるのではないでしょうか?

8日に開催される花火、もうひとつは、奥多摩納涼花火大会、大自然の中で花火を楽しめ、奥氷川神社の祭りも同時に開催されるイベントとして、花火以外にも、神輿や獅子舞などが出てくる、楽しいイベントとなっているようです!

JR奥多摩駅すぐの場所で開催され、19:45から始まる予定となっています!

2015年、東京で行われる花火大会、次は、日刊スポーツ新聞社が主催する、東日本大震災復興チャリテー2015神宮外苑花火大会です!

東京新宿区で開催予定のこのイベントは、花火と一緒に、豪華ゲストなどが、ライブやアトラクションなどを見せてくれる、非常に楽しめる内容となっているもので、19:30から神宮第二球場で行われます!

なんと去年の来場者数は、100万人!JR千駄ヶ谷駅もしくは、信濃町駅から徒歩5~10分、東京メトロ外苑駅もしくは、青山1丁目駅、表参道駅からも同じ時間で会場にたどり着きます。

まだまだ夏は続きます!2015年、8月に東京で行われる花火大会、穴場スポットについては後ほど見ていきますが、まずはイベント情報を続けます!

8月11日には、八丈島納涼花火大会が20:10~行われる予定となっています!約600発の花火を愉しむために、昨年は2000人の来場者があったといわれる、東京なのに、舟で行こうとすると、海外並に遠い場所、八丈島で行われるこのイベント、星が輝く中、暗闇を照らすように広がる花火を楽しみにしている人も、2015年の今年、数多くいるのではないでしょうか?

東京の竹芝桟橋桟橋から舟で10時間、羽田空港から全日空便で50分、八丈島空港から車で10分の場所で行われるこの大会に、有料席はありません。

2015年8月15日に、東京で行われる花火大会、次は小笠原サマーフェスティバルです!20:00から開催予定の花火大会で、もう、ここが東京だなんて嘘だと言いたくなるほど、遠い場所で行われるイベントです!

東京といえば、ネオンが光り輝く場所といったイメージが定着しているかと思いますが、この小笠原にたどり着くのに、竹芝桟橋から25時間30分もかかる、もはやハリー・ポッターもびっくりの、魔法の国かと思うような時間をかけて、たどり着かなければならない島で開催される、東京で2015年に行われる花火大会です!

青灯台付近で見られるここの花火は、約500発の花火が打ち上げられます。

東京で行われる2015年開催予定のイベント、次は、映画のまち調布”夏”花火2015です!

18:50から打ち上げ予定の、昨年には38万人が動いたといわれる花火大会で、多摩川河川敷(二ケ領上河原堰中洲周辺)で開催される花火大会です!

布田会場へ行くには、京王線布田駅、国領駅から徒歩20分、調布駅から歩いて25分、京王多摩川会場へは、京王多摩川駅から徒歩10分、調布駅から徒歩20分の場所で行われる予定となっています。

音楽とともに打ち上げられる花火は、人々の心に、目から、そして耳から、感動を届けてくれるといわれているようです!

東京だけではなく、日本各地で行われる2015年の花火大会、最後は、29日に行われる、武蔵村山市観光納涼花火大会は、45分間で、2015発の花火が打ち上げられる予定であるようです!

ここの花火の目玉は、メッセージを打ち上げてもらえるというものです!

プロポーズ、誕生日のお祝いなどのメッセージを、花火に託して、打ち上げてくれるという嬉しい企画をされている、参加型の花火大会となっているようです!

19:45から始まる予定で、村山温泉かたくりの湯東側で開催されます!

昨年は、なんと!6万5000人がやってきたといわれる花火大会ですが、詳しい情報については、公式サイト「第37回武蔵村山市観光納涼花火大会」で確認されてください。

今年の東京花火大会の穴場スポットは?

毎年必ず行われる、東京だけでなく、多くの地域で夏を楽しませてくれる花火大会、2015年の穴場スポットは、どこがおすすめなのか?

東京湾花火大会で、穴場スポットといわれている場所は、アーバンドックららぽーと豊洲です!駐車場やトイレもあり、飲食スペースもあるだけではなく、花火大会が始まるまでの間、ショッピングも楽しめ、当日は会場を無料開放してくれるので、混雑覚悟での穴場スポットとなりますが、快適に見るという意味においては、混雑意外では、なかなか優秀な場所でのあるようです!

他にも、この大会を眺めるために、穴場スポットとして有名な場所は、対岸から見る、「都立竹芝ふ頭公園」です!

竹芝駅から近くにあり、花火を打ち上げる場所からも近いため、迫力を実感したい方には、お勧めの穴場スポット!ですが、やはりここも、知っている方がやってくる場所でもありますから、席を確保したいのなら、16時頃までにはお出かけされたほうがいいようです!

穴場スポットのご紹介をしましたが、この東京湾大華火祭は、2020年に東京オリンピックが開催されるため、2015年で最後ではないかという話が、一部で流れているようです!

選手村を建設するなど、大掛かりな工事が行われる予定となっているようですから、来年以降どうなるのか?

人気のある東京の花火大会で、隅田川で行われるもので、穴場スポットとなるのは、多くの方もご存知だと思いますが、周辺のホテルの窓からのんびりと愉しむとか、屋形船を予約するなどの、マニアックな穴場スポットも数多くあります。

ホテルなどは、1年前から予約が必要といわれていますから、来年の予定をここに集中させられる方でなければ、東京で有名な隅田川の花火大会を、堪能できる部屋を取るのは難しいのではと思われます。

屋形船は、ホテルよりハードルが低い穴場スポットとなっていて、予約は2ヶ月ほど前からで大丈夫だといわれています。

クルーズ船も、穴場スポットとして有名であるようですが、こちらはプラチナチケットなっていて、定員が44名ですから、かなりハードルが高いようです。

スカイツリーと花火を、一緒に見られる穴場スポットは、大横川親水公園で、第一会場の花火は見られませんが、比較的人が少ないので、のんびりと見たい方にはおすすめの場所でのあります。

隅田川の花火大会2015、穴場スポット、他には「汐入公園」がおすすめ!

打ち上げる場所から少し離れているため、音もそれほど大きくないので、土手でのんびりとくつろぎながら、遠目で花火を眺めるのに適しているといわれていて、混雑も少ない、穴場スポットとして知られています。

東京の隅田川の花火大会は、テレビ中継されるほどの人気ですから、近くで見ようとすると、かなり大変な移動にもなりますが、穴場スポットでおすすめなのが、水戸街道です!

こちらは、国道6号線、言間橋東交差点付近で、花火大会が行われる時間帯は、歩行者天国になるため、車を気にすることなく、第一、第二会場の花火両方が楽しめる、まさに穴場スポットと言い切れる場所でもあります!

東京で2015年の夏を満喫するために、花火大会へ出かけようと考えている方に、注意事項をひとつだけ!

やはり、マナーを守ることは大変重要となりますので、ゴミを含めて、見物をするときには、周囲の方に配慮しつつ、夏の風物詩、花火を楽しんでいただければと思います。

この記事では、2015、東京で開催される花火大会の日程と、穴場スポットなどについて見ていきました!

無料メルマガ「在宅ブログライターで月収30万円稼ぐ方法」
by ブログライターkomichi
自由な働き方
収入と時間と人間関係の悩みから解放されて、趣味や旅行など自由にできる学生時代のサークルのようなコミュニティーを一緒に作りませんか?好きな場所、好きな時間にブログを書くだけでOL時代以上の収入と自由を手に入れる私komichiが人生を変えた「在宅ブログライター」という職業について無料で3つの動画をお届けしております。在宅ブログライターについての詳細はこちらよりご覧いただけます(推薦文あり)。




*興味がなければいつでも1クリックで配信解除できますのでお気軽にご覧いただけたら幸いです。



<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です