松森彩夏のスイング動画とクラブセッティング

松森彩夏のスイング動画とクラブセッティング

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「松森彩夏のスイング動画とクラブセッティング」です。

東京の世田谷生まれの都会っ子、現在飛ぶ鳥を落とす勢いで伸びているゴルフ選手である松森彩夏の情報などをまとめていきながら、人物像などにも迫ってみたいと思います。

ドライバーが得意だという松森彩夏、瞬発力があるスイングが武器で、力を入れ過ぎない方法で球を飛ばすように気をつけていると話していますが、体幹をしっかりと意識することで、外側に力を入れないようにスイングをすると話しています。

体幹トレーニングをメインにしながら、トレーナーと一緒にトレーニングをしているといいます。

女子プロとして活躍をしている松森彩夏ですが、彼女の魅力が一体どんなものなのか?情報を探っていきたいと思います。


松森彩夏のスイング動画

女子ゴルフ若手ホープの松森彩夏

2015年9月20日に行われた「女子ゴルフ マンシングウェアレディース東海クラシック」で、まだ21歳の松森彩夏が、通算10アンダーで首位を取ってのですが、結果は2位でしたが、今非常に期待されている女子ゴルファーの1人であるといわれています。

彼女のスイングが素晴らしいと絶賛されていて、アマチュアゴルファー達の間でも、松森彩夏のスイングを動画で見たいと検索をかけていたり、クラブセッティングってどんなふうになっているのかと興味津々の人たちが数多くいるといわれています。

ですから、松森彩夏のスイング動画を探してみたのですが、まだまだ新人の選手であるため、ネット上に動画などが乗せられていないようです!

ですが、松森彩夏の動画が見たい、彼女の姿を確認したいと考えているファンも続々と増えていると思われますので、スイング動画は見つかり次第、追加してアップしてますが、まずは、インタビュー動画や、ツアープロのスイングレッスンの動画が御覧いただけるものを探したので、それをシェアしておきますので、興味のある方は、クリックしてみてください。

まずは飛ぶ鳥を落とす勢いの松森彩夏のインタビュー動画、スイング姿でないので、そこはご理解ください。

松森彩夏のインダビュー動画

こちらはツアープロのスイングレッスンの動画となります!

ツアープロのスイングレッスン動画

松森彩夏のスイング動画はなかったので、彼女がどんな風に華麗にスイングしているのか理解出来るように、画像を何枚かシェアしておきますので、こちらで確認されてください。

松森彩夏のブレないスイング

それでは、松森彩夏のプロフィールなどを追っていきながら、人物像に迫っていきたいと思います。

現在、女子ゴルフ選手として活躍する松森彩夏は、身長が高く、スラリとした美人なので「モデル系女子プロ」とも表現されています。

これまで活躍してきた、横峯さくらや上田桃子と違い、身長が170cmもあるので、これまでの女子プロとはまた違った身体能力を持った選手として、期待されるのではないかと思われます。

ちなみに、横峯さくらは155cm、上田桃子は160cm、日本の同年代の女性の平均身長が157cmほどですから、だいたいその辺りに属している、大柄なタイプではない女子プロがこれまで活躍してきた日本のプロゴルフ界で、松森彩夏は、どのように能力を広げていき、活躍をしてくれるのか?

楽しみにしているファンも数多くいるのではないかと思われます!

生年月日は1994年5月19日、まだまだ21歳と、伸び盛りの選手ですから、本当にどんな形に成長していくのか、注目が集まるところでもあります。

出身はすでに書いた通り、東京都世田谷区、出身校は、日本大学高等学校、現在の職業となったゴルフを始めたのは、彼女が4歳の時だといいます!

ゴルフ好きの祖父の影響で、小さなうちからこの世界に飛び込んできた松森彩夏は、小学校五年生のときに、江連忠ゴルフアカデミーに入門して、本格的にゴルフをやるようになりました。

ここには、先程も身長を比べた、上田桃子なども所属していたアカデミーで、彼女たちの練習や活躍を間近で見て、「プロになりたい」と強く感じるようになり、松森彩夏は、この世界に飛び込んでいったということです。

中学生になると、もともと地元で出身地となっている世田谷区に戻り、高校時代はゴルフの練習に明け暮れていたと話しています。

松森彩夏がプロテストに合格したのは2013年8月1日でした!

高校3年生の時に、日本女子アマチュアゴルフ選手権競技でベスト16に入る実績を残しています。

スイングが注目されているようですが、彼女が行うゴルフのスイングは、どんなことに気をつけて行っているのか?

クラブセッティングも気になるところですが、まずはまだネット上には動画がアップされていないスイングのやり方について、松森彩夏のこだわりをご紹介していきたいと思います。

最初に書いてありますが、彼女は体幹をしっかりと鍛えることで、軸がぶれないようにする体作りを日々行っています。

松森彩夏本人の話によると、スイングのために行う体作りは、コーチにアドバイスしてもらい、それをトレーナーに伝え、トレーニングをしていくというやり方で行っているといいます。

プロになってから、トレーニングには力を入れるようになったようですが、個人的に知り合いの女性で、ゴルフをやっている方がいて、筋トレやヨガなどを取り入れるようになってから、飛躍的にボールが飛ぶようになったと話してくれた方もいますから、やはり体を鍛えることなどは、ゴルフの飛距離を伸ばすのにも効果的であるといえるようです。

トレーニングには他にランニングを取り入れていて、坂道ダッシュなどをして下半身をしっかりと作っていくようにもしているようです。

軽く走ることは好きなようですが、キツイトレーニングはやはり苦手意識があるようですが、プロとしてこの世界に入ったからには、避けられない練習ではありますから、こればかりは仕事の内ということではないと思われます。

他には、イメージトレーニングも取り入れていると話していて、スイングをしてボールを打つ瞬間から、飛ぶ方向や距離などもイメージを持って練習を繰り返しているようです。

タイガー・ウッズなどもイメージトレーニングを大切にしていると話していましたし、日本人の男性ゴルファーの石川遼も、このトレーニングを大事にしているといいます。

まだこのトレーニング方法にはあまり本腰を入れていないと話していた松森彩夏ですが、今後はこちらにもしっかりと取り組んでいくのかどうか?

動画がないのが残念ですが、松森彩夏のスイングの基本は、首筋をまっすぐに立てて、スイング軸をキープしながら、軸を保ち、頭を残して振り下ろすようにしているようです。

松森彩夏はスイングするときには、体重移動を考えていないようです。

首が傾くと、軸も傾いてしまうので、アドレスをしたときには、キリンのようなイメージで首を長くすっきりとさせるようにするよう気をつけているということです。


彼女がスイングをするときに、体重移動を考えないで行う理由ですが、人間は歩くときに体重移動しようと考えなくても上手に歩いている、スイングだってそれと同じなんですと答えています。

さすが、プロになると、スイングするときの動きにも、余計な力が入らないので、無駄な動きがなく、飛距離も伸ばせるということのようです、さすがですね。

そして、姿勢よく立つことも重要で、松森彩夏は、インパクトで左足をピンと伸ばしてスイングをしているようですね、動画が見られれば分かりやすいのですが、言葉で説明されてもあまりピンとこないと思いますが、イメージしてみてください。

なんでも、一つ下の妹もプロゴルファーを目指していて、近年多い姉妹ゴルファーを目指しているようです。
松森彩夏の妹
小さいころから一緒に練習をしてきた妹は、ゴルフのことではやはりライバルであると話していて、同じ世界で先にデビューはしていますが、今後妹が出てきて一緒にツアーに出るようになると、どちらが実力があるかという面で比べられることも出てきそうです。

現在は、練習に身を入れているところで、精神的な部分を強化するよりもまずは、ゴルフの実力を上げていくことに集中しているとも語っています。

松森彩夏は、痩せすぎるとスイングがイマイチになることを感じるときもあり、きちんと食事を食べていても、ゴルフの練習をしていると、知らず知らずのうちに痩せてしまうので、そうなったときには、食べるようにして、スイングに影響が出ないように、体重管理をしているといいます。

身長が高いので、あまりダイエットを意識しなくてもいいようで、女性からすれば羨ましいのですが、話を聞いていると、食べるものも太りやすいものではなく、肉なら脂身の多い部位ではないヒレなどが好みだといいますから、自然に選択している食事内容が、太りにくいものですから、これはかなりいい食事スタイルを習慣に出来ているようです。

彼女は、小学生の頃から身長は高いタイプの女子だったようですが、170cmの身長に関して、松森彩夏はヒールの高い靴を履けないという悩みがあるようです!

ゴルフウエアの色に関しては、どんな色も取り入れるようにしていると話していて、柔軟性を持って選ぶようにしているようですが、普段着の洋服ではパンツ派だそうですが、ゴルフではどちらでも着るようにしているようです。

まだまだ21歳ですから、ショッピングが大好きで、アウトレットなどのお店に行くと、ついつい買いまくってしまうという、お洒落な今時の女子であるようです。

飼っている犬の名前はもこちゃん、試合の合間に行ったペットショップで出会って、即買した、ポメラニアンとトイプードルのミックスで真っ黒なんだとか!

本人は朝に弱く、どちらかというと苦手と語ってます、将来については、アメリカのツアーにも興味があり、これは、オフにアメリカで練習していたときに周囲の反響が良かったことなどがきっかけで、アメリカのツアーにも参加するようになったようです。

ミニツアーには出たことがあり、これは3日間行われるのですが、地元の人が多い中で練習をしながら、経験を積んでもいるようです

賞金は2、30万円ほどですが、ツアーに出ると、経験が増えますし、芝で打てるのは感動出来ると話していて、芝の種類なども違うため、さらなる経験が出来るので、かなり面白いようです!

ただ、言葉には不自由だったと話していて、英語の勉強をしなければと痛感したようですが、今後海外でのツアーにも積極的に参加するのなら、言葉の習得は必須となりますから、忙しい合間を塗っての勉強になるかと思いますが、せっかくですから、この機会をチャレンジだと思って、どんどん新しい世界を受け入れて、経験値&世界観を広げていっていただければと思います。

好きな芸能人は特にいないようで、男性のタイプは、自分が尊敬できる人とかがいいと思いますと話していて、容姿に関しては、スーツの似合う人がいいようですが、容姿云々よりも、尊敬出来る人がいいと強調していて、何をやっていても一生懸命な人はかっこいいなと感じるようです。

松森彩夏のクラブセッティング

ここからは、スイング動画がなくて残念な、松森彩夏のクラブセッティングについての情報をまとめていきます。

松森彩夏のクラブセッティングは次のようなものを使っています。

ドライバー・・・テーラーメイドGLOIRE F ドライバー(14年)(10°)

松森彩夏が使用しているドライバー

このクラブの特徴は、飛距離と安定性が向上されているところです。

プロである松森彩夏がこのクラブをセッティングした理由は、この会社の先進技術が搭載されている、アスリートモデルであるかだと考えられます。

ゴルフをやっている方なら御存知の通り、ドライバーは遠くへ飛ばす最も長いクラブです。

これからご紹介する、松森彩夏が使用しているクラブにセッティングされているものは、おそらくみなこのような理由から使い勝手なども考えて選んだものではないかと推測します。

FW、フェアウェイウッドは次のものを使用しています。

松森彩夏が使用しているFW

テイラーメイドGLOIREF フェアウェイウッド(14年)((#3)16°)

テイラーメイド GLOIREF フェアウェイウッド(14年)((#5)19°)

こちらはドライバーの次に長距離ショットを担当するクラブで、男性よりの力の弱い女性が使いこなすと便利です!

UTは、ユーティリティと呼び、松森彩夏が使用しているのは次のものです。

松森彩夏が使用しているUT

テーラーメイド GLOIREF  レスキュー(14年)((#4)21°)

テーラーメイド GLOIREF レスキュー(14年)((#5)24°)

フェアウェイウッドとロングアイアンの両方のイイトコどりをしたクラブです。

次は、松森彩夏のクラブセッティングされているアイアンです。

松森彩夏が使用しているアイアン

テーラーメイド GOLREF アイアン(14年)(51-PW)

このクラブはヘッドが鉄で出来ていて基本的には、セットで手に入れておくものです。

クラブセッティングの中では、角度と長さのラインアップで、距離を打ち分けてくれる集団的クラブだといわれています。

では、松森彩夏がクラブセッティングしている中に入っているウェッジはどんなものなのか?

テーラーメイド TOUR PREFERRED ウェッジ(14年)(52°・58°)

松森彩夏が使用しているウエッジ

こちらはグリーンにのせるために使われる短いアイアンのグループ名で、扱いやすいクラブなので、セッティングに入れておくだけではなく、練習に使用すると便利です

では、松森彩夏がクラブセッティングしているパターは何を使用されているのか?

テーラーメイド GHOST TOUR BLACK MERANERRO 

松森彩夏が使用しているパター

パターは、グリーン上でボールを転がして、カップインさせるために使用するクラブですから、必ずセッティングしているものです。

初心者や女性にお勧めのパターは、距離や方向のブレが少ないと言われているマレットタイプですが、ヘッドの動きをコントロールしながら絶妙なタッチが出せるピンタイプもありますので、使ってみて自分が使用しやすいクラブをセッティングしておくといいと言われています。

近年、女性プロゴルファーの横田理香子が使用しているシャフトを使用するプロが増えていると言われているのですが、一体どんなシャフトなのか?

スピーダーエボリューションという青いシャフトです。

松森彩夏のスイングとシャフトについて

テーラーメイドのクラブにスピーダーエボリューションというシャフトをつけているようです。

スピーダーエボリューションとは一体なんでしょうか?

東レが素材を提供して、フジクラというメーカーが作っているシャフトで、「はやぶさ」などの人工衛星に使われている50トン高弾性3軸織物技術というものを採用して作られていて、これまで、「高打ち⇒スピン増」という常識を打ち砕いて、「高打ち出し、低スピン」を実現したようです!

このシャフトを使えば、安定感のある振り&圧倒的なハジキが実現でき、「飛ぶシャフト」と呼べるものを作り上げたそうです。

要するに、シャフトの加速で飛ばすという考えが根底にあるようですが、松森彩夏はドライバーのシャフトにこのスピーダーエボリューションを使用してます。

テスターを使用した人たちも、かなり使いやすいと感じただけではなく、「動きがシャープで、ボールを打ったときに動きに乗せやすいと感じる」「打つとしなやかで優しい感じがするのが体感出来た」といった感想も出ているようです。

このような最新技術が詰まったシャフトをドライバーに使ってる松森彩夏、やはりドライバーが得意なので相当こだわりもあるようですね!


今回は、これからさらに飛躍していくであろうと思われる、松森彩夏のスイングや人物像、そしてクラブセッティングについての情報などをまとめていきましたが、適切な動画が見つかれば、アップしていこうと思います。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。