汚い歯の黄ばみをとるのに最も効果的な歯磨き粉とは?

汚い歯の黄ばみをとるのに最も効果的な歯磨き粉とは?

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「汚い歯の黄ばみをとるのに最も効果的な歯磨き粉とは?」です。

第一印象に影響するということもあり、歯の黄ばみが気になるという方は多いと思います。歯が綺麗だと清潔感もあるし、できるなら白くしたいですよね?

ですが、歯医者でホワイトニングをしようと思うと料金が高いですし、そもそも通うのも面倒です。

というわけで、この記事では歯磨き粉だけで汚い歯の黄ばみをとってしまう!という効果的な方法を紹介します!

そして、今回はせっかくなので「なぜこの歯磨き粉がどんな汚い歯をも綺麗にすることができるのか?」その根拠にまで言及していきたいと思います♪

そもそも歯の黄ばみの原因は?

コーヒーやワインをよく飲む方などが、気がつくと歯の黄ばみが目立ってきたと気づくことが多いようです。

この画像をご覧ください、子供の頃は歯が白かったはずなのに、気づけばこんな風に汚い黄ばんだ歯になっていて愕然とされる人も多いようです。

これでは、きれいにお化粧をしたり、身だしなみを整えても、自分の口元に自信が持てなくなるだけでなく、意外と他人からは歯がよく見えているといわれていて、こんな風に笑顔になったときに、清潔感のある白い歯ではなく、汚い黄ばんだ歯だとかなり目立つし「嫌だな」と思われる可能性が高くなります。

人間が第一印象で見るのはどこかというアンケート調査があるのですが、なんと実は口元を一番よく見ていると答えた人が多かったのです!

1位 目元・・・46・2%
2位 口元や歯・・・43・2%
3位 髪・・・8.2%

このように、高い割合でほぼ目元と同じくらいの率で口元を見ている人が多いのが現実なのです!

そんな目立つ口元にある歯が黄ばみ、汚いと感じさせてしまう原因となるのは一体なんでしょうか?

実は、先程も書いたように歯が黄ばむ原因はコーヒーやワインなどの飲食が関係していることが多く、これを外側からの着色といいます。

そして、もう一つ原因があり、それは内側からの変色なのです!

歯の表面をコーティングしているエナメル質は透明で、ほとんど色がないのですが、このエナメル質の内側にある象牙質の色が、本来黄ばみがあるのです。

なんだか最近歯が汚いな、黄ばみが出てきたなと感じたら、この外側と内側からの原因があなたの口元を不潔に見せているのです。

着色(ステイン)は、次の飲食が関係しているといわれています。

● コーヒー
● 紅茶
● 赤ワイン
● 緑茶
● カレー
● チョコレートや香辛料
● ケチャップやソース
● ベリー系の果物(ブルーベリー、クランベリー)
● ココア
● コーラ
● 着色料

飲食以外では、次のことが原因となって歯の汚い黄ばみが目立つようになります。

● タバコ
● 加齢
● 虫歯
● テトラサイクリン系抗生物質

テトラサイクリン系抗生物質とは、あなたが子供の頃にこの服用したことで、永久歯に影響を与えて歯の汚い黄ばみになってしまったり、あなたが母親のお腹の中にいたときに、母親が服用していたため子供のあなたの歯に影響を与えてしまう可能性があるのです。

他にも原因がありますので、ご紹介しておきましょう。

● 遺伝的な病気、および代謝異常などの病気などが原因となる
● 口が乾燥する
● 歯を磨きすぎる
● 神経が死んでしまった歯は内側から黒く変色します
● 歯石
● 色の濃いうがい薬や内服薬

遺伝的な病気は次のようなものが考えられます。

● 先天性梅毒
● 先天性ポルフィリン症
● 低フォスファターゼ血症
● 上皮小体機能亢進症
● 非ピリルビン血症

歯医者で汚い歯の黄ばみをとって白い状態にするのはいくらかかる?日数は?

原因が分かったところで、歯の汚い黄ばみを歯医者で取り除いて白い状態にするのに、どれくらいの費用や日数がかかるのか理解をしていきましょう。

これは、歯医者によって白い歯にするための費用は違いがあり、多くは1本あたりで決定されていることが多いのです。

一般的に相場は一本3000~1万円となっているので、なんだかんだで人によると10万円かかったりする場合があるようです。

近年は、一回で歯の汚い黄ばみを効果的にきれいにするオフィスホワイトニングというものがあり、これはどれくらい持続するかはその人の生活習慣によって違いがあります。

そう、歯医者で白い歯にしてもらうためには、費用もかかるだけでなく、定期的に通う必要があるので、毎週通うとなると大変です!

それだけでなく、あまり知られていませんが、歯医者でホワイトニングをすると日本人のエナメル質は薄いので、知覚過敏になりやすいリスクが高まるのです。

ホワイトニングをするリスクを考えるとなんとなく二の足を踏む状態だった私は、ある日テレビを見ていたときに、家でホワイトニングが出来るという商品があることを知りました。

しかも、厚生労働省に認可された医学部外品の歯磨き粉で歯を磨くだけで良いという手軽さなんだとか!

とりあえず試した方の口コミなどを調べていきましたが、こんな風に変化したようです。

面倒な歯医者通いも、高いお金もかけずに汚い黄ばみのある歯が、ここまで綺麗になるとは驚きました!

汚い歯の黄ばみを効果的にとる歯磨き粉って何?

年齢も重ねてきて、日常生活の中で歯の黄ばみが目立ってくると、人前で素直に大口を開けて笑ったりできにくいですが、やはり歯医者に通うのはハードルが高いだけでなく個人的にも面倒なのです。

そんなときに見つけたのがこれです。

なぜ、この歯磨き粉を使うと、効果的に歯の黄ばみがとれて汚い状態から開放されるのか、10円玉で実験をしているのでどうなっているのか見てみましょう!

御存知の通り、10円玉は古くなるとサビや酸化で色が変色していきます。

ここに、ホワイトニング成分の入ったちゅらトゥースホワイトニングを1滴だけ落としていきましょう。

すると・・・

驚くことに落とした部分だけ新品のように綺麗になっています!

こうなる理由は、ホワイトニングに入っているリンゴ酸・ビタミンC、そしてポリアスバラギン酸が歯の汚い黄ばみ汚れを除去して、再付着を防いでくれるのです。

この働きが10円玉をここまで綺麗にしたのです。

この成分が、毎日歯磨き粉としてこれを使うことで歯の黄ばみ汚れを取り除いてくれ、研磨剤は含まれていないので、歯を傷つけることもなく、副作用もないのに美しい歯を保ってくれるんです!

しかも、厚生労働省の認可を得ている医学部外品なので、自宅でのホワイトニングを安心して行うことが出来るのです。

ちゅらトゥースホワイトニングは、今だけ後払いで、初回33%のオフのモニター価格で、しかも商品到着後支払いで手に入れることが出来ます。

クレジットカード不要で、商品到着後支払いでOK!

この、ちゅらトゥースホワイトニングは、医薬部外品なので国が効果効能を認めています。

芸能人もブログ記事などで使っていることを公表していて、あの川村ひかるさんも使っていると記事にしています!

実はこの効果的な歯磨き粉は、作ったのが沖縄の人たちなので、なんだか緩い商品じゃないかと疑いを持たれるのは困るということで、厚生労働省に医薬部外品に指定されるまで頑張って開発をしてきたそうです!

こんな開発エピソードもある、芸能人からも信頼されているちゅらトゥースホワイトニングのモニター募集はあと僅かとなっています。

さらに、こちらのホワイトニングが出来る、悩みの歯の黄ばみ汚れがとれる効果的な歯磨き粉は、白くするだけでなく、次の作用もあるのです!

● 虫歯や歯周病、口臭や歯肉炎の予防や、歯や歯茎の健康を守ります

それでは、全成分を見ていきましょう。

[基剤]・・・精製水
[湿潤剤]・・・濃グリセリン オウゴンエキス シャクヤクエキス レモンエキス 1,3プチレングリコール DLーリンゴ酸 アスコルビン酸 ポリアスパラギン酸ナトリウム液 ウーロン茶エキス ホップエキス
[清涼剤]・・・エタノール Iーメントール 無水エタノール
[ph調整剤]・・・無水クエン酸 メタリン酸ナトリウム
[粘度調整剤]・・・キサンタンガム カルボキシメチルセルロースナトリウム
[可溶化剤]・・・ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
[矯味剤]・・・ステビアエキス キシリット
[着香剤]・・・香料(スペアミント)
[保存剤]・・・安息香酸ナトリウム
[薬用成分]・・・アラントイン イソプロピルメチルフェノール
[安定剤]・・・天然ビタミンE
[着色剤]・・・青色1号

この中で、個人的に気になったのが着色剤の青色1号です。

これらは、体内に入ると発がん性があるなどの情報があります。

いろいろと調べていきましたが、次の可能性があったことが分かり、さらなる研究が続けられています。

なんでも、海外サイトのWIREDが、次の最新研究結果の記事をアップしています。

食品添加物である青色1号をマウスに投与したところ、脊髄損が治ったのです。

ただし、一つだけ副作用が出ました、それは、体が青くなるというものでした(マウスの可愛らしい白い毛はそのままでした)。

それ以外では、これまで脊髄損傷を治す方法はないと言われていたのに、なんと食品添加物として日本では肩身の狭い思いをしているフシがある青色1号に、神経を覆い保護する作用があったのです!

この研究チームは偶然なのですが、青色1号の成分に神経の炎症を抑える作用があることを発見、これまで見つけられなかったのは、食品科学が、神経科学と別の領域だったので誰も実験をやろうとしなかったからだとチームは語っているです。

こういった情報を見ていくと、新たな可能性を見ることが出来ます。

ですから、今の時点で発がん性があると言われていて、常識的な量の摂取なら心配することはないという情報&絶対に体に入れないでという情報などがありますが、個人的に国から難病指定をされている疾患を、学びと実践を繰り返してきた経験から医師の元へ通わず、薬も飲まずに治した経験から、使い方を考えて使用する分にはそれほど神経質になることもないのではと考えますが、こればかりは人それぞれですから、判断はご自身でされてください(この後、会社に問い合わせをして、青色1号を入れている理由について聞いたので、回答をシェアしていますので、そちらも参考にされてください)。

気になるのであれば、一週間のうち3、4回使うとか、一日一回のみ使用などの工夫で出来る限り摂取を控えるという方法もあります。

そして、個人的に考えることは、体に良いとか悪いと言われていますが、私達が生きている世界は陰陽のバランスで成り立っているので、とりあえず取り過ぎないようにしてど真ん中にいればバランスが取れるので、結果オーライになるという話になりますが、どんな情報を、どこからどう切り取ってどう解釈するかは人によりけりです!

このちゅらトゥースホワイトニングの白さのキメ手となるのは、PAA(ポリアスパラギン酸)で、これに含まれているアミノ酸高分子には、口臭や葉の汚れの原因となるたんぱく質と反応して凝固する作用があり、この作用を応用して作られました。

通常の歯磨きでは落ちない汚れを、浮かせてはがして落とす作用があるので歯が白くなります。

研磨剤を使って無理やり落とすのではないので、歯に優しいのです。

ちゅらトゥースホワイトニングを手にするかどうかはあなた次第です!

komichiのまとめ

ここからは、komichiのまとめを僭越ながらまとめていきたいと思います。

歯の黄ばみは気になる人は多いと思います。

個人的にもホワイトニングに興味がありますが、正直歯医者に通うというのはハードルが高いだけでなく面倒だなと感じているので、近年自宅で手軽に簡単に歯を白く出来るこれらの商品の登場は嬉いなと感じます!

個人的にも気になったので、直接このちゅらトゥースホワイトニングを販売している会社に電話をかけて、国では禁止されていないけれど、一般の人達の間でも、着色料として使われる青色1号が発がん性があるものだという認識がされている中、わざわざこれを入れた理由について問い合せをしてみたので、回答をシェアしておきます!

「本来商品自体は無色透明なのですが、着色している理由は、量がわかりやすいようにという意味で付けており、青色1号は、体内に吸収されることなく排出される性質があることと、国から認可されていることで使用していますので、人体には無害であるという認識で使っています」

説明によると、このような回答が頂けましたのでシェアしておきます。

青色1号は海外の次の国では使用を禁止されています。

スェーデン、フランス、ドイツ、ノルウェー、オーストリア、EU諸国。

そして、国際がん研究所によりますと、「分類出来ない」という調査結果が出ていて、この意味ですが、「私達が日常摂取している食品より発がん性が低い」というものになりますので、大量に摂取するなどの自体がないかぎり、発がん性の心配はないという話になるようです。

ただ、これらはあくまでも研究機関の発表です、2017年時点では、自らの身体は自分で守るという意識を持つ人が増えています、どう判断するかは一人ひとりに委ねられているという話になります。

個人的にこの青色1号が気になったので問い合わせをし、いろいろと理解が深まったので、現在購入して取り寄せ中なので、使ってみた感想はまた後日ここでシェアしたいと思いますので、今しばらくお待ちください。

追記

ちゅらトゥースホワイトニングを注文しまして、届きましたので商品をご紹介していきましょう。

こちらになります!

これから使用しますので、どんな感じなのかはまた後日シェアしていきますので、今しばらくお待ち下さい。

再度追記

使用して数日経ちました、まず使用感からシェアしていきます。

味が甘く、口に入れたときに「美味しい」と感じられます。

なのに口の中で長く残って甘さで歯が綺麗になった感じがしないということもなく、甘いのにさっぱりとした使用感で爽やかな印象を受けます。

よく泡立ち(歯磨き粉が泡立つという感じとはまた違う感覚です)、しっかりと磨けますので、これだけで歯磨きしても大丈夫です。

とても使い勝手は良く、よく出来ているなと感心しました。

ただ、さすがに2、3度使ってすぐに歯が白くなるわけではありません、やはり時間をかけてゆっくりと黄ばみなどを剥がしていくものですから、個人的にはのんびりと日々使用しながら、どうなるかを見ていきたいと思います。

ただ、使ってすぐに実感できることに、歯の艶が良くなったなというものがありました。

これを使うと、ツルツルになるだけでなく、販売元が説明しているように、歯の汚れを使うごとに剥がしているので、歯自体に艶がでるのも当然なのかなと感じました。

使用感に関しては個人差がありますので、個人的見解ですが、お役立て頂ければ幸いです。

せっかくですので、1ヶ月後などにもう一度使用感や作用に関して情報をアップしますので、今しばらくお待ちください!

最後に、歯を見せて笑う異性の笑顔に魅力を感じる人は9割以上だと言われています。

年齢を重ねれば重ねるほど、さまざまな劣化が目立ってきますが、歯の汚い黄ばみが効果的にとれる歯磨き粉を使って重ねた年齢が熟成されるような見た目を手に入れ、充実した人生を手に入れるのも有りですね!

今回は、汚い歯の黄ばみに効果的な歯磨き粉はどんなものなのかをご紹介していきました!

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。