無理をし過ぎない食欲を抑えるダイエット方法は?

無理をし過ぎない食欲を抑えるダイエット方法は?

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「無理をし過ぎない食欲を抑えるダイエット方法は?」です。

ダイエット中で食欲を抑えるのがキツイ女性

人生の中で、体型維持というのは、意外とハードルが高く、ダイエット方法にいつも悩む、ストレスになる、無理をしたくはないけれど、食欲をなんとか抑える方法はないだろうかと、常に痩せることに意識が向いている女性も多いのではないでしょうか?

個人的にも、10代~20代前半まで、ダイエットに関しては、いつも悩み、食欲を抑えるために、様々なことをしてみたり、無理をして痩せたりと、かなり自己流でダイエットに励んできた経験を持っています。

そして常に食欲を抑えるために、無理をしてしまい、結果リバウンドを繰り返すという、悪循環を経験し、途方にくれてもきました。

そんな経験から脱出できた現在、無理をして、必死にダイエット方法に取り組む女性のお気持ちがよく理解出来るため、この記事では、食欲を抑える食べ物や、無理をし過ぎない効率のいいダイエット方法について、さらに、リバウンドの仕組みなどの情報をシェアしていきます!



↑ 無理をし過ぎずに痩せたい方におすすめです。

食欲を抑制(抑える)食べ物は?

食欲と脳の関係

まずは、食欲を抑える食べ物ってあるのかな?

といった情報をまとめていきます!

最初に、人間は何故食欲が出るのか?

といった、体の機能について理解をしていきましょう!

人間の脳には、摂食中枢と満腹中枢があり、ここが食欲に関係しているのです!

まず、胃が空っぽになると、胃が収縮しますので、この刺激が摂食中枢にサインを送ってきます。

これをキャッチした摂食中枢が、お腹が減っているよと、人間に知らせてくれるという仕組みになっています。

人間が空腹を感じると、血液の中に体内に脂肪が分解されて出来る遊離脂肪酸が増えます。

遊離脂肪酸は、生命のために作られた物質なので、体内にエネルギー不足していることを、同じく摂食中枢に知らせてくれます。

本能的な食欲が出る理由はこの仕組によるものですが、他には人間の視覚や嗅覚、さらに味覚などの刺激や情報、記憶、思考などの感情や、意志の力なども人間に大きく働きかけて、食欲が湧くのです!

美味しそうなものを見たり、ニオイを嗅いだりしたときに、お腹が空くのはドーパミンが放出されるからです!

ドーパミンは、摂食中枢を刺激しますから、空腹感を感じることになります。

人間の体は、満腹中枢が満たされると、食欲が減退します!

これはセロトニンが満腹中枢を刺激することでこの状態になるため、できるだけ体の中で、セロトニンを増やせば、食欲を抑えることが出来るという話になるのです!

ということは、セロトニンが分泌されやすい状態になるようにすれば、食欲のコントロールがやりやすくなるという話になります。

アミノ酸トリプトファンが体の中で不足していると、セロトニンが作り出されなくなりますので、セロトニンとトリプトファンの多い食材を食べることが、無理をしすぎないで、食欲を抑える方法になります。

これらが多い食材は次のようなものになります!

ただ、セロトニンを直接補給できる食べ物は、残念ですが存在しないのです!

ではどうすればいいのでしょうか?

実は、すでに書いている通り、セロトニンを作り出すために必要なトリプトファンを含む食材を摂取すればいいという話になります。

トリプトファンの多い食材は、次のものになります。

● 肉類
● 魚介類
● 穀物
● 乳製品

もっと具体的に書くと、次のような食材に多く含まれています!

● 鶏むね肉
● 牛や豚のひき肉
● さんまやかつお
● 魚肉ソーセージ
● お米
● パスタ
● 食パン
● 牛乳やヨーグルト

要するに、きちんと食事を摂取するようにして、加工食品に頼ったり、コンビニ弁当を食べ続けたりしなければ、これらの普通の食材で、体内にトリプトファンが取り込め、セロトニンを作る材料となってくれるのです。

そして、無理をせず食欲を抑えるために、セロトニンの分泌を増やすためには、これらの食材だけでなく、次のものも必要となりますので注意してください。

● 日光
● ビタミンB6
● 糖分

この中でも、特にビタミンB6は大切な栄養素となります。

これが多く含まれている食材は、次のようなものになります。

● 豚のひき肉やもも肉
● 鶏のひき肉やささみ
● さんまやかつお、まぐろ

リズム運動を、日常生活で行うと、セロトニンの分泌が増えると言われていますので、これも一緒に行うと、相乗効果が期待できます!

他にも、一般的に、無理な食事制限をしないで食欲を抑える食材などがありますので、そちらもご紹介しておきましょう。

● ダークチョコレート
● アーモンド
● バナナ
● ココア
● ゆでたまご
● おから
● こんにゃく
● アボカド
● 寒天
● 鰹節
● ドライフルーツ(あんず)
● 炭酸水(無糖)
● コーヒー

ダークチョコレートを食べると食欲が抑えることが出来、ダイエット方法に使える理由は、原料のカカオにあります。

ダークチョコレート

ココアも同じですが、カカオには、ヘミセルロースやリグニンという不溶性食物繊維が含まれていますから、食べると食欲を抑えることが出来るのです。

アーモンドやバナナ、おから、こんにゃく、寒天、あんずのドライフルーツにも、同じく不溶性食物繊維が多く含まれていますので、同じ理由になり、ゆでたまごは、胃の中でとどまっている時間が長くなるので、無理無く食欲を抑えることが出来、ダイエット方法に使える食材になります。

鰹節には、ヒスチジンというアミノ酸の一種が含まれていて、これは満腹中枢刺激する、ヒスタミンの代わりの働きをするので、無理をすることなく食欲を抑えることが出来ます。

無糖の炭酸水を飲んで、満腹感を感じたことがある方もいると思います!

これは、お腹の中で炭酸ガスが充満して膨れ上がるので、満腹感を感じてしまうのです!

コーヒーには、ご存知の通りカフェインがありますが、これは、満腹中枢を刺激してくれますので、無理しないで、食欲を抑えることが出来るのです。

これらの食べ物が、食欲を無理無く抑えるものになります。

無理をしすぎない効率のいいダイエット方法は?

ここからは、無理をしすぎない効率のいいダイエット方法について、情報をまとめていきます。

このブログの他のダイエット関連の記事でも書いていますが、個人的に、2016年現在で、筋トレ歴13年、ランニング歴19年ほどになりますが、まず、無理をしすぎないダイエット方法はありますが、効率は考えないほうがいいと個人的には思います。

短期間で痩せようとするその気持を、2016年からはどうか捨ててください!

個人的に、すでに書いたように、さんざん自己流ダイエットをやっていき、気づけば摂食障害にまでなってしまい、そこから削ぎ落とされた筋肉を取り戻しながら、体型を戻し、健康を取り戻した経験から、無理で効率良い、短期間でのダイエットを目指せば目指すほど、結局はドツボにハマるだけです。

現在流通しているダイエットサプリなども、うまく活用するようにして、やはり、体型維持の王道である、運動+食事管理などを行いながら、ダイエットサプリを活用して、ダイエット方法を常に意識する生き方ではなく、ここから開放される生き方を目指したほうが、個人的にはストレスもなく、無理も体にかけることなく体型維持が出来るので、この方法をおすすめしたいと思います。

食生活を変えてしまえば、無理な運動もしなくていいですし、筋肉を落とさないような筋トレなどを行い、楽しみながら有酸素運動を日常に取り入れながら、ダイエットサプリを活用していきながら、ストレスを感じない、ダイエット方法を一生考えなくていい生き方を選んだほうが楽だと個人的には思っています。

普段から、食事内容を野菜が多めのものに変えていき、炭水化物は少なめでコントロールしながら、沢山食べていい日や、今日はできるだけカットするといったやり方を選択したり、食べる順番を変えて、血糖値の急上昇を引き起こさない食べ方にしていきながら、食生活自体を変えていきながら、運動を取り入れていくというのが、やはり長い人生を考えたとき、一番効率のいいダイエット方法であると、個人的には思っています。

このような生活スタイルに変えていきながら、さらに、こちらのカット系のダイエットサプリを活用して、これまで食べたカロリーで、体内に溜まってしまったエネルギーは、運動などで消費しつつ、現在食べているものを、体内に溜め込まないようにするようにして、体型維持をしていくというのが、とりあえずはおすすめになります。

ジムなどでは、マニアックな燃焼系やブロック系、カット系のサプリメントがありますが、効果ももちろんありますが、値段が高価でもあるのがネックなのです!

こちらの、スリムブロッカーなら、一ヶ月3000円もかからない金額で続けることが出来ますし、体はかなり賢いため、続けていくと慣れてしまい、作用が薄まる可能性がありますので、こちらを、一ヶ月飲んで一ヶ月休んで、一ヶ月飲んでを繰り返しながら、上手に活用していくというのも手です!



↑ 無理をし過ぎずに痩せたい方におすすめです。

20代ならともかく、30代、40代になっていくと、無理に食事を抑える方法だけで、ダイエットを行う方法をやっていると、筋肉がどんどん落ちていき、悪循環を招いててしまう恐れがあります!

痩せればある程度綺麗な体型を維持出来る若い頃と比べて、年齢を重ねた人は、単に痩せればいいというものではなくなってきますので、出来れば筋肉を維持するために負荷をかけてある程度筋トレなどを行う習慣をつけ、有酸素運動を無理のない範囲で行い、脂肪燃焼させていきながら、このダイエットサプリなども上手に活用しつつ、ストレスのない方法でダイエットをしていくほうが、個人的はおすすめになります。

付け焼き刃的なやり方や、ごまかし系の方法で長い人生の中で、ダイエットをやっていくのはもう卒業しませんか?

もっと自分を大事にしながら、だけど無理や我慢はしないで、上手に体型維持をしていったほうが、本当に楽だと思います。

スリムブロッカーの特徴は、次の成分にあります。

● カクタスフルーツ
● 白いんげん豆
● キトサン
● パインハイバー

スリムブロッカーの成分

カクタスフルーツは、ビタミンやミネラル、カリウムが豊富で、女性の綺麗の邪魔をするものを、体の外に出してくれる作用があります。

白いんげん豆は、モデルの紗栄子も飲んでいるダイエットサプリにも入っている成分で、どうしても炭水化物に偏りがちな現代人の食生活の、炭水化物の分解を邪魔し、体に吸収するのを邪魔してくれる働きがあります。

キトサンは、脂やコレステロール、毒素を体外に排出してくれる働きがあるので、むくみやすい人や脂っこいものが好きな方にとっては、力強い味方となる成分になります。

パインハイバーは、水に溶けやすい食物繊維で、日本人に不足しがちで、甘いモノが好きな人にとっては、食物繊維が豊富なので、体内の様々なものを排出してくれる働きがあります。

これらの成分が、うまく体に働き、飲めば食べたものをカットしてくれるのです。

個人的にも、ジムで燃焼系&カット系のサプリを購入して飲んで使ってみた経験を持っていますが、上手に活用すれば、ただ食事管理と運動だけでコントロールしていくよりも、はるかに結果が出やすいことは、経験していますので、無理無くダイエットをしていきたいと考えている方にとっては、力強い味方になってくれるのではないでしょうか?

峯岸みなみもリバウンド?リバウンドの仕組みは?

ライザップで痩せてリバウンドした峯岸みなみさん

ライザップで、見事なボディーを作り上げた峯岸みなみ、どうやら一部の男性にはウケが悪く、以前のボディーのほうがいいという意見も数多く出ています!

ほとんどの人が、運動とは無縁の生き方をしているので当然の反応だと個人的に思いますが、すでに慣れたので運動は続けていますが、もっと楽な方法で体型維持が出来るなら、そのほうが多くの人はいいのだと思います。

個人的な意見ですが、ライザップでリバウンドというのは、一般的には当然だと思います。

何故なら短期間で、極端な食事管理と運動を行うことで、あの体を作り上げているのですから、長く続けていける人以外、リバウンドするのは当然の流れであるからです!

ライザップは、糖質制限食を行い、たんぱく質を食べてウエストレーニングをすることで、あの肉体を作りますが、一般の方は、逆の食生活をしているのが当然ですし、人間は糖質がやはり主食ですから、好きな方も多いですから、この制限を外した場合、一気にリバウンドしてしまうことになります。

こうならないためには、ダイエットサプリを使って糖質を取り込まないようにするか、もしくは、トレーニングを続けていき、食生活のコントロールをする以外、リバウンドから逃れる道はありません!

そもそも、リバウンドは何故起こるのでしょうか?

リバウンドとは、ダイエットをやめた途端、元の体重、もしくはそれ以上に体重が増えてしまう現象のことを言います。

これが起きる理由は、やはり無理なダイエット方法を行っているということや、体のメカニズムが関係して起こるので。

食欲を抑えるようなダイエット方法は、無理が重なりますし、人間がコントロール出来るものの中で、食べるということは、もちろん体の健康を維持するためでもありますが、喜びや幸せを感じられる行動でもありますから、ここを極端にコントロールしすぎると、、心理的にも非常にストレスが溜まることになります!

ダイエットでリバウンドしてしまう、体のメカニズムが関係している理由は、レプチンと、ホメオスタシスが関係しているからです。

ホメオスタシスとは、恒常性とも言われていて、体の健康を一定に保とうとする機能になります。

ダイエットを行うと、最初は順調に体重が落ちていきますが、停滞期が来ることは、これを行った多くの方が経験されていると思います。

この停滞期も、ホメオスタシスが関係して起こります。

極端な食事制限などをして、急激に体重が落ちると、生かす方向で働く体が危険だと判断し、ホメオスタシスを働かせて、食事からのエネルギー吸収を上昇させてしまい、消費エネルギーの消費を抑えてしまうのです。

なんとも賢いとしか言いようのない体のメカニズム、ホメオスタシスは一旦発動されると、人間を生かすことが仕事の体でしばらく機能し続けます。

停滞期になり、無理に食事を抑えることをやめてしまうと、余分な脂肪が蓄積してしまい、リバウンドが起こってしまうのです。

レプチンは、脂肪細胞から分泌されているホルモンになります。

これがリバウンドに関係しているのは、体に栄養が取り込まれて脂肪細胞が膨らんでいくとレプチンが分泌されます。

すると、脳にある満腹中枢が刺激を受け、食欲が減り、同時に交感神経が活発に働き、肝臓や筋肉で脂肪の分解が行われるのです!

レプチンは、体内に必要以上にエネルギーを摂取しないように、ブレーキをかける役割があります。

そして、体の消費エネルギーをあげ、過剰なエネルギーの蓄積を防いでくれます。

このレプチンは、無理に食欲を抑えるダイエット方法を続けていくと、体内で分泌量が減ってしまいます。

ですから、満腹感を得にくくなり、脂肪が分解されにくくなってしまいます。

食事の量を元に戻していけば、レプチンの分泌量も増えますが、適正な量に戻るまで1ヶ月かかり、この一ヶ月間は満腹感を感じにくくなるため、食事量が多くなりがちで、さらに消費エネルギーも下がっているのでどうしてもリバウンドしやすくなるのです。

このような理由から、人間はリバウンドをしてしまうのです。

これらの悪循環から抜け出すためには、ダイエットサプリなどを上手に活用したり、王道の運動と食事管理を覚えてしまい、日課にするしか、どうやら道はないと考えられます!

体のメカニズムが、リバウンドの原因でもあった、そして峯岸みなみのようなやり方でダイエットや体の変化を引き起こした場合、続けていかないと、結局はリバウンドするのです、

ですから、どんな方法でダイエットを行うか、食欲を無理に抑えてリバウンドしやすい体でストレスを感じながら体型維持をするのかは、一人一が決めることだと思います。

まとめ

無理をしすぎない食欲を抑えるダイエット方法というタイトルで記事をまとめていきましたが、結局どうしたらいいのか?

運動や食事管理は、初心者にとって無理をしすぎるダイエット方法であると考えられます。

食欲を無理に抑えるようなダイエット方法では、リバウンドが起こりやすくなります!

ということは、ダイエットサプリを上手に活用して、無理をしすぎないで、食欲を抑えることなくダイエットを行うのが、方法としては賢いという話になります!



↑ 無理をし過ぎずに痩せたい方におすすめです。

今回は、「無理をしすぎない、食欲を抑えるダイエット方法は」というテーマでお届けしました。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。