生まれつきのシミを洗顔で消す方法

生まれつきのシミを洗顔で消す方法

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「生まれつきのシミを洗顔で消す方法」です。

この記事では、生まれつきのシミなどについての情報をまとめていきます。

生まれつきのシミやあざが出来る原因は?

シミを洗顔で消す方法は?
まずは、生まれつきしみやあざがあるという人は、一体どんなことが原因となって、このような状態になっているのでしょうか?

生まれてきた赤ちゃんに、あざやシミがあるという場合、種類はいろいろとあるのですが、一般的に代表的なものは、「扁平母斑」と「太田母斑」といって、メラニン色素の多い日本人に出来やすいものが考えられます。

実はこのシミ&あざは、頭のてっぺんから足先までどこにでも現れ、自然に消えることはないのですが、悪化もしないという症状です。

それでは、生まれつきのシミ&あざであるこの2つの種類について、一体どんな原因があって出てくるのか、その理由や、消す方法はあるのかどうかといった情報をまとめていきましょう。

まずは扁平母斑ですが、メラニン色素の異常が起きたことで、うまれつきシミ&あざがある部分に、集中してメラニン色素が集まってきたことが原因で出来ます。

扁平母斑

このシミ&あざは、別名カフェオレ班とも呼ばれていて茶色く、生まれつき我が子にこのシミ&あざがあることで、母親が自分を責めることもあるようですが、妊娠中の母親とあざやシミには因果関係はありません、ですから、母親のせいでは決してありません。

そして、生まれつき出ている人もいますが、「遅発性扁平母斑(ちはつせい)」といって、思春期頃に目立ち始める人もいますし、日本人には多い生まれつきのシミで、10人に1人に現れているといわれています。

生まれつき、6個以上の、ミルクコーヒーのような色素斑がある場合、実はレックリングハウゼン病という病気である場合があり、これは、3,000人に1人の割合で発症し、神経線維腫症Ⅰとも呼ばれていて、全身に沢山の小さい腫瘍が出来る病気です。

茶褐色の、平らになっている色素班があれば、、生まれつきのあざである扁平母斑、もしくはほくろと考えられるようです。

生まれつきのシミの扁平母斑は、自然に消えることはありません。

気になる人が、レーザー治療などを受けて一度消したとしても、再発する場合も、しばしば見られるようです。

レーザー治療に関しては、保険が適用される場合と、されない場合があります。

太田母斑は、目や頬の周りに出来る青っぽいあざで、目の粘膜、口腔の粘膜などに出来る場合もあります。

太田母斑は生まれつき?

大きさは様々で、広範囲に出来る場合もありますが、一円玉くらいの大きさしかないものもあり、メラニン色素を生成している色素細胞が、異常繁殖をすることが原因となって出てくるのです。

ここまでは、原因が分かっているのですが、では何故、生まれつきあざとなって現れる、太田母斑となる色素細胞の異常繁殖が起こるのかは、残念ながら、2016年2月時点では、まだ不明瞭な面が多く、遺伝性はないのだけれど、先天性のなんらかの要因が関係しているのではないかということまでしか分かっていません。

では、このあざが青みがかって見える理由は一体何があるのか?

メラニン色素異常によって、このような色味に見えるのですが、そして、どの部位にあり、どの程度の深さであるのかといったことが関係していて、その深さによってタイプも分かれています。

● 真皮内型
● 複合型
● 境界型

肌の表面の浅い部分でメラニン色素が増えると黒っぽく見え(境界型)、それよりも深くなればなるほど青みがかって見えるので、真皮内型になると、青く見えるのです。

生まれつきのあざである太田母斑には、次のような特徴がありますので、ご紹介しておきましょう。

● 他の部位に出来る人も居ますが、一般的には頬やまぶた、額のあたりに出来やすい
● 日本人の赤ちゃんに出来る蒙古斑とは異なるもので、自然治癒は難しい
● 女性のほうが、男性の4~5倍も、生まれつきこのあざが出てきやすい
● 生まれつき目立つ人もいるけれど、思春期頃から目立つ人もいます
● 顔の片側だけに出現してくる

こちらのあざは、扁平母斑として出てくる生まれつきのシミと同じで、自然に消えることはありません。

しかも、眼球などに出てきた場合、レーザー治療も出来ません。

気になる方が治療を希望する場合、保険が適応されている種類になりますので、医師に相談されてください。

赤ちゃんに生まれつきこのあざがある場合、治療には全身麻酔を使うため、3歳頃にならないと行うことが出来ないだけでなく、乳幼児期に治療を行って消したとしても、半分ほどの人は、思春期になって再発するといわれています。

代表的なものはこの2つですが、他にも種類がありますので、一部をご紹介していきます。

● おしりから背中にかけて出てくる、青あざ蒙古斑は、10歳頃には自然に消えていくといわれていますが、消えるのには個人差があります。
● 黒いあざの色素性母斑は、悪化する可能性があるので、皮膚科に受診したほうが良いといわれています
● 赤ちゃんのおしりに出来る蒙古斑が、他の部位に出てくるものを、異所性蒙古斑と呼びますが、こちらも成長とともに消えていくことがほとんどですが、中には一生消えない方もいます
● 未熟な毛細血管が増加することで出来るあざで、盛り上がって表面がブツブツしているものを、苺状血管腫と呼んでいますが、小学校に上がる頃になると、自然に治ることが多い。
● 毛細血管が拡張して出来る、生まれつきの赤いあざであるウンナ母斑は、首の後ろや側頭部に出来るのですが、約半数は大人になってもこれが残るといわれています。
● 真皮の中の毛細血管が増加して赤いあざになる単純性血管腫は、手足や首、顔に出てきますが、自然に消えることはありません、別名ポートワイン母斑とも呼ばれています。
● 皮膚の表面のメラノサイトが機能していないことが原因で、その部分に白いあざやシミのようなものが見えるのは、脱色素性母斑で、一箇所だけにこれがあるのなら問題はないのですが、これが帯状に広がっている場合は、先天的な染色体異常の、伊藤白斑の可能性があり、生まれつきこのシミを持つ人は、その後精神発達遅滞や、神経症状、小頭症、骨筋症状、目症状などが現れることがありますので注意が必要です。

生まれつきのシミ&あざに対する治療方法は、現在のところレーザーや塗り薬、外科的手術が一般的で、塗り薬は、きちんとした使い方をすれば、意外とシミに効果的であるといわれています。

そして、生まれつきのシミである扁平母斑には、実は次のような、神秘的なお話もあるので、せっかくですから情報をシェアしていきます。

このシミやあざは、パースマークと呼ばれていて、前世で亡くなるきっかけとなった、例えば刀や矢で傷を付けられたといった場合、同じ場所にシミやあざが出来るといわれています。

前世で亡くなるきっかけとなった傷を負った部分に、あざやシミが現れるという、なんとも神秘的な話ですが、魂の傷であるということです。

これは怪しい話ではなく、学術的に研究もされて発表されている話ですから、眉唾な情報ではありません。

生まれつきのシミを洗顔で消す方法

生まれつきのシミを消す方法は?

生まれつきのシミを、洗顔で消す方法についてまとめていきます。

すでに書いたように、代表的な2つの扁平母斑や太田母斑などは、生まれつきであるだけでなく、自然に消えることもなく、治療方法は現在のところ、レーザーや塗り薬、外科的手術などを行うことしかありません。

ただ近年かなりの勢いで美容技術なども進化しているので、あっという間に簡単に、生まれつきのシミやあざを消す方法などが出てくる希望は、かなり高いのではないかと思います。

それまで待てないという方は、出来てしまっているシミを薄くするために、洗顔方法などを使って消すことが出来るように、日々実践出来るやり方をご紹介していきます。

肌のターンオーバーを正常にしておくだけでも、なにもやらないよりは良いと個人的には思います、ですから要するに、洗顔のやり方をきちんと覚えて、自己流ケアで余計にシミを濃くしたり、新たに作ったりしないように、正しい洗顔で、シミを出来る限り薄くする、消すことが出来るようにする方法を、普段からやっていくことが大切だという話になります。

ここでは、シミを消す方法の中で、正しい洗顔方法についてまとめていきます。

基本中の基本で、大切なポイントは、肌をこすらないということです!

生まれつきのシミがあるから、仕方ないよねと、諦めるのではなく、それ以上悪化させたり、新たなシミを発生させないためには、できるだけ手に顔が触れないように、泡だけで洗顔するようにするということが大事です。

この洗顔方法は、今あるシミを消す可能性や、薄くすることが出来る可能性があり、予防にも効果的だといわれています。

それでは、生まれつきのシミを消す可能性がある、洗顔方法についてやり方を見ていきます。

生まれつきのシミを消す洗顔方法

● ぬるま湯でまずは顔をすすぎます
● たっぷりと洗顔料を泡立てる
● まずは皮脂の分泌が多いTゾーン部分にのせて洗っていきます
● 次にUゾーン(頬や顎)を洗います
● 皮膚の薄い目の周りや口元を洗い
● 首筋までしっかりと洗顔していきます
● ぬるま湯でしっかりと洗い流していきましょう
● こすらないように水分を吸い取っていきます

ご存知の通り、ゴシゴシ洗顔は、色素沈着やくすみの原因になりますので、顔をこすったり、ゴシゴシしたりしないように気をつけてください。

ぬり薬などでも治療出来る場合がある、生まれつきのシミやあざですから、諦めることなく、洗顔方法にもこだわりを持って行っていくと、それ以上悪化することも防げますし、洗顔料などが顔に残ってしまうような適当なやり方では、肌老化を加速させてしまう場合がありますので、普段から、美肌を目指すためにも、きちんとしたお手入れ方法で、洗顔を行い、消すことが出来ないとしても、肌に対して優しい方法で行うことで、美肌を保つことが出来ます。

朝の「水だけ洗顔の」やり方は?化粧水は?

近年、朝の洗顔には、洗顔料などを使用しないという方が増えて生きていますが、これにはどんな理由があるのでしょうか?

洗顔料を使う頻度を抑えて、洗いすぎてしまうことを防ぐことで、肌のターンオーバーを正常にしていくというのが、最大の目的になります。

ご存知の通り、夜はスキンケアをしっかりとされて寝るだけですから、朝起きたときには、前日のお手入れと、寝ている間に成長ホルモンが分泌されて、お肌も細胞も整えられているので、汚れてもいませんし、特別しっかりと洗顔をする必要はありません。

そして、年齢を重ねていくと、皮脂の分泌もそれほど活発ではありませんし、乾燥肌が原因で脂性肌になっている人以外は、だいたい一般的にそれほど過剰に皮脂を取り除く必要はないと思います。

皮脂は天然の美容オイルとも呼ばれていて、これがあるから、肌が美しく整うのです。

悪いものではありませんし、前の夜に肌断食をして、朝起きた時に、出てきている皮脂をまずは顔にゆっくりと塗り広げていくという美容法を実践されている方もいるくらい、皮脂はよほどひどく出る人以外は、大事な肌の栄養分ですから、毛嫌いする必要はありません。

顔ダニがいるから取らないといけないという話に飛びついた方もいたようですが、これもまた必要で存在しているものですから、過敏に反応することはなく、美肌にしてくれる有り難い存在であるという認識を持つのも、大事なポイントになります。

体についているもの、存在するものは理由があってそうなっているという情報を知るだけでも、不安や心配がなくなります、一度それらの情報を自分で集めて読み砕きながら、自分の肌で実践して、どうなるか試していきながら、自分だけのオリジナル美容方法を編み出すのも面白いのではないでしょうか?

それではここからは、朝の水だけ洗顔のやり方をご紹介しましょう。

非常にシンプルで単純な洗顔方法ですが、まさに水で顔を洗うだけ、個人的には、ややぬるめのぬるま湯、もしくはその日の肌状態によって、水でささっとあら流すだけという方法で洗顔を行っています。

水洗顔のやりかたは?

夜は洗顔料を使い、朝はこの方法で余計なことをしないようにして、だけど肌に汚れや角質が溜まり過ぎない程度に洗顔料を使うようにして、様子をみながら行います。

忙しい朝ですから、余計な手間が減るのなら、一石二鳥でもありますね!

そして、洗顔のし過ぎで、実は肌が荒れてしまったりニキビが出来る場合もあります。

現代人は清潔好きで、なにかと洗浄成分の強いものを使っていますが、これが乾燥肌や肌荒れ、ニキビの原因になっている場合もあるので、洗いすぎには十分注意してください。

そして、ネット上では、まったく逆の情報、そして、また違う面から情報発信をしている方など、様々な人がいますが、個人的にも実践している朝は水だけ洗顔、面倒もなく、意外と肌の調子もいいので、自分で実践してみた見解としては、個人的には肌質に合っていましたとだけ、お伝えしておきます。

肌質や生活習慣、そして、食べているものなどが肌に影響を及ぼしてもいますので、一人ひとり違うと思います、ご自身に合った洗顔方法を、自分で実践して模索していきながら、これだというものを見つけていってみてください。

情報を疑うのではなく、実践して自分でどの方法が合うのか導き出すためのツールとして、うまく活用すればいいのではないかと思います。

次に、化粧水について情報をまとめていきましょう。

海外の女性は、化粧水を使わない人がほとんどだといいますが、日本人女性にとって、洗顔後に化粧水を使うのはすでに常識というよりも、歯を磨くことと同じくらい、当たり前に日常に根付いている美容方法だと思います。

個人的に使う使わない時など、様々な方法をリアルで実践してきて、どっちでもいいとは思っていますが、近年化粧品開発の現場では、技術や新しい美容方法などがどんどん生まれていて、使えば確かに肌質が変わるし、なんだかキメが整うなんて感じられたりもします。

シミなどに効果があるといわれるものや、アンチエイジング、20代30代の方でも、敏感肌や乾燥肌、ハリが気になるという方もいて、近年では、年齢を問わず使えるような化粧水なども増え、年齢を言い訳&若いから大丈夫とは言えなくなっている時代ともなっていて、なんとも面白い世界観になったなと驚きます!

諦めない限り、ある程度の若さ&肌のハリ&シミを薄くする、消すことが出来るような方法や商品が出てきてはいますが、結局は効果に個人差があり、とても効果があったというものでも、別の人にはまったくダメだったなどといったことは当たり前に起こっていますので、いろんなものがあるのだなといった程度に情報を受け止めて、一つの選択肢だという認識で、記事を読み進めてください。

皮膚科の先生が研究を重ねて作り出した化粧水で、7種類のペプチドを配合した、ハリ&シミに効果的な化粧水がこちらです。


敏感肌の人にも優しい低刺激で、乾燥するといった若い世代から、アンチエイジングを考えているという世代の方も使えるものとなっています。

次のような肌の悩みがある方に、効果的な成分が入っているといわれています。

● 肌への刺激が気になる
● 鏡を毎日見るのが憂鬱
● 目の下に年齢を感じる
● ほうれい線が消えない
● 頬にハリがなくなってきた
● お肌に優しいケアがしたい

ご存知の通り、年齢とともに肌のコラーゲンやヒアルロン酸は減少していきます、これが肌老化を促進させ、ハリを失っていく原因になっているのですが、この2つの成分の生成をサポートしてくれるのは、ペプチドです。

このペプチドを、7種類厳選して入れているので、肌のハリ、肌再生のサポートをしてくれます。

成分にこだわっただけでなく、やはり忙しい現代の働く女性にとって、お手入れ時間は簡単なほうが嬉しいですし、だけど効果の質は落とせないというわがままな思いにも答えてくれていて、化粧水&クリームだけです。

化粧水は非常に浸透力が高いので、500円玉ほどの量をしっかりと顔に吸い付けるようにしてのせ、クリームはパール2個分ほどを顔に塗り、しっかりと蓋をして、化粧水&クリームの栄養分を逃さないようにして使うだけです。

ペプチドは、数千種類もあるといわれていますが、その中でも、ハリに効果的であると考えられている成分を選んでギュッと凝縮させただけでなく、シミに悩んでいる方にとって、嬉しい即効性ビタミンCも入っているので、美白効果も実感してみてください。

今回は、生まれつきのシミを洗顔で消す方法についての情報をいろいろとまとめていきましたが、情報は多角的に集め、判断はご自身でされる時代となっていますので、なんらかの資料の一つとして受け取ってください。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。