疲れやすい体質の原因と改善策

疲れやすい体質の原因と改善策

ブログライターのkomichiです。

今日のテーマは、「疲れやすい体質の原因と改善策」です。

なんだか最近疲れやすい、やはりなにか根本的な体質改善が必要かな?そもそも疲れやすい体になっている原因って何?改善するにはどうしたいいの?
疲れやすい体質の女性
そんな悩みについて、情報をまとめていきたいと思います。

最近疲れやすいのは体質?病気?

疲れやすいのは生まれつきで、虚弱体質で、運動なども苦手であるという方なら、持って生まれた体質だと考えることが出来ます。

そうでない場合は、疲れやすいのは体質だ、と決めつけるのはちょっと違うようです。



人間の体質には、漢方的にいえば、大きく分けて3つに分類されます。

● 実証
● 虚証
● 中庸

牡蠣サプリ
↑ 現在最も売れている牡蠣サプリ

中庸は一番体のバランスが整っていて、虚証は体質的に生まれつき虚弱なタイプ、実証は活発に動けるけれど、虚と実は体のバランスが大きく崩れている人がおおく、その傾いている傾向が強いほど、疲れやすい体質になり、病気になりやすいと考えられています。

虚証は、無理のきかない体質を、生まれ持っているといわれているので、原因が日常生活のなんらかのやり方にあるのではなく、もともと疲れやすい体を持って生まれてきているので、無理が出来ないタイプであると考えると分かりやすいかと思います。

虚証の人は、実証のようにパワフルに動ける体を体質的に持って生まれていないため、一般的には、「敏感」な体を持っていると捉えると分かりやすいかとおもいます。

病気に対する感覚が、非常に敏感なので、体質的に体調不良の原因などに対する反応が早く、すぐに症状を出すことで、原因となる状態をキャッチしてしまうと考えると分かりやすいかと思います。

ですから、他の体質の人より疲れやすく、体調を崩しやすいので、休養が必要になるタイプだと理解してください。

そして、漢方医から見て懸念されていることに、世の中に出回っている、いわゆる成功法則だとか、仕事のやり方などの実用書の多くが、実証の体質を持っている方が書いていることが多いという事実があるようです。

健康法でも、仕事のやり方でも、実証の体質を持っている方がやっている方法を教えている事が多いわけです。

そうなると、実の体質を持った人のやる方法は、中庸や虚証の体質を持った人にとっては向いていないということになるのです。

ここが、世の中で、様々なバランスが崩れてしまっている人が数多くいる理由のひとつであると考えられるようです。

そもそも虚証の体質の人からみれば、疲れやすい自分と違い、実証の人の行動力などは、まさにスーパーマンであると考えられるほど、体力的な部分では圧倒的な差があるわけです。

例えば、◯◯式健康法などという書籍や教えがあるとしますが、これはそのやり方を作りあげた人の体質にあった方法ですから、同じ似たような体質な人になら当てはまるのですが、そうでない疲れやすい、どちらかというと虚証タイプの人がこれを行うのは、そもそも無理があるということです。

男性が女性に性転換手術をする場合も、足りない女性ホルモンを投与して改善していくように、なんらかの他の方法と組み合わせて行うのなら、なんとか辻褄も合うかとは思いますが、元々の体質自体が違うのに、同じようにやれというのは、かなり無謀な話であるという事実を理解しておくことも、疲れやすい体質について理解しようとする場合、大事なポイントとなります。

そして、自分が疲れやすい体質なのかどうか?原因を知りたい場合、親を観察することで理解出来ることもあると、漢方医は話しています。

一体どういうことなのか?

体質改善をしていこうと考えた場合、親がどんな体力や気力を持っているかを観察すると、自分がどんな体を持って生まれてきたのかがわかる場合もあるといわれています。

これはあくまでも一般論です。

親は非常に元気なのに、子供が虚弱体質な場合もありますし、隔世遺伝という説もありますから、あくまでも分かりやすい目安ととらえていただければと思います。

一般的には、父親の体質は娘に、母親の体質は息子に遺伝する傾向があるといわれています。

祖父の体質が母親を通して息子に、祖母の体質が父親を通して娘に伝わりやすいと考えられています。

確かに個人的にこれらの情報から家族のことを振り返ってみると、非常に元気で活発で丈夫な体を持っている祖母の体質は、自分に遺伝していることがはっきりと分かります。

一度、自分の家族の体質を振り返ってみて、自分の疲れやすいこの感じは、受け継いだ体質が原因なのか?それとも、生活習慣の結果で起こっていることなのかを、自ら分析されるといいのではないでしょうか?

そして、実は日本人は、実の体質を持つ人が多いといわれています。

何故なら、日本人は歴史の中で肉食を禁じていた時期が長かったことが原因であるといわれてます。

このため、長いあいだ、粗食を強いられてきた日本人は、、虚弱体質の人が長生きできない生活スタイルを送ってきたため、現在生き残っている人たちの遺伝子は、免疫力が高い体力のある実体質の人であるという説もあるようです。

では、自分が虚、実、中のどのタイプなのかを知る、簡単な方法を見ていきますしょう。

*クリックすると拡大します
疲れやすい体質?

こちらの表で、自分の体質を知ることが出来ます。

どちらでもないなぁという場合は、もうひとつ別の紙に、どちらでもないに◯をつけていき、こちらの数が多ければ、中庸であると考えてください。

あくまでもひとつの目安ですが、自分がどの体質で、疲れやすい体は、生まれ持ったものなのか?

それとも、生活スタイルを改善していくことで変えていけるのかを理解していくこと大事です。

病気が原因となって、疲れやすい体となっている場合もありますので、あまりもこの状態が長引いているのなら、専門医に相談されることをおすすめします。

疲れやすい体質の原因

疲れやすいのが体質からきているのか、生活習慣に関係があるのかによって原因を理解して改善させる方法は違いますが、最近疲れやすいのは、実は生活習慣に問題があるのかどうか、原因について理解をしていきながら、改善するにはどうしたらいいのかについての情報をみていきましょう。

一般論として、疲れやすい体になっている原因やその理由には何があるのか見ていきます。

● ストレス
● 寝不足
● ビタミン不足
● 鉄分欠乏症貧血
● 精神的疲労

牡蠣サプリ
↑ 現在最も売れている牡蠣サプリ

これらが体質関係なく、疲れやすい体になっている原因ではないかと考えられているものです。

この中で、疲れやすいと感じている人中で、精神疲労が関係している人は、普段から頭を使いすぎていることで、神経細胞が興奮状態が続き、活性酸素が大量に体内で発生しているため、神経系を傷つけることで、疲れやすい体質になっている場合もあるようです。

ビタミン類の不足が原因の場合は、エネルギー代謝に支障が出るため、摂った食事からエネルギー源が効率よく変換されないので、体質的にだるさや疲労感が残ってしまうと考えられています。

睡眠が不足すると、体がだるくなり、無気力な状態になりますから、体質云々の前に、身体自体の機能がうまく循環しません。



そうなると、なんと太りやすくなり、結果的に疲れやすい、だるい体質を作ってしまう原因になるといわれています。

鉄分不足が疲れやすい体質となる原因は、ヘモグロビンが減少するので、血液に酸素を運ぶ働きが減るため、結果的には体内の細胞が酸素不足となり、体質が疲れやすい、だるいという状態になると考えられています。

普段から運動をする習慣がなく、常にデスクワークをしている人などは、代謝機能が衰えていることで、疲れやすいとかだるいと感じる頻度が高くなっている可能性があったり、肝臓を酷使していることが、疲れやすいい体質を作り上げている原因になっている場合もあると考えられます。

では、疲れやすい体質なのかな?と感じている人が、体で感じている症状にはどんなものがあるのか?

● 背中が腰がガチガチ
● 肩や首が凝っている
● 頭がぼぉーっとする
● 寝ているのに眠い
● 頭痛や耳鳴りがする
● 体が重く感じる

これらの体の感覚が自覚症状としてある場合、なんらかの原因があって疲れやすくなっていると考えられるようです。

人間が「疲れやすい」と感じる原因の一つとして、体質と捉える前に考えられるもののひとつに、自律神経の乱れがあります。

副交感神経と交感神経がバランスよく働くことで、この自律神経は活発に体内で動くのですが、このバランスが崩れてしまい、交感神経が優位になると、体は常に緊張状態になり、結果的に疲れやすい体質を、生活習慣で作ってしまう原因となってしまうのです。

生活習慣が原因となって、疲れやすい体質を作ってしまっている場合、次のような原因が考えられます。

● 生活サイクルが乱れてしまっている
● 運動不足
● 目を酷使したり、姿勢が悪い
● なまけすぎ
● 食生活の乱れ
● 頑張りすぎている
● かなりストレスを感じている

疲れやすい人は、これらの原因を持って生活をしている可能性があると考えられます。

スティーブ・ジョブズが話していた言葉が印象に強く残っているのですが、一時期非常に仕事が忙しいときがあり、リラックスタイムを持つことなく、朝から晩までひたすら仕事ばかりに集中していた時期があったそうです。

それだけクリエイティブな仕事に邁進していたと考える事もできますが、その後病気になったことを考えると、やはり日々の生活の中で、一日に一度はリラックスタイムを持ち、体質からではない、生活習慣からくる疲れやすい状況を改善していくことを考えるのは、非常に重要であると個人的にも思います。

なんでも、あまりにも疲れやすく、体質的に弱いわけではなかったのに、だるさが取れないので、内科を受診したところ、普通に朝起きて、夜寝れば大丈夫と言われ、なんの病気の診断されなかったという方がいるそうですが、意外と現代人の疲れやすい体質は、これらの普段の生活習慣が原因となっている場合が多いと言われていますので、頑張りすぎている傾向が強いという自覚がある方は、一度立ち止まって、日々の生活スタイルを見直すことも大事なポイントになるようです。

食事からの栄養が不足している方も、疲れやすい体質を作る原因となっているのですが、亜鉛やビタミンB1が不足するとエネルギー代謝が落ちるので、しっかりと食事を摂取することは、疲れやすいと感じている人にとっては、改善させる方法の一つとして有効であると考えられています。

カルシウム不足も、イライラや精神の不安定に繋がるため、疲れやすい体質を作る原因になってしまう場合もあるといわれています。

現代女性は、仕事、ライフスタイルを楽しむ、趣味など、忙しい日々を過ごすことが多くなりがちで、どうしても食事が疎かになってしまう場合もあるかと思いますが、短期間の間なら、こういった状態も仕方がない部分はありますが、長期にわたって、疲れやすい体質を作ってしまうような食生活やライフスタイルを送っていると、最終的には病気という形で、さまざまな不具合が出てきてしまうこともありますので、思い当たる原因がはっきりとあるのなら、改善していくことは、長い目でみて、人生を楽しむために必要な日々のケアでもあると、疾患などを経験してきたので、そう強く思います。

こうやってみていくと、疲れやすい体質の原因の多くは、日常生活の過ごし方もかなり大きく影響していることはご理解いただけたかと思います。

他にも疲れやすいなぁと感じてしまうものの原因のひとつに、体を普段から活発に動かしていないというものがあったり、冷えが原因であるともいわれています。

冷えは万病の元と昔から言われているように、あまりにも体を冷やしすぎる生活スタイルは、体の代謝機能や、気血水などのめぐりが悪くなるので、気をつける必要はあるかと思います。

普段何気なくやっていることが、実は自分の体を冷やしてしまっていることに気づいているのといないのとでは、将来的に病気のリスクなどにも影響があると、個人的経験からも理解してきたので、出来る限り、体を冷やし過ぎないよう気を配ることも、疲れやすい体質にならないための、改善の方法でもあるといわれています。

疲れやすい体を軽減する改善策

それではここから、疲れやすい体を改善したり、軽減したりする方法について理解をしていきましょう。

まずは体質を改善するために、食生活の見直しをしていきましょう。

普段からどちらかというと肉を食べ過ぎていたり、便秘気味になっているような食生活をしている場合、食物繊維や野菜を多めに食べるようにしたり、一時的に少し炭水化物を減らしていきながら、消化に負担がかかりにくい食物を選択していきながら、普段過剰に負担をかけている肝臓や腎臓、胃腸などを休ませ、体質を徐々に食物、生活習慣の見直しで改善していくようにするといいようです。

個人的にも、これらのやり方で、体質改善をやりながら、体の立て直しをやってきた経験を持っていますので、ちょっとしたことを変えるだけでも、体調が驚くほど変化することは、経験として理解しているので、これはおすすめの改善方法だと思います。

忙しい日常で、普段から野菜や食物繊維などの豊富な食材を摂取するのはなかなか難しいという人は、食べるものを、体を温めるようなものにしていくと、かなり体調に影響があると言われていますから、実践されるといいのではないでしょうか?

内蔵を温め、活発に働かせることで、自然治癒力などがしっかりと発揮されると、デトックス効果も高くなります。

出来れば毎日一食でも、体を温めホットするような食事を摂取するよう心がけると、ずいぶん疲れやすい体も楽になることが出来るようです。

要するに、体の中が活発に働いていれば、様々なことが滞らないので、元気でいられますし、エネルギーがどんどん湧いてきて、さらにやる気もアップする落ちう単純な話でもあります。!

では、他には、疲れやすい体質を軽減したり、改善する方法はどんなものがあるのか?

実は、様々な栄養素を摂取することが大事ですが、現代人には、亜鉛という栄養素がかなり不足しているといわれています。

亜鉛は、人間の体に欠かせない必須ミネラレルといわれていて、生殖器関係の元気さにもかなり関係が深いといわれている栄養素です。

御存知の通り、亜鉛が多く含まれている食材は牡蠣、豚レバー、ほっき貝、牛肉、カニ缶、うなぎ、すっぽんですが、これらは普段の食事でそうそう摂取出来るものではありません。

ですから、どうしても摂取量が少なくなりやすい栄養素です。

しかも、牡蠣に一番多く含まれていますが、この食材が苦手な人もいたり、こればかりを普段から食べるわけにもいきませんから、疲れやすい体質となっている方にとっては悩ましい栄養素でもあります。

では、亜鉛不足はどんな症状を引き起こすのか?

● 肌荒れや髪の質が悪くなる
● 気分が落ち込み疲れやすい
● 精力不全になるため、いわゆる元気が失われてしまう
● 感情の起伏が激しくなるので人間関係で問題が出てくる

疲れやすい方は、体の新陳代謝が鈍っていると考えられますが、亜鉛をしっかりと摂取していると、この代謝が活発になり、成長が促進され、免疫力や精力がアップするので、自然に体が元気を取り戻していきます、そして、新陳代謝が活発になるので、これが原因となって肌のハリもアップしていきます。

せっかく疲れやすい体質を改善するために食生活を変えていくのなら、亜鉛を摂取することも積極的に行うとより効果的です。

そして、亜鉛は体内に貯蔵する方法がないといわれていますから、食事やサプリメントなどできちんとおぎなってあげることを意識することも重要です。

牡蠣サプリ
↑ 現在最も売れている牡蠣サプリ

その他の方法としては、しっかりと睡眠をとり、適度な運動をする。

基本はこの3つですが、疲れやすい体質を改善させるために、頑張って何でもやり過ぎないようにしたほうがいいかと思います。

気楽な気持ちで、食生活の改善もやっていったほうが、自分を追い込まないので、楽に行うことが出来るのではないでしょうか?

普段から運動をしている私でも、今日はなんだか疲れやすい状態だな、体がだるいからジョキングをするのを辞めようかなと感じる時がありますが、こういった場合、逆に体を動かしたほうが、その後すっきりと爽快になるので、運動を日課にするのもかなりおすすめです。

体を動かしていれば、夜もぐっすり眠りにつきやすくなります、経験からも、運動をしっかりとやった日と、体を休めた日では、睡眠の質があきらかに違いがあると実感してきたので、疲れやすい体質になっている方は、改善させるために、軽いウォーキングでもいいと思いますので、仕事や家事などとは別に、体を動かす時間をとって、しっかりと血液循環ながよくなるような動きをやってあげると、かなり改善効果が高いと思います。

個人的経験ですが、食事も、運動してから食べるのとしないで食べるのとでは、明らかに美味しさに差が出ます。

走ったり筋トレをした後の食事の美味しさは格別でもあり、体の細胞にぐんぐん栄養素が取り込まれていく感覚が、かなり強く実感でき、これがわかるようになると、ますます運動することが楽しくなりますので、このような観点から、食事や運動などを、ご自身の体で体感されていくと、どんどん体に対する意識が変化するので、食生活の改善は、食事の美味しさ、さらに睡眠の質にまで大きな影響を及ぼすことが、体で実感できると思います。

運動は、最初は億劫に感じる人も多いかと思いますので、まずは気楽にトライ出来る、ストレッチや、呼吸法をマスターするといった改善方法を選択されてもいいのではないでしょうか?

そして、疲れやすいと感じている人の中には、要するに、原因のひとつには、今やっている生活スタイルがつまらないという理由が密かに隠されている場合もあります。

心が体に影響を及ぼすことはすでに多くの方が知っている事実でありますので、もしかしたら、今の彼氏との付き合いが、体の疲れやすい状態を招いているのかもしれませんし、職場の人間関係、家族との関係などが絡んでいるのなら、考え方のベクトルを変えていくという改善方法で、精神的な部分のケアをされていくといいのではないでしょうか?

例えば、どうしても人をジャッジしがちな人は、自分の中に、こうじゃなきゃいけない、これが常識だという設定ががっつりとされていて、そこから外れている人を許せないだとか、あんなんじゃダメと決めつけてしまい、結局自分の気持ちが疲れてしまい、それが体の疲れやすい状態を招いている場合もありますので、これは体質というよりも、原因がそもそも考え方の設定そのものにあるわけですから、ここを改善していくしかありません。

世の中にはいろんな考え方がある、だからこうじゃなきゃいけないという決めつけをやめて、自分のやりたいことに向き合っていこうと、気楽に考えることで、疲れやすい原因を改善していく方向で考えることも大事なポイントとなります。



疲れやすい体質なんだ、そう決めつけないで、まずは原因となっているものを探り、さらに改善していけばいいと気軽に考えて、是非実践されてください。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です