皇室の子作り裏事情と子育ては?皇族には秘密が多い!?

皇室の子作り裏事情と子育ては?皇族には秘密が多い!?

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「皇室の子作り裏事情と子育ては?皇族には秘密が多い!?」です。

2018年2月6日に、眞子様が結婚延期を発表して驚いたのですが、あなたはこれを予想していましたか?

そんな驚きの状況の中、皇室好きの人にとっては皇族の秘密などについて情報を探したり理解することが大好きという方もいるのではないでしょうか?

今回の記事では、皇室の子育て&子作りの裏事情についてや、皇族の秘密についてまとめてシェアしていきます!

皇室の子作り裏事情は?

あまり知られていませんが、「女官明治宮中出士の記」という実録書記があり、昭和35年に明治天皇の皇后に仕えていた久世千世子という女性が書いた本があります!

ここには、当時は皇室には側室があり、女官には位があったそうです!

● 女官長典侍
● 典侍
● 権典侍
● 掌侍
● 権掌侍
● 命婦
● 権命婦

このような流れで皇室に仕える女官には位があったと言われています。

こちらの書籍によると、皇室の子作り裏事情の中には次の話があるようです!

明治天皇と皇后の間には子供が出来ず、典侍が産んだ皇太子が大正天皇となったそうです!

秘密も多く、ネット上でもさまざまな噂が広がっている皇族ですが、昭和天皇になってから一夫一婦制になりましたが、それ以前は跡継ぎを残すために側室があり、そういったところで子作りをしたという裏事情もあったといいます。

まぁ、歴史的に見ても徳川時代にも側室などがあり数多くの女性が跡継ぎを残すために子供を産み、子作りをして子育てをやり跡継ぎに誰がなるかで争奪戦が繰り広げられてきましたから別段こんな話で驚きはしませんが、明治時代の側室は典侍(1女御の位)と、権典侍(2更衣の位)が担当されていたといいます。

皇室の子作り裏事情に深いかかわりがあった、1女御の位は天皇の寝所にした女性で、多くは名家の子女が選ばれて子作りをするために皇室に入り、出産や子育てに関わっていました!

2更衣は、女御の下の位で皇室の子作りのために従えていた、納言以下のくらいの子女が選ばれていました。

納言とは、政治に携わっていた人の家の子女ということです!

大正天皇は、明治天皇と典侍の柳原愛子の間に生まれた子供で、皇室では3男でしたが、長男と次男が早くに亡くなってしまったため後継ぎになりました。

当時はまだ皇族の秘密は一部の人たちしか知らないタブーでもあったのです。

大正天皇は皇后と仲が良かったことから、側室を持つように進められても拒んだと言われています。

子作りに関しても問題なかったようですから、子育ては周囲の人たちがしていればよかったので側室を持たない選択をされたということは相当仲が良かったんだろと考えられますね!

ただし、この情報に関しては後ほど皇室の裏事情などのタブーの中で別の説があると言われている情報も書いています。

秘密が多い皇族ですから、どちらが本当なのか分かりにくくなっています!

昭和天皇もそうですが、今生天皇も側室はいません。

ちなみに、ご存知のとおり皇太子様と雅子様の間には愛子さまだけがいらっしゃり、子作りにおいては跡取りの男児がいません。

これに関して一時期日本で跡継ぎをどうするということで大変な議論を呼び、女性天皇を許して良いのではといった話にも発展しました!

こんな状況の中で、この裏事情を考え紀子様が子作りで男児を出産されこの議論も落ち着きましたが、まだまだ子育て中の紀子さまにとっては、今回眞子様の結婚延期という状況は心配ではないかと考えられます!

天皇家の子育てってどんな感じ?

ここからは、皇族の子育てについてまとめていきます!

昔から乳母制度があり、皇室が子作りをして子供が生まれると、子育ては乳母が担当していた時代が長かったのですが、今生天皇からはこの制度を廃止したと世間一般では言われていて、美智子皇后が自ら子育てをされこれらのしきたりを排除したと言われていますが、これに関しては昭和天皇が次の発言をしているのです。

「世間に伝わっていることが非常に間違っていると思います」

どうやら、裏事情的には皇室の子育ては、昭和天皇の時代でも大正でも同じだったようですが、乳母を使ったのは夜中の1回だけで、普段は子育てをしっかりと皇族の方々もされていて、子作りだけをしていたわけではないと明言されています!

当時は栄養状態もあまり良くない時代だったため、乳母を用意して栄養をしっかりと摂取できるようにしたという裏事情があったという説もあるようです。

秘密とまでは言わなくても、やはり皇族にとっては世間からさまざまな誤解を子育てにおいてもされるのは心苦しいものがあったのではないかと推測されます。

今生天皇の躾は意外と厳しく、子育てする中で皇族としてしっかりとした人間に育つようにとの願いを込めたのか、さまざまな噂話もあります。

そして、一般的には乳母制度を廃止した美智子皇后は普通の家庭と同じ状態で子育てをしてきたと言われていますが、先程の昭和天皇のお言葉にもあるとおり世間で言われていることはどうやら間違っている情報も数多くあるという裏事情もあるようです!

秋篠宮家では、紀子さまがたいそうしっかりと子育てをしていたと言われています。

挨拶が基本で、朝眞子様たちは起きると秋篠宮様の元へ行き、朝の挨拶をしたり一緒に暮らしていたカメやナマズ、咲いていた花にさえ挨拶をするという子育てをされたと言われています。

そして、参考にされていた育児書は「おさなごを発見せよ」で、「叱られなくてすむように親が心配りをすることが大切」と書かれていたようです!

そして、皇族の中でも秋篠宮様の子育てに対する考え方は、次のようなものだったそうです。

「大きくなったらおおらかに、本人の意志を尊重したいと思います」

さらに、子供からのどんな問いかけにも耳を傾けるようにされてきたようで、なにかあると一緒に調べ物をしたりと、よくコミュニケーションを取っていたといいます。

皇室の子作り&子育てエピソードで最も有名なものは、美智子皇后が作ったと言われる「ナルちゃん憲法」ではないかと思います。

これは、生後7ヶ月の皇太子を置いて16日間の訪米旅行に出かけなければならなかったときに、お世話をしてくれる人たちに子育てについて書き記した育児メモです!

例えば、皇室で子作りをし、子育てをしていた美智子皇后が書き記したものは次のものです!

● 一人遊びは続けさせてください。大人は動き回って適当に仕事などをしているほうがいいようです。
● したいことがあるときはできるだけ口で言わせるようにしてください。言葉を早く覚えます
● 食事などでも魔法みたいに自然にテーブルに出てくるものだと思い違いさせないでください
● 1日に一回くらいはしっかりとだいてあげてください。愛情を示すためです。あなたのことを大好きな人がたくさんいるのよ

昭和35年に行った記者会見では、子育ての方針について、次のような発言をされています!

「深い愛情と忍耐で子供の心を大事に育てること」

3人の子どもたちの子育て中も過度な干渉をせず、服を自分で着替えるまで手を出さない、自転車の練習中にヤブの中に突っ込んで転んでも自分で出てこられるまでじっと待ったりと、子供の自主性を尊重しながら皇族だからという特別意識など植え付けることがないように子育てをしていたといいます。

さらに、幸せな子を育てるのではなく、自分で幸せになれる子となるような子育てを意識していたそうですから、別段皇族だからということで皇室の中で特別扱いなどしないで秘密などもない風通しの良い対応をしていたようです!

皇族には秘密が多い!?

ここからは、世間で皇室のタブー、秘密で闇が深いと言われるエピソードをご紹介していきましょう!

★ 天皇家の財産はすごい!

なんでも、日本の4大財閥の三井、三菱、安田、住友の10倍以上の規模だと言われていて、実はこの資産を作るために、裏事情としてタブーになっている話ですが、戦時中に多くの武器を必要としたため、その資金に当てるため多くの日本女性を騙し欧米へ売春婦として売っていたという秘密があるとも言われています!

★ 大正天皇は白痴だった

白痴とは知能がとても低いということです。

知的障害という呼び方もあり、大正天皇は皇族の中でも病弱だったことで有名で、裏事情として白痴だったのではないかという秘密があると言われています!

非常に気さくな方だったと言われていて、周囲の人とも明るく会話をされていたということでこの秘密は事実であるという説が根強いようです!

★ 貞明皇后は黒姫様と呼ばれるほど聡明だった

これは、大正天皇には子種がなかったと言われていて、不倫、そして他人との間で子作りをしたのではないかという秘密があるとも言われています。

こちらの情報はまさに都市伝説となっていて真相は分かりません、なにか裏事情があった可能性もありますが、はっきりとしたことは皇族にしか分からないと考えられます。

★ 戦争の責任押し付け疑惑

これもかなりタブー話になっていますが、昭和天皇はナポレオンの生き方に傾倒していたと言われていて、戦争のときには海軍を指揮していて負けたときにその責任を海軍の人たちに押し付け、裁判のときには上流の女性を検事に送り、自分の名前が出ないようにしていたという話もあります。

これが本当なら非常に質の悪い行動だと言えますが、秘密となっているので真相ははっきりとしないようです!

★ 実は政治は裏で天皇家が牛耳っている

なんでもこれまで総理大臣になった人たちは皇族と大きな関わりのある家系で、総理大臣は親しい仲での選出であり、裏事情としては表向き総理大臣が政治を行っているように見せかけて裏で動いているのは皇室の人たちだと言われている面もあります。

★ 愛子さまには影武者がいる

これもまことしやかに秘密とされていますが、根深くある噂でもあります。

★ 秋篠宮様には愛人がいた

眞子様がちょうど幼稚園に入園され、皇族としてすくすく育っているときに出てきた秘密ですが、デマだったと言われています。

★ 皇太子はかつら、人工膀胱を付けている

これも秘密としてタブーとなっている話になります。

そして、秋篠宮様と皇太子様は不仲説というものも出ています。

★ 秋篠宮様は天皇と美智子皇后の子供ではない

子作り裏事情に、なんと次男は天皇との間の子供ではなく傷心していたときにそばにいてくれた若い警官だったという説もあります。

この他にも裏事情や秘密がいろいろとあると噂されていますが、真相ははっきりとしていません!

komichiのまとめ

このブログでは、皇室や皇族についての記事が他にもありますが、好きな人にはたまらないタブー話や子作り裏事情などでしょうが個人的にはあまり興味を持っていません。

そして、皇族といっても同じ人間だと考えると大変なことも多いのだろうなという感想を持ちます!

なにかと注目を集めてしまうので、長い人生の中で悩みも同じ人間としてあるでしょうし、子育てや子作りなどの悩みなども出てくると思います。

雅子様は子作りで苦労されましたし、女の子だけしか産んでいないことでバッシングも数多く起きました。

こういった世界観を見ていくと、そもそも男性しか跡継ぎになれない状態ということがすでに男性性寄りで非常に面倒なシステムだと感じてしまいます。

子作りや出産、そして子育ては女性にとっても女性ホルモンに翻弄される大変な仕事ですが、男性にはこの体の変化が分かりませんから理解されないことも多く本当に大変だと感じます。

一般女性ですら、出産後のワンオペ育児などに悩んでいたり、女性ホルモンの変化によって夫を受け入れられなくなるなんて状態になることが、近年ようやく認知され始めたばかりで、男性性優位の社会はまだまだ女性の繊細な体や心の動きを理解できない状態です!

そんな中で社会的プレッシャーを一身に浴びながら子作り、出産、子育てをしていくのですからすごいことだと思います!

国民のモデルとならなければいけない面もあり、相当タフな精神力を持っていないと務まらない世界観です。

なにはともあれ、秘密も多くタブーも数多くあると言われていますが、裏事情は誰にでもありますから、ここはそっとしておいてあげたほうがいいのではと個人的には思います。

ならば何故記事にしているというツッコミが入るかもしれませんが、これが仕事だからです!

ということでズバリ言いますが、他人のことに頭を突っ込んでいる暇があるのなら、自分の人生を生きたほうがいいと思います!

仕事なので記事をまとめますが、個人的にはこういった話題にプライベートで頭を突っ込んでいる暇がありませんから見たり読んだりすることはありません!

日々充実して生きていると、他人の人生の裏事情などには興味を持つ時間もありません。

芸能人好きの人と同じで、皇室や皇族を非常に崇拝している人もいますし、いろんな意見があって当然だと思います。

2018年2月8日現在、来年の2019年4月30日に生前退位が決定している天皇から、現在の皇太子が翌日の5月1日から天皇になられますがこれは平成という時代の終わりを告げています!

200年ぶりの天皇の生前退位ですから、時代の変わり目に生きている私たちにとって、大きな節目でもありますね!

皇族の方々には、さらなる発展をされ末永く幸せに生きて頂ければと願いつつ、記事を書き終えたいと思います。

今回は、皇室の子作り裏事情についてや子育て、皇族の秘密について記事をまとめてシェアしていきました!

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。