結婚したくない男性の特徴と理由は?

結婚したくない男性の特徴と理由は?

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「結婚したくない男性の特徴と理由は?」です。
結婚したくない男の条件

随分前から、結婚=コストパフォーマンスが悪いとか、結婚する意味とかないなどといって、若者の多くがこの世界への興味を失っているだけではなく、1人で生きていくことのほうが自分にとって利益になるという思いが強くなり、結婚という世界観がどんどん崩れている現状があるようです。

親たち世代の結婚という世界観を見ても、破滅的な生活をしている人も見受けられるため、このような考えが静かに広まっていったと思いますが、今回の記事では、結婚したくない男性の特徴や理由、そんな思いになる心理について情報をまとめていきたいと思います。

結婚したくない男性の特徴は?

結婚したくないダメな男

まずは、女性が結婚したくないと考える、心理的にそう感じる男性の特徴&理由について情報をまとめていきたいと思います。

個人的にズバリ言うと、やはり、働かない男性は無理です。

何故なら、働く=人に貢献するということを嫌がる時点で、すでに一緒に生きるということは難しいと考えられるからです。

お金を稼げと言っているのではなく、人と関係していきながら、人生を楽しむという生き方や生活をはなっから否定している男性は、結婚したくない人であると感じるからです。

では、一般的に多くの女性が、こんな男性、結婚したくないと感じている人の特徴や理由は一体どんなものがあり、心理的に受け入れ難いと感じているのか?

マイナビウーマンが2015年7月に実施したアンケート結果を元に、女性が結婚したくない男性の特徴や理由はどんなものがあるのか?

心理も含めてご紹介しましょう!

● ギャンブルが好きな男性  ● 喫煙者  ● 浪費家  
● マザコン・ファザコン ● 子供嫌い ● 潔癖症 ● ドケチ

これらが、女性が心理的にも、結婚したくない男性だと感じている人の特徴であるようです。

確かに、これらはずらりと並べられると、人間として向き合った時に、いろいろと面倒なことになるなと感じるので、個人的にも結婚したくない男性だなと心理的にも思ってしまいます。

このような理由を見ていくと、結局は女性が、相手の男性の配慮が足りないという部分に、嫌悪感を示していることが読み取れます。

どれもこれも、自分のことしか考えていないからこそやれる行動だと考えられますから、心理的にもこんな男性は結婚相手どころか、恋人にするのも無理だし、嫌だなと感じる理由になるのは当然だと思います。

どちらかというと女性は現実的だと言われています。

もちろん、子供を産んで育てるという性を持っているからこそ、現実を直視して子供を育てる必要があるからこそ、このような心理になるのは当然だと思いますが、このようなアンケート結果を見ると、家族となるのだから、きちんと男性にも自分たちと向き合ってほしいという、女性の心理がかいま見えるのですが、あなたはどう感じますか?

そして、男性が結婚したくないと考える理由や心理については、次のような事実が浮き彫りとなっているようです!

一番はやはり金銭的な問題で、自分一人でも経済的に苦しいのに、結婚するとなると、相手の生活まで背負うことになりますから、日本がバブルで湧いていた時代と違い、現代は厳しい現実がありますので、なかなか結婚へと足が向かないのは、致し方ない部分は大きいと思います。

他には結婚したくないと男性が考える理由や心理はどんなものがあるのか?

● 自由がなくなり、遊べなくなる 
● まだまだ結婚しなくてもいいと思っている  
● 結婚よりも趣味が大事  ● 失敗したくない

そして、逆に、男性が結婚したいと考える理由&心理、考え方の特徴については次のようなものがあると言われています。

● 料理を作ってもらいたい  ● 癒され、自分を理解してもらいたい  
● 寂しさを埋めたいので、家族や子供が欲しい

これ、個人的にツッコミを入れてもいいですか?

結婚したいと考える男性の、結婚したい理由や心理についての回答を見ていくと、どういやら女は、男性の人生にとって、マスコットみたいな印象を感じてしまいますが、このような理由がずらりと並んでいる時点で、男女の気持ちに温度差があると考えられます。

もちろん、逆もそうでしょう、女性がケチやギャンブル好き、喫煙者や浪費家とは結婚したくないという心理や理由を見ると、男性は女性にとって、生活の基盤をしっかりと作ってくれる人でないと嫌というエゴが見え隠れしています。

こういうのを、お互い様というのですが、これらの意識は、やはり親世代の生き方や常識を受け入れていることから起こっていると個人的には感じますが、あなたはどう思いますか?

結婚という世界観を、男女とも、親や周囲の人をモデルにして、似たような、同じような生き方をしなければと思っていることに、意外と問題や面倒な心理が隠されているような気がするのですが、一応結婚という世界に入って20年弱ほどの若輩者が言う意見ですから、スルーしていただければと思います。

結婚したくない男性の特徴を見ていくと、どうも現代の教育方法や、常識、一般論などを受け入れすぎて、システムにハマり過ぎたいい子達の悲鳴でもあるように見えますが、自分の意志で生きられないという現状の中で、もがいているとも受け取れます。

女性が結婚したくない男性の特徴をまとめていきましたが、個人的に思うことですが、枠の中から飛び出せないんだろうなと感じられるので、こんな見方出来ませんか?

という提案をしてみたいと思います!

● ギャンブル好き・・・整体的に言えばこのようなことが好きなタイプの男性は、心臓型の体を持っていると言われています。

それってなんですか?心臓型は、ハラハラ・ドキドキ、ワクワクして生きていることで、充実感を得られるタイプなのです。

ということは、このようなタイプの人と結婚すると、安定という幻想から目を覚ませてくれると考えられます。

個人的に理解できたことは、安定は幻想で、そんなもの元々ありませんよということです。

戦後を生き抜いてきた人たちは、つぎのように話しています。

「昨日当たり前だったことが、今日はまったく違う、それが本当の現実なんだ」

昨日が今日の続きで、常に一定して安定している社会で育った私たちには分かりにくい考え方ではありますが、今ある生活リズムが一生続くなんて、実は政府だって保証出来ないのです!

保証できないものの上に、保証せいっといって、国民が生きている社会は、かなり不自然であることに気づいてない人が多い事実には、自分も気づいて驚きましたが、あなたは自分が老化していくという事実も、物事は変化するという事実も、全部分かっている上で、結婚したくない男性の特徴や理由をあげているのか?

喫煙者が嫌、という女性が多いようですが、現代では、女性の喫煙者も多いです、ドケチや浪費家もダメ、あなたはどうなんでしょうか?

ファザコンやマザコン、子供嫌い、潔癖症、これも嫌で結婚したくない男性の特徴なんですよね?

ならば、自分は実家とどのような関係を築いていて、結婚後は、どう関わっていくのですか?

自分は実家に入り浸りで、結婚相手の男性は、ファザコンやマザコンだと嫌、ならばあなたは、母親や父親と、結婚後会わないで、二人で生活していく人生をどう作り上げていくのか?

このようなアンケート結果の悪い影響は、頭の中の妄想や、世間の常識や人から聞いたこんな結婚生活をしている人がいるという話し、もしくはドラマや映画の影響が色濃くなっていることだと個人的に感じているのですが、こんな結婚生活ばかりではないと、まだまだ20年弱ほどの結婚生活若輩者の私は、そう感じてしまいます。

子供が嫌いな人でもあなたがその人を好きなら、それでいいのでは?

結婚したら子供を産まなければならないという決まりがあるのですか?

それが自然、原理原則、本当にそうなの?

様々な理由で、結婚後子供に恵まれない人は、原理原則から離れているだけではなく、非国民ですか?

もっと、幻想や妄想、周囲の人たちと同じ結婚生活という呪縛からいったん自分を外に出して、自分はどうしたいのか?

という部分に目を向けて、結婚という世界観を見つめなおしてみたらどうでしょうか?

結婚したくない男性の特徴&理由、そして心理などを眺めていると、あまりにも画一的で、こんな男性だと、まるで相手のせいで自分が不幸になると思い込まされているようなイメージを感じるのは、個人的見解です。

もっともっと自由にのびのびと考えてもいいのでは?

ギャンブル好き=借金生活になる、ひどい日常だという考え方ではなく、ギャンブル好き=この人といると、なんだか毎日が予想出来ないことが起こって面白いと考えることも出来ますし、ギャンブル好き=常識的な日常から開放され、新しい価値観を理解できる面白い世界観、といった見方も出来ます。

何故、ギャンブル好き、浪費家はイコール不幸になるという一律的な考え方になるのでしょう?

多くの人が考えるギャンブルとは、パチンコや競馬などだと思いますが、もっと大きな面から見ると、株式投資などもそうであるといえます。

しかも、株式投資と言えば、世間一般的には、聞こえがいいのですが、これ、金額が大きいだけに、かなりやっかいな面もあるということに、名前ややり方が競馬やパチンコと違うので、イメージがいいだけに、気づいていない人も多いのです。

そもそも安定って言葉がすでに、現在の日本でも世界でも揺らいでいる事実から目を背け、親のやってきた生活スタイルが今後も続くと、頑なに信じているその硬い考えが、自分の幸せに関して、牢獄のようになにか可能性を閉じ込めていると考える事もできると思うのですが、若輩者の言うことなので、スルーしてください。

結婚は、相手に何かを求めるために、保証してもらうためにするという時代は終わった、そう個人的には強く感じている今日このごろですが、あなたはまだ古臭い価値観を握りしめていきますか?

それとも、自分なりに、新しい結婚観を創造していきますか?

結婚したくない男性の特徴や理由という情報に惑わされて、心理的に古臭い価値観を握りしめたまま、現代ではなかなか難しくなった結婚という道に入るのを頭でっかちに考えすぎて、面倒なことにしてしまいますか?

それは、アナタ次第でもあります!

女性が結婚したくない理由と心理

結婚したくない女性の心理は?

ある生命保険会社が、契約者の独身男女に「将来結婚したいと思いますか?」というアンケート調査を実施したようですが、回答者5,000人が答えた結果は次のようなものになったようです!

● あまり結婚したくない女性・・・20代7・8%  30代17・3% 40代 29・1%

結婚したくないと答えた女性は全体で31%で、男性は16・3%で、結婚したくないと答えた女性が3割もいることが分かったのです!

結婚したくない、そういう発想を持っている女性が多い事実が浮き彫りとなったようです。

では、何故そう思っているのか?

● 1人でいたい  ● 結婚にプラスのイメージが持てない 
● なんとなく

そんな答えが上がってきているようです。

他には、「自分が本当に結婚したいのか分からない」といった理由や心理もあるようです。

個人的に、結婚なんてしなくてもいいのでは?

とも思いますが、あなたはどう感じていますか?

どこまでいっても、あなたはどうしたいの?何を選びたいの?

ここがポイントになると思います。

ではここで、そもそも結婚って、なんでやってきたの?

という基本的な疑問を紐解いていきましょう!

日本で結婚制度が始まったのは、鎌倉~戦国時代であると考えられているようです。

それよりも古い時代は、通い婚などが普通で、恋愛におおらかだったと言われていて、結婚と恋愛の境目は明確ではなく、男女も平等であったようです。

ただ、これは女性が待つということが条件でもあり、夫が通ってこなくなったときには、待っている側の女性は辛い思いをしたと言われています。

その後、女性が嫁に入るという、現代まで続いてきた結婚制度が始まり、その内情も時代によって様々に変化していきましたが、基本的に男性優位の考え方がまかり通っていたので、女性の地位は男性よりも下になっていたのです。

このように、歴史の中で女性は生きるために、男性の家に嫁ぎ、人生を子育てや家の存続のために費やすことが常識とされてきましたが、現代は、この生き方を受け入れる人が減ってきていて、結婚観もいろいろと変化しています。

婚姻届を出さない、好きな相手と暮らす事実婚、同棲をして一緒に生きていく道、結婚せずに子供を産んで育むシングルマザーの道を歩む人など、様々な生き方が現代ではあります。

結婚とひとくくりに言っても、いろいろと選べる時代に入ったため、逆に選択肢が増えたので、結婚に関して混乱している人も多くなったのも事実です。

さらに、一昔のように、周囲がだいたい家柄が同じだから、という理由で、結婚相手を世話してくれる時代ではなくなっていることや、恋愛結婚が当たり前になったため、恋愛自体が面倒な人などは、縁遠くなってしまうという状況もありますから、なかなか一筋縄ではいかない現状があるようです。

女性が結婚したくない理由としては、いろいろな意見があるかと思いますが、生き方が多様化したことや、人の結婚生活を横目で見て、なんかつまんないと感じることなども原因として大きな特徴であるとはいえるかと思いますが、他人がやっている結婚生活を、あなたが同じようにする必要などないという事実にも気づくことはポイントになるかと思います。

現代では、結婚したくない女性は、男性の2倍もいるという調査結果も出ています!

これは、やはり結婚するとなると、男性だけではなく、相手の家族も関係してくるため、面倒くさいと感じてしまうことも大きな理由であるといえるようです。

個人的にも、結婚って便利な制度、だって好きな人と一緒にいられる環境を作ってくれているからとっても楽ちんと思って結婚したのですが、現実はそう単純なものではなく、いろんな家族が絡んできて、正直めげそうになったこともありますが(笑)、それでも続けてこられたのは、自分の意志を貫いたからでもあります。

自分の家族に関しては、結婚する前から、母親は亡くなっていて、父とはいろいろと家族の関係が複雑で疎遠となっていため、それほどネックにはなりませんでしたが、相手の家族ががっつりと関わってきたことで、心身ともに疲弊したこともありますが、なんとかなりました。

要は、自分がどうしたいかを中心に据えて生き抜いてきただけなのですが、家族が関わってくるのは仕方がないとしても、その関係性を、自立している者同士として立ち位置をしっかりと自分ではっきりとさせていれば、それほど面倒なことにはなりませんでしたが、こればかりは、家族の数だけ関係性があるので、私の経験がすべての人に役立つわけではないのですが、はっきりと言えることは、嫌なものは嫌だとはっきりとさせることがポイントだということです。

どうしても人間は、いい子&いい人でいたい部分があるのと、常識や道徳的にといった観念が強くあり、例えば母親はいつも笑顔で子供に接しないといけないだとか、結婚したらこういう生き方ではないといけないといった価値観を刷り込まれていますが、これ呪いだと思います。

母親だって機嫌が悪い時もあるし、体の不調を感じることもある、父親だって仕事を休みたいときもあれば、なんか自分の世界に1人こもりたいこともある、よくアメリカ映画などで、こんなのがいい父親で母親像みたいなシーンがありますが、あれも幻想の一つと思ったほうが気が楽です!

気をつけていないと、いろんな呪いや呪縛に絡め取られますから、自分はどうしたいのか?

を貫き通す勇気を持つことは、自分を幸せにするためにも大事なポイントになると、やってきて思いますが、あなたはどう感じますか?

現実問題はいろいろと人の数だけあると思いますが、まず、現代人の結婚したくない男性、女性の言い分をいろいろと見ていくと、自分のことしか考えていないと感じられますが、個人的にはこのように、世界的に見ても内気で本音を言わないと言われる日本人の一部でも、このように自分の本音を出せる人が増えている現状は、面白いと感じますが、あなたはどう思いますか?

家族のために、周囲の人とうまくやっていくために、自分の本音を押し殺して建前を使って生き抜くという生き様は、一昔前の古臭いものとなっていると思うのですが、自分はコロッケが食べたいのに、みんなはおにぎりを食べているから、長いものには巻かれろ精神でそうやって日々のちょっとしたことだけれど、こんな些細な選択まで周囲に合わせるように生きることが身についてしまっている人が多いけれど、堂々とコロッケを選択すればいいのでは?

結婚したくないのならしなければいいし、老後が寂しくなると感じるのなら、仲間を今からどんどん作っていけばいい、家族という形にこだわることなく、人と関わっていくという面に目を向けるのも、新しい人生観であると思いますが、考え方はそれぞれです!

ちなみに、我が家は子供がいません、2014年7月1日の炎天下の日に、ご縁があって生後10日ほどの黒い子猫を拾ってしまい、猫と夫婦二人暮らしですが、人間の子供でなくても、かなり家族仲が良く、このような暮らしをしていると、性別、動物の種類、そんな様々なことにこだわる生き方って、狭いなっと感じる今日このごろです。

このサイトの副編集長を務める、モモという黒猫は、まさに家族の一員で、猫という種類ではありますが、大事な大事な、かけがえのない存在でもあります!

海外などでは、すでに数年前から、猫と結婚式を上げた男性などのニュースも取り上げられるほど、世界中で価値観は多様化していますから、もちろん倫理的な面でやってはいけないことはありますが、それらを踏まえたうえで、どんな生き方を選択するかは、人それぞれだと個人的に思っていますし、そう生きています。

個人的に、結婚したくない男性の特徴と理由、心理などを表現すれば、次のような人物は、面白く無いのでスルーしたい。

● 枠にハマってそこから抜けださせず、可能性を自分で握りつぶしながら生き、その生き方を人にも強要する

もっと可能性はたくさんある、きっと結婚したくない男性や女性は、その可能性に気づいている、さきがけの人たちなのかもしれませんね。

時代の変化は現在凄まじい勢いで進んでいるのですが、これに気づいている人は、これまでの結婚観の特徴などとはまったく逆の方向性を見据えて生きていると言われているのを、あなたはご存じですか?

それって一体なんですか?

これまでの結婚の特徴は、基本的に、男女が一緒になって子供を作り、育てながら、家計のやりくりをして、マイホームを買い、しっかりと子育てしつつ、親の役割を果たしながら、一般的な人たちと同じ道を歩んでいくというものでしたが、そもそも結婚相手を選ぶ時点で考え方が一律になりすぎた世界観で生きている人には理解できない世界観が広がっている面もあるのです!

人間の頭や経験で理解できることばかりでないのが、人生であることを理解しているのに、多くの人は、いつまでも親たちがやっていたような結婚制度が続くと思っているようですが、すでに現実的な面で、これらの世界観や特徴は崩れ去っているのに、いつまでも同じ世界を生きようとしてもがいている人も数多く見受けられます!

そもそも、結婚相手を見つけることすら難しい時代に入っているだけではなく、結婚の特徴に嫌悪感を露わにして拒否する人も多くなっています。

これはかなり面白い現象だと個人的には思うのですが、なぜなら、ある脳科学者も話しているのですが、日本人は、かなり思考の奴隷化がされている価値観を持って生きている人が沢山いると言われています。

すでに書いているように、これまでの結婚という枠組みの特徴を素直に受け入れて結婚していく人が多すぎるのが、すでに奴隷化されているという証明にもなるのですが、これに気づかない人も多くいるのです。

結婚して、子供を産み育てる、これが幸せ、家計のやりくりをして、決まった金額の中でひたすら普通の生活を営むことが安心安全、小さな枠組みの中で生きることで満足してそれ以上を望まないもしくは、自分や結婚相手の男性を心理的にこのような枠組みに入れて生きられればそれで御の字と思って生きる。

これが奴隷化された考えでなくてなんでしょうか?

世界には様々な価値観があり、結婚に対する考え方や生活スタイルの特徴もいろいろあるだけではなく、結婚した後に、理想的、まぁギャンブルもしないし、自分が嫌だと思ったものは持っていない相手だったと思っていたのに、状況が変わってしまうこともあるのです。

人間の頭で考えた理想の世界観だけが、結婚の醍醐味ではないと感じるのですが、安定、安心、一般的、普通の枠の中で生きている人には、時代の変化が見えにくいのが現状でもあります。

そして、経験や学びからよくよく理解できたことは、女性が男子に尽くすと、ろくなことになりません。

何故なら、自然である女性の体は、日々ホルモンや生理などに翻弄されてるのに、自然ではない理屈や理論で動く男性社会に自然である女性が合わせて生きること自体、歪んだ社会だと気づいている人が少ないからです。

男(理屈や理論)に、自然界が屈することはないのが自然なのに、逆をやっている時点で、おかしなことになっている。

そもそも自然から生まれたのが男(理屈や理論)ですから、逆になっているのは相当しんどいと気づきませんか?

自然=大きな枠組みだったはずなのに、自然の中で培われた理論や理屈の枠の中に閉じこもって生きることを推奨している人間の生き方自体が、自然から遠く離れているだけでなく、逆になっている事実に気づいている人の方が少ないのは、面白い現象だと思います。

この不自然さに気づいている人もいるからこそ、結婚しない男女も増えていて、親世代を見て、あんな生き方ごめんだと感じている若者も増えているのでは?

男女とも対等であったほうが、お互い気楽に一緒に生きられると感じるのは個人的見解ですが、一昔前のような恋愛ドラマもすでにヒットしなくなった日本ですから、潜在的な部分でこれに気づいている人は多くいるのではないかと思いますが、発言する人は少ないのが残念です。

一律的な情報ばかり発信して、枠の中の言葉をちょっと崩したぐらいの情報を発信して、受け取ったほうもそれで安心している部分がある。

こんなの面白くないし、行き詰った結婚生活を送っている人が多いのに、それでもまだ、同じ理屈や理論を振りかざして、同じように生きろという考えを浸透させているのは、おかしいと感じてしまいます。

そもそも、生き方にモデルなどないはずなのに、右や左、前や後ろ、斜めにいる人たちを見ながら、結婚という言葉に特殊な幻想を持ちすぎているという感覚は否めません。

結婚というのは、特徴として、人生の中の一部であると考えれば、これほどここに固執する考えは生まれないというか、うちの家庭は一般的に見て、まぁそこそこのレベルだから、だから安心・・・ってこれ、本気で思っていたといたら、脳科学者の話じゃないですが、相当歪んだ考えであり、自分のこと&自分の家族のことしか考えていないということになりますから、現在の日本社会が問題だらけなのも、頷ける話であると思うのですが、あなたはどう感じますか?

こんな男とは結婚したくない、こんな女とは一緒に生きたくない、個人の自由ですからどんな思いを持とうと、それでいいと個人的には思っていますが、あまりにも枠の中に収まって、他の世界が見えない中で、とやかく言っている人が多い現実を眺めていると、これ本気でまだまだ続く世界観だと思っているのかなと、首をかしげてしまいます。

価値観など常に変わっていくのに、結婚したくない男や女に関する情報を見ていくと、常に一律で枠の中の考えで、一方的で自分勝手、それが悪いとは思いませんが、個人的にそのような考えを握りしめている様子を見ていると、いきなりどんでん返しが起こったときに、どうするんだろうと、逆に好奇心が出てきます。

そろそろ枠組みや常識、一般論、親たちがやってきたこと、そのすべてを疑ってみて、自分は本気でどうしたいのか?

そこを突き詰めていく時代に入っているのではないでしょうか?

喫煙者、ギャンブルをする人は結婚相手として嫌、まだまだ結婚に意識が向かない、いろんな考えがあって当然ですから、それらを否定しているのではなく、それってほんとにあなたが思っている本音なのか?

という、意外と深く考えたことがない面に思考を当ててみてもいいのでは?

自分勝手に生きることを否定はしていません、それでいいと思います、ただ、枠の中、常識、一般論などで自分を縛っている人ほど、この罠にどっぷりつかっていることに気づいていないのでは?

という、枠の外からのツッコミ話だと思ってください。

世界は広い、考えは多様、生き方はそれぞれ、縛り合う結婚観ではなく、一緒に生きることによって広がりが持てるような結婚観を持つ人が増えれば、もっとこの世界の特徴も変化するのではないのかと感じて生き抜いてきた、一人のお馬鹿な人間の話だと思って、こんな感覚や考えもあるのだなという参考にされていただければと思います。

人間は、他人にとやかく言われたくないでしょうし、自分勝手大いに結構だと思っています。

個人的には、気があっていっしょにいたいと強く感じた人と一緒に生きる道の中で、結婚という便利な制度があると感じてこの世界に入りましたが、別に同棲でも良かったし、一緒に生きられれば、どんな形でも良かったのです。

選択はいろいろとありますね!

今回は、結婚したくない男性の特徴&理由、そしてそう感じる心理などについての情報をまとめつつ、個人的見解を示してみました。

無料メルマガ「在宅ブログライターで月収30万円稼ぐ方法」
by ブログライターkomichi
自由な働き方
収入と時間と人間関係の悩みから解放されて、趣味や旅行など自由にできる学生時代のサークルのようなコミュニティーを一緒に作りませんか?好きな場所、好きな時間にブログを書くだけでOL時代以上の収入と自由を手に入れる私komichiが人生を変えた「在宅ブログライター」という職業について無料で3つの動画をお届けしております。在宅ブログライターについての詳細はこちらよりご覧いただけます(推薦文あり)。




*興味がなければいつでも1クリックで配信解除できますのでお気軽にご覧いただけたら幸いです。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。