肌の老化対策と更年期のイライラを解消するサプリとは?

肌の老化対策と更年期のイライラを解消するサプリとは?

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「肌の老化対策と更年期のイライラを解消するサプリとは?」です。

最初にツッコミを入れておきたいのですが、更年期障害って本当にすべての女性に起こることなのでしょうか?

個人的にもここは疑問符がつく話なので、一応ツッコミを入れてから、記事をまとめていきましょう!

ゆらぎ世代の肌の老化対策と予防法は?

なぜあのようなツッコミを入れてから記事をまとめているのでしょうか?

実は、個人的に自分の周囲にいる年配女性の体験談などを聞いていると、「更年期障害??」という感じの対応をされる人もいたりしたからです。

そんなの知らない、経験した覚えがないままこの年令まできたし、なんて豪快に笑う女性がいる現実を前に、なんだかんだと更年期が騒がれているけれど、本当にすべての女性に起こるものなのかなという疑問が芽生えたのと、自分自身が20代の頃にまるで閉経するように生理が止まり、更年期障害のような症状と共に、さまざまな疾患を経験したので、年齢は関係ないのかも、そして、すべての人が経験するわけではないのではといった疑問があるからです。

一般論だけで記事をまとめてもつまらないので、まずは経験談などをご紹介していきました。

それでは、ゆらぎ世代の肌の老化対策と予防法について情報をまとめていきましょう。

そもそも、ゆらぎ世代とは一体どんな世代のことなのでしょうか?

肌の老化がさらに加速していき、更年期の症状などに悩まされやすくなる、いわゆる一般的に年齢を重ね、ホルモンバランスなどが崩れることで、さまざまな症状を発症するという世代の人達をこう呼んでいます。

早期更年期障害の年代の人を含めると、肌老化対策も必要になってくるゆらぎ世代を大まかにくくると、だいたい30代以上からの人達だと考えられます。

ゆらぎと呼ばれるくらいですから、めまい、立ちくらみ、その他やる気が起きない、周囲から怠慢に思われるほど体がついていかない、言葉で説明しようがないのだけれど、心や体がなんだか辛いと感じている人達になります。

そんな世代の人達が、肌老化に悩み、対策を考える場合、どんなことに気を配ればいいのでしょうか?

まずは対策を見ていきましょう。

● 食事の内容を見直してみて、たんぱく質が少なすぎないか、加工食品や脂質などが多すぎないか、炭水化物に偏っていないか、野菜や果物も食べているか、嗜好品に偏った食生活をしていないかなどをチェックしましょう。
もし、偏りが見られるのなら、やはり食生活の改善を行い、肌や細胞を作るのはどんな食材なのかを学び、そういった食物を積極的に食べるようにしていきましょう。
例えば、肌はたんぱく質で出来ていますが、同時にビタミンやミネラルも必要ですから、一緒に野菜や果物を日々食事に取り入れながら、肌の元になる栄養素をしっかりと体内へ届けていきましょう。
知り合いの60歳になったばかりの女性が、最近「完全に肉や魚を辞めてヴィーガンになったの、4kgも痩せたの、食べ物でどこまで体などが変わるかやってみるわ」とおっしゃっていましたが、彼女はたんぱく質を植物性のみから摂取し始めました。
豆腐や大豆などですが、確かに、年齢を重ねた方なら、若い世代のようにガツガツと肉を食べなくてもいい人もいるかと思います、体質などもありますから、自分でやってみて、自分に合う食べ方を、出来る限り加工食品に頼ることなく食べるようにすることも、ゆらぎ世代の肌老化を促進するのを防ぐ方法の一つになると、学びや経験からもそう思います(ちなみに個人的にも一時期ヴィーガンをやってみたことがありますが、辞めました)。
そして、大豆イソフラボンに肌老化の防止をしてくれる働きがあることが調査などでもはっきりと分かっています。
ただ、原始人食という食べ方を推奨している医師の書籍によると、ヴィーガンやベジタリアンは健康にはなれないという説を提唱しています。
理由は深刻なミネラル、オメガ3脂肪酸、アミノ酸の慢性不足を引き起こすからです。
詳しくは、著書「間違いだらけの食事健康法」や「原始人食」などに書かれていますので、気になる方は読んでみてください。
食べ方の説も様々です、美容関連だけ考えているのか、筋トレマニアでコンテストに出るほどの人なのか、ただ今より数キロダイエットしたいだけなのか、健康に生きていくための食べ方を探しているのか、今持っている疾患を克服するためにはどう食べればいいのかなどによって、まさに情報は多方面に転がっている状態ですから、自分が何を探しているのかという軸をしっかりと持っていないと、情報の波に翻弄されてしまいます!

● 御存知の通り、ゆらぎ世代の肌は、肌の水分量、皮脂量、セラミドなどが低下していくのでバリア機能に関係するこれらの分泌量の減少によってバリア機能も壊れやすくなりますので、十分な保湿をしてあげる必要があります。

● 正しいクレンジング&洗顔方法を行い、肌をゴシゴシとこすったりしないで、優しく触るようにしましょう!
クレンジングをするときに、次の3つは行わないように気をつけましょう。
★ 肌をゴシゴシこする
★ 肌を下に下ろすように洗う
★ 手の動きが速い

顔を洗うときなどは、小鳥をさわるような気持ちでと例えられることがありますが、女性はとにかく豪快な性質の方が多く、面倒くさがり屋で、優しく洗いましょうと言われても、どれくらいかよく分かりません。
ですから、筋肉の流れを意識しながら、顔のデコボコに沿うようにして小鳥を撫でるような感じで行っていきましょう。
こう言われると、なんとなくイメージできませんか?
小鳥を乱暴に扱ったり、触るときにゴシゴシしたりしませんよね?
優しく細心の注意を払うように触れるのではないでしょうか?
老化肌に対しても、自分を愛おしむように優しく優しく洗ってあげてください。

● 化粧水は数度付けて肌にしっかりと浸透させましょう
人肌に温めてから付けるようにすると、さらに浸透度がアップします!

● 乳液やクリームも重ね塗りを
こちらも人肌に温めて、一度顔全体に塗ったら、こめかみ、目頭や頬などはもう一度しっかりと塗り込んでいきましょう。

● 乾燥がひどいときにはオイルや保湿パックなどを上手に活用しましょう
クリームや乳液だけじゃ乾燥するのという方は、スペシャルケアでこの2つを使ってみるのも肌の老化対策におすすめになります!
近年、化粧品売り場には数多くの保湿パックが置いてあり、自分の悩みに合わせて選べるので、楽しみながら選んで、日々喜びながら使ってみる、肌が老化しているからという後ろ向きの気持ちではなく、もう一度成り上がるぞという気持ちを持って挑んでいくように、スペシャルケアをして、諦めると言う言葉をあなたの辞書から消していきましょう!

● 運動なども取り入れ、代謝や血流を常に良くするようにして、くすみ知らずになる
どうしてもゆらぎ世代の年齢になると、自分から積極的に動くという行動に出ないと、運動をしたりする機会は減る一方です!
最近の個人的経験なのですが、ちょうど季節の変わり目でもあったためなのか、ある日急性の胃腸障害を発症し、数日で良くなったのですが、初日は嘔吐も激しく、さらにお腹を下して体力の消耗が非常に激しかっただけでなく、2日後に嘔吐は止まりましたが、体力勝負のお腹下しで参ってしまったのです。
ですがこのとき、あることに気づき、運動を続けることの利点を自分の中に改めて発見し、モチベーションがアップしました!
その理由は、10代や20代の頃に、同じように急性の胃腸障害を発症したときの体力の消耗がとても大きかったことを思い出したのです。
ですから回復するのに時間がかかり、今回40代の自分のほうがあっという間に回復していく様子を経験し、運動をしたり、食事に気を配ったりしていなかった若い年齢の頃より今のほうが体力があって健康度が高いことを実感!
こんな経験も、今後も運動を続けるモチベーションになりました。
ジムで見かけるもっと上の世代の女性達も、楽しそうに運動をしている様子を見ると、動くことは、細胞を使い続けることなのだと改めて実感させられます。
使わない体は錆びてしまいます、ですから、健康のためにも、肌の老化対策のためにも、運動を取り入れる生活を考えてみてはいかがでしょうか?

● 紫外線対策をしっかりと行いましょう
御存知の通り、肌老化の原因の一つが紫外線を沢山浴びてしまうことです!
日焼けしてダメージを受けた肌は、シミを作りやすくなり、肌の弾力を支えるエラスチンやコラーゲンを変性させてしまいます。
普段から日焼け対策をしっかりと行い、肌の老化を促進させないように気を配りましょう。

● 女性ホルモンの活性化
体を温めて血流を良くすることは、卵巣に十分な栄養素を届けることにも繋がりますし、血流が悪くなることは内蔵などに栄養が行き渡らなくなるので、当然卵巣にも届きにくくなりますので、女性ホルモンの低下を招いてしまいます。
子宮を持つ女性は、この生命を生み出すという臓器の凄さに持っているからこそ気づきにくいものですが、近年子宮を大事にすることを推奨する声も数多くあがってきて、女性が自分の子宮の声に耳を傾ける生き方をする重要性を説く人達も増えています。
女性に生まれてきたことを大いに楽しみながら、肌の老化に負けることなく、人生を謳歌出来る時代でもあります。
近年では、医療現場から次のような声が上がりはじめ、個人的にもまさかのツッコミを入れつつ、情報を紐解いて検証してみて、言われてみたらと思った話があるのですが、実は老化は自然現象ではなく、治療できる病気なんだとか!
これまで信じてきたこと、伝えられてきたことの中身が思いっきりひっくり返る時代に生きている私たちにとって、こんな情報は驚きだけでなく、親が祖父母がそう言うし、みんなそうやって亡くなっていったという経験から、老化は自然現象だと思いこんできましたが、近年の医療現場の発見、発展はすごいことになっているようで、老化は病気だから治療できるようになるという話が出ています。
ググってみると情報も出てきますので、眉唾と思った人は探してみてください。
そうなると、女性ホルモンの活性化も、もっと簡単に出来るようになるかもしれません!

● ドキドキ、ワクワクする気持ちを持ち続ける
年齢を重ねると、同じような毎日、慣れた暮らし、そして安定の中で暮らすようになる人が多く、気がつけば冒険すること、挑戦することなどにチャレンジしなくなっていたりします。
ですが、時代はどんどん変化していて、面白い情報、商品、そして人生経験、これまで無理だと信じられてきたことが見事にひっくり返るという時代を生きているのですから、そんなのモッタイない!
自分が興味ある分野や、これまで知らなった世界を知るために、どんどん行動していくことも、肌の老化対策になるのではと思います。

更年期のイライラはなぜ起こる!?

ここからは、やはり更年期の年齢になって、ドンピシャでイライラなどの症状を出す人もいますので、一体なぜイライラしてしまうのか情報をまとめていきましょう。

更年期障害で問題とされる症状に、イライラを止められない、どうしても家族に怒鳴り散らしたり当たり散らすことがあってそれが原因でギクシャクしてしまうなどの悩みにつながっている人もいるようです。

個人的経験ですが、自分がまったく入ったことがない分野の世界を見てみたくて、興味本位で始めたあるアルバイト先に、「更年期障害?」と思うほど、イライラキーキーと言いながら、仕事を教えたり、人の失敗にツッコミばかりを入れている人がいて辟易したことがありましたが、その方の年齢を考えても、やはり更年期のイライラでもあったのかなと考えられます。

それでは、このアルバイト先の方も含めて、なぜ更年期の方は、イライラとしてしまうのか?

この年代になってくる女性は、卵巣機能の働きが低下していきますが、そうなると女性ホルモンの分泌量も減っていき、それに気づいた脳が、分泌量を増やそうとエストロゲンの分泌を促している性腺刺激ホルモンを出すようにと命令を下すのですが、卵巣機能の低下が起こっている状態で、性腺刺激ホルモンを出してもエストロゲンの分泌量を増やせません。

こうなると体内では、需要&供給のバランスが取れていない状態になりますので、自律神経のバランスまで崩してしまい、心を穏やかにする作用のあるエストロゲンの分泌量の減少は、ほてりや発汗などの体に起こる変化だけでなく、イライラや不安感などの心理的な症状が強くなってしまいます。

女性ホルモンの分泌量の低下がこの精神状態を引き起こすことが分かっていて、家庭&仕事場でストレスを感じやすい人ほど気持ちが不安定になり、イライラしたりしやすくなるんだとか!

なるほど、アルバイト先の女性の体に起こっていたのはこのような自然な体のメカニズムでもあったのですね!

他にも、更年期障害のイライラの原因はあり、それは夫源病です。

御存知の通り、男女にとって、相手の言動の摩訶不思議さにはお互いが驚かされるだけでなく、まったく真逆かっとツッコミを入れたくなるような2人が何故か一緒になるケースも多く、結婚相手はある意味大きく深いご縁のある関係でもあります。

そんな二人が、お互いを分かり合えなくて、更年期障害となってしまう女性がいるという話なのですが、見方を変えると、どうやら更年期障害の症状がすでに体に出ているところへ、夫というストレスが入ってくることが、夫源病ではないかという説もあるようです!

ちなみに、どんなに望んでも、よっぽど女性に関して突き詰めて研究したり理解を深めた男性でないかぎり、男は言わなければ分からない生き物だということを理解しないと、どうしても女性は、読み取ってという意識が強いので、大きなストレスになってしまいますから、男は言わないと分かりませんよとここで情報をしっかりとはっきりとシェアしておきます。

私のこと感覚で読み取ってよ・・・という男性に対する願いは、特別なタイプを除く人以外には通用しませんので、ここは仕方がないと諦めるという言葉を別の意味で辞書に戻して頂いて、この状況での諦めるはありという感じで考えを変えていくことも、イライラを感じないための知恵になります!

ただ、伝えれば理解するので、言わなければ分からないだけですから、期待しないけれど、伝えることを続けていけば変化していくと考えられますので、このあたりはバランスを取ることで解決出来るのではないかとおもいます。

イライライしている本人も辛い、更年期障害のさまざまな症状の解消法の一つとして、「男は言わなければ分からない生き物だ」という言葉をしっかりと心に刻み付けてください!

イライラを解消するおすすめのサプリメントとは?

ここからは、便利なものが現代社会でどんどん増えていますが、イライラを解消する手助けをしてくれるサプリについての情報をまとめていきましょう!

今回ご紹介するのは、「HANABI KOUNENN(華美幸年)」という名前のサプリになります。

これ、個人的に驚いたのですが、なにが素晴らしいって、大豆を使っていることではなく、この大豆を発酵させて作っているというところです。

御存知の通り、大豆イソフラボンには、女性ホルモンエストロゲンに似た化学構造を持っていますので、女性ホルモンと同じ働きをしてくれます!

これは、更年期障害を緩和する作用や、美肌、肌老化を防止にも関係していることは、さまざまな研究ですでに分かっています!

華美幸年に使われている原料は、このような作用の高い大豆ですが、実は大豆は2種類の型に分けられます。

★ グリコシド型
これは、一般的に私達がよく手にする豆腐、豆乳、納豆などになります。
グリコシド型は、イソフラボンの周りについている糖が、腸内細菌で分解されないと体内に吸収されないのです。

★ アグリコン型
こちらは、イソフラボンの周りの糖がすでに外されているので、胃や小腸で速やかに効率よく吸収されますので吸収率は、グリコシド型の3倍になります。
今回ご紹介している、更年期障害のイライラを解消する手助けをしてくれるサプリ「華美幸年」に使われている原料の大豆イソフラボンは、アグリコン型になりますので、体内への吸収率がかなり高いのです。
そして、あまり知られていませんが、大豆などの食物を、調理してその状態のまま食べると、先程書いたように、腸内細菌で分解されないと吸収されません。
それだけなら、ああそうとスルーしそうな情報ですが、もう一つ掘り下げると、実は大豆に含まれるレクチンは、分子量の大きいたんぱく質なので、普通なら腸粘膜のタンパク分解酵素によってアミノ酸レベルまで分解されるのですが、実際は分解されないのでリーキガット症候群という症状を発症させる可能性があるのです。
リーキガット症候群とは、小腸の粘膜に穴が空き、異物が血液中に漏れ出るため、全身の炎症を引き起こすのです。
ということは、これらの観点から考えても、体内への吸収率に関して考えても、花美幸年に使われている更年期のイライラを解消する働きをしてくれるサプリとなる原料は優秀だという話になります!

他には、再度ブームとなっている、沖縄に自生している月桃を使用して美容の後押しをしています!

月桃とは、熱帯、亜熱帯などの自生している、ショウガ科ハナミョウガ属の多年生常緑草木です。

赤ワインの34倍のポリフェノールがあり、抗菌作用、防虫効果、さらに月桃の独特の香りには癒やし作用があり、アロマオイルや、月桃エキスなどの化粧水や化粧品としても人気が高く、月桃を使った化粧品「RUHAKU」やアロマオイル、月桃茶を使ったことがありますが、とにかく月桃の香りはかなりリラックス作用があるだけでなく、非常に魅惑的ですので、一度手にとって香りを嗅いでみることをおすすめします!

月桃には非常に高い抗酸化力がありますので、美容の世界でもかなり注目されている植物です。

それでは、華美幸年に含まれる全成分をご紹介しておきましょう!
● 食用オリーブオイル
● でんぷん
● 麹菌発酵大豆イソフラボン(デキストリン、発酵大豆胚芽抽出物)
● 月桃葉抽出物(デキストリン、月桃エキス)
● グリセリン
● ゲル化剤(カラギナン)
● Lーアスコルビン酸
● グリセリン脂肪酸エステル
● シスチン
● 着色料(カラメル)
● 植物レシチン(NonーGMO大豆由来)

アグリコン型大豆イソフラボンを、30mg配合されていて、香料、防腐剤、着色料は無添加です。

komichiのまとめ

今回は、女性にとって興味深いテーマで記事をまとめていきましたが、いかがでしたでしょうか?

ここからは、僭越ながらkomichiのまとめを書かせていただきます。

やはり、肌の老化対策などは日々の暮らしが一番大事なポイントになります!

食事の内容に気を配ることはもちろん、日常生活の送り方、規則正しい生活をしながら、適度な運動も行い、出来る限り持っている体の機能を使っていくことは、老化を寄せ付けない作戦でもあります!

そういった土台があってこその基礎化粧品の使い方、そして日常で紫外線を浴びすぎないことなども大事なことだと、個人的にもそう理解してきました。

更年期のイライラは女性の体が持っている機能の一部でもあり、ですがサプリなどを使って解消する手立てもある現代社会は本当に驚きです!

まさかの、老化は病気なので治療できるという話は、個人的にも聞いたときに驚きましたが、確かに言われてみれば、こうならなければならないという現実を一方的に受け入れて生きることもないなとなんだかさらっと思ってしまいました。

現実や生き方、生活スタイル、考え方などは多様であるからこそ面白く、そうなってこそまた新しい発想や商品、なんらかの世界観が広がりさらに社会はどんどん耕され、新しいものが生まれやすい場所になっていく、そう考えると、これまで当然のように受け入れてきた、老化というのは自然現象じゃないという言葉もまた、ひっくり返った概念ではありますが、面白いと個人的には思いますが、あなたはどう感じますか?

今回は、肌の老化対策、更年期障害のイライラを解消するサプリなどについての情報をまとめていきました!

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。