進撃の巨人実写映画のキャストは誰?

進撃の巨人実写映画のキャストは誰?

ブログライターのkomichiです。

今回のテーマは、「進撃の巨人実写映画のキャストは誰?」です。

アニメになってテレビに登場した時、漫画を知らなかった私は、あまりにも、インパクトの強い進撃の巨人の内容に、思わず引きこまれただけではなく、食べられるの怖いなぁと、いい年をした大人なのに、そんな思いを持ちながら見たのですが、この漫画、なんと実写映画となるそうです!

この記事では、進撃の巨人の実写映画化にあたって、キャストは誰になったのかや、選ばれた俳優たちの、人物像について見ていきたいと思います。

勢揃いした進撃の巨人実写版キャスト

まずは、進撃の巨人の実写映画は、いつから公開されるのか?そこからご紹介していきます!この映画は、前編と後編に分かれています。

2015年8月1日から、前編が公開され、その後、9月19日に後編と、2弾で実写映画の公開が行われるようです!そして、進撃の巨人の実写映画のキャストですが、ざっと見ていき、後ほど一人ひとりのキャストの、人物像について見ていきます。

まずは、主演のエレン役のキャストは、今をときめくイケメン俳優といわれ、大ブレイクをした三浦春馬、ミカサ役は水原希子、アルミンは本郷奏多、ジャン役は三浦貴大、ハンジ役は石原さとみ、サシャ役は桜庭ななみ、調査兵団の兵士長、リヴァイは今回の、進撃の巨人の実写映画には、存在しない役がら設定となっているようです。



そして、進撃の巨人実写映画のために作られた、新しいキャラクターのキャストは、シキシマ役を長谷川博己、サンナギという人物を演じるキャストは松尾諭、フクシという役がらを演じるキャストは渡部秀、ヒアナという役がらは水崎綾女、リルは武田梨奈、ソウダはピエール瀧、クバルは國村隼となっていて、かなり、個性派俳優が揃っているなあといった感じがしますね!進撃の巨人の実写映画を作ることが決定されてから、キャスト選びをするとき、この作品のプロデューサーである、佐藤善宏氏は、「原作のキャラに外見的が似ているか否かは、まったく考慮にいれませんでした。」と話していて、進撃の巨人の原作者、諫山創氏と何度も話し合い、「原作キャラたちのスピリットを体現できる俳優、という基準のみでキャスティングを行った」と語っています。

今回、あえて原作で人気の高い、リヴァイ兵長を登場させず、その兵長の兄という設定で、進撃の巨人実写映画のために、シキシマという役を作り、キャストを選択したといった、映画用のサプライズが、どうやらネット上でも、ざわざわと噂の的ともなっているようです。

それだけではなく、進撃の巨人は、映画で描ききれなかった部分を中心に、ドラマ化も決定しており、しかも、実写映画が公開される同じ時期の8月から、「dTV」で配信が予定されていて、このドラマ版進撃の巨人の主演は、映画では、ハンジ役を務める、石原さとみがキャストとして選ばれています。

進撃の巨人のドラマ版は、登場人物にスポットをあてて、兵士たちの日常や、秘密などを描いていくようです。

それでは、ここから、進撃の巨人をご存じない方のために、この漫画のストーリーを、簡単にご説明しておきます。

初めて見た時のインパクトは、個人的にも相当強烈だったのですが、この漫画は、「別冊少年マガジン」で、2009年10月号の創刊号から連載中で、人間を食べ物として食べる大きな人間と、人類の戦いを描いたファンタジー・バトル漫画となっています。

原作者は諫山創氏で、この漫画は初めての作品だったのですが、進撃の巨人は大人気となりました。

もともと、2006年に、講談社のMGP(マガジングラプリ)に応募した作品で、このときは、佳作を受賞されています。

2011年、第35回講談社漫画賞の少年部門を受賞、様々な方面から高い評価を受けただけではなく、2014年8月の時点で、進撃の巨人の単行本の、発行部数は、4000万部を突破しています!いきなり、初めての作品で、大ヒットを飛ばせた漫画家さん、嬉しかったのではないかと、個人的には思います。

ざっくりとストーリーが分かったところで、実写映画のキャストとして選ばれた、俳優たちの人物像と、役がらについて簡単に説明していきます。

進撃の巨人の主人公、エレン・イェーガーですが、年齢は15歳、身長170cmで体重は63kg、生年月日は3月30日、性格は精神力が強靭で、非凡な行動力を持っている少年!第104期訓練兵団を、5番目の成績で卒業しているという設定です。

進撃の巨人の実写映画で、エレン・イェーガーにキャストされ三浦春馬は、1990年4月5日生まれの25歳、15歳役は、非常に難しいかと思いますが(笑)、実写映画は漫画では、また設定が違うようですから、そんな細かいことは気にせず、楽しんで観ればいいのかなと思います。

進撃の巨人エレン役の三浦春馬

1997年連続テレビ小説「あぐり」で子役としてデビューしていて、4歳から劇団に所属していますから、芸歴はすでに20年の、ベテラン俳優ですね!2008年「ブラッディ・マンデイ」というドラマで初主演をしていますが、その後は順調に仕事を続けながら、様々な役がらに挑戦されていて、個人的には、とてもいい演技をする俳優だな、といった印象を強く持っています。



最近はやりの、料理男子で、なんでも趣味ではなく、特技だと話しているようです!最近の一般人男性の中には、素晴らしい才能を発揮して、すんごい料理を作る人も多くなりましたよね!これから、益々増えていくのでは、と考えられる料理男子、個人的には肯定派で、わが家の食事は、男性が作っているくらいです。

どんどんいきます、進撃の巨人実写映画でも、もちろん登場するミカサ・アッカーマンは、身長170cm、体重67kg、そしてこの漫画のヒロインでもあり、年齢は15歳、2月10日生まれで、エレンの幼なじみです。

訓練兵団は、なんと主席で卒業!出来る女性なんですよ、これがまた!カッコイイと、個人的にも思っています。

キャストは水原希子ですが、彼女のプロフィールをざっとみていきます。

進撃の巨人ミカサ役の水原希子

1990年10月15日、アメリカテキサス州出身の24歳、アメリカ人の父と、韓国人の母の間に産まれたハーフです!この女優も、かなり個性的な女性で、多くのファンから支持されている人物です。

なんでも、猫を2匹飼っているようですが、妹もモデル活動をしているそうです。

次のキャラクターは、アルミン・アルレルト、エレンとミカサの幼なじみで、11月3日生まれの15歳、163cm、55kgで、個人的に、進撃の巨人のアニメを見た時に感じたのは、アルミン、とっても繊細な男の子だなといった印象でした。

最近の、漫画に出てくるキャラクターもそうですが、俳優や歌手など、街を普通に歩いている一般人を見ても、男性とか女性、といったカテゴリーにはいらないようなタイプの若者が、増えたと感じるのですが、進撃の巨人も、意外とミカサなどは、女性だとは分かるのだけれど、内面の強さや動きなどに、とても男性エネルギーを強く感じるので、個人的には、面白い時代になったもんだなと感じながら、様々なものを眺めてしまいます。

進撃の巨人の実写映画で、キャストとしてこの役に選ばれたのは、本郷奏多(ほんごうかなた)です。

進撃の巨人アルミン役の本郷奏多

ここですでに、名前まで、男女どっちか分からないといった状態となっていますが、顔つきを見ると、しっかりと男性顔をしています!1990年11月15日生まれの24歳で、三浦春馬同様、幼い頃からモデルなどをやっていたようです。

なんでも、機動戦士ガンダムについて、詳しい人物のようです!出身は、宮城県仙台市です。

進撃の巨人のキャラクター、ジャン・キルシュタインは、エレンのライバルであり、ミカサに好意を持っている、影のある少年!4月7日生まれの15歳、175cm、65kgです。

キャストされたのは、三浦貴大です!この名前なんて読むんだろう?そう不思議に思った方もいらっしゃるのかなと思いますが、え?私だけ(笑)、実はこれ、たかひろと読みます!日本語って難しいと、人の名前を見るたびに思うのは、きっと私だけですね・・・。

進撃の巨人ジャン役の

プロフィールを見ていきましょう!1985年11月10日生まれの29歳、この方のご両親は、なんと!マイクを置いて、そのまま二度と、ステージに戻ってこなかった伝説の歌手、山口百恵と、俳優として、非常に力のある方だと、個人的には思っている、三浦友和です!サラブレッドですね。

順天堂大学スポーツ健康科学部を卒業後、俳優を志したそうなので、スタートは遅めです。

ライフセービングの資格を持っていて、これは、人命救助や、水難事故の防止などの、ボランティア活動を行うものです。

女優の杏とは幼なじみで、父親同士が仲良しなんだそうですよ!世界は狭いですね。

次のキャラクターは、ハンジ・ゾエ、調査兵団の分隊長をやっている女性で、任務の時には、ゴーグルをつけ、それ以外ではメガネをかけています。

9月5日が誕生日ですが、年齢は公開されていません!戦略方面で活躍している設定なので、性格はいたって冷静、そして観察力があります。

進撃の巨人実写映画で、この役にキャストされたのは、石原さとみです!1986年12月24日生まれの28歳で、2002年に受けた、ホリプロスカウトキャラバンで、グランプリを受賞したの、が高校一年生の時でした!2005年3月に卒業後から、本格的に女優活動をしてきました。

進撃の巨人ハンジ役の石原さとみ

女子がなりたい顔でも人気が高く、ヘアスタイルを真似する人も、沢山いる女優でもあります。

進撃の巨人実写映画だけではなく、先程も書いたように、ドラマ版では主役を務めています。

次はサシャ・ブラウス、7月26日生まれの16歳、漫画では、黒髪の少女ですが、アニメでは、濃い茶色の髪をしています。

キャストされたのは、桜庭ななみ、1992年10月17日生まれの22歳、なんでも、地元は鹿児島なのですが、そこで、とっても可愛子がいると大評判だったそうですが、その噂を聞きつけた、事務所の人からスカウトされたのが、芸能界入のキッカケだったようです。

進撃の巨人サシャ役の桜庭ななみ

2008年2月9日「栞と紙魚子の怪奇事件簿」の6話で、ドラマデビューをされています。

次は、進撃の巨人の、漫画の原作にはないキャラクターを、ここから紹介していきます!シキシマは、最強の男という設定で、この記事を書いている現在は、まだ進撃の巨人実写映画の公開前なので、詳しい情報はどこにも出ていません。

そしてこの役にキャストされたのは、長谷川博己、1977年3月7日生まれの38歳、「家政婦のミタ」などに出演していた俳優です!2010年「セカンドバージン」というドラマで、鈴木京香不倫をする年下男性を演じて、多くの女性たちから注目をされ、その後は、CMなどにもどんどん起用されるようになりました。

なんでも、いわゆる「クズ」と呼ばれる人物の役を演じることが、多いといわれていて、個人的には、イケメンなのに、シャキッとしない感じがするなんて印象をもっていますが、優しそうで、繊細そうな感じもあり、好感度は、私の中では低くはありません。

西島秀俊を、薄くしたような顔立ちだと感じるのは、きっと私だけでしょう・・・(汗)、ファンの方、悪い意味ではなく、良い意味なので、誤解のないようにお願い致します。

進撃の巨人シキシマ役の長谷川博己

33歳の時に「セカンドバージン」に出演するまでは、舞台を中心に活躍をしていた俳優で、劇団出身です。

次は、サンナギですが、慈悲深い豪傑という設定のようです!キャストとして選ばれたのは、松尾諭、1975年12月7日生まれの39歳、この方、漫画みたいなエピソードを持っていて、読んだ私もびっくりしたのですが、俳優を志して上京した後、道で財布を拾い、きちんと交番に届けたところ、落とし主はなんと、芸能事務所経営者だったため、これが縁となり、その事務所に所属することになった・・・というのです!すごいですよね、まさに漫画のような人生です。

進撃の巨人サンナギ役の松尾諭

先程書いた、長谷川博己は、俳優になったとき、これで食べていくことに決めて、バイトをされなかったそうですが、その途端、役者の仕事が決まったそうです。

やはり、本人の中に、揺るぎない信念があれば、現実は意外な方向から、チャンスを運んできてくれるものなのだなと、これらのエピソードを読んで、感心したというか、なんとも現実は、緩いものなんだなと、笑いがこみ上げてきます。

怖がって、チャレンジするのをやめたりするのは、もったいないなと、これらの話を聞くと、強く感じてしまいますね!道って意外と、簡単に開かれるものですね!

このような話を知ると、世の中は全体でひとつであり、一人ひとり順番に、一番良いタイミングで、様々なことが動くと言われていますが、この話しがなんとなく、信頼出来る気がします!自分の現実は、がむしゃらにどうにかしようと考えて、一人で必死になって動かそうとしなくても、自然にこうやって、開かれていく、そんな風に考えれば、気も楽になってきますね!

進撃の巨人実写映画で、新しく作られたキャラクターソウダ、なんでも嘆きの先導者という設定のようです。

このキャラクターにキャストされたのは、ピエール瀧、いつもこの名前を見ると思いますが、なんだか可愛らしいネーミングですよね!というか、彼が俳優となって仕事をしている姿を見て、「この人、確か、電気グルーヴ」って名前の、テクノバンドのメンバーの人じゃ?・・・顔が似ているだけで、別人なのかな?」と、いつも思っていたのですが(調べればいいのに・・・笑)、今回、進撃の巨人実写映画の記事をまとめながら、彼のプロフィールを調べていたら、やはりそうでした!ずっと疑問に思っていたので、それが溶けて、なんだか胸がスッとしました。

進撃の巨人ソウダ役のピエール瀧

俳優となって活動を始めたのは、2000年に入ってからだということです。

次はクバル、安定した演技力が、個人的に魅力ではと思っている俳優、國村隼が、キャストされた新キャラクターです!闇を統べる者という設定です。

1955年11月16日生まれの59歳で、熊本県出身です!1981年に映画デビューをしていて、車とお酒、そして釣りが好きなんだそうですよ。

進撃の巨人クバル役の國村隼

長い間、脇役として活躍をしてきた俳優ですが、ここ数年は、CMに出演する機会も増え、よく見かけるようになりました。

WOWOW制作のドラマの常連でもあるようです!有村架純と、キスシーンのあったドラマ、「スターマン・この星の恋」などにも出演されていたので、知っている方は多いかと思います。

まだまだいます、新キャラクター、進撃の巨人実写映画に出てくるのは、フクシ、悲しみの守護霊を演じるのは、渡部秀です。

1991年10月26日生まれの23歳、秋田県出身で、2008年に行われた、「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準優勝をされ、芸能界へ入って行きました。

進撃の巨人フクシ役の渡部秀

運動が得意の人物のようです、柔道では、秋田県大会で、2位になったことがあるほどの実力があるようです!雑貨屋や、古着屋巡りも好きなんだとか!名前の由来は、母方の祖父が、なんにでも秀でるようにとの、願いを込めてつけてくれたそうです!素敵なエピソードですね。

ヒアナ、と呼ばれるキャラクターにキャスティングされたのは、水崎綾女、この役は、猛者なる母性!1989年4月26日生まれの26歳、兵庫県神戸市出身です!第29回ホリプロタレントスカウトキャラバンで、ヤングサンデー賞を受賞してデビュー!今どき珍しい5人姉妹の4番目で、特技はなんと、アクション!なるほど、今回、進撃の巨人の実写映画で、原作にはないキャラクターとして登場しますが、その役がらが、猛者なる母性ですから、ぴったりですね!

進撃の巨人ヒアナ役の水崎綾女

現在は、女優としても活動していますが、最初は、グラビアやバラエティー番組を中心として、活躍をしていたようです。

次は、愛に生きる本能リルですが、キャストされたのは、武田梨奈です!1991年6月15日生まれの23歳、この人誰?と思ったあなた、よく分かるCMをお伝えしましょう!あの、セゾンカードの、頭突きで瓦を割る女性といったら、「あー、あの子」って、すぐに分かりますよね?この女性、なんと琉球少林流空手道月心会の、黒帯2段の実力を持つ人物です。

進撃の巨人リル役の武田梨奈

空手を始めた理由が、「私が父の仇をとる」という思いだったそうです!なんでも、彼女が10歳の頃、父親が出場した空手大会で、負ける姿を見たのがきっかけだったそうです。

優しい方ですね!そして、アクション俳優の、ジャッキー・チェンを目標にして活動を続けているようです!可愛らしいい顔立ちとは対照的に、男前な性格をされている人物のようですね。

そして、進撃の巨人の、ある意味大主役でもある、巨人役には、個人的に、お誕生日会にご招待いただいた、ジャスティス岩倉が、抜擢されています!なんでも、仕事の関係で、出来ないときもあるようですが、週に5日は筋トレをして、体作りを徹底し、キャラクターを立てているそうです。

この、日々やっている体作りが、今回の巨人役への抜擢に繋がったようですが、人と違う体作りの差別化をしていることは、意外なところから、チャンスが転がり込んでくる理由にもなりますから、巨人役、個人的にも、とても楽しみにしています。

これで、今回の進撃の巨人の、実写映画にキャストされた人物の、紹介は終わりです!今後、追加キャストとなるのでは?と言われている俳優の名前も、いくつか上がっていますが、とにかく、進撃の巨人の実写映画が公開されないと、細かいことは分かりませんから、興味のある方にとっては、映画の公開が待ちどおしいのではないでしょうか?

ついに、あの人気マンガ、進撃の巨人が実写映画となって公開されますが、個人的には、アニメなどの映画化は、賛否両論だけではなく、個人個人の内側にあるイメージを、壊さないように作る必要もあるのかなとは思いますが、今回は、まったく原作には出てこない、新キャラクターが続々登場していますから、どんな内容になるのか、楽しみでもありますね!

進撃の巨人、アニメで見たときの衝撃は、忘れられられませんが、意外と個人的には、実写映画になったことや、キャストされた俳優を見ても、いまいちピンとこないなといった印象を持ちました。

あなたは、このキャスト、どう感じられますか?

どんどん新しい漫画が生み出され、そして多くの読者の心に浸透し、アニメやドラマになったり、今回の進撃の巨人のように、実写映画となって、さらにファンを愉しませてくれますが、作る側にとっては、大変なことも多いと思います。

見る側も作る側も、両方あるからこそ、制作されるということを考えると、作る側の、見る側に対する配慮などは、相当細かいものがあるのかなと思うと、頭が下がる思いで、いっぱいになりますね。

とうとう実写映画となって登場する進撃の巨人、今回の記事では、キャストされた俳優たちをご紹介しました!




<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です