金田朋子は発達障害?まとも?

金田朋子は発達障害?まとも?

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「金田朋子は発達障害?まとも?」です。

金田朋子は発達障害なのか?

以前テレビのバラエティー番組で、年下の夫と一緒に出演していたときに、あまりの言動の突飛さに、個人的に驚いた記憶がある金田朋子さん、彼女は40歳を過ぎているのですが、その言動はどう見てもまともとは言い難く、小学生の女の子、もしくは、この年代の女子のほうがもしかしたら大人なのかも!!

と驚くような様子を見せるのです!

そんな金田朋子について、一体どんな人なのか?

そして、その特異な言動などを見た人達から、発達障害なのではないかと言われていますので、そのことも含めて情報をまとめていきたいと思います。

まずはプロフィールから見ていきます!

1973年9月29日生まれの42歳、幼少時代から、親にもちょっとこの子は変わっていると思われていたようで、子供の頃からよく喋り、食べていて、母から「たまには口を休ませてあげなさい」と言われながら育ち、あまりにもハイテンションな様子を見て、受験が難しいと判断した親が幼稚園受験をさせたのですが、不合格となり、再度小学校に入学するときに関東学院を受験して合格し、大学を出るまで一貫してこの学校に通ったため、途中で受験を経験せずにすんだという経歴を持っています!

金田朋子の地声がかなり特徴的なことが原因となって、就職活動での面接で、大変な思いをされたといいます!

まずは、金田朋子の地声を聞いてみてください!

聞いていただくと分かる通りかなり特徴的な高い声で、大人の女性だとは思えない、非常に変わった声を出す人物です!

この声で面接を受けたので、面接官から「君、その声ふざけているの?」と聞かれてしまい、本人談では、自分ではまともに受けていたのだけれど、相手の反応などは地獄のようだったというエピソードがあるようです!

そのため、金田朋子は就職試験で数多くの企業を受けたのですが、かなり落とされたようで、就職活動には苦労されたようです!

この声は地声であり、声優としては非常に恵まれているのですが、一般社会ではなかなか理解されず、大変苦労されただけでなく、特徴がありすぎた声だったので、大学では代返などが出来ず、大変だったと語っています!

例えば、金田朋子が教材の電話セールスのアルバイトをしていたとき、なにかを付けて喋っているのかと聞かれたり、大人ではなく子供だと思われてしまい、一日でそのバイトをやめることになったなどといったエピソードもあり、一般社会ではなかなか通用しない、そんな不思議な魅力を持った女性であったのです!

それでも、大学卒業後は、大手製菓会社のブルボンに入社、こちらでは、本社の新潟に勤務し、担当した仕事は外国人労働者の給与の手渡し、従業員のお弁当などの手配などの地味ですが、縁の下の力持ち的な業種をコツコツとやっていたのです!

その後、金田朋子は開店したばかりの新宿高島屋に転職し、こちらではおもちゃ売り場担当でした!

あの独特な声でおもちゃ売り場とは、かなり合っていたのではないかと考えられますが、子どもたちにはウケていたのでしょうか?

実は、あの声で子どもたちに声をかけたら、逃げられたんだとか・・・!

家族からも幼少時代から心配されていた、まともには見えにくいキャラクターとテンション、声を持っていたことで、電通に勤めていた姉に、声優になればと薦められ、高島屋時代に声優養成所の夜間の「青二塾」に通うことに決めたのですが、デパート勤務はシフト制で夜遅い出番もありますから、この仕事を続けていては通えないと考え、その後三井住友銀行の貸し金庫担当員に転職して、夕方からこの養成所に通って声優を目指すことになります!

この職場でも、あの声ですから、お客様から飴やまんじゅうをもらう機会が多くあったと語っているようです!

すでにこのとき、金田朋子は20代でしたから、声優を目指すには遅咲きでもありましたが、学生時代から、出席をとられるときに声を出すだけで教室中が大笑いの渦に巻き込まれるほど、天然の声を持っていたようですから、この声は、やはり彼女の個性であり才能であったようです!

声優業界でも、この声がこの業界にやってこなかったら、世界が大変な損失になるところだったと言われるほどの才能を持っているようです!

とにかく、発達障害ではないかと疑われるほど、まともからは縁遠いエピソードや言動が多い金田朋子ですが、他にはどんな話が彼女の周りで囁かれているのか?

あの独特の声を出すため、卒業式などでは雰囲気をぶち壊してしまい、まともなら皆が泣く場面ではあるのですが、逆に爆笑の渦を巻き起こしてしまったようです!

金田朋子はまとも!?なのか?

さらに、一時期ヘリウムガスを吸って高い声を出すという遊びが流行ったことがありますが、金田朋子の場合は、これを吸っても元々高い声なのであまり変わらないという驚きの事実もあるようです。

まともではない伝説の多い金田朋子がプレステ用の音声を録音しようとしたときには、おかしなノイズが入ったため調べると、なんと!

人間には聞き取れない高い音を出していたようで、「めちゃめちゃイケてるッ!」に出演したときも、彼女が超音波を出していることが証明されるという、驚きの結果が出ています!

調べていけばいくほど、おかしなエピソードだらけで、とても大人の女性とは思えない金田朋子ですが、晴れて声優デビューをしたのは2000年4月、青二プロダクションのオーディションに合格したことがきっかけで、声優専門のこのプロダクションに所属して、三井住友銀行を退職し、同年7月にオリジナルビデオアニメーション(OVA)「伝心、守って守護月天」長佐役でデビューをしています。

あの独特な声ですから、金田朋子は主に幼女や少女役などの声優として活躍することが多いのです!

そして、性格はかなり明るくて笑い上戸で天然な上に、あの独特のまともには聞こえない声を発するので、南海キャンディーズの山田亮太からは「金田さんがいると周りの人が常識人になる」とツッコミを入れられたこともあるほど、一風変わったどころではない強烈なキャラクターをもっています!

身長は150cmと、日本女性の平均身長から7cmほども低いことや、あのまともには聞こえない声や言動などのおかげで、彼女についてのエピソードは尽きないほどあるといいます!

小柄で童顔、そして独特の高い幼く聞こえる声を持っているため、30歳を過ぎても身分証明書がないと居酒屋に入れないという、ある意味アンチエイジングいらずの羨ましい一面もあるようです。

あの小柄な体つきからは想像しにくいのですが、金田朋子は意外と大食いで、お寿司を80貫平らげたこともあり、肉、じゃがいも、寿司、そして子供のように見えるのですが、お酒が大好物なんだとか!

小さな体ですがパワーはかなりのものがあると考えられる金田朋子、まともでないエピソードも数多くあるようですが、なんでも家族の中では背が高いほうだといいますから、それもまた面白い話ですね!

あのまま一般社会で生きていたら、今頃どんな人生を歩んでいたんだろうと、逆の意味で興味が湧きますが、声優としての道が切り開かれ、才能を見事に開花させて、持って生まれた独特のまともに聞こえない声を武器に、この世界でどんどん知名度をあげ、現在ではバラエティー番組などにも出演して徐々に一般の人達への認知度も高まっている金田朋子ですが、2015年12月現在で42歳、すでに結婚していて、俳優のイケメン夫がいるのです!

え?こんな変わった、まともじゃない伝説が数多くある金田朋子が人妻?

と驚く方もいると思いますが、2013年に、なんと10歳年下の森渉さんと結婚されています!

金田朋子と森渉

金田朋子が40歳のときになりますので、それでなくても驚きの女性が、さらに10歳年下の男性をゲットしたという事実に、驚愕した人もいるのではないでしょうか?

結婚を発表したときに、金田朋子が語ったエピソードには次のようなものがあります。

「人間の方と結婚できて良かったです」

彼女の代表作は「おしりかじり虫」の声なので、そのことと繋げて、このような発言になったようです!

金田朋子の代表作「おしりかじり虫」

金田朋子のあのキャラクターは、一般常識では測れないものがありますが、もちろん大人の女性ですし、普通の企業に勤めていた経験を持っていますから、場面によってはきちんとした人間性を出しているようです!

それでも、まともじゃないキャラクターも持ちあわせていますし、発達障害ではないかとも囁かれているので、一緒に暮らしている夫となった森渉は、次のように話しています。

「疲れたり困ったりするときもあるけど、それは僕の器が足りていないんだ」

かなりの大人発言に、驚きますが、それでもやはり夫として一緒に生きていると疲れる時もあるようです。

そんなときは、そっと家を抜けだして、公園のブランコに乗って揺れているそうです、笑いの絶えない家庭ではあるようですが、強烈なキャラクターを持っている金田朋子についてくのは簡単ではないのではと思われます。

まさに存在自体がまともじゃないだけでなく、常識を超えているようですが、彼女は発達障害が入っているのでしょうか?

これまでご紹介したエピソードが沢山ある、天然キャラ全開で生きている金田朋子、彼女の言動をバラエティー番組などで見て、「発達障害じゃないの?」と思っている方も多いようです!

確かに、あの強烈なまともには見えにくい様子を見ると、なんらかの発達障害を持っているのではと疑われても仕方がないとは思いますが、本当のところはどうなのでしょうか?

ではまずは、発達障害について簡単に見ていき、もし仮に、金田朋子に障害があるとしたら、どんなものが考えられるのか検証していみたいと思います。

発達障害とは、医学的には脳機能の障害のひとつで、普通に社会生活を営んだり、他人とコミュニケーションを取るのが困難であるという症状を持っているのが特徴です!

実は、発達障害は100人に1人ほどいると言われていて、特徴としては、多くは知的障害を伴わない、先天的なもので、治すことは出来ません。

ただ、状態を緩和することは可能だと考えられています!

金田朋子はADHDなのでしょうか?

例えば次のようなものがあります。

● アスペルガー症候群
● ADHD
● 広汎性発達障害
● 自閉症スペクトラム

これらは専門家によって診断名が変わるため、細かい定義にこだわらないほうが分かりやすいと考えられています。

特に、すでに大人の年齢であるまともに見えにくい、発達障害疑惑がかかっている金田朋子のような大人の発達障害に関しては、現在の社会構造の中で生きにくさを常に感じているのが大きな特徴になっていることも、細かく定義しないという考えが広まっている背景にあるようです。

子供の場合と、大人の場合はやはり定義に違いがあるようです。

金田朋子は42歳で大人ですから、こちらの考えを当てはめていきながら、一体どんな発達障害が考えられるのかを検証していきます。

タイプとしては次の3つが当てはまると考えることが出来るようです。

● ADHD・・・注意欠陥・多動性障害優位型=思いつきで行動しやすく、うっかりミスが多い
● ASD・・・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群優位型=現在の状況や相手の気持ち、次に起こることを想像しにくく、本人に思い込みがあって認知の歪みがあり、理解のズレが出やすい
● LD・・・学習障害優位型=仕事の指示などの覚えが悪く、決まった作業なのに何度やっても理解出来ない

そして、大人の発達障害の方は、次のようなことが得意分野だといわれています。

● パソコンを使った作業
● 自分が関心があるものを深く掘り下げることが出来る
● 自分のルールで突き進むことが出来る
● 緻密さを持っている
● ルールが決まっていて、反復が多い

このような分野が得意で、才能を伸ばせる部分であると考えられているのが、大人の発達障害です。

金田朋子は、元々建築学科の大学を卒業していますが、図面の一ミリの違いが結果を大きく左右してしまう建築の世界は自分に向いていないと判断し、せっかく学んだのですが、この世界への就職は諦めたという過去がありますので、緻密さは持っていないようですし、実はまともに見えない彼女は、パソコンを使えませんし持っていません!

ですが、言動を見ていると、バラエティーなどは作られた部分もあるとは思いますが、自分のルールで突き進んでいるようですし、声優という自分の好きな世界を深く掘り下げて人気となっていますから、この部分では発達障害に当てはまるものも見られるのかなと感じられます!

あるテレビ番組で、金田朋子は夫から「仕事を辞めてアスリートして東京オリンピックを目指したい」という電話をもらい、どのように対処するかという様子を見るというバラエティーに出演していたのですが、個人的にその時の対応は、かなり大人の女性であると感じられるものでした。

彼女は、それでは子供は諦めて、スポンサーなどを募ったらどうかといった的確なアドバイスをしていました。

確かに、あの独特でまともには聞こえない高い声や、変わった言動をされる姿を見ると、発達障害があるのかなと感じられると思いますが、このように分析をしていくと、その可能性はまったくないとは言いきれない微妙な面もあるにはありますが(言い間違いなどが多いので、理解のズレが少し目立ちます)、個人的には、特別それらの症状で大変な思いをしている様子は見られないけれど、個性としてはかなり強烈な性格を持っていることは確かではないかといった推測が出来ます。

大人の発達障害でよく言われるものに、整理整頓が出来ない、人間関係をうまく築く事ができないといったものがありますが、これまで調べてみた金田朋子の様子からは、これらのものは見当たりません。

お金に関して考え方もきっちりしているようですし、家の中も綺麗に整頓されていて、仕事もそつなくこなしているようです。

こうやってみていくと、金田朋子が発達障害である可能性は、かなり低いことが分かります。

ただ、次のような変わったエピソードもありますので、シェアしておきたいと思います!

● ボーとして男トイレに入ってしまったり、他人の車に乗ってしまい、違いますと言われたことがある
● 神主さんに、巫女さんですかと聞いたことがある
● 生放送中にスタッフに「オンエアーはいつですか」と聞いた
● 番組で東京タワーの周辺を散歩することになっていたのに、その趣旨をすっかり忘れて、近所の八百屋に行ってしまった
● 車に乗って歯医者に行ったはずなのに、すっかりそれを忘れて歩いて帰った

このようなちょっと笑えるエピソードもありますので、ちょっと変わった人といった感じで受け止めると分かりやすいのかなと思われます!

個人的に見て、小柄で40歳過ぎているようには全く見えない、少女のような天然キャラが魅力的で面白いと感じますが、あなたは金田朋子を見てどう感じますか?

このように彼女の情報を見ていくと、発達障害とはいえないような面が多いようです、もちろん本人もそのような診断を受けたという話をしていませんし、少し旦那さんが疲れを感じてはいるようですが、それもまた夫婦の絆に繋がるのではと思いますから、結婚を決めた相手ですから、そこも含めて器を広げていくしかないということになります!

ちなみに、あのようなまともに見えない強烈なキャラクターを持っている金田朋子の夫になった森渉は、あるパーティーで彼女を見かけ、一目惚れしたことから交際に発展したようです。

しかも、その前に女性と別れたようで、次に付き合う人とは結婚することを心に決めていたときに出会ったのが、まともに見えないけれど、黙っていれば小柄で非常に可愛らしい女性である金田朋子だったそうです。

ということは、二人の出会いは運命とも受け止められ、10歳年上といった雰囲気を感じさせない彼女の容姿や内面が、結婚を決めるきっかけになったのではないかと考えられます!

最初は10歳も年下の男性が自分を真剣に思っているはずがないと考えていた金田朋子は、交際を申し込まれても真剣に受け止めておらず、プロポーズも3度されたといいます。

夫となった森渉は、かなり粘ったようです!

あまりにも強烈にキャラクターが立っているため、バラエティー番組などに出演した時の言動などから「金田地獄」とも呼ばれていて、無駄に明るすぎる人だという印象が強くあるようですが、発達障害であるという事実は見当たりませんでしたが、かなり記憶力が良く、幼少時代からよく喋っていたといいますから、何らかの才能を数多く秘めている女性であることは確かなようです。

初めて見たときには驚いた金田朋子、声優の世界では有名人のようですが、その言動がまともではないように見えるため、発達障害ではないかと囁かれていますが、真実は彼女の中にしかありません!

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。