顔汗を抑える対策法は?

顔汗を抑える対策法

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「顔汗を抑える対策法は?」です。

女性の顔汗対策

もうすぐ暑い夏がやってくる!子供の頃は、夏休みに、海、山にプール、友達との遊び、家族旅行、そして日焼けの色を友達と競うために、炎天下の下で、ガンガン遊びまくったけれど、大人になると、夏は全く違う世界観になってしまったという方も、多いのではないでしょうか?出来れば、顔の汗を抑えるようにして、さらには日焼けなんて厳禁!脇は制汗剤を使ってしっかりとケアしながら、全身の汗も止めるようにしたい、臭いの原因になるようなものはできるだけ避け、さまざまな対策を実践して、子供の頃のように、純粋に夏を楽しめない、そんな人もたくさんいるかもしれません。


↑ 顔汗を抑えるなら?komichiおすすめの顔汗制汗ジェル

それが、大人になり、進化していくということでもありますから、子供の時には、顔や全身の汗を止めるなんて、考えたこともなかったけれど、やはり大人として社会に入っている以上、顔に流れる汗などを抑える工夫をしながら、他の部分も止めるために、制汗剤をも使うのは、肌トラブルなどの元にもなるような原因に対する対策でもありますから、こればかりは、社会性を身につけないと、仕事に影響も出てしまいますから、悩ましいですが、致し方ないものでもあると、個人的に思います。

ということで、この記事では、顔や体の汗を抑えたり、止めるための対策法や、制汗剤について、さらには、汗をかく理由や、臭う原因などについても、いろいろとまとめていきたいと思います。

なんでも、聞いたところによると、モデルや女優は、デビューして早い段階から、撮影に影響するため、顔に汗をかかないように、自分自身を見事にコントロールするそうです!寒い冬でも、撮影は春物であるため、鳥肌が立たないような体になれとか、暑い夏の日に、秋冬ものの洋服を着て撮影する場合も、体にかく汗は抑えないけれど、顔に出のだけは止める、汗の原因となるような、水分補給を控える、意志の力で、これらをコントロールして、見事に成功させているといった話を聞いたことがありますが、人間って、顔汗を、自分の意志でコントロールすることすら出来るのだと、止める事ができると言う話に、驚いた記憶があります。

ですがどうやら、これには秘密があるようです!意志の力なんて表向きでは言っていても、顔や全身の汗などを止める、抑えるために、ある対策をしているようですが、その情報については、まずはご紹介しておきます。

私のような凡人には、とても顔や全身の汗を抑える、意志を育てる気力はありませんので(笑)、なにか他の方法で止める対策はないのか?情報を探っていきたいと思います。


↑ 顔汗対策には、こちらの制汗ジェルがおすすめです。

多くの方が御存知の通り、京都などに行くと、舞妓さんを、日中街中で見かけることがあります!真っ白い顔に、重そうに見える着物姿、真夏の暑い日に、個人的に見かけたことがありますが、あんなに暑そうな恰好をしているのに、顔汗ひとつかくことなく、さっそうと歩いている姿に、驚きました!いったい何故、舞妓さんは、顔汗を止める必要もないように、涼しい顔をして、あんなふうに歩いていられるのでしょうか?不思議ですよね!意志の力なのか?いえいえ、どうやら、顔や全身の汗を抑える対策方法を、彼女たちは知っているようです!実は、昔からの知恵のようですが、胸のあたりにある、ツボを刺激していると、顔などや、全身の汗を止めることや、抑えることが出来るといった、対策の方法があるそうです。

顔汗・脇汗の原因と抑える対策は?

顔汗や、脇汗、これらに対する対策として、制汗剤を使ったりする人も多いかと思いますが、実はツボを抑えるだけで、顔汗が出る原因を、シャットアウトしてくといった対策の方法があるそうです!屋翳(おくえい)と呼ばれる、乳首の3~5cmほど上(指2、3本)を、1~3分ほど抑えることで、顔に流れたり、体に出る汗などを、止めることが出来るといわれているようです。

ここは、女性ホルモンの分泌に関係が深いツボで、顔や汗を抑える対策になるだけではなく、なんと、女性に嬉しい、バストアップにも繋がるツボでもあるんだとか!夏場には、気になる顔の汗を抑えるための対策として、このツボを刺激し、他の季節は、バストアップを狙っていく、そんな使い分けも出来る、万能のツボでもあるようです。

もうひとつ、即効性がある、顔や全身の汗を止める、ツボがあるようですから見ていきましょう!大包(だいほう)といって、脇の真ん中から下あたりにあります。

この2つのツボを上手に抑えておけば、顔から出たり、全身にじわっと広がる汗を、止めることができるだけではなく、全身の、制汗剤を使う脇などの部分の汗も、抑えることが出来、とても便利だということです。

顔が商売道具の1つでもある、舞妓さんや、モデルや女優さんなどは、ここのツボを押してくれる、ある秘密の道具を使って、顔に出たり、全身に流れる汗を抑える対策にしているようです!なるほど、意志の力もあったのでしょうが、このような昔からの知恵を、上手に組み込んで、顔の汗を止めるようにしてきたようです。

知らなかったのは、多くの一般人であった、ということのようです!汗止め帯なるものが、あったようですね。

ツボを上手に刺激してくれる、面白いものがあるのだなと、個人的には驚きました!他には、顔汗だけではなく、体にも効果のある対策はあるのでしょうか?アロマオイルを使っている方なら、夏の暑い日に、ペパーミントなどのオイルを上手に活用して、汗を止めるといった方法を、自ら実践している方も、いるかもしれませんが、他にはハッカを使った対策で、顔や全身の汗を、抑えることが出来るようです。

ここで、誤解のないように、最初に書いておきますが、ハッカには、体温を下げる効果はありません。

ですが、ペパーミントには、顔から流れたり、全身に出てくる汗などを抑えるだけではなく、体温を下げる効果がありますので、ここはきちんと分けて理解をしておいてください。

まず、ハッカを使って、顔の汗などをすぅーっと引かせる対策を、書いていきたいと思います!まずは、ハッカの効能から見ていきましょう。

これは、寒いとか、冷たいといった皮膚の信号に刺激を与えて、人間が、涼しいとか、寒いといった感覚になり、錯覚させることで、顔の汗などを抑える効果があるといったものです!ですから、体温は下がっていないので、これを使う場合、熱中症に気をつけることが大切となります!適量を上手に使えば、夏の暑さを快適に乗りきれる、ありがたいアイテムになります。

使い方ですが、ハッカ油と、無水エタノール、そして精製水を用意しますが、アロマテラピーなどをされている方で、化粧水などを作っていらっしゃる人の中には、ウォッカなどを使って、作っている方もいるかと思いますが、家庭にウォッカがあれば、無水エタノールの代わりに、それを使っても大丈夫です。
顔汗対策にハッカ油

顔や全身の汗を抑えるために、まずはハッカスプレーを作っていきますが、これらは商品化もされているので、面倒な方は、そちらを購入されるといいのではと思いますが、自分で作れば、手間はかかりますが、経済的で、たくさん作れるので、面倒でなければ、顔や全身の汗を抑える対策として、愉しみながら作ってみてください。

では、作り方です、汗の原因となる、暑いといった体感を、少しでも楽にし、顔に出る汗も止めることが出来るのなら、個人的にも、チャレンジしてみたいと思います。

まずは、100mlの作り方です!無水エタノール(またはウォッカ)10mlに、ハッカ5滴を入れ、しっかりとよくかき混ぜてください。

その後、精製水90mlを混ぜて、よく振って出来上がり!簡単ですよね!個人的に、アロマオイルを使って、化粧水などを作ることもあるため、これはその別バージョンみたいなものなので、ちゃちゃっと作れば、とっても手軽で、制汗剤の代わりにもなりますから、重宝するのではと思います。

先程から書いているように、ハッカには、体温を下げる作用はありませんので、そこはお忘れないようお願い致します。

アルコールに、先にハッカ油を混ぜることで、水と混ざりやすくなります、面倒なら、水とハッカだけで作ってもいいとは思いますが、使う時には、しっかりと何度も振って、よく混ぜてあげてくださいね。

情報としてこれらをきちんと知り、意識しながら、使っていっていただければと思います。

普段から、化粧水を手作りすることがあるのですが、アルコールが肌に刺激となる人もいますから、そういった方は、ナシで作っても大丈夫だと、経験としては思います。


↑ 現在1番人気の顔汗制汗ジェル

せっかくですから、顔や全身の汗を抑える対策として、体温を下げてくれる、ペパーミントスプレーの作り方も書いておきましょう!同じなのですが、ハッカ油をペパーミントに変えるだけです!効能などを見ていきましょう。

解熱作用成分を、たくさん含んでいるので、体温を下げてくれる精油です!風邪を引いたときなどにも、非常に効果的なので、体調不良になったときにも、うまく活用されるといいと思います。

ペパーミントは、香りを嗅ぐだけでも、なんと、4度も体温が下がる効果が、実験結果でもわかっているようです!優れたリフレッシュ効果があり、ストレスや神経疲労を和らげてくれるだけではなく、眠気を抑えてくれ、鼻や喉のコンディションを楽にしてくれます。

個人的には、長いこと精油を使ってきた経験から、植物オイルで薄めたペパーミントを、首筋や、脇の下、そして汗をかきやすい場所に、さっと塗りこんでおくと、暑い夏の日も、さっぱりと過ごすことが出来ました。

顔に流れたり、体中の汗を抑える対策のひとつとして、ペパーミントや、スペアミントの精油も使えますよ。

ただ、使ってはいけない人がいますから、注意事項として、その情報も書いておきます!乳幼児や妊婦、授乳中の産婦や、神経系の弱い人や老人、てんかん患者には使用しないでください。

神経毒性があるので、先ほど書いた人たちや、高血圧症の人には、使用しないように気をつけてください!冷却作用があるので、あまり広範囲に使うと、体温を下げすぎてしまうおそれもありますので、使いすぎなどには注意してください。

あくまでも、気になる顔などや、体の汗を抑えるといった目的や、対策のひとつとして、適量を様子を見ながら、ご自身の体感などで、見極めながら使っていっていただかないと、ペパーミントが原因で、体調に変化が出る場合もありますから、汗を止めることが出来ても、具合が悪くなったとしたら、本末転倒なので、気をつけてください。

他には、顔や全身の汗を抑える方法はないの?日本に昔からある、あるものを使って、上手に止めることが出来るようです!それは、ミョウバンです。

食品添加物として有名ですよね!これを使うことで、顔汗を抑えられるようです!対策としては、かなり経済的ではないかと思いますが、ではいったい、どうやってこれを使って、顔や体に流れる汗を止めるのか?まずは、ミョウバンの効能などから見ていきましょう。

ミョウバンは、天然の鉱物です!近世までは、大分県別府市にある、明礬温泉の一帯が採掘場でしたが、現在では、食塩のように、工場などで作られているものがほとんどです。

硫酸アルミニウムと、硫酸カリウムの結合物で、無色透明の、正八面体の結晶体です。

いろいろなものに使われていますが、制汗剤などの商品にも使われています!スーパーや薬局などで売られていて、50~60gほどで、200円程度で買えるので、自分で顔や体、脇の汗を止めるために、制汗剤をわざわざ買うより、みょうばんスプレーを作ったほうが、安上がりになるかとは思いますが、手軽に商品を持ち運びたいとか、作るのは面倒と思うのなら、市販の制汗剤を使ってみれば、いいのではないでしょうか?

みょうばん水の消臭効果

消臭効果のあるミョウバン水
殺菌作用や、収斂作用、制汗作用があり、消臭効果も期待できるようです!みょうばん水をつけると、殺菌も出来、さらに顔や全身の汗などを抑えることができるので、安上がりの対策といえますが、作るのに時間がかかるのが難点です。

まずは、みょうばん水の原液造りから始めましょう!原液の比率は、水とみょうばんが、30:1となるようにします。

ここでは、500mlのペットボトルで作ることにしておきましょう。

まずは、みょうばん17gを量っておき、水500mlを用意します!ふたつを合わせて、2、3日置いておきましょう。

すぐに溶けませんから、気長に待ってください!しっかりと溶けたら、20倍に薄めて使ってください!200ccくらいの水に、キャップ1杯ほどのミョウバン原液を入れれば完成です!スプレー容器に移して、冷蔵庫で保存してください。

暑い日、顔などや、体の汗が気になる、抑えたいといったときに、スプレーすると、殺菌もでき、汗の臭いも抑えてくれる、手作り制汗剤の出来上がりです!

汗の臭いの原因なども、スッキリと取り除いてくれる、安上がりな対策です。

これも注意事項があって、食品添加物としても使われていて、それらを食べた子供の中には、腎臓や肝臓などの障害を引き起こす、危険性などもあるため、大人でもそうですが、これを使う場合、さまざまなものとの、バランスを取るように気を配ってください。

普段から、みょうばんなどが入っている食品などを、多く摂取する機会のある方は、あまり多用されないほうがいいかと思われます。

ハッカやペパーミントなどを使ったりと、工夫されるといいのではないでしょうか?体全体に吹きかけたり、顔に直接かけるのではなく、首筋や脇などに、さっとスプレーするようにしてください。

人によっては、かぶれたり、かゆみがでたりすることもあるようですから、肌に刺激があると感じたら、使用するのはやめてください。

最も手軽な、顔や体の汗を抑えてくれる対策としては、保冷剤などを、タオルに巻いて、首の後ろにあててあげると、汗がすぅーっと引いていき、止まるといわれています。

他に、日常で気をつけたいことは、やはり顔や体に汗などをかきやすくなるので、刺激の強い食べ物は、普段から控えるといった、食事の摂取方法の工夫なども、ある程度は効果を発揮するようです。

ここからは、制汗剤について見ていきましょう!役割はシンプルで、制汗と抗菌です。

スプレータイプや、クリームタイプがあり、なんでも、ひとりひとりの体臭に応じて、使う制汗剤は、選ばなければならないようです!自分の体臭が強いかそうでないかを知るには、耳垢を取ってみて、湿り具合で判断するのが一般的であるようです。

乾燥しているタイプは弱く、少し湿っていれば中くらい、キャラメルが溶けたような状態であれば、かなり、体臭がキツイタイプだと考えていいようです!制汗剤の成分の効果は、24時間ほど続くようです、個人的に思うのですが、汗腺を止める制汗剤を使い続けることは、やはり、体にとっては負担となるのでは?何故なら、毛穴から汗が出ていくことで、体は、水分調整をしている腎臓などの働きの、負担を減らせるのですが、このようなものを使って、本来、外に出て行きたい、顔や体から出る汗を、人間側の都合だけで止め続けていくと、体に負担がかかっていくこともあるのでは?と、さまざまな学びから思っているからです。

もちろん、一年中使うものではありませんから、そんなに気にすることはないと思います、制汗剤を使ったら、その日はお風呂で半身浴などをして、汗をたっぷりかいてあげるなどの、ケアをしてあげると、体の負担が減るのかな?とは思います。

そして、制汗剤などの商品は、上手に活用してあげれば、便利に使えるアイテムでもありますから、使用するなら、その分ケアなどもきちんとするといった意識を持つと、さらに効果的になるのではと思います。

要するに、抑えることばかりに目を向けず、もっと大局的に考える意識も大切だという話です!

顔や体の汗を抑えるための対策などを調べていたら、なんと!病院で薬を処方してもらうとか、美容外科で手術をして、汗をかきにくくするといった、ちょっと驚きの方法もありましたが、個人的に思うことは、腎臓に負担がかかるのでは?と、ちょっと心配にもなります。

顔や体は全部繋がっている、そのことを忘れて、ある一つの不具合だけを、どうにかしようとするのではなく、普段から、運動や半身浴などをして、しっかりと汗をかいてあげ、汗腺を開いておくことで、あまり顔や体に汗などをかかなくても良くなるよう、生活習慣も、工夫していくと、いろんなことが循環してくので、いっときの楽のために、無理やりなにかをせき止めるといった方法ばかりに頼らないで、もっと大きな視点からも、これらの対策については、さまざまな知識を持っていると、他の病気に発展させないですみますから、上手に活用しつつ、便利アイテムに、流されないようにも、気をつけたいものですね。

知らずに使っているよりも、そうか、腎臓に負担をかける可能性もなきにしもあらずと知って、塩梅をとりながら使っているか、そうでないかでは、やはり体に対して、まったくいろんなことに違いが出るかと思います、便利アイテム、上手に活用しつつ、依存しないようにしていきたいですね。

汗をかく理由

ここからは、汗をかく理由について見ていきましょう。

顔に流れたり、全身に出る汗を抑えたい、止めたい、そんな思いを持っているあなたへ、人間が何故、これを出すのか?その理由を探っていきたいと思います。

顔や体に出てくる汗などの役割は、体温調整です!人間は、一定の体温を保っている恒温動物です!心臓といった、内臓系の温度のことを、核心温と呼び、これは、37度に保たれているといわれています。

そして、皮膚表面や筋肉などの温度は、外殻温と呼ばれていて、外と中の熱を入れ替える役割をしています。

体温の細胞や器官を、効率的に働かせるためには、体温を36度くらいに保っているのが、一番良いといわれていて、運動したり、暑い場所にいたときなどに、体温が高くなると、熱を外に逃がす必要が出てきます。

ここで重要な役割をするのは、顔から、そして体から流れる汗などから出てくるこの液体です!これが体の外へ出ていき、蒸発することで、熱を外へ逃して、体温を調整しているというわけです。

これは、味覚性発汗、精神性発汗、温熱性発汗の3つがあり、味覚性は見ての通り、辛いものを食べた時に出るものです。

精神性は、緊張したり、興奮するために出るもので、顔からや、体の汗を抑えたい人は、これらも関係していないかどうか、チェックされるといいかと思います。


↑ 現在人気の顔汗制汗ジェル

温熱性は、体温調整をするときに出るもので、暑すぎたり運動した時に出ます。

もともと臭いはないのですが、時間がたって、汗に皮脂や垢がたまり、雑菌が繁殖することで、あの気になる臭いになってしまうのです!汗腺から出てきた水分が、臭いを発するようになるには、1~2時間ほどかかりますが、この間に、濡れたタオルで体を拭いたり、着ているものを取り替えてあげるといった工夫をすると、あまり臭いを気にしなくてもすむようになります。

体温調整をしてくれる、顔に出たり、体に流れる汗ですが、出すぎるのは多汗症といった症状が疑われるので、そのような場合、別のアプローチが必要となるようです。

こうやって、顔や体の汗を抑える対策などを見ていくと、お分かりいただけるように、確かに、汗の原因となる夏の暑さなどで、あまりにも出すぎるときなどに、上手に便利アイテムとして制汗剤を使うのは、社会生活を営む上で、かなり快適に過ごせるのでいいものでもありますが、体温を保とうとしている働きなどを、阻害しすぎると、やはりどこかでツケが回ってくる可能性も、ないとは言い切れませんから、これらも、上手に活用しつつ、ケアも行うようにしたほうが、個人的には、体にとって楽になるのかなとは思います。

顔汗を抑える対策法は、いろいろとありますが、便利アイテムも、使い方次第だということも、肝に銘じ使用されることをおすすめします!

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です