高齢不妊の原因は?

高齢不妊の原因は?

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「高齢不妊の原因と治療」です。

働く女性の増加とともに、結婚する時期自体が遅くなっている現代社会では、出産も30代頃になる女性が多くなっているといわれています。

増えている高齢出産

この記事では、高齢出産が普通になりつつある現代で、年齢を重ねていることで、不妊となる原因と治療についての情報をまとめていきたいと思います。



高齢の不妊は自業自得?

現代社会では、女性の生き方の多様化によって、さまざまな選択肢があります。

そのため、結婚を自ら望まないケースも多く、結婚したいと思っていても、ご縁がなくて30過ぎるまで相手と巡り合えなかったという場合もあり、高齢の妊娠や出産にはリスクもつきまとうといわれているようです。

こればかりは、高齢不妊をどう受け止め、どのように選択していくかは、人それぞれなのに、個人的にも、高齢不妊の原因と治療法を考えたときに、これらは本人の自業自得だという言い方は、あまりにも過ぎた表現ではないかと考えます。

ただ、一般的には、やはり高齢の女性が不妊で治療を受けるのは、まだまだ風当たりが強いという印象がありますし、さまざまな意見があって当然ですし、子孫繁栄の観点から考えても、先人の智慧として、若い時期に子ども産み、周囲の高齢者などが一緒になって育んでいくシステムは、いかに恵まれていた生きるための智慧であったのかを現代女性だけではなく、社会全体が身にしみて感じている時代になったのではないかと考えられます。

高齢不妊治療
↑ 高齢不妊から赤ちゃんを授かった実績を多く持つ現在最も売れている妊娠メソッドのDVDです。

高齢不妊治療をされている方はかなり多くいるといわれているようですが、20代で結婚しても、不妊に悩むカップルも沢山いるのが現代の問題でもありますので、このようなナーバスな問題に関して、高齢不妊は自業自得だなんて一概には言えないとは考えられます。

厚生労働省は、不妊治療の公費助成を39歳が上限だとしたのですが、これについても賛否両論あるようです。

個人的に、結婚したのは早く、24歳だったのですが、結婚後、一時期不妊治療というか、そもそも生理が止まり、それらの治療などをした時期があり、そのときは、薬の影響で、変な太り方をしてしまったり、その後様々な経験をしてきた結果、現在まで子どもを産んだことがありません。

正直、後悔しているかどうかと聞かれたら、そんなことを考える暇もないほど、いろんなことが起こったので(詳しくは下にあるプロフィールをご覧ください)、レアケースであるため、この、高齢不妊が自業自得だという話で議論していたり、意見を交換している姿には不思議な感覚を感じます。

なぜなら、確かに、結婚し、子どもを産んで育て、命を継承していくことは、私達のこれまでの役割であったのは事実ですし、命をつないできてくれた先祖がいたから、今の自分もいるわけですから、それが出来ないという事実に向き合ったときに、さまざまな意見や感情、感覚や考え方が出てくるのは当然ですし、誰が何を表現してもなんらおかしくはありません。

不思議な感覚を感じるのは、これらの意見を言うことではなく、高齢不妊は自業自得という決めつけの考えがまかり通る現実を、客観的に眺めたときに、なんとなく、生き方は一つだという、押し付けが感じられる部分なのですが、あなたはどう感じますか?

高齢出産をした女性は、次のような幸せをかみしめているようですから、こういった情報もしっかりと理解されると、また人生観が違った面から見えてくるのではないでしょうか?

個人的にも、高齢出産をした人から聞いたことがありますが、若いときに産むのは確かに体力的に楽なんだそうですが、高齢での出産となると、10ヶ月お腹の中に子どもを宿しているあの期間が、非常に大事に出来、若い頃だと、突き出たお腹がなんとなくかっこ悪いとか、いろんなことを考えますが、落ち着いて命と向き合え、高齢というリスクを抱えている分、逆に妊娠期間を楽しめたという意見もあるようです。

そして、若い頃のように、遊びや旅行などに意識があまり向かなくなっている分、落ち着いて家庭で子育て出来るという利点もあるといわれていますが、内面の成長と経験値の高さが、高齢で子どもを産むというリスクに対して、有利に働く場合もあるという事実も、現実にあるといわれています。

そして、医療現場の医師の見解では、結婚後、不妊治療に高齢で訪れる方には、厳しい話をされる方も多いようですが、これもまた、現実を見据えた意見をはっきりと提示してくれるので、有り難い話ではあると思います。

ある医師は、高齢で不妊治療を希望している夫婦に、特に高学歴の方が多いと話していますが、老後のことを考えた場合、高齢での出産は、20歳くらいの若い子どもが親を支えるようになるのはむごいということで、これらの話をとくとくと聞かせて、高齢不妊の治療を諦めてもらうこともかなりあると話しています。

高齢不妊治療
↑ 高齢不妊から赤ちゃんを授かった実績を多く持つ現在最も売れている妊娠メソッドのDVDです。

このような話しも、感情抜きで個人的には理解できます。

そして、高齢での妊娠は、やはり異常妊娠&出産が増えるといわれています。

これらのリスクを考えても、高齢不妊は自業自得かと問われると、やはり個人的には、答えはないとしか言いようがありません。

何故なら、自然を相手に、雨を降らせるな、風を吹かせるな、と言い合っているだけのように思えるからです。

女性は、男性が思うほど、社会的な生き物ではないと考える事もできます。

とにかく自然であるのが、彼女たちの体であり存在です、そこを無視して、計画的にいついつまでに子どもを産むことを何故考えず実行しなかったのか?と言っても仕方がない部分のほうが、多いと感じますが、あなたはどう思いますか?

子どもが生まれない=経済的損失が社会的に大きくなる。

という説もあるようです、今後IT技術がこれらの働き手を担うといわれていますから、この考えもかなり一方的過ぎると考えられます。

人間にしか出来ない仕事をするようになれば、それほど多くの子どもが今後社会に必要だという考え方も少なくなっていくのでは?という面もありますから、こればかりは、どう生きるか、人それぞれですので、高齢不妊は自業自得という言い方は、言い切れないけれど、言える部分もあるという、個人的には中立な立場で議論を眺めているしかないなという感覚になります。

現実的には、社会では結婚相手とうまく巡り会えなくて婚期が遅れたケースがかなりあるようです。

そのため、政府の予想を上回って少子化が進んでいると、医療現場の医師はしみじみ実感しているのが現状だといった意見もあります。

何故か、45歳過ぎて、自然妊娠する女性もいたりして、人間の体は、一筋縄ではいかない部分もあるようですが、一般的にはやはり、20代で結婚し、自然に妊娠して出産しておくほうが、リスクなども少ないため、このケースが推奨されるのは、仕方がないものでもあるとは思います。

そして、高齢不妊で悩む人が増えた背景には、先程から書いているように、結婚生活自体に魅力を感じないという方以外には、出会いがないため、結婚相手と巡り会えなくて困っているケースも、実は目立っているといわれているようですから、こればかりは、どうこう言えない現実もあるということのようです。

結婚ってタイミングでもあり、ご縁でもあるため、これらを含めて、高齢不妊は自業自得という話は、かなり乱暴なまとめかたではないかと考えられます。

妊娠もそうですが、女性はもともと自然に近い生き物でもありますから、頭で計算して体がついてくることもあるでしょうが、皆がそんな体を持って生まれてきているわけではないので、お互いに女性同士として、高齢不妊は自業自得といい合うのは、思いやりに欠ける話でもあるような気がします。

そして、知り合いの3人子どもがいる女性が話していましたが、「子どもがいない」と話すと、本当に本気モードで「いいなぁ、羨ましい、何故なら、本当に自分の時間がないんだ、子供の送り迎えや、日々の生活で手一杯で、大変なんだ」と、嘆くように話していて、大変なんだなぁと、強く感じ取った経験を持っていますので、一概に子供を早くから産んだから幸せだ、社会貢献できているという発想は、あまりにも小さい枠の中での考えでもあるのかなと、考えてしまいました。

高齢不妊は、頭で考えてどうこう計画が出来ない、違った面でのご縁があった、嬉しい現実でもあります。

どんなに結婚したくても、ご縁やタイミングが合わず、一生独身の方もいますし、こればかりは人間の理屈を超えた力が働いているとしか考えられない部分もあります。

科学者の多くは、研究を続けていった結果、どうやらこの世界は、自分たちが思いも及ばない何らかの力が働いているという事実と、向き合うしかない現実に気づくといわれています。

ならばやはり、高齢での不妊が、自業自得であるという考え方は、勝ち組負け組論的な発想に感じられて、個人的には不思議な世界観だという考え方に落ち着いてしまいます。

結婚してすぐに私に子供ができていれば、もう10代後半になっているのだろうなと思うと、これまでの道のりが、さらに科学者の言う思いもよらない力によって、経験させられてきたことなので、これらの体験が、現在の自分の生き方に繋がっていることの不思議を思うと、なんともいえない気分にもなります。

子供の頃は、早く母親になりたくて、だから早く大人になりたかった。

それなのに、歩んできた道のりは、予想をはるかに、いえ、大幅に外れた、意味不明な出来事の連続だったので、一筋縄ではいかない事実を経験として理解すると、一概にこうだと決めつける言い方は出来ないと、心底理解できます。

高齢での不妊治療は確かにかなり難しいといわれていますし、医療現場の医師が自業自得と考えるのも理解できます。

こればかりは、人それぞれであるとしか言えません。

そして、女性が働きながら妊娠、出産するのは、まだまだ現代の社会システムの中では、かなり厳しい部分がある事実にも、目を向けることが大切でもあります。

高齢になって結婚し、妊娠を望んでいるので、治療をして、不妊の原因を取り除きたいと考えたとしても、その後キャリアを積み上げながら、子育てする大変さを考えると、気持ちが沈んでしまう女性もいるのではないかと考えると、まさに、一言で表現できる話ではないという事実にも向き合わざるえないように思えます。

高齢での出産は確かにリスクはありますが、実は現代では、このリスクを知っていながら、あえてこちらを選ぶ人が増えている現実もあるといわれています。

高齢不妊治療
↑ 高齢不妊から赤ちゃんを授かった実績を多く持つ現在最も売れている妊娠メソッドのDVDです。

では何故、高齢不妊治療をしてまでも、ここに挑んでいくのか?

実は、妊娠中は、女性ホルモンが溢れ出てくるので、肌の艶も増し、さらには手足もぽかぽかになるため、若返ったような気分になり、さらに自分が高齢で妊娠していることを理解しているため、食事や生活習慣に気を配るため、お産が軽くなるという意外な利点があったりするようです。

ある有名な整体師の先生は、女性の体を何十年も診てきたため、次のような見解を示しています。

「産みたくなったときがそのとき」

これは一般論としては少し反論者が多く出てくる話となるかと思いますが、それほど女性の体は、自然と一体化していると考えられるようだという話のようです。

高齢の不妊の原因

高齢での不妊の原因は、疾患、そして卵子の老化、早期閉経、性感染症などが考えられるようです。

まずは、高齢不妊の原因である卵子の老化について、どんな状態なのか見ていきましょう。

排卵しても受精卵にならないとか、受精卵の細胞分裂がうまくいかないことで、染色体異常が起こり、流産することなどが原因であるといわれています。

40歳を過ぎた高齢の女性で、流産を繰り返す人と、無事妊娠し出産出来る人の違いは一体なにが原因なのか?

ストレス過多や栄養状態、ホルモン分泌異常、子宮関係の疾患や冷え性などが関係していると考えられているようです。

高齢不妊の女性は、様々な原因が関係して、妊娠しにくくなっていると考えられているようですが、実は着床しないために妊娠できない理由は、いまだに原因が解明されていないため、分かっていないのが現実なのです。

どうやら医療現場でも、着床するしないは、自然に任せるしかないという、なんだかなぁという状況でもあるといえるようです。

そして、高齢不妊の原因には、年齢を重ねたことと、妊娠する力が衰えることがあげられるようです。

高齢不妊の原因を改善するためには、体内の血流を活発化させ、ホルモンバランスの乱れなどの原因となる冷え性改善、ストレス減少を心がけることも重要だと考えられています。

東洋医学では、腎気が衰えると、不妊になりやすいと考えられています。

ここは生命エネルギーの源であると考えられていて、このエネルギー循環が活発化しないために、不妊の原因となると言われています。

これは何も、高齢の女性だからだというわけでもなく、若い女性でも、腎気の気が不足していると、不妊の原因となるので、治療方法としては、この気を養うような食生活や、足りない栄養素を補うことが重要だと考えられています。

他には、血流を良くするために、運動を行い、体の気血水のめぐりをよくすることなども、大事な、高齢不妊の原因の治療法であると考えられている面もありますので、医療機関だけがすべてではない事実にも気づかれるといいのではないでしょうか?

高齢の不妊の治療

高齢で不妊となっている方が、原因を改善して妊娠するために、医療機関だけを頼り、多額の費用と、大変な思いをして子供を授かりたいと行動している話を、よく見聞きしますが、それだけが治療のやり方として、王道なのか?

そもそも、先程から書いているように、女性の体は自然とかなり密接に繋がっていると考えられています。

ならば、高齢不妊の女性が、ひたすら医療機関に頼り、高額な費用を使って、ストレスを抱えながら、不妊の原因を探りながら、治療をしていくやり方が王道であるとは、個人的には考えにくいと感じます。

どんな方法を使って妊娠出産するかは、人それぞれなので、いろんな方法があるという情報のシェアをしながら、治療についての方法も探っていったらどうですか?

とお伝えしたいと思います。

個人的に、疾患などを抱え、様々な症状を克服した経験を、医療機関に頼らず、運動や食事療法などでやってきたので、疾患を患った原因探しをして、治療していったのではなく、なにが足りなかったのか?という本質と向き合ってきた経験から、高齢不妊の治療をしたいと考えている方に、体質改善という面に目を向けていくのもいいのでは?という情報のシェアをしたいと思います。

多くの病気、そして疾患の原因が、実は医学的に解明されていない事実に、疾患を抱えて情報を求めて、実践し続けてきた中で気付かされてきた経験から、もっと本質的なもの、ストレスだったり、体質改善が必要だという情報に触れることで、改善させることが出来たので、医療機関という選択ではなく、もっと別な面から、原因の治療について理解し、実践してみるのも面白いのではないかと考えますが、あなたはどう思いますか?

なにを選んで、高齢の不妊治療を行うかは、本人の選択であるので、情報のシェアだけは出来ます。

治療に悩み、1人悶々と高齢不妊で悩む時間を、実践の時間にあてて、根本的な体質改善を行うことで、妊娠しやすい体つくりをしていく、これは高額なお金はかからないし、普段の生活スタイル、生き方自体を変えていけるので、頭でっかちになった部分を、もっと体に意識を向けることで、柔らかく出来るのではないかと思いますが、治療について何を選ぶのかは、人それぞれです。

高齢不妊治療
↑ 高齢不妊から赤ちゃんを授かった実績を多く持つ現在最も売れている妊娠メソッドのDVDです。

高齢の不妊は、原因も人の数だけあるかと思いますし、現代では、女性特有の疾患(子宮筋腫など)は、女性が心に抱えたトラウマやストレスなども関係しているという話しも一般的になってきています。

医学的観点から見えない、漏れている部分の情報や治療のやり方、原因の見つけ方もあるでしょうし、個人的には、原因探しをする時間があるのなら、もっと前向きに、高齢不妊の原因に目を向けるのではなく、いかに治療という考え方ではなく、体質改善を行うことで、より妊娠しやすい体を作っていくかに焦点を当てていくことは、盲点を見つける一つの手でもあると考えますが、治療するのかどうかは、本人の選択なので、情報のシェアをしておきたいと思います。

高齢での不妊治療は、医療機関でも匙を投げられてしまう現実があるようです!原因探しに躍起になるより、もっと自然な体の力を信頼して、別のアプローチをやっていくことも、視野にいれると、可能性が広がるのでは?

無料メルマガ「在宅ブログライターで月収30万円稼ぐ方法」
by ブログライターkomichi
自由な働き方
収入と時間と人間関係の悩みから解放されて、趣味や旅行など自由にできる学生時代のサークルのようなコミュニティーを一緒に作りませんか?好きな場所、好きな時間にブログを書くだけでOL時代以上の収入と自由を手に入れる私komichiが人生を変えた「在宅ブログライター」という職業について無料で3つの動画をお届けしております。在宅ブログライターについての詳細はこちらよりご覧いただけます(推薦文あり)。




*興味がなければいつでも1クリックで配信解除できますのでお気軽にご覧いただけたら幸いです。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です