2週間で10キロ!?見た目体重が痩せる方法

2週間で10キロ!?見た目体重が痩せる方法

ブログライターkomichiです。

↓ 見た目体重にも効果的なモデルご用達のフルーツ青汁

今日のテーマは、「2週間で10キロ!?見た目体重が痩せる方法」です。

10キロ痩せる方法

初めにはっきりと書いておきますが、あなたが現在、体重何キロか?によって、この情報は、変わってきます。条件によって2週間で10キロ痩せるのは可能でもあり不可能でもあります!

そして、私は専門家ではありませんが、数十年間自分の体と向き合い、筋トレ、ジョキング、食事管理などをしながら、経験しながら体作りを続けてきましたので、それらの経験と学びから、2週間で10キロ痩せる方法や、見た目体重のコントロールについての情報をシェアしたいと思いますが、自己責任で情報を取り扱ってください。

例えば、あなたが、現在158cmの身長で、50kgほどある場合、2週間で10キロ痩せるというのは、拒食症レベルになるので、おかしな数字ですよね、身長180cmで体重が100キロの男性なら簡単に2週間で10キロ痩せられます!

まずはこの数字のカラクリに気付いて下さい。

見た目体重という言葉も、おかしいという事実に気付き向き合うことも大事ですので、2週間、10キロ、見た目体重、痩せるという言葉を、自分の身長と体重を考えた上で、自分の体と向き合っていこうといった考え方に変えていただければと思います。

そして、身長158cmで、体重が70kgほどある方が、2週間で10キロ見た目の体重だけではなく、本当の数字として、落としていくのは、もちろん短期間で可能でありますが、急激な体重の変化は、体調不良の原因になりますので、あまり無理矢理なやり方を体にさせるのは避けたほうがいいと思います。

個人的にも、筋トレ、ジョキング、食事管理などの経験を数十年続けてきているので、これらダイエット情報、特に、2週間だとか1週間、3日で何キロダイエットというのは、かなり色んな意味で厳しい部分があることを理解していただきたいと思います。

何キロという数字よりも、見た目が痩せるようになるためには、体脂肪率の変化に焦点を当てないと、おかしなことになります。

現在の自分の身長と体重を、まずははっきりと理解した上で、現実的に、2週間で10キロではなく、自分はどれくらい痩せられるのか?という、考え方をしたほうが、当然健康を害することなくダイエット方法を考える上では現実的です。

このあたりを冷静に見つめて、これらの情報は取り扱っていったほうがいいと思いますので、闇雲に、2週間で10キロ痩せる方法を知りたいという考えを、まずは見なおしたほうがいいのでは?

もちろん太っている方が、2週間で10キロ痩せるのは、可能ではありますが、すぐに、速くではなく、徐々にという言葉をもっと大事にされたほうがいいかと思います。

見た目体重が痩せるには?

見た目をスッキリとさせ、いわゆる、見た目体重が痩せる方法は、どんなものがあるのか?

簡単に言ってしまえば、脂肪が落ちたというものですが、人間には筋肉があります、見た目が痩せたとわかるのに、なんだか体重は落ちてないという場合、ここからさらに痩せていく前触れだと考えていただくと分かりやすいかと思います。

どうしても人間は、2週間で10キロ痩せる方法、などという言葉に惑わされがちですが、冷静に考えれば、短期間で何キロではなく、あなたの体がどうなるか?ということのほうが大事なのです。

見た目体重が、どうやら痩せる方向で変化していると感じているのなら、それは、今後さらに痩せるチャンスであることに気づいてください。

そもそも、見た目体重が痩せるには、先程から書いているように、脂肪が落ちていけばいいわけです。

逆に、見た目は変わらないのに、体重がどんどん落ちていくという現象も起こりますが、どちらにしても、あなたの体の中で見た目体重が痩せるには、基本的には脂肪が落ちることが大切なキモでもあります!

いかに、筋肉を落とさず、脂肪だけをそぎ落としていくか?が重要となります。

体重ばかりを気にして、2週間で10キロ痩せると意気込んで撃沈するよりも、少しでもいいから、痩せられる方法で、確実に見た目体重にも変化が起こることのほうが大事である事実に気づいてください。

数字は、大事な目安ではありますが、それと見た目体重が痩せるのは=になるわけではないと理解するのも大事なポイントです。

体とは不思議なもので、リバウンドを繰り返すほどダイエットなどをやっている方だと、生かす方向で動く体からすれば、痩せてしまい健康になんらかの害が生じる場合は、とにかく生き残ること優先となるので、見た目体重だけではなく、痩せようとする動き自体にストップがかかるわけです。

拒食症レベルになると、本当に大変になりますから、見た目体重を気にしすぎて、痩せる方法ばかりを模索して健康について無視すると、体が混乱しますから、ここは一旦、理性的に考えるようにされたほうがいいかと思います。

人間は、生き残るために、脂肪よりも筋肉のほうが落ちやすいといわれています。

なぜなら、脂肪は食事が摂取出来ない時の、緊急事態で使われるものだからです。

筋肉=日々のお給料、脂肪=貯金と考えると分かりやすいかと思いますが、筋肉が日々の生活をサポートしてくれているのですが、脂肪は、お給料が入らなくなったときに、取り崩して生命維持をするための、緊急用のお金と考えると分かりやすいのではないでしょうか?

筋肉は、エネルギーの消費に使われる=お給料なので、毎月の支出になります。

見た目体重を気にするあまり、これらのことを、理解しないでダイエットを行うと、家計で考えると、おかしなことになります。

2週間で10キロ落とすなどは、一般的には無理なダイエットですし、お給料を減らすようなもので、リバウンドとは、貯金をいきなり増やそうとする働きと考えると分かりやすいかと思います。

これ、よくよく考えると、体のバランスからしておかしな状態になっている事実に気づくかと思います。

筋肉(お給料)が減らされているのに、貯金を増やそうとする、現実的に考えておかしな状態になっている事実に、気づくのではないでしょうか?

体の中でこのようなシステムが働いているのなら、まずは冷静に、どうすればいいのかを考えていくことが大事です。

見た目体重が痩せるための方法は、先程から書いているように、脂肪を落とせばいいわけです。

2週間で10キロ体重を落としたいのなら、貯金を使えばいいのです。

2週間で10キロ痩せることは可能か?

2週間で10キロ痩せた?

これは、最初に書いたとおり、あなたが現在どれくらい体重があるかによって可能かどうかが変わります。

体重が100kgある方が、2週間で10キロ痩せて、見た目や体重を落とすことは可能ですが、50kgや45kgの方が、2週間で10キロ痩せる方法を探すのは、考え方としてはすでに、病気ですから、このあたりは、しっかりと理解していただきたいと思います。

ダイエット方法はいろいろとありますが、現在の自分の体が、どんな状況かによって、見た目や体重を変えていくやり方は、違ってくるという事実に気づくのは重要ですので、再度強調しておきます。

太った人が、2週間で10キロ痩せる方法を探して、見た目体重自体を変えていくのは、それほど難しくはないかと思いますが、痩せた人がやるのは、自殺行為です。

痩せた人=貯金がない人が、これ以上支出を増やすのと同じですから、ないものはない、それでも2週間で10キロ痩せる方法を探すのは、生きる気がないと考えられますから、かなりおかしな発想であるといえます。

脂肪がなくなると、別の栄養素をエネルギーとして消費するようになるので、例えばビタミンCが極端に減ると、肌荒れを起こします。

鉄分が少なくなると、貧血になりますし、ほかの栄養素が足りなくなると、さまざまな体の不具合が起こってきますので、いろんな面で健康を害することになります。

数字で、2週間で10キロという言葉は魅力的に見えるかもしれませんが、これらに惑わされるとおかしな状況になるという事実に気づいてください。

数字ではなく、見た目体重をしっかりと認識して現実を直視するのが重要ですから、痩せる方法も大事ですが、このキモやポイントを無視しないようにしたほうが健康にも良い面がありますから、数字に惑わされないようにしたほうがいいでしょう。

ですから、2週間で10キロ落とすなどの無理な痩せる方法は、家庭にお給料が入ってこなくなるという生き方と同じです。

リバウンドとは、貯蓄がいきなり増える状態とかんがえると分かりやすいのでは?

お金であれば、嬉しい現象でしょうが、痩せる方法を実践して、見た目体重もコントロールしたいと考える人にとっては、これ、体の健康という意味においては、かなり病気になる率が高くなるのです。

貯金なら持っていていいと捉えられますが、これが社会全体で考えれば、ある人のところに脂肪(貯蓄)が多すぎるて、別の人のところに脂肪(貯蓄)がなさすぎるという、アンバランスが生まれていると、全体として見た時に、やはりおかしない状態になるのと同じです。

自然界を見れば一目瞭然ですが、水は高いところから低いところに流れ、風が吹き、雨水が植物を潤しながら、循環して流れを作っているのに対して、人間が頭で、2週間で10キロ痩せる方法などと考えて、無謀な生き方をしてしまうと、調和が崩れ、病気を引き起こすのは、当然の結果だと理解されると、分かりやすいかと思います。

要は、調和を乱すような考え方で、体をコントロールしようというダイエットや、痩せる方法を無理やり行い、2週間で10キロ痩せるとか、見た目体重をどうこうするという考え方自体が、おかしな考えになっている事実にも目を向けていくことが大事です。

痩せすぎが現代社会では問題視されていますが、これはやはり、人間の認知の歪みみたいなものが関係していると、個人的にも様々な経験から理解してきました。

人間の減量の目安は、ひとりひとりの体格や、現在の体重などによって違いがあるため、個人差が大きいので、明確にこうですよと言い切れるものはありませんが、大体1ヶ月で体重の3~5%と考えていただけると分かりやすいかと思います。

体重は、体内の水分量で、1~2kgくらいは、簡単に変わっていくので、神経質になるような痩せる方法を探すのではなく、自分の今の体重を、どうやって落としていくか?を、冷静に判断していくことが大事になります。

何度も書いているように、痩せている人は脂肪が少ないので、2週間で10キロ痩せるのは無理です!

出来たとしても、健康を著しく害することになるか、すぐにリバウンドすると思われます。

体は生きることを目的としていますから、もともと脂肪が少ない体が、一気に痩せると、見た目体重云々の前に、とにかく生きるんだという意志の元で、一気に体重(脂肪)が増えるのは、当然です。

ということは、貯蓄が一気に増えるということですから、お金で考えると、嬉しいことですが、体の健康的には、負担が大きくなります。

社会全体で考えると、社会が体なら、この幅が大きくなるほど、不健康度が高くなるということですから、出来ればなんでもそうですが、いきなり2週間で10キロ落とそうという考えではなく、淡々とバランスよくお金が社会に回っているという感覚を持っ、物事に取り組む姿勢が、重要でもあります。

2週間で10キロ、こう聞くと、魅力的な数字に見えますが、バランスを考えると、短期間に極端に減るというのは、無理がありますし、体への負担もかなりしんどいので、徐々にという言葉が適切ではないかと考えられます。




1番簡単なダイエットとは?

極端な話ですが、仮に160cmの身長で体重が70kgある方がいたとします。

どうしても2週間後に行われるイベントのために、10キロ痩せる方法が知りたいと考えているのなら、次のようなダイエット方法もありますが、その後のリバウンドは覚悟されたほうがいいかと思います。

まずは、2週間で10キロおとすための食事は、サラダと無脂肪ヨーグルト、タンパク質は、鳥の胸肉(皮をはいだもの)やささみをボイルしたもの、スムージーなどだけを食べる。

サラダのドレッシングは、もちろんノンオイルで、まさに2週間で10キロ痩せるために、見た目体重もスッキリとさせるための、耐えるダイエット方法ですが、これだけの食事でファイトすれば、相当痩せると思いますが、途中で血糖値が下がりすぎた場合、おにぎりを一個食べるなどしてやりすごし、2週間で10キロ痩せるのは、可能ではあるかと思います。

※ 個人的にずっと筋トレ、ジョキング、食事管理のやり方などを学びながら理解して習得してきた知識ですが、人によりけりですから、無理してでも痩せる方法を知りたいという方に、おすすめは出来ませんが、情報としてシェアしておきますが、自己責任で取り扱ってください。

個人的に、様々なダイエットなどをやってきて、見た目体重の変化も経験してきたのですが、運動をしたり筋肉を落とさないということも重要なのですが、痩せる方法として、2週間で10キロ落とすのなら、一番簡単なダイエットは、やはり食事の見直しです。

いちいちダイエット商品など購入しなくても無料で出来ます!

お金で言えば、家計の見直しをするのと同じです。

現在、体重はいくらあり、自分の食事の仕方はどんなものなのか?これをまずは、紙にでも書き出して2週間で10キロ落とすために、現状を把握することが重要です。

ここを理解しないで、痩せる方法をいろいろと試していくよりも、現状を理解して、どうしようかと考えたほうが、簡単にダイエット出来ると考えられます。

なぜなら、結局は、食べる量とあなたがそれをどう消費したかによって、見た目体重が変化するからです。

世の中には、糖質制限ダイエットだとか、タンパク質をしっかりと摂取して、野菜などを食べるようにしましょうなど、様々な見た目体重を含めて痩せる方法がありますが、とてもシンプルに考えると、たとえばおにぎり(糖質)を毎日3個食べたとして、それ以上、普段の消費エネルギーが多ければ、太ることはないのです。

これは、もちろん個人的経験でもありますが、体質や遺伝的なものもありますから、すべての人に当てはまる痩せる方法ではないとは思いますが、多くの方にとっては、この考え方は当てはまると思います。

糖質が悪いとか、あれを食べないようにしたほうがいいというのも、塩梅&バランスでもあります。

食べ物がいけないのではなく、それを摂取しすぎて消費しなさすぎる生き方、食生活に問題があるのだと気づく態度が大事ではないでしょうか?

2週間で10キロ痩せる方法という言葉、本当に魅力的に聞こえますが、見た目体重を落としていくのは、単純に脂肪を落とせばいいという話ですから、簡単なダイエット方法としては、食べ物の見直しをまずはしていくというのが重要であるといえます。

そして、これに有酸素運動(ウオーキングなど)を組み合わせ、自宅で簡単に出来る軽い筋トレを組み合わせると、より効果的であると考えられます。
ウオーキングダイエット
では、どのように食事の見直しをしていけばいいのか?

まずは、普段何を食べているのか、書き出してみます、面倒かもしれませんが、2週間で10キロ落とすことを考えているのなら、客観的に自分が何を食べているのか理解するのも大事なポイントです。

そして、どうやら脂肪が多いようだ、糖質(炭水化物)が多すぎるか偏り過ぎている、などの太っている理由が見えてくると、どこをどうコントロールしていけばいいのかが分かるようになります。

もしかしたら、おやつを食べ過ぎているかもしれません、ストレスがあり、どうしてもお酒を飲み過ぎている、このときにつまみも高カロリーなものを摂っているなど、自分が見た目体重を気にするほど太っている理由が明らかになると、痩せる方法がすぐに理解できるかと思います。

そう、つまみが高カロリーなら、低カロリーのものに変えるとか、飲んでいるお酒を、糖質の多いビールや日本酒ではなく、ウィスキーや焼酎などに切り替えるとか、脂質が多いのなら抑える、さらには、炭水化物が多すぎるのなら減らす、こうやって見てくと、2週間で10キロ痩せる方法は、太っている人ほど簡単でもある事実に気づけるかと思います。

個人的に、健康を害するほど痩せた経験を持っていますが、体の声を無視したやり方、見た目体重ばかりを気にしすぎるダイエット方法は、おすすめ出来ません。

さらに、2週間で10キロという目標設定も、正直なところ、おすすめ出来ません。

しかも、1ヶ月かけてどれくらい見た目体重を落とせばいいのか?健康的に痩せる方法は?と聞かれても、あなたの体脂肪率がどれくらいあるのか?という部分を知らないと、こうですと専門家もアドバイス出来ないですから、一般論で痩せる方法を語るのは、無理があるとかんがえることも大事なポイントです。

何度も書いていますが、食べている量と、消費量のバランスが大幅に崩れているのが、太るという状態です(体になんらかの病気や異常がない場合です)ので、2週間で10キロ落とすために、簡単に痩せる方法は、このバランスの見直しであるといえます。

結局は、日々の暮らしの結果が、自分の見た目体重になるという話であり、痩せる方法は、自分が普段どんな食生活を送っているのかに目を向けていくのが重要で、もちろん、食事の見直しが出来た後は、運動を取り入れるのが一般的には基本であるといわれていますが、現代社会では痩せる方法は、様々なやり方がありますので、あなたにあった痩せる方法を模索されながら、情報に惑わされないよう、自分の体で実体験していくのが一番信頼出来る、見た目体重を変えていく方法であるといえるのではないでしょうか?

いくら痩せる方法を沢山知っていても、実体験として、成功経験がないのなら、ただの知識でしかありません、自分で試行錯誤をしながらやる中で、自分にとって、この方法が、見た目体重をコントロール出来るなと実感していくことで、不安がなくなり、自信につながっていくので、2週間で10キロ痩せる方法という言葉に惑わされないようにしていってください。

必ず、自分にとって最善の、痩せる方法があると信頼していきながら、情報を選択されていってください。

食事の見直しをして、さらに、2週間で10キロ痩せる方法を実践したい方は、有酸素運動も取り入れつつ、先程も書いたように軽い筋トレなどを組み合わせると、なお見た目体重が減少していくと思いますので、まずは実践あるのみ!

体に無理のない範囲で、そして精神的に自分を追い詰めないように、見た目体重のコントロールをしてくよう心がけていきながら、痩せる方法を自分なりに情報を集め、実践して実感し、編み出していく、現代はそんなカスタマイズの時代でもあります。

※ メールでの個別対応はやっておりませんので御了承ください

2週間で10キロ痩せる方法は、太っている方にとっては実現可能ではありますが、正直、見た目体重を減らせても、リバウンドしてしまう確率は高くなるかと思いますので、十分ご注意ください。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

10 件のコメント

  • 中学校三年です
    自分は100キロあって身長が167くらいはあります
    全身が太いのです
    三食で味がついてるヨーグルトではダメでしょうか?

  • 筋トレはどんなのをやっていますか?

  • ふゆきち様

    コメントありがとうございます。

    中学三年生時点で、その体重はあきらかに肥満なので、将来病気の可能性がありますから注意してください。
    味付きよりは、プレーンヨーグルトに果物を入れるといった食べ方のほうが健康的ですよ。
    個人的に、体の管理をしている経験と学びから導き出した話を書いています。

  • ふゆきち様

    コメントありがとうございます。

    筋トレは、ゴールドジムというジムで、次のようなトレーニング方法を行っています!
    一日目は胸と上腕三頭筋、二日目は背中と上腕二頭筋、3日目は足と肩&腹筋を繰り返す形でトレーニングをしています。
    ジムに行かない日もありますから、これを順繰りで行っています!

  • 始めまして、明日からなにてコナミスポーツとランニングだダイエット考えてます。期間は23日です
    身長165体重80の33の男です!
    可能でしょうか?もしよろしければメール頂きたいです。

  • 私は今、受験生です。
    だから勉強ばっかで運動があまりできていません。
    身長161㌢体重75㌔です。
    9月17日に体育祭があり、やせたいんです!
    ぜひなにをしたらいいか教えてください!!

  • ピアノで毎日座っているだけの毎日のため、気にはしているものの、157cm53kgです。肥満なわけではないのですが、足が太くて短ズボンがはきたくても履けません!あと、ドレスを着るのに腕が出るのですが二の腕が太すぎて恥ずかしいです。どうしたらよいでしょうか。

  • ピアノで毎日座っているだけのため、気にはしているものの、157cm55kgです。肥満なわけではないのですが、足が太くて短ズボンがはきたくても履けません!あと、ドレスを着るのに腕が出るのですが二の腕が太すぎて恥ずかしいです。どうしたらよいでしょうか。

  • 身長165cmで75kgです。
    毎日ウォーキングやジョギングをして減らそうと心がけています。
    体重は変わらなくても見た目痩せはしたいです。この方法はngですか??
    よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です