3月・4月の花粉症は雨の日がひどい?悪化の理由

3月・4月の花粉症は雨の日がひどい?悪化の理由

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「3月・4月の花粉症は雨の日がひどい?悪化の理由」です。

我が家の家族にも、小学生時代からという年季の入った花粉症さんがおりますが、3月、4月になると、毎年布団を外に干せないほど、ひどい状態で悪化していくという人間と一緒に暮らしていると、目に見えないだけに、オカルトチックにも感じてしまいますが、個人的には、花粉?

それなんですか?

というほど、3月、4月になってひどい花粉症の症状に苦しむ人がいる世界の中で、まったく感知しないため、そのしんどさなどは、経験的に理解できません。

ですが、この時期から急速に増える花粉症の人たちのひどいしんどさは、家族をずっと見てきたので、大変な理由などはよくよく理解はしています。

今年もやってくる、3月、4月に発症する花粉症について、この記事では情報をまとめていきます!

2016年の花粉症のピークと症状は?

3月4月は花粉症がひどい・・

2016年も、3月となり、4月も見えてきて、花粉症の症状を抱えている方にとっては、ひどいしんどさを味わうので、大変な思いをされる&すでにされているかと思います。

花粉症は、日本人の3人に1人が発症しているひどい症状を出すもので、ご存知の通り、3月、4月になる前年の気象状態に、飛散量は大きく関わるといわれています!

2016年の花粉症のピークは、福岡ではすでに2月に迎えているのですが、関東地方ではどんな状況になっているのでしょうか?

日本気象協会の観測によると、3月、4月に入る前の、2月13日に東京千代田区で、飛散開始を確認したということですが、とうとう今年もやってきてしまいました。

出勤する人たちの中に、花粉症のひどい症状を抱えているんだろうなと見受けられる人を見かけるのですが、みなさん、マスクは必須のようで、これを付けていても、悪化している状態が目で確認出来るほど、しんどそうな表情を浮かべているので、家族の状態を見てきた経験から、大変なんだろうなと、いつも感じてしまいます。

日本気象協会が発表した、2016年の3月頃からの花粉症の人にとって、体調悪化が懸念される花粉の飛散開始予測は、図の通りになっています。

2016年花粉症のピークは?

今年は、例年並であると言われていて、2月下旬の福岡を始まりとして、徐々に関東地方にあがっていき、高松、広島、大阪、名古屋、東京などは、3月上旬から、金沢、仙台は、3月中旬から下旬がピークだと発表されました!
2016年花粉症のピーク(福岡、大阪など)

2016年花粉症のピーク(名古屋、東京)

一般的に、前年の夏の気温が高く、日照時間も長く、さらには雨の日が少なかった年ほど、翌年の3月、4月の花粉症が悪化する時期に、多く花粉が飛散すると言われています。

2015年の夏はどうだったのか、分かりやすく見ていきましょう!

気温や日照時間は、関東地方では平年並み、西日本は気温が冷夏と呼ばれるほど低く、日照時間も少なかったのです。

雨の日の降水量はどうだったのでしょうか?

ひどい花粉症の症状に影響がある、前年度の夏の降水量は、関東地方は少ない~平年並み、西日本は多い状況だったということです。

例年に比べると、花粉症の原因となっている、花芽(はなめ=成長して花になる芽)が形成される気象条件が揃ったといわれている東北地方では、ひどい症状が現れる、花粉の飛散は例年並の見込みになっています。

その他の地域では、例年より少ないところが多くなり、九州、近畿地方、四国、そして北海道は非常に少ないと予想されていて、例年の半分以下だと発表されていますから、毎年3月、4月が近づくと憂鬱だ、花粉症のひどい症状に悩まされるという方にとっては、楽な状況となっているようです。

それでは、全国の2016年3月、4月にピークを迎えるひどい、症状が悪化する花粉症の原因となる、花粉の飛散状況をまとめていきます!

まずは前年に比べてどうかという情報をご紹介していきましょう!

● 北海道・東北地方・北陸・近畿・・・やや少ない
● 関東甲信越・東海・四国・・・やや多い
● 中国地方・・・平年並み
● 九州・・・やや多い

前年比はどうでしょうか?

● 北海道・近畿・四国・九州・・・非常に少ない
● 東北・関東甲信越・・・例年並み
● 北陸・・・やや少ない
● 東海・中国・・・少ない
● 近畿・四国・九州・・・非常に少ない

このような予測が、2016年の3月、4月頃にやってくる、ひどい症状が出て悪化する花粉症の元になる、花粉の飛散に関して、情報が出ています!

ちなみに、近年この花粉症のひどい、悪化すると女性はお化粧すら出来ない状態になるほどしんどい体調不良&肌荒れに悩まされる、花粉のアレルギー症状を緩和する、対策できるものとして、緑茶の効果が見直されているようです。

詳しい情報は、後ほどご紹介していきますので、昔から日本人が慣れ親しんできた、近年ではペットボトルに入っているものを飲む機会が多い、ありふれているのに実は意外といろんな症状などや、健康に関して嬉しい働きをしてくれるといわれる、緑茶の力については、こちらをご覧ください。



↑ 花粉症のひどい日に効果があるおすすめのお茶

2015年の夏があまり暑くなかったことが、2016年3月、4月のシーズンの花粉症が悪化しない、少なめの飛散量になったということで、ひどい症状に悩まされる人にとっては、かなり楽にはなるようです。

花粉症対策の食べ物&飲み物

花粉症に効く食べ物や飲み物は?

我が家の家族も、これまで体質改善ということで、白米から玄米に切り替えたり、野菜を多く食べたり、加工食品をあまり摂取しないようになどの対処方法などを行い、ひどく悪化していた花粉症の症状緩和を心がけてきたのですが、これである程度までは楽になってはきているようです。

もちろん、甜茶など、これまで花粉症の症状に対処するために、様々なことを試みてきた結果、かなり改善されてきたことは確かですから、体に入れるものは非常に大事になると、経験からも実感しています。

やはり、食べるもの、飲むものなどが荒れていると、どうしても体調不良になりがちであることは、多くの方が、経験&情報としてもよくご存知だと思います。

いったいどんな食べ物や飲み物が、3月、4月になると悪化してしまい、ひどい花粉症の症状に悩まされる方にとって必要な栄養素となるのか、ここでは詳しく見ていきたいと思います。

肉食過多に傾くと、花粉症のひどい症状が悪化するという話もありますが、個人的に、家族が3月、4月になると、毎年なんだかぐじゅぐじゅしている姿を見て、食事や飲み物などを改善させて、症状をかなり落ち着かせることが出来た経験から、食事など、体に取り入れる食材などに気を配ることは、アレルギーなどに対する、対処方法になるということは、経験から分かっています。

ですから、世間で、この食べ物がいい、あれがいいと言われているものを調べていくと分かりますが、自然の食材を勧めているのです。

まずは、花粉症対策に勧められている食材についてまとめていきましょう!

● 青魚
● 野菜(しそ、れんこん、とまと、人参、ほうれん草、にんにく、生姜、大根、ごぼう、イモ類、きのこ類)
● 果物(バナナ、柑橘系)
● ヨーグルト

飲み物はどんなものがあるのでしょうか?

● ルイボスティー
● ハーブティー
● ハトムギ
● 緑茶
● 甜茶
● 凍頂烏龍茶

青魚は、オメガ3系の良質な油が摂取できます。

現代人は、どうしてもオメガ6系の油を摂取しすぎる傾向が高いといわれていて、そのため、アレルギーを引き起こしやすい体質になっているといわれているのです。

そして、ひどい、花粉症が悪化する原因の理由に、食べ物が関係している可能性があるという情報もあり、3月、4月になると、どうしても悪化してしまう、これらの症状にマイナスの影響を与える食べ物もあると言われていますので、こちらの情報もシェアしていきます。

● 刺激の強い、辛いもの
● 油を多く使った揚げ物、油物など
● 高タンパク質&高カロリー
● パンや麺類
● ジュースやお菓子などで糖分を摂り過ぎない
● アルコールの摂取のしすぎ
● 加工食品やインスタント食品に片寄らない
● 添加物を摂取し過ぎない
● 外食は塩分も多く、栄養が偏るため控える
● オメガ6系の油に偏りがちな食事内容になっているため、これらの油をひかえる(大豆油、紅花油、コーン油、ひまわり油など)

こうやって、毎年3月、4月頃に悪化して、ひどい症状が出る花粉症の症状にプラス&マイナスの食材を見ていくと分かりますが、これらのバランスが、現代人はどうしても崩れがちであるという現実が見えてきます。

給与が右肩上がりに増えた時代と違い、現代は掛け持ちで仕事をしなければならないほど生活が大変な方もいて、食事なんて二の次だという状態の方も多くなっています。

だからこそ、サプリメントなどが増えたのだと個人的には考えているのです、もちろん自然な食材から栄養を摂取出来るのが一番ですが、忙しい現代人にとって、意外とこんなシンプルな食べ方が、実はハードルが高いものとなっている事実は、否めない現実でもあります。

そんな人に、こちらの緑茶などで、対処方法とするという手段もありますとだけ、お伝えしておきます。



↑ 花粉症のひどい日に効果があるおすすめのお茶

実は緑茶は、アメリカのセレブの間でも、健康ブームに火がついたことで、大人気となり、実は、スタバが2012年にお茶の専門店「ティーバナ」を買収して、全米に2013年以降続々と出店しているだけでなく、日本のクールジャパン機構が、アメリカで日本茶カフェ事業を展開することも発表されているほど、すでに世界では、緑茶が人気となっているのです。

なんでもアメリカの若者の間では、コーヒーは年配者が飲むもので、自分たちはお茶だという認識が高くなっているほど、健康にも良いと言われる緑茶が、大ブームとなっているのです!

ではいったい、なぜ、3月、4月にピークとなる悪化するとひどい状態になる花粉症が、どんな理由で緑茶がプラスに働くのでしょうか?

そもそも花粉症が発症する理由は、花粉を吸い込むと人間の体内で、ヒスタミンという抗原が分泌され、これが分泌腺や血管に作用することで、くしゃみがや鼻水が起こると考えられています。

そして、緑茶に含まれる、メチル化カテキンという成分は、抗アレルギー物質なので、これを体内に入れることによって、悪化するとひどい症状となる花粉症が発症する理由の、ヒスタミンの分泌を抑える働きがあるのです。

抑制が期待される成分ですが、治療してくれる成分ではありませんから、普段から継続して飲み続けることが大事なポイントになるのです。

緑茶は、近年美容効果も高いことが分かっていて、ビタミンCが豊富で、美容に欠かせないこのビタミンCは、熱に弱いことで知られていますが、緑茶に含まれているビタミンCは、熱に強く80度に熱しても壊れないことが分かっています!

ただ、やはり緑茶全部を体内に入れたほうが、様々な効能に対してプラスに働くことも分かっていて、茶葉をお茶を飲んだ後に食べたり、粉末状のもので摂取する人が増えているのです。

現代人は、どうしても加工食品やお惣菜、インスタント食品を手軽ですからついつい口にしやすい環境で生きていて、3月、4月の、花粉症の時期に悪化してしまいやすい体質に偏りがちな食生活を送っていますから、なんらかの方法で、バランスを取ってあげることも、この症状をひどい状態にしないための知恵になるのです。

雨の日に悪化するとも言われる花粉症に、プラスに働いてくれるハーブティーもあるようですので、そちらの情報もシェアしていきます!

● カモミール
● エキナセア
● ネトル
● エルダー(エルダーフラワー)
● アイブライト

これらが、悪化してしまうと、ひどくしんどい症状を出す花粉症の症状に、プラスになると言われているハーブティーです。

我が家もいろいろと試してきた結果、現在では、3月、4月になって、体質改善する前は、オカルトチックに「うわっ飛んでる」と、花粉を感じない私にはまったく分からない花粉をキャッチして騒いでいた家族は、かなり症状が落ち着き、ひどい状態だったのですが、悪化することなく、どんどん楽になっているようです!

花粉症で、ひどいしんどさを感じて生きてきた家族の言葉によると、やはり体に入れる食べ物や飲み物の質を変えていくのは、大事なポイントであるといいます。

結局はバランスですから、なんらかの偏りがさらにひどい花粉症の症状を出してしまい、どんどん悪化するという悪循環を生み出すという理由もあることは分かっているようですから、3月、4月にしんどい思いをしすぎないように、普段から食生活などにも気を配っていきながら、根本の体質から変化させていくという方法で、花粉症に対して、なんらかの対策をされるのは、家族を見ていて、プラスになるのだなと実感してきました。

ですから、毎年この時期にひどい花粉症の症状が悪化してしまうという方は、普段の食生活を振り返ってみて、バランスが崩れていないか、新鮮な野菜を食べているか、加工食品やインスタント食品などに偏りすぎていないか、食事に関してチェックしてみてください。

同じ日本で暮らしながら、同じ家で生活しながら、発症しない人もいます、反応するというのは、体の中でなんらかのバランスが崩れている可能性も考えて、これらについて情報を自分で集め、3月、4月になると、毎年ひどい状態になるのを、理由を突き止めて悪化しないように対処するという方法に目を向けてみてください。

3月・4月の花粉症は雨の日がひどい?悪化の理由

花粉症が雨の日がひどい理由
それでは、3月、4月の花粉症は、雨の日がひどいのかという情報をまとめていきましょう。

我が家の家族は、雨の日になると、花粉の飛散量が少ないので、ひどい状態だった頃は、かなり楽だったと話していますが、どうやら、雨の日に悪化する方もいるようです!

いったいなぜ、飛散量も雨でかなり落ち着くのではと考えられる雨の日に、花粉症の症状が悪化してしまうのか、その理由について見ていきましょう!

一般的に、花粉症の症状は、花粉に触れた瞬間、すぐに出るということはないようです。

実は、3月、4月頃にピークを迎える花粉を吸い込んだり目に入ると、その後体内で様々な化学反応を起こし、その結果、その後時間差があって、目が痒くなったり、鼻がぐじゅぐじゅしたりするようになります!

これは、アレルギーに反応するのに閾値(いきち)というものがあるからなのですが、閾値とは、ある反応を引き起こさせる、最低の刺激量のことです。

この閾値の数値は、人によって異なるので、吸い込んでどれくらいの時間で発症してしまうかは、人それぞれになります。

雨の日に花粉症がひどい、悪化するという方は、この閾値によって、前日に花粉を吸い込んだため、翌日に症状が出たという考え方も出来るので、たまたまひどくなった日が雨の日だったともいえるようです。

こんな理由があるとは驚きですが、他にも、雨の日に悪化する理由があり、人間の体内にあるヒスタミンが増えると、アレルギーを引き起こしやすい状態となってしまいます。

雨の日は気圧が下がります、そうなるとヒスタミンが増えてしまうのです。

他にも理由があり、気圧が下がると人間の体は、副交感神経が優位になりやすいのですが、体内がこのような状態になると、アレルギー反応が活発になるといわれています。

このような理由から、雨の日に花粉症がひどい、悪化するという方がいると考えられるのです。

さらに、雨の日だからといって、花粉がまったく飛んでいないということはありません。

気圧の変化によって、人間の体が、アレルギー反応を起こしやすい状態となっているのに、雨の日だから大丈夫と、マスクをせずに出かけたりすることで、悪化させてしまう場合もあるようです。

何故なら、気圧が下がると、風が吹いてきます。

雨が降る前には、空気にしっとりと水分が含まれていると感じますよね?

そして、風が吹いてきます、すると、地面に積もっていた花粉やホコリが舞い上がり、それを人間が吸い込むことで、3月、4月の雨の日に、花粉症の症状がひどい、悪化するといった状態になるという理由も考えられます。

人によっては、スギ花粉やブタクサなどだけでなく、違う原因があって、アレルギー反応を出している場合があります。

例えば黄砂、ハウスダスト、カビ、ダニなどです。

あなたにどんなアレルギーがあるのか、病院で詳しく検査をしてもらわなければ分かりませんが、これらが原因となって、症状が悪化する、ひどいという場合は、花粉症は関係ないという話になり、梅雨時期の雨の日に、この症状がひどいという方は、別のアレルギー作用が関係していると考えたほうが良さそうです!

家族は、雨の日になると、ひどく悪化するということはなく、さらに、ハウスダストやカビなどにも反応する体質なので、この理論からいくと、雨の日に花粉症が悪化するという話になりますが、すでに書いたように、本人は比較的楽だったと、花粉症がひどい時の症状について説明してくれましたので、人によって反応の仕方はいろいろと違いがあるようです!

ちなみに、花粉症の原因の理由について「アレルギーバケツ理論」というものがありますが、ご存知のように、これは、本人が持っているアレルゲンの入れ物(バケ)が溢れると、突然発症するという理論ですが、これはどうやら俗説であり、理論的には間違いであるという話のようです。

この、アレルギーバケツ理論が成立してしまうと、減感作療法がありえないことになるのです。

減感作療法とは、2016年現在では、一般的には舌下療法と言われているのです。

花粉症の免疫療法として、現場ではかなり効果があがっているといわれる治療方法で、シダトレンという、スギ花粉の粉から抽出している薬を使い、この液を舌の裏側に垂らし、そこに保持したまま、2分間そっとしておいて、その後飲み込むという療法です。

最初の2週間で量を増やし、3週間目からは、同じ量の薬を毎日舌下に投与していくという方法です。

最初の一回目は医療機関で行いますが、その後は自宅で毎日自分で行うので、通う手間は一度ですみます!

1月~5月は、この治療を受けることは出来ないので、スギ花粉の飛散が始まる3ヶ月前から行うのが良いといわれています。

この薬が開発される前は、注射による減感作療法が行われていたのですが、痛みもあり、通院も大変なので、それに変わる療法として、この方法が開発されたのです。

2014年に保険適用されるようになり、今後3月、4月に花粉症がひどい、悪化するという方の治療法として、かなり希望となるのではと言われています。

雨の日にひどい、悪化するという花粉症の人もいれば、楽になるという方もいて、本当に人それぞれなのだなといった印象を持ちましたが、現代では、アレルギーは古くて新しい病気であるといわれていて、さらに、現代でもアレルギーのスイッチがどのような理由で入るのかは謎であると言われていますので、症状を抱えている人にとっては、日常生活に明らかに支障がでることは、家族の様子を散々見てきてよく理解しています、どうぞ、3月、4月のピーク時期だけではなく、年間を通して、体質改善をするために、お茶や、食材などの見直しをされていくなどの工夫をされると、少しでも症状緩和にプラスになるのではないかと思います。

こちらの緑茶は、粉末状になっているので、飲みやすいだけでなく、茶葉の栄養をたっぷりと吸収出来るので、美容などの他の面でも、プラスに作用してくれる可能性もあります。


↑ 花粉症のひどい日に効果があるおすすめのお茶

結婚した当初、3月、4月になってきて、個人的には春の訪れにウキウキしていたのに、家族がひどい花粉症を抱えていて、当時はこの時期に悪化し、大変な状態で過ごしているのを見ながら、「うわっ、飛んでる」「今日は多い」と話しているのを聞いて、花粉を一切感じないため、「この人にはどんな霊が見えているんだ」と、訝しく思ったものでしたが(笑)、体質改善をしてきたことで、現在では、この時期にひどいとか、悪化するということはなくなりましたので、やはり食材に目を向けていくという面は、経験者として実践してみるのも有りだと考えています。

この記事では、花粉症が3月、4月にひどい、悪化する、雨の日もダメだという方の理由などについて情報をまとめながら、個人的経験談もシェアしました!

無料メルマガ「在宅ブログライターで月収30万円稼ぐ方法」
by ブログライターkomichi
自由な働き方
収入と時間と人間関係の悩みから解放されて、趣味や旅行など自由にできる学生時代のサークルのようなコミュニティーを一緒に作りませんか?好きな場所、好きな時間にブログを書くだけでOL時代以上の収入と自由を手に入れる私komichiが人生を変えた「在宅ブログライター」という職業について無料で3つの動画をお届けしております。在宅ブログライターについての詳細はこちらよりご覧いただけます(推薦文あり)。




*興味がなければいつでも1クリックで配信解除できますのでお気軽にご覧いただけたら幸いです。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。