30代、40代、50代の現実的な婚活方法は?

30代、40代、50代の現実的な婚活方法は?

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「30代、40代、50代の現実的な婚活方法は?」です。

日本の少子高齢化が問題視されてずいぶん経ちますが、さまざま影響が、晩婚化を加速させ、学生時代に出会ったり、職場にいた、さらには20代で出会った相手と、恋愛結婚するといった人よりも、婚活を選ぶ、そちらの道しかなかったなんて方も増えているようです。

この記事では、30代、40代、50代の現実的な婚活方法には、どんなものがあるのか?情報をまとめてみたいと思います。

そもそも、婚活とはいったい何?しかも、20代ではなく、30代、40代、50代になって、現実の中で、婚活をしている方がいるなんて、いったい世の中、どうなっているの?そして、その方法はどんなものがあるの?など、個人的にも、疑問に思うことは数多くありますから、ひとつひとつ丁寧に、順を追って、この世代の婚活方法や、現実をみながら、どんな考え方があるのかといったものについて、見ていきましょう!


この言葉が日本で生まれたのは、2007年秋になります!家族社会学者の山田昌弘教授と、こんな名前の職業があるのかと驚きますが、少子化ジャーナリストの白河桃子さんが、就職活動を、就活と略すのと同じ感覚で、現代社会で、現実に行われるようになった結婚活動を、婚活と呼ぶようになったのが、日本でこの言葉が、盛んに使われるようになった、きっかけでもあるようです!なんでも、翌年の2008年には、2人による共著「婚活時代」という本が発売され、この言葉は、一気に知名度を上げていったといわれています。

現代では、20代の男女の婚活も、活発化しているようですが、30代、40代、50代になっても、現実の中で、結婚相手探しに励む人は多いようですが、何故これほどまでに、結婚できない男女が増えてしまい、そして、婚活の方法を求めて、多くの方が彷徨ったり、相談所などに解決策を求めているのでしょうか?具体的な話について見ていく前に、もう少し、現実の話として、結婚相手を探す活動が、この国で活発化している理由について見ていきます。

年齢が高くなっても、婚活をする日本社会の現実の背景には、やはり、最初に書いた、少子高齢化も絡んでいるようです。

未婚、晩婚化といった問題が、深刻化すればするほど、少子化に歯止めがかからなくなるのは、当然の結果です!草食系男子などの登場で、恋愛に対して、積極的ではない男性が増えたことや、もちろん女性も、社会進出していき、自分で経済的に自立出来るようになったため、現在30代、40代、50代の女性たちが、以前なら結婚適齢期と言われた、20代の時期に、家庭を持つ選択をしなかった、現実として今は無理と考えた、まだ若いから今しなくてもいい、などと考えて、気がつけば、キャリアだけがついて、婚期が遅れたといった理由なども、婚活が盛んに叫ばれるようになった背景の中に、含まれているようです。

もちろん、もっと複雑な事情を持っている方も、いらっしゃるかとは思いますが、簡単に説明すると、それらの理由などが背景にあり、30代、40代、50代になって、婚活を始めて、さまざまな方法で、結婚相手を探そうとしている人が、現実の中で多くなったということのようです。
婚活活動が盛んな現代
この言葉が生まれた頃は、若者の4人に1人が結婚できない時代となったなんて、衝撃的な話しも出てきたようです!一昔前なら、結婚や出産などは当たり前なもの、といった印象があり、大人になったら、結婚適齢期までには、相手を見つけ、家庭を持つものだと、みなが、心のどこかで、現実として考えていたと思いますが、現代社会では、仕事に追われて、気がつけば、年齢があがっていて、当たり前だったものが、貴重な存在になってしまった!まさに、意識のパラダイムシフトが起きてしまったのですから、変化の激しい時代になったものだと、個人的にも、現実が逆の流れとなっている様子に、驚いてしまいます!少子化が問題になっている現代では、20年前に比べると、急激に未婚率が、急上昇しているのですが、なんでも、30代前半の男性の、結婚率は半分しかなく、これは、今後さらに悪化していく傾向があるといわれていて、2030年には、一生独身だという人の数は、男性では、4人に1人、女性では3人に1人という数字が出ているようです!昔なら、親が決めた相手と、お見合い、さらには、職場や学生時代の同級生や、先輩や後輩などと結婚するといった方法で、現実として家庭を持った人が多かったのですが、現在は、様々な理由により、恋愛=結婚という考え方の変化や、経済的な不安、経済格差、生き方の多様化などで、30代、40代、50代でも、家庭を持っていない男女が、どんどん増えているのです。

婚活に焦る現代人

では、ここからは、30代、40代、50代の人たちにとって、現実的な活動方法は、どんなものがあるのか?現在、婚活をやっている人の中には、長い間、結婚相談所などに登録しているのに、なかなか相手が見つからない、なんて悩みを抱えている人もいるようです。

婚活の世界では、30歳を過ぎると、女性の価値は、急落するそうです!そして、35歳になると、ほぼ価値がなくなるそうです!この理由については、日本の男性の意識が、幼稚すぎるといった見解があるのですが、やはり、結婚=子供を持つと考えると、この年令で初産は、非常に厳しいものがあるため、出来れば、リスクを避けたいと考えてしまう人がいるのは、個人的には、仕方がない部分もあるのかなとは思います。



いい悪いではなく、結婚に対して、何を求めているのか?という、価値観の違いは、どうしようもないものでもあると思います。

そこで、30歳以上の女性にとって、現実を見ながら、この活動を成功に導く方法は、次のようなやり方が、非常に重要になってくるという話なのですが、どんなものなのか?見ていきましょう。

なんでも、30代、40代、50代の人たちの、婚活方法は、本人の考え方や行動といったものが、とても大切となるようです!若い、かわいいなんてちやほやされる20代と違い、厳しい現実として、女性として魅力的なだけでは、なかなか、この世代の人たちが、結婚相手さがしを成功させるのは、難しくなっているようです。


ある程度年齢が進むにつれ、相手と出会い、成婚までスムーズにいける人、そう婚活を成功させることが出来る方の特徴は、やはり、現実としては、人間力があるというものです。

それってなんですか?これは、婚活方法の中でも、基本的なものなのですが、現実をみながら、相手とハッピーエンドになれる人は、人間として、とても前向きで明るく、自分を幸せにしてくれる相手を求めるのではなく、相手を幸せにしてあげるなんて考えてしまう、依存型の人ではなく、自立型の人間性を持った人だといわれているのです。

言い方を変えれば、自分をどんどん変化させられる、考え方に固さがない、柔軟で柔らかい発想を持った方、といえるようです!30代、40代、50代になれば、20代のように、かわいい女性といった部分で、相手にアプローチするところは、激減してしまいます!結婚相手探しを成功させる方法はやはり、結婚しなかった、出来なかった生き方や、生活スタイルのどこかを、現実の中で変えていける人なのです!なんでも、30代、40代、50代になって、婚活をしている女子の人は、3~5年彼氏がいないなんて人が多いといわれていて、いきなり現実で家庭を持つ、という話になると、その前に、相手を探さなければならないのですから、これはかなり、ハードルが高くなります。

数年前から、美魔女といった言葉が流行し、まさに年齢不詳といった美貌を持った、30代、40代、50代女性も、本当に増えました!若さだけが、美しさや、女性の魅力ではないことを、かっこ良く体現して生きるその姿には、個人的に、「すごいなぁ」と、素直に思います。

そんな女性が、ある程度キャリアを作り上げたり、独身生活を謳歌して、そろそろ、相手を見つけて家庭を持とうという話になると、やはり、いくら見た目が素敵でも、20代の頃とは、様々なものが、大きく異なっていくのが現実のようです。

これら、美魔女のような女性は、それだけの努力が、自然に出来、意識レベルも高いため、相手に対する、市場価値が高すぎる傾向があり、これが原因となって、実は、婚活自体が、上手くいかなくなってしまっているという話しも、ゴロゴロと転がっているのです!もちろん、世の中は様々な人で溢れているので、自分の求める理想の相手と、これらの活動などを通して、現実で巡り会うことは、可能ではあるかと思いますが、成功方法としては、非常に確率が低いという声は、相談所などの現場から、あがってきているようですから、30代、40代、50代の婚活を、現実で成功させる方法は、ハードルを下げる、そして、相手に依存しないようにするといった考え方を、ベースにきちんと持つ姿勢が大切となるようです!

この活動を成功させる方法は、調べていくと、とにかくとてもシンプルな話でもありました!30代、40代、50代の人が、上手く結婚へと繋がる出会いを見つけようと思ったら、まずは、自分の中身を、現実の中で、シンプルにするというものなのです。

婚活がうまくいかない理由

こだわりを強く持っていたり、自分はこんな人間だから、相手はこんなタイプの人でなければならない、これまでやってきた方法を変えたくない、といった態度で生きていると、やはり、婚活を、現実で成功させるのは、とても難しいと思われます。

要は、相手に条件をつけるばかりではなく、自分を変えていきながら、それまで考えなかったような出会いを、どんどん受け入れていきながら、新しい可能性に向かって、心を広げてるという考えが重要にもなるのです。

何故なら、これまで、30代、40代、50代になっても、家庭を持てていないということは、現実の生き方の中で、結婚への縁がなかったのですから、縁がないのは、生き方や考え方が、家庭を持つ方向に、向いていなかったと考えられるわけです!となると、現実を見ながら、結婚相手を見つける方法を考えると、縁のなかった自分の中身を、入れ替えるくらいの思いを持つ気持ちが、とても重要となるといえるのです。

縁とは不思議なものでもありますが、自分でつかめるものでもあり、30代、40代、50代になるまで、取り逃してきた縁を、自分の元へ引き寄せるためには、現実での動きが、とても重要になります。

よく、神頼みをする方がいますが、動きながらやられるのであれば、なんらかのご利益がある場合も考えられるのですが、縁がなかった方が、動きを変えない、動かないなどといった方法を、ずっと選択していると、結果的には、同じ人生をずっと繰り返すようになりますから、現実の中で婚活をしないのなら、家庭を持てる確率は、どんどんさらに減っていくわけです。

これは、何も、これらの活動だけに限ったものではなく、人生すべてに当てはまるやり方でもあります!仕事だろうと、婚活だろうと、就活だろうと、まず、ご縁を自ら引き寄せていき、人生を、現実を変えていくためには、動き、そう、内側からの変化や、現実での行動が、非常に重要となってくるわけです。

なんでも、結婚相談所の現場の人達から、次のような声が聞こえてきているようですので、少し見ていきましょう。

婚活の苦しい事情

難しい40代の婚活
男性に比べて、女性の、特に40代、50代の婚活成功率は、かなり低くなってしまうといった、厳しい現実もあるようです!男性がこの年令で、ある程度の収入があるのなら、可能性は女性より高くはなるようですが、年齢が進んでいくにしたがって、婚活も厳しくなる理由は、やはり、先程も書いたように、出産などのタイムリミットなどが関係してくるといった現実もあり、その中で、結婚相手探しを成功させるには、相当な覚悟が必要になってくるともいわれています。

もちろん、年齢とともに、様々な条件の制約が多くなってくるため、婚活がなかなか成功しにくい面はあるようですが、現実には、さまざまな価値観を持っている人もいますし、自分の意識を変化させることによって、どんどん、出会いの中身も、変えていけるわけですから、諦めることはないと、個人的にも思います。

30代の女子は、まだまだ男性との関係では、打たれ弱いところが、目立つ人が多いといわれているようです。

そして、この年代の方には、ある特徴があり、それが足かせとなってしまい、なかなか現実的な部分で、婚活が上手くいかない、ジレンマを抱えてしまうといわれているようです!一体どんなものなのか?

● 頑固 ● 受け身 ● めんどくさがりや

そういえば、一時期、干物女というドラマがヒットしましたが、仕事はちゃちゃっとこなすけれど、家事や人間関係などに、積極的ではないといった方も増えているようです。

これが足かせとなって、なかなか現実での婚活が、スムーズに出来ず、打たれ弱いといった心理面も影響してしまい、へこんでしまいがちになるようです。

これらの活動をしていると、相手に断られることもありますから、へこんだり、傷ついたりすることもありますよね!だけど、そんな経験を、自分の糧にしていきながら、人間性を磨いていける、良いきっかけになったと考えれば、怖がる必要もないのでは?と思います。

女性が、どんどん年齢を重ねていき、若さといった勲章を手放していくプロセスは、人によっては、とてもつらく悲しいものでもありますが、見方を変えれば、新しい発見ができる、経験値が増えた分、違う可能性に目を向けることが出来る!なんて、頭を柔らかくして考えれば、自分を追い込んだり、つらがってしまう必要もないのでは?

この、30代、40代、50代の現実的な婚活方法、という記事をまとめるために、情報を整理していて、ふっと思いましたが、確かに、年齢が進むにつれて、どんどん現実は厳しくなっていくといった話しが、きつく出てはいますが、個人的見解ですが、人間は、自分の意識を向けたものが現実化されると、現代社会では、常識としてこれらの話が、広がっています。

もう30代、40代、50代だから・・・、なんて意識で活動をやっていたとして、現実で成功する確率は、低くなるのは当然ではないかと思うのです。

思ったことが、現実になると、よくいわれるようになってずいぶん経ちますが、これを経験してきたプロセスの中で、個人的に理解してきたものは、やはり、先程から書いているように、年齢を言い訳にせず、これまでのような、男性に依存するといった考えでもなく、寄り添い合い、2人だけにしか創りあげられない関係を築きながら、婚活を成功させようと考えるのであれば、自分を、より自由に、もっと楽しい方向へ、変化させていく行動を、どんどんやっていくしかないのかな?と、考えられませんか?

一般論、婚活の現場ではこうだ、いろいろな意見や考え、実際に成功された方の体験談などもありますが、世界にたったひとりしかいない自分は、いったいどんな相手と、どんな生き方をしたいのか?そこを自らの内側から、高い理想というよりも、より現実的な観点から、引っ張りだす作業は、大事なのかなとも思います。

確かに、年齢が進むと、出産リミット、体の細胞も、どんどん変化していく、見た目も20代の頃とは違う、そんな、アラが目立ってはくるかと思いますが、明るく笑い飛ばしていれば、笑う門には福来たるという言葉もあるように、自分でどんどん縁を呼び込んでいくことも可能だと、個人的には思いますので、諦めないで、現実で地に足をつけながら、だけど、気楽にもかまえ、自分を変える生き方も、もっと楽な気分でやっていけばいいのではないでしょうか?

結婚という現実での夢を、最終的に叶えるのは本人の意志であり、そして、その方法は、行動や柔軟性でもあります。


いろんな人がいます、さまざまな可能性があります、これだけが、絶対に婚活方法として、現実で成功の見込みがあるものだ!と、言い切れるものはない、だけどある、その間で揺れながら、自分にとっての幸せを日々感じていれば、その姿や雰囲気に惹かれ、相手が魔法をかけたように、すぅーっと表れる、そのためには、やはり、諦めるのではなく粘ること!この姿勢は、かなり重要になるのではと思います。

結婚相手探しを、現実の中で成功させる方法は、ひとつじゃないと、個人的には思っていますが、粘る姿勢、諦めない気持ち、変化を受けれる柔軟性!この3つは、特に、30代、40代、50代の人たちが、結婚するためには、とても大切な要素になると感じられますね。

現在では、さまざまな婚活サービスが、ネット上にもありますから、これらの活動をしている方々に対する、マイナスイメージなどはありませんから、このような生き方や、考え方などを理解されながら、現実の中で出来るものから、コツコツと、粘り強く諦めず、柔軟な考えを持ちながら、婚活を成功に導いていってくださればと思います。

方法は、いろいろとありますが、内側を変えていく行動は、30代、40代、50代で活動をしている人にとっては、縁を引き寄せる、重要なポイントになるのではないでしょうか?

30代、40代、50代で婚活!現実として、どんな方法でこれらを成功させればいいの?不安はあるかと思いますが、最後はあなたの望むままになる、そう信じる気持ちが重要ではないでしょうか?




<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です